会計士の転職エージェントおすすめ【活用すべき理由と求人の探し方】

会計士は試験が難しいわりに、給与の幅が大きい職業です。年収1,500万円の方もいれば、年収800万円代で留まってしまう方も。

年功序列で上がっていくことが多い会計士ですが、会社を替えることで年収が一気に上がることもあります。
また、会計士特有の悩み「監査だけで終わりたくない!」という点からも、転職がおすすめです。

今回は、会計士におすすめの転職エージェントをご紹介します。

マイナビ会計士 MS-Japan ジャスネットキャリア
非公開の優良求人が多い 管理職・ハイキャリアな求人が多い ワークライフバランスを重視できる求人が多い

会計士が転職サイト・エージェントを活用すべき理由

求人情報を見ていると条件がいい求人が多いですが、せっかく会計士の資格を取得しているのであれば、資格を最大限に生かした職場に転職をしたいですよね。

自分で求人情報を眺めるのであれば、転職サイトや転職エージェントを利用することがおすすめです。

特に担当が付くサービスを利用すると担当と相談をしながら転職活動を行うことが可能です。

さらに転職サイト・エージェントを利用するメリットをご紹介します。

募集だけではわからない企業内の情報が得られる

転職サイト・エージェントは企業から内部情報を得てから求人掲載をします。情報を隠蔽したり、意図して公開しない企業は対象外です。

一人で転職活動をしても内部の情報はわかりません。口コミサイトでは良い口コミが掲載されている場合でも、実は会計部門だけは激務だった・・・なんて場合も。

担当がついていれば、企業の内部情報も知ることができますし今回の募集でどのような人材を募集しているのか細かく知ることができます。

将来的にはどのようなポジションの人材が欲しいのかもわかるかもしれません。

担当のサポートで未経験でも内定できる

会計士からのキャリアアップでコンサルタントや企業のCFOなどに転職したい場合もあるかもしれません。

いくら会計士の資格があると言っても業務の経験がないと内定率はかなり低くなってしまいます。

そんな際でも、担当がついていれば面接指導や書類添削、推薦状を書いてくれることにより経験がなくても働くことができるように最大限サポートをしてくれます。

事前に準備しておいた方がいいポイントなども共有してもらえるので最大限の対策を練ることができます。

会計士の非公開案件を紹介してもらえる

真に狙っていきたい求人は非公開求人です。

非公開求人とは、経営に関わるコア人材や、どのような経歴の人が欲しいのか具体的に固まっている求人で、企業が効率的に人材を探すために受けているサービスのこと。

誰でも閲覧・応募が可能な求人よりも年収が高めなものが多いです。

会計士ならばスキル的に問題なく、非公開求人を紹介されることでしょう。条件のいい求人を狙っていきましょう。

会計士としての強味を客観的に知れる

同じ会計士でも勤めてきた会社や業務によっては強みは変わります。

自分では当たり前だと思っていたスキルは、じつは当たり前ではないかもしれません。

転職エージェントでプロフィールを客観的に見つめなおすことで、新しい可能性が現れることも。

第三者の意見を取り入れていきましょう。

会計士専門の転職エージェントがある

多くの人は通常の転職エージェントを利用します。すべての求人が集められ、紹介されるものです。

対して会計士は専門職であり、企業において重要な立場。

