無線LAN ルーターおすすめ人気ランキングTOP10を徹底調査!【20種類以上から選定】

自宅にインターネット環境があると、月末の通信制限等に悩まされなくて良いですよね。

特に家族などで複数人利用を想定している方や、一人暮らしで快適にネットゲームを行いたい方にはネット環境は必要不可欠。

今回はそんな方のためにおすすめの無線LANルーターを、ランキング形式で詳しくご紹介しています。

無線LANルーターの選び方や簡単な設定方法など初めて利用される方にも分かりやすくまとめていますので、是非とも参考にしてもらいあなたの用途に合った無線LANルーターを利用してみて下さいね。

<この記事はこんな人におすすめ>
  • おすすめの無線LANルーターが知りたい方
  • 自分の用途に合った無線LANルーターがを利用したい方
  • 無線LANルーターの選び方等について詳しく知りたい方



無線LANルーターとは?

無線LANルーターとは、その名の通りケーブルを利用せずにインターネットに接続することが出来る機器のことを指します。

無線LANルーターのことを最近では「Wi-fiルーター」とも呼びますが、これらは”親機”とも呼ばれています。

私たちが普段利用しているスマホやパソコンなどインターネットに接続して利用する機器のことを”子機”と呼び、無線LANルーターがある事で電波が届く範囲内であればどこに居ても自由にWi-fiを介してインターネットを利用することが可能です。

無線LANルーターの特徴と強み

無線LANルーターの特徴としては、同時に複数の人が複数の子機でインターネットを利用することが出来る事です。

勿論、無線LANルーターによっては、あまりにも同時に複数の子機で利用すると回線速度が落ちてしまう場合もあります。

無線LANルーターは有線とは違い場所を選ばずに自由に利用することが出来るので、自宅に設置しておけば自宅内どこでもネット環境が整うわけですね。

最近は殆どの家庭や職場で無線LANルーターが導入されており、仕事は勿論のことネットゲームといった通信容量が大変多くかかる用途にも活用されています。

無線LANルーターの種類

無線LANルーターには、大きく分けて2種類のタイプがあります。

一つは自宅やオフィスに「据え置きするタイプ」。もう一つは、バッテリーが内蔵されており野外でも利用できる「モバイルタイプ」ですね。

据え置きタイプの場合は、モバイルタイプよりも複数人で利用することに特化しているため、同時に利用しても通信速度が落ちることがありません。

また、モバイルタイプの方が据え置きではないので、自宅やオフィスだけでなく野外でも自由にインターネットが利用できるようになります。

それぞれ用途によって使い分けることが大事なので、ご自身に合った無線LANルーターを活用することが大事です。

無線LANルーターはこんな人におすすめ

無線LANルーターは、下記のような方々には大変おすすめのサービスだと言えます。

  • 自宅でネットゲームを行う人
  • 家族全員でインターネットを活用したい人
  • 出来るだけ通信費を安く抑えたい人
  • オフィスで仕事用にネット環境を作りたい人
  • YouTubeやNetflix (ネットフリックス)等の動画をよく見る人

特に自宅やオフィスで複数人同時にインターネットを利用したいと考えている人にはおすすめのサービスであり、通信制限や通信速度等を気にせずに快適に仕事をしたり、ネットゲームを行なったりといった用途にも適しているサービスですね。

無線LANルーターの選び方

無線LANルーターの選び方としては、主に4つのポイントがあります。

 

  • 何人で何台使うのか
  • 部屋の間取りはどうなのか
  • 本体のサイズやデザイン
  • 機能面はどうなのか

特に初めて利用される方は①と②が選び方のポイントとしては大変重要となるので、しっかりと抑えておきましょう。

以下からそれぞれ分かりやすく解説していきますね。

無線LANルーターの選び方①:何人で何台使うのか

最初に確認したいことが何人で何台の子機を使用するのか?と言うことです。

家族であれば7人で最低でもスマホ7台は利用するでしょうし、学生などがいる場合はパソコンやNintendo Switchなども利用するでしょう。

その他にもPS4やタブレット、テレビ、IoT家電なども含まれるので、まずはどのぐらいの数の人が何台利用するのか把握してから、それに合った無線LANルーターを選ぶようにしましょう。

