女性におすすめの転職エージェント7選【もう仕事で悩まない!】

男性と比べて女性の転職は何かと気になるところが多いものです。

女性は人生のイベントとして「結婚」や「出産」といった大きなハードルがあるので、それらに関してしっかりと理解ある会社へ転職したいもの。

入社してから後悔しても遅いので、しっかりとそういった点にも配慮した転職エージェントを利用したいですよね。

参考:【55サイトから分析】転職エージェントとは?利用方法やおすすめ・メリット等を徹底解説!

今回はそんな方のために、女性の転職にしっかりと寄り添ってくれる転職エージェントを5つご紹介しています。

これから転職を考えている女性は是非とも参考にしてみて下さいね。

★この記事を読んで欲しい人★

  • 今少しでも転職を考えている女性の方
  • 女性に関してしっかりと理解のある転職エージェントを探している方
  • 転職エージェントの活用方法やメリットなど詳しく知りたい方
とりあえずおすすめが知りたい方へ
女性におすすめのエージェントは「マイナビエージェント
女性の転職市場に精通した「キャリアアドバイザー」と、企業への営業担当として各企業と太いパイプを持つ「リクルーティングアドバイザー」がチームとなりあなたの希望をカウンセリングしてあなたに最適の求人を紹介してくれます。
登録自体は無料ですることができ、転職相談もすることができるのでまずは登録してみることをおすすめします。



女性におすすめの転職エージェント7選

女性におすすめの転職エージェントを7つに絞って紹介してます。

どれも特徴が異なるので、ご自身がこれからどういった業界で働きたいのかしっかりと見定めてから選ぶようにしてくださいね。

もちろん、前述した内容も踏まえて比較検討してください。

おすすめの転職エージェント①:マイナビエージェント

公式サイト:マイナビエージェント
多数の求人情報を扱っている女性にも強い転職エージェントが「マイナビエージェント」。

昨今は女性の活躍が目覚ましく、多くの若い女性が現場で活躍しています。マイナビエージェントは給与の相談や仕事環境をかなり考えて提案してくれるのでどの方でもまずは相談して欲しい会社の1つです。

当サイトでも人気のエージェントとなります。

<こんな人におすすめ>

  • 将来的に手に職をつけたい方
  • 今よりも稼ぎたい方

おすすめの転職エージェント②:ビズリーチ

公式サイト:ビズリーチ

「即戦力」としてよりレベルの高い他の会社で働きたい!と思っている方におすすめの転職エージェントが「ビズリーチ」です。

希望年収別におすすめできる求人内容も選べるようになっており、中には経済産業省の求人なんかもあったりしますね。

また、これまでの確かな実績もあるので、安心して転職サポートを任せることができます。

<こんな人におすすめ>

  • 今よりもレベルの高い場所で働きたい方
  • 実績のある転職エージェントを探している方

おすすめの転職エージェント③:レバテックキャリア

公式サイト:レバテックキャリア

こちらもITやWEB業界に特化した転職エージェントの一つ「レバテックキャリア」。

内定率に定評があり、利用した人のほとんどが転職を成功させているので大変安定感がありますね。

担当のキャリアアドバイザーが入社前にしっかりと内情を教えてくれるので、安心して転職することができるのも特徴の一つです。

<こんな人におすすめ>

  • 内定率が高い転職エージェントがよい方
  • 入社前にしっかりと内情を把握したい方

おすすめの転職エージェント④:doda

公式サイト:doda転職エージェント

大手総合転職エージェントとして有名な「doda」。

CMなどでもよく流れていることからご存知の人もかなり多いと思いますが、その認知度からもかなり信頼性が高いことが伺えますね。

特徴は何と言っても多彩なキャリアアドバイザーが在籍していることですね。

時間がある人は何度でもいろんな方に相談可能なので、是非ともいろんな方向から相談を交えて転職について考えてみてください。

<こんな人におすすめ>

  • 大手の転職エージェントを活用したい方
  • 経験豊富なキャリアアドバイザーに相談したい方

おすすめの転職エージェント⑤:type女性の転職エージェント

公式サイト:type女性の転職エージェント

女性に特化した転職エージェントの一つ「type女性の転職エージェント」。

「type女性の転職エージェント」は、年間5000名の女性の転職に携わっており、これまで18年間継続して転職をサポートしてきている確かな実績がある転職エージェントです。

