ロシアのレンタルWiFiおすすめを徹底比較【旅行・出張にも使える!】

首都モスクワやサンクトペテルブルクなどの都市が有名なロシア。美術館や寺院などの観光地が非常に魅力的な街です。

初めての国への海外旅行において、お店や観光地を検索する際にネットを使用できるかが快適に海外生活を過ごすことが出来るかに関わってきます。

海外でネットを使用する場合レンタルWiFiを契約する、現地でWiFiを契約する、現地でSIMカードを購入しネットに繋ぐなどの選択肢があります。

今回は、ロシアに行く際にオススメのレンタルWiFi会社を7つ紹介します。



ロシアのレンタルWiFiおすすめランキング

こちらがロシアで利用できるレンタルWiFi会社の料金比較になります。

300MB 500MB 1GB 使い放題
グローバルWiFi 497円/日 597円/日(600MB) 697円/日(1.1GB)
イモトのWiFi 790円/日 940円/日 1,190円/日
Wi-HO! 498円/日 598円/日 698円/日 998円/日
jetfi 580円/日(350MB) 680円/日 1,280円/日
フォートラベル 487円/日 587円/日 687円/日
FAST-Fi 672円/日(350MB) 722円/日 1,232円/日
JAL ABC WiFi 1,150円/日(3G)

また、割引やキャンペーンが行われている場合があります。契約時に確認してみてください。

グローバルWiFi

公式サイト:グローバルWiFi

グローバルWifiは、Webで申し込みをして空港や宅配でモバイルWifiルーターをレンタルするサービスです。

レンタルWifiに中では通信速度、値段、サービスどれも安定しておりコスパも抜群です。

空港内には、いくつかの窓口、返却ボックスもありとても便利です。時期に応じて特別な割引プランがあったりととてもお得に利用することができます。

料金内容や、プランのシュミレートも、Webで簡単にすることができます。さらに、サポート体制もかなりしっかりしていて、24時間、365日のサポート体制に加え、海外からの問い合わせにも即座に対応してくれるため、おすすめです。

<受け取り可能な空港>

成田空港、羽田空港、関西国際空港、新千歳空港、中部国際空港などの空港を始めとする、全国16ヶ所の空港で受け取ることが可能です。

<料金表>

データ容量/日 料金/日
通常プラン 300MB 497円/日
大容量プラン 600MB 597円/日
超大容量プラン 1.1GB 697円/日
無制限プラン 無制限 非対応

イモトのWiFi

公式サイト:イモトのWiFi

イモトのWifiは、時期に応じて豊富なキャンペーンや割引サービスが受けられること、出発2日前17時までキャンセル料無料が最大の特徴です。

また、現在は10代、20代限定50%OFF +手数料送料無料キャンペーンなどを行うなど、夏休み、春休みに海外旅行に出かける学生にはぴったりのプランが充実しています。

イモトWifiも他のレンタルWifi同様に宅配、店舗受け取りの、主要空港での受付カウンターでの受け取り、返却などそれぞれのニーズにあった方法を選択することができます。

<受け取り可能な空港>

成田空港・羽田空港・中部国際空港・新千歳空港・関西国際空港・福岡空港で受け取ることが出来ます。

<料金表>

データ容量/日 料金/日
大容量 500MB 790円/日
ギガ 1GB 940円/日
無制限 使い放題 1,190円/日
30日 500MB 非対応

Wi-Ho!

公式サイト:Wi-HO!

Wi-Ho!は、2つのプランから自分に合ったプランを選択する、非常にシンプルな会社です。

料金も手頃で、いろいろあるとわからない、シンプルに安く海外でWifiを使いたいという方にはぴったりです。

また、Web予約もしやすく、クーポンなども出ることがあるので、海外旅行に行く時には、毎回Wi-Ho!を使っているという方もよく見かけます。

Wi-Ho!のWifiルーターも他社同様、主要空港受付カウンターでのピックアップ他、手続き不要の返却への投函など、予約から返却まで非常にシンプルで使いやすいです。

