金融業界の転職エージェントおすすめ10選!【リクルートのプロが比較】

金融業界の転職を検討されている方でどの転職エージェントを活用すればいいのでしょうか?

転職エージェントは転職活動を行う上で必ず利用して欲しいサービスの一つであり、特に金融業界などの専門知識が必要な業界のような場合は業界に詳しいプロのキャリアアドバイザーに相談することがより良い転職の鍵と言っても過言ではありません。

今回は今まで数々の転職エージェントをリサーチしてきた筆者が金融業界の転職におすすめのエージェントを詳しくご紹介するとともに、その有効な使い方や利用する際の注意点等に関してどこよりも詳しくまとめてみました。

現時点で少しでも転職を検討されている方は、是非ともこの記事を参考にして頂きご自身の転職活動に役立てて下さいね。

金融業界の転職におすすめのエージェント10選【評判・口コミ含む】

金融業界の転職におすすめのエージェントをここでは10つに絞って、それぞれ詳しく解説しています。

金融業界に特化した転職エージェントもありますので、業界未経験から挑戦しようと考えている方でも転職できる可能性がありますし、キャリアアップや年収アップを狙っている方向けのハイクラス向け求人を豊富に扱っているところもまとめて紹介しています。

その他、総合的に求人を扱っている大手の転職エージェントも是非とも併用して活用してみて下さいね。

基本的に転職エージェントを活用する際には2つ〜3つほど合わせて利用する場合が多いので、まずは気になるところを見つけて気軽にキャリアアドバイザーに相談してみましょう。

JAC Recruitment

公式サイト:JAC Recruitment

<主な特徴>

  • 保有求人数約1.2万件、非公開求人数約9,000件
  • 営業職や管理職の求人を豊富に扱っている
  • 外資系企業の案件も扱っている

外資系企業の転職に比較的強いとされている転職エージェント「JAC Recruitment」。

金融業界の外資系企業への転職を希望している方におすすめできる転職エージェントの一つで、担当のキャリアアドバイザーも業界に詳しい方々ばかりなのでかなり相談しやすいのが特徴です。

基本的に営業職や管理職を中心とした求人が多いので、そういったポジションにつきたい方にもおすすめと言えますね。

こんな人におすすめ
  • 金融業界の外資系企業を狙っている方
  • エージェントを活用してキャリアアップしたい方
  • 英語力に自信がある方

ビズリーチ

公式サイト:ビズリーチ

<主な特徴>

  • ハイクラス向けの求人を多数扱っている
  • ヘッドハンティング型の転職エージェント
  • 転職成功率が比較的高い

ヘッドハンティング型の転職エージェントの中でも、特にハイクラス向けの求人を豊富に扱っている「ビズリーチ」。

扱っている求人の三分の一は年収1,000万円以上となっており、ハイクラス・エグゼクティブ向けの求人が豊富にあるため、この機会に年収アップを狙っている人は利用しない手はないでしょう。

その他、ヘッドハンティング型なので公式サイトから登録した後は、待っているだけで企業側からスカウトが来るようなシステムになっています。

こんな人におすすめ
  • 転職エージェントを活用して年収アップを狙っている方
  • ヘッドハンティング型のエージェントを利用したい方
  • 確かな実績のあるエージェントを利用したい方

Spring転職エージェント

公式サイト:Spring転職エージェント

<主な特徴>

  • キャリアアドバイザーの提案力に定評がある
  • 専門領域に特化したキャリアアドバイザーがサポートしてくれる
  • 日系グローバル・外資系企業の転職支援に優れている

外資系企業への転職に特化した転職エージェント「Spring転職エージェント」。

他の転職エージェントよりも担当キャリアアドバイザーの提案力に定評がある上に、特化型なので専門領域に関してもかなり詳しいので未経験の方でも転職できる可能性があります。

ジャンルに特化したエージェントは業界に関する情報を豊富に抱えているので、外資系や日系グローバル企業を目指している方は活用しない手はないですね。

こんな人におすすめ
  • 専門性に優れたキャリアアドバザーに相談したい方
  • 外資系企業への転職を検討されている方
  • 日系グローバル企業への転職を検討されている方

