在宅でできる副業ランキング!サラリーマンや主婦におすすめ

「今より数万円でいいから収入を増やしたいな・・・」
「子育てしながらお金を稼ぐ方法はないかな・・」

サラリーマンや主婦をやっていると、もうちょっと収入を増やしたい・・というということはよくありますよね。

副業といえば、アルバイトやパート、内職などが真っ先に思い浮かぶ仕事だと思います。
しかし、できれば在宅で空き時間を使って、できるだけ多くの収入がほしいというひとも多いのではないでしょうか。

昨今、副業(というか仕事自体)の手段は多種多様になり、さまざまな方法で収入を得ることが可能になっています。
それこそ、YouTuberやプロブロガー、クラウドワーカーという仕事も、ここ最近で耳にするようになった職業ではないでしょうか。

また、仕事ではないかもしれませんが、仮想通貨の認知がひろがったことにより、一般的なサラリーマンや主婦でも、数ヶ月で年収の何倍もの利益を得たひともいるのは事実です。

今回は、仮想通貨やFXといったリスキーなものや、内職といった時間に対してのコスパが悪すぎるような副業は紹介しません。

ネットやスマホさえあれば、家事や仕事の合間に誰でもできる副業をオススメ度順に紹介します。
基本的には、サラリーマンでも主婦でもすぐにはじめられて、ネットやスマホさえあればできる仕事に厳選しています。



おすすめの副業ランキング

クラウドソーシング

【メリット】
幅広い仕事がある&スキルアップできる

【デメリット】
単価が高くなるにつれ専門スキルが必要

クラウドソーシングは、特定の仕事を頼みたい企業と、在宅で仕事をしたいひとをマッチングさせるサービスです。
クラウドワーカーという言葉もできており、ここ数年で副業の手段として定番化してきました。

家にいながら、さまざまな仕事を受けることができ、ひとによっては本業の収入を超えたという実績もあります。

データ入力やレビュー投稿といったとても簡単なものから、ライティングや翻訳といった執筆系、アプリやホームページ制作といった専門的なものまで幅広い仕事がそろっていることが特徴。
仕事を依頼している企業からのフィードバックもあるので、スキルアップにもつながります。

また、仕事自体の単価も幅広いため、スキルや知識次第では時間に対する報酬が大きくなります。
もちろん、その反面、簡単な仕事ほど単価は低く、コスパが悪くなっていく傾向にあります。

しかし、単価が低い=やらないほうがいい、といういわけではなく簡単な仕事は家事や育児の合間に数分単位でできるため、自身の環境によっては大きなメリットになります。

クラウドソーシングサービスは数多くありますが、まずは有名な「クラウドワークス」を使ってみるのがオススメです。

スキルや経験、知識の販売

【メリット】
スキルがなくてもはじめられる

【デメリット】
ブランドを高めていく必要がある

クラウドソーシングは依頼されている中から仕事を探すというものですが、それとは少し違った方法がスキルマーケットというサービスです。
スキルマーケットというのは、経験や知識、スキルを販売したいひとがサービス上に登録し、依頼したい企業や個人が仕事を依頼するというもの。

大きな特徴しては、特定の専門スキルがなくてもはじめられるといういこと。
例えば、「転職や就職の相談に乗る」「悩みを聞く」といったことでも仕事にすることができます。

ただ、同じような仕事を販売しているひとが大勢いるので選んでもらうためにはある程度実績をつけたり、ブランドを高めて価値を感じてもらうための工夫は必要です。

スキルマーケットもいくつかサービスがありますが「ココナラ」がカテゴリも多く一番利用されています。

ココナラ

ちなみに、女性であれば「レディウェイ」というサービスもオススメです。女性ならではの悩みや、メイク方法の指南などを販売できます。

レディウェイ

ライティング

【メリット】
知識や経験をいかせる

【デメリット】
時間対報酬の幅が大きい

ライティングは、その名のとおり記事を書くことです。
ニュースメディアやさまざまなメディアに記事を書いて、対価として報酬を得る方法です。

ライティングの仕事自体は、クラウドソーシングでも人気の仕事です。
専門知識のいるジャンルもありますが、子育てや恋愛、生活に関する記事など、日頃から経験していることや行なっていることをそのまま書けばいい記事も多いです。
なかには、海外向けに記事を翻訳したり、ちょっとしたキャッチコピーをつくるような仕事もあります。