<受け取り可能な空港>

成田空港、羽田空港、関西国際空港、新千歳空港、中部国際空港、松山空港、福岡空港の6空港で受け取ることが出来ます。

<料金表>

データ容量/日 料金/日
通常プラン 300MB 498円/日
大容量プラン 500MB 598円/日
1ギガプラン 1G 698円/日
無制限プラン 使い放題 998円/日

jetfi

公式サイト:jetfi

格安、高速、大容量のWifiといえばJetfiです。

Jetfiは、大型バッテリー内臓のWifiで国をまたいだ旅行でも料金がそのままなのが特徴です。最近では、国内プランをスタートさせ、海外国内問わず、旅行先で画像や動画のアップ、友達との共有、地図やお店の検索の利用などでつい使い過ぎてしまう人向けの無制限プランなどもかなり充実しているといえます。

また、Jetfiは、現地キャリアの4G回線を使用していますので、サクサクと使えることは間違いなしです。

さらに、業界最多を謳っているだけあり、全国約51000箇所、コンビニや郵便局など様々な方法で受け取ることができ、旅行や出張前に時間がない忙しい方にもおすすめの会社です。

<受け取り可能な空港>

成田空港、羽田空港、関西国際空港、中部国際空港、など全国10ヶ所の空港で受け取ることが出来ます。

<料金表>

データ容量/日 料金/日
350MBプラン 350MB/日 580円/日
500MBプラン 500MB/日 680円/日
1GBプラン 1GB/日 1,280円/日

フォートラベル

公式サイト:フォートラベル

フォートラベルの海外モバイル通信は、各国で最新・最速・高品質な機器が用意されています。

料金は、パケット定額制で国別の料金プラン+オプション代金となっており、オプションが豊富なのも特徴です。Webで簡単に料金シミュレーション、予約をすることができます。

また、価格ドットコムなどの特別割引プランがある場合やオプションの無料特典などもある場合があるので比較して予約するとよりお得にレンタルすることができます。

通常プラン、大容量プラン、超大容量プラン、無制限プランの4つがあり、自分の使用量に合ったプランを選択することができます。

<受け取り可能な空港>

成田空港、羽田空港、関西国際空港、中部国際空港、福岡空港、鹿児島空港など全国10ヶ所の空港で受け取ることが出来ます。

<料金表>

データ容量/日 料金/日
通常プラン 300MB/日 487円/日
大容量プラン 600MB/日 587円/日
超大容量プラン 1.1GB/日 687円/日

FAST-Fi

公式サイト:FAST-Fi

FAST-FIは、基本料金で全プラン4G通信回線使用のWifiです。

日本にいる時と同じスピードで使えるストレスフリーなWifiと謳っています。最大の特徴でありおすすめのポイントは、日本国内でも通信が可能で、渡航前に接続確認、設定ができることです。

他の会社のWifiは、現地領土に入国後に必ず電源を入れるとの記載がありますが、FAST-FIはレンタルしたその場から、使用することができ、さらに日本国内での通信量は無料です。料金プランも基本3段階設定で非常にシンプルでわかりやすのでおすすめです。

<受け取り可能な空港>

成田空港、羽田空港、関西国際空港で受け取ることが可能です。

<料金表>

データ容量/日 料金/日
ライトプラン 350MB/日 672円/日
スタンダードプラン 500MB/日 722円/日
プラチナプラン 1GB/日 1232円/日

JAL ABC WiFi

公式サイト:JAL ABC WiFi

JALABCレンタルWifiは、お馴染みの日本航空JALグループが提供するサービスの一つです。

通信料のみの定額プランで、レンタル料、空港引渡料などの諸費用がいつでも0円なのが特徴です。また、JAL ABCレンタルWifiを利用するとレンタル機器1台につき、JALマイレージが200マイルたまるので、JALカード会員の方や、ついでにJALマイルをためたいという方におすすめのWifiです。

各空港の自社カウンターで受取・返却をすることができるのでJAL便を使用する方にはかなり便利といえます。さらに、Webでの申し込みだと特別割引もありますので、Webでの申し込みをおすすめします。