マイナビエージェント

公式サイト:マイナビエージェント

<主な特徴>

  • IT・エンジニア関連の求人を中心に扱っている
  • 各業界や業種ごとに専任のキャリアアドバイザーがいる
  • 女性に関するサポートも手厚い

大手の転職エージェントの一つに数えられる「マイナビエージェント」。

ITやエンジニア関連の求人が多く20代を中心とした転職サポートを、40年以上続けている歴史あるエージェントでもあります。

その他、各業界や業種ごとに専任のキャリアアドバイザーが在籍しているので、金融業界に関してもしっかりと専門知識があるキャリアアドバイザーが対応してくれます。

こんな人におすすめ
  • 20〜35歳代の方で中小企業を狙っている方
  • エージェントを活用して転職をしようと考えている女性の方
  • 歴史と実績があり信頼できるエージェントを活用したい方

doda

公式サイト:doda

<主な特徴>

  • IT・ものづくり系の求人を中心に扱っている
  • 転職エージェントと転職サイトの両方の特徴を持っている
  • スカウトサービスの機能も付いている

総合型の転職エージェントの中でも大手に数えられる「doda」。

転職エージェントと転職サイトの両方の特徴を持っており、エージェントを利用しなくても企業へ自身で応募することができるようになっています。

扱っている求人数は大手ということもありかなり多く、主にIT・ものづくり系の求人を中心に扱っているエージェントです。

こんな人におすすめ
  • 大手の転職エージェントを活用したい方
  • サポートサービスが充実している方が良い方
  • 認知度が高く信頼性が高いエージェントを活用したい方

リクルートエージェント 

公式サイト:リクルートエージェント

<主な特徴>

  • これまで約30万人の転職者をサポートしてきた実績がある
  • 非公開求人は約10万件抱えている
  • キャリアアドバイザーに当たり外れが少ない

テレビCM等で一度は目にしたことがあるであろう大手の転職エージェント「リクルートエージェント」。

これまでの転職者サポート実績は約30万件以上を超えており、抱えている求人数も他のエージェントと比較ならないくらい多いのが特徴です。

その他、担当となるキャリアアドバイザーも経験が豊富な方々ばかりなので、当たり外れが少なく毎回丁寧に対応してくれます。

こんな人におすすめ
  • 確かな実績がある大手のエージェントを活用したい方
  • 非公開求人数が出来るだけ多いエージェンが良い方
  • キャリアアドバイザーの質に拘りたい方

パソナキャリア

公式サイト:パソナキャリア

<主な特徴>

  • 約1.6万件の取引企業実績を持っている
  • サポートの幅が広く担当のレスポンスも早い
  • 女性にも手厚い対応をしてくれる

企業との取引実績は業界No. 1と言われている転職エージェント「パソナキャリア」。

これまでの企業取引実績は約1.6万件以上と他のエージェントと比較にならないほどの実績を持っており、サポートもかなり手厚いので利用者もかなり多いです。

その他、女性の転職に関しても理解が深いのでしっかりと対応してくれます。

こんな人におすすめ
  • 転職を検討されている女性の方
  • 確かな実績を持っているエージェントを活用したい方
  • サポート面の質に拘りたい方

コトラ

公式サイト:コトラ

<主な特徴>

  • 金融・IT・コンサル等の業界に特化したエージェント
  • 対象年齢層も50代までとかなり広め
  • 独自の自己診断サービスを受けられる

金融業界に特化した転職エージェントである「コトラ」。

扱っている求人の多くはハイクラス向けのものが多いですが、ミドルレンジの求人も豊富にあるので金融業界での転職を目指している方であれば、登録しておいて損はないでしょう。

その他、コトラでは独自の自己診断サービスを提供しているので、興味がある方は相談だけでもしてみると良いですね。

こんな人におすすめ
  • 金融業界に特化したエージェントを探している方
  • 対象年齢の幅が出来るだけ広い方が良い方
  • コトラ独自のサービスを利用したい方

 

ムービンストラテジックキャリア ファンド・M&A 金融転職

公式サイト:ムービンストラテジックキャリア ファンド・M&A 金融転職

<主な特徴>

  • 金融業界に特化したエージェント
  • M&A関連の求人を豊富に扱っている
  • 対象年齢は20〜30代となっている

金融業界の中でも特にM&A関連に特化した転職エージェント「ムービンストラテジックキャリア ファンド・M&A 金融転職」。

特化型ということもあり在籍しているキャリアアドバイザーは全員業界に関してかなり専門的な知識を持っており、金融業界の転職を希望している方であればかなり話が通じるでしょう。

