レバテックキャリアの口コミ・評判を徹底比較!【業界に精通したアドバイザーが紹介】

IT業界の求人情報に特化した転職エージェント「レバテックキャリア」の口コミや評判が気になっていませんか。

レバテックキャリアではITやWebに特化した求人を扱っており、利用者をサポートしてくれるキャリアアドバイザーも業界出身の方ばかりなのでより具体的な転職に関するアドバイスをもらう事ができます。

今回はそんなレバテックキャリアの口コミや評判に関して数々の転職エージェントをリサーチしてきた筆者が、どこよりも詳しくまとめてみました。

現時点で少しでもエンジニア転職もしくは業界でのキャリアアップを考えている方は、是非ともこの記事を参考にして頂ければ幸いです。



【口コミ・評判を調査した結論】どんな人にレバテックキャリアはおすすめ?

レバテックキャリアの口コミや評判を調査した結果、レバテックキャリアは以下の項目に該当する方におすすめの転職エージェントである事が分かりました。

おすすめの方
  • ITやWeb業界で働いた事があるクリエイターやエンジニアの人
  • 専門知識があるキャリアアドバイザーにサポートして貰いたい人
  • 時間を掛けてじっくりとキャリアの相談や対策に取り組みたい人

レバテックキャリアはITやWeb業界に特化した求人を扱っている転職エージェントなので、これまでエンジニアとして現場で働いてきた人がキャリアアップとして利用する事が大変多いです。

その他、レバテックキャリアに在籍しているキャリアアドバイザーもIT業界で働いた経験がある方々ばかりなので、業界に関しての知識はもちろんのこと技術的な知識もあるのでかなり相談しやすのが大きな特徴ですね。

また、レバテックキャリアでは他の転職エージェントのように短期間でスピーディーに転職を促すことはせず、じっくりと時間を掛けて転職に関してしっかりと準備していく感じになっています。

転職は人生においても大きなイベントなので出来るだけ慎重に取り組みたいと思う人が多い中で、このように利用者に寄り添ったサービスを提供してくれるの大変嬉しいことですよね。

そんなレバテックキャリアがおすすめの人たちの特徴に関して、以下から項目別にもっと詳しくみていきましょう。

ITやWeb業界で働いた事があるクリエイターやエンジニアの人

レバテックキャリアは前述したようにITやWeb業界に特化した案件を扱っている転職エージェントであり、これまでそれらの業界で働いた経験があるクリエイターやエンジニアの方には大変おすすめのサービスとなっています。

利用者の多くはキャリアアップを目的として利用する事が多く、担当のキャリアアドバイザーもIT業界で働いた経験をもつプロの方々ばかりなので、より的確なアドバイスをもらう事ができます。

また、キャリアアドバイザーの対応も比較的他の転職エージェントと比較して良い方なので、じっくりと時間を掛けて転職活動に取り組みたい方には特におすすめだと言えますね。

求人情報に関してはレバテックキャリアの公式サイトで公開されているもの以外にも、それぞれのキャリアアドバイザーが保持している非公開求人等もありますので、まずは無料のカウンセリングを受けてみてください。

専門知識があるキャリアアドバイザーにサポートして貰いたい人

転職サイトや総合型の転職エージェントと比較してレバテックキャリアの担当キャリアアドバイザーは現場経験のある方がサポートしてくれるため、IT業界に関する理解が深く技術的な相談にも気軽にのってくれます。

業界に関して知識がない方よりもしっかりとその業界で働いた経験がある方にサポートしてもらった方がより利用者に適したアドバイスや求人情報を提供できるといっても過言ではないので、IT業界での転職を考えている方には特におすすめと言えますね。

レバテックキャリアのキャリアアドバイザーの提案力とサポート体制に定評があるので、サポートの質を重要視する方には大変おすすめの転職エージェントです。

また、取り扱い求人数も3300件以上とかなり多いので必ずあなたに合った求人情報が見つかるでしょう。

時間を掛けてじっくりとキャリアの相談や対策に取り組みたい人

レバテックキャリアは他の転職エージェントのように短期間で転職を進めようとすることはしないようになっています。

一度登録すると短期間で利用者に転職を促そうとする担当キャリアアドバイザーも大変多いですが、レバテックキャリアではしっかりと利用者が納得のいく転職先に就職できるようにじっくりと時間を掛けて取り組んでくれます。

