セントレア(中部国際空港)のおすすめレンタルwifiをご紹介!

愛知県・三重県・岐阜県の主要3県からなる中部地方にある国際空港「セントレア」。

中部国際空港とも言われるこちらの空港は、主要3県に加え長野県・静岡県・滋賀県からも利用者が大変多い空港です。

セントレアの特徴は他の空港よりも、ビジネスジェットの飛来を積極的に受け入れていることにあり、空港施設内は他の空港にないような大型のホールやダイニングが設置されています。

今回はそんなセントレアで利用できるレンタル Wi-fiにはどのようなものがあるのかまた、どのレンタル Wi-fiがおすすめなのかについて詳しく解説していきますね。

とりあえずおすすめが知りたい方へ
安くてサポートまで充実の「グローバルWiFi」がおすすめ。
200以上の国に対応しており24時間365日のサポートを受けることができるのでもしもの際は安心です。
無制限プランもあるので現地でたっぷりネットを使うことが可能です。



海外でもネットが自由に使える!レンタルWifiとは?

レンタル Wi-fiとは、海外でも自由にインターネットが使えるようにするためのサービス。

サービスにはネットもしくは空港カウンターで申し込むことができ、利用申し込みが済むとWiFiルーター本体を受け取りすぐにでもインターネットが使えるようになります。

利用者の多くが

  • 海外旅行初心者の方
  • 海外でもネットを自由に使いたい方
  • 海外で仕事するためにネットを現地で利用したい方

などに多く、気軽に申し込めて直ぐにでも使えるのが特徴なため、大変人気の高いインターネットサービスの一つですね。

利用価格が安く手続きが簡単なので、誰でも利用できるところがレンタルWiFiの大きな魅力と言えるでしょう。

セントレアで海外レンタルWifiを利用するメリットとデメリット

セントレアでは海外で使えるレンタル Wi-fiを空港カウンターで貸し出しています。

レンタルWi-fiのメリットは本当に魅力的なのですが、その反面デメリットもありますのでしっかりとここでどのようなメリット・デメリットがあるのか確認しておきましょう。

海外レンタルWifiを利用する4つのメリット

セントレアで申し込んで海外レンタル Wi-fiを利用するメリットには、大きく分けて4つあります。

  1. 利用料金が安い
  2. 海外でも通信速度が安定している
  3. セキュリティーが万全なので安心して利用できる
  4. WiFiルーター1台で複数の機器でネット利用が可能

以下から、それぞれ解説していきますね。

①利用料金が安い

まずはレンタル Wi-fiは利用料金が安いということ。

キャリアと呼ばれるau、docomo、SoftBankなどが提供している海外利用プランなどと比較しても、圧倒的に安く価格でレンタルWi-fiの方が利用できます。

しかも、申し込みから受け取り、利用開始、その後の返却までとてもスピーディーに行えるので、今ではキャリアの海外プランなど使っている人は少ないですね。

②海外でも通信速度が安定している

レンタルWi-fiを利用してWi-fiルーターを受け取ると、海外では日本と同じようにストレスなくインターネットがご利用いただけます。

基本的に日本国内では今は4G回線が利用されていますが、海外でも4G回線が利用できるため、通信速度も同じでサクサク繋がりますね。

これから5G回線に切り替わって行くと思われますが、海外でもそうなっていくことでしょう。

③セキュリティーが万全なので安心して利用できる

レンタル Wi-fiは各社が現地の通信会社と提携しており、現地の回線を使ってインターネットをご利用いただけるようになっているので、海外の街中のフリー Wi-fiを利用するよりもセキュリティー面では安心して利用できます。

海外で使える街中のフリー Wi-fiや国際空港のフリー Wi-fiなどは、セキュリティー面に不安があり個人情報の入力が必要なため、情報の流失などが不安要素として考えられますね。

ですが、レンタルWi-fiの場合はそういった心配がないので安心して活用できます。

④WiFiルーター1台で複数の機器でネット利用が可能

レンタル Wi-fi各社から渡される Wi-fiルーターでは、複数のデバイスで利用が可能となっています。

もちろん、友達、ご家族でシェアして利用することも出来るので、誰か一人契約して海外へ持参すれば現地では誰もがインターネットを自由に活用することができるでしょう。

ただ、選んだプランによっては通信容量に限りがあるので、気をつけないと制限オーバーになります。

海外レンタルWifiを利用する4つのデメリット

逆に海外レンタルWi-fiのデメリットも、大きく分けて4つあります。

  1. 受け取り・返却などの手間がかかる
  2. 常にWiFiルーターのバッテリー残量を気にしないといけない
  3. どこに行くにしてもWiFiルーターを持参しなければならない
  4. 支払い料金は受け取りの日から返却日までキッチリ取られる

