ギークスジョブの口コミ・評判を徹底比較!【ITフリーランス向け】

ギークスジョブとはフリーランス向けの営業代行サービスであり、主にITエンジニアやデザイナー、webディレクターなどといった専門スキルを持っているフリーランスに案件を紹介するサービスを行っています。

フリーランスになるとどうしても専門的なスキルに自信はあっても、営業力がなく仕事を取得するのが苦手な方が大変多いです。

そういった方々のために営業を代わりに行ってくれるのが、ギークスジョブになります。

この記事ではギークスジョブに関する口コミや評判等に関して、実際にフリーランスである筆者がどこよりも詳しく解説しています。

現時点でフリーランスとしての働き方に興味がある方や、ギークスジョブを活用して仕事が取りたい方などは、是非ともこの記事を参考にして頂ければ幸いです。



ギークスジョブに関する基本情報

会社名 ギークス株式会社
設立年月日 2007年8月23日
資本金 1,082百万円
役員 代表取締役社長 曽根原 稔人
取締役 佐久間 大輔
取締役 成末 千尋
取締役 松島 俊行
監査役 佐々木 貴
監査役 秦 信行
監査役 花木 大悟
執行役員 桜井 敦
執行役員 高原 大輔
従業員数 グループ全体347名(2019年9月30日時点)
所在地 〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂2-11-1
G-SQUARE 10階
URL https://geechs.com

関東・関西・福岡エリアを中心に活動を行っている、フリーランス向けの営業代行サイト「ギークスジョブ」。

登録しているフリーランスエンジニアの平均年収は800万円とかなり高い水準となっており、今までの取引企業数は3,000社以上とかなり多い方です。

現時点での登録者数は約15,000人となっており、数字的にも他のフリーランス向けのエージェントサイトよりも、頭一つ飛び向けていると言っても過言ではありません。

また、扱っている案件の特徴としては主に大手企業のものが多く、フリーランスと実際に提携を結ぶ時はオフラインでギークスジョブの社員も同席し商談を行うようになっています。

その他、ギークスジョブで扱っている案件の多くは、基本的には企業に駐在して仕事を行う事になるケースが多く、リモートワークで働くスタイルの案件は取り扱いが少ないです。

労働時間に関してもあまり正社員と比較しても変わりがありませんが、貰える報酬額は正社員よりも高い設定になっているので、比較的決まった時間にきっちり働いてガッツリ稼ぎたい方におすすめのフリーランス向けエージェントサイトと言えるでしょう。

ギークスジョブを活用して転職した人の口コミや評判はどうなのか?

ここではギークスジョブを活用している方の口コミや評判に関して、それぞれ詳しく解説しています。

結論から言うとギークスジョブのネット上の口コミや評判はかなり良い方であり、悪い口コミ等は比較的あまり見当たらないといった印象です。

今は特にIT人材が業界全体で不足している時期なので、ある程度実績があるフリーランスエンジニアであれば、かなり高額な報酬で案件を取得することが可能となっています。

また、ギークスジョブに登録すると必ず担当者が一人ついてくれて、あなたの案件探しをサポートしてくれるようになっているのですが、担当者との相性に関しては人それぞれ違いがあるのでそこで悪く思う人も少数いました。

担当者に関しては合わないと感じた時点で他の方に代わってもらうことも可能なので、その時点ですぐに伝えることが大切ですね。

それでは以下からそれぞれの口コミに関して、もっと詳しくみていきましょう。

ギークスジョブの良い口コミ・評判

ギークスジョブスの良い口コミや評判をご紹介します

報酬金額が高い

どの案件も報酬が高くてびっくりしました。クラウドソーシングで定単価で消耗していてエージェントを使って正解です。報酬が段違い。同じくらいの難易度なのに倍くらいになることもありました。

ギークスジョブで取り扱っている案件の中には最高額で月単価100〜150万円の案件もあるので、スキルや実績等に自信がある方は登録だけでもしておくと後々役に立つことでしょう。