ライティングは幅広い一方で、単価も幅がひろいため、内容によってはとてもコスパが悪い仕事もあります。
執筆スピードや記事の内容を考慮し、自分にあった仕事を探すことができればライターとして本職にすることも可能です。
クラウドソーシングだけでなく、実力次第では媒体と直接契約することも珍しくありません。

上で紹介した「クラウドワークス」や「ココナラ」で探す方法や「サグーワークス」というライティング専門のサービスに登録する方法もあります。
ライティング専門のサービスの場合、登録にあたりテストはありますが、通常より単価が高かったり、安定して仕事がはいってくるようになります。

高単価の在宅ライターサービス【サグーライティングプラチナ】

写真&画像販売

【メリット】
手軽&放置できる

【デメリット】
金額が小さい場合が多い

写真や画像販売も手軽にできる副業のひとつです。
撮影した写真を画像素材サイトに出品して売れた場合に報酬を得ることができます。
フリマと違い、一度出品すれば、何度購入されても出品し続けることができる場合(なかには売り切りもある)が多いため、在庫がなくなるリスクがありません。
また、発送や連絡のやりとりもないため、放置しておくだけでも問題ありません。

ただし、写真に価値を感じてもらえない限り全く売れないこともも珍しくなく、また金額も数百円〜だったりと、継続して購入してもらえるような写真を提供しなければそれだけでの生活は難しいです。

サービスとしては、「ピクスタ」が規模も大きくユーザーも多いのでオススメです。

PIXTA(ピクスタ)

また、そこまで本格的な写真は撮れない・・というひとには「スナップマート」がオススメ。スマホでとった日常的な写真でも気軽に出品できます。

Snapmart

アプリレビュー

【メリット】
短時間でできる

【デメリット】
金額が小さい

アプリレビューというのは、リリース前や開発中のアプリを実際に触って、レビューをするという仕事です。
企業にとってはリアルなユーザーの意見を聞きたいというニーズがあるので、レビューの需要はとても高いのです。

特に専門的な意見は必要なく、指示通りに操作したり遊んだりして、思ったことをそのままレビューするだけでいいので簡単です。
また、ひとつ数分で終わる場合が多いので、空き時間に気軽にできるのも良い点ですね。

デメリットとしては、時間が短いぶん、報酬もそこまで高いわけではないということ。
なので、子供をあやしながら片手で操作するなど、落ち着いて仕事ができないひとにオススメです。

ただ、中にはかなり高額の報酬案件もあります。

サービスとしてはUI Scopeがオススメです。

UIscope

オークションorフリマ

【メリット】
手軽&すぐにはじめられる

【デメリット】
売るものに限界がある

オークションやフリマは昔から副業としても定番ですね。
自宅にあるいらないものや余っているものを売ることでお金にすることができます。

中古ショップで買い取ってもらうとどうしても買取金額が低くなってしまいますが、オークションやフリマは直接ほしい人に販売できるためお得に売ることができます。
しかも、スマホひとつで出品から連絡まで可能なので、べつのことをやりながらでも利用できるのも大きなメリットですね。

デメリットとしては、売るものがなくなる可能性があること。もし、オークションやフリマで継続してそれなりの収入を得るならあとから紹介するせどりのほうが良さそうです。

オークションでは安心&信頼のある「ヤフオク」、フリマならユーザー数が一番多い「メルカリ」がオススメ。

ヤフオク
メルカリ

せどり

【メリット】
在庫がなくならない&金額が大きい

【デメリット】
リサーチに時間がかかる

せどりというのは、簡単にいうと「安く仕入れて高く売り差額を得る」という方法のことです。
古くから行われている手法でもあり、古本や中古ショップも、大きくはせどりのようなものです。

