銀行員を辞めたい【転職に苦労しないは本当?辞めた人の悩みと後悔とは】

銀行員,辞めたい

「銀行員を辞めたい」「ノルマが辛くてもう無理」と悩んでいませんか。

メガバンクに入ったものの、金融業界に興味をもてず投資・ローン商品の販売が辛いから辞めたい…。でも、「銀行に内定をもらった」報告で喜んでくれた家族を裏切れない…と、転職をためらう人も多いですよね。

この記事では、銀行員を辞めたいと悩んでいる人のために、銀行員は転職しやすいという噂の真相や辞める前にやっておきたいこと、転職活動のポイントについて解説します。

銀行員辞めたいけど、周りを考えると辞めれそうにないと思っているなら、参考にしてください。

辞めたいけど自分では言い出せない…

「会社を辞めたいけど、言い出せない、辞めさせてもらえない」なら
退職代行を使って辞めるのも手。退職の際の面倒な手続きは全て代行してくれます。

LINE無料相談を活用して、希望日で退職できるようにしましょう。



離職率の高い銀行員…辞めたい人が抱える悩みと理由

銀行員,辞めたい

厳しい競争を勝ち抜いて銀行員になったけれど、入ってからは辛いことばかりで「辞めたい」と考えているのは、あなただけではありません。

銀行員にはなったけれど辞めたい人の代表的な悩みは5つあります。

  • ノルマがキツい
  • 一度出世コースから外れたら戻れない
  • 上司と顧客の板挟みにあう
  • メンタルを病んで辞めていく同期が多い
  • 転勤サイクルが短い

ノルマがキツいから銀行員を辞めたい

ノルマがキツいから銀行員を辞めたい人も実際に辞めてしまった人も、多いです。

ローン勧誘や投資信託の販売ノルマなど、大きいノルマを達成できず絶望する人は少なくありません。

ノルマがキツくてしんどい。金融商品に興味がないので勉強も辛いです。他社商品と大して変わらない商品を他社と比べたメリットもわからないままに、お客さんに勧めるのは気が重たいですし、売れなかったときのプレッシャーもひどいです。ノルマ解消のために自分で投資信託を購入したこともありますが、自力消化には限界があります。

ノルマが辛いこともさることながら、「安定に惹かれて銀行員になったけれど、金融商品にそもそも興味がなくて苦労している」という人もいました。

厳しいノルマがあるのに、売らなければいけない商品に興味がもてず、売れないのは悪循環ですし、本人も辛いですよね。

一度出世コースから外れたら戻れない

入行初年度は奴隷のように扱われ、職場では学歴差別が横行、繰り返す転勤とノルマ地獄に耐えても、出世コースを外れるのは一瞬とうのが銀行業界です。

給与や待遇は他業種と比べていいものの、長年の努力の積み重ねが崩れた瞬間に燃え尽きてしまうのが怖くて「後戻りができなくなる前に辞めたい」と考える人も多いです。

銀行業務検定協会が実施している資格や、CFPや中小企業診断士などを取得しなければならない場合もあり、自分の出世のための勉強でプライベートがほとんどないのが辛いという人もいます。

上司と顧客の板挟みにあう

企業向けの融資や個人向けのローンを扱う業務に携わっている人に多いのが、「融資をしてほしい企業」と「認可を下ろさない上司」との板挟みにあってしまって悩むケースです。

顧客を大切にしたい気持ちが大きいほどに、銀行の利益しか考えない上司のやり方に反発を覚え「辞めたい」と感じてしまいます。「従来からそうだから」「前例がないから」「もし、回収できなかったらどうするんだ」といった、ドラマのようなセリフを実際に聞き、うんざりする人もいます。

メンタルを病んで辞めていく同期が多い

厳しいノルマにあたりの強い上司、お客様からはクレームの嵐…そんな環境に入ってしまい、メンタルヘルスを壊して辞めていく人が多いのも銀行員です。

同期入社で研修を共にした仲間が、次々とメンタルを病んでいくのを見て危機意識を感じる人も少なくありません。

同期が鬱っぽくなってしまった。口を開けば「辞めたい」「辞めたい」と言っているし、目もうつろ…。転職を勧めたいところだけど、子供もまだ小さいし、どうしてやったらいいのか…。

仲のよかった同期が精神的に病んでいく姿を見てしまった人には、こんな人もいました。「あいつの姿は将来の自分の姿かもしれない」と感じたそうで、ハイクラス向けの転職エージェントに登録したそうです。

転勤サイクルが短い

地元企業との癒着を防ぐために短いサイクルで転勤が繰り返されるのも銀行員の宿命です。古い企業体質を持っている銀行では「子供が産まれた人や持ち家を購入した人は、逃げないので優先的に転勤させる」ということがまかり通っていることもあるようです。

