常駐型フリーランスは会社員とフリーランスのいいとこ取り?働き方とメリットについて

常駐型,フリーランス

フリーランスというと「通勤ラッシュに巻き込まれず、自分の時間が取れる働き方」というイメージが強いですが、エンジニアのフリーランスには常駐型と在宅型の2通りの働き方があります。

常駐型のフリーランスは契約企業に出社して、依頼された仕事内容をこなす働き方のことです。「フリーランスなのに会社に出社するなんて、意味がない」と感じる人もいますよね。常駐型フリーランスはおすすめしないと公言している人も多いです。

しかし、常駐型フリーランスは会社員とフリーランスのいいとこ取りの働き方なのです。

この記事では、常駐型フリーランスという働き方についてと、いいとこ取りで働くためのポイント、常駐型案件を獲得するために便利なエージェントサービスについて紹介します。

常駐型フリーランスという働き方について気になっている人は参考にしてください。

常駐型フリーランスとは契約企業に出社しながら働くフリーランスのこと

常駐型,フリーランス

客先常駐型フリーランスは、契約企業に出社しながら働くフリーランスのことです。企業に出社して働くので、パッと見た感じは会社員と変わりませんが、会社員ほど制約があるわけではなく、自由でありながら収入が安定するメリットがある働き方です。

常駐型フリーランスは案件ごとに企業と契約を結び、契約先に常駐します。代表的な契約タイプは2つです。

  • 業務委託契約(準委任契約)
  • 請負契約

業務委託契約(準委任契約)は、発注者から依頼された作業をやり遂げるだけの契約です。開発中のシステムの一部の作業を依頼されるような仕事がこれにあたります。与えられた作業を完遂すればいいので、成果物に対しての責任を負わされることはありません。

請負契約は、成果物の全てに責任を負い、納品した成果物に対して報酬が支払われる契約です。全てに責任を負っているので、成果物に修正箇所が見つかった場合の改修対応も業務に含まれます。バグやエラーが納品後に発生した場合は、納品後に改修作業に追われる可能性がある契約形態です。

客先常駐フリーランスの契約で多いのは、業務委任契約(準委任契約)です。

常駐型フリーランスと派遣社員は何が違うのか

常駐型フリーランスと派遣社員は、指揮系統が違います。

派遣社員は、派遣先の企業から指示を受けて業務を行いますが、常駐型フリーランスは常駐する企業から発注してもらった作業内容をこなします。常駐型フリーランスは、開発現場にはいますが、現場の担当者から指示や命令を受けて作業をする必要はありません。もし、指揮命令を受けるならそれは偽装請負になります。

常駐型フリーランスと会社員は同じ社畜なのか

「会社に出勤するなら、もう会社員。社畜でしょ」と思う人もいますが、それは違います。

案件ごとの契約なので、プロジェクトが終われば契約も終了します。ずっと同じ会社に出社しなければいけない会社員と違って、「嫌な奴はいるけれど、プロジェクトが終わるまでの辛抱」のように気楽に出社できるのです。

また、常駐型フリーランスの働きやすさは案件によって違います。ホワイト案件にいって自由と安定を手に入れることができるかどうかは、あなたのスキルと実績次第です。

実力がないと案件ガチャを引かざるを得ず、偽装請負や一次受け社員の奴隷化といった悲惨な状態になる場合もあります。

そういった悲惨な状況にならないために、フリーランス向けのエージェントサービスを利用しましょう。エージェントサービスは、あなたのスキル・実力に見合った案件を紹介してくれますし、トラブルになった場合に間に入ってくれます。

常駐型フリーランスとして生きるメリット

常駐型,フリーランス

常駐型フリーランスとして活動する代表的なメリット5つを紹介します。

  • 個人契約では関われない案件に携われる
  • 自由でありながら収入が安定する
  • 嫌な現場にずっといる必要がない
  • 在宅フリーランスよりも案件を獲得しやすい
  • スキルアップになる

個人契約では関われない案件に携われる

開発プロジェクトの作業の一部を受注するので、個人契約では関われない規模の案件にアサインできます。最新の技術を使った案件や、誰もが知っているサービスの改修案件に携われるのは客先常駐フリーランス最大のメリットです。

幅広い案件に次々と関われるので、技術に関する見識も広まります。

自由でありながら収入が安定する

フリーランスは会社に縛られないのがメリットですが、仕事は自分で営業しなければならず収入が不安定になりがちなのがデメリットです。客先常駐フリーランスは、3ヶ月単位で契約が更新される場合が多く、プロジェクトが終了する数ヶ月から1年単位で安定した収入を確保できます。

現場によっては出勤時間や服装が自由な場合もあり、会社員時代以上の収入を得ながら自分の好きな開発をするというフリーランスと会社員のいいとこどりの生活をすることも可能です、

