30代からのIT業界転職に失敗しないためにやっておくべきこと・知っておくべき知識

30代からのIT業界への転職は厳しい道のりです。特に、IT業界未経験者や30代後半からの転職希望者は修羅の道と言っていいでしょう。

しかし、全ての30代がIT業界への転職を諦める必要はありません。転職に成功する人が共通して行っている自己分析や市場分析をし、自分という商品をきちんと売り出すことができれば、高待遇・高収入の転職を勝ち取ることができます。

この記事では、30代からのIT転職を目指すエンジニアや業界関係者、他業界の人に向けて、30代からの転職が難しいと言われる理由、失敗した人がやりがちなポイント、成功するためにすべきことをまとめました。

IT業界での転職を考えているなら、必ず参考になりますよ。



30代からのIT業界への転職は厳しい道のり

30代からのIT業界への転職は、20代の転職に比べて厳しいです。特に、スキルや実績に自信のない人は、転職活動にあたってかなりのハンデを背負っていると覚えておきましょう。

30代のIT転職が厳しいとされる主な理由はこれらです。

  • 同じポテンシャルなら若い方が伸び代がある
  • 管理職経験やリーダー経験がないと苦しい
  • スキルや経験はもちろん人間性も見られる
  • 若い世代に追いつく気力と体力の維持が辛い

同じポテンシャルなら若い方が伸び代がある

ITに対するポテンシャルやスキル・経験が似通っているなら、20代の転職希望者の方が転職が決まりやすいです。

というのも、若い方が新しい環境に適応しやすく、技術に関しても伸び代があると考えられているからです。30代前半ならまだいいですが、後半に差し掛かってくると経験もスキルも中途半端であるほどに嫌がられます。その年齢になるまでスキルや実績を磨けなかった人が、環境が変わった程度で努力をすると考えられないからです。

管理職経験やリーダー経験がないと苦しい

一般的にどの業界でも、30代以降の転職希望者に求められるのは「管理職経験」や「リーダー経験」などのリーダーシップを発揮した経験です。

リーダーを求めている求人ではない場合は、体力と柔軟性のある20代が好まれますし、リーダーを求めている求人では技術力以外にみんなをまとめる力が求められる場合がほとんどです。

スキルや経験はもちろん人間性も見られる

30代になってくると、スキルや経験はもちろんですが、コミュニケーション能力に代表される人間性も見られます。

会社の平均年齢が24歳くらいなんです。あなたよりも10歳以上若い社員もいることになりますし、そういった社員が『先輩』になることに抵抗はありませんか?

若い社員と一緒に仕事をする経験がおありでしたら、コミュニケーションで注意していることなどを教えてください。

特に社員の平均年齢が高いIT系ベンチャーや中小企業では、30代の転職者が社員の平均年齢よりも高い場合があり「自分よりも若い人が先輩になる」ことへの対応力を問われる質問がされます。

若い世代に追いつく気力と体力の維持が辛い

「まだ30代だし」と感じている人もいるかもしれませんが、20代のうちは大丈夫だった2徹・3徹が辛くなってくるのは30代からです。

吸収力の高い若い世代に追いつき、追い越すには多少の無理が必要になってきますが、体力的にしんどくなってきます。

特に技術面では、IT適性の高い若い世代にはどうやっても追いつけないなど「挫折感」を感じやすいので、精神的にも追い詰められてしまう人もいます。

30代未経験がIT業界を目指すなら覚えておくべきこと

30代で他業種で働いている人がIT業界を目指すなら、

「未経験でも就職しやすい職種」
「技術やスキルのレベルをあげるための手段」

については、覚えておきましょう。

未経験でも就職しやすいIT業界の職種

30代でIT業界が未経験の人でも就職しやすい職種はこれらです。

  • SE(プログラマー)
  • 営業

SE(プログラマー)

SE(プログラマー)は、IT業界未経験の30代でも仕事を見つけやすいです。SEとしてどんな業務に携わるのかにさえこだわらなければ、転職サービスですぐに求人を見つけることができるでしょう。

