ベンチャー企業へ転職するメリットと注意点とは?未経験でも大丈夫?

ベンチャー企業への転職を考えている若者が多い中、ベンチャー企業への転職が必ずしも成功するとは限りません。

「ベンチャー企業」と一言で言っても、

  • スタートアップ企業
  • ベンチャー企業
  • メガベンチャー企業

と様々な会社があるので、それらのどこに転職するかにもその後のあなたの人生に大きく左右されます。

今回はこれからそんな「ベンチャー企業」へ転職を考えている方のために、転職するメリットや注意点また未経験でも大丈夫なのか、どうすればベンチャー企業への転職を成功させることができるのかその方法等について詳しく解説していきます。

是非とも参考にしていただき、今後の判断材料にしてくださいね。



ベンチャー企業はきついって本当なの?

ベンチャー企業は「きつい」と言われることがありますが、実際にはベンチャー企業とは事業として立ち上げたばかりの成長段階にある企業のことを指すので、他の会社と比べると「きつい」と言われる要因が多いのです。

ベンチャー企業の内情は、大方大企業と比べて事業が安定しておらず、従業員も少ないため一人一人にかかる仕事量も必然的に多くなるため、残業があたり前になりがち。

そういった背景からも、倒産のリスクも高く貰える賃金も少ないことから「きつい」といった言葉が上がってくることも少なくありません。

それでも「成長できる」ことを信じて飛び込む若者が大変多いわけですが、ベンチャー企業へ転職する際にはしっかりとリスクを把握してからどのような企業なのか事前の徹底したリサーチが重要になります

ベンチャー企業への転職は正直不安な人が多い

ベンチャー企業への転職は正直「不安」に感じている方が大半です。

中には、元メガバンクで銀行員として働いていたにも関わらず、(決められたルートから外れてみたかった)といった理由から妻子持ちにも関わらずベンチャー企業へ転職して失敗した方もおられます。

そういった失敗事例にもしっかりと目を向けて、自分が転職しようと考えているベンチャー企業でどのような目的と目標を持って活動したいのかを明確にしておかないと、ただ長時間労働の安い賃金で働かされていると感じて早期に辞めてしまうのがオチですね。

そうならないで良いように、しっかりと「不安」は転職する前に全て払拭し、自分が100%納得のいくベンチャー企業への転職を行えるように準備しましょう。

入社してから(こんなはずではなかった…)と後悔しても遅いので、転職する前に自分と向き合い不安要素を取り除いておいて下さいね。

ベンチャー企業へ転職する人が後悔すること

ベンチャー企業へ転職する人が、後悔することを大きく分けて3つご紹介します。

  1. 自分の仕事に対するモチベーションが保てない
  2. 給料は下がるし労働時間も多くなった
  3. “ベンチャー企業”といっても千差万別である

このような後悔をしないためにも、しっかりと転職前にその目的と目標を明確にしておくことが重要ですね。

以下から、それぞれ詳しく解説していきます。

①自分の仕事に対するモチベーションが保てない

そもそもベンチャー企業とは、本当に小さな会社だと社長が主導権をほぼ握っているいっても過言ではないので、社長の野望のためにサポートしている感が否めないと感じてしまう人も多々います。

そうなってくると(自分は他人の人生のために頑張っているだけではないか…)と自問自答してしまう方も少なくありません。

こういった考えが一瞬でも頭をよぎってしまうと、大企業で働いていることと何ら変わらなく思い、退職するしてしまう方が後を絶ちませんね。

②給料は下がるし労働時間も多くなった

ベンチャー企業は言うならば、まだまだ発展途上の国といっても過言ではありません。

メガベンチャー企業の

  • サイバーエージェント
  • リクルート
  • 楽天
  • DeNA

などは別ですが、その他のスタートアップ企業やベンチャー企業では従業員も少ないため、一人一人にかかる仕事量もかなり多いのが特徴です。

そうなると残業なんてあたり前ですし、定時で帰るなんて一度もない場合もあるかもしれません。

それに対して、給料ももちろん大企業と比べたら少ないので、不満もかなりたまりやすいですね。

③”ベンチャー企業”といっても千差万別である

②でご紹介したように、「ベンチャー企業」といっても様々あります。

メガベンチャー企業への転職であれば、倒産するリスクなどは限りなく少ないですがスタートアップ企業やベンチャー企業などになると倒産するリスクもかなり高く、長時間労働、低賃金などあたり前になる可能性だってありますね。

そう考えると、(もはやブラック企業ではないか…)と思ってしまう方も少なくありません。

ベンチャー企業へ転職するメリットとデメリット

ベンチャー企業への転職を考える人はそのリスクが分かっていても、やはり転職するメリットが大企業と比べて魅力的だからこそ、行動に移す人も多いのです。

以下にベンチャー企業へ転職するメリットとデメリットを書き出してみてので、是非ともこれから転職を少しでも考えている方は参考にしてみて下さいね。

ベンチャー企業へ転職するメリット

ベンチャー企業へ転職するメリットは、大きく分けて3つあります。

  1. 従業員一人一人の裁量権が大きい
  2. 仕事の幅が大変広い
  3. 会社経営者との距離感が近い

それぞれ解説していきますね。

①従業員一人一人の裁量権が大きい

大企業だと部署ごとに業務が細分化されていて、行える仕事の幅が限られていますがベンチャー企業になると例え新人であっても、スキルと実績さえ認められれば大きなプロジェクトや仕事が任されます。

