techboost(テックブースト)の口コミ・評判!エンジニアとして活躍したいならおすすめのスクールです

tech boostは、エンジニア専門のフリーランス向け案件紹介サービス「Midworks」を運営している(株)Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。

エンジニア向け転職やフリーランスとして独立に詳しい会社が運営しているだけあって、転職支援サービスや現場で求められているカリキュラムの提案が高く評価されています。

tech boostの受講を悩んでいる人向けに、口コミ・評判を集め実態を分析しました。受講を悩んでいる人は参考にしてください。

おすすめ記事【無料あり】本気でおすすめしたいプログラミングスクール3つ【実際に受講した】

【口コミ・評判を調査した結論】tech boostのメリット

tech boost(テックブースト)は、エンジニア転職の成功を重視したプログラミングスクールです。

月額制の受講体制の中には、受講生のニーズに合わせたカリキュラム設定や手動マッチングによる専属メンターサポート、キャリアカウンセラーによる転職サポートがついてきます。

学べる言語は、RubyかPHPがメインになるので少ないですが、自由度の高いカリキュラムなので、受講生の「やりたい」が実現しやすいです。

tech boostを実際に受講した人の口コミを分析した結果わかった、受講するメリットを紹介します。

キャリアアドバイザーとの面談後にカリキュラムを決めるのでミスマッチがない

tech boostは、受講前の無料相談会で転職アドバイスをしてくれるキャリアアドバイザーがスクールの説明やスクール卒業後の転職について相談にのってくれます。

相談会で、「こんなことがしたくてスクールに通いたい」「転職したいのだけど、大丈夫だろうか」と言った話を聞いてくれて、具体的に「tech boostで学ぶとしたらどんなカリキュラムになるのか」「学んだ後の転職活動をするとしたらどう言う方向性で動けばいいか」まで話してくれるので、tech boostを受講すべきかどうかの判断に迷いません。

地方でのエンジニア転職を目指して、プログラミングスクールを物色していたところtech boostに出会いました。無料相談会では、キャリアカウンセラーの人が「地方で転職をするなら、最初に入りたい会社を選んでから学習を始めるといいですよ」と転職のアドバイスを細々としてくれたんです。

その上で、tech boostで学べる言語や転職に強い言語についてもお話ししてくれました。地方からの受講なので通学できないのが残念ですが、転職エージェント並みに親切にカウンセリングをしてくれるtech boostなら、メンターの質も高そうだし受講を決めたんです。

転職も無事に決まりましたし、満足しています。

(IT営業/30歳)

無料説明会前に配布されるアンケートは、プログラミングを学ぼうと思った動機やこれまでの学習経験などを聞かれます。

このアンケートの自由記述欄に「転職したい」「こんなものを作りたい」といった希望を書くことで、無料相談の時点で有意義なカウンセリングを受けることができます。

月額制なので自分の都合のいい期間だけ学べる・出戻りも自由

tech boostは、月額制のプログラミングスクールです。入学金はかかるものの、入学してからは月々の料金さえ支払えば何ヶ月間通っても問題ありません。

通常のスクールのように学習期限が設けられていると、「ちょっと体調を崩したせいで、受講期間内に最終課題を提出できなかった」といった不幸がありますが、tech boostではそれがないのです。

仕事をしながらtech boostに通っていたんですが、通っている途中で仕事が忙しくなってしまったんです。本当は3ヶ月で卒業する予定が、ずれてしまって…。

メンターに相談したら受講期間は伸ばせるということだったので、1ヶ月伸ばして無事に卒業できました。

(販売/26歳)

受講期間の制限があるプログラミングスクールの場合、受講期間内にカリキュラムを消化できなかった場合でもそのまま終了してしまいます。受講期間を延長できるサービスがあるスクールもありますが、多少の割引が効くのみで月額制のスクールよりも割高な場合が多いです。

その点、tech boostは月当たりの料金が決まっているので、受講期間を延長することになっても料金的な不安はありません。メンターの予定も空いていれば、延長後も同じメンターと学ぶことができます。

自由度の高いカリキュラムだから作りたいものが作れる

tech boostのカリキュラムは、学習時間目安の300時間の前半で学ぶ言語の基本を学習し、後半は受講生のやりたいことや作りたいものに合わせてカスタマイズできます。

受講前のヒアリングで相談した内容に基づいてメンターが選ばれるので、「メンターの質が低くて教えられない」ということもありません。受講生の希望が反映されるので、後半はオーダーメイドカリキュラムと言ってもいいでしょう。

