中国のレンタルWi-fiおすすめ順に紹介します【ないと超不便!】

日本からほど近い国「中国」。

人口は世界一であり近年は国内のIT分野にかなり力を入れている国の一つでもあります。

2020年以降ITの業界で世界のトップを目指している中国だけあって、街中では無人コンビニやQRコードでの情報提供など街の至る所でIT技術が導入されてきています。

そんな中国を一目見ようと日本からも年間を通して多くの観光客が訪れています。

ポイント
  • 「中国に行くけど現地で使えるおすすめのレンタルWi-fiが知りたい」
  • 「中国のフリーWi-fi環境はどうなっているの?」
  •  「中国のインターネット事情について知りたい」

などなど、このような悩みを抱えている方のために今回はそれらすべての回答を以下にまとめてみました。

是非とも参考にして頂き、中国でも快適なインターネットの活用を行いましょう。



中国ってどんな国なの?Wi-Fiなどのネット環境は?

日本の人口の約13倍もある中国は、人口約13億4000万人と世界でもNo. 1の数字を誇っています。

国土の広さは世界で3番目に広くその歴史も日本人に馴染みのある「三国志」等が有名です。

以下から、そんな中国を項目別に詳しくみていきましょう。

中国の気候やシーズンについて

日本の国土の約25倍もある中国では滞在する土地によって、気温や気候が違うためしっかりといく前に確認が必要です。

北や東の方は4月5月が一番寒く氷点下10度前後まで下がります。

逆に南や西の方は東京よりも冷え込みますが、それでも国内では暖かい方となります。

全体的には日本よりも気温が低く降水量も少なめで乾燥しやすい気候です。

中国の治安や物価はどうなの?

中国の通貨では「人民元」と呼ばれるお金が使われており、2019年2月現在で「1元=約16円」やりとりされています。

現地のミネラルウォーターは500mlで1〜2元程度なのでかなり物価は安く、レストラン等でも大都市のレストランではなくローカルな場所であれば20元程度でも十分な食事が取れます。

スーパーなどの食品もかなり日本より安く買えるので、大変日本よりも物価は安いですね。

また、中国の治安は日本よりは劣りますが良い方と言えます。

ただ軽犯罪は日本よりも多く現地ではスリなどに気をつけて行動してください。

中国の食べ物や水はどうなの?

中国の水は基本的に他の国と同じで「水道水」を飲むと一発で腹痛を起こします。

中国はレストラン等の水でも飲めない場合があるので、そのあたりは周りを確認して飲んでいるようであれば飲むようにしましょう。

飲み水はスーパーやコンビニで「ミネラルウォーター」を買うようにしてください

また、食べ物については露店で売ってあるものは衛生的に良くないので控えるようにしてください。

レストランやカフェのものであれば良いですが、ローカルな場所で食べると腹痛を起こす原因となりますので、その点もしっかりとお店を選んで食べるようにしましょう。

中国のインターネット事情

中国ではインターネット普及率が国内の約50%ほどとなっており、日本で普段使っている

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • LINE
  • Google
  • yahoo!

等はすべて使えません。

その代わり中国で独自に開発されたそれに近いサービスがあるので、国民の多くはそれを利用しています。

また、中国では「金盾(グレートファイアーウォール)」と呼ばれるセキュリティー監視システムが独自にあり、ユーザーのやりとりは全て政府によって監視されています。

もし中国でインターネットを利用する際には現地の電話番号が必要なので、日本人がそのまま現地のフリーWi-fiを利用することもできません。(コーヒービーン、wagas、コスタコーヒー、ジャマイカブルーの「カフェ」は使える)

ITの分野では先進国と呼ばれている中国もインターネットではまるで昔の日本の「鎖国」のような体制をとっているため、国民を含め海外の人たちが自由に現地でネットを活用することはできないようになっています。

中国のフリーWi-fi環境はどうなの?

