クラウドワークスの口コミや評判を解説|良い面と悪い面が分かります

「ちょっとしたスキマ時間にお金を稼ぎたい」
「転職期間に融通のきく仕事はないかな」
「在宅でお小遣い稼ぎをしたい」

そういった思いを持った人が多く利用しているのが、「クラウドワークス」というサービスです。

クラウドワークスは、日本最大級のクラウドソーシングサービスであり、副業したい人や主婦・学生などが多く利用しています。

しかし、クラウドワークスは「本当に信頼できるのか」について疑問を持っている方もいると思います。

この記事では、クラウドワークスの評判・口コミ、利用するメリット・デメリットなどを紹介します。

クラウドワークスを利用しようか迷っている方、ぜひ参考にしてみてくださいね。

クラウドワークスとは?基本情報を解説

クラウドワークス
クラウドワークスとは、2011年に設立された日本最大級のクラウドソーシングのサービスです。

国内シェア・取引額・ユーザー数ともに業界No.1を獲得しており、仕事発注数も300万件と多くの人から支持を受けています。

クラウドワークスは「クラウドソーシング」という形をとっている

クラウドワークスとは、クラウドソーシングサービスだと説明しましたが、そもそも「クラウドソーシング」とはなんでしょうか。

クラウドワークスの公式サイトによると、

クラウドソーシング(crowdsourcing)とは、群衆(クラウド)に発注(ソーシング)するという意味の造語で、発注者(依頼主・クライアント)がオンライン上で受注者とつながり、仕事を依頼することができる仕組みです。インターネットに接続できる環境さえあれば、全国の発注者と受注者が仕事をすることができます。

と記載されております。

受注者(働く人)のメリット

インターネットを通じて案件を知る・獲得することができ、働く形態も在宅で単発のものから、長期間のプロジェクトといった幅広いものがあるので、個々のライフスタイルに合った仕事を選ぶことができます

副業として、転職期間のツナギとして、妊娠期間の稼ぎとして、お小遣いとして、様々なライフステージに適した仕事を選べるのもメリットの1つです。

発注者(クライアント)のメリット

発注者にとっては、旧来のアウトソーシングで接することのできなかった多くの人材と接点を持つことができるようになるというメリットがあります。

発注者は、仕事をお願いする受注者を、多くの選択肢の中から自分たちの目で選ぶことができるので、より適した人材に依頼できるということですね。

クラウドワークスの案件の形式

クラウドワークスには、3つの案件の形式があります。

タスク形式

アンケートや単純作業など、受注者が応募や交渉をする必要なく提出できる形式です。

発注者が承認し次第、報酬の支払いが確定します。

短い時間で終わる案件がほとんどです。

コンペ形式

ロゴマークやキャッチコピーなどの制作物を受注者が応募して、その中から良いものを発注者が選ぶという形式です。

採用された人だけが、発注者から報酬が支払われます。

プロジェクト形式

発注者と受注者が交渉し、契約が成立し次第業務を開始する形式です。

報酬には、「固定報酬制」と「時間単価制」の2種類があります。

クラウドワークスにある案件の種類

クラウドワークスで探すことのできる案件の種類は、全部で200以上です。

例えば、

  • データ作成・入力
  • ブログ記事作成
  • 画像加工
  • ホームページ制作
  • アプリ制作
  • ロゴ作成
  • ウェブシステム

などなど。

この中でも、「データ作成・入力」「ブログ記事作成」「画像加工」は、初心者の方でもとっつきやすく人気です。

もちろん単価が高くなるにつれ、より高度な技術が求められますが、簡単なレベルのものもたくさんあるので、自身がない方でもとりあえず応募してみることが大切だと思います。