「業界未経験者歓迎」「ポテンシャル採用」といった文言と共に求人が出されていることが多いです。

ポテンシャル採用の場合は、実務経験がなくても、独学やスクールで学習した経験があれば採用対象になるケースがほとんどです。

ただし、未経験者の給与は300万円程度の場合が多く「高収入だから」という理由でIT業界を目指しているなら、最初の数年間は辛い思いをします。

営業

IT業界で営業? と思うかもしれませんが、IT業界にも営業がいます。IT業界の営業は、システム開発やソフトウェアの導入などを企業に営業するのが仕事です。

自社製品に関する知識はもちろんITに関する基本的な知識も必要になってきますが、コードを打つ必要はないので未経験者が入りやすいです。

コミュニケーション能力に自信があれば、30代でも問題なく雇ってもらえる可能性が高いですし、未経験からSEになるよりも給与が高い傾向があります。

会社は学校ではない!スクールや独学で技術を磨くべき

未経験からIT業界へ転職するなら、「会社に育ててもらう」気持ちは捨てましょう。

特に30代は、即戦力+リーダーシップを求められる年齢です。

「業務も必要な知識も会社が教えてくれるもの」という意識で仕事をしていては、「使えない人」という烙印を押されるだけです。

IT業界で使う技術やプログラミング言語は、スクールや独学で磨くことができます。プログラミングスクールの中には、完全オンラインで受講できるものもあり、仕事をしながらスキルアップも可能です。技術職はもちろん、営業職でIT業界に転職する人も基本的な知sきは必要になってきます。時間を作って知識とスキルをあげましょう。

関連記事:【無料あり】本気でおすすめしたいプログラミングスクール3つ【実際に受講した】

キャリアアップを目指す30代のITエンジニアが転職前にやるべきこと

すでにIT業界で活躍している30代のエンジニアは、転職を成功させるためにこの3つをやっておきましょう。

30代でスキルも経験もあるエンジニアは、転職によってキャリアアップ・待遇アップを実現させている人が多いです。

転職成功組が共通してやっているのがこちらの3つです。

  • 自分のキャリアの棚卸し
  • スキルや実績をまとめる
  • 行きたい方向を洗い出す

自分のキャリアの棚卸し

自分のキャリアの棚卸しは必ずやっておきましょう。キャリアの棚卸しはこの順番でやっていくとスムーズです。

  1. 携わった・完成させたプロジェクトをまとめる
  2. 失敗した経験も思い出し、失敗要因についてまとめる
  3. 使用したスキル・期間、他のメンバーについても書き出す
  4. 自分がそれらによってどんな成長をしたのか考察する

最終的に、「自分の強みにはどんなものがあって、転職を希望する企業ではどれくらい役に立てそうか」がわかるように棚卸しができるのがベストです。

難しいと感じる場合は、携わったプロジェクト・完成させたプロジェクト、失敗した経験を具体的に書き出すだけでも大丈夫です。

スキルや実績をまとめる

キャリアの棚卸しが終わったら、スキルや実績をまとめましょう。キャリアの棚卸しの段階である程度まとまっているとは思いますが、エンジニアのスキルは関連スキルもまとめるとかなりの量になります。できれば、マインドマップなどを使ってメインスキルと関連スキル、そのスキルでできることをまとめておきましょう。

まとめ方のポイントは2つです。

  • 得意な技術、好きな技術は関連スキルも含めて洗い出す
  • 苦手な技術、やりたくないことについてもまとめる

苦手な技術とやりたくないこともまとめるのがポイントです。自分のモチベーションが下がることについてまとめることで、「転職はしたいけれど、これは避けたい」部分が見えてきます。転職に失敗する人は「やりたいこと」にばかり目がいってしまい、「やりたくないこと」を見落としがちです。自分の「これは避けたい」ポイントを可視化するためにも、やっておきましょう。

行きたい方向を洗い出す

「今の職場が嫌だから転職したい」「もっといいところがあるはず」などの漠然とした理由で転職活動をすると失敗します。

自分がITエンジニアとしてやりたいこと、達成したいこと、今後のキャリアプランを考えた上で転職活動を始めましょう。方向性が定まっていないと、何を目的に転職活動をしたいのかがわからず、見た目の待遇と給与だけがいいブラック企業に引っかかってしまいます。

