英語を活かした仕事の転職エージェントおすすめ10選を徹底比較!

英語を活かした仕事に転職するためにはどうすれば良いのでしょうか?

転職エージェントを活用すればあなたの英語を活かした仕事に就くことが出来ます。業界に詳しいプロのキャリアアドバイザーが親切丁寧にあなたの転職活動をサポートしてくれるので、一人で転職活動するよりも希望の企業へ就職しやすいです。

今回はそんな英語を活かした転職で悩んでいる方のために、これまで数々のエージェントをリサーチしてきた筆者が転職エージェントを活用した転職の賢いやり方を詳しく解説してみました。

現時点で少しでも転職しようかと考えている方は是非ともこの記事を参考にしていただき、英語を活かした転職を成功させてくださいね。



英語を活かした転職におすすめのエージェント10選【評判・口コミ含む】

英語を活かした転職におすすめのエージェントをここでは10つに絞って、それぞれ詳しく解説しています。

転職エージェントにはそれぞれ特徴があり、しっかりとその特徴を把握した上で利用することがとても大事になってきます。

ここでご紹介している転職エージェントは全て英語を活かした転職ができるエージェントばかりなので、是非とも気になったエージェントに登録してみてまずはキャリアアドバイザーに相談してみてはいかがでしょうか。

その他、扱っている求人数やその質等も転職エージェントによって変わってきますので、気になる求人情報は他のエージェントサイトでも比較するようにしてみてくださいね。

JACリクルートメント

公式サイト:JAC Recruitment

<主な特徴>

  • ハイキャリア向けの求人を扱っている
  • 外資系の求人に強みがある
  • 転職実績とサポート体制は業界でもトップクラス

ハイキャリア向けの外資系求人を豊富に扱っている転職エージェント「JACリクルートメント」。

日系グローバル専門の転職エージェントなので英語を活かせる求人情報を豊富に扱っており、これまでの転職サポート実績もあるので初めて利用される方も安心して相談することができます。

その他、キャリアアドバイザーの対応力にも定評がある上に、業界に詳しい方が丁寧に対応してくれます。

こんな人におすすめ
  • 現時点で年収500万円以上の方
  • ハイキャリアな求人を狙っている方
  • 外資系の求人情報を出来るだけ多くみたい方

リクルートエージェント

公式サイト:リクルートエージェント

<主な特徴>

  • 業界No. 1の取り扱い求人数を誇る
  • 外資系求人も豊富に扱っている
  • 大手の転職エージェントなので安心して相談できる

業界No. 1の求人保有数である大手の転職エージェント「リクルートエージェント」。

テレビCM等でも良く放映されているリクルートエージェントですが、業界の中では一番取り扱い求人数が多くこれまでの実績も他のエージェントと比較すると圧倒的なものがあります。

担当してくれるキャリアアドバイザーも多くの利用者の転職をサポートしてきた実績があるので、大変対応が丁寧で的確なアドバイスをしてくれるのが特徴です。

こんな人におすすめ
  • 取り扱い求人数が多いところを利用したい方
  • 外資系求人の数が多いところろが良い方
  • 大手の転職エージェントを活用したい方

doda

公式サイト:doda

<主な特徴>

  • 圧倒的な数の求人情報を取り扱っている
  • IT業界とメーカーの求人が多い
  • 取り扱い求人の平均年収は500万円以上と高額

日本最大級の転職エージェントサイト「doda」。

こちらも良くテレビCM等で見かける転職エージェントの一つですね。取り扱い求人数は大手の中でも二番目に多く、特にIT業界やメーカー関連の求人を多く扱っています。

年々求人数は増えており、エージェントを利用する方もそれに比例して増えているのがdodaです。その他、外資系の求人も多数扱っており、国内外の求人全てをカバーしているといっても過言ではないでしょう。

こんな人におすすめ
  • 大手の転職エージェントを活用したい方
  • 取り扱い求人数が出来るだけ多い方が良い方
  • 外資系のIT企業への転職を目指している方

ビズリーチ

公式サイト:ビズリーチ

<主な特徴>

  • ヘッドハンティング型の転職エージェント
  • ヘッドハンティング型の中では業界トップクラスの規模を誇る
  • 年収1,000万円以上のハイキャリア向けの求人を豊富に扱っている

