IT業界に強い転職サイト・転職エージェントのオススメはココ!【比較ランキング】

「自分にあった転職サイトや転職エージェントがわからない」
「できるだけ良い企業に転職したい・・・」

あなたに合ったIT企業に転職するためには、あなたに合った転職サイト&転職エージェントを選ぶ必要があります。

この記事では、未経験でエンジニアとしてIT業界で働き、過去に2回転職、現在はWebプロデューサーとして採用にも関わる筆者が、実際に利用してよかった転職サイトやエージェントを紹介します。

また、現在は採用する側としても転職サイトなどを利用しているので、採用過程でわかったそれぞれの特徴も加味しています。

このページでは、ニーズ別にIT系の転職サイト&転職エージェントを紹介し、転職を成功させるコツも紹介しています。

この記事を読んで、それぞれの特徴やメリットを知り、利用する転職サイトと転職エージェントを決めることで、希望に合った企業に必ず出会うことができるでしょう。

それではまいりましょう!



おすすめのIT転職サイト&エージェントを比較・ランキング

それでは、実際に筆者が、求職者として&採用する側として利用してみてよかった転職サイトと転職エージェントを紹介します。

安心感1位!未経験&転職がはじめての方に「マイナビエージェント×IT

Goodポイント
  1. 企業との深いパイプがあるため希望条件を調整しやすい
  2. アドバイスやサポートが的確で丁寧
  3. コンサルタントの変更が容易

マイナビエージェント×ITは転職業界最大手のマイナビが運営するIT業界に特化した転職エージェントです。

マイナビグループとして培ってきた企業との強いパイプがあり、非公開求人はマイナビでしか扱ってない場合がほとんど。そのため、内定率が非常に高いのも魅力です。

またホームページの見やすさには定評があり、職歴や希望職種、キャリアに合わせた求人を面倒な手間をかけることなく閲覧することができ、登録が非常にスムーズにできるという高評価を受けています。

業界に詳しいコンサルタントが多く常駐しているのもメリットの1つ。

日々進化するIT業界に後れを取らないよう、積極的に勉強会やセミナーなどを開催し、現状にマッチングした活動ができるよう企業努力を行っています。

そして、大手ならではの強みとして、コンサルタントの数が多いため担当の変更がしやすいのもメリットです。自分にあった担当を付けることが転職においては重要なので嬉しいポイント。

IT業界未経験OKの求人数が多いのも特徴で、他業種からIT業界への転職を考えている方は是非登録をしましょう。

マイナビエージェント×ITの評価
総合評価:★★★★★
求人数:★★★★☆
使いやすさ:★★★★★
年収アップ率:★★★☆☆
求人の質:★★★★☆
※登録も利用も無料。出し惜しみをしないことでも有名で、人気求人はすぐになくなるので、チャンスを逃さないように思い立ったらとりあえず面談しておきましょう。

エンジニア&デザイナーなら人気度1位!エンジニアで、とにかくミスマッチをなくしたいなら「レバテックキャリア

Goodポイント
  1. エンジニア&デザイナーなら年収アップが見込める
  2. 企業のリアルな内情に詳しいためミスマッチが防げる
  3. 企業の求める人材を直接ヒアリングしているから、面接対策の精度が高い

レバテックキャリアはエンジニアで転職を考えている人には是非登録してほしい転職エージェントの1つです。

変化の多いIT業界に対応できるよう、アドバイザーも常に最新の知識を勉強してくれています。

一番の特徴は、レバテックキャリアのすべての求人は、コンサルタントが直接企業に出向き、マネージャーや現場メンバーに企業の求めている人材の詳細を情報をヒアリングしていることです。

また、レバテック自体はエンジニア派遣業なども行っているため、多くのIT企業と深く関わりがあります。以上の点で、面接を受けるor受けたい企業の内情を入社前に詳しく聞くことができるのが圧倒的な強みです。

また通常は転職の成功の時点でサービスとしては完結するケースが多いですが、レバテックキャリアは入社後のサポートも行ってくれます。

きめ細かい対応が評判で、年齢や希望・条件に合った転職先を紹介してくれるといった転職者重視の企業姿勢が高く評価されているエージェントです。

レバテックキャリアの評価
総合評価:★★★★☆
求人数:★★★★☆
使いやすさ:★★★☆☆
年収アップ率:★★★★☆
求人の質:★★★★★

安定の信頼度1位!条件や行きたい企業が漠然としているなら「リクナビNEXT

Goodポイント

①スカウト機能を装備。
②企業の充実した詳細を閲覧可能。
③転職成功ノウハウを公開し、様々なコンテンツを用意。

リクルートグループが運営する業界最大手の転職サイトです。

実際の転職者の実に8割の人が登録したと言われるほどの知名度と実績を誇ります。

求人数はとても多く、またリクルートグループならではの独自のパイプを活かした非公開求人が多いのも特徴の1つです。

通常の転職サイトではなかなかわかりづらい企業側の詳細な情報が掲載されているのも魅力の1つで、登録することにより他のサイトでは知ることのできないリクナビならではの情報が閲覧できます。