中国では日本よりもかなりフリーWi-fi環境が充実しています。ただ、現地では中国の電話番号による「SMS」でのパスワードの確認が必要です

日本の電話番号ではできないので、実質環境は充実しているけど使えない状況ですね。

それも利用したい方は、現地で電話番号を入手するしかありません。

以下からそれぞれのスポット別にフリーWi-fi環境を見ていきましょう。

中国の街中でのフリーWi-fi環境

中国で一番街中のフリーWi-fi環境が充実しているのが「上海」です。上海と東京を比べると圧倒的に上海の方が、フリーWi-fi環境では充実していると言えます。

使える場所としては、駅やバスターミナル、公園、病院、一部の道路等で活用が可能。

利用時間に関しては、どこも一日2時間までとなっています。

また、通信速度等はその時の利用者数にもよりますが、どこに行っても街中にはいたるところにフリーWi-fiが設置してあるので困ることはないでしょう。

安定したWi-fi環境を求めるなら、カフェやレストランを利用する方が無難です

中国のカフェやレストランでのフリーWi-fi環境

中国ではスターバックスやマクドナルド等の日本でも定番のお店では、必ず現地の電話番号による「SMS」でのパスワード取得が必須となります。

中国で唯一、現地の電話番号を必要とせずフリーWi-fiが使えるのが

  • コーヒービーン
  • wagas
  • コスタコーヒー
  • ジャマイカブルー

のカフェですね。

その他個人店のカフェ等で使える場所があるので、確認してみてください。

中国のホテルやゲストハウスでのフリーWi-fi環境

中国でもホテルやゲストハウス等はフリーWi-fi環境がしっかりと整備されています。

特に4つ星5つ星程度の外資系ホテルになると、パスワードも必要なく使えるところもあるので予約前にしっかりと確認してから行うようにしましょう。

また、高価なホテルに泊まることが難しい方はそういったホテルのロビーでフリーWi-fiだけでも利用することは可能なので、近くに宿を取るなどの方法をとると難なく利用することが出来ます

中国の国際空港でのフリーWi-fi環境

中国の上海国際空港ではフリーWi-fiがあることにはあるのですが、こちらも現地の電話番号での「SMS」を使ったパスワードが必要になります。

日本から来て空港のWi-fiを使おうと思っても、そのままでは使えないので現地のスタッフにお願いしてパスワードを発行してもらうか、インフォメーションでお願いして接続してもらうかなどの手段をとってください。

一番良いのは日本からレンタルWi-fiを持参してから利用するのが手っ取り早いですね

中国で使うならレンタルWi-fiとSIMカードどちらがおすすめ?

中国でインターネットを利用する手段としては

  1. 現地のフリーWi-fi(使えない場所が多い)
  2. SIMカード(利用価格が一番安い)
  3. レンタルWi-fi(初心者におすすめ)
  4. キャリアの海外パケット通信(auやドコモ等のサービス)

の4つの選択肢があります。

その中でも中国で使える「SIMカード」は、今はかなり沢山の種類がありますね。

4つの中では一番「値段」を抑えることができ、設定に慣れている人であればサクッとインターネットを活用できるようになっています。

「SIMロック解除」や「ダブルSIMカード」など単語を聞いて知識がある人は、こちらがおすすめです。

また、「レンタルWi-fi」でもインターネットの利用が現地で可能で、こちらは初心者の方向けとなっておりより簡単に設定などの手間もかからずサービスの利用ができます。

ただ、「SIMカード」に比べると割高になるのでその点は十分確認してから申し込む必要がありますね。

申し込みから利用開始までストレスなく行いたい方は、「レンタルWi-fi」がおすすめです。

中国のレンタルWi-fiは「VPN」が付いていないと使えない?

中国では「VPN(ヴァーチャル・プライベート・ネットワーク)」と呼ばれる疑似回線を利用しないと、FacebookやTwitter等のSNSが利用できません

レンタルWi-fiを中国で利用する際には「VPN」がプランとして付いているかどうかしっかりと確認してから申し込まないと、現地で日本と同じようにSNSが使えないことを覚えておきましょう。

万が一、この「VPN」が付いていないプランを選んだ場合は現地のSNSしか利用できなくなるので、中国語が出来る人ならば良いですがそうでない人はガッカリすると思います。

そうならないで良いように、しっかりと事前確認を行いましょう。

中国で使えるおすすめのレンタルwifiをご紹介!

