エンジニアが利用すべき転職サイトおすすめ|経験者が55種類分析して比較しました!

この記事では今まで、3回転職してきた僕が、今まで様々な方を見てきて感じるエンジニアさんの転職活動やサイトの活用方法について紹介していきます。

「エンジニアとして転職したい!」
「フリーランスエンジニアになりたい!」

という人にとって、有益な情報を配信したいと思っていますので、55個の転職サイトから厳選しておすすめを選びました。

ぜひご覧下さい。

とりあえずおすすめが知りたい方へ
エンジニアの方が転職の際にまず登録しておいた方が良いサイトは「マイナビエージェント×IT
誰もが知っている大手のサイトなのですが、有名なのはそれだけ質の良い求人を多数保有している証拠。
転職の際は複数のエージェントを使用した方が良いのですが、まずはたくさんの求人からざっと条件に合う会社を探してみると良いですね。その後で以下でご紹介するサイトから探して求人を比較してみても良いです。
無料で登録して使用することができるのでまずは登録してエージェントに相談してみることをおすすめします。



エンジニアの方におすすめ!転職サイトの賢い利用方法

エンジニアはどの会社でも求められている人材です。

プログラミングスクールや未経験からもエンジニアになれる会社が増えていますが、それでも人材難でどの会社でも募集をしております。

ただ、募集している情報はエンジニアだけど実際入社してみると、エンジニアではなくてもできる面白くない処理の対応ばかりやらされたり、10人必要な開発サービスを5人で回せと言われたりと横暴な対応をしてくる会社も正直まだまだあります。

賢く転職やキャリアアップするためには以下の方法を利用すると良いでしょう。

  • まずは転職サイトに登録して、給与や条件ではなくその会社がやっているサービスが今後伸びそうか判断する
  • Twitterで転職の意思があることを呟いてみる

まずは転職サイトに登録

登録しないと、条件が見れない会社が多いのでまずは登録しましょう。

登録後、エージェントからのメールが面倒なケースが多いので気になる方は設定から通知をOFFにすればストレスフリーで仕事を探せます。

そして、ここで給与とか条件をみることも大事ですがその会社の事業がうまくいっているかどうかをまずは判断しないと、「超赤字の会社で入ったらすぐに年収を下げられた」なんてこともあります。

自分が一生懸命作ったサービスなのに、会社がマネタイズ下手なせいで自分まで大きく影響されてしまっては大変です。

今は赤字だったとしても、市場的に伸びそうな事業をやっているかどうかを会社情報など調べて判断しましょう。

これをするかしないかで、いい会社に巡り会えるかが変わります。

知り合いのエンジニアの多くも、みんなが知らない会社ながらかなりいい条件で働いており、その会社の業績も上がり続けています。

  • 認知度も大事だが一番大事なのはサービスの質
  • そして売上
  • あとは、今後の成長性

ブランドネームだけにやられないように注意しましょう。

ブランドネームのある会社は成熟し切っているので名前が知れ渡っている一方で、伸び代は薄く、実は働いてみると・・・なんて場合もあります。

この沼にハマる人は非常に多いので….。

SNSの活用

SNSの活用も非常に大事です。以前僕はこんなツイートをしました。

簡単に言うと、ある女性が仕事探していますとツイートしただけでたくさんの経営者から連絡をもらったと言うものです。

ツイート1つでスカウトが来るくらい、エンジニアさんの仕事ってニーズがあります。

転職サイトに登録されていないけど、優良な会社は多いのでSNSアカウントをお持ちの方はダメ元でツイートしてみるのも良いかもしれません。

SNSをしっかり運用している会社さんは、採用に関して敏感で優秀な会社が多いのでそういう会社は割と安心だったりします。

急成長中のベンチャーで働きつつ年収も上げたいならこの3社

成長中のベンチャー企業で働くことができればあなたのエンジニアとしての腕の見せ所。

あなたの作ったサービス1つで会社を一気に有名にすることも可能。

給料が上がりやすいことも特徴です。

マイナビエージェント×IT【業界大手で優良な求人が多い】

公式サイト:https://mynavi-agent.jp/it/

マイナビエージェントかよ….と思った方も多いのではないでしょうか?
業界最大手でご存知の方も多いと思います。

なんで今回、エージェントを紹介しているのかというとしっかり理由がありまして、マイナビエージェントさんは「紹介してくれる非公開求人の質がいい」というところをもっと知って欲しかったからです。