こちらも、それぞれ詳しくみていきましょう。

①受け取り・返却などの手間がかかる

レンタル Wi-fiサービスを利用するには、Wi-fiルーター本体が必要なため本体の受け取りと返却を行わなければなりません。

受け取り先と返却先はレンタルWi-fiのサービス会社によっては指定することも可能なのですが、フライト時間を合わずに受け取れない場合もあるので、しっかりと日程確認をしてから申し込むようにしてくださいね。

中にはこの受け取り、返却が手間だと感じる人もいるのでそういった方は、他のサービスを利用してください。

②常にWiFiルーターのバッテリー残量を気にしないといけない

レンタルWi-fiの最大のデメリットといっても過言ではない「バッテリー問題」。

基本的にレンタル Wi-fiが貸し出している Wi-fiルーターは、使い回しされているため機器によってはバッテリーが消耗している場合があります。

そういったWi-fiルーターに当たると、バッテリーのもちが特に悪く感じてしまうため、レンタルバッテリーが必要になりますね。

③どこに行くにしてもWiFiルーターを持参しなければならない

レンタルWi-fiの特徴として海外で自由にインターネットが使えるわけですが、それにはWi-fiルーターを一定の距離に置いておかなければなりません。

Wi-fiルーター本体から離れすぎてしまうと、ネットの利用ができなくなるため移動中は常にWi-fiルーター本体を持ち歩くことになります。

レンタルWi-fiによっては、Wi-fiルーター本体がスマホよりも大きく重いものもあるので、その点も事前に確認してから利用するようにしてくださいね。

④支払い料金は受け取りの日から返却日までキッチリ取られる

レンタル Wi-fiは基本的にどの会社も、

  • 利用開始=受取日
  • 利用停止=返却日

となっています。

飛行機での移動日数が2日あってその期間利用しなかったとしても、 料金は発生するのでこの点は仕方がないことですね。

また、一番気をつけておきたいのが、利用停止日と返却日を別に考えている場合です。

帰りのフライト日に合わせて利用停止日を指定していると、日本に帰国した時には遅延扱いされる場合もあるので、日本に帰国する日を「利用停止日=返却日」に指定しておきましょう。

分からない場合は、ご利用レンタル Wi-fi会社へ問い合わせてください。

セントレアで利用できるレンタルWifiの選び方

セントレアで利用できるレンタルWi-fiの選び方について以下にまとめてみました。

主な選び方の基準となるのは、大きく分けて5項目あります。

  1. どのような国やエリアで利用するのか
  2. WiFiルーターの大きさや重さ
  3. レンタルWi-fiの利用料金
  4. 利用回線速度と通信容量はどのぐらい
  5. WiFiルーターのバッテリーのもち

どれも大事なことなので、しっかりと各社比較して利用申し込みするようにしてくださいね。

レンタルWifiの選び方①:どのような国やエリアで利用するのか

あなたが利用しようと考えている国やエリアに、レンタル Wi-fiサービス会社が対応しているかどうか最初に確かめましょう。

レンタル Wi-fiによっては利用できない国やエリアがあるので、この確認はとても重要です。

万が一、「国」が利用可能国として認定されていたとしても、あなたが滞在する「エリア」が範囲外だったらネットは全く使えません。

そのようなことがないように、予めの事前確認が必要です。

レンタルWifiの選び方②:WiFiルーターの大きさや重さ

前述したようにレンタル Wi-fiは、サービス会社によって貸し出されるWi-fiルーターの大きさや重さが異なります。

中にはポケットタイプのものでコンパクトな Wi-fiルーターもあるので、できるだけストレスを感じないものが良い人は「イモトの Wi-fi」などがおすすめですね。

といっても、スマホよりもひと回り大きくて1.5倍重いぐらいですから、それほどストレスは感じないと思います。

レンタルWifiの選び方③:レンタルWi-fiの利用料金

レンタル Wi-fiは当たり前ですが、サービス会社によってまたプランによっても利用料金が変わってきます。

それぞれの会社で提供しているサービスに特徴があるので、ご自身の利用目的にあったレンタル Wi-fiとプランを選ぶようにしましょう。

レンタル Wi-fiの利用料金については、分かりやすく後述していますので是非ともそちらを参考にしてみてくださいね。

レンタルWifiの選び方④:利用回線速度と通信容量はどのぐらい

レンタル Wi-fiはプランによって、利用回線速度と通信容量が異なります。

通信回線は「4G」もしくは「3G」が海外でも利用できるようになっており、通信容量は

  • 200MB
  • 250MB
  • 300MB
  • 500MB
  • 1GB
  • 無制限

と分かれており、プランによって料金も異なりますね。

それぞれご自身の利用目的に合わせて、プランを選ぶようにしてください。

レンタルWifiの選び方⑤:WiFiルーターのバッテリーの持ち

レンタル Wi-fiはサービス会社によってバッテリーのもちが変わってきます。

中には、24時間もつ Wi-fiルーターもありますが、そのほとんどが1日ともちません。

一番良いのはレンタルバッテリーも一緒に借りることですが、それだと余分に料金がかかってしまうので、 Wi-fiルーターのバッテリーのもちも比較基準の一つに入るでしょう。