長年の豊富な経験から女性にあった求人情報を提示してくれるので、安心して任せることができますね。

<こんな人におすすめ>

  • 女性に特化した転職エージェントがよい方
  • 確かな実績がある転職エージェントがよい方

おすすめの転職エージェント⑥:パソナキャリア

公式サイト:パソナキャリア

大手の転職エージェント「パナソキャリア」は、業界の中でも一二を争う求人数を扱っているところです。

様々な業種を扱っているので、あなたが就きたい業界の仕事が必ず見つかること間違いなしですね。

扱っている求人数が桁違いなので、よりよい条件で働けるところを徹底的に探したい方には大変おすすめの転職エージェントです。

<こんな人におすすめ>

  • 扱っている求人情報が多いところがよい方
  • 様々な業界の求人情報を見てから選びたい方

おすすめの転職エージェント⑦:リブズキャリア

公式サイト:リブズキャリア

年収400万円以上の女性に絞った転職エージェント「リブズキャリア」。

扱っている求人情報は全て年収400万円以上のもので、より高収入が得られるように女性の転職活動を支援しています。

女性活躍プロジェクトに賛同する多くの会社と提携しているので、女性に優しい転職先が必ず見つかるはずですね。

<こんな人におすすめ>

  • 年収400万円以上の会社へ転職したい方
  • 女性活躍プロジェクトに賛同している会社へ転職したい方

【ジャンル別】女性におすすめの転職エージェント

女性におすすめの転職エージェントを「キャリアアップに強いエージェント」「第二新卒・既卒に強いエージェント」「フリーター・ニートに強いエージェント」の3ジャンルに分けて厳選しました。

キャリアアップに強いエージェント

以前よりは女性もキャリアアップしやすくなったとはいえ、キャリアアップのための転職がしやすいのは、男性。転職でスムーズにキャリアアップしたいなら、女性のキャリアアップ転職の実績豊富な転職エージェントに頼った方がストレスがありません。

女性のキャリアアップに強いエージェント選びで重要な点は3つ。

  • 女性専門の転職エージェントである
  • 女性の転職実績が豊富・運営歴が長い
  • あなたの専門分野に精通している

男女関係なく利用できる転職エージェントも優秀ですが、女性専門の転職エージェントは、女性が転職やキャリアアップを考えるときの悩みや不安のカバー力が違います。中でも「女性がキャリアを積むなんて…」と考えられていた時代からあるエージェントは、転職が困難な時代を切り抜けてきただけあって、転職アドバイザーからのアドバイスが丁寧です。

とはいえ、あなたが転職したい分野や得意分野によっては、幅広い職種を扱う転職エージェントよりも、男女関係なく利用できる特化型のエージェントの方がいい場合もあります。
幅広い職種を扱うエージェントよりも、特化型のエージェントの方が専門分野の細かい部分にまで明るいアドバイザーがいるからです。

キャリアアップ転職したい場合は、このような形で2社から3社のエージェントのかけもちをおすすめします。

  • 実績豊富な女性専門の転職エージェント
  • 求人数豊富な一般向け転職エージェント
  • 専門分野特化型の転職エージェント

具体的には、こちらの3社がおすすめですよ。

おすすめのエージェント
type女性の転職エージェント:女性専門の転職エージェント
パソナキャリア:女性の転職に強い転職エージェント
マイナビエージェント:求人数が豊富な転職エージェント

第二新卒・既卒に強いエージェント

卒業後に就職したものの3年程度で離職した第二新卒や、卒業後に正社員勤務経験のない既卒が転職する場合は、第二新卒・既卒専門の転職エージェントをメインに使いましょう。

社会人経験は少ないものの、若く、再教育がしやすい第二新卒や既卒を歓迎する求人は多くあります。しかし、第二新卒・既卒の転職希望者は、経験の薄さを気に病んで選考でのアピールに困難を感じてしまうもの。そんなときに、的確なアドバイスをくれるのが第二新卒・既卒に強いエージェントの転職アドバイザーです。

第二新卒・既卒に強いエージェント選びの3つのポイントはこちらです。

  • 20代・30代限定のエージェントである
  • 第二新卒・既卒の転職実績が豊富である
  • 系列に新卒用エージェント・サイトがある

第二新卒・既卒で転職する場合は、20代・30代に利用年齢が限定されている「第二新卒・既卒特化型」転職エージェントを使いましょう。
第二新卒・既卒に求められる能力は、新卒とも中途採用とも違います。一般的なエージェントでも取り扱いはありますが、特化型エージェントの方があなたと相性のいい求人に出会う可能性が高いです。

