仕事の人間関係が辛い、その状況を脱するための方法をお伝えします

「仕事での人間関係が辛い…」
「上司のパワハラ・セクハラがひどい…」
「悩みすぎてうつ病になりそう…」

現代人は1日の時間の多くを仕事場で過ごします

1日の大半を過ごす仕事場で、苦痛な思いをしてしまうと、毎日生きていくのがとても辛くなってしまいます

ただし、仕事場での人間関係が辛いといっても「人間関係を改善したい」人から「もう続けていくのは無理…」という人までいると思います。

そこでこの記事では、仕事場での人間関係に悩みがある人が、「どうしたいか」に寄り添ったヒントをお伝えします。

あなたの人生の選択に役立つと幸いです。

辞めたいけど自分では言い出せない…

「会社を辞めたいけど、言い出せない、辞めさせてもらえない」なら
退職代行EXITを使って辞めるのが1番。退職の際の面倒な手続きは全て代行してくれます。

LINE無料相談を活用して、希望日で退職できるようにしましょう。



仕事の人間関係を改善したい気持ちがある場合

今は人間関係が辛くても、自分としては関係改善の気持ちがある場合の解決方法を紹介します。

とりあえず「自分から変わろう」と思えている人はお読みください。

家族や親しい友達に相談する

家族や親しい友人(できれば社外)など、信頼できる人がいたらぜひ相談をしましょう。

自分の思っていること・不満を口から出すことで、ストレスを思っている以上に発散することができます。

まだ誰にも打ち明けていない場合は、とりあえずこの方法をおすすめします。

また、置かれている状況を主観だけで「悪い悪い」と思い込んでいることもあります。

一度第三者の目を入れて、自分が置かれている状況を客観視することで、効果的な改善方法が見つかるかもしれません。

仕事のスキルを上げて自信をつける

周りの目を気にしやすい人は、もしかしたら「自分の仕事のスキルに引け目を持っている」のかもしれません。

「自分は仕事ができないから…」という理由で、周りから下に見られている・嫌われていると思い込んでいる場合もあります。

そのような状況を打開するために、仕事のスキルを上げてみましょう

ほんの些細なことからでも構いません。

前にできなかったことができるようになることで、自分に自信がつき、周りが自分に向ける視線の捉え方も、自然に変わってくることでしょう。

また、仕事ができたら誰もあなたに文句は言えません。

堂々と過ごせるようにするためにも、スキルアップは大切です。

仕事場の人に対し自分から好意的に接する

人間関係というのは、相手とあなたがいて成り立つものです。

あなたが感じていることは、もしかしたら周りも感じているかもしれません。

まだ人間関係を回復したいという気があるのであれば、自分から好意的に接してみましょう

もしかしたら、相手も自分に警戒していただけで、こちらから好意的に接すれば、自然と好意的に返してくれるかもしれません。

仕事として割り切る

仕事場の雰囲気が悪くとも、これは「仕事」だと割り切れる人はそうしてみましょう

週8時間を5日、自分は別人格で過ごす、といった具合です。

しかし、人間はどこかで釣り合いが取れないと破綻してしまいます。

仕事先で自分を抑える分、プライベートを充実させることが大切です。

自分の趣味・家族との時間が、より充実したものになるよう過ごしましょう。

異動したいという旨を上司や人事部に伝える

上司とコミュニケーションを取れるなら、ぜひ一度上司に、それがダメそうだったら会社の人事担当に、人間関係の相談をしてみましょう。