また、エンジニアとしての実務経験はあってもスキルに自信がない方でも、気軽に一度相談してみることで高収入案件をゲットできることもありますので、是非とも一度エージェントに相談してみてくださいね。

最低でも月単価50万円は確保できると思いますので、フリーランスエンジニアの方であれば相談しない手はありません。

コーディネーターの質が高い

仲介してくれる人なんていらないと思っていたけど、大違い。細かい部分まで交渉してくれます。自分では言いにくいこともしっかりと提案していただけるので助かります。何せエンジニアは交渉力が無いのでありがたいです。

コーディネーターはあなたの働きやすいベストの環境を整えて仕事を紹介してくれます。

またギークスジョブでは数多くの企業と提携を結んでおり、多くの紹介できる案件を抱えているため、必ずあなたにあった案件も複数見つかるはずです。

それでなくてもIT業界はどこも人手不足で悩まされている状態なので、企業によっては全くの未経験でも募集しているところもあります。

そのような状況なのである程度エンジニアとしてのスキルがある人であれば、紹介できる案件は豊富にあると言っても過言ではありませんね。

首都圏以外の案件も紹介してくれる

首都圏以外の案件も紹介してくださいます。フリーランスの案件だと首都圏の案件ばかりなので、地方住みには不向きでしたが、ギークスジョブなら安心です。

東京から地元に戻るのですが継続して案件を紹介してもらえることに。

就職するしか無いと思っていたのでフリーランスを続けることができるのはありがたいです。

ギークスジョブでは首都圏以外にも名古屋・大阪・福岡にも取引先があり案件を紹介してくれます。

フリーランス向けの案件は、首都圏が多いのですが、地方にいながらフリーランスをすることができるのは良いですね。

ギークスジョブの悪い口コミ・評判

中には悪くとれる口コミや評判も見つかりました。その理由と共にご紹介します。

フリーランスエンジニアの方でもある程度個人で開発したものがなければ、提携企業にアピールする材料がないのでギークスジョブ側も紹介するのが、難しい場合があります。

ギークスジョブで取り扱っている案件はどれも高単価なものが比較的多いですが、それは企業側にエンジニアとしての経験と実績がある人材を紹介できると言う根底があるからに他なりません。

フリーランスエンジニアとして活動しているのであれば最初に個人で開発してみて、

企業にアピールできるポートフォリを作るところから始めるのがセオリーですね。

ギークスジョブでは一定のスキルを満たさないと案件を紹介してくれない場合もあるので、個人的にスキルに自信がない方は一度エージェントと直接会って相談してみるのも一つの方法です。

その際には利用者の現時点での市場価値や業界に関する情報等も色々とアドバイスしてくれるので、万が一、そこで案件を紹介してもらえなくても今後の課題を明確にすることができます。

課題が明確になれば後は足りないものを補うだけなので、再度時間をおいてスキルアップしてから相談してみましょう。

直案件では無い場合がある

念のため直受けなのか聞いてみたら、2次みたいです。大手からの案件なので報酬も高いですし不安点も無いので良いのですが、大手案件は下請けを通さなくてはいけない場合もあるみたいですよ。
報酬面も待遇面も満足なのですが、直受け案件がよかったです。ほんと不満は無いのですが、前の案件で、クライアントの対応が悪かった経験があるので・・・

中には直案件出ない場合もあります。

下請けから仕事を受けると報酬が安くなってしまうのが難点なのですが、

ただどうしても直案件が良い場合は担当に相談してみましょう。

ギークスジョブの口コミや評判から分かる5つの特徴

ギークスジョブの口コミや評判から分かる5つの特徴

ここではギークスジョブの口コミや評判から分かる5つの特徴に関して、それぞれ詳しく解説していきます。

  1. エンジニアに特化した営業代行サービスである
  2. ITフリーランス向けの案件を紹介している
  3. 登録しているエンジニアの約9割が年収700万以上
  4. 名古屋や福岡等の地方でも案件を紹介してくれる
  5. キャリアアップに最適なサービスサイトである