求人数の数=良い会社に出会える機会が増える
と単純ではありますが、この方式が成り立ってしまうのが転職業界なのです。
大手のマイナビということもあり、なかなか募集されないような企業の案件を抱えていたりします。
キャリアアドバイザーも元エンジニアなので業界について詳しく、的を得た確かな提案をしてくれます。
ポイント

大手でもベンチャーでも、数ある求人の中から希望に沿った形で非公開求人を紹介してくれますので、騙されたと思って一度面談に足を運んでみてください。

>>マイナビエージェント×ITの公式サイトはこちら

関連記事:マイナビエージェント×ITの口コミ・評判【使用者から感想を徹底調査】

レバテックキャリア【IT特化でエンジニア業界に精通】

公式サイト:https://career.levtech.jp/

レバテックキャリアは、IT、Web業界のエンジニア・クリエイターに特化した転職サイトです。

創業して15年と歴史は浅いものの毎年業績をあげており、IT業界の転職では必ず名前があがるほどの大手の会社でもあります。

ITに特化しているからこそ、業界大手の4000件を超える求人数を取り扱っています。

IT関係に特化しているエージェントなので担当の質に振れ幅が少ないことがポイント。どの担当に話をしても業界の話が通じます。

親会社自体がベンチャー企業なので、ベンチャーのことについて精通していることも強み。

求人はどちらかといえば関東圏に強いので、特に関東在住の方は試してみてください。

ポイント

内定率が高く、業界動向に精通したキャリアアドバイザーが親身になって履歴書の添削から面接対策までしっかりと行ってきれます。

>>レバテックキャリア公式サイトはこちら

関連記事:レバテックキャリアの口コミ・評判を徹底比較!【業界に精通したアドバイザーが紹介】

GeekOut【効率よく転職先を探すことができる】

公式サイト:https://geek-out.jp/

Geek Outは特にエンジニア専門の転職サイトです。

自分の情報登録をすることでおすすめの求人を紹介してくれる「転職サイト」としての面と、転職アドバイザーに相談して最適な求人を探し出してくれる「転職エージェント」両方の強みを掛け合わせています。