方法もさまざまですが、定番なのは海外のオークションやネットショップで購入したものを、日本のオークションなどで高く販売する方法です。
例えば、海外にしかないサプリメントやグッズは、日本では需要が高かったりすることが多いです(もちろん逆もしかり)。

ただし、多くのひとがせどりをやっているため、本当に価値があるものを探すためのリサーチや、見極め、タイミングなどの経験も必要です。

サービスとしては「オークファン」で価格の相場を調べて、海外のオークションサイト「ebay」で仕入れて「ヤフオク」で販売するなどです。

オークファン

シェアビジネス

【メリット】
金額が大きい&手軽

【デメリット】
初期費用がかかる

シェアビジネスとはシェアリングエコノミーともいい、ここ最近で急速に広まってきた仕組みです。
簡単にいえば、所持しているものを誰かに有償で貸すというもの。

貸すことができるものは多種にわたります。
例えば、有名なサービスでは下記が挙がります。

・余っている部屋や家を貸すことができる
「Airbnb」
・あまり使っていない車を貸すことできる
「Anyca」
・長距離移動のときに相乗り相手を探せる
「notteco」
・空き時間でだれかを助けることができる
「エニタイムズ」
・利用してない駐車スペースを貸すことができる
akippa

など。フリマやクラウドソーシングもシェアリングエコノミーの一種です。
すでに所持しているものを貸すため、すぐにはじめられて、金額も大きいため維持費をペイできたり、それだけで生活することも可能です。
ただ、なにも持っていない場合は、空き時間のシェアなど以外はどうしても手に入れるための初期費用が必要なります。

ハンドメイドの販売

【メリット】
本業になりうる&金額が大きい

【デメリット】
宣伝や制作が必要

ハンドメイドやDIYなど自らでアクセサリーや雑貨を作ることができるひとは、制作したハンドメイド品を販売するという手もあります。
普段から趣味で制作していたものでも、誰かにとってはとても価値があるものであったり、欲しいものであることは少なくありません。

自分で制作できるというのはとても価値の高いことです。
アクセサリーや雑貨だけでなく、ニーズのありそうな便利グッズも人気です。

もし、ハンドメイド品を販売してみたいのであれば「ミンネ」がオススメです。フリマのようにハンドメイド品を気軽に販売できます。

minne

また、本格的にやりたいなら「BASE」という、誰でも簡単にネットショップが作れるサービスを利用して、自分だけのネットショップを作るのもありです。

BASE (ベイス)

ただ、双方ともオリジナルの商品を販売するという点から、SNSなどで宣伝をして知ってもらう必要はあります。

アフィリエイト

【メリット】
不労所得になりうる&金額が大きい

【デメリット】
時間がかかる&継続が大変

アフィリエイトは、ブログやサイトの広告を貼ることで収入を得る方法です。
プロブロガーやYoutuberのように広告収入だけで生活するひともでてきているので知っているというひとも多いのではないでしょうか。
どうしても怪しい商材販売などもあったりするため、良いイメージをもっていないひとも多いですが、広義にはニュースメディアやTwitterなども広告収入で成り立っているサービスです。

個人でやる場合は、だれかが興味のありそうな内容でブログを書いたり、役に立つサイトを運営し、そこに広告をはります。
そして、サイトに訪れたひとに広告をクリックしてもらったり、クリックした先のページで商品を購入してもらったりすることで収益を得ることができます。

デメリットとしては、ある程度の収入をえるためには数ヶ月〜数年はかかり、そのあいだ継続して記事を書いたりする必要があるということです。
そういった意味でも難易度は高めの方法です。

自分にあった副業を見つけよう

以上が、ネットを使って在宅でできる副業の紹介になります。
なによりもまずは行動してみることが大事です。

気になった副業があればとにかく挑戦してみてはいかがでしょうか。

【いまより条件の良い会社に転職するという手も】
IT業界に強い転職サイト・転職エージェントのオススメはココ!【比較ランキング】
20代・第二新卒におすすめの転職サイトはどれ?比較&評判をチェック!









この記事をかいた人

creive編集部

creive(クリーブ)編集部です。世の中に存在する"クリエイティブ"なものごとを、"アーカイブ"していきます。