看護師を辞めたい!辞職する前にすべきたった1つのことと転職活動を成功させるポイント

看護師,辞めたい

看護師として働いているものの「お金に困らないだけで実態は地獄」「昼ドラもびっくりな人間関係から離れたい」と、看護師を辞めたいと考えていませんか。

「専門職だから、給料が高く、生涯仕事に困らない」と言われる看護師ですが、実際に働いている人は職場環境や業務内容にうんざりしている人が多いようです。

この記事では、「看護師ではなく、他の仕事で食べていきたい」「看護師として働きたいけど、もっと人間らしく生きたい」と感じている人向けに、看護師を辞めたいと考えたときにすべきこと・辞めるタイミング・転職のポイントを紹介します。

婦長に退職届を出す前に、参考にしてくださいね。

辞めたいけど自分では言い出せない…

「会社を辞めたいけど、言い出せない、辞めさせてもらえない」なら
退職代行を使って辞めるのも手。退職の際の面倒な手続きは全て代行してくれます。

LINE無料相談を活用して、希望日で退職できるようにしましょう。



看護師を辞めたい人の悩みTOP5

看護師,辞めたい

現職の看護師が「辞めたい」と考える理由TOP5を紹介します。

看護師は、外からは「資格さえあれば一生困らない、専門学校卒でできる仕事」と思われがちですが、実態は人の命を預かる責任と常にブラックな環境にある辛い仕事です。

人間関係さえも地獄のようなクリニックもあり、「やりがいはなく、生活のためだけに働いている」という人もいます。

人間関係についていけない!女同士のいじめは陰湿

「看護師辞めたい」と感じる悩みのトップは、職場の人間関係です。

 

派閥があるのはもちろん、新人いじめは当たり前。Webで流れてくる漫画もびっくりなほどの陰湿さです。いい人間関係のところもあるらしいですけど、新しい人が入った途端に雰囲気が変わってしまうこともあるようで、人の入れ替わりがあるたびにビクビクします。

過酷な労働環境で余裕がないと人間関係も殺伐としがちです。マスクの下はお互いに鬼の顔という職場も多く、「患者さんとだけ触れ合っていたい」という人もいます。

とにかく学力の差が大きい職場。大学の看護学部卒もいれば、中・高卒で准看護師から正看護師に上がった人もいます。中には師長クラスなのに学歴コンプレックス丸出しで、学部卒に冷たく当たる人も…。仕事の話はともかく、通じる常識のレベルが違うので「こんな常識のない人が命を預かる仕事をしていていいのか」と感じることもあります。

「話が合わない」「学歴をひがまれている気がする」という声もありました。第二の職業人生として看護師を選ぶ人も増えているので、バックグラウンドの違いから人間関係がギクシャクしてしまうこともあります。

夜勤・残業・人手不足…仕事量のわりに給料が低い

仕事量と責任に比べると給与が低く感じてしまうのも看護師の悩みの1つです。

「看護師だから給料いいんでしょ?」と言われるけれど、派遣看護師の時給なんて1,500円くらいから。パチンコ屋さんの夜間勤務とたいして変わらない。夜勤も残業もあって、常に人手不足で、命を預かる仕事のわりに低いと思う。

役職が上がれば給料も上がるけど、責任とプレッシャーは増えるし。

「看護師は給与がいい」と言われていますが、大手企業の一般事務とたいして変わらず、専門職のわりに給与が低いと感じている看護師は多いです。

病気が流行したときに、現場でふんばるのも看護師ですが、「働きが評価されない」「命を預かる仕事だし、もっと厚遇されてもいいのでは?」と、転職を考える人もいます。

自分のミスで人が死ぬかも!プレッシャーに耐えられない

人の生き死にを預かる現場で働くプレッシャーに耐えられずに看護師を辞めたいと考える人もいます。

 

少しのミスが人の生死に関わる仕事なのでミスは許されません。1年目・2年目のときに先輩方に見られながら処置をしたのはプレッシャーが凄かったです。

急変の可能性のある患者さんを任されたときは、今でも緊張します。

 

ベテランになるにつれて状態が重たい患者さんを担当することも増えるので、年々プレッシャーが増えていくという人も多いです。誰かの大切な人の命を預かる仕事だけに、重圧がすごいんですね。

