タイ留学の特徴やおすすめの理由また費用や現地の治安について解説!

フィリピンやカナダへ海外留学する人が多い中、最近はタイへの留学生もかなり増えてきました。

(え、なんでタイなの?)と思う方も多いかもしれませんが、タイでは他の留学先では味わえないような独特な体験が出来ることと、何と言っても他の留学先と比べて安く留学できるというのが最大のポイント。

フィリピンやカナダ、アメリカなども良いですが、タイへの留学もこの記事を読んで頂ければきっといいかもと感じてもらえること間違いなしです。

また、これからタイへ留学しようと考えている方は是非とも参考にしてみてください。

★この記事を読んで欲しい人★
  • 格安で行ける海外留学先を探している方
  • タイへ興味あり留学を少しでも考えている方
  • タイ留学の実態が知りたい方



なぜ今タイなの?タイへ留学に行く留学生の主な理由

タイへ留学なんてあまり考えにない方が多いと思いますが、実際にタイへ留学した留学生の主な理由としては、以下の5つが挙げられます。

  1. 学費がとにかく安いから
  2. 英語以外にタイ語を学べるから
  3. 濃ゆい異国での生活体験ができるから
  4. タイからは様々な国へ旅に出やすいから
  5. 観光するところや遊ぶところがとにかく多いから

他の国では体験できないタイ独自の留学体験が出来る他、タイ語も場所によっては学べる上に日本よりも物価が安いので学費も安いと、これならタイへ留学する理由も分かりますね。

それぞれの理由について、もっと詳しく見ていきましょう。

留学生の主な理由①:留学費用がとにかく安いから

タイ留学といえば何と言っても学費の安さが一番の理由でしょう。

留学先として大人気のオーストラリアやカナダ等に比べたら、半額以下で留学が可能であり現地の物価も日本よりも安いので、生活費も格安で済ますことが可能です。

特に留学生は少しでも節約したい方が多いので、タイはそういった方にはかなりおすすめの国だと言えますね。

留学生の主な理由②:英語以外にタイ語を学べるから

以外に教えている語学学校がタイ以外に少ないのが「タイ語」の語学学校ですね。

タイ語はタイでしか使われていませんが、タイの経済成長はここ最近かなり眼を見張るものがあり、名だたる日本企業の多くもバンコク市内にオフィスを構えているところが大変多いです