<受け取り可能な空港>

成田空港、羽田空港、関西国際空港で受け取ることが出来ます。

<料金表>

データ容量/日 料金/日
定額プラン 無制限 1,150円/日

ロシアのレンタルWiFiを選ぶポイント

ロシアに行く際に、契約するレンタルWiFi会社を選ぶ重要なポイントはいくつかあります。

通信回線は4G

海外旅行で使用するレンタルWifiはネット回線が選べる場合、4G回線をおすすめします。せっかく旅行に行って、行きたいところや食べたいもの、お土産を検索する際に通信速度が遅いと、楽しい気分も半減です。

また、友達と写真をその場で共有したり、SNSへの投稿もしたりで何かとサクサク使える4Gは魅力的です。

3Gに比べて多少料金は上がりますが、日本にいる時と同じようにストレスフリーでインターネットを使うために、4G回線をおすすめします。

料金

海外旅行で使用するレンタルWifiを選ぶときは、いかに価格の安いお得なプランを申し込むかがポイントです。

同じ会社の同じプランでも、時期やキャンペーンで値段が変化します。割引コードなど申し込む際にお得になる方法はたくさんあります。

後で後悔しないよう、リサーチをしっかりしてから申し込むようにしましょう。

空港でレンタル・返却ができるか

海外旅行で使用するレンタルWifiを選ぶときは、自分の使用する空港での受け取り、返却ができる会社、さらには、返却カウンターがある会社をおすすめします。

旅行に行く際には時間に余裕をもっていくことがほとんどだと思いますが、帰ってきた際に、すぐにでも家に帰って疲れを癒したい、深夜便で到着するなんてことがあると思います。

そんな時に、いくら送料無料といえど、ポストに投函したり、コンビニや郵便局にわざわざいったりするのは手間です。空港で返却まで全て済ませてしまい、お土産とともに楽しく帰宅することをおすすめします。

ロシアのレンタルWiFiは現地でレンタルできる?

ロシアにもレンタルWiFiの会社はありますが、現地人向けの会社ばかりで観光客や短期で借りるとなると現実的ではありません。

そのためロシアでWifiを快適に利用するには、ロシアのSIMカードを手に入れる必要があります。

というのもロシアでWifiを利用するには電話番号を使用し、SMSを受信することが必須となってきます。

この場合、当然日本の電話番号は使用できないので、現地でSIMカードを手に入れて電話番号を取得する方法がおすすめです。

ただ電話番号の取得にも、ロシア語または英語でのコミュニケーションをとることが求められてきますので少しハードルが高いですね。

ロシアの現地のフリーWiFi情報

ロシアのWifiは、地下鉄や公共施設、飲食店にいたるまであらゆる場所でWifiが飛んでいます。

しかし、多くの場合が携帯電話番号を利用してのパスワード取得を必要とするため、確実に利用できるとは限らないというのが難点です。

飲食店であれば店員にパスワードを直接聞くという手段もありますが、ロシア語をはじめとした外国語でのコミュニケーション能力が必要になってきます。

その点をクリアできればロシアのWifi環境は充実しているといえるでしょう。

ロシアのレンタルWiFiの注意点

ロシアは国土が広いため、レンタル会社によって対応している通信可能エリアが違う場合があります。

あなたが訪れるエリアが通信範囲内かしっかりと確認してから契約しましょう。

また気温が低いため、電池の消耗が激しいです。あまり使っていないはずが電池が少なくなっているなんて場合もあるため、モバイルバッテリーの使用は必須です。

会社によってはオプションで貸し出ししてくれる場合もあるのでレンタルするのも良いですね。

ロシアのレンタルWiFiまとめ

ロシアに行く際にレンタルWiFiを契約するとき、自分がどれだけネットを普段使っているかをもう一度確認しましょう。

あまり使わないという方には、1日にかかる料金が少ない『グローバルWiFi』を契約することをオススメします。

是非お試しください。









この記事をかいた人

moja

元外資系企業のSE。10年海外で働いたのちにフリーランスへ。SEの働き方やフリーランスの働き方をお届けします。