WordPressのおすすめテーマはコレ!SEOもレスポンブも完璧【有料&無料】

「WordPressのテーマがたくさんありすぎでどれを選べばいいかわからない」
「できればSEOもバッチリでデザインもおしゃれなテーマを使いたい」

WordPressでサイトをはじめるにあたり、テーマ(テンプレートとも呼ばれます)を選ぶ必要があります。
WordPressには数え切れないほどのテーマが存在しており、デザインやレイアウト、使い勝手もさまざまです。

一方で、たくさんありすぎるがゆえに、どれにするか悩んでいるだけでもけっこうな時間がかかってしまいます。

そこで今回は、WordPress歴10年弱で、いままで有料・無料問わず何十種類ものテーマを利用してきた筆者が、本気でサイト運営したい人にベストなWordPressテーマを厳選してみました。

選定基準は次のとおり。

ポイント
  • レスポンシブ対応(PCでもスマホでも表示が崩れず読みやすい)
  • SEO対策が完璧(集客において超重要!)
  • デザインが優れている(見た目がおしゃれなだけでなく、コンテンツが読みやすい)
  • 日本語テーマ(海外製もたくさんありますが、今回は安心安全な日本製テーマのみ)

この記事で紹介しているテーマを使用することで、デザインやSEO対策に時間を取られることなく、コンテンツ作成に集中できるようになり、結果的にアクセスもアップすること間違いなしです。

※WordPressのおすすめレンタルサーバーを知りたい人は下記もおすすめです。
» WordPressならこれが安心!おすすめのレンタルサーバーと選ぶ際のポイント



WordPressテーマは有料か無料どっちを選ぶべきか

WordPressテーマには、有料のものと無料のものがあります。
無料でも機能が豊富でデザイン性も高いテーマが選択できるのがWordPressの魅力でもあります。

有料と無料、どちらを選ぶべきか、それぞれのメリット&デメリットをはじめに紹介しておきます。

無料テーマのメリット&デメリット

メリット

  • 初期投資がかからない
  • 種類が豊富

デメリット

  • SEO対策が完璧じゃないテーマが多い
  • カスタマイズ性が低い

有料テーマのメリット&デメリット

メリット

  • SEO対策が完璧
  • HTMLやCSSの知識がなくてもカスタマイズしやすい
  • 記事を読みやすくするパーツが豊富※
  • サポートが充実

※例えば見出しデザインの種類や、強調したい文章の表現方法など。

デメリット

  • 初期投資がかかる(3000円〜)

初心者ほど有料テーマのほうがベスト

正直、HTMLやCSSの知識があまりないけれど、本気でサイトやアフィリエイトを行いたいなら、はじめから有料テーマを使っておくのがベストです。
カスタマイズが簡単にできるだけでなく、広告の最適化もコードをいじることなくできるので。

あとからテーマ変更もできますが、互換性がない場合がほとんどなのでけっこう苦労するかと・・。

それだったらはじめから完成されたテーマを使うのが良いですよね。

おすすめWordPressテーマ

最初にも説明していますが、今回紹介しているテーマは前提とうして下記のすべての項目を満たしています。

  • レスポンシブ対応(PCでもスマホでも表示が崩れず読みやすい)
  • SEO対策が完璧(集客において超重要!)
  • デザインが優れている&変更も容易(見た目がおしゃれなだけでなく、コンテンツが読みやすい)
  • 日本語テーマ(海外製もたくさんありますが、今回は安心安全な日本製テーマのみ)

そのうえでおすすめのテーマを紹介していきますね。

※有料テーマはサポートが充実していますが、無料テーマは自力でなんとかしないといけないのでそこだけ要注意!

ブログやメディアにおすすめ

ブロガー向けなら下記の4つがおすすめ。どれも集客面も機能面も完璧なので、あとは見た目と金額で選ぶといいですね。


OPENCAGEシリーズ(有料)

wordpressテーマストーク

とても人気のテーマシリーズ。デザインも集客面もカスタマイズ性もすべてが完璧。
色やレイアウトも簡単に変更できます。

» ストークの詳細やデモはコチラ

ストークはOPENCAGEというテーマシリーズで、ほかにも種類があります。
» OPENCAGE(オープンケージ)

Emanon Pro(有料 ※無料あり)

emmanon

こちらも人気テーマですね。
ランディングページやメール配信など、ストークよりも更に機能が多いテーマです。
基本的にはストークでいいと思いますが、自社製品などがある場合はEmanonのほうが売りやすいでしょう。

» Emanon Proの詳細やデモはコチラ

Vanilla City(有料)

ストークとEmanon Proよりも、シンプル目のテーマがいいならVanilla Cityがおすすめ。
機能も必要最低限まで絞られているので、本当に初めてWordPressを触る人にもとっつきやすいテーマです。

おしゃれな感じでアイキャッチ画像も映えます。

» Vanilla Cityの詳細やデモはコチラ

Cocoon(無料)

無料なのに高機能なテーマ。
デザイン面はあまりいじれないので、見た目は上記3つよりも劣りますが、おしゃれさよりも無料で高機能なテーマが使いたい!という人にはおすすめ!

