マンションでのインターネット契約おすすめのサービス徹底比較【経験者が紹介】

マンションでも快適にインターネットを利用したいと考えている方は、大変多いですよね。

マンションでネットを活用する場合は、そのマンションがどのようなインターネット環境なのか調べる必要があります。

戸建てと違いマンションの場合は、利用料金も違いますし工事費用も変わってきます。

今回はそんなマンションで快適かつ格安でインターネット環境を整えたい方のために、光回線の選び方とおすすめのサービスを詳しくまとめてみました。

インターネット環境のことでお困りの方は、是非とも参考にしてみてくださいね。



マンションのネット環境を調べる方法

インターネット回線を引く前に、まずはご自身が住んでいる(もしくはこれから住もうと考えている)マンションのネット環境を調べなければなりません。

マンション自体に光回線が引かれている場合は、工事の必要性がないので最短でも1週間でインターネットがご利用いただけます。

もし光回線がマンションに引かれていなかった場合は、後の章で詳しくご紹介するモバイル回線を検討しましょう。

実際にマンションのネット環境を確認するのは簡単で、契約するときに

  • 光回線対応
  • インターネット可能

などと書かれていた場合は、光回線がしっかりと引かれている証拠です。

しかしながらこれだけで安心してはいけません。中には、共用部分までしか光回線が来ていなかったりするので、そこから自室までは自分で回線工事を委託するする必要があるかもしれません。

手っ取り早く大家さんやマンションの管理会社に連絡するのも良いのですが、きちんと把握していない場合もあるので一番正確なのは光回線の会社で確認すること

確認した際に自室まで光回線がしっかりと引かれているようであれば、前述した通り1週間程度でインターネットがご利用いただけます。

マンションやアパートのメリットとデメリット

マンションやアパートでインターネット回線を利用する際のメリットとデメリットを、以下からみていきましょう。

実際にマンションやアパートで利用する時の方が、戸建てよりも工事費や月額料金が安く済みます。

しかしながら場所によっては、回線速度が遅かったり余計にお金がかかってしまったりするので、しっかりした確認が必要不可欠ですね。

マンションやアパートのメリット

マンションやアパートのメリットは、大きく分けて2つあります。

  1. 戸建てよりも基本料金が安い
  2. 工事費がほとんどかからない場合も

以下から詳しくそれぞれ見ていきましょう。

メリット①:戸建てよりも基本料金が安い

戸建てと比べてマンションの方が、光回線サービスの基本料金は安く設定されています。

マンションの場合は集合住宅となっているので、サービス会社側からしたら多くの契約者が見込めるので安く設定してありますが、戸建ての場合は一軒家で独占する形で回線を引き込むので若干割高に設定してあります。

メリット②:工事費がほとんどかからない場合も

マンションやアパートとの場合は、もともと光回線が引かれている場合が多いのでそういった場合は「工事費」がかからず、契約申し込みから最短で約1週間程度でインターネットを利用することができます。

これが戸建てとなると、光回線を引くための工事から取り掛かるので「工事費」がかかるほか、サービスの利用開始まで1ヶ月程度かかってしまいます。

マンションやアパートのデメリット

逆に、マンションやアパートのデメリットも2つあります。

主なデメリットとしては、

  • 建物内の利用者人数によっては、低速になることも
  • 建物の状況によっては、戸建てタイプでの契約になる

ここで挙げているデメリットはしっかりと理解しておかないと、ご自身が最終的に困ることになるのでしっかりと確認しておきましょう。

デメリット①:建物内の利用者人数によっては、低速になることも

マンションやアパートには前述した通り、最初から光回線が引かれているメリットがありますが、それも利用者が多すぎると通信回線速度が遅くなる場合もあります

よくゲストハウスやホステルなどを利用した際に、Wi-fi環境はあるのにめちゃくちゃ遅いと感じたことがありませんか?