ギークスジョブはITフリーランスには大変嬉しいエージェントサイトとなっており、苦手な営業を代行して行ってくれるのでエンジニアやデザイナー等にとっては大変おすすめのサイトと言えます。

実際に登録しているフリーランスエンジニアはかなり多く、業界自体もかなり人手を欲している状態なので、買い手市場と言っても過言ではありませんね。

登録しているフリーランスエンジニアの9割は年収が700万円以上とかなり高水準となっており、キャリアアップ等にも繋がる案件もかなり多いので、IT関連のフリーランスの方は利用しない手はないでしょう。

以下からギークスジョブの特徴に関して、それぞれもっと詳しくみていきましょう。

エンジニアに特化した営業代行サービスである

ギークスジョブで取り扱っている案件の多くはエンジニアを対象としたものが大変多く、フリーランスエンジニアに特化したエージェントサイトといっても良いですね。

フリーランスエンジニアの多くが営業が苦手な方が大変多いので、苦手な営業をわざわざ無料で代行してくれるのですから、フリーランスエンジニアからしたらありがたい話です。

同じようなサービスサイトで”クラウドソーシングサイト”であるクラウドワークスやランサーズとは違い、かなり高額な案件となっている他、担当のエージェントがしっかりと案件取得のサポートまでしてくれるので、いたせり尽せりといった感じですね。

ITフリーランス向けの案件を紹介している

ギークスジョブではエンジニアのみならず、デザイナーやWebでレクターなど様々なITフリーランス向けの案件を取り扱っています。

中でもエンジニア関連の案件が圧倒的に多く、扱うプログラミング言語ごとに案件検索が出来たり、希望のポジションや勤務エリア等でも条件検索をかけて希望の案件を探すことができるようになっています。

比較的公式サイトも扱いやすいデザインとなっていますので、現時点で気になっている方は是非とも一度ご自身にあった案件がないか探してみてくださいね。

また、ギークスジョブでは非公開案件も多数扱っているので、非公開の案件情報が気になる方は無料登録してから担当者に聞いてみてください。

登録しているエンジニアの約9割が年収700万以上

フリーランスエンジニアの年収は、実際に企業に勤めている正社員のエンジニアよりも、かなり貰える額が高いです。

その事に気づいてフリーランスエンジニアに転身する方も今では大変多く、実際にギークスジョブを介して案件を取得しているフリーランスエンジニアの約9割は年収700万円以上となっています。

ちなみに平均年収.jpの調べによるとシステムエンジニア(SE)として、会社で働いている正社員の人たちの平均年収は、約550万円となっています。

勿論、数字だけではなく他にも様々なメリット・デメリットがフリーランスと正社員にはありますが、年収だけで見たら圧倒的にフリーランスエンジニアが高いのがお分かり頂けるでしょう。

名古屋や福岡等の地方でも案件を紹介してくれる

IT関連の仕事はどうしても首都園に集中しがちですが、ギークスジョブでは地方でも紹介できる案件を豊富に扱っています。

特に最近は福岡の方でもIT企業が活発に活動しており、フリーランスエンジニアにとってもかなり仕事がしやすい環境となってきていますね。

どうしても首都園で生活しながら働くのは家賃や光熱費、食費等が高くなりがちですが、ギークスジョブを活用する事で物価が安い地方でもコスパ良く働けます。

その他、最近は物価の安い海外(主に東南アジア等)で生活しながら、フリーランスエンジニアとして活動する方も大変多くなってきているので、そういった選択肢もアリですね。

キャリアアップに最適なサービスサイトである

ギークスジョブでは扱ったことがないプログラミング言語でも案件が取得できる可能性があるので、実際に現場で先輩社員に指導してもらいながらスキルアップすることも可能です。

ただし、この場合は他のプログラミング言語である程度エンジニアとしての実務経験があることが前提条件となりますが、ごくたまに未経験でもOKな案件もありますので、登録だけでもしておくと良さそうですね。