この数字に関してはどの無線LANルーターの商品であってもパッケージに表示されているので、選ぶための目安になります。

無線LANルーターの選び方②:部屋の間取りはどうなのか

次に大事になってくるのが、部屋の間取りですね。

一人暮らしであれば出来るだけ安い価格の無線LANルーターを選べば良いのですが、家族で利用する場合は戸建てや2階建てなど自宅の広さが通信環境に影響してくるので、ある程度のスペックの高い無線LANルーターを選ぶ必要があります。

部屋の間取りに関しても商品によっては明記されているものもあるので、選ぶ際の基準となります。

無線LANルーターの選び方③:本体のサイズやデザイン

無線LANルーターではメーカーによってサイズやデザインが異なります。

アンテナが突き出ているタイプのものもあれば、とてもスマートで小さいタイプのものもあるので設置した際に邪魔にならない無線LANルーターを選ぶことも大事ですね。

また、デザインもメーカーによって違いがあるので、その辺りも選ぶ際の基準となるでしょう。

特に一人暮らしの方は設置する場所が限られてくるので、出来るだけコンパクトな無線LANルーターを選ぶ必要性があります。

家族で利用を考えている方は部屋のインテリアとして見るのならば、よりデザイン性を重要視した無線LANルーターを選ぶことも大事ですね。

無線LANルーターの選び方④:機能面はどうなのか

無線LANルーターには商品によっては、以下のような機能が備わっています。

  • 干渉波自動回避機能:他の電子レンジや機器から発するノイズを回避する機能。
  • ビームフォーミング:端末を特定して集中的に電波を飛ばす機能。
  • 高性能CPU:CPUとはコンピュータにおける処理装置のこと。
  • AOSS:無線LANルーター大手メーカー「バッファロー」が提供している、無線LANルーターの設定が簡単に行える機能。

それぞれの機能が備わっているのといないのとではかなり違いがあるので、購入前にしっかりと確認するようにして下さいね。

無線LANルーターの基本的な設定方法

無線LANルーターは今では様々なメーカーから販売されており、その設定方法に関しては各メーカーの説明書やマニュアルを見ながら行うのがセオリーです。

といっても、設定方法に関してはそれ程メーカーで違いがあるわけではないので、ここでは例として無線LANルーターの大手メーカーである「バッファロー」の接続方法を簡単に説明しますね。

大まかな手順としては、

  1. 回線の状況を確認
  2. 回線機器と無線LANルーターを接続する
  3. SSIDとパスワードの設定を行う
  4. 子機で接続設定を行う

の4ステップとなります。

以下からそれぞれ詳しく見ていきましょう。

無線LANルーターの接続方法①:回線の状況を確認

インターネットの接続に関しては、2つの方法があります。

  • ルーター接続
  • パソコン接続

簡単に言ったらプロバイダのIDとパスワードがルーターに入力されているか、パソコンに入力されているかの違いになります。

また、プロバイダとは、インターネットへの接続サービスを提供する事業者のことを指し、IDとパスワードの入力がルーターかパソコンかどちらかによって無線LANルーターの動作が変わってくるので覚えておきましょう。

無線LANルーターの接続方法②:回線機器と無線LANルーターを接続する

次に、元となるモデムやルーターに無線LANルーターを接続します。

モデムとは受信装置のことを指し、これが接続出来ていないとインターネットを無線LANルーターを介して利用する事が出来ません。

接続に関してはモデムから無線LANルーターにコードを利用して直接つなぎ、その後はバッファローのメーカーであれば無線LANルーター本体を「Auto」設定にしておけば自動で設定してくれるので大丈夫です。