それも同じように、利用者が多いため低速になっているのです。

デメリット②:建物の状況によっては、戸建てタイプでの契約になる

マンションやアパートの全てに、引かれている光回線が適応されるとは限りません。

ある程度の高さにある部屋には光回線が引けなかったり、マンション内の部屋なのになぜか光回線が利用できなかったりする場合もたまにあります。

そういった場合は、戸建てとして契約することになるケースもあるので、部屋を契約する前にしっかりと確認しておきましょう。

マンションのインターネットの選び方・おすすめの方法

マンションのインターネットの選び方としては、3つのパターン別にそれぞれ違います。

そのパターンとは、

  1. インターネット完備マンション
  2. フレッツ光対応マンション
  3. フレッツ光以外のネットに対応

の3つですね。

以下から詳しくそれぞれ解説していきます。

マンションのインターネットの選び方①:インターネット完備マンション

マンション自体にインターネットが完備されている場合は、当たり前ですがご自身で新たに契約する必要はありませんね。

そういったマンションも最近は増えていますので、実質かかるインターネット料金は0円で済みます。

また、インターネットが完備されているかどうかは、マンションの契約をする前にしっかりと確認しましょう。

マンションのインターネットの選び方②:フレッツ光対応マンション

マンションの中には前述したように、光回線が引かれているケースもあります。

そういった場合は、フレッツ光と契約してインターネットが利用できるようになりますね。

光回線を引き込む工事費用がかからないというメリットがあるので、申し込みから約1週間程度でインターネットがご利用いただけます。

マンションのインターネットの選び方③:フレッツ光以外のネットに対応

フレッツ光以外のネットに対応したマンションも中には、あるのでこの場合もどこのサービス会社の回線を引っ張って来ているのか確認する必要がありますね。

主なサービス会社としては、

などがありますので、それぞれのサービス内容については後の章で詳しくご紹介します。

もしもマンションのインターネット光回線が遅かったら!?

もしもマンションに引かれているインターネット光回線を使ったインターネットの通信速度を遅いと感じる場合は、モバイル回線を活用するのもアリですね。

モバイル回線とはレンタルWi-fiやポケットWi-fi等のことをいい、光回線と違い格安でインターネットが利用できる他、自宅の中だけではなく出先でもWi-fiを活用してネットをご利用いただけます。

もし、(マンションのネット使えねぇ…)と感じているのならば、モバイル回線で契約して利用するのも一つの手ですね。

筆者もレンタルWi-fiを1ヶ月ほど利用したことがありますが、実際のところ光回線よりも一人暮らしの方であればモバイル回線の方がコスパが良いです。

また、おすすめのモバイル回線サービスについては、後の章で詳しくご紹介していますのでそちらを参考にしてみてください。

マンションでのインターネット契約おすすめのサービス比較

ここではマンションでのインターネット契約する際のおすすめサービス会社を、以下に詳しくご紹介しています。

数あるインターネットサービスの中でも光回線は、安定した通信速度と無制限に使える通信容量が売りなので、ネットゲームを行う方や4Kで映像を見たい方などに向いていますね。

光回線サービスのおすすめは、

  1. NURO光
  2. @nifty光
  3. So-net光
  4. ぷらら光
  5. OCN光
  6. ドコモ光
  7. au光
  8. ソフトバンク光
  9. BIGLOBE光

の5つです。

もしスマホでauやドコモ、ソフトバンクなどを利用されている方は、それぞれのキャリアで提供している光回線サービスを利用した方が、セット割が適応されてお得に使えます。

光回線はそれぞれ特徴が細かく異なりますので、しっかりとご自身に合ったサービス会社選んで契約してみてくださいね。

おすすめの光回線①:NURO光

公式サイト:nuro光

世界一高速通信と呼ばれているNURO光(ニューロ光)。

最近はソフトバンク携帯に対応したお得なIP電話サービス「NURO光でんわ」なども注目を集めており、ソフトバンクユーザーはかなりお得にご利用いただけます。

また、「NURO光forマンション」と呼ばれるマンション専用のプランがあるので、大変お安くサービス利用できるようにもなっていますね。

ただ、利用可能エリアがかなり絞られているので、ご利用の際にはしっかりとエリア確認が必要です。

<価格>
月額料金:1,900円~4,743円

<工事費>
40,000円

<利用可能エリア>

  • 関東1都6県(東京、埼玉、神奈川、千葉、栃木、茨城、群馬)
  • 東海4県(静岡、愛知、三重、岐阜)
  • 関西2府3県(大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀)