プログラミングはある程度独学していたので、転職用のポートフォリオを作りたくて受講しました。メンター募集サイトでメンターを募集するよりは、転職サポートもあって作りたいものを作らせてくれるスクールを受講した方が早いと思ったんです。

担当してくれたメンターは、僕が希望している働き方(フリーランス)で働いている人でした。業界の先輩に話を聞いてもらいながら作ったポートフォリオは素晴らしい出来栄えでしたし、働く上での注意点や、案件の受注方法など、実際に働いている人にしか聞けない裏話もたくさんしてもらえたので、本当によかったです。

(観光/25歳)

tech boostのカリキュラム後半は自由度が高いです。漠然とプログラミングを学びたい人よりは、スキルアップや作りたいものがある人に好かれる理由もここにあります。

メンターは手動で選ばれるので外れメンターがあたる可能性が低い

メンターとのマッチングは手動で行われます。

無料相談会でヒアリングした内容を元に、受講生にとってより貴重な体験を提供できるメンターを選びます。技術的な面はもちろんですが、「今住んでいる地方で働きたい」「フリーランスとして独立したい」と言った希望も考慮して選ばれるので「メンターがよくわかってくれなくて、損した」という事態にはなりにくいです。

地方在住なのでそのまま地方転職を希望していたんです。たまたまメンターの中に僕が住んでいる地方在住のメンターがいて、その人が担当になってくれました。

東京方面と違って、地方では案件の獲得方法も独特。地方ならでは苦労話やリモートで東京の案件を取るまでの道のり、リモートとった案件の落とし穴など、他では聞けない話も聞けたので、よかったです。卒業後の今でも仲良しですよ。

(営業/26歳)

プログラミングスクールのがっかりする口コミによくあるのが「メンターがしょぼい」です。メンターの知識や実務経験が少なく、受講者が満足できる指導をしてもらえないと、「せっかく高いお金を払ったのに」と思いますよね。

tech boostのメンターは、ミスマッチが少ないのでその点は安心できそうです。

【口コミ・評判を調査した結論】tech boostのデメリット

tech boostは、プログラミングの学習を通じてやりたいことが明確な人にはメリットばかりのスクールです。しかし、「なんとなくプログラミングを学びたい」程度の人にはメリットが少ないです。

無料相談会のヒアリングがかなり丁寧なので、「なんとなくプログラミング」という人も相談会に参加することでプログラミング学習の目的や道のりが明確になりますが、モヤモヤしている段階で受講を決めるのは辞めた方がいいでしょう。

自由度が高いカリキュラムなのでやりたいことがないと無駄になる

tech boostのカリキュラムは自由度が高いです。基本的な部分を学ぶ前半は、他のスクールと大差ありませんが、後半の自由な部分でやりたいことができるのがメリットなのです。

ですから、プログラミングで作りたいものやメンターと一緒に作りたいものがない場合は、時間がもったいなく感じる可能性があります。

自分で作りたいものがあるわけではなく、期限内にカリキュラムを一通りやり切ってスキルを身に付けたいという人は、テックキャンプエンジニア転職侍エンジニア塾などを受講するといいでしょう。

アプリ開発系の言語(Swift・Kotlin)は学べない

tech boostでは、アプリ開発系の言語を学ぶことができません。iOSアプリ開発のSwiftやAndroidアプリ開発のKotlinを学びたい人は、アプリ開発コースのあるプログラミングスクールを選びましょう。

完全オーダーメイドカリキュラムの侍エンジニア塾や、アプリ開発コースのあるCodeCampテックアカデミーがおすすめです。

関連記事:プログラミング初心者がiOSアプリ開発をするときに一番最初に押さえておくべきこと

関連記事:Androidアプリを開発したいプログラミング初心者におすすめの学習教材とロードマップ

tech boostのカリキュラム

tech boostのカリキュラムを修了するのに必要な学習時間は約300時間です。平日の夜間に3時間、休日に8時間から10時間程度の学習で4ヶ月程度の受講になります。

メイン言語をRubyもしくはPHPから選択し、基本的な操作を覚えてから応用に移ります。オプションとして、jQuery 、IoT(Arduino) 、Blockchain 、AI、IoT(Raspberry)を学ぶことも可能です。