無線LANルーターの接続方法③:SSIDとパスワードの設定を行う

もしパソコンを無線LANルーターに接続している場合は、パソコン側でインターネットが使えればインターネット接続設定は完了している事になります。

その後は、無線LANルーター本体に記載されているSSIDとパスワードをパソコン側で入力すれば、無線LANルーターから電波(SSID)が飛ぶようになります。

また、ここでいうSSIDとは私たちが普段カフェでフリーWi-fi等を利用する際に、スマホ等に表示されるアクセスポイントのことを指しますので覚えておきましょう。

無線LANルーターの接続方法④:子機で接続設定を行う

無線LANルーターの本体側の設定が完了したら、後はスマホやタブレット側で「設定」を開き「Wi-fi」を選択し、あなの無線LANルーターが飛ばしている電波(SSID)を見つけてパスワードを入力するだけです。

その後、Wi-fiが使えれば接続完了となります。

プリンターやテレビに関しても接続方法は大体同じなので、是非とも試してみて下さいね。

無線LANルーターの寿命と買い替えの目安

無線LANルーターに寿命があるのか疑問に感じる方も多いと思いますが、以下の症状を感じた場合は替え時かもしれません。

  • 通信速度が前よりも遅くなってきた
  • 接続が最近良く切れる
  • 通信が不安定に感じる時がある

無線LANルーターの寿命としては、「機械的な寿命」と「規格的な寿命」が考えられます。

それぞれ説明すると機械的な寿命の場合、無線LANルーターの機器本体が経年劣化する場合や故障などで壊れてしまう場合です。

無線LANルーターの耐久年数は大体どの商品でも10年ほどとなっており、そのくらいになると買い換え時ですね。

といっても、多くの場合が4〜6年ほどで買い替えているケースが多いです。

また、規格的な寿命とは無線LANルーター本体に問題がなくても、その他のセキュリティーが新しくなったり、通信方法がより最新のものへと変更されたりして使えなくなる場合です。

分かりやすく例えると、ブラウン管テレビが地上波に移り変わって見れなくなったのと同じですね。

無線LAN ルーターおすすめ人気ランキングTOP10!

数ある無線LANルーター商品の中からおすすめのものにだけ絞って、以下にランキング形式で詳しくまとめてみました。

  1. BUFFALO / WSR-2533DHPL
  2. NEC / Aterm WG1200HP3
  3. NEC / Aterm PA-WG1200CR
  4. Google / Wi-Fi GA00157-JP
  5. BUFFALO / AirStation WSR-2533DHP-CB
  6. IO DATA / WN-AX1167GR2
  7. ASUS / RT-AC3200
  8. ELECOM / WRC-2533GST
  9. BUFFALO / WXR-2533DHP2
  10. ASUS / RT-AC88U

それぞれメーカーや書品によって特徴が異なりますので、ご自身の用途にあった商品を利用してみて下さいね。

それでは以下からそれぞれ詳しく解説していきます。

※以下の商品に表示されている「価格」はあくまでも参考価格です。

おすすめ無線LANルーター①:BUFFALO / WSR-2533DHPL

公式サイト

無線LANルーターの大手メーカー会社バッファローが出している「WSR-2533DHPL」は、家族等の大人数で使用する方におすすめの無線LANルーターです。

同時接続に強い無線LANルーターなので、戸建ての自宅の方や3LDKといった広いマンションに住んでいる方にもおすすですね。

利用用途として接続台数が多いという方は、最初から最新モデルにしておいた方がストレスなくインターネットを活用することができますよ。

<価格>

7,636円(税込)

<こんな人におすすめ>

  • 家族で無線LANルーターの利用を考えている方
  • 接続台数が比較的多い方
  • ストレスなくインターネットを利用したい方

おすすめ無線LANルーター②:NEC / Aterm WG1200HP3

公式サイト

コスパを一番に考えている方におすすめする無線LANルーター「Aterm WG1200HP3」。

重量も約200gと比較的軽い方で、NECというメーカーが出している商品になります。

特に普段からパソコンやネットゲーム等を行う方にはうってつけの無線LANルーターで、複数接続してもストレスなくインターネットをご利用いただけます。

<価格>

5,806円(税込)