また実際の転職者の声や転職活動の基本、Q&Aなどのコンテンツを用意した「転職成功ノウハウ」も人気で、転職活動が初めてという方も安心して利用することができます。

リクナビNEXTの評価
総合評価:★★★★★
求人数:★★★★★
使いやすさ:★★★★☆
年収アップ率:★★★★★
求人の質:★★★★★

地域の幅広さ1位!他業界も視野に入れている、全国で探したいなら「doda

Goodポイント

①キャリアアドバイザーのサポートが充実。
②年代や地域に制限がない。
③求人件数が多く、様々な選択肢を与えてくれる。

doda転職エージェントはパーソナルエージェントが運営する、国内2番手の転職エージェントです。

IT業界だけではなく、様々な業種を取り扱っている総合型のエージェントで、その求人数の多さには定評があります。

doda最大の特長は、キャリアアドバイサーのサポートが非常に充実していることです。

年代やキャリアに合わせた丁寧なアドバイスを受けることができ、職務経歴書や履歴書の書き方から面接のポイントまで、細やかなサポートに対しては高評価を受けています。

また大手の強みとして、求人件数の圧倒的な多さが魅力です。

ホームページでは希望の職種やキャリア、地域ごとに分類されたバナーがあり、その求人総数は40,000件近くにも上ります。

自分の希望だけではなく、様々な選択肢を与えてくれる機会があるので、転職活動に幅を持たせることができるのが大きなメリットです。

dodaの評価
総合評価:★★★★☆
求人数:★★★★★
使いやすさ:★★★★☆
年収アップ率:★★★★★
求人の質:★★★☆☆

年収アップ度1位!とにかく年収をあげたいなら「ビズリーチ

Goodポイント

①有料制のサービスを展開している。
②60,000件を超える求人数を保有。
③1,400名を超えるヘッドハンターが在籍。

ビズリーチはサービス名と同じ、株式会社ビズリーチが運営する転職エージェントです。

2007年に設立されたベンチャー企業で、老舗の多い転職業界において他社との差別化をポイントにサービスを提供しています。

ビズリーチ最大の特徴はサービスが有料であることです。

無料の基本サービスもありますが、現年収に応じて2,980円~4,980円の月額が必要となるサービスがメインとなっています。

ビズリーチはスカウト数の多さも評判で、独自の求人情報から自分の条件や希望に合ったスカウトがとても多く来るという定評があります。

また1,400名を超えるヘッドハンターが在籍しているため、企業と転職希望者の間に入り、有利な条件で転職をサポートしてくれるという強みもあります。

スキルに自信があり高収入を目指したいという方や、効率的に転職活動をしたいという方には是非登録をしてみましょう。

ビズリーチの評価
総合評価:★★★★☆
求人数:★★★★★
使いやすさ:★★★☆☆
年収アップ率:★★★★★
求人の質:★★★★★

フリーランス人気1位!フリーランスという選択肢も考えているなら「ギークスジョブ

Goodポイント

①フリーランスへのサポートが充実。
②登録することで独自の福利厚生が利用可能。
③高単価の案件が豊富。

ギークスジョブはギークス株式会社の運営する、フリーランスを支援している転職エージェントです。

IT業界で実績を積み、フリーランスとして活動したいと考えている方には是非登録をしてみましょう。

全国対応していること、アフターサポートが充実していることが大きなメリットで、1人のフリーランスに対し3人の担当者が付く手厚さが評判です。

フリーランスとして働く際に一番ネックとなるのは、確実な収入源の確保です。実績や知識は申し分がなくとも、高単価で継続的な収入を得る営業力とはイコールではありませんし、その確約がなければフリーランスとして働くことは不可能です。

ギークスは高単価で継続受注できる案件ばかり。また独自の福利厚生サービスがあり、登録者は利用することが可能なのも嬉しいポイントです。

働き方改革が提唱されている昨今、フリーランスの支援という独自のサービスを提供している転職エージェントであると言えます。

ギークスジョブの評価
総合評価:★★★★☆
求人数:★★★☆☆
使いやすさ:★★★☆☆
年収アップ率:★★★★★
求人の質:★★★★☆

スキル&年収アップ率1位!専門スキルをもっと伸ばしたい&年収を上げたい「ギークリー

Goodポイント
  1. 専門スキルをさらに伸ばせる企業が豊富
  2. 年収アップを目指せる
  3. コンサルタントの業界に対する知識や経験が豊富

ギークリーは、スキル重視の企業が多く、そのため提示年収も高い求人が多い転職エージェント。エンジニアやデザイナーといった職種から管理職まで幅広く募集されています。

どちらかというと名前を聞いたことのあるような大手や有名企業が多く、福利厚生などの待遇も充実しています。

ギークリーの一番の強みは、コンサルタント自身がIT業界出身者であるということです。

専門職にしかわからない悩みや希望などをきちんとピックアップし、最適な転職先を紹介してくれるというメリットがあります。

企業とのパイプも非常に強固なものがあり、企業側の求める人材や人物像を的確に押さえているため、効果的な転職活動に活かすことができます。

またコンサルタントのレスポンスの速さにも定評があります。連絡にはLINEを利用しているため、お互いに素早い対応ができます。首都圏での転職を希望していて、スキルに自身がある方には特に有効利用できます。