大企業で採用されていましたが、今では一般企業でも雇用が進んできています。

需要が拡大してきているのです。

そのため、会計士専門の転職エージェントサービスがいくつか出てきています。

良質な求人が集まりやすい傾向にありますので、どんどん活用していきましょう。

会計士専門のおすすめ転職サイト・エージェント

マイナビ会計士 非公開の優良求人が多い
MS-Japan 管理職・ハイキャリアな求人が多い
ジャスネットキャリア ワークライフバランスを重視できる求人が多い

会計士として転職をする場合は会計士専門の転職サイト・エージェントを利用することがおすすめです。

様々なサービスがありますが、基本的にこの3つに登録をしておけばほぼ全ての会計士の求人に対応をすることができます。

マイナビ会計士:非公開の優良求人が多い

公式サイト:マイナビ会計士

特徴
  • 非公開求人が8割で優良求人が多い
  • 利用満足度95%
  • 転職先に合わせて面接対策種類作成をサポート

おすすめ度→★★★★★

求人数 約400件(非公開求人を含まない)
対応エリア 全国
得意ジャンル 監査法人、会計事務所、税理士法人、コンサルファーム、金融機関、事業会社

サポートがしっかりしていて好評のマイナビグループの転職エージェント。

求人の質が高く、保有している求人の8割が非公開求人となっており求人の質の高さにも定評があります。

求人は会計士としてだけでなく、税務コンサルタントやM&Aアドバイザリーなども扱っており、監査法人にお勤めの方から見ても高収入であることがわかります。

利用した方の95%が満足したと答えており、利用者からの満足度も高く好評です。

マイナビ会計士の求人の質

マイナビ会計士の公開求人は約400件と多くはないのですが、さらに8割が非公開の求人となっています。

会計士がつくポジションは企業の中でも重要なポジションが多く他の企業に知られたくないため非公開求人が多くなっています。そのため好条件の求人も多くなっています。

事業会社系の求人が4割を占めており、コンサルティングファーム、監査法人が後に続く形となっています。

中にはBIG4の重要ポジションんの求人もあり、堅実にキャリアプランにあった求人を探すことができます。

マイナビ会計士の担当の質

マイナビ会計士の担当は会計士の業界に精通しており、さらに企業と直接やりとりをしているので企業が必要な人材を完全に把握しています。

キャリアカウンセリングも徹底的に行ってくれるので転職の際に不安な悩みも解決してくれる部分もポイント。

応募する企業によって面接内容や必要書類まで対策を徹底的に行ってくれます。

MS-Japan:管理職・ハイキャリアな求人が多い

公式サイト:MS-Japan

特徴
  • 管理職・ハイキャリアな求人が多い
  • 士業特化型転職エージェントで転職決定率が1位
  • 求人の数が幅広い

おすすめ度→★★★★

求人数 約4,500件
対応エリア 全国
得意ジャンル 事業会社、監査法人、会計事務所

管理部門に特化した求人を保有している転職エージェントがMS-Japan。

会計士部門ではオールジャンルの求人を取り扱っており求人数が多いことが特徴。

求人は管理職や役職付きの求人が多くなっており、会計士としてのキャリアを存分に高めることのできるようになっています。

MS-Japanの求人の特徴

会計士の求人は約700件ほどとなっており9割が非公開求人となっています。

