エンジニアが独立・起業してフリーランスになるタイミングと持つべきスキルとは

エンジニア,独立

会社勤めのエンジニアから独立して年収や待遇アップしたいと考えている人が悩むのが、独立する時期とスキルレベルです。

独立したいとは思うものの、失敗して出戻りするのはカッコ悪いですし、会社員時代よりも待遇が悪くなるのも嫌ですよね。

この記事では、エンジニアが独立するタイミングと持っておきたいスキル、成功するために必要なポイントについてまとめました。「エンジニアとして独立したいけれど迷っている」という人は参考にしてください。



エンジニアが独立するタイミングと持っておくべきスキル

エンジニア,独立

会社員エンジニアが、フリーランス(個人事業主)として独立するなら、最低でもこれくらいのスキルがないとつらいです。

  • 「これで稼ぐスキル」で3年以上の経験
  • 得意なスキルと関連性の高いスキルを使用した経験
  • 自分が作業として行っていた以外の部分をこなせる知識

独立するなら3年以上の経験がほしい理由

エンジニアとして独立するときに心配になるのが、収入のことですよね。エンジニアとして独立した人向けに案件を紹介してくれるエージェントサービスがあるのはご存知でしょうか。

エージェントサービスは、フリーランスエンジニア向けの案件を利用者とヒアリングした上で紹介してくれます。しかし、エージェントサービスにある高単価・高待遇案件のほとんどが「求める技術分野での実務経験が3年以上ある」が条件につくのです。

「一部リモート」「在宅可能」といった待遇がつくと、関連スキルも含めて2年程度の経験が求められます。案件ガチャをひきたくないなら、最低でも3年は実務経験を積んでおきたいですね。

エンジニアとして独立する年齢は30歳までが目安である理由

エンジニア,独立

エンジニアとして独立する年齢は30歳程度が1つの目安です。年齢が若いほどに失敗したときのリカバリーが効きやすいのが最大の理由ですが、その他にもこのようなメリットがあります。

  • 年収的なギャップが少ない
  • 努力次第で年収が上がりやすい
  • 同じ技術力なら若い人が選ばれやすい
  • 新しいことの吸収力が大きい

もちろん、エンジニア35歳定年説の35歳をすぎてから独立して、成功している人もいます。しかし、若いときに独立する場合と同じメリットはないことを覚えておきましょう。

エンジニアが独立で失敗しないために注意すべきポイント

エンジニア,独立

独立したエンジニアがやりがちな失敗をしないためのポイントを紹介します。「自分には関係ない」と思うかもしれませんが、失敗してしまった諸先輩も惨事になるまでは「関係ない」と考えていたようですよ。

  • 円満退職する
  • 会社員時代に人脈を増やす
  • 契約関係など最低限の法知識をつける
  • 自分のスキルセット・なりたい姿を考える

独立するときは円満退職し、在籍時代に人脈を増やす

あなたの在籍する企業がよほどのブラック企業でない限りは、円満退職を心がけましょう。独立を意識し始めてからでも間に合うので、取引先や同僚と仲良くして独立後も縁があるように振舞うとなおいいです。

退職後の職場が独立後のあなたの最初の取引先になる可能性もありますし、取引先から案件をもらうこともあります。喧嘩別れのような形で独立するよりは「いつでも戻ってきていいぞ」くらいの雰囲気で独立した方が、メリットが大きいです。

契約関係の法的な知識をつける

独立したエンジニアがたびたび悩まされるのが、契約関係です。

報酬の未払いや、相場未満での契約はまだいい方で、契約書不備による損害賠償請求や永遠に続く修正依頼など、失敗談を探せばキリがないほどです。

フリーランスの契約関係に詳しい弁護士のツテを作っておくのも大切ですが、同じ個人事業主仲間や経営者仲間を作り、情報共有できると安心感があります。

3年・5年・10年後の自分の姿から逆算した案件選びをする

案件ガチャを引くばかりで、選ぶ余裕のないエンジニアにありがちなのが「その場しのぎで案件を選んだ結果、自分のスキルが伸びない」というものです。

「エンジニアが独立するとスキルアップできない」という話もありますが、スキルアップできるかどうかはアサインする案件の選び方によります。エージェントも「利用者が描くキャリアに沿って案件を紹介」してくれるので、「こうなりたい」という姿は具体的に思い描いておかないと数年後の自分が苦労するでしょう。