受講生のサポートにはこんなものがあります。

  • チャット質問可能:24時間
  • ビデオ通話質問可能:10:00~22:00 13:00~19:00(平日・休日・祝日)
  • 担当メンターのメンタリング:週1回(オンライン個人レッスン)
  • キャリアサポート

オンラインプランとオフラインプランがあり、オフラインプランを選択すると渋谷にある教室に通い放題になり教室付きのメンターに質問し放題です。

  • オンラインプラン
    社会人 274,200円/3ヶ月 〜:(入会金184,800円、月額29,800円)
    学生 237,200円/3ヶ月 〜:(入会金147,800円、月額29,800円)
  • 通学プラン
    社会人 359,200円/3ヶ月 〜:(入会金269,800 円、月額29,800円)
    学生 289,200円/3ヶ月 〜:(入会金199, 800 円、月額29,800円)

tech boostでは最低受講期間が3ヶ月と定められています。3ヶ月未満の受講はできないので、その点だけ注意しましょう。

tech boostではどんな言語が学べるの?

tech boostでは、RubyかPHPのどちらかを学べます。サブ言語としてjQuery 、IoT(Arduino) 、Blockchain 、AI、IoT(Raspberry)を学ぶこともできますが、メインはRubyかPHPになります。

実際は、無料相談会のヒアリングで「どんなことがやりたいか」「プログラミングを学ぶ理由は何か」を深掘りしてもらえるので、tech boostのカリキュラムやメンターの対応できる範囲のやりたいことに合った言語やスキルを学ぶことになります。

tech boostと同じジャンルのプログラミングスクールを比較しました

tech boostと同じく、自由度が高いプログラミングスクールを比較しました。

tech boost 侍エンジニア塾 CodeCamp テックアカデミー
マンツーマンレッスン
メンターの評判
カリキュラムの自由度 △受け放題 △受け放題
オンラインレッスン
転職サービス

カリキュラムの自由度でいえば、オーダーメイドカリキュラムを提供している侍エンジニア塾もいいのですが、メンターの口コミで悪い評判が目立ちました。よいメンターとのマッチング率でいうとtech boostの方が上です。

転職サービスについても、tech boostと比べると他の3社は見劣りがしてしまいます。tech boostは運営元がITエンジニアのキャリアも考える会社なだけに転職サービスやキャリアカウンセラーの質に関しては頭1つ抜けている印象ですね。

techboostのよくある質問

tech boostの受講を悩んでいる人によくある質問をQ&A形式でまとめました。

フリーランス希望です。転職サービスも利用できますか?

tech boostの運営元は、フリーランス向けの独立支援サービスも提供しています。

Midworks,口コミ,評判

メンターの多くがフリーランスとして活躍しているエンジニアなので、フリーランスエンジニアとして活動するためのポイントや、スキルについても教えてもらえますよ。

関連記事:Midworksの口コミ・評判を徹底調査【利用者の本音から見る福利厚生と案件内容の真実】

現職でプログラミングを役立てたい人間も受講可能ですか?

エンジニア転職を希望していない人も受講可能です。

エンジニアとして転職を希望していた方でも、ヒアリングの結果プログラミングのスキルを現職に活かして、現職で活躍することを決意する人もいます。まずは無料相談会にてご相談ください。

教えてくれるメンターは現役エンジニアですか?

メンターは現役エンジニアです。

メンターは、フリーランスとして活動しているエンジニアが大半です。現場経験のない卒業生や学生のアルバイトはいませんので、ご安心ください。

入学金などの割引はありますか?

入学金の割引制度があります。

  • 当日割引:カウンセリング当日のお申し込み
    1万円OFF
  • お友達割引:2人以上でのお申し込み
    10%OFF
  • ご紹介割引:tech boost受講生/関係者のご紹介
    5%OFF

【まとめ】techboostは通学・オンラインが選べるキャリアサポート付きのプログラミングスクール

tech boostは、キャリアサポートが手厚い月額制のプログラミングスクールです。エンジニア転職・就職したい人でもフリーランスとして活躍したい人にも心強い味方になってくれるでしょう。

学べる言語が少ないので、RubyやPHP以外の言語を学びたい人には不向きですが、キャリアカウンセリングに基づいたメンター選出とカリキュラムの提案は高評価されています。

転職エージェント顔負けのヒアリングは「方向性に困っていたけれど、はっきりした」と、評判です。プログラミングスクールに通うかどうか悩んでいる段階でも、無料相談できますので、一度受けてみてはいかがでしょう。IT・Web業界での立ち回り方法が見えてくるかもしれませんよ。