ヘッドハンティング型の転職エージェントの中でも業界トップクラスと言われている「ビズリーチ」。

取り扱い求人の多くは高額年収のものが多く、スカウト型なのでエージェントに登録した後は待っているだけでOKです。基本的にはじっくりと転職活動を行いたい方が利用するエージェントなので、急いで転職したい方には不向きですね。

その他、自身のキャリアの棚卸しのために一度登録することも出来ますので、まずは気軽にキャリアアドバイザーに相談してみてください。

こんな人におすすめ
  • ヘッドハンティング型のエージェントを活用したい方
  • 中・長期で転職活動をじっくりと進めたい方
  • 年収1,000万円以上の求人を狙っている方

ランスタッド

公式サイト:ランスタッド

<主な特徴>

  • 外資系企業の求人取り扱いが豊富
  • キャリアアドバイザーのサポートが手厚い
  • 大手にはない求人情報を保持している

外資系企業の求人情報を中心に扱っている転職エージェント「ランスタッド」。

キャリアアドバイザーのサポートも手厚く大手にない非公開求人を扱っていることから、外資系に転職を希望する方の多くが利用しているエージェントの一つでもあります。

その他、20代から30代のキャリアアップ転職にも力を入れているので、現時点で転職を検討されいる方はまずは無料登録してからキャリアアドバイザーに相談してみてはいかがでしょうか。

こんな人におすすめ
  • 20代から30代の方で転職を検討されている方
  • 外資系企業への転職を希望されている方
  • キャリアアドバイザーのサポートが手厚い方が良い方

Spring転職エージェント

公式サイト:Spring転職エージェント

<主な特徴>

  • 世界60各国、約5,000箇所に拠点を持っているエージェント
  • 世界No. 1の規模を誇る外資系の転職エージェント
  • 10万社以上の取引実績を持っている

世界No. 1の規模を誇る外資系の転職エージェントである「Spring転職エージェント」。

外資系に転職したい方であれば必ず登録しておいた方が良いエージェントの一つであり、世界60各国に拠点を持っているので必ずあなたに合った求人情報が見つかるはです。

国内の外資系企業はもちろんのこと海外就職も視野に入れている方は一度、無料登録してキャリアアドバイザーに相談してみてくださいね。

こんな人におすすめ
  • 圧倒的な外資系取引の実績を持っているところを利用したい方
  • 広い範囲で求人を選べる方が良い方
  • 信頼できる外資系転職エージェントを活用したい方

パソナキャリア

公式サイト:パソナキャリア

<主な特徴>

  • 取引実績企業数は約2万社以上
  • 取り扱い求人の質が高い
  • サポートの幅が広くレスポンスが早い

サポート面がとても充実しており比較的キャリアアドバイザーの当たり外れも少ない転職エージェント「パソナキャリア」。

取引実績は約2万社以上と大手にも負けない確かな実績を持っており、取り扱い求人の質もかなり良いと評判です。

その他、パソナキャリアでは女性にも優しいエージェントとされおり、女性の事情をしっかりと理解した上で適したアドバイスと求人情報を紹介してくれます。

こんな人におすすめ
  • サポート面を重視してエージェントを選びたい方
  • 取引実績を重要視したい方
  • 求人の量ではなく質を重要視したい方

マイナビエージェント

公式サイト:マイナビエージェント
<主な特徴>

  • キャリアアドバイザーのサポートに熱意があって丁寧
  • 中小企業を中心とした求人が豊富
  • 20代を対象とした求人が多い

こちらも大手転職エージェントの一つである「マイナビエージェント」。

キャリアアドバイザーの対応力に定評があり、一人一人親身になって転職活動をサポートしてくれます。取り扱い求人数も大手ということもありかなり多いです。

20代を中心に安定したサポートをしてくれます。

こんな人におすすめ
  • 転職を希望している20代の方
  • キャリアアドバイザーの対応力を重要視したい方
  • 取り扱い求人数が出来るだけ多い方が良い方

ロバート・ウォルターズ

公式サイト:ロバート・ウォルターズ

<主な特徴>

  • 外資系特化型の転職エージェント
  • 世界30各国にオフィスを持っている
  • 外資系未経験者でも転職サポートしてくれる

グローバル求人に特化している転職エージェント「ロバート・ウォルターズ」。

業界でも珍しい外資系特化型の転職エージェントであり、世界30各国に拠点を持っているため独自案件や非公開求人を豊富に保持している特徴を持っています。

その他、担当のキャリアアドバイザーも外資系転職のプロなので、より的確なアドバイスとあなたに合った求人情報を紹介してくれるでしょう。

こんな人におすすめ
  • 外資系に転職を検討されている方
  • 海外就職を視野に入れている方
  • 外資系に特化したエージェントを活用したい方

 

