仕事がつまらない人必読!仕事を面白くするヒントを伝授

「毎日の仕事がつまらない」
「単調な仕事ばかりで飽きた…」

と感じ始めていませんか?

久しぶりに友人と会うと、友人は仕事を楽しんでいるようで良いなぁ…とため息をつくこともあると思います。

この記事では、あなたが「仕事がつまらない」と感じている原因や、仕事を楽しく感じるための方法やってはいけないことなどを紹介します。

この記事を読んで、「なぜ仕事がつまらないと感じる」のか、「どうすれば楽しく働ける」のかが分かっていただければ幸いです。

「つまらない仕事」からいますぐ抜け出し転職したい方へ

「つまらないと感じる仕事」から抜け出し転職を検討する際は、転職エージェントを活用するのがおすすめ。

専門的な知識と数ある転職支援の知見から、あなたにとって最適な転職活動ができるように親身になって支援をしてくれます。

気になる方は、以下の記事をご覧ください。
転職エージェントおすすめランキング!利用方法やメリットを徹底解説【55サイトから分析】



どうして仕事がつまらない?原因を考えてみよう

はじめに、あなたが「仕事をつまらないと感じている理由」について、考えられるものを紹介していきます。

思っていた仕事と実際が違う

会社に入る前に抱いていた業務のイメージと、入社後に感じる実際の業務との差異に悩まされる人は多くいます。

思い通りの業務でも実際に着手してみると地味な作業が続いたり、入社前に説明されていた業務とは全然違う業務を任されたりすると、「何のために働いているか」が分からなくなってしまいます。

「やりたいこと」と「足らねばならないこと」がかけ離れている場合は、仕事へのモチベーションが下がる人が多いのは当然のことでしょう。

給与が満足できる額ではない

「取り組んでいる業務」と「支払われる給与」が釣り合わない場合、人は業務に魅力を感じなくなってしまいます。

その仕事の先に昇進や昇給が待っているのであれば、少しはモチベーションが上がるとは思いますが、昇進や昇給がないのであればより「その仕事をする意味」というのを感じられなくなるでしょう。

魅力を感じない、その仕事をする意味がない、と感じてしまうことによって、仕事がつまらないと感じているのかもしれません。

仕事に自分の能力が足りていない

自分の能力が仕事で求められているレベルに達していないと思っている場合は、仕事をこなしている感覚がなく、「つまらない」と感じる傾向にあります。

特に、自分の成果が数字として現れるような職に就いている場合は、明確に成果が把握できるので、自分が会社に貢献できていないことが分かって落ち込んでしまいます。

また、周りに仕事のできる人がいる場合も、自分とその人を比較してしまってやる気がなくなり、仕事がつまらないと感じることもあるでしょう。

「将来やりたいこと」と今の仕事がマッチしていない

「将来こんな職に就きたい」「こんなビジネスを立ち上げたい」といった明確なビジョンを持っている人は、そのビジョンと今の仕事が合っていないと、やる気があまり出ないでしょう。

人間は、自分に利益がないとあまり自分から動かないものです。

仕事は給料がもらえるのでそこで割り切っている人は良いですが、給料の他にも「やりがい」や「スキルアップ」を求めている場合は、この点が満たされず仕事に意欲が出ないということがあります。