噂には聞いていたけれど、奥さんの妊娠・出産、持ち家購入のタイミングで転勤の辞令とか辛すぎる。3年スパンで転勤はあるけど、次の転勤で家族の元に戻れる保証はない。辞令は拒否できないし、悪い夢であってほしい。

2年から3年単位で繰り返される転勤は、独身時代は「飽きが来なくていい」と感じていても、家族が増えると迷惑以外の何者でもありません。せっかく地元の銀行に就職したのに、地元以外の土地の支店に配属になったきり帰ってこれない人もいるようです。

元銀行員は転職活動に苦労しないは本当か

銀行員,辞めたい

銀行員を辞めたいと考えていて、実際に転職した人の体験談には「元銀行員ということで、転職活動には苦労しなかった」というものが多いです。

顧客からのお金を預かる銀行員は、社会人としての常識やマナーが身についているだけでなく、これらの能力も高いと考えられることが要因です。

  • 多額の金銭を扱っていたので信頼感がある
  • 事務仕事をこなす能力が高い
  • データに強い印象がある
  • 厳しい競争環境に耐える体力がある
  • ノルマをこなす営業力がある

多額の金銭を扱っていたので信頼感がある

毎日、多額の金銭をミスなく扱っている銀行員は、他業種からみれば圧倒的な信頼感があります。

パチンコ店の店長職や販売系職種の経理担当も大きめのお金を扱いますが、学歴が低いこともあり銀行員ほど信頼されません。メガバンクに勤めるような銀行員は、学歴も高く、採用競争に勝ち残ったエリートというイメージが強く、採用企業でも「優秀な人が転がり込んできた」という印象を受ける場合が多いです。

事務仕事をこなす能力が高い

お金を扱う仕事は、ミスがなく早いのが当たり前です。お金に関する資格をフルで取得している人も多いので、銀行員からの転職というと、事務業務のエキスパートがくるように感じる採用企業が多いです。

窓口業務や営業に携わってきた銀行員は、お客様と対面で話す接客業務もきちんとこなせるので、受け付けや営業事務、接客・販売業務でも重宝されます。

データに強い印象がある

ファイナンシャルプランナーや簿記、中小企業診断士といったお金の流れや企業の財務諸表に通じる資格を取得している人が多く、データ分析に強い印象をもたれるのも銀行員です。

メガバンクから中小企業やベンチャー企業のCFOに転職する人もおり、CFO紹介サービスに登録してマッチングしてもらう転職者もいます。

厳しい競争環境に耐える体力がある

旧帝国大学出身者が、「厳しい受験戦争を生き抜いてきた、勝ち抜く手段を知っている人」と考えられるように、銀行員も「厳しいノルと競争環境を乗り越えれる人」というイメージで見られます。

「出世競争に疲れた」のが転職理由だったとしても、今まで慣れてきた環境は他業種にとっては異質な環境です。

保険の営業職に転職しました。ノルマはきついし、常に競争を意識する仕事とは聞いていましたが、銀行員時代に比べたら楽ですね(笑)

銀行員から保険の営業職に転職した方は、こんな話をしてくれました。「銀行に比べれば…」という意識で、厳しい環境にも耐えるので「壊れない人員」としてみなされる場合もあるようです。

ノルマをこなす営業力がある

銀行員は、「新卒で銀行員になり、すぐに退職した」というわけでない限り、ノルマをこなす営業力が一定以上あると見られます。

元銀行員の人が入って10日くらいしたけど、高額商品ばっかりお客さんに売っててすごい。もう、今月のトップは彼で決定。店長候補できてて、3ヶ月くらいしたら通販部門に行くみたいだけど、売り方がエグい…。

実際に元銀行員の人が店舗にやってきたお土産店の人はこんな感想を持ったようです。普段は売れない委託品の高級バックが元銀行員の人の手によって売れていくのは、先輩として見ていて寒気がしたそうですよ。

関連記事:営業職からフリーランスへ!その働き方となり方について徹底リサーチ!

銀行員辞めたい人が転職を考えたときにおすすめの手段

銀行員,辞めたい

銀行員を辞めたくて転職を考えているなら、第三者に転職相談をするのがおすすめです。

相談先は、職場の同僚や家族よりも転職エージェントがいいでしょう。職場の同僚や家族に転職の相談をすると、仕事の不満に関する共感しか得られなかったり、転職後の生活への不安感から責められるだけで有益な情報を得られる可能性が低いからです。

転職エージェントは、「仕事を辞めたい。転職して新しい仕事につきたい」と考えている人に求人情報を紹介してくれるサービスです。無料で利用することができます。

転職エージェントに登録すると転職コンサルタントがヒアリングをしてくれます。ヒアリングの中であなたが転職に希望することや現職で抱えている悩みや不安を言語化できるので、一人で悩むよりも自分を客観視できます。相談した結果、現職に残る決断を下しても何も言われません。