30年以上会計士の転職をサポートしてきた実績があり、過去にも45,000件以上の転職をサポートしてきた実績があります。

求人はバンチャー企業から大手企業まで幅広く対応をしており、どのようなジャンルでも希望の職を探すことができます。

MS-Japanの担当の特徴

担当は会計士専門の担当がサポートをしてくれます。

中でも監査法人が得意、ベンチャー企業が得意といった具合に詳細な条件で担当を探すことができるのがポイント。

書類作成や、面接指導などもサポートをしてくれます。

ジャスネットキャリア:ワークライフバランスを重視できる求人が多い

公式サイト:ジャスネットキャリア

特徴
  • 大手企業の求人が多くワークライフバランスを重視できる求人が多い
  • 公認会計士が創業で業界に深いかかわり
  • 99%が非公開求人

おすすめ度→★★★★★

求人数 約2,500件
対応エリア 関東、中部、関西中心
得意ジャンル 大手企業

30年以上歴史のある転職サポート経験のある転職エージェントです。

紹介企業は大手企業の求人が多く、ワークライフバランスが重視できる求人が多いことがポイント。

セミナーを定期的に開催しており企業と直接話をすることもできます。

紹介派遣によりなかなか就職できないような超大手企業で働くこともできます。

ジャスネットキャリアの求人の特徴

紹介している求人の99%が非公開求人となっているのでなかなかお目にかかれないような求人にも出会うことができることができます。

20代向けから40代以上向けの求人などなど幅広い年齢の求人に対応をしており、企業風土や募集背景などと合わせて求人をマッチングしてくれます。

ただし関東、中部、関西の求人がメインなので注意しましょう。

ジャスネットキャリアの担当の特徴

担当の数は多くはないのですが、ベテランの担当が多くなっています。

担当は得意な分野に分かれており、サポートをしてくれます。担当の転職実績やその方のポリシーなども知ることができるので安心してサポートを受けることができます。

会計士専門ではないけど、ハイクラス転職が可能なサイト・エージェント3選

JACリクルートメント グローバル企業の求人がある
ビズリーチ 年収1,000万円以上の求人が豊富
リクルートエージェント 監査法人、コンサル業界の求人が多い

ここからは一般的な転職エージェントの紹介です。実は会計士のハイクラス求人がかなり潜んでいます。無視はできません。

転職エージェントで希望の仕事、それも年収アップをはたした方の多くは、複数の転職エージェントに登録をしています。会計士専門と一般的な転職エージェントに登録をしておくと漏れがなくおすすめです。

JACリクルートメント:グローバル企業の求人がある

公式サイト:JACリクルートメント

特徴
  • グローバル企業の求人がある
  • 外資系企業の取り扱いが多い
  • 海外にも拠点がある

おすすめ度→★★★★

求人数 約25,000件(非公開は含まない)
対応エリア 首都圏(海外もあり)
得意ジャンル 外資系

今後のキャリアを築く上で、30代からの転職はとても重要です。業種だけ、年収だけで判断をするのは危険。

JACリクルートメントは30代以降の転職に関して専門的に扱っている転職エージェントです。国内の大手企業から海外への進出企業など様々なハイクラス求人が揃っています。

年齢や年収から見ても管理職の求人がほとんど。運営しているJAC自身が東証一部の上場企業のため、他企業からの信用も厚いです。求職者として登録をしていて損はありません。