ギークリーの評価
総合評価:★★★★☆
求人数:★★★★☆
使いやすさ:★★★☆☆
年収アップ率:★★★★★
求人の質:★★★★★

ハイキャリア転職度1位!外資や海外勤務も検討しているなら「JAC Recruitment

Goodポイント
  1. 条件の良い企業が多い。
  2. 30代以降のミドル層や管理職経験者の転職に強い。
  3. 外資系や海外勤務の案件も豊富。

JAC Recruitmentはイギリスで創業され、現在日本の転職業界でも5本の指に入ると言われている転職エージェントです。

他のサービスと差別化している点は、転職サイトと併用して行われるエージェントサービスではなく、転職エージェントに特化したサービスを提供していることです。

IT業界の求人数が豊富で、営業やエンジニアを希望されている方には豊富な案件があり安定感があります。

年代的には30代以降のキャリアアップを目指したいミドル層が利用者の中心で、管理職経験者の方などが転職成功をしているエージェントです。外資系や海外拠点のある企業とのパイプもあり、転職者の市場価値を見極めた上で、適切な転職先をサポートしてくれます。

7割以上の非公開求人の案件を持っているので、登録者への特典が大きいことも特徴の1つと言えます。

JACリクルートメントの評価
総合評価:★★★★☆
求人数:★★★☆☆
使いやすさ:★★★☆☆
年収アップ率:★★★★★
求人の質:★★★★★

未経験〜ハイキャリアまで!幅広い求人「ワークポート

Goodポイント
  1. 大手からベンチャーまでIT企業の求人数がとにかく豊富
  2. とにかく早めに転職したい&期間がない方に
  3. 親身に相談にのってくれる

ワークポートは、IT業界の転職に特化した老舗の転職エージェントです。

老舗なだけあり、求人数は大手からベンチャーまでかなりの数を保有しています。

また、対応の速さも定評があり、希望の条件に近い企業を次から次へと紹介してくれ、企業とのスケジュール調整や質問への回答もスムーズです。

ヒアリングもとても丁寧で、キャリアの相談から業界の展望、企業の実情まで聞きたいことに対して親身に答えてもらえます。

実際に使ってみた感想

実際に筆者も利用しましたが、初回の相談でこちらの希望を明確にしてもらい、その日のうちに、自分でも検討していなかったような良質な企業を提案してくれました。
他にもさまざまな転職エージェントや転職サイトを利用しましたが、結果的に、面接のセッティングや提案数などが一番迅速でした。

大手からベンチャーまで紹介してくれますが、どちらかというと現在急成長中のベンチャー企業の求人が一番多く、かつ条件も良かったです。

さらに、ワークポートには、独自のシステムとしてeコンシェルというシステムがあり、各案件の進捗状況やコンサルタントとの連絡を一括で管理してくれるシステムで、どこにいてもすぐに状況がわかるので便利です。

ワークポートの評価
総合評価:★★★★★
求人数:★★★★★
使いやすさ:★★★★☆
年収アップ率:★★★★☆
求人の質:★★★☆☆

ワークポートに登録する人だけ、「転職決定人数 No.1」の対応を受けられます!

転職に関するデータ

データからも転職について考えてみましょう。

転職者数
2014 291万人
2015 299万人
2016 307万人
2017 311万人
2018 329万人

https://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/nen/dt/より

転職している人は年々増加しており、2016年度からは300万人を超えています。

転職率
2014 4.6%
2015 4.7%
2016 4.8%
2017 4.8%
2018 4.9%

https://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/nen/dt/より

労働人口で割ってみると約5%の人が転職を経験しています。この数字は1年間で約20人に1人が転職していることになり、意外と多くの人が転職をしているとお判りいただけるかと思います。

給与増加した人の割合
19才以下 59.5%
20〜24才 42.5%
25〜29才 40.2%
30〜34才 39.2%
34〜39才 41.2%

https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/17-2/index.htmlより

ちなみに転職は若いうちにした方が良く、給与が増加した人の割合は年齢が若いほど高くなります。
とは言っても全体でも約40%の人が給料が増加しているので転職をすれば高い確率で給料をあげることができます。

【はじめて転職する人向け】転職サイトと転職エージェントの違い

転職において、転職サイトと転職エージェントをうまく使い分けることは非常に大事になってきます。

両者の大きな違いは、専任のアドバイザーがつくかつかないかという点ですが、ほかにもいくつかの違いがあります。

転職サイトの特徴

転職サイトを使う大きなメリットは次の2つです。

  • 自宅にいながら自由に企業の情報を閲覧できる
  • 多くの企業に応募ができる

しかし、情報収集から応募、エントリーシートの作成や面接まで、全てを自分で行わなくてはいけないというデメリットもあります。

既に転職経験があり、ある程度のノウハウはわかっているという方や、多くの企業を自由に受けてみたいと言った方にはおすすめです。

転職エージェントの特徴

転職エージェントを使う大きなメリットは次の3つです。

  • 専任のアドバイザーがつき、無料で転職活動をサポートしてくれる
  • アドバイザーが企業の担当者との面談を重ねてくれるため、求人の動向などが詳しくわかる
  • 履歴書や職務経歴書の添削をしてもらえる