そういった仕事の幅が広く、裁量権が大きいのがベンチャー企業の醍醐味ですね。

大企業で(うまく実力が発揮できてない、自分だったらもっとできるはず)と思ってくすぶっている人は、ベンチャー企業に転職した方が実力を上手く発揮できるかもしれません。

②仕事の幅が大変広い

①の続きですが、ベンチャー企業では一人一人の裁量権が大きいので、様々なプロジェクトを自由に立ち上げて、自分で行うことが可能です。

もちろんそれにはリスクが伴いますが、どんどん新しいことにチャレンジする場がベンチャー企業なので、やる気のある方は大変会社側からも喜ばれますね。

仕事の幅が広いからこそ、自分がこれまでやりたかったことが実現できたりして、働いていてとてもやりがいを感じることでしょう。

③会社の経営者との距離感が近い

ベンチャー企業では会社の経営者との距離感がかなり近いです。

だいたいベンチャー企業では、同じオフィスで社長も仕事している場合が多いので、社長がどのような仕事を行なっているのかすぐ近くで観察することも出来ますね。

そう考えるとベンチャー企業は大企業と違って「成長する場」としてはかなり、良い環境だと言えます。

ベンチャー企業へ転職するデメリット

逆に、ベンチャー企業へ転職する際のデメリットも3つあります。

  1. ベンチャー企業は倒産リスクが高い
  2. 会社とミスマッチするケースがある
  3. 収入が減り、労働時間が増えるリスクがある

こちらもそれぞれ解説していきますね。

①ベンチャー企業は倒産リスクが高い

ベンチャー企業は大企業と比べて、事業が安定していないところが多いです。

従業員も少なく人手が足りないため、事業拡大もなかなかできず一つの事業でコケてしまうと、直ぐに倒産を余儀無くされるケースも少なくありません。

メガベンチャー企業ならそのようなことはまずないのですが、ベンチャー企業は倒産のリスクがあることを念頭においておきましょう。

②会社とミスマッチするケースがある

ベンチャー企業は社長との距離感が近いため、万が一ミスマッチしてしまった場合は直ぐに退職を余儀無くされます。

それは社長だけではなく、ベンチャー企業として会社が行なっている事業でも同じことが言えますね。

そのようなミスマッチを無くすためにも、しっかりとした事前のリサーチが大変重要です。

③収入が減り、労働時間が増えるリスクがある

何度も言いますが、ベンチャー企業への転職は

  • 収入が減る
  • 労働時間が増える

ことは覚悟しておかなければなりません。

もちろん企業にもよるかもしれませんが、少なからず普通の企業や大企業と比べたら収入は減るでしょう。

ベンチャー企業へ転職する際の注意点

ベンチャー企業へ転職する際に、注意しておいてほしい点は3つあります。

  1. ベンチャー企業へ勝手なイメージだけで転職しないこと
  2. ベンチャー企業は10年での生存率が5%程度だということ
  3. 必ずしも希望の仕事が出来るとは限らないということ

特に①の勝手なイメージや理想だけで転職する方が、若い人に大変多いので注意してほしい点です。

以下からそれぞれ詳しく解説していきますね。

①ベンチャー企業へ勝手なイメージだけで転職しないこと

(ベンチャー企業へ転職してクリエイティブな仕事がしたい!)と考えている若者は大変多いです。

しかしながら、ベンチャー企業と一言でいっても前述した通り様々あり、勝手なイメージや理想だけ持って飛び込んでは失敗するのがオチなのでしっかりと転職したいベンチャー企業で

  • 自分が何をしたいのか?
  • どのような仕事に関わりたいのか?
  • 将来的にどのようになりたいのか?

など具体的な目的や目標を持って、転職活動を行うことが大事です。

②ベンチャー企業は10年での生存率が5%程度だということ

ベンチャー企業が倒産しやすいことは何度も言いましたが、生存率は10年で5%と言われており、かなり倒産する確率の方が高いです。

それでも(ベンチャー企業へ転職したい!)と考えている方は、引き止めはしませんが一旦冷静になって自分がなぜそのベンチャー企業へリスクを承知で転職したいのかしっかりと考えてみてください。

ただ、勢いだけでベンチャー企業へ転職しても必ず失敗するので、冷静になって考えましょう。

③必ずしも希望の仕事が出来るとは限らないということ

ベンチャー企業では大企業と違い

  • 裁量権も大きく
  • 仕事の幅も広い

ということで自分がやりたかった仕事ができる、と思っている方も多いですが必ずしもそうであるとは限りません。

あくまでもベンチャー企業もビジネスとして活動を行なっているわけですから、適材適所に人材を割り当て効率的に業務を遂行することを目指しています。

そのために、任意ではない業務を割り当てられることもしばしばあることを、念頭に置いておきましょう。

ベンチャー企業への転職は未経験でも大丈夫?