会計士の求人は特に非公開求人が多く6割が非公開求人となっています。会計士にとって非公開求人こそ狙い目です。

関連記事:JACリクルートメントの口コミ・評判を徹底比較!特徴や注意点も解説

ビズリーチ:年収1,000万円以上の求人が豊富

公式サイト:ビズリーチ

特徴
  • 年収1,000万円以上の求人が豊富
  • 登録するとヘッドハンターがスカウトをしてくれる
  • 転職決定でアンケートに答えるとプレゼントあり

おすすめ度→★★★★

求人数 約100,000件(非公開求人を含まない)
対応エリア 全国
得意ジャンル オールジャンル

ビズリーチはハイクラス専用の転職サイトです。

会計士の求人も年収1,000万円以上の求人が多く、年収アップを見込むことができます。

対応している業種も幅広く様々な業界から探すことができるのもポイント。

ヘッドハンティング式の転職サービスなので登録をするとスカウトを受けて転職をサポートしてもらう形になります。

ヘッドハンターには得意分野があり自分で探すことも可能。

優良会員もあり、有料会員になると優先的にサポートを受けることもできます。

おすすめ記事ビズリーチの口コミ・評判を徹底リサーチ!年収UPするのか詳しく調査

リクルートエージェント:監査法人、コンサル業界の求人が多い

公式サイト:リクルートエージェント

特徴
  • 監査法人、コンサル業界の求人が多い
  • 年収650万円以上の求人にはエグゼクティブコンサルタントが対応してくれる

おすすめ度→★★★★

求人数 約200,000件(5割が非公開)
対応エリア 全国
得意ジャンル オールジャンル

転職業界では大手の転職エージェントです。

会計士特化ではなく総合的に求人を取り扱っており、非公開を含め約1,000件の会計士の求人を取り扱っています。

特に監査法人やコンサル業界の求人が多く年収設定も高めとなっています。

年収650万円以上の求人にはエグゼクティブコンサルタントと呼ばれるハイクラス専門の担当がサポートをしてくれ、転職活動を総合的にサポートしてくれます。

関連記事:リクルートエージェントの口コミ・評判を徹底比較!特徴や注意点も解説

会計士が転職に成功するコツ

会計士はご存知の通り取得難易度がとても高い資格です。

そのため高望みをしなければ転職活動も苦労しないことがほとんどかもしれません。

ですが妥協をして転職してしまうのはNG。最大限に自分の価値を引き出して好条件で転職をしましょう。

希望の転職先を決めておく

転職を成功させるためには、希望の転職先をある程度決めておく必要があります。

転職先を決めておくとは言っても企業を明確に絞るというわけではなく、業界や大まかな方向性を決めておくだけで十分。

  • 上場企業で経理担当をしたい
  • IPOにかかわりたい
  • コンサル会社に行きたい
  • 外資系企業で働きたい
  • 商社で働きたい
  • 監査法人で働きたい
  • ベンチャー企業でCFOになりたい

などなどある程度絞っておくことで転職活動の目的が明確になります。

わからない部分は、担当と相談をすることで解決する場合もあるので大まかに業界を絞っておくことはしてきましょう。

譲れない条件は決めておく

転職をするのは今働いている会社に少なくとも不満があるから転職をするはずです。

転職するために、不満の原因になっているポイント、転職をする上で譲れない条件は決めておきましょう。

  • 年収はアップさせる
  • 年間休日は〇〇日以上
  • 今働いているポジションよりも上の立場で働きたい
  • 特に〇〇部門にかかわりたい
  • 地方転勤はしたくない

などなど人によって譲れない条件は様々。

ここを決めておかないといろいろな求人に飛びついてしまい迷子になってしまう可能性もあります。

条件は複数あっても構わないので大まかに出してみて担当と話し合いながら絞って行きましょう。

コネ入社には注意する

会計士をやっていると受け持っている企業から「うちにこないか?」とお誘いがあることはありませんか?提示された年収もポストも悪くありません。まれに帰京した時に「会計士を探している」と話がやってくることも。

しかしながら、入社してみると問題点は山ほど出てきます。経営者からは1つ、2つの問題があると言われれば、会計士から見た問題はその5倍はあるものです。

コネ入社は一から求人を探すよりもずっと楽な就職方法です。
ですが、一番メリットを享受しているのはコネ入社をさせた経営者。欲しい人材を苦労もなく直接入手しているわけですから。

そして、コネ入社は辞めにくいです。辞めれば今後の関係にヒビが入ります。
他に移ったとしても、「あそこの会社を辞めてきた人材」というレッテルが貼られます。

よほど将来性のある大きい会社か、やりがいを感じる仕事以外はコネ入社はお断りすることをおすすめします。

転職エージェントの登録から内定までの流れ

転職エージェントの登録から内定までの一連を見ていきます。

①転職エージェントサイトの会員登録

公式サイトの申込みフォームに個人情報を入力して登録を行います。基本的に利用は無料なのでご安心ください。

②転職コンサルタントと面談

登録を済ませると転職コンサルタントから連絡がきます。転職への詳しい条件や希望の確認が主です。
会計士と言っても勤めてきた会社によって業務はまちまち。転職において強みになる部分も確認していきます。

③求人への応募、または非公開求人の紹介

気になった求人への応募、または転職コンサルタントから紹介される非公開求人に応募します。

④応募書類のチェック

履歴書やその他の書類を転職コンサルタントが確認します。自分では気づかなかった強みや、弱点をカバーして書けるので必ずチェックしてもらいましょう。

⑤企業との面接調整

企業とのやり取りはすべて転職コンサルタントが調整してくれます。
転職エージェントによっては模擬面接も実施。過去にも扱っている会社ならば面接の傾向を教えてくれます。転職エージェントのメリットの一つです。