業界の情報はかなり豊富に扱っているので、貴重な非公開求人や独自案件等も多く保持していそうですね。

こんな人におすすめ
  • 金融業界の中でもM&Aに興味ある方
  • 業界に詳しいプロのキャリアアドバイザーに相談したい方
  • 20〜30代の方で金融業界の転職を検討されている方

マイナビ金融エージェント

公式サイト:マイナビ金融エージェント

<主な特徴>

  • キャリアアドバイザーは業界出身者
  • 金融業界に特化したエージェント
  • 過去には最短18日で転職できた人もいる

大手転職エージェントであるマイナビが提供している、金融業界に特化したエージェント「マイナビ金融エージェント」。

在籍しているキャリアアドバイザーは全員業界出身者であり、過去には最短18日で転職を決めた方もいるくらいスピーディーに対応してくれます。

また、業界に特化したエージェントなので未経験からの相談も受け付けており、転職できる可能性も総合型エージェントより高いです。

こんな人におすすめ
  • 金融業界に特化したエージェントを活用したい方
  • 業界に精通しているキャリアアドバイザーに相談したい方
  • 相談から転職までスピーディーに済ませたい方

【目的別・状況別】金融業界おすすめエージェント

ここでは目的や状況別に金融業界おすすめの転職エージェントを、それぞれ詳しくみていきましょう。

転職エージェントを活用する際には自身の目的や状況に合ったものを選ぶ必要性があります。

エージェントの中にはジャンルを超えて数多くの求人情報を扱っている「総合型」と一つのジャンルに特化した「特化型」があるので、その点に関しても使い分けが必要になってきます。

その他、出来るだけ幅広い求人情報に触れるために複数のエージェントを活用するのも一つの手ですので、是非とも覚えておいて下さいね。

総合的に幅広い求人情報をみたい場合

求人情報を総合的に扱っている総合型の転職エージェントを活用することで、幅広い求人情報に触れることができる上に担当のキャリアアドバイザーも経験豊富な方々が多いので丁寧に対応してくれます。

特に総合型は利用者のニーズに幅広く応えることができるので、あなたのが探している条件の求人情報も必ず見つかるはずです。

万が一、一つの転職エージェントで見つからなかった場合は他の総合型転職エージェントでも探してみて下さいね。

外資系の転職で年収アップを狙っている場合

金融業界の外資系企業を狙って年収アップを図りたい方には、外資系関連に特化した転職エージェントの活用をおすすめします。

金融業界というだけでもかなり専門性が問われるわけですが、そこに外資系企業となると相談する転職エージェントもしっかりと選ばなければなりません。

担当になるキャリアアドバイザーにはかなり専門的な知識が問われるため、業界に特化した転職エージェントを活用することで業界に関する詳しい情報を聞き出すことができます。

また、外資系の場合は取り扱い求人が大手だと少なくなってしまう場合があるため、そのような理由からも特化型には必ず登録しておいた方が良いでしょう。

金融業界から別の業界にキャリアチェンジしたい場合

金融業界から他の業界にキャリアチェンジしたい方には総合型の転職エージェントとご自身が気になる業界に特化したエージェントを活用すると良いでしょう。

基本的には総合型を活用することであなたの適性を図り、担当のキャリアアドバイザーが適した求人情報を幅広いジャンルから選んでくれるので楽です。

しかしながら、専門性は特化型の方が優れているため現時点でもし気になる業界があるのであれば、業界に詳しい特化型の転職エージェントに相談した方気になる業界について詳しく教えてくれます。

金融業界に未経験からチャレンジしたい場合

金融業界に未経験から挑戦したい方は適性があるか一度総合型の転職エージェントで診断してもらい、担当のキャリアアドバイザーに豊富な求人情報から未経験でも受け入れ可能な企業を探してもらった方が転職の成功率は高いです。

主に「マイナビエージェント」や「doda」等では未経験からのチャレンジを後押ししてくれる仕組みがあるので、そういった大手の転職エージェントを活用することが大切になってきます。

