インターネットを最安値で使用したい方必見!各社サービス徹底比較

  • 自宅でも自由にインターネットが使えるようにしたいのだけど、光回線とかWiFiルーターとかどうすればいいのか分からない…
  • 巷では自宅でネットするなら光回線が良い、とか聞いたけど正直仕組みが難しくて理解できない…
  • 自宅でもWiFi使いたいし、外でも通信容量気にせずにネットを自由に使いたいけどどうすればいいの?

こんなことを考えていませんか?

正直、レンタルWi-fiは比較的簡単な仕組みとなっていますが、光回線について素人目で見てかなり難しい仕組みになっています。

私たちの身の回りではネット環境が当たり前のように溢れていますが、自宅でもスタバやホテルのように自由にWi-fiを使ってインターネットを利用したいですよね。

今回はそんなあなたのために、インターネットを自宅でも安く利用できるサービスを詳しくまとめてみました。

損しないためにしっかりとその仕組みを理解して、どのようなサービスが自分の利用目的に合っているのかを考えて、選んでみて下さいね。



インターネットのWi-fiと光回線の違いとは?

自宅で自由にインターネットを利用するには、2つの方法があります。

  1. カフェなどでよく使うWi-fiを活用したインターネット
  2. 光回線と言われる自宅やマンションに直接設置するタイプ

どちらもインターネットを自由に使うことはできますが、それぞれにしっかりと特徴があるのでご自身の利用目的に合わせて選ぶ必要があります。

<Wi-fiインターネット>

自宅の外でも自由に使えるポケットタイプもあり、どちらかというと場所を選ばずにネットを使いたい人向けです。

<光インターネット>

実際に建物に設置するので、外に持ち運んだりはできませんがその代わり、Wi-fiタイプに比べて回線速度と通信容量が比べ物にならないぐらい速く、制限なく使えますね。

ですので、光回線の方はヘビーユーザーな方向けまたは、家族などの大人数で使いたい方向けのサービスと言えるでしょう。

このように利用目的によってどちらのサービスが合っているかどうかが変わってくるので、まずはご自身がどのような使い方をしたいのかをしっかりと考える必要がありますね。

インターネットを出来るだけ安く使いたい方はWi-fiがおすすめ!

「私は出来るだけ安くインターネットを使いたいです!」

といった”価格”にとことんこだわりたい方は、レンタルWi-fiやポケットWi-fiなどのサービスがおすすめですね。

平均的な価格帯は、月々約1300〜4000円前後で使えるので大変コスパが良いです。

初期費用となる設置工事費などもかかりませんし、Wi-fiルーター本体が届いたその日からインターネットのご利用ができるようになるので大変便利。

YouTube動画やネットフリックスなどのドラマや映画を見る程度であれば、ストレスなく自由に使えるほか、前述したように外出先でも利用することができます。

(インターネットをどこよりも安くコスパにこだわって利用したい!)と考えている方は、レンタルWi-fiを利用してスマホは格安SIMを利用すると月々のインターネット固定費も極限まで抑えることができるでしょう。

速度と容量にこだわりたい方は光インターネットがおすすめ!

自宅やマンション、アパートでオンラインゲームを行なっており、家族もいるので大人数で使えるインターネットサービスがいい!といった方は、光回線を利用する方が良いでしょう。

光回線はレンタルWi-fiやポケットWi-fiなどと違い、回線速度はその2〜3倍ほど速く通信容量も無制限に使えます。

インターネット回線自体が安定しているため、途中で途切れたり回線が遅くなったりすることはまずないのが光回線の大きなメリットですね。

自宅でももしプレステ4のオランラインゲームや、大勢の人数でネットを利用したいといった方は、是非とも光回線を利用してみて下さい。

Wi-fiインターネットのメリットとデメリット

Wi-fiインターネットのメリットとデメリットを、ここでは詳しくご説明します。

Wi-fiでのネット利用はかなり便利ですが、特徴的には複数の人数で使うのではなく個人で使うのに向いているサービスです。

ただ、サービスプランにもよりますのでしっかりとそのメリットとデメリットを参考にしながら、ご利用するかどうか決めてみて下さいね。

Wi-fiインターネットのメリット

Wi-fiインターネットのメリットは大きく分けて、4つあります。

  1. 回線工事が不要
  2. 届いたその日から使える
  3. 引っ越しが楽
  4. 自宅の外でも使える

Wi-fiルーターを活用したインターネットサービスの利用はかなりシンプルで、ネットで申し込んでWi-fiルーターが自宅に届くとすぐにでもインターネットをご利用いただけます。