また、一度契約期間が切れたらそこで終わりではないので、次のステップアップに繋がる案件をまたギークスジョブを通じて探すことも可能です。

ギークスジョブがおすすめな人とそうでない人の特徴

ギークスジョブがおすすめな人とそうでない人の特徴

ここではギークスジョブがおすすめな人とそうでない人の特徴に関して、それぞれ詳しく解説しています。

ギークスジョブは前述した通りITフリーランスの中でも、特にエンジニア関連に関する案件を多数扱っており、貰える報酬額もかなり高めに設定されています。

その為、ある程度のスキルや実績等がある前提で人材を企業側に紹介している為、業界未経験者だと紹介できる案件がないといっても過言ではありません。

実際には未経験OKとしているところもあるかもしれませんが、そういった案件は他のエージェントサイトを利用した方が仕事を貰える可能性が高いでしょう。

ただ、基本的にはフリーランスエンジニアとして働くのであれば、最低でも1年の現場経験がないと高額案件の取得は難しいと思っておいて間違いはありません。

ギークスジョブがおすすめな人

  • ITエンジニアとしての仕事を行っている方
  • Web制作やアプリ開発等の仕事を探している方
  • 独占して扱っている案件を紹介して欲しい方

ギークスジョブの利用が特におすすめと言えるのは、フリーランスエンジニアとしてある程度個人開発まで積極的に行っている、アクティブな方だと言えます。

扱っている案件がエンジニア関連ばかりなので、フリーランスエンジニアの方であれば登録しておくだけでも、定期的に情報が貰えるので損はありません。

その他、ギークスジョブでは公式サイトでは公開してない非公開求人や独占案件等もあるので、好条件の案件をゲットしたい方は登録してから直接担当者に相談するのが良い方法ですね。

ギークスジョブをおすすめしない人

  • ITフリーランス以外の仕事を行っている方
  • IT業界未経験の方
  • 希望勤務地が東京・横浜・川崎・大阪・名古屋・福岡以外の地方の方

逆にギースクジョブがおすすめできない方としては、業界未経験の方やフリーランスとしてIT関連以外の事を行っている方ですね。

あくまでもギークスジョブはフリーランスエンジニアに特化したエージェントサイトなので、それ以外の職種だと利用自体あまりおすすめしません。

また、希望勤務地としてギークスジョブで扱っているエリア以外の地域を望んでいる方は、該当する案件がない場合もありますので、そういった方は他のエージェントサイトでも探してみる事をおすすめします。

ギークスジョブを活用する際の5つの注意点

ここではギークスジョブを活用する際の5つの注意点に関して、それぞれ詳しく解説しています。

  1. 正社員雇用としての保証はなくなる
  2. エンジニアとしての実務経験がないと仕事を取るのは厳しい
  3. 案件の中には二次請けの仕事もある
  4. 全体的にみて在宅案件は少ない
  5. ギークスジョブ以外のサービスとの併用がおすすめ

ギークスジョブは他の転職サイトとは違い、あくまでもフリーランスとしての仕事紹介しているサイトなので、正社員として企業で働くといったことはできません。

フリーランスとしての採用なので書類上は業務委託となり、保険や年金などは勿論ご自身で支払う事になります。

その他、ギークスジョブはエンジニアとしての実務経験が最低でも1年間はないと案件を取得するのが難しいので、実務経験が弱い方は個人開発したポートフォリオ等で勝負することとなるでしょう。

また、フリーランスのイメージとして自由に時間や場所に囚われず仕事をしている人をイメージする方が大変多いと思いますが、実際にギークスジョブで取り扱っている案件は在宅で出来るようなものは少ないです。

基本的には企業と提携して駐在で働くスタイルとなるので、ワークスタイルとしては正社員と何ら変わりありません。

正社員雇用としての保証はなくなる

ギークスジョブはITフリーランス向けの営業代行サービスを主としており、よくある転職サイトや転職エージェントのような派遣社員や契約社員、正社員などの雇用形態で働くことはできません。

