キーエンスの平均年収【年収が高い理由や口コミ、競合他社との比較も紹介】

日本にある上場企業の中でも、1位・2位を争うほど年収の高いキーエンス。

その年収の高さに魅力を感じ、キーエンスに転職しようと考えている人も多いでしょう。

しかし、実際に転職するとなると、具体的にどれくらいの年収をもらえるのか気になる人もいるはず。

そこで今回は、キーエンスの詳しい年収情報や、社員からの口コミを紹介します。

職種別・階級別・年齢別など具体的な年収情報なども紹介するので、キーエンスへの転職を検討している人はぜひ本記事を参考にしてみてください。

年収診断
年収を知る前にまずは自分の適正年収を診断してみましょう。
ミイダスでは、必要項目を入力するだけで自分の適正年収を知ることができます。

キーエンスの平均年収は1,839万円

キーエンスの有価証券報告書を参考にすると、2019年度のキーエンスの平均年収は1,839万円でした。

では職種別・階級別の年収などはどうなっているのか、詳しく見てみましょう。

職種別の年収

まず、キーエンスの社員から寄せられた口コミなどを参考に、職種別の年収をまとめた表がこちらです。

職種 年収
企画・事務・管理など 1,100万円
営業職 1,200万円
マーケティング職 1,100万円
エンジニア職 1,100万円
科学・素材・食品などの専門職 1,500万円

企画や事務などのビジネス職、マーケティング職、エンジニア職の年収は、およそ1,100万円です。

営業職は、少し高い水準の1,200万円。

もっとも高いのは化学や素材などを扱う専門職で、人によっては1,500万円以上の年収になることもあるようです。

階級別の年収

次に、キーエンスの階級別年収を紹介します。

階級 年収
主任 1,800万円
係長 2,000万円
課長 2,600万円
部長 3,000万円

主任クラスになると年収は1,800万円になり、係長クラスからは2,000万円以上の年収がもらえることもあります。

部長クラスになると、2,000万後半から3,000万円を超える年収をもらえる可能性もあるようです。

なお、階級別の細かい年収については、キーエンスの会社ホームページなどでは公表されていません。

よって、上記の年収は社員からの口コミや統計データなどを参考に、独自の計算方法で推測しています。

年齢別の年収

続いて、キーエンスの年齢別年収を見てみましょう。

年齢別の年収については、国税庁のホームページに掲載している年齢階層別の平均年収と、キーエンスの平均年収をもとに、独自の計算方法で推測しています。

年齢 年収
20~24歳 1,232万円
25~29歳 1,728万円
30~34歳 1,912万円
35~39歳 2,078万円
40~44歳 2,225万円
45~49歳 2,335万円
50~54歳 2,464万円
55~59歳 2,427万円
60~64歳 1,930万円

今回推測した結果だと、入社して間もない20代前半年収は、キーエンスの会社全体の平均年収よりも低い1,232万円です。

しかし、20代後半から年収は徐々に上がり、30代後半では2,000万円代に。

そして年収のもっとも高い50代前半になると、2,400万円を超える年収も目指せます。

ただし、ここで紹介した年齢別の年収は、あくまでも統計データなどをもとに独自で推測した金額です。

職種や経験、勤続年数などによっても年収に差はあるので、転職する際の参考程度にしておくといいでしょう。

ポジション別の年収

キーエンスに転職した際、ポジション別ではどれくらいの年収になるのかも紹介します。

こちらは、社員からの口コミや求人情報を参考に年収を推定した表です。

ポジション 年収
UI・UXデザイナー プロダクトデザイン 1,000~1,400万円
サーバーエンジニア 1,000~1,400万円
社内SE 800~1,200万円
特許エンジニア 500~700万円
特許調査専門職 600~1,000万円
購買・資材調達・資材購買 500~1,200万円
データサイエンティスト・機械学習・分析 1,500万円