関連記事:仕事が合わないと感じたときに辞めるべき人と転職しない方がいい人の判断基準

IT転職に失敗した30代がやりがちなミス

30代でIT転職に失敗した人たちが無意識にやってしまっているポイントについて紹介します。

「めんどうだから」「これくらい大丈夫だろう」と思ってしまいがちなところなので、自分にあてはまらないかチェックしてみてください。

  • IT業界に転職したい目的がない
  • 企業に提供できる自分の強みがあやふや
  • 求める年収や待遇が実力に見合っていない

IT業界に転職したい目的がない

「IT業界だからこそ転職したい!」そういう目的意識がないままに転職活動をすると失敗します。

採用時の面接で必ず聞かれる、定番質問に「3つのなぜ」があるのですが…

  • なぜ、IT業界を志望するのか
  • なぜ、IT業界の中でもうちの会社なのか
  • なぜ、あなたの転職の目的がIT業界のうちの会社で叶うと考えたのか

IT業界に転職したい目的がはっきりしていないと、これらの質問に答えることができません。

答えられたとしても、内容が薄く「面接対策としての中身のない答え」であることがばれてしまいます。

この部分は、転職の志望動機の要になるところなので、転職活動を始める前にしっかり考えておきたいですね。

企業に提供できる自分の強みがあやふや

企業が30代に求めるのは、「即戦力」です。IT業界での経験がスキルが不足していても、今までの経験を柔軟に活かしてすぐに活躍してくれることを期待されます。

面接でも「あなたが当社に入った場合、どんな場面で活躍できると考えていますか」と聞かれます。

20代よりも深い答えを求められるので、この部分が曖昧だと内定までの道が遠のくでしょう。

求める年収や待遇が実力に見合っていない

求める年収や待遇が実力に見合っていない人も転職に失敗します。

「IT業界は好景気!他の業界よりも高収入が狙える!」という評判がありますが、実力が伴わない人や需要のない人材は年収も待遇もそれなりです。

転職活動前にしっかり自己分析をし、自分のスキルと実力でどれくらいの年収・待遇が見込めるのか調査しておきましょう。

30代のIT業界転職希望組におすすめの転職エージェント

30代でIT業界に転職したい人におすすめの転職エージェントを3社紹介します。

転職する際に必ずすべき「自己分析」「業界分析」は、一人でやってもうまくいかないものです。ただでさえ「転職は難しい」と言われている30代なら、多くの転職成功者がそうしているように、転職のプロの力を借りるべきでしょう。

得意分野の異なる転職エージェントを3つ紹介しますので、できれば全てに登録しておきましょう。転職成功組は3社程度をかけもちして活動をしていたようですよ。

転職エージェント おすすめコメント
1位 マイナビエージェント×IT IT・Webエンジニアのための転職エージェント
案件の質も量も文句なし。コンサルタントの評判もいい
2位 Geekly(ギークリー) Web系・ゲーム業界に転職したいなら利用すべきエージェント
転職初心者向けのサポートも充実している
3位 マイナビエージェント ITベンチャーから大手企業まで幅広い求人を取り扱っている
コンサルタントのレスポンスが早く、ビジネスライク
番外編 ポテパンフリーランス 未経験・実績不問の案件が多数あるフリーランス向け案件紹介サービス
技術に携わるためにフリーランスの選択をした人向けのエージェント

マイナビエージェントIT

公式サイト:マイナビエージェント×IT

特徴
  • IT・Webエンジニアなら必ず登録すべきエージェント。
  • 案件の質が高く、独自案件も多数。20代・30代の若い世代向けの求人が豊富。
  • 自己分析、書類添削、面接対応など、転職初心者向けのサポートが手厚い。

おすすめ度→★★★★★

新卒採用で有名なマイナビグループが運営しているマイナビエージェントIT。グループで培ってきた企業との信頼関係から成り立つ独自求人が豊富です。第二新卒から中堅社員なりたての30代前半までの求人に特に強く、「マイナビITに相談した結果、年収が100万円以上アップした」という声も多いです。

マイナビといえば、コンサルタントが親切・丁寧なことで有名ですが、利用者第一主義のコンサルタントはマイナビエージェントITでも健在。「初めての転職でも安心できた」「わからないことはなんでもきけた」と、元利用者からの評判も上々です。

IT業界独特の慣習や技術情報や基本知識を備えたコンサルタントが所属しているので、「話が噛み合わなくて信頼できなかった」という口コミはほとんどありません。

求人数 公開求人数15,515 件

非公開求人17,638 件

対応エリア 全国

関連記事:マイナビエージェント×ITの口コミ・評判【使用者から感想を徹底調査】

Geekly(ギークリー)