そういった背景から卒業後はタイで仕事をする方も少なくなく、英語とタイ語の両方を取得する留学生も少なくありません。

留学生の主な理由③:濃ゆい異国での生活体験ができるから

タイはバンコクなどの大都会から少し離れるとそこには、まだ手付かずの大自然が広がっています。

日本では絶対にお目にかかれないような大自然とそこで暮らす人々に、大きなインパクトを与えられること間違いなしですね。

中にはそういったタイならではの体験を通して帰国後、途上国の経済発展に貢献する活動に参加したり、自然に携わる仕事を行ったりする留学生もいるほど。

タイは留学生の人生に、大きなインパクトを与えること間違いなしです。

留学生の主な理由④:タイからは様々な国へ旅に出やすいから

タイはアジアの他の国々とのアクセスが大変良い場所に国があるため、陸地からはミャンマーやベトナム、カンボジア、ラオスと歩いて行ける国も少なくありません。

また、空からだとシンガポールやフィリピン、インドネシアなどのリゾート地にもかなり近いので、数時間で移動することができますね。

留学生は在学中にバカンスとして、それらの国々へ気軽に移動することが出来るので、様々な文化を一回の留学で学べます。

留学生の主な理由⑤:観光するところや遊ぶところがとにかく多いから

良くも悪くもタイは観光大国であり、2017年には年間観光客数が3,500万人を超えており、この数は世界で10番目に多い数字となっています。

これからタイへ留学を少しでも考えている方なら一度は耳にしたことがあるであろう、カオサン通りなどはまるでアジアではないような風景が広がっていますね。

タイの田舎の方であれば、誘惑は少ないかもしれませんがバンコクなどの市内での滞在を考えている方は、かなり誘惑が多いです。

遊びも勉強もしっかりと両立できるのが、タイの良いところですね。

タイ留学の特徴と魅力

タイ王国と呼べれていることからもお分かりいただける通り、日本とは違い国王国家のタイは首都をバンコクに構える人口約6200万人の国。

国土は日本の約1.3倍の大きさで、気候は日本のように四季はなく暑季(3月~5月)と雨季(5月~10月)、乾季(11月~2月)の3つに分かれています。

一年を通して半袖半ズボンで過ごすことが出来るほどの暖かさで、雨季になると朝晩20度近くまで冷え込みます。

また、雨季といっても日本の梅雨とは違い、スコールと呼ばれる1日に2回ほどの土砂降りがある程度ですね。

治安に関しては、当たり前ですが日本よりも悪く特に軽犯罪が後を絶ちません。

日本人だと見られるとすぐに値段を吹っかけてきたり、スリの対象とされることがあるので出歩く際には十分に注意しましょう。

また、物価に関しては感覚的には日本の三分の一程度でしょうか、

  • 250mlのミネラルウォーター:27円程度
  • レストラン一人前:500円程度
  • ショッピング:大体1000円もあればたくさん買える

とにかく周りが言うように安いです。

ホテルなどもプール付きのものでも一泊2000円程度あれば宿泊可能で、日本で同じホテルに泊まろうとしたら一泊1万円近くするでしょうね。

知っておきたい!タイ留学のメリットとデメリット

タイへ留学する前に知っておきたい、メリットとデメリットについて以下にまとめてみました。

タイ留学はかなり魅力的ですが、実際にデメリットもあるのでしっかりとこの機会に把握しておきましょう。

タイ留学のメリット

タイ留学のメリットは大きく分けて5つあります。

  1. 日本からほど近く物価がかなり安い
  2. タイからは格安・短時間でサクッと他の国へ行ける
  3. 以外に英語のネイティブスピーカーが多い
  4. タイは語学以外に学べることが沢山ある
  5. 世界中に友達ができる

それぞれ詳しく解説して行きますね。

①日本からほど近く物価がかなり安い

なんども言いますが、日本よりもかなり物価が安いため貧乏学生でも日本にいる時と比べると、リッチな生活が簡単におくれます。

観光地などに行くと若干高い設定になっていたりもしますが、そういった場所を外せばかなり安いですね。

カフェやレストランなども一食150円もあれば満足するほどたべれますし、日本の某牛丼チェーン店よりも格安です。

②タイからは格安・短時間でサクッと他の国へ行ける

こちらもなんども言いますが、タイからはサクッと他の国へ旅行に行けます

留学期間中、タイに飽きてきたら近くのセブ島やバリ島などのリゾート地へ、気軽に遊びに行けるもの大きなメリットですね。

しかも、近いので航空券もかなり安いです。

③以外に英語のネイティブスピーカーが多い

海外からの観光客が多いのもあり、タイ国内では英語が通じる人が大変多いです。

基本的には公用語はタイ語なのですが、そういった社会背景からもネイティブスピーカーもかなり多く、英語を学びたい方は大変勉強になるでしょう。

しかも、他の国と比べると学費は格安ときてますから、本当にメリットしかありませんね。

④タイは語学以外に学べることが沢山ある

タイは意外にも世界遺産がかなり多い国です。

そういった日本では触れることができない珍しい、海外の世界遺産に触れることもできますし、都市を少し離れると大自然が広がっており様々なアクティビティを体験することができますね。

現地ではタイでしか味わえない珍しい体験が出来るので、それを求めて訪れる観光客もかなり多いです。

⑤世界中に友達ができる

タイは年間約3500万人の観光客が訪れる国であるため、街中には様々な人種の人たちが行き交っています。

学校内でも世界中から留学生が訪れているため、いろんな文化に触れることができますし、何より世界中に友達を作ることもできますね。

国際色豊かなのもタイの良いところなので、積極的にコミュニケーションを取って世界中に友達を作りましょう。

タイ留学のデメリット

逆に、タイ留学のデメリットも5つあります。

  1. 国内の軽犯罪がかなり多い
  2. 娯楽が大変多い国なので誘惑もかなり多い
  3. 国内で使われている公用語はあくまでもタイ語
  4. 日本と比べて物価は安いがボッタクリが多い
  5. タイでの留学は他の国に比べて評価されにくい