そのため先に紹介した2つとは少しだけ特徴が違いますね。

両方ともの強みを掛け合わせているので、効率よく転職先を探すことができ、担当の質に左右されづらいこともポイント。

企業とのマッチ率も表示され感覚的に求人を探すこともできます。

運営は転職業界の大手のパソナキャリアがしているので求人の質も良く、他のサイトでは紹介してもらえない非公開の求人も多数保有しています。

ポイント
アドバイザーにおすすめの求人を使用してもらいつつも、自分で会社を見つつ細かく吟味したい人向けです。

>>GeekOutの公式サイトはこちら

フリーランス・業務委託・ノマドワークで働きたい方が使うならこの3社

正社員というよりフリーランス的な働き方をしたいというかたはこちらをチェックしてみてください。なお、フリーランスになりたい方におすすめしたい案件の探し方ですが

  • 1サービスで満足せず、面談は数社受ける
  • 自分のテンションが上がる値段で仕事を受ける

これを大事にしてもらうと良いかと思います。

僕もフリーランスで生きているのですが、働き方としては「マラソン」に近いと思ってもらったら間違いありません。

短期的に無理をしても、最終的に働けなくなってしまいます。長期的目線で活動するようにしましょう。

また、フリーランスになると何件か掛け持ちして案件を受注して「保険」を持っておいた方が良いです。

また、特に複数媒体を利用して好条件の案件を比較して受注することをおすすめします。

レバテックフリーランス【直案件が多く、報酬が高い】

公式サイト:https://freelance.levtech.jp/

フリーランス業界で認知度No.1の案件サービスです。年間3000回もの開発現場とのヒアリングを行うテクニカルカウンセラーが全面的にサポート。

フリーランス系の案件サービスに多いのが、応募はできたものの下請け案件ばかりなこと。

案件の多さに騙せれていいサービスと思っていたらスピード感が遅かったり、案件に見合った報酬を受けることができないことがあるのですが、

レバテックフリーランスの魅力は「直案件の多さ」立ち上げから導入まで一貫して請け負うことができ、直接やりとりできるのでやりがいも報酬も段違いです。

やはり実績があるので良い企業、条件でフリーランスとしての仕事が見つかりやすいです。

フリーランスエンジニアとして安定的に仕事をうけたいなら次に紹介するITプロパートナーズと合わせて登録しておくと良いですね。

ポイント

非公開の直請案件も多く、実力に合った最適案件を探すことができます。

>>レバテックフリーランス公式サイトはこちら

ITプロパートナーズ【週2から気軽に働くことができる】

公式サイト:https://itpropartners.jp/

ITプロパートナーズは、週2日から働ける会社を紹介してくれるサービスです。

フリーランス案件探しや、副業レベルの簡単な案件も紹介してくれます。

自分のペースで働くことができるので掛け持ち案件も探しやすく「保険」を見つけやすいこともITプロパートナーズのポイント。

また、これからフリーランスになる方の対応も行っており、フリーランスになったことがない方にも親身に相談に乗ってくれるのでエンジニア界隈でも人気のサービスです。

ポイント

オフィスは渋谷にありますが、電話でも相談に乗ってくれるので、気になる方はチェックしてみると良いでしょう。

>>ITプロパートナーズの公式サイトへ

関連記事:ITプロパートナーズの口コミ・評判を分析!週2・3日案件は本当にあるの?メリット・デメリットまとめ

midworks【フリーランスなのに保証を受けることができる】

公式サイト:https://mid-works.com/

Midworksは、フリーランスなのに正社員並みの保障がついた案件紹介サービスです。

フリーランスになると今まで会社が行ってくれていてくれたことを全て自分で行わなくてはならず、お金が発生しないのにやらなくてはいけないことが増えたりと面相な作業が増えてしまう現実もあります。