ジャスネットキャリア

公式サイト:ジャスネットキャリア

<主な特徴>

  • 経理・財務分野に特化した転職エージェント
  • 今までの取引実績は約4,000社以上
  • 会計士や税理士等の経理職の取り扱い求人数は業界No. 1

経理・財務分野に特化した転職エージェントである「ジャスネットキャリア」。

経理や財務の分野においてはかなり転職する人が少なく、他の転職エージェントでも他の業界と比較してあまり求人情報を扱っていない場合が多いです。

その中においてジャスネットキャリアでは、経理や財務分野の取り扱い求人数は業界No. 1といっても過言ではないほどの数を扱っています。

こんな人におすすめ
  • 経理や財務分野に転職を検討されている方
  • 特化型の転職エージェントを活用したい方
  • 会計士や税理士等を目指されている方

【目的別・状況別】英語を活かしたおすすめエージェント

ここでは英語を活かしたおすすめの転職エージェントを、目的別・状況別に合わせてご紹介していきます。

現時点で少しでも転職を検討されている方は、まずはご自身がどのような目的で転職エージェントを活用するのか、またご自身の今の状況に合ったエージェントを活用することがとても大事になってきます。

目的などが具体的に定まっていない方は一度、総合型の大手転職エージェントを活用してプロのキャリアアドバイザーに相談だけでもしてみると良いでしょう。

一人で転職活動に取り組んでいるとかなり効率が悪いので、まずは気軽に相談してみるところから初めてみてはいかがでしょうか。

幅広い業種の求人情報がみたい場合

幅広い業種から求人情報を選びたい方には、総合型の大手転職エージェントを活用する方が良いでしょう。

おすすめは「リクルートエージェント」や「doda」といった、膨大な求人情報を扱っている大手の転職エージェントですね。

大手であればあなたに適した求人情報も見つかりやすいですし、キャリアアドバイザーも経験豊富な方が多いので的確なアドバイスをしてもらえます。

それでも満足いかなかった場合は、他の転職エージェントも併用して活用してみてくださいね。

おすすめの転職エージェント

日本国内の外資系企業で働きたい場合


日本国内の外資系企業で英語を活かした仕事がしたい方は、国内の外資系に強い転職エージェントを活用する方が良いでしょう。

特化型の転職エージェントであれば業界に詳しいキャリアアドバイザーがあなたの転職活動をサポートしてくれるので、業界未経験の方でも安心して相談することができます。

その他、取り扱い情報が他のエージェントと比較してもかなり質が良いので、気になる方はまずは気軽に気になる転職エージェントに登録して相談してみてくださいね。

おすすめの転職エージェント

日本国内で外国人を相手にする接客業を行いたい場合

日本国内で外国人を相手にする接客業を行いたい場合は、総合型の転職エージェントがおすすめです。

英語を活かせる国内の接客業となると飲食業が大変多いイメージですが、最近は他の業種でも外国人と接する機会が増えてきました。

そういった中で幅広い業種からでも選べるようにするには、豊富な案件を扱っている総合型の転職エージェントを活用するのが一番です。

海外の企業で働きたい場合

海外就職を希望されている方は海外の求人を中心に扱っている、特化型の転職エージェントを活用した方が良いでしょう。

転職エージェントの中には外資系企業が運営しているエージェントもあるので、そういったところを活用すると海外経験豊富なキャリアアドバイザーがあなたの転職をサポートしてくれます。

日本と勝手が違うからこそ経験豊富なキャリアアドバイザーに相談した方が、より良い海外就職を成功させやすいです。

おすすめの転職エージェント

英語を活かした転職でエージェントを活用すべき4つの理由

ここでは英語を活かした転職でエージェントを活用すべき4つの理由に関して、詳しくみていきましょう。

  • 殆どの求人情報は非公開となっている
  • 転職エージェントを活用すれば今よりも年収アップが狙える
  • 未経験からでも英語スキルを活かした転職ができる
  • 業界に詳しいプロのキャリアアドバイザーがサポートしてくれる