キーエンスに転職した場合、仕事内容によってさまざまなポジションがあり、年収にも幅があります。

参考年収が1,000万円を下回っているポジションもあれば、1,500万円を超えるポジションもあるようです。

また、キーエンスは日本でも知名度の高い大企業だけあり、上記以外にも多くのポジションがあります。

自分がどの仕事をして、どれくらいの年収をもらいたいか、募集要項なども確認しながら、よく考慮して転職するといいのではないでしょうか。

もちろんポジションごとに経験やスキル、勤務地などによっても年収は変わるので、上記の年収は参考程度にしてみてください。

キーエンスの月収・ボーナス

キーエンスの年収事情が分かったところで、月収やボーナスについても見てみましょう。

キーエンスの平均年収をもとに算出した月収とボーナスがこちらです。

  • 月収:110万円
  • ボーナス:450万円

キーエンスの平均年収から算出すると、月収はおよそ110万円、ボーナスはおよそ450万円と推測できます。

しかし、求人情報などでは、キーエンスの基本給は「22万円~」となっていることが多く、基本給だけを見ると実はそれほど高くありません。

口コミ情報を見る限りだと、キーエンスでは会社の業績から毎月インセンティブのような給料が支払われるようです。

また、毎月のボーナスに加えて年に4回のボーナスも支給されるため、そういった賞与が年収を引き上げている要因、とのことでした。

キーエンスの収入が高い理由

キーエンスの平均年収は1,839万円ですが、国税庁に調査によると、男女合わせた日本人全体の平均年収は436万円です。

キーエンスの平均年収と日本人全体の平均年収を比較すると、キーエンスのほうが1,400万円以上も高い年収なのがわかります。

ではなぜキーエンスの年収はこれほどまでに高いのか、その理由を見ていきましょう。

利益率が圧倒的に高い

キーエンスの年収が高い第一の理由として、利益率の圧倒的な高さがあります。

キーエンスではメーカーとしては珍しく、自社工場をもたずに製品を製造・販売する企業です。

そのため、工場や設備の管理などに資金を使う必要がなく、ランニングコストを少なく抑えられています。

また、キーエンスでは自動制御機器や情報機器などをメインに製造していますが、どの製品も顧客のニーズに応えられるよう、徹底したコンサルティングセールスのもとで製造されているのが特徴です。

新商品のうちの多くは業界初として提供されることも多く、非常に付加価値の高い事業を展開しています。

そのかいあってか、キーエンスの営業利益は50%以上にのぼることもあり、数あるメーカーの中でもトップクラスの利益率です。

こういった利益率の高さが、キーエンスの年収を押し上げている大きな要因の1つといえるでしょう。

社員のボーナスが高い

社員のボーナスが高いことも、キーエンスの年収が高い理由の1つです。

「キーエンスの月収・ボーナス」の項目でも触れましたが、キーエンスでは年に4回、業績の一部を社員へのボーナスとして還元する仕組みをとっています。

社員からの口コミなどを参考にすると、還元されるのは営業利益の10%ほどだそうです。

仮にキーエンスの経常利益が3,000億円だとすると、その10%はおよそ300億円。

2019年のキーエンスの従業員数は2,511人なので、単純計算だと一人あたりのボーナスはおよそ1,200万円です。

もちろん年度の業績によってボーナスにバラつきはありますが、キーエンスの年収のうちボーナスの占める割合はかなり多いと推測できます。

残業時間が多く、仕事も激務

キーエンスの年収が高いもう1つの理由が、残業時間の長さと仕事の過酷さ。

まずキーエンスは基本的に残業時間が長く、かなりの長時間労働を強いられる会社です。

最近では働き改革の浸透により、21時には必ず退社するルールができたようですが、それでも一般的な企業に比べると残業時間は長め。

忙しい時期は、月の残業時間が80~100時間になることも珍しくありません。

また、キーエンスでは社員一人一人に課せられる仕事の重圧が重く、昔から1人で2人分の仕事をするような社風があります。

特に営業職などはノルマがあり、日々の仕事のプレッシャーも相当あるようです。

残業時間の長さに加え、こうした仕事の過酷さも、キーエンスが高い年収を保っている理由といえます。

キーエンスの福利厚生

キーエンスと聞くと高い年収ばかりに注目されがちですが、福利厚生はどうなっているのかも見てみましょう。

キーエンスのホームページにある募集要項を確認したところ、以下のような福利厚生がありました。

  • 各種社会保険完備(雇用・労災・健康・厚生年金)
  • 借上社宅
  • 社員持株会
  • 退職金(確定拠出年金など)
  • 慶弔金(結婚・出産祝い金など)

また、休日・休暇制度は以下の通りです。

  • 週休2日制(土・日/年2回出勤土曜有)
  • 祝日・有給・慶弔・特別休暇
  • 年間休日129日(GW・夏季・冬季 各9~10連休)