フリーランス用の保険も準備してくれるので、面倒なことを他に任せたいという人たちにはもってこいのサービスです。

ポイント

保証内容をご紹介していましたが、受注できる案件も質が高く
友達もMidworksを活用して、年収を100万ほどあげていました。

>>midworksの公式サイトへ

関連記事:Midworksの口コミ・評判を徹底調査【利用者の本音から見る福利厚生と案件内容の真実】

正社員として在宅・リモートワークで働きたい方が使うならこの2社

では、人気の在宅やリモートワークでできるエンジニア向け転職サイトから紹介していきます。

レバテックフリーランス【高単価の在宅案件を受注できる】

公式サイト:https://freelance.levtech.jp/

在宅での案件を探すなら「レバテックフリーランス」フリーランス案件が充実していることはもちろんですが、中には正社員として採用してくれる案件もあります。

また、フリーランスで案件を獲得した後に正社員として雇用をしてもらうことのできるパターンもありますね。

案件の多さは業界随一なのでまずは登録をして好条件の案件を探してみましょう。

ポイント

1分で登録すると無料面談をしてくれ、レバテックフリーランスの求人の中から自分に合った職場を見つけることができます。

>>レバテックフリーランス公式サイトへ

forkwell【リモート勤務可能で条件検索できる】

公式サイト:https://jobs.forkwell.com/

「リモート勤務可能」「定価6万以上の椅子提供」など、他の媒体にはない条件で求人を探すことができるのがこのForkwellです。

実際に取材を行った企業を紹介するなど信用できる企業の求人を紹介してくれます。

ポイント

面談するだけで、ギフト券1,000円分が手に入ります。奥手という人には「スカウト機能」もあるので利用すると、いい求人と関われる可能性が増えるので利用しましょう。

大手志向な方には安定の大手サービスをおすすめします

安定した大手企業で働きたい方には、エンジニア特化ではなく大手の総合求人サービスを使うことも一つの手です。

エンジニア以外の求人も含まれますが、求人数では群を抜いています。

今、エンジニアには関係ない会社でもIT系のノウハウを求めているので、狙ってみる価値ありです。

今まで、ノウハウがない分実績が少なくても知識があると採用してくれる場合もありますし、中にはIT部署の管理職採用になる場合もあります。

また、大手求人媒体なので大企業とも取引をしており安定した大手の求人を探すこともできます。

doda【転職業界大手で圧倒的な求人数】

公式サイト:doda転職エージェント

転職者満足度No,1の求人サイトがdodaです。

求人数も多く、いろいろな求人から比較をして見比べることができます。

また、応募の際の履歴書添削や面接練習など大手企業の採用試験を受ける上で必ず必要になる部分を抑えることができます。

非公開求人案件もあるので、登録してチェックしてみても良いかと思います。

ポイント

dodaを活用して、転職に成功しましたが「好きなPC支給」「リモートOK」な環境だったので最高でした。細かい条件も書かれているので細部までこだわりたい人はdodaを活用してみてください。

>>dodaの公式サイトへ

関連記事:doda(デューダ)の口コミ・評判からメリット・デメリットを検証【利用するだけ損?】

リクナビNEXT【担当がつかないので自分のペースで転職活動ができる】

公式サイト:https://next.rikunabi.com/

リクナビネクストさんは誰でも知っている求人サイトですよね。

求人サイトなので、担当から面倒な連絡がこず自分のペースで転職活動を進めることができます。

通常の求人以外にも、UIターンに限定した求人や第二新卒特集ページを設けていたりと大手を中心にたくさんの求人が集まっています。

ポイント

大手もエンジニアさんにとって最高の環境を整えているところが多いので、「大手志向」というかたはまずリクナビネクストで求人を探してみてください。

>>リクナビNEXT公式サイトへ

関連記事:リクナビNEXTの口コミ・評判から分析する転職エージェントと併用すべき理由

経営者レイヤー(取締役やCTO)を目指す方はここ!

経営者層を目指すのであればハイクラス向けのサービスを利用することが一番良いです。

実は経営者レイヤーの人員が「ITリテラシーが低い」ため適切な指示を送ることができなかったりと現場のことがわからない層が増えていることから、ITの現場を経験している方を募集している企業が多いです。

一般の求人サイトでは掲載されないようなポジションの求人出会ったり、取締り役の募集もあります。

現場系の求人はあまりありませんが、キャリアアップや管理者層にゆくゆくはなりたい方は抑えておきましょう。

ビズリーチ【ヘッドハンティング式で高年収を目指せる】

公式サイト:https://www.bizreach.jp/

CMでも有名なビズリーチも年収をあげたい方にはおすすめのサイトです。会員制サービスのため登録してから情報を見ることが可能です。

ヘッドハンティング式なのであなたのことを気になった企業から連絡が来て採用される方式となっています。

年収1000万円以上の求人も多数あり、高年収を目指すことができます。

ポイント

未経験異業種への転職も可能です、まずは案件をチェックしてみましょう。

>>ビズリーチの公式サイトへ

関連記事:ビズリーチの口コミ・評判を徹底リサーチ!年収UPするのか詳しく調査

JAC Recruitment【外資系求人を多数保有】

公式サイト:http://www.jac-recruitment.jp/

管理職転職や外資系企業などある程度実績を積んでキャリアをもつ人や語学力に自信のある方におすすめのサイトです。

どちらかといえば先ほどご紹介したビズリーチよりも外資系案件をたくさん保有しています。

外資系の企業は福利厚生がしっかりしていたり、年収も段違いになる場合が多いです。

ポイント

外資系や海外に進出した大手企業の求人案件に強く、担当コンサルタントが企業に直接交渉を行ってくれるので要望が伝わりやすく最適の企業に転職することができます。

>>JACリクルートメント公式サイトへ

関連記事:JACリクルートメントの口コミ・評判を徹底比較!特徴や注意点も解説

未経験でもから転職したいならここ!