⑥企業との面接

企業との面接は試験ではありません。お互いにどのような人物か、どのような企業かを確認する場です。焦らずに自身のことを伝えましょう。

⑦合否判定

一週間~一週間半ほどで合否判定が出ます。
万が一にも不採用の場合は求人の応募からスタートです。

⑧内定

内定後のやり取りも転職エージェントがやってくれます。給与面などすり合わせをお願いしていきましょう。

まとめ:会計士の転職はサイト・エージェントをうまく利用しよう

世界的な金融危機があり、さらに重要な立ち位置になった会計士という存在。

会計事務所やコンサル業だけでなく、一般の中小企業でも採用することが増えてきましたおかげで監査法人で働いているよりも年収がぐっと高いところが増加。

条件のいい会社はハローワークや通常の転職サイトを使うよりも転職エージェントを活用した方が効率よく探せます。ポイントは複数の転職エージェントに登録することです。

転職エージェントを上手に使って希望通りの転職を叶えていきましょう。

その他に会計士の転職におすすめのサイト・エージェント

doda

求人数、サポート力が高いデューダ。一般的な転職エージェントではありますが、転職業界で30年の歴史は伊達ではありません。企業とのパイプがとても強く、良質な求人が揃っています。

「検索をしても、そこそこの年収の求人しか出てこない」と思いますか?会計士がデューダで狙うのは非公開求人です。年収アップも夢ではありません。

株式会社PCP

公認会計士専門の株式会社PCP。他の転職エージェントは「会計全般」でしたが、こちらはさらに特化した求人を取り扱っています。

紹介さえあればその後のサポートはしっかりしており、入社後のフォローも。また、転職コンサルタントも元・会計士のため、悩みを打ち明けやすいのがPCPの特徴。

求人紹介まで粘れれば利用価値の高い転職エージェントです。

レックスアドバイザーズ

会計士・税理士・管理部門経験に2年連続3部門でNo.1に選ばれている会計士専門の転職エージェントです。

一般企業から監査法人まで幅広い求人を保有しています。

転職成功事例も日々更新されており信用できる転職エージェントです。

エルキャリ士業専門の転職サイトです。

保有求人は3,000種類を超え90%以上は非公開求人となっています。

監査法人系の求人も保有しており。キャリアアップも可能。転職相談にも乗ってくれる頼りになるサービスです。

ヒュープロ

士業・管理職専門の転職サイトです。

AIと経験豊富なエージェントが掛け合わされ最速の転職をすることが可能。

条件交渉なども行って、疑問に難じたことは即座に解決してくれるなどスピード感が魅力です。

プロコミット

ベンチャー企業の求人を専門的に扱っている転職エージェントの一つです。スタートアップだけでなく、人材募集もあるため少しでも安定したベンチャー企業を狙いたい方におすすめ。

求人掲載をする前にビジネスモデルや経営上の課題を聞き出しており、求職者に情報提供してくれます。そのため、勤めてみたら半年で倒産したなどは少ないです。

様々な求人がありますが、会計士が狙うのは非公開求人。財務・会計を担う専門職の紹介です。プロコミットの求人のほとんどが非公開求人で、その中には経営に関する幹部職もありますので、狙っていきましょう。

Amateras

ベンチャー企業の中でもスタートアップに特化したのがアマテラスです。

アマテラスではすべての企業に対して代表者が自らビジネスモデル・今後の展開を確認しています。

会計士専門の求人は少ないものの会社の財務担当となるなるような求人も募集されています。

スタートアップでありながらも、企業としての考えが固まっているベンチャー企業しか扱っていません。ここまでやる転職エージェントは多くはありませんので、おすすめです。

Goodfind

厳選されたベンチャー企業のみを扱っているグッドファインド。

ベンチャー専門ですが、外資系求人も多く、会計士の条件は厳しいものの中には掘り出し物の求人もあるためこちらへの転職を目指している方は登録しておいて損はないです。