福利厚生は、社会保険や借上社宅などがあり、一般的な制度はそろっています。

ただ、社員だけが利用できる施設やサービスなどの福利厚生は確認できず、大企業にしては目立った福利厚生の良さは見受けられません。

休日・休暇に関しては年間休日数が129日と多く、ゴールデンウィークや夏季・冬季休暇では大型連休も取れるようですね。

原則として土日が休みの週休二日制なので、休日制度は整っているといえるでしょう。

キーエンスの口コミ

ここからは、転職するうえでも知っておきたいキーエンスの口コミ情報を紹介します。

実際にキーエンスでの勤務経験がある社員からの口コミを紹介するので、気になる点がある人はこちらもぜひ参考にしてみてください。

評価制度

キーエンスの評価制度はクラス制といわれるものであり、2~8のクラスでそれぞれ評価される。クラスが上がれば上がるほど責任も給与も高くなる。評価制度は結果至上主義に思われがちだが、そうでもない。プロセス評価・結果評価で分かれる。これもクラスに応じてその評価が変わってくる。新入社員はプロセス評価の比重が重く、結果に対して7:3くらいで、クラス8にもなると結果8のプロセス2とかだと思う。これは正確ではないがおおむねそうだと思う。
年功序列ではなく、完全な実力主義です。上の人間が実力をきちんと評価してくれるので、頑張って成果を上げたぶんはそのぶん給料に反映されると思います。

キーエンスでは「クラス制」と呼ばれる評価制度を用いて、2~8のクラスによって評価されるとのことでした。

新入社員のうちは仕事に取り組む姿勢や過程などもしっかり評価してくれますが、クラスが上がると過程よりも実力を重視して評価されるようです。

いずれにしろ「頑張ったぶんはきちんと評価され給料に反映される」との意見が多く、評価制度についてはきちんとした体制がある様子がうかがえます。

社員教育

営業研修や階級別研修などをはじめ、かなりしっかりと研修を行っています。特に若い世代の社員教育には力を入れているように感じます。
新人教育が充実しており、一般社員の研修も定期的に行われます。社員のスキルアップを積極的にサポートしてくれる会社のように感じました。
新人教育は徹底していますが、海外留学やMBA取得などの長期的な研修には力を注いでいません。

新入社員や一般社員に関しては多くの研修制度を取り入れており、人材の育成には力を入れているようです。

ただし、より専門的なスキル・資格の習得をしたい人は、自主的に努力する必要があるでしょう。

ワークライフバランス

平日はみっちり働き、土日は基本的に休み。平日は仕事が終わった後の時間があまりないことが多いものの、21時にはほぼ全員が退社している。働き方改革の一環で残業時間は短くなるよう会社としても真剣に取り組んでいるため、もしかすると今後はさらに減るかもしれない。休みの予定は年始に公開されるため、予定は立てやすい。
基本的に土日が休みで、長期休暇も取れます。しかし、土日出勤になることもあり、仕事を優先するライフスタイルになるので、あまりおすすめはできません。ただ、仕事の早い社員は残業時間も短く、早く帰れることもあるので、個人のやる気や能力によってワークライフバランスも変わるかと思います。