正直なお話ですが、未経験からエンジニアへの転職を目指すことは難しいです。

エンジニアという専門性が高い職業なので企業もある程度経験のある人材を求めており1から人材を社内で育成しようと思う企業もそうそうないのも現実。

ただ、募集自体はないわけではないので未経験でもエンジニア転職をすることができるサービスをご紹介します。

ワークポート

ワークポート

公式サイト:https://www.workport.co.jp/

ワークポートはIT関係専門の転職サービスでエンジニアに関する求人も多数保有しています。

業界の経験も長く良質な案件を多数保有しています。また担当は全員がIT関係の経験者なので未経験でも丁寧にヒアリングをしてあなたのキャリアに最適な転職先を探してくれます。

またワークポートの大きなポイントが未経験の方むけに「みんスク」という独自のエンジニアスクールを運営していること。完全無料で利用することができ、そのまま転職相談もすることができます。

ポイント
未経験でもエンジニアに転職したい方向けにスクールを運営しています。卒業生も転職に成功していることから信頼性も高いです。

>>ワークポート公式サイトへ

関連記事:ワークポートの口コミ・評判を徹底調査!特徴やコース料金等もご紹介

エンジニアで転職サイトを利用する場合の注意点

エンジニア 転職サイト 注意点

みんながよく間違える、ミスについて念のため案内しておきます。

未経験がいきなりハイレイヤー層の求人サイトを使わない

未経験がいきなりハイレイヤー層の求人サイトを使わないというのが鉄則です。

未経験は、以下のサイトを使うといいです。

ここを利用して、「未経験エンジニア」と調べてでた案件に募集すると良いでしょう。

未経験でエンンジアを求めている企業でも「エンジニアとして勉強したこと」は必須の会社が多いのでプログラミングスクールに行くことも検討してみてください。

年収が上がるかどうかだけを判断基準にしない

年収をあげるだけで転職サイトを使う人がいますが、年収が上がる求人があったとしても

  • 職場環境
  • キャリアアップのモデルケース

を確認しないと失敗する危険性が高まります。

年収はもちろん大事ですが転職で年収が上がったあと、それ以上が一切上がらないなんてこともたくあんあります。

自分の年収が年数ごとにどう評価されるのかをチェックするようにしましょう。

エンジニアの年収の上げ方

そもそもエンジニアの平均年収を知っていますでしょうか?

エンジニアの平均年収は350万円~500万円前後と言われています。

ちょっと安くないか?と思った方も多いのではないでしょうか?でも実際これがリアルらしいです。あとは、書ける言語やマネジメント経験によって一気に年収が上がります。

なお、以下の画像を見てもらうとわかりやすいのですがプログラミングの言語別でもこれくらい差が出てきます。

引用:スタンバイ

今は、ベンチャー系だとSassでサービスを作りたい会社が多いのでPHPとかRubyはやっぱり人気ですね。

Rubyは、ポテパンCAMPを活用すると実質無料で勉強ができるので言語を新しく覚えたいエンジニアさんは検討してみるのも良いでしょう。未経験からでも開発エンジニアになれる新しいサービスです。

知り合いが年収をあげた具体例

知り合いには、1000万を超える年収を稼ぐエンジニアが多くいます。いろんな方に聞いて見ましたが、これが具体的かつ現実的なアプローチなのかなーと思っております。

  1. 目に見えやすいサービス開発をする(有名になりやすいサービスだといい)
  2. それを実装だけでなく、マネジメントしてサービスを伸ばした経験を作る
  3. 実績を元に会社に交渉し、年収が上がらないならそれを理由に転職先を探す
  4. 人気言語はある程度触れるようにしておき、転職の際にマネジメントと開発を両方できることを強みに面接を受ける
  5. 受けるところは資本金や売上があるところ、もしくは資金調達をかなりの額しているところ
  6. 資金調達している場合は、資金調達した後に行くと予算があるので話がしやすい
  7. これを数回繰り返す

繰り返すかどうかはさておき、やはり1000万超える方は年収以上に実績や力があるなと感じました。

実績がついてくると、引き抜きの話も多いみたいなのでその話が来るかどうかも自分の実力を測る一つの指標となりそうです!