転職エージェントに登録すると、プロのキャリアアドバイザーから自分のスキルや適性の診断を受けることができます。
その上で希望の条件や職種に合った企業を紹介してもらうことができ、履歴書やエントリーシートの書き方、面接のポイント、条件の交渉まで担当をしてくれるのです。

初めて転職活動をされる人や適切なアドバイスを受けながら転職を行いたいと言った人、自分のスキルや条件にあった転職先を効率的に見つけたいといった人は転職エージェントへの登録をした方が良いです。

まずは転職のタイミングや自分の転職経験、転職スタイルを把握した上で、どのサービスに登録するのかを検討する必要があります。転職経験がない、どのサービスが良いのかわからないといった場合は、複数のサービスに登録してみるのも良い方法です。

転職サイトも転職エージェントも登録や相談は無料というサービスがほとんどです。実際にどのような内容になっているのかは登録してみないとわからないこともあります。

転職サイト・転職エージェント、双方のメリットとデメリットを考えた上で、利用をしてみるのが良いでしょう。

IT業界における転職サイト&エージェントの選び方

IT業界に特化した転職サイトや転職エージェントは多くあります。

そんな中でどのサービスを選ぶかというポイントは、「IT業界のどの業種を希望しているのかという点を明確にすること」です。

IT業界にも営業や企画、クリエイター、プログラマー、エンジニアといった多くの職種があります。
その中で自分の希望する業種や職種は何なのかを絞り込み、その職種に特化したサービスを利用することが大切なのです。

IT業界に特化した転職サイトや転職エージェントは多くの会社がありますが、各サービスによって特化している職種が異なります。
そのため、まずは複数のサービスに登録することが大切です。
その中で自分の希望やスタイルに合ったサービスを探し出していくことが成功への近道となるのです。

筆者はIT業界での転職が初めてだった際には、どのサービスが良いのかすらわからなかったため、まず有名どころのサービスに複数登録しました。

どの転職サイト・転職エージェントも登録は簡単です。

ただ転職エージェントへの登録については、専任アドバイザーとの相性があることを知りました。
アドバイザーも人間です。実績や人柄が自分とは合わず、思うような活動ができないということもありましたし、条件の異なる企業を紹介されたこともありました。

そのような可能性も考えると、やはり1社に絞って活動するのではなく、複数社のサービスに登録し、比較検討していく態勢が必要になってきます。

納得できる転職を行うためには、自分に合ったスタイルを探しつつ、プロからの適切なアドバイスが必要不可欠なのです。

職種別!迷ったらとりえずこの2つを併用しよう

さて、いくつかの転職サイト&転職エージェントを紹介してきましたが、結局どれに登録すればいいかわからない・・という方もいますよね。
確かにそれぞれ独自の手法で展開しているたくさんのサービスがあるため

  • 自分の希望やスキルに合った転職先が見つかるのか?
  • キャリアアドバイザーとの相性は大丈夫なのか?

といった不安が大きいという声をよく聞きます。
そんな時は、是非複数の転職サイトや転職エージェントに登録をしてみてください。
多くのサービスは無料で提供されており、登録が煩雑ということも少なくなってきています。
迷ったら、まず以下の2つのエージェントに登録してみましょう。

希望職種ごとにまとめました!

登録はどれも5分かからないので、チャンスを逃さないためにも気になったら登録しておきましょう。

IT業界への転職希望者全員が利用できる転職サイト・エージェント

  1. マイナビエージェント×IT
  2. レバテックキャリア

IT業界への転職希望者全員が利用できる転職サイト・エージェントは、求人が多い転職サイト・エージェントを選びましょう。

未経験から経験者向けどなたにでも幅広く求人を紹介することができます。またIT転職でも業界大手の会社の会社なので他では出回らないような非公開求人も保有しています。

エンジニア特化の転職サイト・エージェント

  1. レバテックキャリア
  2. ギークリー

エンジニア特化に特化した転職サイト・エージェントは、エンジニアの仕事について理解してくれる担当アドバイザーがいるサービスを利用しましょう。

エンジニアの仕事についてしっかりと理解してくれているので、あなたの希望に沿った求人を紹介してくれます。

デザイナーに特化の転職サイト・エージェント

  1. マイナビエージェント×IT
  2. リクナビNEXT

デザイナーに特化した転職サイトエージェントは求人数が多いサービスに登録をしましょう。

マイナビエージェント×ITはデザイナー経験者むけで、年収が高くなる傾向にあります。リクナビNEXTはIT専門ではないものの幅広い求人から探すことができるので、IT企業ではない一般企業のデザイナーなど掘り出し物の求人を見つけることができる可能性があります。また、未経験者でも採用してくれる求人も探すことができます。

プロデューサー・ディレクター・マーケターに特化の転職サイト・エージェント

  1. マイナビエージェント×IT
  2. リクナビNEXT

プロデューサー・ディレクター・マーケターに特化の転職サイト・エージェントは以上の2つ。マイナビエージェント×ITはIT系企業の求人に特化しているので経験者の方におすすめ。

リクナビNEXTは、上記でもご説明した通りIT専門ではないものの豊富な求人から探すことができます。経験者を求めることが多いプロデューサー・ディレクター・マーケターも未経験でも採用してくれます。