他にやりたい仕事ができた他業種に転職したい

看護師以外にやりたい仕事ができて看護師を辞めたい人もいます。

看護師は専門職なので、経歴を活かせる職種以外への転職は、給与や待遇が下がることが多いです。相当な覚悟が必要ですが、「それでもやりたい」という意思のある人は、看護師を辞める道を選びます。

出産・育児に集中したい

出産・育児を予定している看護師の中には「復職には気を遣う」「子持ちは外来という意識があるので、出産後は他の病院で働きたい」という人もいます。

ライフイベントに強いイメージのある看護師ですが、勤め先のクリニックによるようです。

今の医院は人手が少ないので、妊娠して夜間勤務ができない人がいると辛い。制度を使えば、妊娠中も勤務できるし出産後の復職も可能だけど嫌な思いをしながら働くよりは、出産・育児に集中したい。

大きな病院であっても「子供がいる人は、救急救命スタッフではなく一般病棟へ異動」という形で今まで築いてきたキャリアが崩れてしまうこともあります。「どの道キャリアが崩れるなら、いっそ退職して、復職は別の病院で」という人も多いです。

中には「人間関係にうんざりしていて、辞めたいと思っていた。妊娠を理由にスマートに辞めることができました」という強者もいました。

看護師を辞めると生じるデメリットは給与・待遇が悪化すること

看護師,辞めたい

退職届を出す前に考えておきたいのが、看護師を辞めることのリスクとデメリットです。

看護師自体は辞めず、看護師として新しい勤め先を探すなら、あまりリスクはありません。問題は、看護師以外の職業に転職する場合です。

  • 他業種転職は給与が下がる
  • キャリアを活かせる仕事は競争率が高い
  • 年齢が上がるほどブラック企業しか受け手がない

最も大きなリスクは、今よりも給与が下がってしまうことです。転職経験者の体験談にもこんなものがありました。

深夜勤務と残業が辛くて販売職に転職。日中勤務しかないのはいいけれど、月給25万から16万までダウン…。体は楽になったけど…

体が辛いからと深夜勤務と残業を嫌がって転職する人は、日勤のみだと給与が大幅に下がることを覚悟しましょう。深夜勤務ありの看護師給与と同じくらい稼げる日勤仕事で未経験可能な仕事は、ノルマのきつい営業職くらいです。

看護師としてのキャリアを活かすことができ給与や待遇もいい産業看護師は、求人数が少なく競争率も高いです。介護業界や保育施設で働くこともできますが、給与は低い傾向にあります。

看護師を辞める前に、働きたい地域の他の業種の給与を下調べしておくと、辞めてからの後悔を防ぐことができます。特に田舎の場合は、看護師以上の給与を他業種で稼ぐのは難しいです。他業種の月収や待遇は、転職サイトで簡単に調べられます。確認しておきましょう。

看護師を辞める前に必ずすべきたった1つのこと

看護師,辞めたい

看護師を辞める前に、第三者に「看護師を辞めたい」「転職したい」と相談しましょう。相談先は、転職のプロである転職エージェントがいいですよ。

職場の同僚や上司に相談すると本音で話すことができませんし、家族に相談しても「お前が仕事を辞めたら家計はどうなるんだ」と責められる可能性が高いです。

転職エージェントは、今の仕事を辞めて他の仕事に移りたいと考えている人に、仕事を紹介してくれるサービスです。仕事を辞めたい人の相談にのってくれますし、その人の適性を見極めた上で、新しい仕事先を紹介してくれます。

もちろん、転職しようかどうか悩んでいる段階でも、相談にのってくれます。最終的に「やっぱり今の職場で頑張る」という結論になっても大丈夫です。第三者から見たあなたの状況を分析してくれますし、他の業種に転職した場合や看護師として他の職場に移る場合の年収の目安も教えてくれるので、メリットしかありません。

転職エージェントには、看護師への転職を専門とした特化型エージェントと、幅広い職種への転職が可能な一般エージェントの2種類あります。それぞれの特徴とメリットについて紹介します。