こちらもそれぞれ一つずつ解説して行きますね。

①国内の軽犯罪がかなり多い

タイは日本と比べて治安がお世辞にもよくありません。

年間の殺人事件の件数などを比較しても、日本の件数の6倍ほど多く、軽犯罪も同じぐらい多いです。

スリや窃盗、置き引きなどは当たり前に起きるので、しっかりとした対策が必要ですね。

②娯楽が大変多い国なので誘惑もかなり多い

タイは観光客が多いことからも、都市ではかなり誘惑が多いです。

せっかく留学へ来たのに、遊びが先行してしまい勉強に集中できなかった…、なんてこともおきかねません。

どこへ留学するにしても同じですが、しっかりと目的や目標を明確にしてから行くようにしましょう。

③国内で使われている公用語はあくまでもタイ語

英語留学でタイを考えている方も多いかもしれませんが、基本的にタイ国内で使われている公用語はタイ語です。

ただ、観光地などの都市部では英語が基本的に使われていますが、地方の方へ行くと英語が通じない場合もあるので最低限のタイ語は覚えておいたほうが良いでしょう。

「微笑みの国」と呼ばれるぐらいなので、挨拶程度はタイ語で出来るようになりたいですね。

④日本と比べて物価は安いがボッタクリが多い

日本のように提示してある価格で購入するのが当たり前だと、タイではかなり損します。

現地の人たちは基本的に日本人に限らず、観光者だと分かると倍の値段を気軽に提示してきます。

そういった時にしっかりと交渉しないと、かなり損しますね。

⑤タイでの留学は他の国に比べて評価されにくい

残念ながらこれは本当のことで、企業から言わせたら「なぜタイなの?」といった感じになります。

そういった時に、しっかりと説明できる方であれば良いですが「何となく安かったからタイにしました。」などの理由だとまず評価されません。

しっかりとなぜタイにしたのか理由を明確にして、その後のキャリアアップに上手く繋げていきましょう。

タイ留学にかかる費用とおすすめの学校

タイ留学にかかる費用とおすすめの学校について以下にまとめてみました。

それぞれ学校によって特徴が異なるので、ご自身の目的にあった学校を選んでみてくださいね。

タイ留学におすすめの学校①:Patong Language School

公式サイト:http://www.phuket-languageschool.com/ja/

プーケットにあるとても立地が良い歴史のある語学学校「Patong Language School」。

創立されたのは、1983年でかなり歴史がありその実績から、多くの留学生が利用している語学学校の一つです。

生徒は最年少16歳から30代までと幅広く、留学生の学習ニーズに細かく応えられるようにコースが準備されているのが特徴。

<価格>

授業料金:90,332円(4週)

<こんな人におすすめ>

  • 歴史のある語学学校で学びたい方
  • 卒業生を多く輩出している学校で学びたい方

タイ留学におすすめの学校②:International House

公式サイト:https://www.ihbangkok.com/study-holiday-thailand/bangkok/

バンコク市内にある、イギリスの会社が運営するタイの語学学校「International House」。

レッスンはマンツーマンレッスン形式となっており、タイにいながら確かな英語をしっかりと学べるようになっています。

留学生は日本からも多いですが、ヨーロッパからも沢山訪れている珍しい語学学校ですね。

<価格>

授業料金:12,665円(4週)