もしかしたら、仕事配置の転換、異動を考えてくれるかもしれません。

同じ仕事場でも、密に関わるメンバーが変わることで全く違った雰囲気で仕事に望むことができるでしょう。

もし会社側が何の対応もしてくれない場合は、会社側に法的な問題が生じます。

そうしたら、また別の措置をとる必要があります。

カウンセリングに行ってみる

特に身近に相談できる人がいない場合は、社内のカウンセラーや心療内科・メンタルクリニックにカウンセリングを依頼した方が良いと思います。

心療内科やメンタルクリニックはお金がかかってしまいますが、自分に今、どれだけ負荷がかかっているかを適切に知ることができます。

あなたが思っている以上にあなたの体に負荷がかかっている場合もあるので、「辛い…」という苦しみがずっと晴れないようでしたら、早めの診療をおすすめします。

厚生労働省や市区町村のホットラインを使う

厚生労働省や市区町村などは、何かで悩んだ時のこころに関する電話相談サービスを提供しています。

こころの健康相談統一ダイヤル

課題解決の即効性はありませんが、悩みを打ち明けることで、溜め込んでいることをとりあえず吐き出すことができます。

また、あなたが次の行動で迷っている場合は、それを踏み出す後押しをしてくれることでしょう。

国の機関も上手に使ってみましょう。

仕事の人間関係がもう無理!と思っている場合


自分なりに関係改善を図ったけれれど、これ以上自分から解決するのは無理!と考えるようになった方は、以下をお読みください。

まずは異動希望を出してみよう

いきなり会社を辞めることはリスキーでもあるので、まずは上司や人事部に異動希望を出してみましょう。

職場が少し変わることで、雰囲気が変わることもおおいにあります。

会社の目的は、その会社の利益をできるだけ上げることであって、あなたへの嫌がらせではありません。

あなた個人が最大限に力を発揮できる環境でないと、会社も不利益を被るので、何かしらの対策を考えてくれることでしょう。

ただし、異動希望を出すときは、上司や人事部に「漠然と」相談するのはやめましょう

「たいしたことない」として、流されてしまう場合があります。

相談するときは、「何がいけなくて」このままだと「どうなる」ので「何がしたい」という要素をはっきりさせ、異動の理由を明確にしましょう。

うつ病の場合は休職を

うつ病の疑いがある人は、ぜひ休職も視野に入れましょう

しかし、休職を定めているかどうかは会社によって異なります。

ぜひ就業規則を確認してみるか、上司や人事に確認の相談をしてみましょう。

休職といっても、何日まで休職できるかが決まっている場合もあります。

休職することで、心身を休める期間を確保でき、体調が戻った時には復職もできます。

その一方で、収入が減るというデメリットも当然あります。

しかし、傷病手当金や休業補償給付などを受けることにより、ある程度の生活費を補償して貰えるかもしれません。

申請には診断書が必要になるので、お医者さんにかかった場合は、診断書などに気を配るようにしておきましょう。

最終的には退職を視野に入れて

異動・休職を試してみた、もしくはそうする余裕のないくらい追い詰められている人には、退職することをおすすめします。

就業規則に、「2週間前に申し出ること」「1か月前に申し出ること」と書かれている場合には、それに従いましょう。

就業規則に特に記載がない場合には、以下の民法の記載に従って、2週間前に申し出るようにしましょう。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。
<民法627条1項>

