人と関わらない仕事とは?業種・仕事内容・メリットとデメリットを解説

人間関係で悩んだ末に転職を決意した人の中には、次はなるべく人と関わらない仕事がしたいと考えている方もいるのではないでしょうか。

この記事では、人と関わらない仕事はどれくらいあり、それらはどんな仕事なのかをじっくり解説していきます。

業種や仕事内容に加えてメリットやデメリットも紹介しますので、ぜひ転職先を選ぶ際の参考にしてください。



人と関わらない仕事-在宅ワーク-

人と関わらない仕事としてまず挙げられるのが、「在宅ワーク」と呼ばれる家に居ながらでもこなせるお仕事。
自宅での作業であるため、当然他人と直接会って関わる機会はありません。

パソコンとインターネット環境さえあれば手軽に始められるものも多いので最近は副業として在宅ワークを始めるのが流行っていますが、もちろん本業としてガッツリ打ち込む人も大勢います。

それでは、在宅ワークには具体的にどのような仕事があるのかを解説していきます。

※在宅でお金を稼ぐ方法は「【厳選10選】在宅でできる副業ランキング!サラリーマンや主婦におすすめ【月数万円の所得】」でも紹介していますので参考にしてください。

ウェブサイトなどの記事を作るライターの仕事

最も代表的な在宅ワークとして、ウェブサイトなどの記事を作るライターの仕事が挙げられます。
パソコンの基本的な操作さえできれば初心者でもすぐに働き始めることができるのが特徴。

クライアント企業などの指示に従って文章を書いて報酬を受け取ります。
書くことに苦手意識のある方でも最初は添削を受けながら進められますのでご安心ください。

高度がスキルが必要な仕事と比較すると給料や報酬は安くなりますが、今すぐに在宅ワークを始めたい方には非常にオススメです。

サグーワークスというサービスなら誰でもすぐに記事を書いてお金を稼ぐことが可能です。無料で始められるのでまずは登録をしてみましょう。

ウェブサイト構築やアプリ開発をするエンジニアの仕事

続いて紹介するのがエンジニアのお仕事。
具体的には、ウェブサイト構築やアプリ開発がそれにあたります。

在宅で働くことが可能な代表的な職種ではありますが、プログラミングを始めとするスキルが必要。

そのためスキルの無い初心者の場合は、まずはプログラミングスクールに通って勉強したり、在宅ではなく会社で働きながらスキルを習得したりする必要があるでしょう。

とはいえ、特別なスキルが必要である分、上で紹介したライターのお仕事よりは給料の相場が高めですのでトライする価値はあります。

また、最近ではオンラインで手軽に学べるプログラミングスクールが多くある上に独学で学ぶための学習ツールも豊富ですので、スキルが無いことを理由に挑戦しないのは勿体ないといえます。

プログラミングスクールについては下記の記事がおすすめです。
»【無料あり】本気でオススメしたいプログラミングスクール3つ【実際に受講した】

まずは自分がプログラミングに向いているかどうかチェックするためには、無料でプログラミングを学ぶのも大切です。テックアカデミーなら、無料で勉強が可能です。プログラミングに興味がある人はこの機に利用してみましょう。

外国語の文章を日本語に訳す翻訳の仕事

外国語の文章を日本語に訳す翻訳の仕事も在宅で人と関わらずに働くことが可能です。
もちろん、日本語の文章から外国語に翻訳するお仕事もあります。

日本で在宅で働いている方はもちろん、海外に在住でその国の言語を得意とする方が翻訳の在宅ワークに携わっているケースがよくあります。

スラスラと翻訳ができるくらい得意な外国語がある場合はぜひトライしてみましょう。クラウドワークスなら、登録してすぐに翻訳の仕事を始めることができます。

株式やFXなどの売買をする投資家の仕事

株式の売買やFXなどの投資関連のお仕事も在宅ワークに含まれます。
上で紹介してきた仕事とは異なり、株やFXの場合は当然、お金が儲かることもあれば損をすることもあるという点に注意しておかなくてはなりません。

もし始めるのであれば、しっかりとリスクを想定した上で投資をすることが重要です。
本業として他の在宅ワークに取り組んで安定した収入を得た上で、並行して投資を行うという方法もあるでしょう。

人と関わらない仕事-ショップ経営-

在宅ワークに似た部類のお仕事に、ショップ経営というものがあります。
簡単に説明すると、商品を仕入れて、もしくは自分で作ってインターネットショップ等で販売をするというビジネス。

自分一人で商売をすることができますので、基本的には人と関わらずに仕事をすることが可能です。
また、ショップ経営と聞いて難しく考える必要もなく、誰でも最近では簡単に店舗を開設することができます。