一般的な転職エージェントであっても、第二新卒・既卒の転職実績の豊富さはチェックしたいところ。転職実績は、公式サイトに掲載されている場合が多いですし、登録後の転職アドバイザーとの面談で聞き出すことも可能です。自分と似たような境遇の人の転職状況がわかればベターですね。

第二新卒や既卒は、新卒採用枠には応募できないと考えている人も多いですが、そんなことはありません。卒業後3年以内などの制限はありますが、新卒採用枠に応募することもできます。系列に新卒用エージェントがあれば、同じアカウントで登録が可能な場合もあります。系列企業同士で企業情報を共有していることもありますので、チェックしましょう。

第二新卒・既卒におすすめの転職エージェントはこちらです。

おすすめのエージェント
マイナビジョブ20’s:マイナビ系列の20代限定転職エージェント
ジェイック就職支援:20代に強い転職エージェント
DYM就職:既卒・第二新卒・未経験特化型転職エージェント

フリーター・ニートに強いエージェント

正社員経験がなくアルバイトで生計を立てているフリーターやニートは、年齢層も幅広く、第二新卒や既卒とは違った転職戦略が必要です。アルバイト経験を職歴とみなしてくれる企業は少なく、責任感がないと考えられがちなため、正社員への転職に苦労する人も多いのです。

フリーター・ニートから正社員への転職に特化した転職エージェントを使いましょう。「まずは派遣社員として実績を積んでからと派遣を紹介された」「同じ年代の人より年収が低かった」といった悪い評判もありますが、フリーター・ニートから正社員転職するには、実績作りが第一。より良い就業環境にステップアップするための手助けに秀でているのが、フリーター・ニート特化タイプのエージェントです。

フリーター・ニートに強い転職エージェント選びのポイントはこちら。

  • フリーター・ニート専門のエージェントである
  • 入社後継続率が高い
  • 拠点が近く連絡が取りやすい

転職エージェントも、職歴がないと「ご紹介できるお仕事がありません」と断られてしまうことがあります。

しかし、フリーター・ニート専門のエージェントは、職歴がアルバイト経験しかなくても断られる可能性が低いです。フリーター・ニート歓迎求人を厳選しているので、書類選考なしですぐに面接できる応募先がそろっているエージェントが多いのも特徴。

公式ホームページで入社後の継続率をチェックすれば、紹介先がブラック企業かどうかの判断に役立ちます。
転職アドバイザーのカウンセリングや本番前の模擬面接などのために、拠点に行きやすいかどうかも確認しておきたいですね。

フリーター・ニートからの転職におすすめの転職エージェントはこちら。

おすすめのエージェント
ハタラクティブ:フリーター・ニート特化型転職エージェント
就職Shop:リクルートグループの未経験社向け転職エージェント
DYM就職:未経験求人豊富な転職エージェント

職種・状況別女性におすすめの転職エージェント

状況・職種別に女性におすすめの転職エージェントをまとめました。

もし、こんな職業で働いてみたい!といった希望がある際は参考にしてみてくださいね。

高卒 既卒
フリーター
無職
エンジニア
IT
コンサルタント
デザイナー
外資系
ベンチャー
ハイクラス
海外就職
英語
金融業界
ADHD
会計士
飲食業
アパレル
介護士
工場・製造業
保育士
薬剤師