<こんな人におすすめ>

  • スマホでソフトバンクを利用されている方
  • 通信速度にとにかくこだわりたい方
  • 月額支払い料金の安さにこだわりたい方

おすすめの光回線②:@nifty光

公式サイト:https://setsuzoku.nifty.com/niftyhikari/

あまり馴染みがないプロバイダサービスの「@nity(ニフティ) 」。

モバイル回線などの貸し出しも行っており、ニフティ会員になると様々な特典が受けられるのが特徴ですね。

マンションだと3000円前後でインターネットが使えるので、大変格安の部類に入るサービス会社の一つです。

<価格>
月額料金:3,400円~3,980円

<工事費>
15,000円

<利用可能エリア>

日本全国

<こんな人におすすめ>

  • 広い範囲で利用できるサービスを探している方
  • とにかく安さにこだわりたい方

おすすめの光回線③:So-net光

公式サイト:https://www.so-net.ne.jp/access/hikari/

インターネット業界では大御所と呼ばれている「So-net光」

ISP(インターネットサービスプロバイダ)では、利用者数が270万人と業界では3番目に利用者が多いサービス会社です。

光回線の通信速度的には、nuro光にひけをとらない程の速さといっても過言ではないでしょう。

<価格>
月額料金:2,480円~4,480円

<工事費>
24,000円

<利用可能エリア>

日本全国

<こんな人におすすめ>

  • 業界大手のサービスを利用したい方
  • 利用者ができるだけ多いサービスが良い方
  • 通信速度にこだわりたい方

おすすめの光回線④:ぷらら光

公式サイト:https://www.plala.or.jp/p-hikari/

光回線とプロバイダが一つになった新しい光接続サービス「ぷらら光」。

セットになっているからこそ、月額料金も3600円ぽっきりとかなりお安くなっているのが特徴ですね。

大手のフレッツ光などと比較しても、かなり安い値段でサービス利用できるので利用者も年々増えてきています。

<価格>
月額料金:3,600円

<工事費>
15,000円

<利用可能エリア>

日本全国

<こんな人におすすめ>

  • 月額料金をできるだけ抑えたい方
  • 光回線とプロバイダが一つになっているサービスを探している方

おすすめの光回線⑤:OCN光

公式サイト:https://www.ntt.com/personal/services/internet/hikari/ocnhikari.html

フレッツ光回線を使用しているプロバイダの中でも、ダントツで利用者が多いのがOCN。

知名度的にもダントツで高いプロバイダの一つで、フレッツ光回線とコラボしたことで「OCN光」が生まれました。

その特徴は言わずもがな利用料金が安いことのほかに、フレッツ光回線を利用しているので日本全国で利用できることでしょう。

<価格>
月額料金:3,600円

<工事費>
15,000円

<利用可能エリア>

日本全国

<こんな人におすすめ>

  • できるだけ知名度が高いサービスを利用したい方
  • 日本全国エリアを選ばず利用できるサービスがよい方
  • できるだけ安さにこだわりたい方

ドコモ光

公式サイト:ドコモ光

セット割がもちろん適応されるほか、選べるプランが豊富で自分でカスタマイズすることも可能です。

また、プロバイダサービス「GMOとくとくBB」からお申し込み頂くと、新規工事料金18,000円が無料になるほか15,000円のキャッシュバックすることもできます。

スマホとのセット割もあるのでドコモユーザーの方には是非おすすめです。

<価格>
4,000円

<工事費>
16,200円

<利用可能エリア>

出典:https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/eizo_service/skyperfectv/area/

<こんな人におすすめ>
ドコモユーザーの方

au光

公式サイト:auひかり

キャッシュバック55000円と高額なのが特徴です。サービスの提供歴も長く安心して使用することができます。

特にauのスマホと一緒に使用すると割引を受けることができお得な割引を受けることができます。

<価格>
月額料金3,800円
<工事費>
30,000円
<利用可能エリア>
日本全国(詳しくはこちらからご確認できます。)
https://bb-application.au.kddi.com/auhikari/zipcode
<こんな人におすすめ>
・キャッシュバックを受けたい方
・auユーザーの方