中国で使えるおすすめのレンタルWi-fiについて以下から一つずつご紹介していきます。

また、中国ではVPNがついていないと現地でFacebookやTwitterなどのSNSが使えないため注意が必要です。

是非ともご自身にあったサービス会社のプランを見つけて申し込んでみてくださいね。

おすすめのレンタルwifi①:グローバルWi-fi

グローバルWi-fiは従来の「VPN」ではなく独自の通信制度を導入しているため、中国では煩わしい設定など一切せずにそのまま利用することができます。

そのため現地の人と同じようにインターネットが利用できる状態かつ、日本のようにSNSが普通に使えます。

また、利用可能エリアも主要都市は全て抑えているため、よっぽど地方の田舎の方に行かない限りネットが入らないといったことはありません。

日本国内の受け取り・返却対応している空港もかなり多いので、申し込みから利用開始までスピーディーに行えます。

<価格>

1日:670円

おすすめのレンタルwifi②:イモトのWi-fi

芸能人「イモトアヤコ」さんがイメージキャラクターを務める「イモトのWi-fi」。

中国では「中国プレミアム回線プラン」が利用できるようになっており、それに申し込むと「VPN」に関係なく現地でのインターネットの利用が可能となります。

また、イモトのWi-fiはWi-fiルーターがとてもコンパクトで持ち運びやすいのも特徴の一つ。

利用可能エリアもかなり広いので中国では、とても快適にインターネットをご利用いただけます。

<価格>

1日:680円

おすすめのレンタルwifi③:Wi-Ho!

Wi-Ho!ではオプションとして「VPN」のサービスを提供しており、このオプションをつけないと中国国内ではSNSやGoogle等の利用ができないようになっています。

価格は「300円/1日」なので中国に行く際には必ず付けるようにしましょう。

また、中国ではまだまだ4Gが使えるエリアが狭いため、現地では主要都市以外はほとんど3G回線となります。

Wi-Ho!のWi-fiルーターの特徴としては、本体はかなり大きく重いですがバッテリーの持ちが良いのでモバイルバッテリーは不要なところが良い点ですね

<価格>

1日:680円

おすすめのレンタルwifi④:PUPURU

公式サイト:https://www.pupuru.com/plan/abroad/worldwifi/

「周遊プラン」などの複数国での利用でレンタルWi-fiを利用したい方におすすめなのが「PUPURU」です。

利用可能国は100カ国以上ととても多く、もちろん中国でも利用ができます。

更に最近は日本・韓国・台湾での利用は通信容量が無制限になるサービスも行なっており、中国だけでなくそれらの国々でも自由にインターネットが使えます。

Wi-fiルーター本体のバッテリーの持ちもかなり良いので、現地ではモバイルバッテリーなしでも快適に利用できますね。

<価格>

1日:1000円

おすすめのレンタルwifi⑤:グローバルモバイル

公式サイト:http://www.globalmobile.co.jp/

グローバルモバイルが提供する中国専用プラン「チャイナDATA」は、1日780円から利用でき通信容量も500MBとかなり多いです。

Wi-fiルーター本体もかなりコンパクトで持ち運びも便利。

その他オプションで「ポケトーク(翻訳機)」や「モバイルバッテリー」も格安で提供しているので、合わせて利用するとかなりお得ですね。

中国国内のインターネット利用エリアもかなり広いので、現地では何不自由なく日本にいる時のようにネットが使えます。

<価格>

1日:780円

おすすめのレンタルwifi⑥:JAL ABC

公式サイト:https://www.jalabc.com/rental_service/wifi_rental.html

中国の国際空港でもレンタルWi-fiのサービスカウンターで申し込みができる「JAL ABC」。

中国では通信容量「無制限」で利用でき、利用可能エリアも主要都市は全て抑えているためかなり広いです。

また、大手の航空会社がサービス提供しているため信頼性も高く、日本国内でも多くの空港で手続きが可能となっています。

もちろん「VPN」もプランに含まれているので、中国でも日本と同じようにSNSやGoogleが使えます。

<価格>

1日:1000円

おすすめのレンタルwifi⑦:ジャパエモ

公式サイト:https://www.kaigai-wifi.jp/

通信容量が100MBから選べるようになっている「ジャパエモ」のレンタルWi-fiは、利用者の用途に細かく対応できる数少ないサービス会社です。

中国では4G回線を利用できる上に、通信容量が100、200、500、無制限と4つのプランに分かれているため柔軟に利用者のニーズに応えることができます。

また、日本で受け取りや返却ができる空港も大変多いため、申し込みから利用開始までスピーディーに行えます。

wi-fiルーター本体もかなりコンパクトで、持ち運びもしやすく便利です。

<価格>

1日:299円

おすすめのレンタルwifi⑧:フォートラベル

公式サイト:https://wifi.4travel.jp/

業界最安値でおなじみのレンタルWi-fi「フォートラベル」。

最安値のプランであれば1日90円で通信容量250MB、通信回線が3Gのものが使えます。

また、オプションも充実しており、対応している日本国内の空港も多いので申し込みから利用開始までスムーズに行えます。

フォートラベル でレンタルWi-fiを利用すると、「フォートラベル ポイント」も貯まるので合わせてお得ですね。

<価格>

1日:90円〜

おすすめのレンタルwifi⑨:jetfi

公式サイト:https://www.jetfi.jp/wifi/

中国専用回線「VPN」が使えるレンタルWi-fi「jetfi」。

通信回線の指定はないもののおそらく基本的には3Gでの利用となり、通信容量もプランが500MBのみとかなり乏しいですね。

中国のレンタルWi-fiサービスは最近始まったばかりみたいで、まだまだレンタルできる台数もそれほど多くなく場合によっては台数がなくレンタルできない場合もあるようです。