とは言っても、ある程度は業界に関して知っておかないと自身でも良い求人情報であるか吟味できませんので、自身でもザックリとで良いので業界に関して学ぶようにして下さいね。

おすすめの転職エージェント

金融業界の転職でエージェントを活用すべき3つの理由

ここでは金融業界の転職絵でエージェントを活用すべき3つの理由に関して、詳しく解説していきます。

  1. 転職サイトでは分からないような情報が貰える
  2. 金融業界の非公開求人情報を紹介してもらえる
  3. 未経験でもキャリアアドバイザーのサポートがあるので転職しやすい

金融業界の転職に限らずどのよな業界を目指している方でも転職活動をするのであれば、エージェントを活用しない手はないでしょう。

転職エージェントではプロのキャリアアドバイザーが、あなたの転職活動を全て無料でサポートしてくれます。特に金融業界などの専門性が高いジャンルになると一人では情報収集が難しく今の仕事を行いながらだと、かなり不効率です。

そのような時に転職エージェントを活用することであなたの代わりに、業界に関する情報を集めてより適した求人情報をまとめて教えてくれる訳です。

転職サイトでは分からないような情報が貰える

転職エージェントでは転職サイト等では扱わない非公開求人や独自案件などを豊富に取り扱っており、それらの情報は一度エージェントを活用しないと見れないようになっています。

転職活動する際には情報集取がとても大切になってくるため、より良い求人情報をゲットするためにも自身に適した転職エージェントを活用した方が良いでしょう。

勿論、転職サイトと転職エージェントの両方を併用して利用することも可能なので、出来るだけ自身に目的や状況に合ったものを選定し利用するようにして下さい。

金融業界の非公開求人情報を紹介してもらえる

金融業界の求人情報の多くは非公開求人となっており、転職エージェントではより多くの金融業界の求人情報を扱っているため利用しない手はありません。

転職エージェントでは扱っている求人数がかなり多いですが、担当のキャリアアドバイザーがあなたの求人に関する要望とこれまでのキャリアとスキルを吟味してしっかりと適した求人を複数に絞り紹介してくれます。

また、業界に関する分からないことなども丁寧に説明してくれるので、一人で転職活動に取り組むよりもかなり効率的です。

未経験でもキャリアアドバイザーのサポートがあるので転職しやすい

金融業界へ未経験からチャレンジする方は転職エージェントの活用が欠かせません。

業界に関してあまり知識がない状態で一人で転職活動を行ってしまうと、転職できる確率も低くなってしまう上に間違ってブラック企業へ入社してしまいかねません。

そうならないで良いようにしっかりと業界に詳しいプロのキャリアアドバイザーに相談して、担当者と二人三脚で転職活動を進めていく方がより良い転職を行うことができます。

金融業界向けの転職エージェントの4つの選び方

ここでは金融業界向けの転職エージェントの4つの選び方に関して、詳しくみていきましょう。

  1. 希望の年収額で選ぶ
  2. 求人保有数で選ぶ
  3. キャリアアドバイザーの対応力で選ぶ
  4. 未経験でも応募できる求人があるかどうかで選ぶ

金融業界向けの求人情報は比較的年収額が高いものが多く、転職エージェントを活用する際にはご自身がどのくらいの年収を希望しているかによって比較し選ぶことが大切になってきます。

高額な年収だとハイクラス・エグゼクティブ向けの転職エージェントがおすすめですし、ミドルな価格帯の年収を望むのであれば総合型の転職エージェントでも十分でしょう。

その他、取り扱い求人数もかなり重要になってきますので、転職エージェントを活用する前にどのくらいの金融業界の求人数を扱っているのか調べてから登録するようにして下さいね。

ただその際の注意点として転職エージェント側は非公開求人の数を公開していない場合もあるので、気になった転職エージェントには一度登録してみてからキャリアアドバイザーに相談してみるのもアリです。

また、キャリアアドバイザーの対応力も転職エージェントによって違いがあるので、業界に詳しいキャリアアドバイザーが在籍しているて転職エージェントを活用した方が良いでしょう。

その他、業界未経験の方は未経験からでも応募できる転職エージェントを活用して下さいね。詳細に関しては各転職エージェントの公式HPに明記されているので、しっかりと特徴を確認してから登録するようにしましょう。