ハイキャリア・管理職を目指す方に特化の転職サイト・エージェント

  1. JAC Recruitment
  2. ビズリーチ

ハイキャリア・管理職を目指すならば以上の転職サイト・エージェントを利用しましょう。どうしてもIT系の転職サイト・エージェントはバリバリの現場の仕事が多くなります。

より上の役職や管理職を目指すのであればハイクラス向けのサービスを利用した方がいいです。今の時代は管理職でもITの知見が求められます。そのため、管理職の経験がなくても管理職枠として採用をしてもらえる場合があります。

未経験・転職がはじめての方でも紹介してくれる転職サイト・エージェント

  1. マイナビエージェント×IT
  2. doda

未経験や転職が初めての方におすすめなのが上記の転職サイト・エージェント。マイナビエージェント×ITは担当がIT関連企業で働いていた方ばかりなので親身に転職をサポートしてくれます。

dodaはIT専門サービスではないものの、未経験可能の求人を多数保有しています。ただ、IT関係の仕事は全くの未経験だと転職しても覚えることが多く、苦労することもあります。

そのため、プログラミングスクールに通って実力をつけてから転職をすることも一つの手です。

関連記事:【無料あり】本気でおすすめしたいプログラミングスクール3つ【実際に受講した】

30代のIT転職でも使うことのできる転職サイト・エージェント

  1. レバテックキャリア
  2. マイナビエージェント×IT

IT業界だと30代は残念ながら若い年齢とは言いません。確実に実力をつけた方が転職をする場合におすすめしたいのが上記2つの転職サイト・エージェント。

担当はIT業界経験者なのであなたの経験に最適な求人を紹介してくれます。

もし30代を超えてキャリアアップや管理職を目指す場合は、上で紹介した「ハイキャリア・管理職特化」のサイト・エージェントを選んでもよいですね。

この2つの転職エージェント&サイトをおすすめする理由

それぞれ2つをおすすめした基準は、希望に近い企業が見つかりやすい&効率よく転職活動ができるか、です。

転職活動をスムーズに行うには、1つの転職サイトや転職エージェントを利用するのではなく、それぞれのメリット・デメリットを把握し、複数のサービスを利用することが賢明です。

先に紹介した2つの転職サイトや転職エージェントに登録すれば、様々な視点から転職活動を有効に進めることができると言えます。

筆者も転職経験者ですが、やはり最初はどのサービスに登録したら良いのか、非常に悩みました。
IT業界でのキャリアアップを希望していたのですが、まず自分の市場価値が知りたいと考えていました。

  • 自分の希望や条件は的外れではないのか?
  • 今の自分を認めてくれる企業はどの程度あるのか?

そんな客観的な判断を個人で行うことは不可能に近いのです。
独りよがりな転職ほど危険なものはありません。
良かれと思って行った転職が失敗に終わった・・・なんてことになっては一大事です。

現在の勤務がある以上、闇雲に面接を受けたりセミナーに参加したりする時間はなく、ある程度的をしぼる必要性があります。

そんな中、複数の転職サイトや転職エージェントに登録することにより、そのサービスの特長を掴むことができました。

結果、転職活動においては1つのサービスを深掘りするのではなく、複数のサービスを併用することにより、有効な転職活動を行えるということを経験しました。

転職には個々に様々な条件があります。
年収のアップ、勤務地の変更、委託社員やフリーランスなどの働き方改革・・・どのサービスが自分にとって最適なのかは実際に登録し、動いてみないことにはわかりません。

多くのサービスは登録から相談まで無料で行うことができます。
千里の道も一歩から。

自分に合った企業を探すのと同じように、自分にあった転職サイトや転職サービスを探し出すことが大切なのです。

転職する際は「その後」のことまで考えておいた方がよい

「どういうこと?」

と思う方も多いのかもしれません。
今この文を読んでいるあなたは転職のことを考えているはずなので

「転職したその後のことなんて考えられないよ!」

と思うのが普通です。ですが転職はいってしまえばあなたの人生の一部に過ぎず、

実は転職よりも「その後のことを考える」ことはもっと大切なのです。

特にIT関係の仕事は技術が目まぐるしく変化していくのでその後、その後の情報を先読みしておく必要があります。

転職する会社はあくまでお金を稼ぐ手段

ほんの20・30年前までであれば、1つの会社に勤めていれば年金も含めると一生涯保証してくれるのが当たり前でした。

残念ながら、今はもう違います。

技術は目まぐるしく変化していき、最先端だった会社はいつの間にか遅れた会社になってしまうことは容易に考えることができます。

果たして会社が傾いたらリストラに合う可能性もあります。果たして会社はあなたを守ってくれるでしょうか?答えはNOです。

あなたが会社に愛着を持っていて地獄の果てまで共にする気持ちなら良いのかもしれません。

ですがいくら身を粉にして働いても会社は簡単にあなたの首を切ってしまいます。

リストラに合うって想像以上に精神的にきますから、転職しようなんて切り替えは簡単にはできません。しかもその時のあなたの年齢が高くなっていたらどうしましょうか?

さらに転職できる可能性は低くなってしまいます。そんなことにならないためにもアンテナは常に張っておくことが大切。

  • 今転職する自分の会社はどんな状態なのか?
  • この会社で働いてスキルが身についたら上の職種に挑戦してみよう!
  • 実は会社で働いているけど、この仕事自分でもできるんじゃないの?

