【未経験でも目指せる!】デザイナーの転職でおすすめの求人サイト5選

Webデザイナーとして就職するには普通の求人サイトで探そうにも中々求人も見つからずどうしたらいいか難しい一面もありますよね。デザイナーの就職、転職には実はスキルや熱意だけでなくセンス、才能も大事ですし重要です。

今回はデザイナーの方にオススメな求人サイトについてまとめていきます。転職を検討している方はぜひご覧ください。



デザイナーはスキルがあれば引く手あまた

飽和状態と一時期言われていましたが経験が2,3年以上ありスキルがある場合ですと転職も容易です。ただデザイナーの給与はエンジニア職と比べるとやや低い。一度入った会社で定年まで働くというより転職し給与を上げる人が多いと思います。

デザイナー就職でやってはいけないこと

デザイナーとして求人を探す前にやりがちなことを順番にまとめていきます。

デザインを否定されたとき自分を否定されたと感じ落ち込む

多くの学生含めたデザイナーは作品を提出しても一度はダメ出しをされて再度提出をしたことはあると思います。

就職活動中にポートフォリオや作品にダメ出しを受けたとしても自分が成長すると前向きに捉えてスキルアップに役立てていきましょう。

就職、転職活動の影響から本当にデザイナーに向いてるのか悩む

就職活動をしていると希望していた会社に受からずに落ち込むこともあると思います。自分のデザインを否定された気持ちになりもうデザイナーになるのは諦めようかな、と感じる人もいるかもしれません。

一般企業の面接だけに限らず、デザイナーの面接でもポートフォリオだけではなくやる気やコミュニケーション能力も重要です。面接をする際、一緒に働きたいかを面接官も重視します。そこの会社に自分が合わなかっただけだと思い、次の面接に向け切り替えていきましょう。

デザイナーの就職活動前にやっておきたいこと

新卒入社をしてから定年まで働くデザイナーは少数です。やる気があればデザイナーのキャリアはどうにかなります。デザイナーとして仕事をしていくと決めた場合はセンスは経験で培われるため20代ならば経験が少ないのが当たり前です。なので面接前までに準備を念入りにすることをオススメ致します。

実制作をする

未経験者であればなおさらPhotoshopやIllustratorなどのソフトに慣れておく必要があります。できるだけ作品を多く作成しておきましょう。

なお、作成の際にこだわったこともメモしておくと面接の時にも話せるネタが増えます。

提出できるポートフォリオを用意しておく

事前に制作しておいた作品の中からできが良かった作品を用意しておきましょう。

アウトソーシングで単発のお仕事をこなすことで多少にはなりますが実務経験にもなります。更にSNS、ブログで発信をしていきファンを獲得することでご自身の自信にも繋がります。

ちょっと待って!デザイナー未経験での就職はどうなの?

求人サイトを確認する前に30代でデザイナー未経験なおかつ、ソフトの基本操作もままならない場合ははっきり言うと就職の望みはかなり下がってしまいます。

未経験であればなるだけ教える人よりも年下のほうが教えやすいこともあり20代のほうが有利ではあります。

デザイナーで独立する前に一度立ち止まって考えてみましょう

就職できなかったからフリーランスでいこう、と安易に考える人は少ないとは思いますがクリエイティブ以外の作業も発生するため強い意思がない限りは独立はオススメしません。対人関係が苦手であればなおのことです。

自分で仕事をとらなくては行けないため営業や事務、経理、雑務を一人で管理しなければいけません。ある程度社会経験を積んでから独立することをオススメします。

意外とデザイナーの求人サイトは豊富に存在する

デザイナーのみに限らずにWeb業界は人材の流動性が激しい面、転職がそこまで難しいというわけではないようです。しかしWebデザイナーのような特殊な専門職においてはハローワークよりWeb上での転職サイトに求人を出している場合が多く普通に探しているだけでは見つからない求人も存在します。

厳選!デザイナーのためのおすすめ求人サイト5選

普通の一般職を取り扱う求人サイトだと求人を見つけるのが大変だというかたのためにクリエイティブ系も多く扱う求人サイトをピックアップしていきます。

大手からベンチャーまで紹介案件多数!「WORK PORT」


公式サイト:https://www.workport.co.jp/

✓WORK PORTの特徴
  1. 大手からベンチャーまでIT企業の求人数がとにかく豊富
  2. とにかく早めに転職したい&期間がない人におすすめ。
  3. 親身に相談にのってくれる