<こんな人におすすめ>

  • 複数人での利用を考えている方
  • 動画やネットゲームで使用を考えている方
  • コスパを重視したい方

おすすめ無線LANルーター③:NEC / Aterm PA-WG1200CR

公式サイト

価格を一番に重要視したい方におすすめの無線LANルーター「Aterm PA-WG1200CR」。

こちらもNECのメーカーが出している商品で、価格は3,000円程度とかなり安いにも関わらず通信速度はかなり早いので、ストレスなくインターネットの利用ができます。

ただ、複数利用だと2〜3人程度まででしょうか。どちらかといえば、一人暮らしの方向けの無線LANルーターですね。

<価格>

3,243円(税込)

<こんな人におすすめ>

  • 一人暮らしの方
  • 価格重視で選びたい方
  • 通信速度が出来るだけ早いほうが良い方

おすすめ無線LANルーター④:Google / Wi-Fi GA00157-JP

公式サイト

誰もが知るGoogleが提供している無線LANルーター「Wi-Fi GA00157-JP」は、アプリケーションで簡単に接続設定できるので初めて利用する方にも大変おすすめです。

値段的にはちょっと高めになっていますが、本体自体もかなりコンパクトでアプリから子供に悪影響があるようなWebサイトの閲覧制限をかけたりもできるので、お子さんがいるご家庭でも安心して利用することができます。

<価格>

10,970円(税込)

<こんな人におすすめ>

  • お子さんがいるご家庭の方
  • Googleが提供している商品を利用したい方
  • 接続設定が簡単な方が良い方

おすすめ無線LANルーター⑤:BUFFALO / AirStation WSR-2533DHP-CB

公式サイト

大手メーカーであるバッファローが提供する「AirStation WSR-2533DHP-CB」の最大の特徴は、何と言ってもボタン一つで自動引き継ぎができる”AirStation引っ越し機能”が付いていることでしょう。

“AirStation引っ越し機能”が付いていることで、面倒な新旧の無線LANルーターの切り替えもボタン一つで完了させることができます。

しかもバッファローの商品だけではなく、他のメーカーの無線LANルーターでも自動切り替えが可能です。

<価格>

12,480円(税込)

<こんな人におすすめ>

  • 新旧の無線LANルーターの切り替えが楽なほうが良い方
  • 大手メーカーであるバッファロー商品を活用したい方
  • 本体がコンパクトな無線LANルーターが良い方

おすすめ無線LANルーター⑥:IO DATA / WN-AX1167GR2

公式サイト

セキュリティー面を重視したい方におすすめの無線LANルーター「WN-AX1167GR2」。

より安全にインターネットを利用するために、ネットを介した詐欺行為をしっかりとブロックしてくれる他、ウィルス等の侵入も合わせて防いでくれます。

また、ルーター側で設定することで子機のスマホやタブレットでも、防止することができるようになっています。

<価格>

3,974円(税込)

<こんな人におすすめ>

  • セキュリティー重視で購入を考えている方
  • ボタン一つで設定の切り替えが出来るほうが良い方
  • 複数人での利用を考えている方

おすすめ無線LANルーター⑦:ASUS / RT-AC3200

公式サイト

複数のアンテナが反り立っているのが特徴的な無線LANルーター「RT-AC3200」。

RT-AC3200の特徴としては複数人での同時利用に適しており、”ビームフォーミング”機能が内蔵されているので、特定の子機に対して集中的に電波を送ることが可能です。

また、通信速度もかなり早いのでネットゲーム等をする方にも、おすすめの無線LANルーターですね。

<価格>

3,944円(税込)

<こんな人におすすめ>

  • 通信速度を重要視している方
  • “ビームフォーミング”機能があるほうが良い方
  • ネットゲーム等での利用を考えている方

おすすめ無線LANルーター⑧:ELECOM / WRC-2533GST

公式サイト

同時接続台数18台までOKな無線LANルーター「WRC-2533GST」。

超高性能モデルといっても過言ではないこちらの無線LANルーターは、最大で6人までの利用を想定しており、従来の無線LANルーターよりも30%ほど通信速度が早いと言われています。

高スペックに対して価格もそこまで高くないので、かなりコスパ的にも良い無線LANルーターですね。

<価格>

9,000円(税込)