独立したエンジニアが安定した収入を得るためにすべきこと

エンジニア,独立

独立したエンジニアが安定した収入を得るなら、フリーランス向けエージェントサービスを利用しましょう。

フリーランス向けエージェントサービスは、独立したエンジニアや起業したエンジニア向けに案件を紹介してくれるサービスのことです。案件紹介前に利用者とエージェントでヒアリングがあり、利用者のスキルを活かせる案件や希望する案件を紹介してくれます。

常駐エンジニア案件もあればフルリモート案件もあり、アサインする期間も様々です。独力で案件を獲得するには、各所に営業をかけなければいけませんし、契約関係も自分自身で行う必要がありますが、エージェントを使えばそういった面倒ごとをエージェントに丸投げできます。

ただし、高額収入案件は経験年数が問われることが多く、経験年数が少ない場合は週5日の常駐案件しかない場合があります。多少のデメリットはありますが、自分で営業せずに安定して案件が獲得できるので利用しない手はありません。

エンジニアが独立にあたって利用すべきエージェントサービス

エンジニアが独立するにあたって利用しておくべきエージェントサービスを6つ紹介します。

6つのエージェントそれぞれに得意とするジャンルがあるので、自分の働き方に一番合ったものを含めて3つ程度登録しておくことをおすすめします。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランス

公式サイト:レバテックフリーランス

レバテックフリーランスは、高単価で良質な案件が多いことで評判が高いフリーランス向けエージェントサービスです。

直請け案件が多く、公式サイトによると利用者の平均年収は862万円となっています。運営会社は、IT系人材派遣サービスの(株)レバテックであり、業界に精通したコンサルタントは「お任せして安心感がある」「業界に詳しく、こうしたいを叶えてくれる」と口コミされています。

サービス名 レバテックフリーランス
案件数 10,646件
リモート可能案件 57件
得意な案件の特徴 常勤・高単価案件
支払サイト 15日
運営会社 レバテック株式会社

レバテックフリーランスの案件の特徴

レバテックフリーランスは、数あるエージェントサービスの中でも案件数が特に豊富で、100万円を超える案件も多いことで有名です。

案件の多くが週5日の常駐を求める案件となっていますが、上場企業との取引も多く、IT・Web系でなくても知っているサービスの案件に携われる機会が多くあります。

レバテックフリーランス

高単価・高待遇のホワイト案件が多いですが、その分求められるスキル・経験も高いです。

レバテックフリーランス

特定分野の経験が3年以上あり、関連分野でのサービスリリース経験が求められることも多く、フリーランスになりたての人は案件の紹介までに時間がかかる傾向があります。

レバテックフリーランスは常駐型フリーランス案件を獲得するなら必ず登録すべき

レバテックフリーランスの案件は高単価ゆえに求められるスキルは高く、経験年数も3年以上が目安です。

しかし、他にはない高収入・高待遇案件がそろっており、コンサルタントの知識も業界トップクラスです。エンジニアとして独立するなら必ず登録すべきエージェントです。

関連記事:レバテックフリーランスの口コミ・評判を徹底調査【案件の質・稼げるのかを比較】

ITプロパートナーズ

ITプロパートナーズ,口コミ,評判

公式サイト:ITプロパートナーズ

ITプロパートナーズは、常駐日数が週2・3日と少ない案件が豊富なエージェントサービスです。

週5日常勤の案件もありますが、どちらかというと常駐日数が少なめの案件が得意なので、「自社サービスをローンチするので常勤日数が多いと辛い」という人に向いています。

サービス名 ITプロパートナーズ
案件数 2,114件
リモート可能案件 120件
得意な案件の特徴 週2・3案件
支払サイト 35日
運営会社 株式会社Hajimari

ITプロパートナーズの案件の特徴

ITプロパートナーズの案件は、常勤しなければいけない日数に比べて高単価な案件が多いです。

ITプロパートナーズの公開案件の単価は、レバテックフリーランスのものと比べると低く見えますが、案件のほとんどが週3日程度の常勤を求めるものです。週5日常勤を求める案件と1日あたりの単価を比べると遜色ないことがわかります。

ITプロパートナーズ

週の常勤日数が少ない案件では、3年程度の経験を求められる場合が多いですが、週5日常勤の場合は経験年数は問わず「開発経験があること」としている案件もありました。

ITプロパートナーズ

ITプロパートナーズは週末フリーランスから始めたい人にもおすすめ

ITプロパートナーズは、兼業可能な案件が多く「ひとまず週末だけ副業したい」という人におすすめです。

公式サイトには、「これからフリーランスになろうかどうか悩んでいる人もお気軽にご相談ください」とあります。フリーランスとしてどんな働き方がいいのか悩んでいる人も積極的に相談してみましょう。