これだけ考えておくだけでも随分と環境は変化します。

転職する会社から旅立つことも考える

転職した会社から転職することも考えておきましょう。あなたにぴったりの会社なら良いのですが、リストラのリスクもありますし何も一生働く必要はありません。

また、あなたがスキルアップをしてもっと上の条件で働きたくなることもあるでしょう。

また転職をするためにはあなたが今していることをもう一度しなくてはいけないことになります。想像以上にめんどくさいですよね。

転職サイトに登録だけしておいて求人を眺めるだけでも転職に関する情報量は段違いに変わります。
まして入れ替わりの激しいIT業界です。前までなかった好条件の求人が急にこともよくあることです。

転職はスピードが 命。目を通しておくだけでもスピード感は変わってきます。

IT業界でよくある質問

ここではIT業界に転職する際によくある質問をご紹介します。

IT業界で働いている経験と、社会の流れからお答えしていきます。

  • 未経験でも転職できるの?
  • IT業界で働く魅力とと身に付くスキルは?
  • IT業界の将来性は?

未経験でも転職できるの?

上の見出しでもご紹介しましたが、

未経験でもIT業界に転職することができます。

と言うのも業界的に人手不足は続いており、どこの会社も働くことにできる人材を求めているから。

IT業界と言われると「プログラミング」や「Webデザイン」などと専門的な知識が必要で少し難しく考えてしまいがちですが、IT業界はとても幅が広いので

  • Web広告業
  • Webマーケティング
  • Web広告・マーケティングの営業

などなど、専門的な知識ではなくもともとのスキルを生かした仕事も多数あります。

あなたが前職で働いていた経験を生かすことができる場合が多く

・前職で車の市場調査をしていた→車に特化したのマーケティング・広告運用ができる
・前職でバリバリ法人に営業をかけていた→ホームページ制作の営業を法人にできる

など、少しIT業界のことを覚えるだけであなたは転職先の会社で即戦力として働くことができます。

この掛け合わせスキルはどこの会社でも必要としていますし、会社としても新たな市場開拓に繋がります。

あなたがIT業界が未経験だからといって尻込みするのではなく、

未経験だからこそ掛け合わせて強みにしていく形で積極的にチャレンジをしていきましょう。

https://www.r-agent.com/guide/article4891/#ITより

リクルートの調査からも未経験である異業種からの転職者が増えていることが伺えます。

また、イケイケで若者ばかりを採用してきて成長してきたベンチャー企業が、営業や管理の経験のある方を採用する傾向もあるので未経験でも十分に転職が可能といえます。

IT業界で働く魅力とと身に付くスキルは?

IT業界は常に進歩している業界であることから常に最新の知識を身に付けることができるのが魅力。

https://www.juas.or.jp/cms/media/2019/01/it19_yosan.pdfより

また年々企業がIT関係にかけているお金が増えているのでそれに相応の給料とやりがいを得ることができます。
IT業界の仕事の特徴として「仕事のスピード感」がとても早いことが挙げられます。

他業種から未経験で転職する場合はそのスピード感に戸惑うことがあるかもしれませんが、このスピード感を身に付けることにより、自分の将来のキャリアに生かすことができます。

また上でご説明したように転職した先から転職をした際に身に付けたスピード感を生かすことができるのは間違いありません。

また、IT業界は膨大な数字データを生かして仕事をするので、論理的な思考も身に付けることができるので転職することであなたをより成長させることができます。

IT業界の将来性は?

2020年も構造的な人材不足により全体的には売り手市場になるだろう。基幹システムの刷新・クラウドへの移行案件は引き続きニーズがある。デジタルトランスフォーメーション(DX)事業に取り組む企業は増えているが、求める人材が市場に少ないため、人材争奪戦は過熱。ITエンジニア採用の難易度が非常に高いだけに、採用充足に本気で経営・人事・現場が一体となってコミットし施策を実行し続ける企業と「いい人がいればいるだけ」と目標意識が薄い企業で明暗が分かれそうだ。

https://www.r-agent.com/guide/article4891/#ITより

リクルートエージェントのIT業界の動向予想からもIT関連の求人数は高いままキープすることが予想されています。

今後も働き方改革やクラウド、AI化の流れは進んでいくためそのシステムを整備、開発するするIT関係の将来性は明るいと言えます。

IT業界への転職でおすすめの企業は?

IT業界に転職するとは言っても企業はたくさんあります。需要がある分募集をかける企業はたくさんありますし、どの企業に転職をしようか迷ってしまいますよね?

求める目指す条件によっておすすめの企業が変わってきますので、条件別におすすめの企業をご紹介します。

<人気>

  • Google
  • 楽天
  • 富士通
  • LINE
  • NTTデータ

Webサービス系の企業が多く、誰もが知るような有名企業な名を名を連ねています。

LINE以外の会社は、IT業界でも歴史が長く、成長性も将来性も高い企業ばかりです。

ただ、人気の企業なので倍率が高く本社勤務となるとかなりの実力がなければ、書類審査すら通ることも難しくなります。

ちなみにGoogleは公式サイトにしか応募できないので注意が必要です。

<年収>

  • スクエアエニックス
  • ソフトバンクグループ
  • 野村総合研究所
    ※国内企業

どの企業も平均年収が1000万円を超える企業ばかりとなっています。

安定して成長を続けている会社が多く成果を出した方はさらにボーナスとして支払われます。ただし、評価基準は厳しい会社が多いので注意が必要です。

また、外資系企業ここであげた会社は日系企業なので外資系企業の方が年収が高くなります。

  • Linkedin
  • Google
  • Yahoo!

