【サポートあり】ニートから就職するために利用すべき求人サイトまとめ

近年増加傾向にある「ニート」という言葉を知っている人が最近増えてきましたね。しかし自ら進んでニートになったという方もいれば諸事情から仕方がなくニートになったという人もいるでしょう。そこで今回は「ニート」が就職するにはどうすればいいのかまとめてみました。



ニートとは?

ニートの数はおよそ71万人。就学・就業・職業訓練のいずれもしていない人だと思われている人が多いかもしれませんが、15~34歳の若年層に当てはまります。若年層は2002年の47万人をピークにそれ以降は減少傾向にあります。ニートになった理由も病気や怪我が理由が一番です。また、大卒の2人に1人は就職難と言われていることもあります。ニートが最多な県は沖縄県です。本土に行かないと仕事が少ないことも原因の1つでしょう。

また30代以上の引きこもりはおよそ80万人程度です。引きこもりとは、社会的な参加をせず6ヶ月以上も家庭に留まり続けている人のことを指します。

ニートになる主な原因とは?

親の過保護・いじめなどで不登校になった経験があるなどのトラウマや病気や怪我などの事情で働けない人もいます。

病気や怪我でやむを得ずに就職を断念した場合以外は、回復次第ですが就職活動は可能であると言えます。

就職先を見つけるのは年を重ねる度に難しくなる

ニート期間が長ければ長いほど就職活動においては不利な状況になります。転職サイトも年齢が20代までだったり、ハローワークの求人なども35歳以下などと年齢制限を設けている場合があるからです。また年を重ねる毎に未経験者を採用したい企業は減っていきます。

ニートでも努力次第で就職は可能な時代

いま現在もですがとにかく人手不足な職が多くなるでしょう。正社員にこだわりがなければ正社員登用があるアルバイト、または紹介予定派遣の利用も検討してみてください。

下記でニートでも就職しやすい職業をピックアップしご紹介していきます。

介護職

少子高齢化社会に突入する日本ではますます人手不足になると言われています。高齢者の割合は30%を超えた日本は超高齢化社会です。外国人労働者の導入まで検討されています。

プログラマー・デザイナーなどWeb系の専門職

今後需要が増えると言われており少子高齢化社会に突入する日本では介護職と同様人手が足りなくなる恐れがあると言われています。loTやAI技術が進み市場が拡大すれば将来的には40万人程度人材が不足すると言われています。

観光業

日本では東京オリンピックが予定されていることもあり、来訪客数の増加を目標としていますが半数近くの旅館・ホテルが人手不足を感じており深刻な人手不足を嘆いている状況です。

運送業や運輸従事者などの倉庫内の仕事

倉庫内の仕事や製造業になると軽作業であれば女性でも働いているのを見かけます。しかし体力を使う運送業ですとニートを経歴が長すぎると身体がついていかずしんどいと感じるかもしれません。就職活動中に体力をつけておきましょう。

就職活動をやる前に生活習慣をみなおそう

人材紹介サービスも20代までのところが多いこともあるため確認が必要ですが、ずっと家に引きこもっていたら朝起きれずに中々身体がついていかない、ということもありえます。あなたが29歳以下であれば、生活習慣の改善の余地はまだあるので少しずつ慣れていきましょう。

昼間に身体を動かして夜型から早寝早起きの習慣へ

基本的には午前中から仕事をする習慣がないと少しキツイかもしれませんね。早寝早起きだけではなく毎日食事をしっかりと取ることをオススメします。なるだけ歩いたりして体力もつけておいたほうがいいですね。

外に出るようにしてなるだけ人と話すこと

ニート生活をしていると家族意外と話すことはなくなります。働きだすとわからないことを都度聞いたり報告連絡をしないといけないのでコミュニケーション能力がないとまた仕事が続かない原因にもなりかねません。ネットではなく実際に友達に会ったりハローワークなどの就職支援の場に足を運んでみてください。

ニートにもオススメな人材紹介を利用しよう

人材紹介を活用することで就職までのスピードも上がるでしょう。ご紹介する会社以外にも転職サイトはありますので是非検討してみてくださいね。

ジェイック営業カレッジ

公式サイト: https://college.e-jinzai.co.jp/service/sales/

✓オススメポイント
①研修があり社会の基本的なマナーが身につきニートにオススメ
②書類面接なしで集団面接に参加できる
③就職してもサポートは継続

ジェイック営業カレッジでは最初の面談のあとに1週間の研修を受けることで企業を紹介してもらえる流れになっています。この1週間の研修には飛び込み営業の研修もあるので実践から学べるためニートにはオススメです。運営もジェイック株式会社がおこなっているので信頼があります。特に社名にも入っている営業職に強い会社になります。ジェイック営業カレッジは関東圏だけではなく全国各地にあるので地方在住者にもオススメです。

いい就職.com

公式サイト:https://iishuusyoku.com/

✓オススメポイント
①カウンセリングが親身
②業種が偏っておらず幅が広い
③エントリーシートで就職活動ができる

正社員求人も多く扱っており実際に求人先企業に訪問し条件に合致した案件を紹介してもらえるのでカウンセリングに相談する際より詳しい情報分かり検討しやすいと言えるでしょう。またセミナーや会社説明会もおこなわれるため同じように就職を目指している20代と知り合えるかもしれません。対象も日本全国となっているので地方在住のかたにもオススメです。

若者正社員チャレンジ事業

公式サイト:https://wakamono.tokyo/

✓オススメポイント
①未経験からスタートできる職種が豊富
②企業内研修があり基本的なビジネスマナーが学べる
③条件が一致すれば学歴、職歴が乏しくても対象になる

若者正社員チャレンジはパーソルキャリア株式会社が運営しています。2週間の企業内実習も体験できるため就業経験が乏しいニートにとってはオススメだと思います。参加企業も100社以上になり、参加条件は29歳以下で非正規雇用の経験しかないのであれば支援対象の可能性があります。自分が対象者かどうかも問い合わせてみてください。

関東に住んでいるかた対象のため、関東在住のかたは是非利用してみてくださいね。

第二新卒エージェントNeo

公式サイト:https://www.daini-agent.jp/

✓オススメポイント
①第二新卒向けのため未経験可の求人の扱いは多い
②取扱の職種も偏りがない
③相談しやすくサポートも充実

株式会社ネオキャリアが運営する就職支援サービスです。一度でも就職経験がある人を対象にしています。キャリアカウンセリングも長めにとっていることも特徴の1つです。こちらも関東対象で年齢は28歳までになっています。会社名でもある第二新卒は、中途よりも自社の色に染まりやすいともサイト内に表記があります。社会人経験が5年も満たない人が対象になっていることから第二新卒で就職が見つからず困っている20代のかたは検討してみてください。

まとめ

就職サイトや転職エージェントなどでプロに相談することでニートで危機感を感じていても就職活動もよりよいものになるでしょう。ニートから脱出するためには生活も規則正しいものにする必要があり一般の会社員と同じ時間帯で行動することが求められます。

紹介したサイト以外にも求人サイトや転職支援の会社は存在するため、就職活動をする際も一人で悩まずにプロに相談してみてくださいね。まずはニートから抜け出したいと明確な目標を持ち行動することです。









この記事をかいた人

miii39

1991年生まれ。元都内OL。写真は東南アジアで。副業としてライター活動をしています。今後はプログラミング勉強予定です!よろしくお願い致します。