週末起業や実績作りの短期案件など、様々な選択肢を紹介してくれます。

関連記事:ITプロパートナーズの口コミ・評判を分析!週2・3日案件は本当にあるの?メリット・デメリットまとめ

Midworks

Midworks

公式サイト:midworks

Midworksは、給与保証や税務保障といった福利厚生が充実しているエージェントサービスです。

案件は週5日の常勤を求めるものが多く、単価も低くありません。マージン率を公開しているのでMidworks側にいく手数料に納得した上で案件にアサインできます。

給与保証は、案件と案件の間に期間が開いてしまった場合に月額単価の80%を受け取ることができるものです。お金の心配なく案件を探せるので、「フリーランスだけど、仕事がないときも失業保険のような形で収入を安定させたい」と考えている人におすすめです。

サービス名 Midworks
案件数 1,130件
リモート可能案件 29件
得意な案件の特徴 正社員並みの福利厚生
支払サイト 20日
運営会社 株式会社 Branding Engineer

Midworksの案件の特徴

Midworksは、週3の常勤案件が豊富です。週3常勤案件でも、ほとんどのものが「一部リモート」が可能であり自由度の高さが伺えます。

Midworks

給与保証に代表される福利厚生が充実しているだけあって、紹介可能な案件のなかに未経験者向けの案件はほとんどありません。最低でも1年以上の経験が求められます。

Midworks

Midworksは充実した福利厚生を受けながら仕事に取り組みたい人におすすめ

Midworksは、他社に比べて充実した福利厚生制度があるのが特徴のエージェントサービスです。公開案件数は他社に比べて少ないものの、手厚い福利厚生に守られているので安心して仕事に取り組めるでしょう。

midworksに無料登録してみる

関連記事:Midworksの口コミ・評判を徹底調査【利用者の本音から見る福利厚生と案件内容の真実】

ギークスジョブ

公式サイト:ギークスジョブ

ギークスジョブは、中長期的なキャリアプランから案件を紹介してくれるエージェントサービスです。

業界で15年以上の事業実績があり、各企業とのコネクションを活かした一次請け案件を豊富に持っています。二次請け案件であっても高単価なものが多く、「相談してみたら、希望にかなうものがあってびっくりした」という口コミも多いです。

サービス名 ギークスジョブ
案件数 1,507件
リモート可能案件 7件
得意な案件の特徴 常勤・高単価案件
支払サイト 25日
運営会社 ギークス株式会社

ギークスジョブの案件の特徴

ギークスジョブの案件は、「Java x 安定稼働」など人気の条件を組み合わせた条件で検索できます。自分の働き方に合った案件を探しやすいです。

未経験者向けの案件は少なく、3年以上の経験を求められる案件が大半を占めます。リモート可能案件よりは週5の常勤を求める案件が多いです。

ギークスジョブ

公開されている案件で最も高額な案件は、サーバー(インフラ)エンジニアの100万円から150万円で、精算時間は140時間から180時間でした。

ギークスジョブは高単価・常駐案件を探している人におすすめ

ギークスジョブは、最低単価が100万円の案件も豊富にあるエージェントサービスです。公開案件でも10件以上の案件が見つかりましたので、非公開案件にはより多くの高単価案件があることが予想されます。

求められるスキルや実績は高くなりますが、高単価の常駐案件を探している人は登録しておかないとチャンスを逃してしまうでしょう。

関連記事:ギークスジョブの口コミ・評判を徹底比較!【ITフリーランス向け】

クラウドテック

クラウドテック 特徴

公式サイト:クラウドテック

クラウドテックは、リモート可能な案件を豊富に扱っているエージェントサービスです。

クラウドソーシング大手のクラウドワークスが運営しているだけあって、Web、IT関連の幅広い業種の案件を所有しています。

クラウドソーシングと違い中長期的にアサインする案件が多いので、一度案件が決まればしばらくの間は新しい案件を探さなくてもすみます。慣れたところで長期間働けるので、スケジュールも立てやすいですよ。

サービス名 クラウドテック
案件数 6,082件
リモート可能案件 117件
得意な案件の特徴 エンジニア以外の副業案件も豊富
支払サイト 15日
運営会社 株式会社クラウドワークス