転職エージェントの上手な活用方法

転職エージェントとは、あなたの転職をサポートしてくれるサービス。

サービスを利用するにあたり、まずは転職エージェントの活用方法についてしっかりと理解することが大事です。

転職エージェントの上手な活用方法は大きく分けて3つあります。

  1. 転職エージェントとの信頼関係を深める
  2. 複数の転職エージェントに登録しておく
  3. 事前情報を詳しく伝えておくこと

以下からそれぞれ分かりやすく解説していきますね。

転職エージェントの活用法①:転職エージェントとの信頼関係を深める

転職エージェントに登録すると、転職希望者一人一人に担当のキャリアアドバイザーがつきます。

キャリアアドバイザーはあなたの転職をサポートしてくれるわけですが、担当している転職希望者を複数抱えている場合が多いので、優先順位を低く扱われる可能性があります。

そうならないように、普段からしっかりとコミュニケーションをしっかりと取り、キャリアアドバイザーとは信頼関係を深めておくことが大事ですね。

転職エージェントの活用法②:複数の転職エージェントに登録しておく

転職エージェントは最低でも、2つは登録しておいた方が良いでしょう。

一つに絞ることもできますが、より条件の良い案件を取得するためにも転職エージェントは、複数利用して情報収集した方が効率が良いです。

また、扱っている案件も転職エージェントによって違ってくるので、そういった意味でも複数登録しておく方が良いですね。

転職エージェントの活用法③:事前情報を詳しく伝えておくこと

担当のキャリアアドバイザーにはしっかりとあなたのバックグラウンドや実績・スキルを伝えるようにしましょう。

そうすることにより、キャリアアドバイザーもあなたにあった案件を探しやすくなるので、よりあなたにあった案件を振られることも多くなります。

逆に伝える情報が少なかったりすると、的外れな案件を紹介されることもありますのでそうならないで良いようにしっかりと事前情報を伝えるようにしてくださいね。

女性が転職エージェントを活用するメリットとデメリット

女性が転職エージェントを活用するメリットとデメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。

転職エージェントの特徴としては、多くの求人情報を扱っているためより転職希望者に適した案件を紹介できることにありますが、そういったメリットだけではなくデメリットもあります。

転職に失敗する確率を極力なくすためにも、そういったデメリット面も把握しておくことが大事です。

女性が転職エージェントを活用するメリット

女性が転職エージェントを活用するメリットには、大きく分けて3つあります。

  1. 転職エージェントは「無料」で利用できるサービス
  2. 自分に合った求人情報を効率よく取得できる
  3. 給料や残業時間など細かいところまで交渉してもらえる

それぞれ見ていきましょう。

①転職エージェントは「無料」で利用できるサービス

転職エージェントは基本的には「無料」で利用できるサービスです。

転職活動を個人で行うと大変時間がかかり効率が悪いですが、転職エージェントを利用することでより効率的に求人情報を収集したり、あなたが働いている間に代わりに動いてくれます。

転職する際には必ず利用した方が良い、といっても過言ではないほど便利なサービスの一つですね。

②自分に合った求人情報を効率よく取得できる

転職エージェントでは、事前にご自身の実績やスキルを伝えておくだけで、あなたに合った求人情報をリサーチしてくれます。

個人で探すと何かと適性や会社の社風が合っているかなど細かなところまではリサーチできないものですが、転職エージェントでは徹底的に調査してくれるので、よりあなたに合った会社が見つかりやすいのが特徴ですね。

③給料や残業時間など細かいところまで交渉してもらえる

転職エージェントでは、求人先の会社とあなたの間に入って、よりあなたに良い条件で働けるように交渉してくれます。

女性ならではの問題や木になる点など細かいところまで、気になる会社に掛け合ってくれるので安心して任せることが出来ますね。

女性が転職エージェントを活用するデメリット

逆に、女性が転職エージェント活用するデメリットは大きく分けて2つあります。

  1. 担当のキャリアアドバイザー次第で成功するか左右される
  2. 転職エージェントのサポート期間はだいたい6ヶ月程度である

こちらもそれぞれ見ていきましょう。

①担当のキャリアアドバイザー次第で成功するか左右される

転職エージェントでは登録が済むと、一人一人に担当のキャリアアドバイザーがつくようになるわけですが、人によっては相性が悪い人がついたり、対応が悪い人がついたりとするケースも少なくありません。

転職エージェントを活用する上で、このキャリアアドバイザーのでき次第ではかなり転職の成功に左右されるので、少しでも違和感を感じたり、合わないと思った人は替えてもらうことも検討してくださいね。

②転職エージェントのサポート期間はだいたい6ヶ月程度である

転職エージェントの利用は「無料」といっても、ずっとサポートするわけではありません。

期間はだいたいどの転職エージェントでも、6ヶ月程度で早いところだと3ヶ月でサポート終了になります。

そのため、期間が少ないところだと期限が迫ってくると急かされる場合もあるので、注意が必要ですね。

また、もう少し検討したいといった方は、他の転職エージェントに乗り換えましょう。

女性が転職エージェントを活用する際の3つの注意点

女性が転職エージェントを活用する際に、気を付けておきたい注意点を3つに絞って以下にまとめてみました。

  1. 紹介された会社の口コミや評判はしっかりと自分でもリサーチすること
  2. 転職エージェントに登録したらこまめに連絡してみること
  3. キャリアアドバイザーの推薦文は自分でもしっかりと確認すること