本体の買い切りタイプもありますが、レンタルタイプだと本体代金もかからないため実質支払うのは毎月の利用料金だけですね。

それでは以下から、そのメリットについて詳しくみて行きましょう。

Wi-fiネットのメリット①:回線工事が不要

WiFiタイプのインターネットご利用は、工事費用がかかりません。

WiFiルーターが近くの電波塔から電波をキャッチしてWi-fiが使えるようになるため、ルーターの設置工事をする必要性がないんですね。

これが光回線だと設置工事費が数千円から数万円かかりますが、Wi-fiタイプは無料です。

Wi-fiネットのメリット②:届いたその日から使える

レンタルWi-fiやポケットWi-fiなどのサービスはネットで申し込んで、WiFiルーター本体が届くとその日から利用が可能になります。

WiFiルーター本体の輸送も申し込みから3日程度で自宅まで届くので、申し込みから利用開始までが大変スピーディーですね。

Wi-fiネットのメリット③:引っ越しが楽

レンタルWi-fiやポケットWi-fiサービス会社から提供されるWiFiルーターは、スマホの半分程度の大きさで、重さもスマホと同じぐらいからそれ以下です。

ですので、万が一引っ越しなどを行う時も、スマホと一緒にバックに入れてすぐにでも移動できますね。

ですが、これが光回線だと契約会社に連絡したり、取り外しの工事を依頼したりとまた費用が別にかかってしまうこともあります。

Wi-fiネットのメリット④:自宅の外でも使える

WiFiルーターでインターネットを利用する際には、自宅の外でも利用が可能です。

前述した通り本体がとてもコンパクトで持ち運びが楽なので、自宅の外でインターネットを利用したいと考えている方には大変便利だと思います。

Wi-fiインターネットのデメリット

WiFiインターネットのデメリットもしっかりとあります。

大きなデメリットとしは、2つ。

  1. エリアの電波状況に依存している
  2. 利用に制限がある

こちらもそれぞれ詳しくみていきましょう。

Wi-fiネットのデメリット①:エリアの電波状況に依存している

レンタルWi-fiやポケットWi-fi等のサービスを利用する方は、エリアの電波状況に大きく影響を受けてしまいます。

一定のエリアで利用しているユーザーが多い場合は、回線が繋がりズラかったり途中で回線が途絶えてしまったりする可能性があります。

ゲストハウスやホステルなどに宿泊したことがある方は、Wi-fi環境はあるのに(繋がりにくいなぁ)と感じたことはありませんか?それは同じエリアの電波を使っている人が多いからに他なりません。

Wi-fiネットのデメリット②:利用に制限がある

レンタルWi-fiやポケットWi-fi等では「無制限」を謳っているサービス会社が大変多いですが、実際には完全に無制限で使えるサービスは存在しません。

ある程度の通信容量を使ってしまうと、利用制限がかかるようになっていますのでしっかりと利用する際には公式HPだけではなく、実際の利用者の口コミや評判も確認してから使うようにして下さいね。

Wi-fiインターネット最安値のサービスを比較

Wi-fiインターネット利用を考えた時に、最安となるのは以下の順になります。

  1. GMOとくとくBB WiMAX 2+
  2. カシモ WiMAX
  3. SPACE Wi-Fi

価格だけではなく、細かい特徴やプランなどについて違いがあるので、ご自身の利用目的に合わせて選んでみて下さいね。

それでは、以下から詳しくそれぞれ解説していきます。

Wi-fiインターネットおすすめ①:GMOとくとくBB WiMAX 2+

公式サイト:https://gmobb.jp/wimax/

ポケットWi-fiサービス会社が提供するプランの中でもダントツで、安くコスパが良いのが「GMOとくとくBB WiMAX 2+」。

ギガ放題プランがあるので、通信容量を気にせず毎月ストレスなくインターネットをご利用いただけます。

最近はYouTubeで動画を見る人も増えて、利用者も大変増えてきたポケットWi-fiですがスマホの格安SIMと合わせて使うと月々のインターネット固定費をかなり安く抑えることもできますね。

<価格>

月額利用料金:3,609円(税抜)〜(1〜2ヶ月目まで)

Wi-fiインターネットおすすめ②:カシモ WiMAX

公式サイト:https://www.ka-shimo.com/wimax

業界最安値と言われているWiFiインターネットサービスを提供する「カシモWiMAX」。

月額利用料金1300円代と業界の中でも、ダントツに安い値段でサービスを提供しているのですがこれには訳があり、他がやっているようなキャッシュバックをカシモは行なっていません。

ですが、ご利用プランがかなりシンプルになっているので、初心者の方でも安心して利用できるところが魅力的ですね。

<価格>

月額利用料金:1,380円〜(1ヶ月目のみ)