<価格>

1日:680円

おすすめのレンタルwifi⑩:ラッキーWi-Fi

公式サイト:https://luckywifi.jp/

オプションでスマホよりも軽量の「自撮り棒」を販売している「ラッキーWi-fi」。

特徴はWi-fiルーターのバッテリーの持ちがかなり良いことで、最大約19時間利用することが可能です。

これだけもつことができれば、モバイルバッテリーは必要がないと言えますね。

現地では「VPN」に対応しているため、日本と同じようにSNSやGoogle等が使えます。

<価格>

1日:800円

中国でレンタルWi-fiを利用する際の注意点

中国でレンタルWi-fiを利用する際に注意して欲しいことを以下にまとめました。

現地で利用する方は、必ず目を通しておきたい項目です。

中国政府の悪口や個人を特定した批判などはしないこと

中国は日本と違いかなりインターネットの規制が厳しいです。

国民の全てのメーセージやチャットの内容は全て政府に監視されているため、もしも犯罪に当たるような内容などをやりとりしていたりすると一発で突き止められ逮捕となる場合もあります。

過去にもそういったケースで捕まった人もいますので、現地ではくれぐれもそういったことのないようにしてください。

「.jp」には繋がりにくい時がある

中国では「.com」よりも「.jp」とつくサイトの方が繋がりにくくなっています。

もちろん、使う回線にもよりますがインターネット自体が制限されているため、そのような傾向になるみたいですね。

現地で仕事しようと考えている人は、その点も考えてレンタルWi-fiを契約する方が良さそうです。

「VPN」もしくは他の回線を利用しているかしっかりと確認すること

なんども言いますが、中国ではGoogleやFacebook、Twitterなどの海外のサービスは全て使えません。

向け道として前述した「VPN」の回線を利用しない限り日本にいる時のようにSNS等が使えないため、レンタルWi-fiを申し込む際には事前確認してから契約するようにしてください。

また、サービス会社によっては独自の通信回線を利用しているところもあるので、その点は実際に利用した方の口コミ等を確認して判断しましょう。

現地以外でレンタルWi-fiを使用しないこと

レンタルWi-fiの多くは現地でしか利用できません。

稀に日本でも利用できるレンタルWi-fi等もありますが、それはほんの一部のサービス会社で基本的には現地のみでの使用となります。

仮に現地以外で利用した場合は、1MBあたり3000〜5000円程度の請求が後で来るようになっているので本当に注意が必要です。

また、現地以外の他の国でも利用したい方は「周遊プラン」等があるサービス会社を選んで利用するのが得策ですね。

Wi-fiルーターの返却日を間違えないこと

これはレンタルWi-fi利用者の初心者の方に多いことですが、「返却日」と「利用開始日」を別に考えている人が多いです。

基本的にはどのサービス会社も

  • 利用開始日=Wi-fiルーター本体の受取日
  • 利用停止日=Wi-fiルーター本体の返却日

となっています。

ここを間違えると、延滞料金を払う羽目になってしまうので注意しておきましょう。

また、分からない場合は契約前に各サービス会社に問い合わせてみてください。

まとめ:中国はレンタルWi-fiがないと超不便!

中国は他の海外の国とは違い独自のセキュリティーシステム「金盾(グレートファイアーウォール)」が国内にあるので、海外のインターネットサービスはどれも使えません。

そのためレンタルWi-fiを利用する際にもしっかりと現地で「VPN」の回線を利用しているか確認が必要です。

ですが、最近のレンタルWi-fiはそれが当たり前になってきているので、心配せずともしっかりとサービス会社側が対応してくれる場合が多いです。

他のインターネット利用方法を選ぶよりも、「レンタルWi-fi」がとても簡単ですので是非ともご活用ください。









この記事をかいた人

ライター歴3年.クラウドワークス受注実績150件.フリーランス3年目.プログラミング言語はHTMLやらCSSやらコーディングが得意.