あくまでもフリーランスとしてギークスジョブが仲介した企業と提携し、業務委託といった形で契約し仕事を行っていくので正社員として働きたい方は、他の転職サイト(マイナビエージェント×ITなど)を活用してみてください。

ただ、場合によってはギークスジョブを介して最初はフリーランスとして働いていたけど、そのまま直接企業側と交渉して正社員として働くこともできるので、その辺りはあなた自身の実力次第だと言えます。

エンジニアとしての実務経験がないと仕事を取るのは厳しい

フリーランスエンジニアとして案件を取る際には、ある程度の実務経験がないとかなり厳しいのが現状です。

勿論、中には全くIT企業での実務経験がないままフリーランスエンジニアとして独立し、企業から案件を受注する方もいますがそれは稀なケースなので真似しても再現性がない場合が多いです。

確実にフリーランスエンジニアとして案件取得を目指すのであれば、最低でも1年程度は一つのIT企業で実務経験をしてから、フリーランスエンジニアとして営業活動を行うのが王道と言えるでしょう。

実際にギークスジョブでもエンジニアとしての実務経験を最初に問われることが大変多いので、フリーランスエンジニアとして高単価な案件を取得したいのであれば実務経験は必要不可欠と言えますね。

案件の中には二次請けの仕事もある

ギークスジョブで紹介される案件の中には直受けの仕事もあれば、二次受けの仕事もあります。

ここでいう”二次受け”とは依頼した企業からの案件の仕事をあなたが実際に作業するまでに、間にもう一つ企業が入っているので必然的に”仲介料”が取られている為、支払われる金額が”直受け”よりも少なくなってしまうということです。

ただ、ギークスジョブで扱われている大手企業の案件は直受けが大変多いという口コミが多かったので、その辺りも実際に案件を引き受ける前に担当者に確認してから最終的な判断を下すようにしてくださいね。

全体的にみて在宅案件は少ない

ギークスジョブで扱っている案件の多くは、基本的に企業で駐在して仕事を行うものばかりです。

フリーランスというとリモートワークに憧れてなる人が大変多いですが、実際にはいきなりリモートで働ける案件はかなり少ないです。

ただ、案件によっては一定期間駐在で働いて実力と人間性を認められたら、その後はリモートワークで働けるといった企業も今は大変多いので結局はあなたの実力と働き次第になります。

とは言え、全く在宅案件がないというわけではないので、一度担当者にあなたに該当する在宅案件がないか相談してみてくださいね。

絶対に駐在案件は嫌だという方は、クラウドソーシングサイトであるクラウドワークスや、ランサーズなどのサービスも利用してみてください。

ギークスジョブ以外のサービスとの併用がおすすめ

ギークスジョブなどのフリーランス向けのエージェントサイトでは、それぞれサービスサイトによって扱っている案件の種類や質が異なりますので、より自身に適した好条件の案件を探すためには複数のサービスを併用して活用方が効率的です。

実際にフリーランスエンジニアの多くは仕事が途切れることのないように、複数のエージェントサイトに登録しておいてリスクヘッジを行っています。

フリーランスエンジニアとして案件が途切れることは収入がなくなる事と同じなので、常にアンテナを貼っておく必要があるわけですね。

会社員とは違いフリーランスエンジニアは契約期間等も最初から決まっているので、安定して定年まで収入が入る会社員の方が良いと考える方もいるでしょう。

双方にメリット・デメリットがありますので、一概にどちらがおすすめとはいえませんが、自身のライフスタイルに合わせて働き方も変えていけるのがエンジニアの良い点ですね。

ギークスジョブに関するよくあるQ&A

ギークスジョブに関するよくあるQ&A

ここではギークスジョブに関するよくある質問に関して、それぞれ詳しく回答しています。

  • ギークスジョブのサービスは完全無料で使えますか?
  • ギークスジョブでは手数料としてのマージンはいくら取られますか?
  • ギークスジョブは再登録することはできますか?
  • ギークスジョブの退会方法について教えてください