転職の際には大変便利な転職エージェントですが、注意点をしっかりと把握して賢く利用しましょう。

以下から、それぞれ詳しく説明しますね。

①紹介された会社の口コミや評判はしっかりと自分でもリサーチすること

キャリアアドバイザーから紹介された案件がいくら良いからといっても、鵜呑みにせず必ず自分でもその会社の口コミや評判など詳しリサーチしてください。

いくら転職エージェントを信頼していても、実際に転職するのはあなたですから万が一情報に誤りがあった場合は転職が決まってからでは取り返しがつかなくなるので、必ず自分でも調べてみることが大事です。

自分でも調べてみて、改めて良い条件の会社であることを確認してからでも返事は遅くありません。

②転職エージェントに登録したらこまめに連絡してみること

おすすめと言われている転職エージェントに登録したからといって、安心してその後放置しておくのはナンセンスです。

自分からもアクティブに行動することがより良い案件をゲットするためにも必要で、担当になったキャリアアドバイザーとこまめに連絡を取るなどして、こちらからもアクションしていきましょう。

そうすることにより、担当のキャリアアドバイザーとの信頼関係も作れて転職も成功しやすくなります。

③キャリアアドバイザーの推薦文は自分でもしっかりと確認すること

気なる案件が決まると、必ず担当のキャリアアドバイザーが推薦文を書いてくれます。

大概の転職希望者がその「推薦文」を確認することをしないのですが、ここでは必ず確認するようにしてください。

キャリアアドバイザーは推薦文を書くことには慣れているのですが、それでも最終的に転職するのはあなたなのでしっかりと確認が必要です。

その際に気になることがあれば、しっかりと指摘して訂正してもらいましょう。

女性の転職に役立つ転職エージェントの3つの選び方

数ある転職エージェントの中から、女性の転職に役立つ転職エージェントの選び方についてご紹介します。

選び方として大事なことは大きく分けて3つです。

  • 出産や結婚を経験した女性キャリアアドバイザーはいるか
  • 女性ならではの転職に関するコンテンツがあるか
  • 活用する転職エージェントに女性向けの絞り込み機能があるか

それぞれ分かりやすく解説していきますね。

転職エージェントの選び方①:出産や結婚を経験した女性キャリアアドバイザーはいるか

実際に女性のキャリアアドバイザーで、働きながら「出産」や「結婚」を経験した人はかなり少ないです。

ですがそういったキャリアアドバイザーこそ、これから転職する女性にとっては相談にのってほしいので、まずは活用しようと考えている転職エージェントに女性のキャリアアドバイザーがいるかどうか確認しましょう。

その後に、「出産」や「結婚」を経験したことある人がいるかどうか聞いてみてください。

転職エージェントの選び方②:女性ならではの転職に関するコンテンツがあるか

転職エージェントのサイトの中には、男性目線で書かれた記事や転職情報がかなり多いです。

しかし、中には女性に寄り添った転職に関するコンテンツを提示しているところもあるので、極力そういったところを利用するようにしましょう。

女性に寄り添ったコンテンツを提示しているということは、それだけ他の転職エージェントよりも女性について考えているからに他なりません。

転職エージェントの選び方③:活用する転職エージェントに女性向けの絞り込み機能があるか

こちらも②と同じことになりますが、転職エージェントのサイトには女性特有の絞り込み機能が、ついているところとそうでないところがあります。

絞り込み機能に女性向けの条件がついているところは、それだけ女性の転職に対して考えていることが伺えるので、他の転職エージェントよりも女性に寄り添ったサービスを行ってくれますね。

女性の転職によくある質問

女性が転職を決意したときに感じる不安や疑問点をQ&A形式でまとめました。

失業期間が長いときはどう対策すればいい?

たとえ、年単位での失業期間でも、結婚・介護など、やむを得ない事情が理由で離れていた場合は、素直に話しましょう。半年以上1年未満程度の失業期間の場合は、ビジネススキルを向上させていたなど、次の仕事につながるような実績があるとベター。

子供に関する質問。なんて答えるのが正解?

子供がいるからといって露骨に嫌な顔をするような会社は避けるべきですが、「お子さんはいくつですか?」程度の質問はよくあるもの。
小さい子供であれば預け先予定の施設や家族のサポートの有無を答えると、入社後のあなたの働き方を想像してもらえるでしょう。

パワハラ退職!転職時には素直に伝えるべき?