<こんな人におすすめ>

  • 出来るだけ授業料を安く抑えたい方
  • イギリスの会社が運営している学校で学びたい方

タイ留学におすすめの学校③:PhaSorn

公式サイト:http://phasorn-thai.jp/

日本資本が運営しているタイの語学学校「PhaSorn」。

日本人スタッフが常時在住しているので、現地で困った時はすぐに相談できる点がとても良いですね。

英語のみならず、タイ語も学習できるようになっているので留学が初めての方には大変おすすめの学校です。

<価格>

授業料金:9,000バーツ(週3回レッスン、全部で20回)
※日本円で約32,000円

<こんな人におすすめ>

  • 日本人スタッフがいる学校が良い方
  • 英語だけではなくタイ語も習いたい方
  • 海外留学が初めてな方

タイ留学におすすめの学校④:Walen

公式サイト:http://www.thaiwalen.com/jp/

タイ国内に数多くのキャンパスを構える語学学校「Walen」。

ここでは、英語のみならず中国語やタイ語、ロシア語など様々な言語を習得することが可能となっています。

質の高いレッスンと驚異的なメソッドが特徴の言語学校ですね。

<価格>

授業料金:549ドル(全60レッスン)
※日本円で約61,000円

<こんな人におすすめ>

  • 英語以外の言語も学んでみたい方
  • レッスンの質にこだわりたい方

タイ留学におすすめの学校⑤:GEOS

公式サイト:https://www.geosthai.com/

バンコク市内にある国際色豊かな語学学校として有名な「GEOS」。

レッスンでは英語、タイ語、日本語が学べるようになっており日本に興味のある海外の学生も多く、友達が出来やすいことも特徴の一つですね。

また、レッスンは基本的にはグループで行われます。

<価格>

授業料金:500バーツ(1レッスン)〜
※日本円で約1,700円

<こんな人におすすめ>

  • 海外の友達を沢山作りたい方
  • 海外留学が初めての方

タイ留学におすすめの留学エージェントをご紹介!

タイ留学を行う際に情報収集にかなり役に立つのが留学エージェント。

特に海外留学が初めての方は、最初は右も左も分からない状態だと思いますので、積極的に留学エージェントを活用してもらいたいですね。

留学エージェントとは、簡単に言えばあなたの留学をサポートしてくれる人たちです。

そんな留学エージェントの特徴とメリット・デメリットまた、おすすめの留学エージェントをまとめてみましたので、是非とも参考にしてみてくださいね。

留学エージェントの特徴とメリット・デメリット

留学エージェントとは前述した通り、あなたの留学をサポートしてくれる人たちのこと指します。

エージェント(Agent)を日本語で直訳すると「代理人」という意味なのですが、留学エージェントとは留学情報を代理で集めてくれ、よりあなたが理想とする留学プランを計画・提案してくれる役割を担っています。

もちろん、中には留学エージェントを通さずに個人で現地の学校とやりとりする強者もいますが、それだとかなり初心者にはハードルが高いので、海外留学する際は基本的に留学エージェントを利用するのがセオリーとなっていますね。

★主に留学エージェントがやってくれること★

  • 海外留学に関する相談
  • 学校や滞在先の提案と手配
  • 現地ビザの取得方法と取得までのサポート
  • 現地までの航空券の購入や必要な留学保険のサポート
  • 現地で働きたい方には仕事の紹介

留学エージェントのメリット

留学エージェントを利用する主なメリットは以下の通りです。

  • 海外留学のプロなので扱っている情報の量が大変多い
  • 初めての海外留学でも安心して相談できる
  • 個人で手配するよりも遥かに効率が良い
  • 提携先の学校が多いため、多くの学校を比較できる
  • 現地で万が一、トラブルが起こった際に相談できる

ここで気をつけて欲しいのは、留学エージェントの中には有料で相談にのったり、サポートしているサービス会社もあるので予め確認してから相談するようにしましょう。

基本的には無料の留学エージェントが多いのですが、たまに有料の場合もあるので事前確認は必要不可欠です。

留学エージェントのデメリット

逆に、留学エージェントのデメリットは以下の通りです。

  • 人によっては対応の悪いエージェントに当たる場合もある
  • 「聞いていた情報と違った…」といったことも起こり得る
  • 留学エージェントの中には、有料で相談・サポートしているところもある
  • 留学エージェント先と提携している学校以外の情報は基本伝えられない

留学エージェント側もあくまでもビジネスとして、あなたの相談にのったりサポートしたりしていることを忘れてはいけません。

情報操作されていることも十分あり得ますし、対応の悪いエージェントに当たった場合はすぐに他のエージェントに切り替えるなどして、対応するようにしましょう。

あくまでも留学するのはあなた自身なのですから、慎重に計画を練って行くことが大事です。

おすすめの留学エージェント①:World Life Partners

公式サイト:https://www.world-wlp.com/

短期留学から長期留学まで幅広いニーズに対応できる留学エージェント「World Life Partners」。

英語留学だけではなく、マッサージやムエタイなどの特殊なコースも設けている学校も紹介できるようになっており、現地のオフィスには常に日本人のスタッフが在籍しているので、万が一トラブルに遭遇した際にも直ぐに相談できますね。