ソフトバンク光

公式サイト:SoftBank光

ソフトバンクユーザーに是非ともおすすめしたいのがソフトバンク光です。

ソフトバンクのスマホ1台につき1000円の割引を受けることができます。回線のスピードも申し分なく使いやすいです。

<価格>
3,800円

<工事費>
24,000円

<利用可能エリア>
NTT東日本エリア
NTT西日本エリア

<こんな人におすすめ>
ソフトバンクユーザーの方

BIGLOBE光

公式サイト:https://join.biglobe.ne.jp/ftth/hikari

NECがプロバイダーを提供している光ファイバーサービスといっても過言ではない会社です。

フレッツ光からの乗り換えであれば設置工事の必要がなく、0からの設置工事でも工事費用はキャンペーン割で実質無料になるのが大きな特徴。

特にauユーザーのかたはスマホ割を受けることができます。
<価格>
3,980円

<工事費>
27,000円

<利用可能エリア>
静岡県
愛知県
岐阜県
三重県
大阪府
京都府
和歌山県
奈良県
滋賀県
兵庫県
沖縄県

<こんな人におすすめ>

  • フレッツ光からの乗り換えを考えている方
  • auユーザーの方

マンションで使うインターネット光回線のおすすめを表で比較してみました

ここではマンションで使うインターネット光回線のおすすめを、分かりやすく表で比較してみました。これから光回線の利用を検討されている方は、是非とも参考にしてみて下さい。

光回線 月額料金 回線速度 割引対象キャリア キャッシュバック
NURO光 4,743円 最大2Gbps SoftBank 最大35,000円
@nifty光 3,480円 最大1Gbps au 最大25,000円
So-net光 4,480円 最大1Gbps au なし
ぷらら光 3,600円 最大1Gbps なし 最大35,000円
OCN光 3,600円 最大1Gbps OCNモバイル 最大15,000円
ドコモ光 4,000円 最大1Gbps docomo 最大15,000円
auひかり 3,800円 最大1Gbps au 最大52,000円
SoftBank光 3,800円 最大1Gbps SoftBank 最大54,000円
ビッグローブ光 3,980円 最大1Gbps BIGLOBEモバイル 最大26,000円

一覧で見るとどの項目が特化しているのか光回線サービスごとに分かりやすいので、かなり便利です。

また、ご自身がどの項目を一番重要視しているのかによっても利用するサービスが異なってくると思いますので、以下からもっとそれぞれの項目別に掘り下げてみていきましょう。

マンションで使うインターネット光回線の初期費用を比較

マンションで使うインターネット光回線の初期費用に関して、以下に分かりやすく表で比較してみました。

工事費に関してはあくまでも目安なので参考程度に比較してみて下さいね。また、利用される光回線サービスによっては、実質工事費が無料になるところもあります。

光回線 契約手数料 工事費
NURO光 3,000円 40,000円
@nifty光 2,000円 18,000円
So-net光 800円 24,000円
ぷらら光 0円 18,000円
OCN光l 800円 18,000円
ドコモ光 3,000円 19,800円
auひかり 3,000円 37,500円
SoftBank光 3,000円 24,000円
ビッグローブ光 3,000円 30,000円

初期費用に関してはマンションと戸建では工事費の項目が変わってくるので、ご自身がどのようなマンションにお住まいなのかしっかりと確認する必要性があります。

実際にマンションの場合は以下の3つのタイプに分けられます。

  • 既にフレッツ光回線が自室まで引かれている
  • フレッツ光回線がありはするが自室までは引かれていない
  • マンション自体に光回線工事がされていない

既に自室まで回線が引かれている場合は工事費はかかりませんが、供用スペース等までしか引かれていない場合はそこから自室まで引き込む工事が必要です。

また、マンション自体に全く光回線が引かれていない場合は外部からの引き込みを検討しないといけないので、その点に関しては一度管理人と話し合ってみて下さいね。

マンションで使うインターネット光回線の月額料金を比較

マンションで使うインターネット光回線の月額料金を以下に表で比較してみましたが、月額料金は今後長く利用する事を考えるととても重要な項目です。

光回線 月額料金
NURO光 4,743円
@nifty光 3,480円
So-net光 4,480円
ぷらら光 3,600円
OCN光l 3,600円
ドコモ光 4,000円
auひかり 3,800円
SoftBank光 3,800円
ビッグローブ光 3,980円