クラウドテックの案件の特徴

クラウドテックが得意としているリモート可能案件を公開案件で検索しました。「フルリモートか一部リモート可能」「週2」で検索をしたところ18件ありました(2020年6月時点)

この条件で検索した案件で多かった使用スキル、週稼働日数、想定月収はこれらです。

  • 使用スキル:Ruby、Ruby on Rails、JavaScript、Unityなど
  • 週稼働日数:2日から3日
  • 想定月収:〜100万円

リモート可能な案件は、非公開案件に豊富にありそうです。

クラウドテックはクラウドワークス利用者にもおすすめ

すでにクラウドワークスに登録している人は、クラウドテックの利用がおすすめです。クラウドワークスのアカウントで登録が可能なので登録の手間が省けます。

クラウドワークス利用者の中には「クラウドテックから声がかかった」という人もいますので、クラウドワークスの実績を参考に案件を紹介してもらえるチャンスもありそうですよ。

関連記事:クラウドテックの口コミ・評判を徹底調査【副業として使えるの?】

ポテパンフリーランス

ポテパンフリーランス,口コミ,評判

公式サイト:ポテパンフリーランス

ポテパンフリーランスは、業界未経験者や転職組を受け入れてくれる案件を豊富に取り扱っているエージェントサービスです。

ポテパンフリーランスの案件のほとんどが週5日常勤です。業界経験の浅い人を対象とした案件が多いので、リモート可能な案件は少なく、アサインされた先でしっかり学べるような体制になっています。

サービス名 ポテパンフリーランス
案件数 390件
リモート可能案件 22件
得意な案件の特徴 未経験・初心者向け案件
支払サイト 30日
運営会社 株式会社ポテパン

ポテパンフリーランスの案件について

ポテパンフリーランスの案件は、スキルチェンジを考えている人にもやさしいです。

公開案件の検索条件にも「スキルチェンジ可」があり、メインの技術を変更したい人のための案件が表示されます。

ポテパンフリーランス

スキルチェンジ可能案件は、スキルチェンジ先の言語の学習経験と多言語での開発経験があればアサインできるものが多く、求められる経験年数も3年程度となっています。

ポテパンフリーランス

ポテパンフリーランスはスキルチェンジしたいエンジニアにもおすすめ

ポテパンフリーランスは、初心者・未経験者向けの常駐案件が得意なエージェントです。「スキルチェンジしたい」「未経験分野にチャレンジしたい」と考えている人向けの案件も豊富に揃っているので、スキルの幅を広げたい人は登録してみるといいでしょう。

関連記事:ポテパンフリーランスの口コミ・評判から利用者のメリット・デメリットを分析・解説

外注先を探すのにも使える!クラウドソーシングサイト

クラウドソーシングサイトは、エンジニアとして独立した後に下請けやパートナーを探すのに利用する機会があります。案件を探すこともできますが、エージェントサービスよりはメリットが少ないので、使い方を知っておく程度でいいでしょう。

代表的な2社はこちらです。

クラウドワークス

クラウドワークス

公式サイト:クラウドワークス

クラウドワークスは、ブラッククライアントのブロック機能や通報機能が充実しているクラウドソーシングサイトです。

案件の受発注という基本的な機能しかありませんが、使いやすく、仕事をこなすことでランクが上がり、条件のいい案件を受注しやすくなります。

関連記事:クラウドワークスの口コミや評判を解説|良い面と悪い面が分かります

ランサーズ

ランサーズ,口コミ,評判

公式サイト:ランサーズ

ランサーズはクラウドソーシングサイトの先駆者ともいえるクラウドソーシングサービスです。

案件の受発注はもちろん、スキル販売サイトとしても利用できるので便利ですよ。実績をつめば非公開案件の紹介もあるのは、クラウドワークスと同じです。

関連記事:ランサーズの口コミ・評判からクラウドソーシングサイトとしてのメリット・デメリットを分析

まとめ:エンジニアの独立は全ての業務を一人でするものと覚悟すべき

エンジニアとして独立するということは、今まで他部署がやっていた業務も自分自身で完結させる必要があるということです。

トラブルを避け、安定した収入を得たいなら、技術面以外の部分を外注できるエージェントサービスを利用するのが便利ですよ。「エージェントを利用しなくても自分でなんとかできる」と考えている人も、一度ヒアリングを受けてみれば独立後の働き方やスキルアップの道筋に新しい色がつきます。

エージェントサービスは無料で利用可能なので、登録してみましょう。









エンジニア,独立