それでは、具体的にどのようなショップ経営のお仕事があるのかを見ていきます。

自宅でオンラインショップを運営する

まずは1つ目。自宅でオンラインショップを運営するというお仕事です。
楽天やAmazonで自分のショップを開くこともできますし、最近はインターネット上にオリジナルのショップを簡単に開設できるサービスもあります。

例えば、趣味で雑貨を作ることが好きな方であれば、オンラインショップでそれらを販売することもできるでしょう。

オンラインショップの開設自体は誰でも簡単にできますので、売れそうな物があるのであればぜひ挑戦してみましょう。

今の時代、オンラインショッピングは誰でも運営を行うことができます。今、BASEなら無料でショップを解説することが可能です、ネットでものを売ってみたい方は登録して販売をしてみましょう。

オークションの転売を行う仕事

オークションの転売を行うお仕事もショップ経営に含まれます。

例えば、ヤフーオークションで日本でしか手に入らない掘り出し物を仕入れ、世界中の方が使うオークションサイト「ebay」で外国人向けにそれらを販売し差額で儲ける、といったビジネスがオークション転売にあたります。

特に売れそうなものが身の回りに無い場合は、オンラインショップよりもオークション転売を行う方がハードルが低いでしょう。

なお、場合によっては商品の仕入れをオークションではなく実店舗で行うこともあります。
掘り出し物やマニアックな物品に詳しい方はぜひ始めてみて下さい。

人と関わらない仕事-工場勤務-

在宅ワークやショップ経営ほどではないですが、工場勤務の仕事もあまり人と関わらずに働くことができます。

ですが、工場勤務といっても色々な種類に分けられ、すべての種類において人と関わらないで働けるというわけではありません。

ここでは、工場勤務の中でも特に人と関わらないで働くことができる仕事を紹介していきます。
工場勤務に興味のある方はぜひ参考にしてください。

単純作業を行うラインの仕事

1つ目は、単純作業を行うラインのお仕事です。
文字通り単純な作業を繰り返すだけですので、特に職場の人と仕事の進め方等に関してコミュニケーションを取る必要がありません。

良く言えば単純でかつ人と関わらずに済むラクな仕事、悪く言えば退屈で、かつ工場によっては肉体的にハードな仕事といえるでしょう。

単純作業が自分に向いていると思う方は、転職先の候補のひとつに入れておくべきです。

ピッキングなどの軽作業

2つ目は、ピッキングなどの軽作業。
ピッキング作業とは、工場や倉庫で指示書に従って商品を取り出していく作業のことです。

ラインのお仕事と同様に職場の人とコミュニケーションをとる機会はあまりなく、人と関わりたくないといった方にはオススメできます。

しかし、仕事の性質上肉体労働になることも多いため、体力に自信の無い方は避けておくべきかもしれません。
体力に自信があり、単純作業が好きな方はぜひトライしてみて下さい。

人と関わらない仕事-運送業-

最後に紹介する人と関わらない職業は、運送業。

事務所や倉庫で人と関わる時間が少しだけあるものの、ほとんどの時間は一人で運転していればよいため人との関りが苦手な方に向いています。

車やバイクを運転することに抵抗が無い方はぜひトライしてみる価値のある仕事でしょう。
それでは、代表的な運送業のお仕事を3つ紹介します。

 トラックやダンプの運転手

まず紹介するのは、トラックやダンプの運転手のお仕事。
倉庫や行先での荷積み、荷降ろしの作業の際に人とコミュニケーションをとる可能性はありますが、運転中は基本一人になることができます。

ただし、トラックやダンプの運転手になるには普通自動車運転免許はもちろんのこと、中型自動車運転免許や大型自動車運転免許の取得が必用です。
運転するトラックの種類によっては他の資格も必要になるケースもあるでしょう。

バイク便

続いて紹介する運送業のお仕事はバイク便。
簡単に説明すると、企業などから預かった書類などの荷物をバイクで配達先に届けるお仕事です。

その都度指定された配達先にお届けするお仕事や、同じ会社の支社と支社の間を1日に何度も往復するお仕事など形態は様々。

なお、バイク便の仕事をするには原付免許もしくは普通二輪免許の取得が必要です。

宅配会社の配送員

3つ目は、宅配会社の配送員。
荷物をお客様から預かり、届け先まで配送するお仕事です。
通販でモノを買った際に家まで届けにくる方などがこの職業にあたるので、皆さんも一度はお目にかかったことがあるでしょう。

荷物を預かる際、お客様に届ける際に人とコミュニケーションをとる必要がありますが、上記2つのお仕事と同様、運転中は一人の時間を過ごせます。

普通自動車第一種運転免許は必須であり、場合によっては中型自動車第一種運転免許が必要になるかもしれません。

人と関わらない仕事をするメリット

続いては人と関わらない仕事をすることのメリットとデメリットを解説していきます。
実際に転職を決めてしまう前に紹介するメリットとデメリットをしっかり頭に入れておくことが、後悔しない転職に繋がるでしょう。