それぞれ長期的な目線で考えると数百円の差でも5年10年も使い続ける事を考えると、かなりの差になってきますね。

また、戸建の場合はその考え方だけでも十分なのですが、マンションの場合は引っ越しするする際のリスクもありますので、月額料金だけではなく他のサービス内容もかなり重要です。

例えば違約金がかかる期間や工事費といったところでしょうか。

その他、利用するエリアによっても回線速度が遅かったり最悪繋がらなかったりもするので、ご自身の住んでいるエリアでどのような光回線サービスがよく利用されているのかリサーチする事も大切です。

マンションで使うインターネット光回線の回線速度を比較

マンションで使うインターネット光回線の回線速度に関してですが、一番速いと言われているのは「NURO光」になります。

基本的にはどの光回線サービスでも1Gbpsが最大となっていますが、NURO光に関しては最大2Gbpsまで出るようになっていますね。

ただ利用可能エリアが関東・関西・東海と絞られているので、そのエリア内にお住いの方しかご利用になれません。

ですが、基本的には最大1Gbpsでもストレスなくインターネットは活用できるので、ご自身の用途に合った光回線を選ぶ事が大切になってきます。

マンションで使うインターネット光回線のキャンペーン割引を比較

マンションで使うインターネット光回線にはスマホとセットで利用する事で基本料金よりもお得に利用する事が出来るようになっています。

ただ対応しているキャリア(au、docomo、SoftBank)がそれぞれ違う為、あなたが利用しているキャリアに合った光回線サービスを利用しないとキャンペーン割引を受ける事ができません。

光回線 キャンペーン割引額
NURO光 1,000円割引(スマホ代)
@nifty光 2,960円割引(光回線代)
So-net光 最大2,000円割引(スマホ代)
ぷらら光 なし
OCN光l 1,100円割引(光回線代)
ドコモ光 最大3,850円割引(スマホ代)
auひかり 最大2,000円割引(スマホ代)
SoftBank光 1,000円割引(スマホ代)
ビッグローブ光 最大2,000円割引(スマホ代)

また、場合によっては光回線代金も一緒に安くなるケースもあるのでその辺まで詳しく調べて比較する事が大切になってきます。

キャンペーン割引の金額に関しては時期によっても変わってくる可能性もあるので、気になる方はそれぞれの公式サイトで詳細をチェックしてみて下さいね。

マンションで使うインターネット光回線のキャッシュバックを比較

マンションで使うインターネット光回線のキャッシュバックに関してですが、以下に表でそれぞれ貰える金額をまとめてみました。

光回線 キャッシュバック
NURO光 最大35,000円
@nifty光 最大25,000円
So-net光 なし
ぷらら光 最大35,000円
OCN光l 最大15,000円
ドコモ光 最大15,000円
auひかり 最大52,000円
SoftBank光 最大54,000円
ビッグローブ光 最大26,000円

中には最大で5万円以上も貰える光回線サービスもありますが、実際には貰える為の条件が難しかったり対象外だったりする場合もあるので詳細をしっかりと確認する事が重要になってきます。

人によっては高額なキャッシュバックにつられて契約してしまう方も大変多いので、しっかりとその条件やサービス内容等も検討した上で契約するようにして下さいね。

マンションで一人暮らしならモバイル回線もアリ

マンションで一人暮らしの方であれば、光回線を無理に利用せずともモバイル回線(レンタルWi-fiやポケットWi-fi等)を利用するのもアリです。

モバイル回線の方が月額料金は、光回線よりも安く抑えることができるほか、自宅の外でもインターネットを自由にご利用いただけますね。

中でもおすすめのサービス会社は、以下の3つです。

  1. GMOとくとくBB
  2. Yahoo!WiFi
  3. C mobile

こちらもそれぞれ詳しく解説して行きますね。

おすすめのモバイル回線①:GMOとくとくBB

公式サイト:https://gmobb.jp/

Wi-fiルーターが自宅に届けば、すぐにでもインターネットが使えるプロバイダサービス「GMOとくとくBB」。

WiMAXを活用したプロバイダの中でも特に有名なGMOとくとくBBは、面倒な手続きや工事などは一切不要で誰でも簡単にご利用いただけるところが最大のメリットですね。