英語を活かした転職先は年々増えてきており、どの転職エージェントでも英語スキルを必要としている企業が多くなってきています。

というのも日本国内企業のほとんどが外国人労働者の導入を検討しており、取引先も海外の企業だったりするところが多くなってきているからです。

日本国内にも昔に比べて外国人の観光客が増えてきており、様々な場面で英語が必要とされています。そんな中でより英語を活かせる求人を見つけるためにも、転職エージェントを活用しない手はないでしょう。

殆どの求人情報は非公開となっている

転職サイトで公開されている求人情報はほんの一部でありその殆どは、非公開求人として扱われています。中には、転職エージェントが独自に抱えている案件等もあるため、エージェントを活用しないと閲覧できない求人情報もかなり多いです。

特に外資系の企業へ転職する場合は、ピンポイントなスキル保持者を探している場合が多いので一定の転職エージェントでしか求人情報を見ることができません。

転職サイトを活用するのも良い方法ですが、転職エージェントを活用した方が非公開求人や独自案件等を見ることができる他、プロのキャリアアドバイザーが提案してくれるので大変有力な情報を得やすいです。

転職エージェントを活用すれば今よりも年収アップが狙える

転職エージェントではキャリアアップや年収アップを前提とした求人情報探しも行ってくれます。勿論、年収が上がれば求められるスキルや知識のレベルも比例して上がるのですが、キャリアやスキルに自信がある方はドンドン利用すべきです。

その他、転職エージェントにはヘッドハンティング型と呼ばれる企業側から逆にスカウトをかけるサービスもあるので、ハイクラスの求人を狙っている方は登録だけでもしておくと良いでしょう。

勿論、自分からも企業へ応募できるので年収アップを狙って転職エージェントを活用したい方は、ハイクラス・エグゼクティブ向けの転職エージェントに登録することをおすすめします。

未経験からでも英語スキルを活かした転職ができる

転職エージェントによっては、業界未経験の方でも転職をサポートしてくれるところもあります。

英語スキルには自信があるけど業界に関しては全くの未経験だという方も、まずは気軽に気になる転職エージェントに登録してキャリアアドバイザーに相談してみてください。

あなたが業界未経験でも経験豊富なキャリアアドバイザーが丁寧に対応してくれる他、具体的なアドバイスをしっかりとしてくれるので安心して転職活動に取り組めます。

業界に詳しいプロのキャリアアドバイザーがサポートしてくれる

転職エージェントでは業界に詳しいプロのキャリアアドバイザーが、親身になってあなたの転職活動をサポートしてくれます。

一人で転職活動を行っていると今の仕事の合間をぬって行わないといけないため、かなりの時間と労力がかかってしまいますが転職エージェントを活用することで情報収集やあなたに適した求人情報を集めてくれたりするので大変便利です。

しかも、転職エージェントは登録から実際に転職するまで、全てのサービスが無料で活用できるようになっています。

英語を活かした転職のエージェントの3つの選び方

ここでは英語を活かした転職のエージェントの3つの選び方に関して、詳しくみていきましょう。

  1. 自身の目的や状況に合った転職エージェントを活用する
  2. 海外就職の場合は希望エリアに特化したエージェントを利用する
  3. 業界未経験の場合は未経験でも受入可能なエージェントを利用する

英語を活かした転職といってもどのような業界で英語を活かすかによって、大きく活用する転職エージェントが変わってきます。

自身がIT業界で英語を活かしたいのであればIT業界に特化した転職エージェントを活用すべきですし、製造業で英語を活かした仕事をしたいのであれば製造業に特化した転職エージェントを活用した方が希望の転職先が見つかりやすいです。

その他、国内の外資系企業なのか海外就職なのかによっても活用する転職エージェントが異なるため、その点に関してもしっかりと決めてから利用を検討した方が良いでしょう。

また、業界未経験から挑戦しようと考えている方は、未経験でもしっかりとサポートしてくれる転職エージェントであるか調べてから利用するようにしてくださいね。

英語を活かした転職のエージェントを活用する6つの方法

ここでは英語を活かした転職エージェントを活用する6つの方法に関して、詳しくみていきましょう。

  1. これまでの学歴や職歴、スキル等は正直に答える
  2. 転職エージェントの初回カウンセリング前には自己分析を行っておく
  3. 登録後はこまめに連絡を入れるようにする
  4. キャリアアドバイザーが書いた推薦文には必ず目を通す
  5. 担当のキャリアアドバイザーが合わないと感じらたすぐに変えてもらう
  6. 複数の転職エージェントを利用してより多くの情報を収集する