レンタル Wi-fiご利用の際は、バッテリーのもちもしっかりとチェックしておきましょうね。

セントレアでレンタルWifiを利用する際の注意点

セントレアでレンタル Wi-fiwを利用する際には、以下の3つの点について注意しておきましょう。

  1. 申し込みや受け取りに時間がかかる
  2. 空港カウンターに在庫がない場合もある
  3. 空港カウンターでの当日申し込みが出来ない場合もある

一番良いのはレンタル Wi-fi各社の公式サイトから事前に利用申し込みしておいて、当日は空港カウンターでの受け取りだけにしておくこと。

事前に予約申し込みしておくと、当日申し込みよりもお得にご利用できますし、利用開始までスピーディーに行えます。

それでも申し込みが当日になってしまった場合は、上記のことに注意しておいてくださいね。

セントレアで使えるレンタルWifiの接続方法

セントレアでレンタルWi-fiの申し込みが終わった方もしくは、事前申し込みしていて Wi-fiルーターを受け取った方は、すぐにでもインターネットがご利用できるわけではありません。

Wi-fiルーター本体を受け取った後は、接続設定は事前にしておくことは出来ますが、サービス会社によっては申し込みした国でしか利用できない場合もあります。

万が一、申し込んだ国以外で利用してしまうと1MBごとに3000〜5000円の追加請求になる場合もあるので、このあたりは事前に各社で確認する必要がありますね。

また、現地に着いて利用開始する場合の接続方法はとても簡単で、

  1.  Wi-fiルーターの電源を入れる
  2. スマホの Wi-fi設定メニューを開く
  3.  Wi-fi設定メニューから Wi-fiルーターの「SSID」を選ぶ
  4.  Wi-fiルーター本体に書かれている「PW」を入力する

だけです。

一旦接続すると後は自動接続設定になるので、どこでもいつでもインターネットを自由にご利用いただけます。

セントレアで当日利用できるおすすめ海外レンタルWifi

セントレアで当日利用できるおすすめの海外レンタル Wi-fiを、以下にまとめてみました。

是非ともご自身の利用目的に合わせて選んでみてくださいね。

また、利用料金については比較しやすいように、それぞれハワイで1日利用する際の価格を提示しています。

おすすめレンタルWifi①:グローバルWifi

トリップアドバイザーが選ぶレンタル Wi-fiランキングNo. 1の「グローバル Wi-fi」。

日本国内の数多くの空港に空港カウンターを持っており、どこでも申し込み・受け取り・返却できるようになっています。

利用価格も長期の場合は大変安いので、海外で長期間利用される方におすすめのレンタル Wi-fiですね。

<価格>

ハワイでの利用で1日:921円〜

おすすめレンタルWifi②:イモトの Wifi

テレビ番組「世界の果てまでイッテQ」で一躍有名になった芸能人、イモトアヤコさんがイメージキャラクターを務める「イモトの Wi-fi」。

その認知度の高さは業界でもNo. 1といっても過言ではなく、(イモトさんが進めるなら使ってみよう)と考える方も大変多いですね。

また、 Wi-fiルーター本体が大変コンパクトで、持ち運びが便利な点も魅力の一つです。

<価格>

ハワイでの利用で1日:980円〜

おすすめレンタルWifi③:Wi-Ho!

スカイチケットなどのサービスと合わせて利用すると、大変安くレンタル Wi-fiが利用できる「Wi-Ho!」。

世界各国100のエリアで利用可能となっており、料金もかなりお安くなっています。

また、 Wi-fiルーター本体もコンパクトでストレスなく持ち運びできる点もおすすめのポイントですね。

<価格>

ハワイでの利用で1日:390円〜

まとめ:セントレアで便利な海外レンタルWifiを申し込もう!

セントレアは日本国内だけではなく、世界各国のビジネスマンが数多く利用している空港の一つです。

ビジネスマンに欠かせないネット環境を陰で支えているといっても過言ではない、レンタル Wi-fiを是非ともあなたも一度ご利用してみてください。

空港カウンターでの申し込みから Wi-fiルーターの受け取り、その後の返却まであなたのスケジュールに合わせて自由にカスタマイズできるようになっているので大変便利です。

また、一つの国だけではなく世界各国どこでも使える周遊プランなどもレンタル Wi-fサービスi会社によってはあるので、是非ともご自身の利用目的に合ったレンタル Wi-fiを利用してみてくださいね。









この記事をかいた人

29歳ドイツ在住のトラベルライター。公務員から2年半で専業ライターへ。その後はワーホリビザを取得し,ドイツを拠点に海外ノマド。Webライティング,ブログ運営が生業。ライター歴3年。クラウドワークス受注実績200件。【九州男児のぶらり旅】という旅ブログを運営しています。