ギークスジョブはこれまでのような転職サイトとは違い、フリーランス向けの営業代行サービスを行っていますので、企業へ正社員として就職するといういうことができません。

あくまでもギークスジョブが仲介して利用者に仕事を紹介しているだけなので、実際には業務委託である事をしっかりと理解しておきましょう。

また、初めてギークスジョブを活用する方は何かと分からないことが多いと思いますので、ここで取り上げているよくある質問に関しては是非とも目を通しておいてくださいね。

それでは以下からそれぞれの質問ごとに、回答を詳しくみていきましょう。

Q1:ギークスジョブのサービスは完全無料で使えますか?

ギークスジョブではフリーランスの方は全て無料で登録から案件の紹介・契約確定まで、サービスを利用することができます。

実際には企業と契約した際にあなたの報酬額から紹介料として10〜20%ほどギークスジョブ側が徴収しているので、その点だけ考慮して利用するかどうか決めてくださいね。

詳しい紹介料の金額に関しては案件によっても違いがあるので、ギークスジョブの担当者に詳しく聞いてみてください。

Q2:ギークスジョブでは手数料としてのマージンはいくら取られますか?

ギークスジョブでは手数料として、契約時の報酬単価から10〜20%ほど徴収されます。

契約した案件によって手数料が若干変わってきますので、詳しい金額に関しては担当者に聞くようにしてください。

ちなみに、ギークスジョブだけに関わらず他のエージェントサイトも同じようなマージンを取られるので、それを考慮した上で利用するか判断してくださいね。

Q3:ギークスジョブは再登録することはできますか?

ギークスジョブでは一度退会しても、再度登録することが可能です。

登録情報が残っている場合は、ギークスジョブの公式サイトにある「お問い合わせフォーム」から、再開したい理由を伝えるようにしましょう。

また、再登録時に既に前の登録情報が残っていなかった場合は、また初めから会員登録を行ってくださいね。

Q4:ギークスジョブの退会方法について教えてください

ギークスジョブを退会する場合は担当者に直接退会したいと伝えるか、公式サイトの「お問い合わせフォーム」からも退会することができます。

一番早い方法は担当者に直接電話で伝える方法なので、登録したけどやっぱり退会したいという方は、担当者に直接電話してみてくださいね。

また、ギークスジョブの担当者側も無理に引き止めたりはしませんので、安心してください。

ギークスジョブを活用し実際に働くまで流れ【登録から業務開始まで】

ギークスジョブを活用し実際に働くまで流れ【登録から業務開始まで】

ここではギークスジョブを活用して実際に仕事をゲットするまでの流れに関して、それぞれ詳しく解説しています。

  1. 公式サイトからエントリーシートを作成する
  2. 個別面談を受ける
  3. 希望に沿った案件を複数紹介してもらう
  4. 交渉成立後、作業開始!
  5. おまけ:アフターサポートあり

ギークスジョブを初めて利用される方は、サービスの流れに関して理解していないとスムーズに仕事を取得することができません。

基本的には他のフリーランス向けエージェントサイトも同じような流れで仕事が取れるようになっているので、一度ギークスジョブで慣れてしまうと他でも応用が効きます。

特に初めてフリーランスとして仕事を取得される方は、重要なポイントとなってくるのでしっかりを目を通しておいてくださいね。

それでは以下から項目別に、それぞれ詳しくみていきましょう。

①公式サイトからエントリーシートを作成する

まずはギークスジョブの公式サイトから会員登録を行います。

会員登録自体はそれ程時間はかかりませんので、暇な時にサクッとしておきましょう。

その際にエントリーシートも作成しますので、ご自身の現状を正直に入力するようにしてください。

②個別面談を受ける

ギークスジョブでは各支店で個別面談会を行っています。

面談会場はギークスジョブのオフィス(東京・大阪・名古屋・福岡 等)で行われるので、アクセスが難しい地方在住の方は日程を調整して、通える日付を指定し面談日に臨む必要があります。