転職エージェントを活用する際にはできるだけ多くの求人情報に触れるためにも、最低でも2つから3つの転職エージェントに登録してから比較することが大切になってきます。

また、転職エージェントに登録する際には必ず学歴や職歴について入力する項目があるので、そこでは絶対に嘘の情報を入力しないように気をつけてください。

転職エージェント側は登録情報とカウンセリングの内容を参考にしながらあなたに合った求人情報を探してくれるので、そこで偽りの情報を提供してしまうとあなたの条件に合わない求人情報を提示される可能性があります。

その他、転職エージェントを介して企業へ応募する際には必ず担当のキャリアアドバイザーが推薦文を書いてくれます。中にはこの推薦文を確認せずに提出する方もいますが、実際に転職するのはあなた自身なので必ずチェックするようにしてください。

また、転職エージェントに登録すると担当のキャリアアドバイザーが対応してくれますが、担当者と合わないと感じたら変わってもらうことも可能です。

合わないと感じているのに無理に話を進めても、相談しにくくなるので必ず変わってもらうようにしましょう。

英語を活かした転職のエージェントを活用する際の3つの注意点

ここでは英語を活かした転職のエージェントを活用する際の3つの注意点に関して、詳しくみていきましょう。

  1. 気になる外資系企業の案件に関しては自身でもリサーチする
  2. 海外就職の場合は希望している国や地域に一度出向いてみる
  3. 業界によっては求められる英語レベルが異なる

英語を活かした転職を行うにあたり転職エージェントを活用するのはとても重要なことではありますが、転職エージェントに登録して求人を紹介してもらった際に、気になる企業に関しては自身でもリサーチをかけるようにしましょう。

いくらプロのキャリアアドバイザーから紹介してもらった求人情報だったとしても、実際にその企業へ転職するのはあなた自身なので必ずどのような企業なのか自身でも調べるようにしてください。

その他、海外就職の場合は希望している国や地域に一度自身の足で訪れるのも一つの判断基準になります。一度も行ったことがない国へ転職するよりも、ある程度その国に関して知っている方が気持ち的にもかなり楽です。

また、外資系企業へ転職するにしても海外就職するにしても一定の英語レベルは求められる上に、業界によっては専門的なビジネス英語を求められる場合もあるので、内定が決まった後もしっかりと英語学習に励むことが大切になってきます。

英語を活かした転職を成功させるために必要な2つのこと

ここでは英語を活かした転職を成功させるために必要な2つのことに関して、詳しく解説していきます。

  1. 英語スキル以外で業界に必要な基礎的な知識や技術
  2. 仕事で使う専門英語(ビジネス英語)

グローバル化が進む日本ですが今では当たり前のように英語力を問われる企業も少なくありません。

英語力というのはあくまでもある前提で募集がかけられる求人もあるので、英語だけではなく他にも専門的なスキルや知識が必要だということを念頭に置いておきましょう。

あくまでも英語はコミュニケーションを取るための手段にすぎないので、仕事を行うためにはその仕事に適した専門知識やスキルが他にも必要になってきます。

その他、仕事で扱う英語には専門的なものが含まれるため、ご自身が目指している業界で使われるようなビジネス英語はしっかりと押さえておくことが大事になってきます。

日常英会話が話せても仕事に関係する専門的な英語が使えないとストレスなく業務がこなせないので、最低でも業界でよく使われるフレーズくらいは覚えておく必要がありますね。

英語を活かした転職を希望する人が知っておきたい転職市場

英語力を求める企業は年々多くなっており求人数もそれに比例して増加傾向にあります。

日本自体はグローバル化してきているので国内の企業でも今後はドンドン英語力が求められるようになってくるでしょう。

とはいっても業務内容によって求められるレベルが違ってくるので、日常会話程度の人が外資系IT企業のWebマーケターとして活躍するのは難しく自身のレベルに合わせた業界選びが重要になってきます。