公式サイト:Geekly

特徴
  • Web系・ゲーム領域に特に強い転職エージェント
  • 実績やスキルに自信がない人向けのサポートに安心感がある
  • 首都圏のみ対応だが、電話面談もある。地方から首都圏への就職希望者も利用できる

おすすめ度→★★★★

Geeklyは、IT関連業界の中でもWeb系・ゲーム領域に強いエージェントです。Web系だとWebマーケター・リサーチャー、エンジニア、ゲーム領域だと、ゲームデザイナーやエンジニアの求人が多いです。一人当たりの求人提案数も平均48件(公式サイトによる)と、他社平均よりも圧倒的に多く、豊富な求人の中から自分にあったものを選びたい人に向いています。

20代・30代向けの求人を多く取り扱っていることもあり、コンサルタントは実績やスキルに自信のない人のフォローやサポートが手厚いと評価されています。

「Web業界は初めて」「地方から首都圏へ転職したい」といった人へのサポートも充実しており、Web系やゲーム領域で働きたい人なら登録しておくべきエージェントです。

求人数 公開求人6,469件
対応エリア 首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)

マイナビエージェント

公式サイト:マイナビエージェント

特徴
  • マイナビグループが築き上げてきた企業との信頼関係を元にした独自求人が多い
  • キャリアアドバイザーの質がよく、丁寧なサポートに定評がある
  • 大手はもちろん中小の良質な掘り出し物求人も紹介してもらえる

おすすめ度→★★★★

マイナビエージェントは、1位で紹介したマイナビエージェントITと同じでマイナビグループが運営する転職エージェントです。マイナビエージェントITは、IT業界に特化した転職エージェントでしたが、マイナビエージェントはIT業界以外の求人も幅広く取り扱っている総合タイプの転職エージェントです。

マイナビエージェントは、20代から30代向けの転職が得意です。幅広い業界を扱っていますが、所属しているコンサルタントは各業界のプロ。利用者の希望を第一に考えて相談にのってくれる姿勢は口コミでも高い評価を得ていますし、紹介される求人の質もいいと評判です。

求人数 公開求人数 15,720 件

非公開求人 17,490 件

対応エリア 全国

関連記事:マイナビエージェントの口コミ・評判を分析!うざいと勘違いする噂を徹底調査

ポテパンフリーランス

公式サイト:ポテパンフリーランス

特徴
  • 実務未経験からフリーランスのエンジニアを目指している人におすすめ。
  • 未経験で他業種からエンジニア転職したい人に人気。
  • 週5日の常勤案件が多く、フォロー体制もしっかりしているので安心して業務に取り組める。

おすすめ度→★★

ポテパンフリーランスは、実務経験に自信がないエンジニア向けの案件紹介サービスです。フリーランス向けの案件紹介サイトなので、会社員になれるわけではありません。「技術がやりたくてIT業界に入ったのにできなかった。フリーランスとして活動して、技術にふれたい」という20代の人にぴったりです。

フリーランスというと収入が不安定でスキルアップが難しいイメージがありますが、ポテパンフリーランスは高額案件が多く、将来のキャリアステップを見据えて案件を紹介してくれます。

求人数 公開求人数390件
対応エリア 首都圏(東京、埼玉、神奈川、千葉)大阪

関連記事:ポテパンフリーランスの口コミ・評判から利用者のメリット・デメリットを分析・解説

まとめ:30代のIT転職は厳しいけれどやり方次第で可能性がある

30代からのIT転職は、厳しい道のりです。30代の転職は、スキルや実績はもちろん、リーダーとしての素質も問われることが多く、面接での質疑応答でも20代よりも高度な回答を要求されます。

しかし、自己分析や市場分析を徹底的にやりこむことで今以上の待遇・給与を勝ち取ることは可能です。

転職活動にあてる時間が少なく、失敗が許されない環境に置かれている30代だからこそ、転職エージェントを利用しましょう。30代からの転職活動で成功している人のほとんどが、プロの力を有効に活用しています。

30代の転職は、「最後のチャンス」であり「失敗できない戦い」である可能性が高いです。だからこそ、使える手段は選ばず、自分の希望が叶う転職をしたいですね。