クラウドワークスの手数料

クラウドワークスの手数料は金額によって5〜20%の間で変わります。

タスク形式 20%
10万円以下 20%
10万円以上20万円以下 10%
20万円以上 5%

案件の仲介をしてくれているクラウドワークスへの手数料です。

手数料も考えながら、案件を受注していきましょう。

クラウドワークスの評判・口コミ

ここからは、クラウドワークスの評判・口コミを紹介していきます。

総評

クラウドワークスは、日本最大級のクラウドソーシングサービスというだけあって、全体的に良い評判です。

特に、提供されるサービス自体には概ね満足という意見が多くありました。

その一方、クライアント選びに失敗した人が不満を抱いているということもわかりました。

良い評判

業界で最大手だということもあり、家事の間のスキマ時間のお小遣い稼ぎにと、最初からクラウドソーシングを使っていました。料金を依頼者が前払いしているということもあり、給料の未払いもなく安心して仕事をしています。
<20代・主婦>

業界最大手だということや報酬のやりとりがしっかりしていることから、安心感を抱いている方の口コミです。

お金のやりとりがしっかりしているというのは、取り分け大切ですね。

大学に入り飲食店のバイトをしていましたが、つまらなくて面白いバイトを探したくクラウドワークスを始めました。特にスキルがなかったので、データ入力からブログ記事作成など色々なものを体験し、その中でもブログ記事作成が自分に合っていると感じたので、今まで続けています。最初は色々なことをやり迷走していましたが、自分に合ったものを探せたので、様々な種類の案件があるというのはクラウドワークスの魅力だと思います。
<20代・学生>

クラウドワークスは、案件の種類が豊富であることにメリットを感じている方の口コミです。

確かに、様々な種類の仕事に取り組んでいって、自分に合ったものを探せる点は、クラウドワークスの長所だといえるでしょう。

悪い評判

単価が低い!1日かけて頑張って記事を書いたのに、報酬が数千円…バイトの方が稼げる!さらに次の日に修正依頼も来たし…面倒くさいことが多すぎ!!!
<20代・正社員>