金融業界向けの転職エージェントをうまく活用する6つの方法

ここでは金融業界向けの転職エージェントを活用する6つの方法に関して、詳しく解説しています。

  1. キャリアアドバイザーには最低でも週一回は連絡を入れる
  2. 担当のキャリアアドバイザーが合わない場合はすぐに変える
  3. 転職エージェントに情報提供する場合は嘘をつかない
  4. キャリアアドバイザーに書いてもらった推薦文は必ず自身でも確認する
  5. 複数の転職エージェントから同じ求人に重複して応募しない
  6. 担当のキャリアアドバイザーにはモラルを守って接する

金融業界への転職は情報取集が大変重要になってくるため、出来るだけ多くの求人情報や業界の転職に関する情報を得るために複数の転職エージェントを活用した方が良いです。

その際にはどのようなキャリアアドバイザーが在籍しているのかしっかりと比較して、自身と相性の良いキャリアアドバイザーに相談した方が良いでしょう。

担当者は自身で選ぶことはできないため、万が一、担当となったキャリアアドバイザーとの相性がイマイチ合わないと感じた方は他の方に変わってもらうか他の転職エージェントで話を進める方が得策です。

ただ相性が合わないからと言ってキャリアアドバイザーに対する対応が雑になってしまっては、社会人としてどうなのかということが問われるのでしっかりとモラルを守ってエージェントを活用するようにして下さい。

また、企業へ応募する際には担当のキャリアアドバイザーが毎回推薦文を執筆してくれます。

中には推薦文等は確認せずにそのまま提出してしまう方もおられますが、実際に転職するのはあなた自身なので必ず書いてもらったら自身でも確認するようにして下さいね。

金融業界向け転職エージェントを活用する際の3つの注意点

ここでは金融業界向けの転職エージェントを活用する際の3つの注意点に関して、詳しくみていきましょう。

  1. 金融業界は実力があれば20代でも高額年収が狙える
  2. 金融業界の転職はキャリアアップと捉える
  3. 企業の情報は自身でもしっかりとリサーチする

金融業界は実力さえあれば20代でもハイクラスの求人が狙えるようになっています。人材不足で悩まれている企業もかなり多いので、キャリアやスキル等に自信があるかたはドンドンチャレンジすべきでしょう。

20代だからといって遠慮していたら年収アップは難しくなるので、しっかりとキャリアアドバイザーに要望を伝えてご自身が望むハイクラスの求人をゲットしましょう。

その他、金融業界といってもその分野は多岐に渡るので転職を気にキャリアアップできるように、自身の目的や状況に応じた転職エージェントの利用が大変重要になってきます。

相談するエージェントによって全く違う結果となるので、複数の転職エージェントに登録したとしても具体的な話を進めるのはしっかりと比較してからにしましょう。

また、キャリアアドバイザーに紹介された求人情報は自身でもしっかりとリサーチするように心がけて下さい。実際に転職するのはあなた自身なので転職先の企業に関しては、妥協せずにとことん調べましょう。

金融業界への転職を成功させるために必要な4つのこと

ここでは金融業界への転職を成功させるために必要な4つのことに関して、詳しく解説していきます。

  1. 自分の専門分野を見極める(何ができるのか、何がしたいのか)
  2. 業界を超えてキャリアを築く
  3. 金融業界に有利な資格を取るのもアリ
  4. 外資系希望は英語力も身につける

金融業界といってもその分野は多岐人渡るのでしっかりとあなた自身が何ができて、今後何がしたいのかを明確にしなければいけません。

幸い、キャリアの棚卸しに関して個人では客観的には見れないという方は、転職エージェントに登録するとキャリアアドバイザーが代わりに診断してくれます。

その他、金融業界といっても業界だけで通用するスキルだけではあなた自身の市場価値も上がっていなないので、業界を超えたスキルの掛け合わせなども視野に入れながらキャリアアップを図っていくことが今後は大事になってきます。

例えば金融業界のスキルにプラスして英語ができるようになると、外資系の金融企業などへの転職の幅が広がりますよね。

そのように一つのスキルだけではなく他の全く関係のないスキルを習得することで、転職で選べる求人の幅も広がっていきあなたの人生の選択肢も増えていきます。

勿論、できることが増えれば貰える年収も上がります。

金融業界へ転職を希望する人が知っておきたい転職市場

キャッシュレス化が進む日本において、金融業界でもキャッシュレス化に関係する業務ができる人の求人が最近は増えてきています。

金融業界全体でみると市場は縮小傾向にありますが、日本ではまだまだ決済のキャッシュレスが上手く進んでおらず、そういった時代のニーズに合うスキルを持っている方の需要は今後高くなると予想されます。