<こんな人におすすめ>

  • 高スペックな無線LANルーターが良い方
  • 子機複数台での利用を考えている方
  • 複数人での利用を考えている方

おすすめ無線LANルーター⑨:BUFFALO / WXR-2533DHP2

公式サイト

スマホで簡単にセットアップできる上に、アンテナが自由に動かせるのでネット環境を自由自在に変化させれる無線LANルーター「WXR-2533DHP2」。

マンションや平家に向いている無線LANルーターで、アンテナを自宅に合わせて動かすことにより、より快適な通信環境を構築することが可能となっています。

また、通信速度も早いほうなのでストレスなく複数台の子機で、利用することが出来るでしょう。

<価格>

18,012円(税込)

<こんな人におすすめ>

  • 自由に通信環境を変えることが出来るほうが良い方
  • スマホで簡単にセットアップできるほうが良い方
  • 通信速度を重要視している方

おすすめ無線LANルーター⑩:ASUS / RT-AC88U

公式サイト

今回ご紹介した中では一番価格的には高い無線LANルーター「RT-AC88U」。

勿論、その価格に合う高スペックな無線LANルーターとなっており、通信速度は他の無線LANルーターの比ではありません。

特に通信速度にこだわって無線LANルーターを探している方に、とてもおすすめの商品ですね。

<価格>

27,089円(税込)

<こんな人におすすめ>

  • 通信速度を重要視している方
  • ネットゲーム等で利用を考えている方
  • 複数台の子機の利用を考えている方

一人暮らしにおすすめの無線LANルーターTOP3!

一人暮らしにおすすめの無線LANルーターを、ここではランキング形式で詳しくご紹介します。

  1. BUFFALO / WHR-1166DHP4
  2. BUFFALO / WSR-300HP/N
  3. TP-Link / Archer C50

また、一人暮らしの無線LANルーターの選び方としては、

  • 価格重視
  • コンパクトで場所をとらない
  • 持ち運びのしやすさ
  • 接続のしやすさ

が大事になってきます。

以下からそれぞれの特徴に関して、詳しく見ていきましょう。

※以下の商品に表示されている「価格」はあくまでも参考価格です。

おすすめ無線LANルーター①:BUFFALO / WHR-1166DHP4

公式サイト

ワンルームには十分な性能を兼ね備えている、バッファローの無線LANルーター「WHR-1166DHP4」。

価格はそこそこ高いようですが、Amazonで購入すると3,980円程度で買えるのでおすすめです。

また、高速通信も問題なく行うことが出来る上に、複数人での接続対応もしているので、一人暮らしにはもったいないくらいの高スペック無線LANルーターですね。

<価格>

7,776円(税込)

<こんな人におすすめ>

  • 一人暮らしだけど出来るだけ高スペックなものを使いたい方
  • コストパフォーマンス重視で選びたい方
  • 複数人での利用を考えている方

おすすめ無線LANルーター②:BUFFALO / WSR-300HP/N

公式サイト

一人暮らしに最適なコンパクトな本体となっている、こちらもバッファローの無線LANルーター「WSR-300HP/N」。

利用人数としては1人を想定してあり、同時接続出来る子機は最大で3台となっている無線LANルーターです。

スマホアプリからでも、簡単に設定できるところも魅力の一つですね。

<価格>

3,256円(税込)

<こんな人におすすめ>

  • コンパクトな本体の無線LANルーターを探している方
  • スマホアプリで簡単に設定できるほうが良い方
  • 複数台の子機での利用を考えている方

おすすめ無線LANルーター③:TP-Link / Archer C50

公式サイト

4本のアンテナが特徴的な無線LANルーター「Archer C50」。

価格もそこまで高くはなく、設置に関しても壁掛けなども出来るので大変便利な無線LANルーターの1つです。

アンテナを動かすことにより、より快適なネット環境を構築することが可能となっており、通信速度も早いほうなのでストレスなくインターネットの利用ができる商品ですね。

<価格>

3,180円(税込)

<こんな人におすすめ>

  • アンテナタイプの無線LANルーターが良い方
  • 壁掛けなどができる融通の利く無線LANルーターが良い方
  • 複数の子機での利用を考えている方

無線LANルーターに関するよくあるQ&A

ここでは無線LANルーターに関する、よくある質問に関して詳しくまとめています。

  • おすすめの無線LANルーター中継器を教えて下さい!
  • 無線LANルーターの設置場所はどの辺りが良いでしょうか?
  • 自宅のWi-fiが弱いのは何が原因なのでしょうか?
  • 無線LANルーターは値段が高い方が電波は強いですか?
  • 無線LANルーターの設置型とモバイル型はどちらがおすすめですか?