転職コンサルタントは、ヒアリングで聞き出した情報を元に、求人情報を紹介してくれるのでミスマッチ求人に応募してしまう可能性が低いです。

転職コンサルタントは、履歴書・職務経歴書の添削や面接対策もしてくれます。新卒依頼の就活で不安な人の悩みを解消するために積極的に動いてくれるので、安心して転職活動に取り組めるでしょう。退職についての相談も受けてくれるので、職場や家族への対応もアドバイスしてもらえます。

他業種転職のデメリットの給与・待遇の悪化もカバーできる

銀行員から他業種に転職する場合に、ネックになるのが給与・待遇の悪化です。銀行員はノルマが厳しく、休む暇もないくらいに多忙ですが、それゆえに待遇や給与がいいのです。「銀行員以外の職種ならなんでもいい」と退職したのはいいものの、求人情報と今までの待遇の差に愕然とする人は少なくありません。

退職前に転職エージェントに相談しておけば、転職を希望する業種・業界での自分のポジションや給与の目安がわかります。「そんなに下げなければいけないなら、現職でがんばろう」といった判断ができます。

また、「もう少し、給与がよければ応募したい」という求人があったときも、転職コンサルタントが企業と待遇について交渉してくれます。自分の給与や待遇に関する交渉は、自分自身ではしにくいものですが、コンサルタントに任せられるので、面倒がありません。

銀行員からの転職に使うべき転職エージェント4つ

銀行員からの転職を考える場合に、使った方が転職に有利な転職エージェントは2つあります。1つは金融業界に強い転職エージェントで、もう1つはハイクラス求人に特化した転職エージェントです。

金融業界に強い転職エージェントは、銀行員としてのスキルやキャリアを活かした転職先が見つかりやすいです。元銀行員の人は他業種からの信頼が厚いので、転職に不自由する可能性は低いですが、それは就職先を選ばなければの話です。他業種では、銀行員時代と同程度の給与・待遇を得るのは難しい場合があります。スキルを活かし、待遇に妥協せず求人情報を探したいなら、金融業界に強い転職エージェントを使うに限ります。

関連記事:金融業界の転職エージェントおすすめ10選!【リクルートのプロが比較】

ハイクラス求人に特化した転職エージェントは、他業種であっても給与・待遇が高く、銀行員時代と遜色ない条件の求人が豊富です。銀行員を辞めるだけでなく、金融業界自体からも足を洗いたいと考えている人は、ハイクラス求人特化タイプの転職エージェントを頼るといいでしょう。

関連記事:ハイクラス・エグゼクティブ向けの転職エージェントおすすめ10選!

ベンチャー企業のCFOなど、銀行員時代に培った経験を活かして成長途上の企業で活躍したいという人は、ベンチャー企業向けの転職エージェントにも登録してみましょう。ベンチャー企業は求人にかけているお金がないと考えている人もいるかもしれませんが、CFOは企業のかなめになるポジションです。コネやツテだけでなくお金をかけて探しているベンチャーも多いですよ。

関連記事:ベンチャー企業の転職エージェントおすすめ!【転職方法・探し方も紹介】

給与・待遇に拘らず、金融業界や他業種の求人を探したいという人は、総合的な転職エージェントを利用するのがおすすめです。幅広い業種からあなたの求める条件に合った求人を探せます。

関連記事:転職エージェントおすすめランキング!利用方法やメリットを徹底解説【55サイトから分析】

転職をスムーズに進めるためのメソッド5つ

銀行員,辞めたい

銀行員からの転職をスムーズに進めるためにやっておきたい5つの方法があります。

  • 円満退職のための布石を打つ
  • 自分の強み・キャリアを整理する
  • 第三者にアドバイスをもらう
  • 転職スケジュールを計画する
  • エントリー前の下調べは入念に行う

転職すると決めてから意識的にこれらを行うことで、円満退職と希望に叶った転職先の両方が手に入ります。

円満退職のための布石を打つ

円満退職と聞いて社内の調整を考えた人もいると思いますが、主に家族の理解を得ることに尽力しましょう。

特に、小さい子供がいる場合や住宅ローンがある場合は、配偶者の理解を得ることが難しい場合が大半です。独身者の場合も、両親から銀行を辞めることを反対され、泣かれたり、絶縁を宣言される可能性があります。

夫はメガバンク勤務なので安心していたのですが、昨年突然「IT系ベンチャーに行く」と言って退職してきました。給料の心配はいらないとはいうのですが、これから大学進学を控えた子供もいるし、長年銀行勤めだった人が若い人の間でやっていけるのか不安で仕方ありません。