看護師専門の転職エージェントを利用するメリット

看護師専門の転職エージェントは、看護師として働き続けたい人なら必ず利用すべき転職サービスです。

転職希望者のカウンセリングを担当してくれる人も医療関係職を経験していた人が多く、看護師ならではの悩みや今の職場への不満をわかってくれます。

看護師専門の求人しか取り扱っていないので、一般向けのエージェントよりも扱っている求人数が多く、求人の幅も広いです。個人経営のクリニックはもちろん、美容看護師求人や人気の企業看護師求人も豊富です。正社員やパートタイムだけでなく、派遣や単発に対応しているエージェントもあります。

忙しく不規則な看護師に理解があるので、電話やメールで転職相談を受け付けているエージェントも多いです。

一般の転職エージェントを利用するメリット

一般の転職エージェントは、看護師向けの求人だけでなく事務職や営業・販売職といった一般向けの求人を紹介してもらえます。看護職とは縁を切って、他の業種で再スタートしたいという人向けの転職サービスです。

一般向けの転職エージェントは、看護師の職歴を活かして他業種に就職したい場合に強みを活かせる仕事を紹介してもらえるのがメリットです。看護師向けの求人も特化タイプの転職エージェントほどではないものの取り扱っているので、他業種と看護師求人を比べながら転職活動もできます。

相談せずに仕事を辞めるデメリット

誰にも相談しないで看護師を辞めると、次の職場も不本意な環境になったり、そもそも次が見つからない可能性があります。

自分が今の転職市場でどれくらいの価値があるのかや、転職を希望するクリニックや業種に効果的なアピールの仕方は、客観視できる他人でないとわからないものです。

今の仕事を続けるべきかどうかも含めて、一度は第三者に相談をした方が悔いのない転職をすることができるでしょう。

目指せ円満退職!次につなげるための5ステップ

看護師,辞めたい

看護師コミュニティは意外に狭いものです。円満退職できたかどうかで看護師間の転職がスムーズさが左右される場合もあります。他業種にいくにせよ、看護師転職するにせよ円満退職するに越したことはありません。円満退職のためのポイントを5つ紹介します。

  1. 退職の意志は1ヶ月前には伝える
  2. 退職理由はきれいな建前を用意する
  3. 風当たりが強くなっても仕事に手を抜かない
  4. 引継ぎ・挨拶回りは入念にする
  5. 奨学金など不安な点は専門機関に相談する

退職の意志は1ヶ月前には伝える

「退職します」とは1ヶ月前には伝えましょう。有給を消化してから退職する場合は、退職月のシフトを組む前に伝えるのが望ましいです。

2週間前までに伝わればいいことになっていますが、あまり急だと職場に迷惑をかけてしまいます。就業規則に「退職を希望するものは、希望する日の2ヶ月前までに〜」のような規則がある場合は、それに従いましょう。

退職前に上長が引き止めの面談をしてくることが多いです。面談や引き継ぎに時間を取られることを考えて、余裕を持った日程を組んでおきたいですね。

退職理由はもっともらしい建前を用意する

退職理由を正直に伝える必要はありません。「どうせ辞めるから」と、職場の改善点や文句を伝える人もいますが、去る職場が将来的にどうなろうと、あなたには関係ないことです。

残る人のために職場の改善案を提案する必要は一切ありませんし、あなたの印象が悪くなるような発言をすることもありません。「いつ戻ってきてくれてもいいからね」と言われるような円満退職用の退職理由を用意しましょう。

風当たりが強くなっても仕事の手を抜かない

退職を伝えると、職場での風当たりが強くなることがあります。退職までの期間の仕事が辛くなりますが、決して手を抜かないようにしましょう。

「どうせ辞める職場だし」「こんな連中の嫌がらせに従ってもね…」と思ってしまいますが、そこは円満退職のために我慢です。あまりにも酷い場合は、上長に相談してもいいでしょうが、味方になってくれる可能性は低いので、退職までの数ヶ月間、耐え忍びましょう。

引継ぎ・挨拶回りは入念にする

引継ぎと挨拶回りは、丁寧にしましょう。

引継ぎは丁寧にやってもらえて当然と考えている人が後任の場合、少しでもあやふやに引継ぎをすると、「引き継いだ業務をきちんとこなせないのは前任者のせいだ」と妙な恨みを買うことになります。