<初心者レベルの英語力が求められる職業>

  • 外資系企業の社員
  • 入国検査官
  • 通関士
  • 飲食店などの接客スタッフ
  • テーマパークなどのスタッフ  など

<日常英会話レベルの英語力が求められる職業>

  • ツアーガイド
  • ツアーコンダクター
  • レセプタント
  • 海外リポーター
  • ホテルフロント
  • システムエンジニア など

<ビジネス英語レベルの英語力が求められる職業>

  • 外資系金融
  • マーケター(海外市場調査)
  • 商社
  • バイヤー
  • 海外営業
  • 貿易事務
  • ホテルレップスタッフ
  • 航空管制官
  • 留学カウンセラー など

基本的には英語力はTOEIC試験の点数によって判断されることが多いので、TOEICを目安に自分がどのレベルであるかしっかりと自覚した上で転職先の業界を選ぶことが大切ですね。

英語を活かした転職のエージェントの利用手順【登録から転職までの流れ】

ここでは英語を活かした転職エージェントの利用手順に関して、詳しくみていきましょう。

  1. 気になる転職エージェントに登録する(無料)
  2. キャリアアドバイザーとの面接を行う
  3. 希望の企業へ応募する
  4. 選考書類の作成を行う
  5. 書類選考で合格すると次に面接試験を受ける
  6. 企業から内定を貰う
  7. キャリアアドバイザーが待遇の交渉と出社日の調整を行ってくれる
  8. 現会社を退職する

転職エージェントの利用は何度も言うように登録から転職するまで全てのサービスを無料で活用できるようになっています。

現時点で少しでも転職しようと思っている方は、一度自身の市場価値を確かめるためにも気になる転職エージェントに登録してキャリアアドバイザーに相談してみてはいかがでしょうか。

相談自体も無料で親切丁寧に対応してくれますので、利用しない手はないですね。

①気になる転職エージェントに登録する(無料)

まずは自身の目的や状況に合った転職エージェントに登録してみましょう。

登録の際には個人情報の入力があるので、嘘のないようにしっかりと正しい情報を入力するようにしてくださいね。

②キャリアアドバイザーとの面接を行う

登録が完了したらすぐにキャリアアドバイザーとのカウンセリング日程を調整するメールが届きます。希望の日時を選んでキャリアアドバイザーにあなたの転職に関する希望を伝えるようにしてください。

その他、カウンセリングでは主にこれまでのあなたのキャリアや持っているスキルや知識等に関して、ヒアリングが行われますので詳しく説明するように心がけてくださいね。

③希望の企業へ応募する

キャリアアドバイザーとのカウンセリングが終わると、数週間後にあなたの条件に適した求人情報がメールで届きます。提示される求人情報には非公開求人や独自案件等も含まれるため、じっくりと企業をチェックしながら応募するところを決めてくださいね。

また、この時点で応募する企業が決まらない場合は今一度、他の求人を紹介して欲しい旨をキャリアアドバイザーに伝えるか、他の転職エージェントで探すのも一つの手です。

④選考書類の作成を行う

応募する企業が決まったら今度は選考書類の作成を行います。外資系企業や海外就職の場合は英語で記載する場合が多いので、書き方が分からない人は担当のキャリアアドバイザーに相談するようにしてください。

一度、選考書類を書き終えたらキャリアアドバイザーに添削してもらい、しっかりと完成度を高めた上で企業へ提出するようにしてくださいね。

書類選考で落とされてしまうと面接試験へは進めませんので、妥協せずにしっかりと作り込んでいきましょう。

⑤書類選考で合格すると次に面接試験を受ける

選考書類が通ると今度は企業面接が行われます。

面接に対してもキャリアアドバイザーがしっかりと対策を練ってくれるので、一人で取り組む必要はありません。面接を受ける前には面接練習も対応してくれるので、納得するまでとことん取り組めます。

その他、海外就職の場合はSkype等で行われる場合もあるので面接試験の詳細に関しては、しっかりとキャリアアドバイザーに聞くようにしてください。

⑥企業から内定を貰う

面接までパスすると企業から内定通知が届きます。外資系企業の場合や海外就職の場合は、内定が出るまでかなり時間がかかるケースが多いので気長に待ちましょう。

と言うのも、外資系企業や海外就職の場合は本社が海外にある場合が多く、海外本社が決定権を持っているケースが多いからですね。通知が遅いから心配だという方は、どうなっているのか担当のキャリアアドバイザーに尋ねてみてください。