面談自体は企業面接のような堅苦しいものではありませんので、私服でOKです。

受付時間は平日10:00〜20:00まで可能なので、会社員の方でも調整しやすいと思います。

また、面談内容としては今後のキャリアプランやこれまでのキャリアの洗い出し、案件に対する要望や条件等のヒアリングになります。

気になっていることや不安に感じていることは、全てこの面談時に担当者に詳しく聞くようにしてくださいね。

③希望に沿った案件を複数紹介してもらう

個別面談後はあなたに適した案件を複数紹介して貰えるので、実際にその中から選んで企業側とギークスジョブを通して商談を行います。

商談にはギークスジョブ側も担当者も同席するので、安心して臨んでくださいね。

また、商談日の調整などは全てギークスジョブの担当者が行ってくれるので、希望の日程を担当者に伝えるだけでOKです。

④交渉成立後、作業開始!

商談が無事に終わり案件の獲得に成功するとその後は、実際に働き出します。

駐在の方は初日はギークスジョブの担当コンサルタントが同行してくれるので、安心して仕事が始められると思います。

その後も定期的にギークスジョブの担当者が状況確認してくれるので、万が一、働き出してからトラブルがあったり不安に思っていることがある場合は気軽に相談することもできますね。

また、途中で案件を終了したい場合や契約終了間際になって新しい案件獲得へ動き出したい時も、ギークスジョブの担当者に伝えればしっかりと動いてくれるので、是非とも積極的に活用してみてください。

⑤おまけ:アフターサポートあり

ギークスジョブではフリーランスの方に対して、様々なサポートを行っています。

面倒になりがちな請求書の発行やその他の細かい業務なども、ギークスジョブが代行して行ってくれるサービス等もありますので、是非ともそちらも活用を検討してみてくださいね。

詳しくはギークスジョブの公式サイトからご確認ください。

追記:ギークスジョブでは未経験からでも仕事が取れますか?

ギークスジョブでは全くの未経験者を募集しているところは、無いといっても過言ではありません。

中には未経験OKとしているところもあるかもしれませんが、ギークスジョブで取り扱っている案件の多くは高額な案件ばかりなので、企業側にはある程度スキルがあって実務経験のある人材を紹介することが前提となっています。

実務経験が無い場合は、ポートフォリオを作りこんで

「未経験だけどこれだけの実力がある」

と証明できるものを作っておいた方が良いです。

フリーランスはある程度実力がある方がなるものです。もし未経験からIT業界で挑戦してみたいと考えている方は、IT人材向けの転職サイトを利用してみてはいかがでしょうか。

そちらの方が比較的採用条件として、未経験を受け入れている企業が多いです。

ただ、その場合はフリーランスとしてはではなく社員として働く事になりますので、その辺を考慮した上で判断してくださいね。

一度就職をして実績を積んでからもう一度挑戦しましょう。

まとめ:ギークスジョブの口コミ・評判を徹底比較!【ITフリーランス向け】

ここまでギークスジョブの口コミや評判等に関して詳しく解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

エンジニア需要は年々高くなっている上に、厚生労働省の調べによると2030年には約80万人のIT人材が不足すると言われている程かなり需要が高いのが現状です。

そのような現状からフリーランスエンジニアとして働くことはかなり高額な報酬が得られる他、完全に市場は今”買い手市場”なのでエンジニアとしてのスキルを持っている方は、様々な案件から自分が好きな仕事を自由に選んで取り組めます。

ギークスジョブではそのようなスキルに自信があるフリーランスエンジニアに対して、かなり好条件な仕事を豊富に扱っているので、気になっている方は是非とも利用してみてくださいね。









この記事をかいた人

29歳ドイツ在住のトラベルライター。公務員から2年半で専業ライターへ。その後はワーホリビザを取得し,ドイツを拠点に海外ノマド。Webライティング,ブログ運営が生業。ライター歴3年。クラウドワークス受注実績200件。【九州男児のぶらり旅】という旅ブログを運営しています。