ベンチャー企業の中には「未経験OK!」で求人を出されている会社も少なくありません。

とってもそれは第二新卒の年齢までで、年齢的には25歳程度が限度と言えるでしょう。

企業側も新卒の若い人に仕事を任せることが多いので、そういった人たちと比べられるとかなり職場では苦労することが目に見えています。

ある程度の実績やスキルがある方ならまだしも、未経験で年齢が30代近い方だと苦労する場合が多いですね。

それでも(その仕事がやりたい!)といった強い意志があれば別ですが、ベンチャー企業への転職を考えているのであれば早いに越したことはありません。

未経験でも若さがあれば今時代どの業界でも、活躍することはできるでしょう。

ベンチャー企業へ転職する際におすすめの”転職エージェント”をご紹介!

ベンチャー企業への転職を考えている方に、おすすめしたい転職エージェントを5つご紹介します。

それぞれ特徴や扱っている求人情報が異なりますので、是非ともご自身にあった転職エージェントを活用してみてくださいね。

おすすめの転職エージェント①:マイナビエージェントIT

公式サイト:マイナビエージェント×IT

マイナビエージェントITはその名の通り、ITやWEB業界への転職に特化した転職エージェントです。

ベンチャー企業の多くが、IT関連の会社なのでこれからの時代「楽天」や「サイバーエージェント」などに続くメガベンチャー企業になりえる企業で働ける機会があるかもしれませんね。

また、全国各地で相談会なども行なっているので、まずは気軽にキャリアアドバイザーに相談してみることをおすすめします。

<こんな人におすすめ>

  • IT業界のベンチャー企業で働きたい方
  • ITやWEB業界に特化した転職エージェントを活用したい方

おすすめの転職エージェント②:ビズリーチ

公式サイト:ビズリーチ

確かな実績を保持する転職エージェント「ビズリーチ 」。

約11万件の求人情報を扱っており、様々な転職先を提示することができるビズリーチ では、必ずあなたに合った転職先を見つけられます。

また、プロのキャリアアドバイザーが一人一人親身になって相談に対応してくれるので、希望に合ったベンチャー企業もきっと見つかるはず。

<こんな人におすすめ>

  • 確かな実績を持っている転職エージェントがよい方
  • より多くの求人情報がある転職エージェントがよい方
  • 即戦力として現場で働きたい方

おすすめの転職エージェント③:レバテックキャリア

公式サイト:レバテックキャリア

誰よりもベンチャー企業への転職を後押ししてくれる転職エージェント「レバテックキャリア」。

これまでのベンチャー企業への転職経験を持つ方々の意見を交えて、より良いベンチャー企業へ転職できるようにサポートしてくれます。

扱っている求人情報数もかなり多いので、ベンチャー企業で働きたい方は一度無料相談を受けてみてください。

<こんな人におすすめ>

  • 誰よりもベンチャー企業で働きたいと思っている方
  • ベンチャー企業で働くことが初めての方

おすすめの転職エージェント④:DODA

公式サイト:doda

キャリアアドバイザーの良質なサポートや、利用者の口コミ・評判が良いことで有名な転職エージェント「DODA」。

サポートの充実度は業界の中でもかなりおすすめの転職エージェントと言われており、テレビCMやYouTube動画などでもたまに広告が流れているので、親しみがある人が多いのではないでしょうか。

また、「DODA」も大手の転職エージェントの一つなので、信頼性はかなり高い方ですね。

<こんな人におすすめ>

  • キャリアアドバイザーの質にこだわりたい方
  • 大手の転職エージェントを利用したい方

おすすめの転職エージェント⑤:リクルートエージェント

公式サイト:リクルートエージェント

大手の転職エージェントサービス会社「リクルートエージェント」。

転職支援実績は業界でもNo. 1の実績を持っているため、これまでの経験を活かして転職希望者に最適な案件を提示してくれます。

大手の転職エージェントで安心して転職活動が行いたい方には大変おすすめですね。

<こんな人におすすめ>

  • 大手の転職エージェントを利用したい方
  • 転職が初めての方

まとめ:ベンチャー企業への転職は新たな挑戦の始まりである!

ベンチャー企業への転職はとても夢のあることです。

事業が成功するとそれ自体があなたの実績として残りますし、楽天やサイバーエージェントなどのメガベンチャーへの成長も夢ではないかもしれません。

もともと、そういったメガベンチャー企業も普通のベンチャー企業としてスタートしているわけですから、チャンスは大きいといっても過言ではないでしょう。

是非とも夢のあるベンチャー企業への転職を成功させてくださいね!

おすすめ記事IT業界に強い転職サイト・転職エージェントのオススメはココ!【比較ランキング】

おすすめ記事SE転職サイト徹底比較!おすすめを公開するために20社以上を分析しました!









この記事をかいた人

海外フリーランスで国際人です。今年は10月からドイツへ移住予定。 ライティングやWebエンジニアのお仕事随時募集中! ポートフォリオは、ブログにまとめています。 (https://okatakuma.tokyo)