その他、ITテクノロジーの登場により金融業界でも様々なサービスが生まれている訳ですが、ITにおけるスキルや知識を持っている金融関係者もかなり今はニーズが高いようです。

また、近年では経営者の高齢化により事業継承の目的でM&A(企業の合併や買収の総称のこと)を行う企業が増えてきており、M&A業界でも人材が不足している状況にあります。

金融業界からシフトしてM&Aを専門に扱う企業への転職もかなり多いので、その辺も視野に入れながら転職活動を行うと良いでしょう。

金融業界向け転職エージェントの利用手順【登録から転職までの流れ】

ここでは金融業界向けの転職エージェントの利用手順に関して、詳しく解説しています。ご自身の目的や状況に適した転職エージェントに登録する(無料)

  • 担当のキャリアアドバイザーと面談を行う
  • 求人紹介を受ける、エントリーする求人を選ぶ
  • 応募に必要な選考書類を作成する
  • 書類選考に通過すると企業面接が行われる
  • 内定後は意思決定を行い、キャリアアドバイザーに待遇交渉と出社日を調整してもらう
  • 現会社の退職準備を進める

登録から実際に転職するまで無料でサービスを利用できるので、転職活動をこれからする方は利用しない手はないでしょう。

エージェントによっては未経験でもしっかりとサポートしてくれるので大変心強いですし、ご自身にあった求人情報を的確に紹介してくれます。

その他、転職に際して分からないことや疑問に感じることなど、なんでも気軽に相談することができるので一人で悩まずにまずは気軽に相談してみて下さいね。

①ご自身の目的や状況に適した転職エージェントに登録する(無料)

まずは自身の目的や状況に応じた転職エージェントを選んで登録してみましょう。

登録に際しては無料となっているので、利用者がお金を払うことは一切ありません。

その他、転職エージェントによっては登録の際にかなり時間がかかってしまう場合もあるので、まとまった時間が確保できるタイミングで取り組むのが良いでしょう。

②担当のキャリアアドバイザーと面談を行う

転職エージェントへの登録が完了すると、すぐにカウンセリングの日程調整の為の通知がメールできます。

最初は担当のキャリアアドバイザーとカウンセリングを行いその後、登録した際に入力した情報とカウンセリングの内容を吟味して、あなたに合った求人情報を紹介してくれます。

その他、カウンセリングではあなたの転職先の企業に対する要望やこれまでのキャリア、持っているスキルや知識、資格等を詳しくヒアリングされるので、良い転職先を見つけるためにも正直に答えるようにして下さいね。

③求人紹介を受ける、エントリーする求人を選ぶ

担当のキャリアアドバイザーから紹介を受けた求人の中から希望の企業が見つかると、すぐに担当者に伝えるようにしましょう。

その際には他の転職エージェントでもしっかりと比較してから話を進めるようにして下さいね。転職はじっくりと臨むくらいが丁度良いので焦らずに他と比較しながら出来るだけ良い条件の求人にエントリーしましょう。

④応募に必要な選考書類を作成する

応募する企業が決まると今度は、応募の際に必要な選考書類の作成を行います。

選考書類の作成に関して分からない場合は、担当のキャリアアドバイザーが書き方を教えてくれるので必ず頼るようにして下さい。

その他、一度書き上げた書類はキャリアアドバイザーに見てもらって添削してもらい、完成度を高めていきましょう。

また、外資系企業へ応募する場合は英語記述のレジュメなども必要となる場合もあるので、詳細に関しては担当のキャリアアドバイザーに尋ねるよにして下さいね。

⑤書類選考に通過すると企業面接が行われる

書類選考に通過すると今度は、企業面接が行われます。

面接試験に関しても担当のキャリアアドバイザーが対策を練ってくれるので、安心して臨ことができます。面接練習なども電話やオフィスで対応してくれるので、納得がいくまでとことん練習しましょう。