メガバンクの営業職だった夫をもつ妻からの体験談です。相談もなく会社を辞めてベンチャーに転職してしまい、不安で仕方がないとのことでした。旦那さんは銀行員時代に付き合いのあったベンチャー企業に声をかけられての転職だったようですが、家族にはあまり説明がなかったようです。

退職・転職を家族から喜ばれるような状態を作って、新しい職場にいきたいですね。

自分の強み・キャリアを整理する

自分の強みとキャリアはしっかり整理しておきましょう。銀行員として勤めていた期間が短い人は「キャリアと言っても大したことはないし」と強み分析自体を諦めてしまうことがありますが、やりましょう。

キャリア分析のポイントは、日常的に行っていた業務こそ細かく分析することです。あなたが銀行員として働いているときの代表的な1日について、これらのことを書き出し、俯瞰して分析しましょう。

  • 行っている業務
  • 業務を行うときに心がけていること
  • その業務で達成した実績
  • その業務で得られたこと

強みとキャリアの分析ができれば、自分が向いている業界・職種も見えてくるはずです。

第三者にアドバイスをもらう

自分の強みとキャリアを分析できたら、それを元に第三者にアドバイスをもらいましょう。転職エージェントを使うと便利です。

第三者にアドバイスをもらうことで、自分では気が付けなかった強みを発見できる可能性がありますし、意外な業種が向いている可能性もあります。転職のプロに相談することで、似たような強みを持っていた人がどんな業界に入ったのかを知ることも可能です。

転職スケジュールを計画する

一般的に転職活動を始めてから、転職先が見つかるまで3ヶ月かかると言われています。銀行員の毎日は忙しいですが、「仕事辞めたい」と愚痴るばかりのダラダラとした転職活動をしないためにも、転職スケジュールを立てましょう。

「いつまでに転職先を決める」というところから、逆算してスケジューリングしていくのでおすすめです。自分自身の分析をいつまでに行うのかや、転職エージェントとの面談を行う日程、いつまでに最初の応募をするのかなどを決めておきたいですね。

家族に転職を打ち明ける日も計画しておくと、スムーズでしょう。

エントリー前の下調べは入念に行う

銀行員を辞めてから後悔しないために、エントリー前の下調べは入念に行いましょう。

転職エージェントを利用していれば、職場の雰囲気から仕事内容・待遇まで大体の情報が手に入ります。紹介された求人で少しでも「ここはどうなっているんだろう」というところがあれば、コンサルタントにきいておきましょう。銀行員以外の仕事ならなんでもいいという意識で転職すると必ず後悔します。

銀行員を辞めて他業種へ!転職成功組が就いた仕事

銀行員,辞めたい

銀行員を辞めて金融業界以外の業種に転職した人の体験談を紹介します。

20代から30代前半の若手銀行員ほど、異業種へ転職をする人が多いです。中堅職の人は金融業界内で転職するかベンチャー企業のCFOやハイクラス求人にいく人が多いです。

銀行営業から販売職店長へ

県名を冠した銀行の営業職から33才で販売職の店長に転職した人の体験談です。

厳しいノルマに嫌気がさして銀行の営業から販売職の店長候補へ転職しました。数字に強いことと元営業というのが評価されてすぐに採用されましたね。店舗での販売は辛いと聞きましたが、銀行の商品と違って、モノが目の前にあるし他との区別もつきやすいので売りやすいです。給与は一時的に下がりましたが、満足しています。

銀行窓口から受付事務へ

29歳で有名地方銀行の窓口から中小企業の受付事務に転職した方です。

窓口は若い子がいいという古い体質と可愛い新卒がチヤホヤされるのに嫌気がさして転職しました。市役所試験も受けたんですが、落ちてしまったので地元の中小企業の受付事務に転職。会計処理も一部手伝っています。勤め先の中では若い方だし、新卒を雇って育てる余裕はないみたいで、パソコンが使えて入力が正確で丁寧と喜ばれています。

まとめ:銀行員を辞めたいなら転職エージェントに相談してみて

銀行員辞めたいと考えている人に向けて、元銀行員という肩書きは転職に有利に働くことが多いということと、転職活動をスムーズにするためのポイントについて紹介しました。

若手の銀行員は、異業種へ転職する人が多く、中堅以上の人は同じ金融業界で仕事を探す人が多いです。

「毎日忙しいのに転職活動なんて」と考えているなら、転職エージェントを利用しましょう。転職エージェントなら転職に関する面倒なことを代行してくれます。丁寧にヒアリングしてもらえるので、自己分析も捗りますし、ミスマッチ求人を紹介される心配もありません。

自分にあった道を見つけるためにも利用できるサービスを徹底的に利用して、自分に有利になるようにしたいですね。









銀行員,辞めたい