そのため、一度利用登録したからといって数ヶ月以内に必ず転職しなければいけない訳ではありません。

この違いは他の転職エージェントと併用してみるとお分かり頂けると思いますが、利用するエージェントによってはかなり急かさせる事があるので注意が必要です。

あくまでも転職するのはあなた自身なので、求人選びはじっくりと時間を掛けて行いましょう。

こんな人にはレバテックキャリアはおすすめできない

逆にレバテックキャリアは以下のような項目に該当する方には、おすすめできない転職エージェントです。

  • サービス対応地域外で転職を希望している人
  • IT業界で働いた事がない未経験の人
  • ITやWeb業界以外の転職先を探している人

IT業界の求人に特化している転職エージェントであるレバテックキャリアは、全国各地の求人情報を取り扱ってはいるものの、その求人数は関東、関西、福岡エリアに固まっています。

これは同ジャンルを扱っている他の転職エージェントでも同じ事が言えるので仕方がないことではありますが、地方でIT関連の求人を探している場合は求人情報自体がなくサービスが利用できない場合もあります。

その他、レバテックキャリアで扱われている求人情報の多くが経験者を求めている場合が多く、業界未経験の方にはかなりハードルが高いです。

万が一、未経験からIT業界での就職を目指すのであれば他の同ジャンルの転職エージェント(ワークポートなど)を利用することをおすすめしますね。

また、IT業界以外への転職を検討されている方も同じくおすすめしませんので、そういった方は総合型の転職エージェント(マイナビエージェントなど)を利用してみてください。

以下からレバテックキャリアがおすすめできない人の特徴を、項目別にもっと詳しくみていきましょう。

サービス対応地域外で転職を希望している人

レバテックキャリアが扱っている求人数が多いエリアは、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県となります。もっと大きく分けると関東、関西、福岡エリアの3つですね。

基本的にIT関連の求人はどこも都市部に集中しており地方にはあまりないのが現状です。これはレバテックキャリアだけにとどまらずどこもの転職エージェントでも同じ事が言えますのでこの点はしっかりと抑えておきましょう。

ただ利用する転職エージェントによっては担当のキャリアアドバイザーが個人的に非公開求人情報を持っている場合もあるので、転職エージェントを利用する際にはレバテックキャリアだけではなく他にも併用して利用することをおすすめします。

IT業界に特化した転職エージェントで併用して活用するなら「マイナビエージェント×IT」や「ワークポート」などがおすすめですね。

IT業界で働いた事がない未経験の人

レバテックキャリアでは業界未経験の方にはかなり利用は厳しいです。というのも未経験を対象とした求人の取り扱い数が少ないため、他の転職エージェントと比較しても未経験からの転職は難しいといった口コミが多かったですね。

可能性は0ではありませんが未経験からエンジニア転職などを目指すのであれば、同じジャンルの転職エージェントである「ワークポート」の無料プログラミングスクールを利用するのが良いでしょう。

ワークポートでは無料のプログラミングスクール「みんスク」を運営されているので、一度スクールで基礎的なプログラミングスキルを身につけてから転職エージェントを利用して転職した方が現場に入ってからも苦労しなくて済むかもしれません。

また、スクールを出ている事も応募の際の評価に繋がるので利用しない手はないですね。

ITやWeb業界以外の転職先を探している人

レバテックキャリアは何度も言うようにIT業界に特化した求人を扱っている「特化型の転職エージェント」です。

IT業界以外の求人情報を探している方が利用してもそのような求人はかなり少ないので、そういった方は総合型の転職エージェントである「マイナビエージェント」や「リクルートエージェント」などを利用した方が良いですね。

また、転職はしたいけどどの業界へ転職しようかまだ決まっていない方は、一度総合型の転職エージェントでカウンセリングを受けてからジャンルを絞り、場合によっては特化型の転職エージェントも併用して転職活動を進めていくのが良い方法です。

どうしても一つの転職エージェントに絞って活動してしまうと、非公開の求人情報などもあるので情報に偏りが生まれ視野が狭くなってしまいがちになります。

ですので、転職活動をする際には最低でも2つの転職エージェントもしくは転職サイトを利用するようにしてくださいね。

レバテックキャリアの強い地域

レバテックキャリアが扱っている求人数は関東、関西、福岡エリアにとても集中しており、中でも東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の一都三県に求人数が多い傾向にあります。

その他の都道府県だとかなり求人数が少ないもしくは求人自体がない場合もあるので、地方でIT関連の求人をお探しの方はかなり厳しいでしょう。

希望のエリアに求人がない場合はサービスの利用自体ができないので、そういった方は関東、関西、福岡エリアの求人情報を当たってみてくださいね。

ただ場合よっては他の転職エージェントの方で非公開求人として扱っている場合もあるので、レバテックキャリアでなかった場合は「マイナビエージェント×IT」や「ワークポート」などでもキャリアアドバイザーに相談してみてください。

前述したように基本的にはIT関連の求人はどこも都市部に集中しているため、地方の方で求人を探すのはかなり難しいことを念頭においておきましょう。

レバテックキャリアではどんなところに転職できるの?