パワハラ退職をそのまま伝えるのは避けるべき。面接官がパワハラ現場をみているわけではないので、あなたの感じ方に問題があったと考えられてしまう可能性があります。「会社の考え方に違和感を感じて」など、ポジティブな転職理由につながるように工夫しましょう。転職エージェントに相談するときに伝えておけば、アドバイスをもらえます。

うつや心身の不調はどの段階で伝えたらいい?

心身の不調に伴う退職からの転職の場合、病気が再発しないような配慮が必要です。回復してから転職活動をするのがベストですが、最低でも面接時には伝えておくべきでしょう。

応募資格を満たしていなくても応募しても大丈夫?

応募資格を満たしていなくても採用試験を受けられることもあります。面接まで通るケースもありますが、その場合は「応募資格を満たしていませんが、なぜ応募しようと思ったのですか」といった質問に答えられるようにしておきましょう。

入社後の職務が求人票と違ったらどうすれば?

入社後の職務が求人票と違った場合、転職エージェントを利用していたなら転職エージェントに相談してみましょう。入社後のサポートもしている場合がほとんどだからです。転職エージェントを利用していない場合は、最寄りのハローワークに相談するのがいいでしょう。労働相談コーナーで受け付けてくれます。

転職エージェントを使いこなすポイント

転職エージェントは、利用するだけで転職活動がスムーズになりますが、しっかり使いこなすためのポイントもあります。

受け身になりすぎない

転職エージェントは、あなたのスキルの棚卸しから、希望する応募先の選定、書類手続きや面接対策までやってくれますが、与えられるままにサービスを受けるのはNG。

カウンセリングで聞かれた質問にだけ答え、あとはぼんやり待っているのではなく、「転職先に望むこと」や「いつまでに転職したい」などの希望をきちんと伝え、利用できるサービスを積極的に使いましょう。

自分の経歴はカウンセリング前にまとめる

転職エージェントの利用は、転職アドバイザーによる対面のキャリアカウンセリングが醍醐味。何度でも無料で受けられる転職エージェントもありますが、回数が限られている場合が多いので、1度のカウンセリングで最大限のアドバイスが受けられるように事前準備をしましょう。

履歴書、職務経歴書が書けるようにキャリアを棚卸ししておくのはもちろん、転職に希望する条件や自分の長所・短所、今の職場ではなぜダメなのかについてもまとめておくといいですね。

不利な情報もアドバイザーには率直に伝える

パワハラで退職した、心身が不調な状態が回復したので転職を考えたなど、企業の面接ではそのまま伝えると不利になるような情報でも、転職アドバイザーには率直に伝えましょう。

面接や書類選考時の切り抜け方や、そういったことに配慮できる企業の紹介などをしてもらえる可能性が高まります。転職アドバイザーは、あなたの転職の力になってくれる味方です。嘘や誇張はせずにありのままを伝えることが信頼関係を築く上でも大切ですよ。

アドバイザーからのフィードバックは真摯に受け止める

転職エージェントを利用して企業に応募すると、結果の良し悪しに限らずフィードバックがもらえるのがほとんど。

悪い結果の場合もフィードバックがありますが、素直に受け止めましょう。せっかくアドバイスがもらえるのですから、次に活かせるようにポジティブに受け止めたいですね。

転職サイトも含めて3社はかけもちする

転職エージェント1社だけではなく、転職サイトも含めて3社程度はかけもちするのがおすすめです。

転職エージェントも転職サイトもそれぞれに得意・不得意があります。1社だけだと情報が偏ってしまい、チャンスに気づけない場合も。かけもちしていることをエージェントに隠す必要はなく、どのエージェントで採用がどういう段階なのかを共有すればOKです。

追記:女性でで実際にエージェントを使用して転職した方の口コミ

実際に女性で転職エージェントを使用して転職した方の口コミを集めました。

良い経験をした方も、「ここはこうしておけば良かった・・・」という方もいらっしゃいました。

是非参考にしてみてください。

パターン1:エステティシャン→営業事務(業務体系の改善)

<転職の理由は?>

前職が休みが不定休でしたので完全週休二日制の仕事に務めたかったためです。インフルエンザなどにかかっても有給を使って休みを取ったりすると嫌味なことを言われたりサービス残業を強要されるような職場環境から離れたかったからです。