また、利用料金も月額3609円からなので大変お安くなっています。

<価格>

月額料金:3,609円〜

<こんな人におすすめ>

  • 業界の中でも特に有名なサービスを使いたい方
  • とにかく安さにこだわりたい方
  • モバイル回線を使うのが初めての方

おすすめのモバイル回線②:Yahoo!Mobile

公式サイト:https://ymobile-store.yahoo.co.jp/special/603HW/?argument=nDEAcNmW&dmai=591

Yahoo!プレミアム会員であれば、月額料金が2,480円で利用できる「Yahoo!Mobile」。

Wi-fiルーター本体はポケットタイプなので大変持ち運びが便利な上、バッテリー容量も豊富で最大10時間ご利用いただけます。

また、端末代金は無料な上に、届いたその日から使えてこちらも大変便利ですね。

<価格>

月額料金:3,696円〜

<こんな人におすすめ>

  • 端末料金無料がよい方
  • Wi-fiルーターがポケットタイプのほうがよい方
  • Yahoo!プレミアム会員の方

おすすめのモバイル回線③:C mobile

公式サイト:https://c-mobile.jp/

ドコモのLTE回線を使用しているため、大変繋がりやすいと評判なサービス「C mobile」。

こちらもWi-fiルーターはコンパクトタイプで持ち運び便利な上に、ドコモ回線を利用しているので全国各地広いエリアでインターネットが利用できます。

また、お得なセットプランが充実しているで、他のサービスよりも人によってはかなりお得に利用できるでしょう。

<価格>

月額料金:3,600円

<こんな人におすすめ>

  • ドコモ回線を利用しているサービスがよい方
  • Wi-fiルーターはコンパクトタイプがよい方
  • 繋がりやすさにこだわりたい方

マンションのインターネット接続する際の注意点

マンションのインターネット接続する際の注意点を大きく分けて、3つに絞って以下にまとめてみました。

  1. 導入可能な光回線か調べる
  2. 導入状況を確認する
  3. スケージュール確認を行う

これだけだと分かりにくいので、それぞれ詳しく解説していきますね。

インターネット接続する際の注意点①:本当に自分の用途にあっているか

マンションに家族で生活するのであれば、光回線の必要性も分かりますが一人暮らしの場合は必要ない可能性が高いです。

もちろん、オンラインゲーム等をマンションの自室で行うのであれば光回線が必要かもしれませんが、それ以外の理由であれば極論スマホのテザリング等でも解決する事が多いです。

また、一人暮らしの場合はポケットWi-fiという方法もあるので、まずはあなたの利用目的をハッキリさせてから申し込んだ方が良いでしょう。

インターネット接続する際の注意点②:導入状況を確認する

マンションによっては、既に光回線が自室まで引かれている場所もあります。
そういった場合は、設置工事等の必要もなく無料でインターネットが利用できますね。

2つ目にマンション自体に光回線はあるけど、共有スペースまでしか引かれていない場合もあります。そういった場合は、自室まで引く必要性があるので工事が必要です。

3つ目のケースとしては、マンション自体に全く光回線が引かれていない場合ですね。
この場合は、一度大家さんまたは管理会社に相談してから手続きを行うようにしましょう。

インターネット接続する際の注意点③:スケジュール確認を行う

光回線を引く場合は、申し込みから契約、その後の設置工事の立会い等が終わって、やっとインターネットが利用できる様になります。

場合によっては工事が遅れたりすることもあるので、しっかりと進行状況を把握しておかなければいけません。

また、設置工事には必ず立会いが必要なので、そういったスケージュールの確認をしっかりと自身で行う必要がありますね。

それが面倒だと感じる方は、ポケットWi-fi等を利用しましょう。

マンションのインターネット契約に関する良くあるQ&A

ここではマンションのインターネット契約に関する良くある質問を、以下にまとめてみました。

  • マンションに良くあるインターネット完備と対応ってどう違うの?
  • マンションは自室までどの様に回線が繋がっているんですか?
  • プロバイダによって速度が変わるのはなぜですか?
  • マンション等におすすめのプロバイダについて教えて下さい
  • マンションでオンラインゲームする場合は個人契約した方が良いのでしょうか?