などが年収が高い企業になります。

<ホワイト企業>

  • ドコモ
  • NTT
  • 日本マイクロソフト

下請けの環境になるとブラックなIT企業が多いのですが、上場企業となるとホワイトな会社が傾向にあります。特にNTTグループは通信関係でも特にホワイトで残業が少ない傾向にあります。

よほどのことがないかぎり、残業もありませんし何かのイベントごとがない限りは飲み会などもない他、在宅ワークや育休などの精度も整っています。

<ベンチャー企業>

  • Preferrred Network
  • メルカリ
  • SanSan

IT系には山程ベンチャー企業がありますが、ここではベンチャー企業の中でも設立10年未満で企業の総資産学が10億ドル以上あるユニコーン企業を選びました。

Preferrred NetworkはAI系のディープラーニングの研究や開発をしている会社であり、研究結果を交通システムや医療に活用するなどAIの産業利用を行っています。また、皆さんご存知メルカリもベンチャー企業にランクインしており今後のさらなる成長を期待されています。

SanSanは法人用の名刺管理サービスを運営する企業で、名刺管理アプリやSNSを運営するなどの実績を持っています。

AI業界や、既存の物をデジタル化する会社が目をつけられており人気となっています。

追加:今回ご紹介しなかったIT転職サイト・転職エージェント一覧

よく比較されるIT転職サイト一覧
  1. マイナビエージェント×IT
  2. レバテックキャリア
  3. リクナビNEXT
  4. doda
  5. ビズリーチ
  6. ギークスジョブ
  7. ギークリー
  8. JAC Recruitment
  9. ワークポート

この他にもご紹介しませんでしたが以下の転職エージェントも存在します。今回ご紹介しなかったのは本当におすすめできる転職エージェントをご紹介したかったから。

また、特徴が濃すぎるが故にみなさんが使えることができないと思ったからです。

ですが、以下の転職エージェントも優秀な転職エージェントなので合わせてチェックしてみてくださいね。

ハイパフォーマーITエンジニア

フリーランスエンジニアのための転職エージェントです。大手企業の直受け案件が多いので報酬額が高く100万円以上の好条件の案件も多数取り扱っています。

15年以上の実績があるので企業からの信頼も厚く他のエージェントでは取り扱っていないような好条件の案件も見つけることができます。

パソナキャリアオリコンの顧客満足度調査で「転職エージェント」で第1位を獲得するほど満足度の高い転職エージェントです。

各分野に特化したキャリアアドバイザーが交渉をおこなってくれ、確実なキャリアアップをすることが可能です。

リブズキャリア

女性のための転職エージェントです。IT系案件も取り扱っており、女性の働き方を理解してくれている企業の案件を多く取り扱っています。大手企業の案件も多く女性のキャリアアップ転職を可能にしてくれます。

レバテックフリーランス

ITフリーランスの求人に特化した転職エージェントです。案件の多さは業界最大級であなたに最適な案件を探し出すことができます。
年収交渉もおこなってくれるのでより高い単価で転職をすることが可能です。

マイナビエージェント

先ほどご紹介したマイナビITよりも未経験案件を多く保有しており、未経験から転職したい方におすすめ。働きながらプログラミングを学ぶことも可能です。

ベンチャー系の案件も多く他分野に転職することも可能です。

ハタラクティブ

20代のフリーター、既卒、第二新卒向けの転職エージェントです。未経験でも採用してくれる案件が多いのでプログラミングを学びながら働くことが可能です。

リクルートエージェント

業界大手の転職エージェントです。もちろんIT関係の案件も多く非公開案件も多く取り扱っています。業界大手のアドバイザーがあなたに最適の転職先を探し出してくれます。

Tech Clips エージェント

高収入かつ、自社開発に特化した転職エージェントです。年収500万円以上の求人が多く転職して93%の方が年収をあげることに成功しています。特に首都圏の求人に強いです。

キャリアカーバー

ハイクラス転職向けの転職エージェントです。年収2000万円台の求人も扱っており確実な年収アップが可能です。
管理職やエンジニアなど自分のキャリアアップをしたい方のためのヘッドハンターがあなたに最適な転職先を探してくれます。

ITスタッフィング

高時給の派遣型の求人を多数扱っている転職エージェントです。正社員としてではなく派遣でバリバリ稼ぎたい方におすすめです。転職先を探すまでのつなぎの仕事や短期で仕事をしたい方が多く使用しています。

パーソルテクノロジースタッフ

IT・Web・エンジニア・クリエイターの派遣をメインにおこなっている転職エージェントです。高時給の案件が多く、IT関係を経験して派遣としてバリバリ働きたい方におすすめです。

Modis

大手人材サービスのAdeccoグループが運営しているITに特化した転職エージェントです。大手外資系の求人が多いので高単価の求人が多く、キャリアアップをしたい30〜40代の方に特におすすです。