レバテックキャリアでは大手企業から中小企業、ベンチャー企業に至るまでありとあらゆるIT関連企業の求人を扱っています。具体的な企業名を誰もが知っている「チャットワーク」や「DMM.com」などでしょうか。

その他にもたくさんの有名企業の求人情報を扱っているので、一度レバテックキャリアの公式サイトで検索を掛けてみてください。

また、レバテックキャリアでは公式サイトには載っていない非公開の求人も取り扱っているのでそういった情報が知りたい方は、一度無料のカウンセリングを受けてみてくださいね。

ちなみにレバテックキャリアで扱っている求人の業種別の比率は、以下のようになっています。

  • Web:26.1%
  • ソフトウェア:22.2%
  • コンサルティング:11.7%
  • Sier・通信:13.4%
  • 人材・教育:7.1%
  • ゲーム・広告:9.7%
  • その他:9.7%

※ 2019年11月データ:レバテックキャリアより参照

業種に関しては50%以上がWeb・ソフトウェアが占めている事が分かりますね。転職希望者で業種まで絞れている方は、レバテックキャリアにはWeb・ソフトウェアの求人がたくさん扱われているので大変有利です。

口コミ・評判を見てわかったレバテックキャリアを使うメリット

レバテックキャリアの口コミや評判を調べて分かった、レバテックキャリアを使うメリットに関しては以下の通りです。

  1. キャリアアドバイザーの知識が豊富である
  2. ITやWeb業界に特化した求人情報を膨大に扱っている
  3. 大手では扱っていない非公開求人を扱っている
  4. 転職希望者一人一人にしっかりと丁寧にサポートしてくれる
  5. 企業別にしっかりと対策を用意しているので内定率が高い
  6. 首都圏・関西圏・福岡エリアに該当する多くの求人情報がある
  7. 大手から中小企業、ベンチャー企業まで幅広い求人がある

レバテックキャリアはITやWeb業界に特化した転職エージェントなので、IT関連の求人情報をお探しの方には大変おすすめのサービスです。と言うのも扱っている求人がIT関連が大半を占めているので、あなたに適した求人も見つかりやすくなっています。

その他、レバテックキャリアで担当してくれるキャリアアドバイザーの多くはIT業界で働いていた経験があるプロの方々ばかりなので、業界に関しても詳しいですし技術的なことも把握しています。

そういった業界に詳しいプロの方がしっかりと転職サポートしてくれるので、安心して任せられると言う大きなメリットがありますね。

また、レバテックキャリアでは利用者一人一人熱心かつ丁寧にサポートしてくれる他、他の転職エージェントのように短期間で転職させようといったこともされないので、じっくりと転職活動に取り組む事ができます。

求人情報に関しては首都圏・関西圏・福岡エリアに集中しているため、そのエリアで求人を探している方にもかなりメリットは大きいですね。求人を出している会社も大手から中小企業、ベンチャー企業と様々なので選択肢も豊富です。

レバテックキャリアと同じジャンルのエージェント3社を比較してみました

ここではレバテックキャリアと同じジャンルを扱っているIT関連に特化した転職エージェント3社を、比較して分かりやすく表にまとめてみました。提案力とサポート体制に関しては★1〜5の5段階評価となっています。

項目 求人数 提案力 サポート体制
レバテックキャリア 3,300件以上 ★★★★ ★★★★★
マイナビエージェント×IT 4,500件以上 ★★★★ ★★★★
ワークポート 9,000件以上 ★★★ ★★★★
Geekly 4,500件以上 ★★★ ★★★

上記の表を見てもらったら分かるようにレバテックキャリアの取り扱い求人数は若干少ないものの、提案力がありサポートはかなり手厚い

求人数に関してはあくまでも目安なので非公開求人数を合わせると、それほど他の転職エージェントと変わりないと思われます。

また、転職活動をされる際にはレバテックキャリアだけではなく他の転職エージェントと併用して活用する事で、それぞれの弱点を補うこともできますし、より多くの求人情報に触れることも出来ますので是非とも検討してみてくださいね。

レバテックキャリアのよくある質問

ここではレバテックキャリアに関するよくある質問に関して、分かりやすくまとめてみました。

  1. レバテックキャリアのサービス利用はお金はかかりますか?
  2. レバテックキャリアの登録には年齢制限などはありますか?
  3. レバテックキャリアを使えば30代未経験でも転職できますか?
  4. レバテックキャリアにはフリーランス向けの求人はありますか?
  5. レバテックキャリアと併用するならどこの転職エージェントが良いですか?