それぞれの質問に回答を記載していますので、是非とも参考にしてみて下さいね。

Q1:マンションに良くあるインターネット完備と対応ってどう違うの?

マンションを契約する際に詳細に良く「インターネット完備」「インターネット対応」と記載されている場合があるのですが、これにはそれぞれ以下の様な意味があります。

インターネット完備=マンションで無料のインターネットが使える
インターネット対応=マンションに光回線の設置工事はしているが、自室までは引いてない

「完備」の場合は、マンションに既にネット環境があるので無料で使えますが、「対応」の場合は自室までネット環境が引かれていないので工事が必要です。

また、「インターネット完備」の場合でも、通信速度が遅くて使えなかったりする場合もあるので、しっかりとその点も契約前に確認が必要ですね。

Q2:マンションは自室までどの様に回線が繋がっているんですか?

多くのマンションでは、光ケーブルによって外部と接続されています。

そこから先は、以下の3つのパターンで繋がっているので、自分の今住んでいるマンションもしくは住もうかと検討しているマンションを確認してみてください。

  • 光配線方式:「光ファイバー」で繋がっている
  • VDSL方式:共用施設から各部屋まで「アナログの電話回線」で繋がっている
  • LAN方式:「LANケーブル」で繋がっている

それぞれの方式によって、何で繋がっているかが違う訳です。

もちろん一番優れているのは「光ファイバー」の光配線方式ですね。

マンションによっては「VDSL方式」のところもあるのですが、速度的にはストレスなく使えるので気にする事はありません。

Q3:プロバイダによって速度が変わるのはなぜですか?

プロバイダによって速度が変わるのは、あなたの地域的な問題が深く関係しています。

その地域のプロバイダを使っている人が多い場合は、時間帯によってはかなり通信速度が遅くなる傾向があり、逆にそれ程使ってる人がいないのであればサクサク使えます。

ですので、「ここのプロバイダが速いよ!」と勧められても基本的には、あなたの地域で使っている人に影響される問題なので、プロバイダサービス自体を比較する意味はありません。

比較するなら、料金面を比較する様にしましょう。

Q4:マンション等におすすめのプロバイダについて教えて下さい

マンションにおすすめのプロバイダは、以下の通りです。

NURO光なんかは、月額料金1,900円から使えるのでかなりコスパが良いですよ。

また、それぞれの特徴については「マンションでのインターネット契約おすすめのサービス比較」の章で詳しく解説していますので、是非ともそちらを参考にしてみてくださいね。

Q5:マンションでオンラインゲームする場合は個人契約した方が良いのでしょうか?

マンションでオンラインゲームをする場合は、たとえマンション自体に無料のネット環境が完備されていたとしても、スムーズなプレイは望めない場合があります。

その理由としては、マンション自体に利用者が多いので回線がどうしても重くなってしまうんですね。

ストレスなくやりたいのであれば、新たに個人契約する方が良いかもしれません。

この辺りはマンションによっても状況が違うので、まずは試しにやってみてダメだったら個人で新たに契約する様にすると良いですね。

マンションでのインターネット契約は慎重に!

マンションで光回線を利用される方は、そのマンションのインターネット環境によっては工事の必要性がなかったり、もともとマンション自体にネット環境が備えられていたりするので事前確認がとても大事になってきます。

前述したように、マンションに一人暮らしの方であればモバイル回線を使うことをおすすめしますが、実際にはスマホのネット回線でもテザリング機能などを行えばPCでもインターネットの利用は可能です。

もし、ご自身がどうしてもマンションの自室のインターネット環境を整えたいのであれば、光回線であれば「nuro光」、モバイル回線であれば「GMOとくとくBB」のWiMAXをおすすめしますね。

ただ、前述したようにそれぞれに合ったサービスがあるので、ご自身で最終的にはしっかりと契約内容を確認して決めるようにしてください。

間違っても近くの電気屋さんで、適当に契約しないようにしてくださいね。









この記事をかいた人

29歳ドイツ在住のトラベルライター。公務員から2年半で専業ライターへ。その後はワーホリビザを取得し,ドイツを拠点に海外ノマド。Webライティング,ブログ運営が生業。ライター歴3年。クラウドワークス受注実績200件。【九州男児のぶらり旅】という旅ブログを運営しています。