メイテックネクストIT

大手メーカーの求人の多い転職エージェントです。メーカーのソフトウェア開発やマネジメントなどの求人が多く非公開の求人も多いので安定した大手企業に転職をすることができます。

リクらくエンジニア

未経験からでもIT関係に転職することができる転職エージェントです。未経験可の求人だと条件が悪いものが多いのですが、リクらくエンジニアの求人は質が高く100万円以上年収をアップ差出ることも可能。転職先でプログラミングを学びながら働くことが可能です。

EncreMatch(エンクリマッチ)

IT系でも特にゲーム業界のプランナー、エンジニア、デザイナーに特化した転職エージェントです。クリエイターならば誰もが知っている大手企業の求人を多数用意しているので、他の転職エージェントで見つけることができなかった好条件の案件を見つけることができます。

シリコンスタジオエージェント

ゲーム・映像業界に特化した転職エージェントです。

クリエイティブ系に特化しており、非公開求人も多いのがポイント。

ベンチャー系のゲームを作っている企業にも多数転職を成功させているなど、ベンチャーでバリバリ働きたい方に向いています。

シンアド転職

IT/Web業界でも特に広告業界の転職を支援しているエージェントです。

親身なヒアリングが魅力で転職者に本当にあった転職先を提案してくれます。

サンカク

仕事を辞めずに社外の仕事や事業に触れることができるサービスです。

転職サービスとは少し違いますが、副業規定に触れずに社外の仕事をすることができます。

特にスタートアップやベンチャー系の案件が多いです。

Wantedly

月間200万人以上が利用しているFacebookを活用したビジネスSNSです。転職サイトとは違いますが、プロフィールを登録すると実際の企業からスカウトを受けることができます。

実際にここからスカウトを受けて転職した方もいらっしゃいます。

Green

最近話題のIt専門の転職サイトです。

人事担当にスカウトを受けることができるなど、企業と直接やりとりをすることができます。面接前に企業担当に会うことができるなどユーニークなサービスもあります。

Find Job

エンジニア、デザイナー、マーケターなどに特化した転職サイトです。

転職のコツやマナーを紹介しているのでサービスを使用しなくても転職について学ぶことができます。

EN:TRY

未経験向けの求人を紹介してくれる転職サイトです。

エンジニアを目指したい方や、経験を積みたい方など経験が少ない方でも書類選考なしで面接をすることができます。

Forkwell

IT系のポートフォリオサービスのあるIT関係のSNSです。

自分のポートフォリオを公開することができ、スカウトを受けることも可能。運営側に一斉送信機能がないので、本当に必要な人材のみがスカウトされる仕組みになっています。

PROsheet

最短で2週間の勤務から案件を探すことができるフリーランスに特化した転職サイトです。

契約更新率が89%と高く、企業側からも、利用者側からの評判も良いです。

PARAFT

転職サービスと、メディアを組み合わせた新しいタイプのサービスです。

求人情報をインタビューと共に掲載しているので人柄や詳しい社風なども知ることが可能です。

まとめ:自分にあったIT転職サイト・転職エージェントはきっと見つかる

転職経験者の一人として言えることは、転職活動というきっかけが自分の知らなかった自分を知るとても良い機会になったということです。

1つの企業という狭い社会で培った知識や経験が、果たして通用するのかという点は非常に不安がありました。
新卒でない以上、ある程度は自分で責任を持たなければいけないと考えていたのですが、すぐにその限界を知りました。
餅は餅屋。
転職という業界で様々な企業を見てきたアドバイザーに勝るものはないのです。

IT業界は近年、人材不足が深刻な問題となっています。
業績や技術は右肩上がりであるにも関わらず、その過酷な勤務状況から人離れも叫ばれています。
ただし、業界内でスキルアップを目指している人が多いのも特徴で、その技術や知識はとても必要とされているのです。

転職を考えているのなら、まずは自分の棚卸をしましょう。

今の自分の経験やスキルで本当に希望している条件が可能なのかを知ることは、転職活動をする上でとても大切です。
足りない部分があれば、補う努力をすることも必要ですし、異業種からのチャレンジであれば業界自体の動向を知ることも重要です。

自分一人でのリサーチや分析に頼ることは危険です。
IT業界に精通したアドバイザーの力を借りて、実績や動向に裏打ちされた情報を収集すること・・・これが転職活動を成功させる最短で最良な方法なのです。

転職サイトや転職エージェントの広告やCMを見ない日はありません。
それは何故なのか?
必要としている人が多くいる、必要としている企業も多くあるということなのです。

情報の氾濫は時に混乱してしまいがちですが、その中から自分に合ったものをチョイスできる力も養わなくてはいけません。
数多くある転職エージェントや転職サイトの中から、是非自分に合った方法で活動ができるサービスを選んでください。
きっと最適な転職活動をサポートしてくれるサービスに出会えるはずです。

「転職しよう」「キャリアアップしよう」と考えた初心を忘れずに、是非有意義な転職活動を行ってくださいね。









この記事をかいた人

Web系企業のプロデューサー。大手でエンジニア見習い→ベンチャーでディレクター→ソシャゲの会社でプロデューサー。