レバテックキャリアを初めて利用される方には大変関連性が高い質問内容となっているので、是非とも目を通してみてくださいね。それでは以下から質問ごとに回答をみていきましょう。

Q1:レバテックキャリアのサービス利用はお金はかかりますか?

転職エージェントサービスを提供しているレバテックキャリアは、転職希望者からは一切お金を取りません。全てのサービスが無料で利用できるようになっています。

その理由としてはレバテックキャリアが、求人情報の紹介先企業から人材紹介料としてお金をもらっているからですね。ですので、転職希望者がお金を支払うと言うことは一切ないのでご安心ください。

Q2:レバテックキャリアの登録には年齢制限などはありますか?

レバテックキャリアの登録に関しては年齢制限はないものの、利用者が40代以上だったりした場合はサービスの利用自体ができない場合があります。

あくまでもレバテックキャリアの利用者の対象年齢は20〜30代をターゲットととしているため、扱っている求人情報もそれ以上の年齢の方に紹介できる求人がないのが現状です。

ただ非公開求人などもあるので一度試しに登録してみてみるのもアリかもしれません。利用できなかった場合は他の転職エージェント「マイナビエージェント×IT」や「ワークポート」でも試してみてくださいね。

Q3:レバテックキャリアを使えば30代未経験でも転職できますか?

レバテックキャリアを利用するにあたり30代未経験の方だと転職はかなり厳しいです。

20代であれば可能性はあるかもしれませんが、レバテックキャリアで扱っている求人情報のほとんどが経験者を対象としているため厳しいと言わざる得ないでしょう。

仮に30代未経験でIT業界に転職できたとしても多くの職場は20代の働き手が多く、働く環境としてはかなりキツイ事が予想されます。それでもチャレンジしたい場合は、レバテックキャリアではなく「マイナビエージェント×IT」で試してみてくださいね。

Q4:レバテックキャリアにはフリーランス向けの求人はありますか?

レバテックキャリアにはフリーランス向けの求人情報は取り扱っていません。フリーランスの案件をお探しの方は「レバテックフリーランス 」の利用をおすすめします。

レバテックフリーランス ではその名の通りフリーランス向けの案件を中心に扱っているので、興味がある方は一度公式サイトを覗いてみてはいかがでしょうか。

Q5:レバテックキャリアと併用するならどこの転職エージェントが良いですか?

レバテックキャリアと併用する転職エージェントを考えているのであれば、前述したように「マイナビエージェント×IT」や「ワークポート」がおすすめです。

それぞれ特徴が異なり取り扱っている求人情報も異なるので、最低でも2つは併用して利用するのが良いでしょう。

【まとめ】レバテックキャリアはIT業界での実務経験がある人におすすめ!まずは無料登録から試してみよう

レバテックキャリアはIT業界での実務経験がある人におすすめの転職エージェントです。ここまでの解説で少しでも気になった方はまずは無料登録してみて業界に詳しいプロのキャリアアドバイザーに相談してみてはいかがでしょうか。

また、以下はレバテックキャリアの登録方法から転職までの大まかな流れになります。

  1. 公式サイトから無料登録を行う
  2. キャリアアドバイザーとの面談(ヒアリング)を行う
  3. キャリアアドバイザーから求人情報の紹介を受ける
  4. 求人情報を選定し選考書類の準備をする
  5. 希望の企業へ応募し書類選考通過後に、面接試験を受ける
  6. 内定通知が届くので意思決定をキャリアアドバイザーに伝える
  7. 自身が現在務めている会社の退職手続きを行う

申し込みから転職までの流れに関しては他の転職エージェントでも大体同じ流れなので、この機会に覚えておくと良いでしょう。また、これだけだと初めて利用される方は分かりにくいと思いますので、以下からそれぞれの項目に分けて詳しく解説していきますね。

レバテックキャリアの公式サイトから無料登録を行う

まず始めにレバテックキャリアの公式サイトから登録を行います。登録に関しては約30秒ほどで完了するようになっているので、それほど手間はかかりません。

また、登録する際にはレバテックキャリアの公式サイトであるか、しっかりとチェックしてから行うようにして下さい。たまに間違ってレバテックフリーランスに登録してしまう方もおられますので注意して下さいね。