転職するエンジニアが行きたい会社総合ランキング

引用:https://job.mynavi.jp

マイナビが出している、ソフトウエア・ゲームソフト・ネット関連の就職したい企業ランキングです。1位のskyは、従業員 2,480名の大企業です、ICTサービスなどを提供しています。

驚きなのは、ここの5位にDMMやレベルファイブが入って来ていることです。ベンチャーマインドを持った会社が上位にあることから、もっとたくさんの企業が今まで有名だった会社を抜く日も遠くない未来かもしれません。

もし、これから転職やフリーランスになろうと思う人は最初にお伝えした通り、成長性で会社を選ぶようにしてください。そうすると、より確度の高い成功確率で転職をすることができます。

エンジニアが転職で成功するコツ

今回はエンジニア向けの転職サイトをご紹介しましたが、エンジニアが転職サイトを利用して成功するコツは、

「担当と直接会って話をすること」

私も含めですが、IT関係の人間は、メールやチャットで全てを完結させてしまいますが、転職は人対人で行うものです。

サポートをしてくれる担当も人間です。

チャットで会話している or  実際に会って会話をした

どちらの人間が印象に残って、親身にサポートしたくなるかは一目瞭然。

クライアントワークでもなぜか知り合いから紹介された案件の方がやる気が出ますよね?

それと同じ要領で担当も一度あった方がやる気が出ますし、あなたのことをよく知ってもらうことができ希望条件の案件を紹介してくれやすくなります。

地理的な問題で直接会うことが難しい場合はオンラインで面談したり、電話話すだけでも違いますね。

デジタルな業界だからこそ「アナログ」な部分も大事にすることで転職成功につながります。

エンジニアが転職する際にしておいた方が良いこと

エンジニアはIT業界の人手不足もあるので正直引く手数多の状態です。そんな状態だからこそ求人数が多すぎて迷うことも多いかと思います。

そんな時のためにエンジニアが転職の際にしておいた方が良いことをまとめておきます。

これを行うだけで、転職についての考え方がかなり変わるのでチェックしてみてください。

キャリア・スキルの棚卸し

転職を行う前にキャリアやスキルの棚卸しをしておきましょう。自分がどんなキャリアを歩んできてどんなスキルを持っているのかは言葉にしてみないと意外とわからないものです。

この部分を理解しておかないと、条件だけに流されていざ転職してみたら「キャリアダウンしていた」、「自分のスキルと企業の求めているものがマッチしていなかった」なんてことも起こる可能性があります。

  • どんなことをしてきたのか
  • どんなスキルがあるのか

を簡単にでもいいのでまとめて転職に挑みましょう。

場合によっては給料交渉に使える場合もあります。

転職したい理由の明確化

よくあるのが、「なんでかわからないけど今の職場に何か不満があるから転職したい」という方。

理由もわからないのに転職をしても同じ失敗を繰り返してしまう可能性が高いです。

なんで転職をしたいのかを明確にして、自分の「これだけは転職する上で譲れない」ポイントを出しましょう。

下流工程がつまらない→上流工程で働ける職場
管理職が嫌だ→現場で働くことのできる職場
給料が安い→給料が高い職場
残業が多い→残業時間が少ない職場

といった具合に自分が転職をしたい理由を明確化しておくと希望の職場に近づきやすくなります。

まとめ:エンジニアの転職先は正直選び放題

エンジニアの方は、サボらずに転職活動すればかなりいい案件がたくさん見つけられるはずです。

あとは、フリーランスがいいのか正社員がいいのかノマドがいいのかなど条件に合わせて最適な転職サイトを使うだけです。

ぜひたくさんの案件を見て、転職を成功させ、ストレスフリーで活動していってくださいね。









この記事をかいた人

creive編集部

creive(クリーブ)編集部です。世の中に存在する"クリエイティブ"なものごとを、"アーカイブ"していきます。