休みが不定期で休日体系がしっかりとしている会社に転職したかったそうです。また会社内の人間関係にも悩まされており、有給取得で嫌味を言われたりサービス残業を強要されたりとブラックな環境に嫌気がさしたからとおっしゃれていました。

そのため同じ業界ではなく全く別の業界に転職しようと思ったそうです。

<転職して良かったポイント:業務体系の改善>

就業時間がきっちりと決まっておりサービス残業などはなく、ハラスメント対応や福利厚生が整っており自分の事を必要としてくれる職場に出会うことが出来ました。初めての仕事先でも丁寧に教えてくれたりサポートしてくれる先輩が着いていてくれたので何も不安がなかったです

全くの異業種への転職でしたが、先輩がしっかりサポートしてくれたので違和感なく転職をすることができたそうです。

また、就業規則がしっかりした会社に転職できたそうで、福利厚生やハラスメント対応が整っており、休日も完全週休2日になったのでプライベートも充実したそうです。

<転職する上でもっとしておけば良かったこと>

もう少し転職活動に余裕を持ち様々な企業の面接を受けて自分に足りないところを転職活動中にのばしていければよかったと思います。
資格なども同時並行で行えれば転職先などにもアピールできたのでは無いかと後悔しています

今の転職に成功したと感じているそうですが、1社のみの面接だけで決定してしまったそうなのでもう少し面接をうけて自分の足りないところを知ることができたらもっと良い会社に転職できたかもとおっしゃられていました。

また、こちらの方は資格をほぼ持っていなかったそうでそのせいで転職先が限られてしまったので転職を志したと同時進行で資格を取得しておけばもっと良い転職ができたとおっしゃられていました。

パターン1:営業事務→テレホンオペレーター(年収50万円アップ・職場環境の良化)

<転職の理由は?>

勤務時間超過、残業時間の増幅、仕事内容への不満、人間関係の悪化、勤務内容の変化など、当初と大きく変わってしまい、それにより体調不良もおこし、自分の判断にてこのまま続ける事が厳しいと判断した為、転職を決めました。

働きはじめは楽しく働いていたそうですが、年数が進むにつれ会社が変わり職場環境がブラック化してしまい転職を考えはじめたそうです。また、それが原因で体調を崩してしまいこのまま仕事を続けることが難しいと感じ転職に至ったそうです。

<転職して良かったポイント:年収50万円アップ・職場環境の良化>

新しい環境になり、前職でも辛かった事に悩んでいた日から開放された事が一番です。
給料も少しですが上がりましたし、昇級体系もしっかりしてるので今からまたスキルアップして自力で増やせることができます。

何より毎日悩み、嫌な1日を過ごさなくて良くなった事だと思います。

転職して辛く毎日行きたくないと思っていた仕事が楽しく行きたいと思えるようになったことが一番のポイントだとおっしゃられていました。

また給料体系も自分の頑張りに応じて昇級するのでその点がとてもやりがいに感じるとおっしゃられていました。

<転職する上でもっとしておけば良かったこと>

途中から正直、あまり真剣に向き合わず、求人情報をチェックするのみという日が続き、時間を無駄にしたと感じております。それが一番の後悔している所です。

転職することができたけど期間が長くなってしまい。途中で気持ちが一度なくなってしまい時間を無駄にしてしまったとおっしゃられていました。

期間が長くなってしまうと気持ちも続かないので間延びしがちです。

鉄は熱いうちに打てではないですが、思い立ったらすぐに行動をした方が早く転職のプレッシャーから開放されます。ただし闇雲に求人を選ぶわけではなく、求人内容や会社概要はしっかりとチェックしておいたほうがよいですね。

まとめ:女性は転職エージェントを上手く活用しよう!

女性の転職は男性と違い、しっかりと理解のあるキャリアアドバイザーの力が必要となります。

男性のキャリアアドバイザーに相談するのもよいですが、どうせならしっかりと理解のある女性のキャリアアドバイザーに相談に乗ってもらいたいですよね。

是非とも今回ご紹介した内容を踏まえて、あなたにあった転職エージェントを活用してみてください。

きっとあなたに合った、よい転職先が見つかるはずですよ!









この記事をかいた人

29歳ドイツ在住のトラベルライター。公務員から2年半で専業ライターへ。その後はワーホリビザを取得し,ドイツを拠点に海外ノマド。Webライティング,ブログ運営が生業。ライター歴3年。クラウドワークス受注実績200件。【九州男児のぶらり旅】という旅ブログを運営しています。