クラウドワークスは、時間給でなく固定給が多いので、慣れないうちは時間がかかるので、働いた時間と報酬が適さない場合があると思います。

しかし、慣れていくごとに早く終わらせられたり、より単価の良い案件を受けることができるようになtたりするので、継続していけば、より効率よく稼ぐことができます。

えっ、手数料って20%も取られてるの?これじゃ、1万稼いでも2,000円引かれているってことじゃん。とても損している部分です。
<20代・フリーター>

確かに、手数料は多く取られていて、損した気持ちになるのもわかります。

しかし、発注者を探したり報酬の受け渡しのシステミを整備してくれているので、その代わりだと思えば、許容できる範囲でもあるでしょう。

クラウドワークスを利用するメリット・デメリット

ここでは、クラウドワークスを利用するメリットとデメリットを解説します。

メリット

未経験でも仕事を簡単に見つけられる

クラウドワークスには、未経験でも受注できるようなデータ入力やブログ記事作成のような案件がたくさんあります

さらに、「初心者歓迎」や「初心者でもOK」などが明記されている案件も豊富にあります。

初心者向けだと単価が低いものが中心になりますが、ここで着実に力をつけて、単価の高い案件に挑みましょう。

スカウト機能

クラウドワークスで実績を積むと、クライアントからスカウトが来るようになります

スカウトは、受注者の実力を見込んだクライアントが出すので、好条件のものが多いです。

このように、地道な案件でも続けていけば、受動的にでも良い仕事が来るようになります。

ぜひ地道な努力でも続けていきましょう。

仮払い方式(エスクロー)で報酬が安心

他のクラウドソーシングサービスでは、発注者と受注者の間で直接お金のやりとりをすることがあるので、報酬の未払いが起こることがあります。

その点を憂慮したクラウドワークスでは、報酬の仮払い方式を採用しています。

仮払い方式は、仕事の開始前にクラウドワークスが、あらかじめ依頼主から報酬を預かっておき、受注者が業務を遂行した際にその金額を払うという方式です。

これによって「依頼主が音信不通で報酬が支払えない」というリスクを回避することができるのです。

デメリット

専門知識が必要な案件以外はそれほど稼げない

高単価な案件にはホームページ制作やアプリ制作など専門的知識を要するものが多く、あまり知識やスキルを必要としないものは少ないです。

なので、未経験の人はあまり稼げないと感じる人も多くいます

しかし、誰でも最初は未経験を経てきました。

ブログ執筆でも簡単なコーディングでも、続けていけば自分のスキルも上がり、高単価な仕事を受注することができる日も訪れます。

ぜひ、簡単なところから始め、ひたむきに努力を続けましょう。

仕事内容によって再提出が発生する

ブログ記事作成やプログラミングなど、クライアントの想定していたものと大きく違う場合は、再提出が求められることがあります

受注者の技術不足によるものもありますが、クライアントが過度に修正を依頼してくることもあります。

その辺りは、トラブルが起きる前に、できれば契約を結ぶタイミングで、相談をしておくと良いでしょう。

質の低いスカウトが多い

スカウト機能を無作為に送るクライアントもいます

そういったクライアント達は、とても安価な条件で仕事を依頼してくるので注意しましょう。

また、仕事内容が法律に触れる(著作権侵害など)場合があるので、そういったときはクラウドワークスに報告しましょう。

クラウドワークスの登録方法

それでは、クラウドワークスに登録する方法を解説します。

登録は無料ですので、ぜひ登録だけでもしておきましょう。

1.クラウドワークスのサイトにアクセスする

クラウドワークスからアクセスします。

2.「会員登録して仕事を始める」をクリックする

3.メールアドレスかSNSアカウントを登録する

この工程で、無料登録を終えましょう!

クラウドワークスを上手に使うポイント

「クラウドワークスに登録したけどなかなか案件が決まらない…」と悩む方も多くいます。

ここでは、そのような状況にならないようにするためのポイントを紹介します。

プロフィールを設定する

プロフィール情報は、できるだけ詳細に埋めるようにしましょう。

クライアントはあなたと実際に会ったことがない分、あなたを採用するかの判断材料がプロフィール情報しかありません(実際に発注する人の気持ちになってみてください)。

スキル登録や経歴・実績登録はもちろんのこと、自己PR文もしっかりと見られます。

あなたの人柄が分かり、誠実が出るような文章になるように心がけましょう。

また、画像を入れるとさらに信用度が上がります。

スカウトされる際にもとても有利になるので、早いうちから設定しておきましょう。

本人確認書類を提出する

クライアントからの信頼度を上げるために、個人情報の登録も必ず行いましょう

クラウドワークスでは、以下の書類を本人確認として使用できます。

  • パスポート
  • 運転免許証
  • 健康保険証+住民票
  • 住民基本台帳カード
  • 特別永住者証明書

本人確認に数日かかることもあるので、早めに登録してしまいましょう。

Twitter提携

もし可能であれば、Twitter連携もしておきましょう

クライアントは、とにかくあなたの人となりが知りたいのです。

その人となりを知るのに適したツールがTwitterなどのSNSです。

私自身も、Twitterを連携させたことで、「面白い人だね」とスカウトが来たことがありました。

なかなか仕事を受注することができない人は、Twitterを連携することをお勧めします。

クラウドワークスに向いている人

クラウドワークスに向いている人は以下のような人です。

  • お小遣いがほしい主婦
  • 周りとは違うバイトで稼いでみたい学生
  • スキマ時間を活用したい正社員・契約社員・派遣社員・フリーランス

クラウドワークスは短時間で終わる案件から、クライアントと長くお付き合いできる案件まで幅広くあります。

自分のライフスタイルに合わせて、効率よくお金を稼ぐ・実績を作るために、クラウドワークスを存分に活用しましょう!

最後に: クラウドワークスの評判・口コミを参考に、どんどん活用していこう

クラウドワークスには良い口コミも悪い口コミもありましたが、日本最大級のサービスだということもあり、「安心できる」という声が多い印象でした。

利用しようかどうか迷っている方は、登録は無料ですので、とりあえず登録だけでもしてみてください。

副業やお小遣い稼ぎをお探しの方は、以下の記事もあわせてどうぞ。
【厳選14選】在宅でできる副業ランキング!サラリーマンや主婦におすすめ【月数万円の所得】

この記事をかいた人

Yuuu

Webマーケッター。 統計学やAIにも興味があり、 Python/Octaveを用いたデータサイエンスを学んだり、 G検定に合格したりしている。