Wi-fiインターネットおすすめ③:SPACE Wi-Fi

公式サイト:https://spacewifi.info/

レンタルWi-fiの中でも通信速度が速いことで有名なサービス「SPACE Wi-Fi」。

他のサービスには2年間の縛りなどがあったりしますが、SPACE Wi-Fiにはそれがないのでいつでも自由に解約できます。

また、SPACE Wi-Fiのお問い合わせサポートも大変丁寧で、親身になって相談にのってくれると好評ですね。

<価格>

月額利用料金:3,680円〜

光インターネットのメリットとデメリット

ここでは光インターネットのメリットとデメリットについて、初心者でも分かりやすく説明していきます。

光回線は何かと仕組みが難しくできているので、大変理解しずらいかも知れませんがかかる料金的には以下の表を参考にして頂けましたら分かりやすいでしょう。

出典:http://internet-kyokasho.com/lowest-price-hikari/

光回線はこのように回線利用料金の他に、プロバイダ料金と工事費が含まれています。

レンタルWi-fiやポケットWi-fiの場合は、回線使用料だけで良かったですが光回線はそうもいかないんですね。

それぞれの料金についての詳細は、後でご紹介するサービス会社別にご確認ください。

では、以下から光回線のメリットとデメリットを詳しくみていきましょう。

光インターネットのメリット

光インターネットを利用するメリットは、大きく分けて3つあります。

  1. 最も高速で安定した回線
  2. 通信容量が使い放題
  3. 家族が使ってもサクサク繋がる

分かりやすく一つずつ解説していきますね。

光回線のメリット①:最も高速で安定した回線

光回線は自宅に直接ルーターを設置して利用するので、大変安定した通信回線を利用することができます。

回線速度もレンタルWi-fiやポケットWi-fiの比ではなく、2倍以上速いですね。

光回線のメリット②:通信容量が使い放題

レンタルWi-fiやポケットWi-fi等には無制限と謳っていても、実は通信制限が設けてあるのですが光回線に至っては通信容量に制限が本当にありません。

特にヘビーユーザーの方には、大変向いているサービスですね。

光回線のメリット③:家族が使ってもサクサク繋がる

光回線は家族やその他大勢の人数で同時に使用しても、インターネットの回線が遅くなったり繋がりにくくなったりすることはありません。

ですので、マンションやアパートに管理人が設置している場合も多くあります。

光インターネットのデメリット

光回線にもデメリットは存在します。

大きなデメリットと呼べれるものは、以下の2つ。

  1. 回線工事あ必要
  2. 引越しの際に手間がかかる

光インターネットの利用はネット利用者にとっては最強の環境と呼べるのですが、如何せん上記のデメリットが大きいですね。

こちらもそれぞれ詳しく解説します。

光回線のデメリット①:回線工事が必要

光回線はルーターの設置に工事が必要になります。

工事費は設置場所にもよりますが、だいたい数千円から数万円までかかりレンタルWi-fiやポケットWi-fiを利用するよりもかなり、費用がかさみますね。

光回線のデメリット②:引越しの際手間がかかる

ルーターを工事して設置するということは、レンタルWi-fiやポケットWi-fiのように気軽に持ち運びができないため、取り外すのにも工事が必要です。

引越しを行う際には、また契約会社に連絡しないといけませんので大変手間がかかりますね。

光インターネット最安値のサービスを比較

結論から言うと光インターネットサービスの値段比較結果は、利用価格だけで見ると「nuro光」が一番安いですね。

あくまでも値段だけ見た結果ですので、こちらもしっかりと利用目的に合わせたプラン選びが重要になってきますね。

数あるプランの中でも特におすすめなのが、以下の3つです。

  1. nuro光
  2. ドコモ光
  3. auひかり

それでは以下から詳しくみてきましょう。

光インターネットおすすめ①:nuro光

公式サイト:https://www.nuro.jp/hikari/

世界最速と呼ばれている光回線サービス「nuro光」。

回線速度の速さは業界でも一二を争う速さでありながら、圧倒的コスパの良さで最近利用者が爆増している大人気の光回線ですね。

ソフトバンクユーザーなら、料金割引や光でんわと無料通話ができるなど特典が盛りだくさんです。

<価格>

月額利用料金:4,743円

光インターネットおすすめ②:ドコモ光

公式サイト:https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/

光回線サービスである「ドコモ光」の特徴は何と言っても、スマホとのセット割でしょう。

スマホはドコモを使っているユーザーの方は、かなりお安い値段でドコモ光もセットでご利用いただけるようになっているので、是非とも検討してみてください。

また、選べるプランもかなり豊富に用意されているので、ご自身の利用目的に合わせてカスタマイズすることができます。

<価格>

月額利用料金:5,200円

光インターネットおすすめ③:au ひかり

公式サイト:https://www.au.com/internet/

月額料金がスマホとセットならかなりお得になる、光回線サービス「auひかり」。

こちらもドコモ光と同じで、スマホがauならセット割でかなりお安く光回線が利用できるようになっています。

こうした流れはもともと格安SIMやレンタルWi-fi各社の登場により、ますます激化してきたインターネットサービス業界に対しての三大キャリア側の対策だとも言われていますね。

<価格>

月額利用料金:5,600円

インターネットを最安で利用したい方は目的をはっきりさせよう!

インターネットサービスはご紹介した通りかなり多いです。

レンタルWi-fi、ポケットWi-fi、光回線、三大キャリア、格安SIMと多くのサービス会社が様々なサービスプランを提供して競争しているので、利用者側はしっかりとそのサービス内容を理解してご自身の利用目的に合ったサービスを選ばなければなりません。

サービスの種類はかなり多いですが、まずはご自身がどのような目的でインターネットを利用するのか明確にしてから選ぶようにしてくださいね。









この記事をかいた人

ライター歴3年.クラウドワークス受注実績160件.フリーランス3年目.プログラミング言語はHTMLやらCSSやらコーディングが得意.お仕事のご依頼はこちらから(https://okatakuma.tokyo)