未経験から正社員のWeb系のお仕事に就職したい場合は登録しておいたほうがいい転職サイトです。IT系に強く対応も早いほうだと言われています。
Webデザイナーの求人も多く扱っているのでWeb系に転職を希望しているデザイナーにはうってつけの転職サイトだと言えます。

また正社員求人の案内の他にも派遣の求人の案内もおこなっています。若干対応は事務的だという口コミもありましたが対応は早いため就職を急いでいる人向けだと言えます。

クリエイティブに特化した転職サイト「シンアド」


公式サイト:https://syn-ad.com/career/

✓シンアドの特徴
  1. 美大出身のコンサルタントが在籍
  2. 東京がメインなので上京し就職したい人または東京在住者向け
  3. 広告系求人が多いため広告会社に興味がある人

実際にコンサルタントとの面接もあるので一人で抱え込まずに転職活動ができます。面接場所は東京なので取引先も大手の広告会社が多いこともメリットの1つですね。関東在住のかたは利用価値は高いです。

コンサルタントのかたも、業界に精通しているかたが多いこともメリットの一つです。中には美大出身のコンサルタントもいるため他にはない情報や、的確なアドバイスがもらえるでしょう。

比較的新しい求人サイト「MORE WORKS」


公式サイト:https://www.moreworks.jp

✓MORE WORKの特徴
  1. Web制作事業だけに焦点を絞えい求人をご紹介することができる
  2. マイページでポートフォリオも用意できる
  3. クリエイターならではの検索条件で求人を探せる

Webクリエイティブ業界の専門の求人サイトです。Webの制作のお仕事を中心に求人を扱っているためWebデザイナーとして働きたいかたにオススメです。

また、MORE WORKSの求人検索機能は使いやすいと評判です。キーワードで検索する方法または勤務地、雇用形態、業務内容を枠内から選び検索できます。スキルも登録しておけばスキル相性度もわかり、履歴書・職務経歴書も自動作成することができるため自分にあう求人があるかもしれませんので前もって準備しておくことをオススメします。

Green


公式サイト:https://www.green-japan.com

✓Greenの特徴
  1. ベンチェー系に転職を希望する人にオススメ
  2. IT系・Web系に転職したい人向け
  3. 求人掲載が無料なので他の求人サイトでは掲載されていない求人も探せる

IT業界、Web業界へ転職を希望している人にオススメの求人サイトになります。一般の転職サイトよりも求人数が豊富なうえ、ベンチャー企業へ転職を希望している人にはうってつけのサイトです。
匿名での企業からのスカウトを受けられるサービスもおこなっています。ただこちらの求人サイトも求人数は関東圏に比べると地方は少ない印象です。

マスメディアン


公式サイト:https://www.massmedian.co.jp/

✓マスメディアンの特徴
  1. 広告・Web・マスコミ関係の求人を多く扱っています
  2. 4万人を超える就職実績
  3. 実務経験不問の求人も扱いもある

広告・Web業界を目指す人にはオススメの専門の転職支援会社です。登録は東京、大阪、名古屋になります。紹介実績会社数は2500社を超えていることは特化型のエージェントならではの強みともいえます。
広告・マスコミ業などの求人は非公開の求人も多く転職も簡単ではありませんがマスメディアンでは広告、Web求人に関しては多数の取扱いがあります。求職者の条件とあうものだけマッチングされる仕組みのため余計な時間を省くことも可能です。

まとめ

普通の就職活動と違いポートフォリオの提出があるため、才能がないと落ち込むこともあるかもしれません。しかし就職活動においては運や相性が大きく関係します。コミュニケーション能力が高ければデザインセンスが多少低くても会社によっては就職してから身につけてくれれば良いというケースもあります。デザイナーとして就職したいのであればまずは行動しましょう









この記事をかいた人

miii39

1991年生まれ。元都内OL。写真は東南アジアで。副業としてライター活動をしています。今後はプログラミング勉強予定です!よろしくお願い致します。