挨拶回りも丁寧にすることを心がけましょう。業者さん、患者さんの家族には、他の医院に転職しても縁がある可能性があります。印象が悪くならないようにしたいですね。

奨学金など不安な点は専門機関に相談する

奉公の途中で、奨学金返済などをチラつかせて退職できない場合は、弁護士などの専門家に相談しましょう。

退職をほのめかした時点で、あなたへの風当たりは悪くなる一方のはずです。「看護師を辞めたい」と感じるほど嫌な職場がより一層嫌な職場になるのに、居続ける自信はありませんよね。

奨学金返済を武器に就労を強制する事はできないので、法律の専門家や退職代行サービスに相談して退職を勝ち取りましょう。

看護師を辞めて後悔しない!転職活動をするポイント

看護師,辞めたい

看護師を辞めた後に「こんなはずじゃなかった」とならないための転職活動のポイントを5つ紹介します。

看護師から看護師に転職するにしても、看護師から他業種に転職するにしても大切なポイントになるので、「辞めたい!」と感じたら意識しましょう。

  • 転職スケジュールを決める
  • どうありたいのかを考える
  • 常に情報を集める
  • 転職のプロに相談する
  • 逃げ道は作っておく

転職スケジュールを決める

「この日までに新しい職場を決める」といったように、転職スケジュールを決めて転職活動をしましょう。目安は、転職活動を始めてから3ヶ月後です。

特に、今の仕事を辞めてから転職活動をする場合は、ダラダラ転職活動をしているといつまでも仕事が決まらず、「気がつけば失業保険の受給期間がすぎていた」という事態になりかねません。

早い人は転職活動から2週間程度で新しい職場が決まりますが、まずは3ヶ月を目安に面談や応募スケジュールを決めていきましょう。

どうありたいのかを考える

看護師を辞めた後に大切にしたいことや、譲れない条件をはっきりさせてから転職活動に挑みましょう。「ただただ看護師を辞めたかった」「仕事ならなんでもいい」という転職の仕方は後悔します。

「仕事には困らない」と言われている看護師ですが、それは「選ばなければ」という条件付きです。

看護師を辞めた後、自分がどういう仕事についてどう働いていたいかをしっかりもっていないと、募集要項の字面だけがいいブラック求人に引っかかってしまう可能性があります。

常に情報を集める

転職活動は情報戦です。常に情報を集めておきましょう。

転職サポートサイトを活用するのはもちろん、直近で看護師から転職した知人や、他業種から看護師に転職してきた人、出入りの業者さんからさりげなく情報を引き出すのもありです。

転職のプロに相談する

辞める前に転職のプロに相談しましょう。

自分が転職市場でどれくらいの価値があるのかは、自分自身では判断しにくいものです。転職のプロに相談すれば、あなたの市場価値はもちろん、求められる職種についてもアドバイスをもらえます。

独りよがりで転職活動をしてもうまくいかないものです。転職を考えたら必ず転職エージェントに相談しましょう。

逃げ道は作っておく

看護師を辞めた後、転職がうまくいかなかった場合の逃げ道も残しておきましょう。

転職活動を始めてから3ヶ月程度で新しい職場が見つかるのが一般的な転職活動の早さです。3ヶ月以上転職活動が長引いた場合でも、失業給付があるので、すぐに困ることはありません。しかし、不景気と重なってしまうと不本意な職場にしか転職できないことも考えられます。

最悪の場合、元の職場に出戻りもできるように円満退職を心がけることも対処策になります。

まとめ:看護師を辞めたい場合は転職サービスで相談してみよう

看護師を辞めたいと考えたときにすべきことについて紹介しました。

看護師として転職する場合は仕事に困る可能性は低いですが、他業種に転職する場合は年収や待遇が悪化する可能性が高く、退職するのは慎重に考えたいところです。

すでに心身に悪い影響が出ているなら、すぐに仕事を辞めた方が自分のためになります。そうではない場合は、あなたのことを客観的に見てくれる第三者に相談してから退職しましょう。

無料で相談できるサービスに転職エージェントがあります。転職するかどうか悩んでいる段階でも相談でき、転職した場合の年収のシミュレーションや、新しい職場が見つかるまでの転職サポートもしてくれるので、登録しておくとメリットがありますよ。

今の職場に無理をして勤める必要はありませんが、どうせ辞めるなら自分に有利になるように辞めたいものです。使えるサービスはとことん利用しましょう。









看護師,辞めたい