基本的に土日は休みで長期休暇も取れるなど、休みはしっかりと取れる社風のようです。

しかし、仕事内容や残業時間などはシビアな面があり、仕事重視のライフスタイルになるので、プライベートを中心に生活したい人には向いていない会社かもしれません。

キーエンスと同じような企業と年収を比較

日本の上場企業の中でもトップクラスに高い年収をもらえるキーエンスですが、競合他社と比べても年収が高いのか、気になりますよね。

そこで、キーエンスと同じく電気機器の製造や販売事業を行っている、「ソニー」「オムロン」「パナソニック」「日立制作所」の4社と、年収を比較してみました。

なお、各企業の平均年収はそれぞれの有価証券報告書を参考にしています。

企業名 平均年収
キーエンス 1,839万円
ソニー 1,057万円
日立制作所 902万円
オムロン 828万円
パナソニック 754万円

ここで比較した企業の中だと、平均年収がもっとも高いのはキーエンスの1,839万円で、もっとも低いのはパナソニックの754万円でした。

いわずと知れた知名度の高さをほこるソニーにさえおよそ800万円の差をつけて、キーエンスが圧倒的に高い年収水準です。

競合他社と比較してもずば抜けて高い年収なので、給料の高さを重視する人は、キーエンスは狙い目の企業といえます。

キーエンスに向いている人

ここからは、キーエンスに転職するのに向いている人の特徴を紹介します。

FAセンサや精密測定器などの電子機器業界の経験・もしくは知識のある人

キーエンスは、FAセンサ・コントローラ機器・ハンディ製品・精密測定機器・顕微鏡といった、さまざまな電子関連機器の開発・製造をメインに行っている会社です。

そのため、上記のような電子機器業界の経験のある人、もしくは興味のある人は、キーエンスに転職するのに向いています。

従事する仕事はソフトウェア開発・設計・生産・マーケティング・営業など多岐に渡りますが、どの職種に就いたとしても基本的には電子機器関連の知識は必要です。

キーエンスに転職する際も、過去に電子機器関連の経験やスキルがある人は積極的にアピールすれば、内定に繋がるはず。

ただし、マーケティング職に就くならマーケティングスキル、営業職なら営業経験など、職種によってほかに求められるスキルもあります。

それらの職種ごとに必要なスキルや経験に応じて、自分がキーエンスに向いているかどうか判断するといいでしょう。

仕事が中心の生活でも苦に感じない人

キーエンスの年収が高い理由や社員からの口コミの項目でも解説したように、キーエンスは残業時間が多く、仕事のプレッシャーも大きい企業です。

休日はしっかり取れるものの、平日は朝から晩まで働くことも多く、どちらかというとライフスタイルは仕事が中心になります。

年収が高いのにはそれなりの理由があるので、決して楽に稼げる企業というわけではありません。

そのため、仕事中心の生活でも苦に感じない人は、キーエンスに生活するのに向いているでしょう。

逆に「プライベートを重視したい」「仕事ばかりの生活はちょっと…」という人は、本当にキーエンスに転職するべきかどうか、よく考えたほうがいいかもしれません。

独自の社風やルールにも柔軟に対応できる人

キーエンスでは、年に4回のボーナスを支給したり、21時以降は原則として残業しないルールをつくったりなど、独自の社風やルールが多くあります。

実際にキーエンスで働く社員の入社理由や志望動機などの口コミを見ても、そういった社風やルールに魅力を感じて入社した人も多いようです。

そのため、独自の社風やルールに柔軟に対応できる人は、キーエンスに転職するのには向いているでしょう。

一方で「有名メーカーで働きたい」「年収が高いから」などの単純な理由だけで入社すると、キーエンス独自の社風やルールに対応できず、戸惑う可能性もあります。

転職する前に、どんな社風なのか、どういったルールがあるのかなども、しっかりリサーチしておくこともお忘れなく。

キーエンスに転職するならをマイナビエージェントを利用しよう

公式サイト:マイナビエージェント

最後に、キーエンスに転職するのにおすすめの転職エージェントを紹介します。

転職エージェントは数多くありますが、中でもキーエンスの転職におすすめなのがマイナビエージェントです。

マイナビエージェントをおすすめする理由は、下記の3つ。

ポイント
  • 大手企業への転職に強い
  • 求人数が多い
  • 面接対策や履歴書作成のサポートなども充実

マイナビエージェントは、大手企業への転職に強みをもち、実際の転職実績も日本トップクラスです。

もちろんキーエンスへの転職求人も多数掲載しているため、キーエンスに転職するのはまずチェックしたほうがいいエージェントでしょう。

また、マイナビエージェントの求人は、非公開求人の数が多く、通常では見ることのできないような好条件の求人が多数あります。

さらに、面接対策や職務経歴書作成のサポートなどが充実しているのもマイナビエージェントの魅力。

プロのアドバイザーからていねいな面接対策のアドバイスなども受けられるので、万全の態勢で転職に臨めます。

今回、公開求人で、おキーエンスの求人をマイナビエージェントで検索してみたところ、多数の求人が掲載されていたので、キーエンスに転職するならぜひ一度チェックしてみてください。

まとめ:キーエンスの平均年収は1,839万円

キーエンスの平均年収は1,839万円と、日本人全体の平均年収と比べてもじつに4倍以上の年収水準をほこります。

競合他社の中でもダントツに高い年収なので、高い年収をもらえる企業に転職したい人は、キーエンスは狙い目の企業でしょう。

ただし、キーエンスでは残業時間が多く、仕事のプレッシャーも重めの会社なので、そういった点には注意が必要です。

キーエンスへの転職を考えている人は、今回紹介した年収事業や口コミ情報などもぜひ参考にしてみてください。

この記事をかいた人

moja

アメリカでSE→フリーランス→起業 海外での働き方から、フリーランス、起業までわかりやすくお伝えできるようにします。 最近は広告とデザインに注力中。