仕事がほとんど評価されない

自分のした仕事が評価されていないと、自分がやったことがどのくらい意味あることだったのかが分からず、仕事がつまらなく感じることがあります。

評価はされているけども正当に評価されていない場合は、さらに自分のやったことが意味なかったと思うようになります。

自分の努力が見える化される、正当に評価されていないと、仕事へのやる気は失われるものでしょう。

人間関係が上手くいっていない

上司からのパワハラ・同僚からの嫌がらせがある場合は、仕事そのものというよりも会社自体に魅力を感じなくなります。

その場合は、仕事場に行くことすら苦痛に感じることでしょう。

仕事に直接影響はなくても、仕事場の環境が悪いと、仕事がつまらない、むしろ「嫌だ」と思うのは無理もありません。

自分でなくてもできる仕事が続く

自分でなくてもできる単純な仕事が続いているとやる気はなくなります。

自分が明日急にいなくなってもその仕事は誰かができるということは、自分がやる必要性がないということですもんね。

「自分でなくても良い」と感じてしまうと、人間は存在意義がわからなくなり、仕事がつまらなくなってしまいます。

同じ仕事を繰り返しているだけ

同じような業務を2年も3年も続けていると飽きてしまい、だんだんと魅力を感じなくなってしまいます。

人の脳は「変化」がないとつまらないと感じるようになっています。

毎週毎週同じような光景を見ていると、新しいことも思いつかず、ただただ気持ちが沈んでしまいます。

その仕事が「何のため」になっているのかわからない

自分の行なっている仕事が世の中の「何のため」になっているか分からない場合、仕事をしている意義を見出せず、やる気になれません。

目的がはっきりしていないと、やる気は出ないものです。

もしそれが希望していた業務でなかった場合は、余計につまらなく感じるでしょう。

仕事を楽しくするために試してほしいこと8つ


「仕事を楽しくする方法」はいくつもあります。

ここでは、仕事を楽しくするための8つの方法を紹介します。

自分にあった方法を試してみてください。

将来の目標を明確にする

将来の目標をはっきりさせることで、「今なぜその仕事をやっているのか」がわかり、仕事が捗ります。

給料が多くなり安定した家庭を持つ、希望の部署に肺臓される、起業するのに必要なスキルが身につくなど、目標ができることで、「今行っていることが何のためなのか」がはっきりします。

そして、できるだけ早く確実に目標に近づくためには、今以上に成果を出そうとさらにモチベーションが高まるかもしれません。

どの仕事が楽しくてどの仕事がつまらないかを考える

今行っている業務の「楽しいもの」「つまらないもの」を分析してみましょう。

「楽しい」と思える部分ははかどりますし、「つまらない」と思う部分も「楽しい」と思える仕事のために頑張ろうと、割り切れる心ができます。

また、「つまらない」と思う仕事はどうすれば楽しくなるだろう、と考える糸口にもなります。

目の前の仕事を完璧にしてみる

仕事に追われて達成感がなく「つまらない」と感じている方は、まずは目の前の仕事を完璧にしてみましょう。

余裕が出てくると自分で仕事のリズムも整えられるので、楽しく感じることがあります。

また、自分の能力が足りなく引け目を感じて「つまらない」と感じている人は、自身がついて、成長する感覚から「楽しい」と思えるようになるでしょう。

上司や人事に相談して、転属を願い出る

仕事が単調であったり自分に向いていないと思ったりした場合は、上司や人事に相談してみましょう。

転属を提案してくれるかもしれません。

会社の目的は会社全体の利益を上げることです。

あなたが上手く働けないことで会社の利益にマイナスになるようなことがあれば、何かしらの施策を考えてくれるでしょう。

新しい趣味を見つける

仕事に関してどうにも変えようのない場合は、新しい趣味を見つけることをおすすめします。

退屈な仕事が終わったら「楽しい」ことができるんだと、生活にメリハリがつくことで、仕事も頑張れます

「新しい趣味っていったって、どうやって見つければ良いんだ…?」とお悩みの方は、以下の記事をお読みください。

大人向けに趣味の見つけ方を解説しております。

新しい趣味や習い事を始めたい大人に!何かを始めたいときに使えるマッチングサイト

友達・恋人と会う時間を増やすなどプライベートを充実させる

友達と会う時間・恋人と過ごす時間を増やし、プライベートを充実させることも重要です。

特に単純な作業が仕事の人は、毎日同じ光景を見て同じような作業をしているので、気持ちのマンネリ化が起こります。

人と関わることで、普段は感じることができない刺激を感じることができ、また退屈な仕事でも頑張ろうと思えるでしょう。

楽しいと思える分野で副業で始める

今の仕事がつまらないと感じている方は、出勤前・退勤後や休日の時間を上手に使って、「楽しい」と思える分野で副業を始めることをおすすめします。

自分の好きな分野を選ぶので、ミスマッチが少ないです。

また、その副業がうまくいけば、副業を本業にすることもできます

「どんな副業があるのか分からない」という方は、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

【厳選14選】在宅でできる副業ランキング!サラリーマンや主婦におすすめ【月数万円の所得】

将来を見据えた転職活動をする

仕事が自分に合わず「つまらない」と感じる期間が長く続くようであれば、ぜひ転職を視野に入れましょう

しかし、仕事を辞めたい一心で転職をするのは控えましょう。

よく考えてからの転職でないと、またミスマッチを起こしてしまいます

そんな時に利用したいのが転職エージェント。

転職エージェントサイトに登録すると、多くの場合、担当のキャリアアドバイザーが一人一人につき、あなたに合った企業に就職するまでをサポートしてくれます。

このサイト(creive)内には、多くの転職エージェントや業種・地域別の転職エージェントの評判に関する記事が多くあります。

ぜひ、以下のリンクから、自分にあった転職エージェントをお探しください。
転職エージェントおすすめランキング!利用方法やメリットを徹底解説【55サイトから分析】
20代・第二新卒に強い転職サイトを厳選!おすすめを比較・ランキングしました