しかし、もし就業規則が1か月だけど2週間で辞めたい、出来るだけ早く辞めたいと思うほど追い詰められている場合は、会社と相談しましょう。

就業規則に関しては、民法の方が優先されることもあります

無断欠勤して辞めてしまうと、後から賠償請求をされることもあるので、まずは相談することをお勧めします。

また、退職届を出すときには、上司・人事部にメールを送るか、退職届を「配達証明付き内容証明郵便」で送るなどして、退職を願い出た証拠を残すようにしましょう。

「退職なんて聞いていない」と言われてしますと、退職する時期が延びてしまうかもしれません。

仕事の人間関係が嫌で仕事を辞めたい場合のベストな対応


ここでは、「今の仕事場を辞めて、新しい仕事を探したい」と考える人が、円滑に問題なく仕事を辞めるための方法を説明します。

退職の意思を伝える

まずは、退職の意思を上司や人事部に伝えましょう

辞めるまでの期間は、原則2週間、もしくは就業規則に準ずるので、早く辞めたい場合は、早く願い出なければなりません。

なお、全く取り合ってくれない場合は、会社に「配達証明付き内容証明郵便」で「退職届」を送りましょう。

「退職願」は「退職をただ願い出る」書類にすぎませんが、「退職届」は「民法で定められた厳格な」書類です。

辞職することは民法で権利として認められているので、安心して退職の書類を揃えましょう。

有給休暇を消化しよう

退職する前の期間は、有給休暇をとることもできます

有給休暇をとることができるのは、

  • 雇い入れの日から6か月以上勤務
  • 全労働日の8割以上出勤

を満たしている場合です。

上記の満たしている場合は、会社は有給休暇の願い出を断ることが原則できません

辞めるからといって遠慮をせずに、ぜひ有給休暇を全て消化してから退職しましょう。

転職先が決まっていない場合は失業保険を利用しよう

転職先がまだ決まっていない場合は、失業保険を利用することで、転職までの期間、生活費の手当てを受けることができます。

ただし自己都合による退社では、失業保険にいくつかの給付条件が付きます。

  • 雇用保険に2年以上加入していた
  • 失業状態である
  • 3か月間は受給されない

給付条件を確認した上で、手続きを始めましょう。

引き継ぎをしっかり行おう

引き継ぎを円滑に行うことも大切です。

会社は、あなたが担当している業務を100%把握している訳ではありません。

あなたが業務で使用していた資料や情報を整理しておき、他の人がその業務を行っても滞りがないようにしておきましょう

会社は、あなたの退職を認めてたくても、「今後の業務に大きな支障が出る」との理由で、退職時期を遅らせるよう説得してくることもあります。

出来るだけ早く辞めたいのであれば尚のこと、引き継ぎの準備を入念にしておきましょう。

転職先を探そう

退職の意思を持ち始めたあたりから、転職先を探すことも並行して行いましょう

失業保険は自己都合対象の場合、3か月は給付されません。

なので、なるべく辞めてから転職するまでの空白の時間を縮めることが大切です。

そこで、転職する際にお勧めするのが、転職エージェントの利用です。

転職エージェントは、転職を考えている全ての人が利用できる転職支援サービスです。

利用すると、転職のプロであるコンサルタントが、転職希望者とヒアリングをした上で転職先候補を紹介してくれます。

しかも、無料の転職エージェントサイトも多くあります。

転職エージェントは、あなたの希望に寄り添って求人を紹介してくれるので、就業してからのミスマッチが少なくなります

ぜひ、転職エージェントサイト利用して、自分についてくれるキャリアアドバイザーの方を積極的に利用しましょう。

このサイト(creive)内には、多くの転職エージェントや業種・地域別の転職エージェントの評判に関する記事が多くあります。

ぜひ、以下のリンクから、自分にあった転職エージェントをお探しください。

転職エージェントおすすめランキング!利用方法やメリットを徹底解説【55サイトから分析】
20代・第二新卒に強い転職サイトを厳選!おすすめを比較・ランキングしました

辞めるときには「退職代行」を利用するのも一つの手

「自分からはなかなか退職を言い出せない…」
「上司にとにかく会いたくない」

そんな思いをお持ちのかたには、退職代行サービスをお勧めします。

退職代行サービスは、相談をしてお金を払いさえすれば、面倒な退職の手続きを請け負ってくれるサービスです。

以下のサイトでは、退職代行サービスの料金・弁護士や行政書士の有無・サービス内容・実績に基づいて、お勧めの「退職代行サービス」を紹介しています。

退職代行のおすすめを比較して厳選しました【弁護士監修で失敗しない】

自分から退職を申請するのが難しい場合は、ぜひ退職代行サービスを利用してみてください。

仕事の人間関係が辛いのは自分が原因だと思わないで


人間関係で悩んでいる方の中には、
「こんな辛い人間関係を生んでしまったのは私が原因だ」
と、自分に責任を押し付ける人が多くいます。

しかし、仕事場の人間関係は、その仕事場の全員が作るものであり、一概に「あなたのせい」という訳ではありません

仕事場を変えることで、新しい仕事場では良い人間関係を築けた方も多くいます。

一職場で人生がダメになるような思いをするようであれば、今のうちから転職を視野に入れて、潰される前に脱出の準備を準備をしましょう。

仕事の人間関係が辛い時の対処方法まとめ

仕事場での人間関係が辛い人に向けて、仕事を辞めずに改善する方法・仕事を続ける人が困難な場合の対処法を紹介してきました。

健康に生きることが大切です。

今の職場がとても辛い場合は、転職エージェントや退職代行サービスなどを利用して、人生を少しでも楽にしましょう。









この記事をかいた人

Yuuu

Webマーケッター。 統計学やAIにも興味があり、 Python/Octaveを用いたデータサイエンスを学んだり、 G検定に合格したりしている。