また、過去にどのようなことが聞かれたのかなどもキャリアアドバイザーがデータとして持っている場合が多いので、その辺りもしっかりと対策を練ってから本番に臨ようにして下さいね。

⑥内定後は意思決定を行い、キャリアアドバイザーに待遇交渉と出社日を調整してもらう

応募した企業から内定の連絡がきたら最終的な意思決定を行います。

勿論、心変わりしてやっぱりやめるということもできますので、しっかりと考えた後に最終的な意思決定を連絡するようにして下さい。

その後は、キャリアアドバイザーが企業側と待遇の交渉や出社日の調整などを全て行ってくれます。

⑦現会社の退職準備を進める

新しい企業への転職が決まったら後は、現会社の退職交渉を進めるだけです。

その他、退職に関する悩みや問題なども担当のキャリアアドバイザーが気軽に対応してくれるので、気軽に相談してみてくださいね。

金融業界の転職に関するよくあるQ&A

ここでは金融業界の転職に関するよくある質問に関して詳しくまとめてみました。

  1. 転職エージェントの利用には費用がかかりますか?
  2. 紹介されている企業はサイトで掲載されているものだけですか?
  3. 未経験からでも金融業界に転職できますか?
  4. 外資系に転職する場合はどの程度の英語力が必要ですか?
  5. 選考書類作成や面接に対してアドバイスはもらえますか?

それぞれこれから転職を希望されている方には関連性が高い質問内容となっていますので、一通り目を通しておいて下さい。

特に未経験から金融業界へチャレンジしようとされている方は、同じような疑問を持ちやすいので予めここで解決しておきましょう。

その他、ここで取り上げてない内容で気になることがある方は、転職エージェントに登録して直接担当のキャリアアドバイザーに相談してみて下さいね。

Q1:転職エージェントの利用には費用がかかりますか?

転職エージェントの利用は登録から転職するまで、一切利用者に料金は発生しません。

万が一、お金がかかる転職エージェントがあった場合はなぜお金がかかるのかしっかりとその理由を明らかにした上で、利用するか判断するようにして下さい。

Q2:紹介されている企業はサイトで掲載されているものだけですか?

転職エージェントの公式サイトで紹介されている求人情報はほんの一部です。

基本的にエージェントで取り扱っている求人の半数以上は非公開求人として扱われており、その他にも独自に抱えている独自案件等もある為、登録してからでないと一般には見れないようになっています。

Q3:未経験からでも金融業界に転職できますか?

未経験を対象とした転職エージェントも多数ある上に、総合型の転職エージェントでは膨大な求人情報を扱っているので必ずあなたに適した求人情報が見つかるはずです。

自信がなくてもまずは気になる転職エージェントに登録して、担当のキャリアアドバイザーに相談してみて下さいね。

Q4:外資系に転職する場合はどの程度の英語力が必要ですか?

外資系に転職する場合は金融業界であれば、TOEICで800点程度の英語レベルが求められます。

金融業界の外資系企業となると専門性がかなり高い上に、日常英会話レベルでは仕事が進められないからですね。

勿論、務める企業にもよると思いますので、あくまでも目安程度に参考にして貰えればと思います。

Q5:選考書類作成や面接に対してアドバイスはもらえますか?

転職エージェントに登録すると必ず担当のキャリアアドバイザーが一人ついて、あなたの転職活動をサポートしてくれます。

勿論、企業へ応募する際に必要な選考書類の作成や面接に対するアドバイスに関しては、全力でサポートしてくれますので安心して下さい。

基本的に担当のキャリアアドバイザーはなんでも相談に乗ってくれるので、分からないことがあったら気軽に聞くようにして下さいね。

まとめ:金融業界の転職におすすめのエージェント10選!

ここまで金融業界の転職におすすめのエージェントを10つに絞って詳しくご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

このページの要点は以下となります。

これから転職活動を行われる方は是非ともまずは気になる転職エージェントに登録していただき、プロのキャリアアドバザーに相談してみて下さいね。

この記事をかいた人

29歳ドイツ在住のトラベルライター。公務員から2年半で専業ライターへ。その後はワーホリビザを取得し,ドイツを拠点に海外ノマド。Webライティング,ブログ運営が生業。ライター歴3年。クラウドワークス受注実績200件。【九州男児のぶらり旅】という旅ブログを運営しています。