では早速、人と関わらない仕事のメリットから解説していきます。

もくもくと与えられた仕事をこなせば良い点

1つ目のメリットは、もくもくと与えられた仕事をこなせば良いという点。
人と関わらずに済む仕事の場合、コミュニケーションを取りながら仕事を進めていく必要はなく、基本的に自分のペースでただひたすらと作業をしていくことになります。

人と関わらずに目の前の作業に集中して取り組むことが好きなタイプの人にとっては最適な仕事環境といえるでしょう。

人間関係で悩むことがない点

2つ目のメリットは、人間関係で悩むことがなくなるという点。
人間関係のいざこざというのは、当然ですが人と人との関わり合いの中で生まれます。

職場での人間関係の場合、どんなに自分と相性の悪い人であったとしても一緒にコミュニケーションをとりながら仕事を進めていかなくてはいけません。

したがって、相性が合わない人とは付き合わないという選択ができるプライベートでの人間関係と比較して、職場の人間関係ではトラブルが起こりやすいといえます。

そのため、人と関わらない仕事であれば、人間関係のいざこざを避けることが可能です。

在宅ワークの場合、自分の好みの仕事を選べる点

人と関わらない仕事の中でも自宅で一人でできる在宅ワークの場合、自分の好みの仕事を自由に選べるというメリットがあります。

例えば上で紹介したライターの仕事の場合、上司から指示されることもなく、自分が書きたいと思った記事の案件に応募して取り組むことが可能。

自分の好みの仕事を選べれば、それだけ仕事によるストレスも軽減できます。

運送業の場合は運転中は完全に一人の空間がある

運送業の仕事に携わる場合は、運転中は完全に一人の空間があるということがメリットとして挙げられます。
勤務中に完全に一人になれる仕事というのは他にはなかなかありません。

普段から気分転換に一人でドライブをするような方にとっては特にありがたいメリットといえます。

人と関わらない仕事のデメリット

次に、人と関わらない仕事のデメリットを3つ紹介します。
人間関係で悩んだ末に転職を考えている皆さんの場合、人と関わらない仕事のメリットばかりに目がいってしまいがちではないかと思います。

転職してから「こんなはずじゃなかった」と後悔をしないためにも、デメリットこそしっかりと頭に入れておくことが重要です。

それでは、早速デメリットを紹介していきます。

まったく人と関わらない仕事は無い点

まず勘違いしてはいけないのは、まったく人と関わらない仕事は存在しないという点。

この記事では人と関わらなくて済む代表的な職種を紹介しましたが、そのすべてにおいて、完全に一人だけで仕事ができるという訳ではありません。

例えば、オークション転売をする場合は仕入れ先の人や販売先の人とコミュニケーションをとる必要がありますし、運送業の場合も荷積みや荷降ろしの際に人との関りが必ず発生します。

あくまで「人との関りを最小限に抑えられる仕事」と理解した上で転職に臨みましょう。

人間関係の形成を学ぶことができない点

2つ目のデメリットは、人と関わらない仕事では人間関係の形成を学ぶことができないという点。

人間社会で生きている以上、人との関り合いを避けることは不可能です。
そのため、この社会で生きていくためには人間関係を上手く形成できることに越したことはありません。

そして、どんな人とでも協力して仕事を進めていくことを強いられる職場は人間関係の形成を学ぶ上で最適な環境といえます。

したがって、人と関わらない仕事を選んだ時点で、人間関係の形成を学べる最高の機会を失うということを覚悟しておきましょう。

困ったことがあっても自分で対処しなくてはならない点

3つ目に紹介するデメリットは、仕事において何か困ったことがあっても自分で対処しなくてはならないという点です。

会社などで誰かと一緒に仕事を進める場合、業務で何かトラブルがあれば仲間にアドバイスを求めたり、手伝ってもらったりすることができます。

しかし、一人だけで仕事をする場合は当然すべてのトラブルを自分で解決する必要があります。
何かあった際に慌てずに対処するためにも、この点もしっかりと頭に入れておきましょう。

人と関わらない仕事のまとめ

紹介したように、ライターの仕事やオンラインショップ、トラックの運転手など、人と関わらない仕事は多く存在します。

そして、これらの仕事への転職を考える際は上で解説したメリットとデメリットをしっかりと頭に入れておかないと転職後に後悔をするかもしれません。

ぜひ記事を参考にして、自分に合いそうな「人と関わらない仕事」にトライしてみてはいかがでしょうか。









この記事をかいた人

Web系企業のプロデューサー。大手でエンジニア見習い→ベンチャーでディレクター→ソシャゲの会社でプロデューサー。