また、「World Life Partners」を利用すると空港から語学学校まで無料送迎バスが利用できます。

その他にも様々な特典やサービスが受けれるので、タイ留学の際にも大変おすすめできる留学エージェントの一つですね。

おすすめの留学エージェント②:Stay Tuned

公式サイト:https://www.facebook.com/pg/StayTunedThailand/photos/?ref=page_internal

タイのプーケットに直営オフィスを構える留学エージェント「Stay Tuned」。

タイのオフィスでは日本語対応となっており、いつでも直ぐに相談やサポートを受けれるようになっています。

留学を考えている方には、航空券の手配からビザの取得方法、学校の紹介など留学に関するあらゆるサポートを行なっており、タイに特化した留学エージェントとも言えますね。

タイミングが良ければキャンペーン期間などに、格安で留学できるチャンスもあるので出来るだけ費用を抑えたい方はチェックしてみてください。

おすすめの留学エージェント③:リゾート英語留学.com

公式サイト:http://www.resort-ryugaku.com/

タイでホームステイを考えている方に、大変おすすめな留学エージェント「リゾート英語留学.com」。

こちらはもともとアメリカに住んでいた方の自宅にホームステイする形となるので、語学学校に通いながらプライベートでも英語を使う場面が多くなるので、直ぐに英語スキルを身に付けることができます。

また、タイにあるオフィスはゲストハウスとしても利用できるようになっており、日本人がオーナーなので気さくに相談したりサポートして貰えたりするメリットもありますね。

おすすめの留学エージェント④:Work ASIA

公式サイト:http://www.work-asia.com/

バンコクで働きながら語学学校へ通いたい方に、大変おすすめな留学エージェントが「Work ASIA」です。

バンコクにある日本の会社のコールセンターで働けるようになっており、給料としては1ヶ月5000バーツ(約18000円)程度支給されます。

「現地で働きながら効率よく学校で語学を学びたい」といった方には魅力的な留学エージェントですよね。

おすすめの留学エージェント⑤:TLS タイ文部省認定校

公式サイト:http://www.tls-silom.com/

文部省が認定する学校から、入学先を選べるようになっている留学エージェント「TLS タイ文部省認定校」。

こちらのエージェントは、航空券の手配は個人で行うようになっていますが「学生ビザ」の取得は容易にできるようにサポートしてくれます。

また、独自のインターンシッププログラミを行なっているので、現地で職場体験ができるようになっているのも魅力の一つですね。

将来的に世界で活躍したいと考えている方には、大変おすすめの留学エージェントです。

韓国に留学するイメージが掴めなかったらとりあえず資料請求

ここまでタイの留学について解説してきましたが。

「正直全然留学について掴めなかったんだけど・・・」

って思う方もいるのではないでしょうか?それが正しい反応です。

そんなにたくさん留学に行く方もなかなかいませんし、タイに旅行に行ったことはあっても留学となると色々と勝手も違ってきます。
正直、一度サイトを見るだけで理解しろと言う方が無理な話です。

そんな時は「留学のプロに相談!」と言いたいところですが、ちょっと待ってください。
何がなんだかわからないまま相談に言っても結局何を質問したらいいかわからなくなってしましいます。

そんなあなたはまず「資料請求」をしてみるのがおすすめです。

資料請求は無料でできるため、たくさんの資料を取り寄せることができますし、家でゆっくりとサイトをみただけではわからないようなことまでじっくり目を通すことができます。

無料で資料請求をするなら
無料で資料請求をするなら留学デビューがおすすめ!
留学からワーホリまで留学の目的に応じてあなたの好きなだけ資料請求をすることができます。
※タイ留学の資料はその他英語圏で請求しましょう。

まとめ:タイ留学で自分に更なる磨きをかけよう!

タイへの留学というとあまり馴染みがない方が多いかもしれませんが、前述した通りかなり他の国と比べてお安く海外留学できるのがタイ留学の大きなメリットです。

現地の生活費も日本と比べてかなり安いので、お金に余裕がない方でも他の国へ留学するよりかは贅沢できると思いますね。

タイでしか体験できないことも数多くあるので、是非とも前向きに検討してみてください。









この記事をかいた人

ライター歴3年目のフリーランスです。普段は海外でお仕事を行っております。お仕事のご連絡はブログもしくはTwitterからお気軽にご連絡ください!