ついやりがち!仕事がつまらない時にやってはいけない事5つ


仕事がつまらないからといってやってしまうとNGなことを5つ紹介します。

場合によっては、大きなことに繋がるので十分に気をつけましょう。

つまらないと思い続けながら働く

つまらないと思いながら仕事を続けていると、

  • 成果が上がらず周りから良く思われない
  • 周りにもネガティブな雰囲気がうつる
  • 精神的な負荷が溜まっていく

など、他人や自分に対するデメリットが出てきます。

仕事が辛いと他のことをしていてもネガティブな気持ちになりやすくなってしまうので、どんどん負荷がかかってしまいます。

最悪の場合にはうつ病になってしまうので気をつけましょう。

もし今、うつ病がある方は以下の記事をお読みください。
うつ病で仕事を休む場合の給与や休職手続き、寛解後の復職が心配な人へ

仕事をサボる

仕事が「つまらない」からといって手抜きやサボりをしてしまうと、会社での信用を失います

信用を失った場合、仕事をなかなか与えてもらえないこともあるので、給料が上がらない、または減給されるということもあります。

あくまでも「仕事」ですので、手抜きやサボるといった行為はしない方が良いでしょう。

周りに悪口をこぼす

周りの人に相談をすることは良いことですが、悪口ばかり言っていると周りの人も不機嫌になってきます

また、周りの人があなたを「悪口ばかり言う人だ」と認識し、避けられてしまうことがあるかもしれません。

同僚に愚痴をこぼした場合は、その愚痴が上司に伝わる可能性もあるので、過度な悪口は厳禁です。

先を考えないで転職をする

職場が合わない人は、転職を考える人も多いと思います。

しかし、あまり先を考えずに転職をすると、また自分に合わない会社を選ぶ可能性があります。

むやみに転職活動を始めるのではなく、自分は仕事の何を「つまらない」と感じるのかを分析したり、転職エージェントなどを利用してプロに相談したりしてから、自分に最適な仕事が見つかるよう努めましょう。

転職エージェントおすすめランキング!利用方法やメリットを徹底解説【55サイトから分析】

無理やり楽しいと思い込む

「ポジティブ思考」という考え方が流行っていますが、無理やり楽しいと思い込んでしまうと、かえって精神的に負荷がかかってしまいます

正しい「ポジティブ思考」は、無理やり「楽しい」と思い込むのではなく、しっかり理屈をつけて、心から楽しいと思えるようになる考え方です。

「仕事は楽しいんだ仕事は楽しいんだ…」と自分に言い聞かせていると、いつか精神的に大きくガタツク時がきますので、無理やり楽しいと思い込むのはやめましょう。

どうしても仕事がつまらない時は一度やるだけやってみよう


仕事がつまらないと思っている人は多くいます

その中皆さん頑張っているので、仕事がつまらないと感じても一度は頑張ってみましょう

やみくもに転職をしても更なるミスマッチを生む可能性もあります。

仕事を続けていれば、もしかしたら面白いと感じられる時がくるかもしれません。

しかし頑張ってみても、「一向に楽しくなる気配がない」「周りの環境が悪くて自分まで病みそう」という状態であれば、転職を考えてみても良いでしょう。

このサイト(creive)内には、転職活動をミスマッチなく円滑に進めるための多くの転職エージェントや業種・地域別の転職エージェントの評判を紹介しています。

ぜひ、以下のリンクから、自分にあった転職エージェントをお探しください。

転職エージェントおすすめランキング!利用方法やメリットを徹底解説【55サイトから分析】
20代・第二新卒に強い転職サイトを厳選!おすすめを比較・ランキングしました

仕事を楽しくする方法まとめ

仕事を楽しくするためには、

  • 将来の目標を明確にする
  • どの仕事が楽しくてどの仕事がつまらないかを考える
  • 目の前の仕事を完璧にしてみる
  • 上司や人事に相談して、転属を願い出る
  • 新しい趣味を見つける
  • 友達・恋人と会う時間を増やすなどプライベートを充実させる
  • 楽しいと思える分野で副業で始める
  • 将来を見据えた転職活動をする

などの方法がありました。

一度は現在の環境で頑張ってみて、もしダメそうだったら転職を検討してみましょう。

転職の際には、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

以下のリンクから、自分に合った転職エージェントをお探しください。









この記事をかいた人

Yuuu

Webマーケッター。 統計学やAIにも興味があり、 Python/Octaveを用いたデータサイエンスを学んだり、 G検定に合格したりしている。