キャリアアドバイザーとの面談(ヒアリング)を行う

レバテックキャリアに登録が完了したら登録メールアドレスに、今度はキャリアアドバイザーとの面談の希望日調整の通知が届きます。

面談では主にあなたの転職希望時期や、転職する職種や業界、希望年収などを詳しく聞かれます。ヒアリングに関しては約10分程度で終わるので、時間がある日を指定して行うようにして下さいね。

ちなみに面談に関しては基本的には電話で行われます。ただレバテックキャリアのオフィスが最寄りにある方は、オフィスで行われる場合もあります。

キャリアアドバイザーから求人情報の紹介を受ける

担当のキャリアアドバイザーとの面談が終わると数日後に、あなたの条件に適した求人情報がメールで送られてきます。

ここで提示される求人情報は公式サイトで公開されているものから非公開求人など様々なので、しっかりと全ての求人情報に目を通しておくようにしましょう。

その他、提示された求人情報に関して質問等がある場合はメールもしくは電話で気軽に担当のキャリアアドバイザーが答えてくれるので、どんどん聞くようにして下さいね。

場合によっては再度面談を行い、よりあなたに適した求人を探すのもアリです。

求人情報を選定し選考書類の準備をする

応募する企業が決まったら今度は選考書類の準備を行います。

選考書類に関しては履歴書や職務履歴書等になりますが、一度自身で作成した後は担当のキャリアアドバイザーがしっかりと添削してくれるので、記載の仕方などわからない事があったら全て聞くようにして下さい。

選考書類に関してはキャリアアドバイザーが丁寧に添削してくれるので、妥協せずにしっかりと2人で作り込んでいきましょう。

希望の企業へ応募し書類選考通過後に、面接試験を受ける

選考書類を企業へ提出し数日後には合否が言い渡されます。そこで選考書類をパスすると今度は面接試験が行われるようになっています。

面接試験に対してもレバテックキャリア側で会社別に対策ノウハウを保持しているので、その情報を担当のキャリアアドバイザーに教えてもらいながら面接対策を行って下さい。

場合によっては最寄りのレバテックキャリアのオフィスまで出向き、模擬面接を行うことも可能です。

内定通知が届くので意思決定をキャリアアドバイザーに伝える

面接試験を合格すると内定通知が担当のキャリアアドバイザーからメールもしくは電話で来るので、最終的な意思決定を伝えるようにしましょう。

内定が確定して転職する事が決まったらその後は、キャリアアドバイザーが入社日の調整や給料額の交渉など全て行ってくれます。

自身が現在務めている会社の退職手続きを行う

転職が決まった後は自身が勤めている今の会社の退職手続きを進めていきましょう。

退職に関してもキャリアアドバイザーがサポートしてくれるので、この時も何か分からない事があれば気軽に担当の方に聞いてみて下さいね。

また、退職間際になって勤めている会社とトラブルになる場合もあるので、しっかりと段取りを決めてから取り掛かるようにしましょう。

もしレバテックキャリアに断られてしまった場合に利用したいサービス

万が一、レバテックキャリアに断られてしまった場合の手段としては大きく分けて3つあります。

  • 再度申し込んでチャレンジする
  • 他の転職エージェントを活用する
  • スクールでスキルアップしてから再チャレンジする

レバテックキャリアにもしサービスの利用を断られてしまった場合は、諦めずに再度挑戦するのもアリです。

転職エージェントは基本的に何度でも利用できるようになっているので、自身のエンジニアとしての市場価値を把握しスキルや知識を磨き直した後に再チャレンジしてみて下さい。

そうすることであなたに適した求人情報が見つかるかもしれません。また、転職エージェントは何もレバテックキャリアだけではないので、他の転職エージェントを試すのも一つの手段です。

IT関連の求人に特化した転職エージェントであれば他にも「マイナビエージェント×IT」や「ワークポート」などもあるので、是非ともこちらでも申し込んでみましょう。

一つの転職エージェントに断られたからといって諦めたらそこで終わりなので、他の転職エージェントでも必ず試してみて下さいね。

また、それ以外の方法としては今はプログラミングスクールからもエンジニア転職できるようになっているので、一度プログラミングスクールでスキルアップした後に再チャレンジするのもアリですね。

スクールからの転職を希望するのであれば「TECH::EXPERT」や「DMM WEBCAMP」などがおすすめです。転職する手段は意外にも多いので後は行動するのみです。成功するまで諦めずに頑張りましょう。









この記事をかいた人

29歳ドイツ在住のトラベルライター。公務員から2年半で専業ライターへ。その後はワーホリビザを取得し,ドイツを拠点に海外ノマド。Webライティング,ブログ運営が生業。ライター歴3年。クラウドワークス受注実績200件。【九州男児のぶらり旅】という旅ブログを運営しています。