フォーラムもあったり作者自身がブログで発信していたりするので、サポート面も良いです。

» Cocoonの詳細やデモはコチラ

アフィリエイトサイトにおすすめ

アフィリエイト目的なら、広告やアフィリエイトリンクに最適化されていたり、ランキングなどが容易に作れる機能があるテーマを使ったほうがいいです。
実際に筆者含め結果がでている間違いないテーマを紹介します(人気テーマなので使っている人も多いです)。

賢威(有料)

圧倒的に実績のあるテーマ。
値段も高い(¥24,800)ですが、本気でアフィリエイトやブログで収益を上げたい人には間違いなくおすすめ。

アフィリエイトに必要であろう機能はすべてついており、初心者から上級者まで対応できるテーマは意外と少ないんですよね。
あと、テーマも良いんですが、確実に成果を上げるためのノウハウがすべて詰まった200ページのSEOマニュアルが付いているのもすごいところ。

» 賢威の詳細やデモはこちら

AFFINGER5(有料)

こちらも賢威と同じくらい有名なテーマ。
正直、アフィリエイトならこの2つのどちらかを使っていれば集客も機能も困ることはありません。

アフィリエイトやSEO初心者で、がっつりノウハウを学びたいなら、マニュアル付きの賢威、デザインもおしゃれで値段が安いほうがいいならAFFINGER5(WING)ですね。

» AFFINGER5の詳細やデモはコチラ

コーポレートサイトにおすすめ

コーポレートサイトの場合はデザイン重視か、集客重視かでも選ぶべきテーマが変わってきます。
また、上記で紹介してきたようなブログ用テーマだと、コーポレートサイトで最低限必要なページや情報を作りづらくなるので専用のものを選びましょう。

Emanon Business(有料)

ブログ用テーマでも紹介したEmanonの、コーポレートサイトに特化したバージョンです。
コーポレートサイトを作りやすくするための機能が備わっています。

もちろん、集客に必要な要素は全部詰まっているので、コーポレートサイトが集客の重要な窓口になる企業はEmanon Businessがオススメです。

» Emanon Businessの詳細やデモはコチラ

Xeory Extension(無料)

マーケティングブログで有名なバズ部が開発しているテーマ。
シンプルながらコーポレートサイトに必要な情報を簡単に掲載することができます。

また、コンテンツマーケティングの強いテーマでもあるので、企業ブログなど本格的に運用したい場合にも使えます。
(ブログ用テーマの「Xeory」もあります。)

» Xeory Extension

自分で選びたい人にアドバイス:テーマを選ぶときに気をつけるべきポイント

ほとんどのテーマはデモやプレビューが用意されているので、実際のサイトイメージを確認できます。
デザインやレイアウト、だいたいの機能を把握したうえで、下記の3つのポイントをチェックしてみることをおすすめします。

1.そのテーマは自分にあっているか

自分が作りたいサイト(orブログ)はどんなコンテンツが必要になるのか、改めて把握しましょう。
その上で、どのようなテーマが最適かじっくり選んでいきます。

ブログなのか、コーポレートサイトなのか、ポートフォリオサイトなのかによって、見せ方や必要な機能は違ってくるはずです。

例えば、ブログなら記事一覧やページにアイキャッチ画像(サムネイル)を設定できるのか、フォントや行間は読みやすいか、人気記事などへの導線があるのかなどを考慮したいですね。
広告を貼りたい人は、最適な広告スペースが用意されているかの確認も必要です。

しっかりと作りたいサイトのコンセプトや機能、コンテンツを明確にして、一番理想に近いテーマを選びましょう。

2.そのテーマは安全か

WordPressのテーマは、WordPress公式ディレクトリの他にも、個人サイトやテーマ検索サイトなど様々なところから入手できます。
しかし、中にはウイルスやスパム紛いのソースが仕込まれていることがあります。

初めてテーマを導入する人は、身元や安全性がはっきりしているWordPress公式ディレクトリから探すことをオススメします。

3.機能が複雑すぎないか

最近のテーマは、機能が豊富なものが多いです。一見、機能が多いほうが魅力的にみえますが、果たしてすべての機能が必要なのかをよく考えましょう。

そこまで多くの機能が必要ないのであれば、できるだけシンプルなテーマを選ぶのをおすすめします。
なぜなら、機能が多いテーマだと、管理画面の設定項目や必要のないエリアがでてくるので、却って使いにくくなる可能性がでてくるからです。

また、機能が多いということはテンプレートファイル(WordPressを構成しているファイル)やソースが複雑なため、テーマをカスタマイズしたい!と思っても、慣れないうちはソースを理解するのも大変です。

気に入ったテーマを使って今すぐWordPressをはじめよう!

いかがでしたか?

とにかくWordPressを使ってみたい人は、今回紹介したようなテーマを使うのが一番手軽です。
今後、オリジナルのテーマを作りたいと考えている人も、はじめはテーマをカスタマイズしていくことからはじめると、WordPressの構造などが理解できてオススメです。









この記事をかいた人

Kaz Hozmi

creive編集長。ルノハ株式会社CEO。ベンチャーで求人・不動産サービスのSEO担当やコンサルなどを行っていました。フロントエンド、WordPress歴は10年。現在はRuby on Railsも書いています。