それぞれこれから無線LANルーターの利用を考えている方には、関係のある質問内容となっているので是非とも参考にしてみてくださいね。

Q1:おすすめの無線LAN中継器を教えて下さい!

まず「中継器」という存在を知らない方ために説明すると、無線LANルーターの電波をより広範囲に届けるための機器になります。

無線LANルーターにおすすめの中継器としては、

などになります。

また、中継器は接続も簡単ですし、より広いエリアでのインターネットの利用が可能になるので大変便利です。

無線LANルーターと合わせて検討してみて下さいね。

Q2:無線LANルーターの設置場所はどの辺りが良いでしょうか?

無線LANルーターの設置場所としては、普段ご自身がスマホやパソコンを扱っているエリアの近くに設置するのがベストです。

逆に設置しない方が良い場所としては、

  • 水回りの近く
  • その他の電子機器の近く(電子レンジとか特に)
  • 床への直置き

などですね。

また、無線LANルーターへ布を被せたりするのも、ネット環境が悪くなるのでNGです。

Q3:自宅のWi-fiが弱いのは何が原因なのでしょうか?

無線LANルーターのWi-fiが弱いと感じた時の原因としては、

  • 無線LANルーターの周りに通信を遮断するものがある
  • 電波の干渉が起きている
  • 無線LANルーター本体が子機から遠い
  • 同時に使用している端末が多い
  • 無線LANルーター自体が自宅に適していない

といったことが考えられます。

また、上記の対処方法としては

  • 無線LANルーター本体の再起動
  • 無線LANルーター本体の位置を変える
  • 無線LANルーターのアンテナの位置を変える
  • 無線LANルーターの中継器を導入する

などが挙げられますので、是非とも試してみて下さいね。

Q4:無線LANルーターは値段が高い方が電波は強いですか?

無線LANルーターの価格による違いですが、高い方が通信速度が速かったり、複数台の端末で利用してもストレスなく利用できたりします。

どうしても安い無線LANルーターに目がいってしまう人は、無線LANルーター自体はそうそう買い換えるものではないので、出来るだけしっかりとしたスペックがある商品を選ぶようにすると良いでしょう。

値段だけが全てではありませんので、ご自身の用途にあった無線LANルーターを選んでくださいね。

Q5:無線LANルーターの設置型とモバイル型はどちらがおすすめですか?

どちらがおすすめかは、あなたの利用用途によります。

一人暮らしの場合であればモバイル型でも十分インターネットの利用がストレスなく出来ますが、自宅でネットゲームなどをするようであれば設置型の方が良いでしょう。

そのように利用用途によってどちらが適しているかが違ってくるので、まずはどのような利用を考えているのか書き出してみてから検討すると良いでしょう。

おすすめの無線LANルーターで快適なネット環境を作ろう!

無線LANルーターは今では様々なメーカーから複数の商品が販売されていますが、今回ご紹介した商品はその中でも特におすすめの無線LANルーターばかりですので、是非とも利用を少しでも検討されている方は参考にしてみて下さいね。

前述した通り無線LANルーターはそうそう買い換えるものではないので、しっかりとした機能が付いている高スペックの無線LANルーターを選んでおくと後悔することはありませんよ。

自宅やオフィスでストレスなくインターネットを利用するには、大変無線LANルーターが適しているので、是非とも前向きに検討してみて下さいね。









この記事をかいた人

ライター歴3年目のフリーランスです。普段は海外でお仕事を行っております。お仕事のご連絡はブログもしくはTwitterからお気軽にご連絡ください!