⑦キャリアアドバイザーが待遇の交渉と出社日の調整を行ってくれる

内定の通知が出るとその後の手続きは殆ど担当のキャリアアドバイザーが行ってくれます。

就職先企業との待遇に関する交渉や出社日の調整など全て行ってくれるので、転職者はキャリアアドバイザーの指示に従って行動してください。

⑧現会社を退職する

内定が出て新しい会社への出勤日も確定したら、今の会社を退職しましょう。

海外就職する方は日本での手続き等もあるので、抜けがないように注意してくださいね。

その他、現会社の退職に関してトラブルがあったり不安がある場合は、担当のキャリアアドバイザーに相談すると間に入ってくれて対応してくれるので気軽に尋ねてくださいね。

英語を活かした転職に関するよくあるQ&A

ここでは英語を活かした転職に関するよくある質問に関して、詳しくまとめてみました。

  1. 日常英会話程度しか喋れないのですが大丈夫でしょうか?
  2. 業界未経験でも英語を活かした転職はできますか?
  3. 外資系企業の面接では英語で対応しないといけないのでしょうか?
  4. 企業へ提出するレジュメは英語と日本語両方必要ですか?
  5. 英語を活かした転職にはどのくらいの英語力が必要ですか?

これから英語を活かした転職を考えている方に関係性のある質問内容ばかりなので、是非とも参考にしてみてください。

その他、英語力に自信がない方でも転職エージェントを活用すれば転職できる確率は上がりますので、まずは気軽にキャリアアドバイザーに相談してみてくださいね。

Q1:日常英会話程度しか喋れないのですが大丈夫でしょうか?

日常英会話程度でも転職エージェントを活用すれば就職できる企業は見つかります。

実際に海外就職の案件を見てもらったら分かりますが、英語力を問わないといった求人も存在しますので、まずは転職エージェントでキャリアアドバイザーに相談してみてください。

Q2:業界未経験でも英語を活かした転職はできますか?

業界未経験でも英語を活かした転職はできます。

転職エージェントでは未経験からの挑戦を後押しするようになっているところもあるので、未経験から挑戦される方はそういった転職エージェントを活用しましょう。

場合によってはポテンシャル採用などもあるので、まずは相談してみてくださいね。

Q3:外資系企業の面接では英語で対応しないといけないのでしょうか?

外資系企業では英語面接の場合が多いです。

特に日本にある外資系企業では英語で仕事することになるので、高い英語力が求められる場合が多くTOEICの点数なども800点以上ないと難しい場合もあります。

とはいっても最終的には企業によるので、しっかりとリサーチした上で応募するようにしてくださいね。

Q4:企業へ提出するレジュメは英語と日本語両方必要ですか?

海外就職の場合は必ず英語のレジュメが必要になりますが、国内の外資系企業の場合は両方とも必要な場合もあります。

選考書類はとても大事なものなので、作成する前にしっかりと担当のキャリアアドバイザーに相談するようにしてください。

Q5:英語を活かした転職にはどのくらいの英語力が必要ですか?

あなたがどのような業種で働くかによって求められる英語力は変わってきます。

飲食店で外国人相手に働く程度であればそれほど高い英語力は求められませんが、海外市場を調査するマーケターなどになると高いビジネス英語が必要とされます。

英語を活かす働き方にも様々あるのでご自身の今の英語レベルがどの程度で、どの業種であれば通用するのかしっかりと見定めてから応募するようにしてくださいね。

また、自身で分からない場合はキャリアアドバイザーに相談してみてください。

まとめ:英語を活かした転職におすすめのエージェント10選を徹底比較!

ここまで英語を活かした転職におすすめのエージェントに関して詳しく解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

このページの要点は以下となります。

英語を活かした転職には転職エージェントの活用が必要不可欠といっても過言ではないので、是非ともご自身の目的や状況に合ったエージェントを活用してみてください。

また、ここまで読み進めて分からないところがありましたら、ご自身が気になる見出しから今一度読み直してみてくださいね。









この記事をかいた人

29歳ドイツ在住のトラベルライター。公務員から2年半で専業ライターへ。その後はワーホリビザを取得し,ドイツを拠点に海外ノマド。Webライティング,ブログ運営が生業。ライター歴3年。クラウドワークス受注実績200件。【九州男児のぶらり旅】という旅ブログを運営しています。