嫌な現場にずっといる必要がない

派遣社員のように契約期間が決まっているので、嫌な現場に当たってしまったとしても契約が切れるまで我慢すれば解放されます。

案件紹介エージェントに登録しておけば嫌な現場の案件が終わった後の案件も決まりやすく、「収入のためにいつまでも嫌な現場でい続けなければいけない」ということもありません。

在宅フリーランスよりも案件を獲得しやすい

在宅フリーランスよりも常駐型フリーランスの方が案件数が多く、仕事を獲得しやすいです。

大手フリーランス向けエージェントでも、フルリモート案件よりも常駐タイプの案件の方が多く、その差は10倍以上にもなります。週5日の常駐勤務でも、「一部リモート可能」なものがあるので、「在宅に近い形で働きたい」という人はそういった「リモート可能」「週2・3日常駐」のような案件を探してみるといいでしょう。

スキルアップになる

個人では携われないような案件に関われるので、スキルアップになります。現場にいるPMやエンジニアから刺激を受けることで、新しい発見がある人も多いようです。

案件紹介エージェントによっては、今後のキャリアを考えた案件を紹介してくれる場合もあり、自分のキャリアプランに沿って案件を選べるのもメリットです。

常駐型フリーランスにおすすめのエージェントサービス

常駐型フリーランスにおすすめのエージェントサービスを5つ紹介します。

常駐型フリーランス向けの案件を得意とするエージェントでも、それぞれ特徴が異なります。

あなたに合った案件をどこが持っているかは、登録してみないとわからない部分があります。気になるエージェントがあれば登録してみましょう。

どのエージェントも登録も利用も無料ですし、登録にかかる時間は5分かかりません。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランス

公式サイト:レバテックフリーランス

レバテックフリーランスは、高単価で良質な案件が多いことで評判が高いフリーランス向けエージェントサービスです。

直請け案件が多く、公式サイトによると利用者の平均年収は862万円となっています。運営会社は、IT系人材派遣サービスの(株)レバテックであり、業界に精通したコンサルタントは「お任せして安心感がある」「業界に詳しく、こうしたいを叶えてくれる」と口コミされています。

サービス名 レバテックフリーランス
案件数 10,646件
リモート可能案件 57件
得意な案件の特徴 常勤・高単価案件
支払サイト 15日
運営会社 レバテック株式会社

レバテックフリーランスの案件の特徴

レバテックフリーランスは、数あるエージェントサービスの中でも案件数が特に豊富で、100万円を超える案件も多いことで有名です。

案件の多くが週5日の常駐を求める案件となっていますが、上場企業との取引も多く、IT・Web系でなくても知っているサービスの案件に携われる機会が多くあります。

レバテックフリーランス

高単価・高待遇のホワイト案件が多いですが、その分求められるスキル・経験も高いです。

レバテックフリーランス

特定分野の経験が3年以上あり、関連分野でのサービスリリース経験が求められることも多く、フリーランスになりたての人や「週末だけエンジニアとして活動したい」という人は案件の紹介までに時間がかかる傾向があります。

レバテックフリーランスは常駐型フリーランス案件を獲得するなら必ず登録すべき

レバテックフリーランスの案件は高単価ゆえに求められるスキルは高く、経験年数も3年以上が目安です。

しかし、他にはない高収入・高待遇案件がそろっており、コンサルタントの知識も業界トップクラスです。常駐型フリーランスエンジニアとして活動するなら、必ず登録すべきエージェントです。

関連記事:レバテックフリーランスの口コミ・評判を徹底調査【案件の質・稼げるのかを比較】

ITプロパートナーズ

ITプロパートナーズ,口コミ,評判

公式サイト:ITプロパートナーズ

ITプロパートナーズは、常駐日数が週2・3日と少ない案件が豊富なエージェントサービスです。

週5日常勤の案件もありますが、どちらかというと常駐日数が少なめの案件が得意なので、「いきなり5日勤務は辛い」「常駐フリーランスの働き方が自分に合っているか様子をみたい」という人に向いています。

非公開案件の中には、フルリモート可能な案件もあり「会社員をしながら、週末副業プログラマーとして活動したい」「起業したいが、収入を確保したい」という人も相談してみる価値があります。

サービス名 ITプロパートナーズ
案件数 2,114件
リモート可能案件 120件
得意な案件の特徴 週2・3案件
支払サイト 35日
運営会社 株式会社Hajimari

ITプロパートナーズの案件の特徴

ITプロパートナーズの案件は、常勤しなければいけない日数に比べて高単価な案件が多いです。

ITプロパートナーズの公開案件の単価は、レバテックフリーランスのものと比べると低く見えますが、案件のほとんどが週3日程度の常勤を求めるものです。週5日常勤を求める案件と1日あたりの単価を比べると遜色ないことがわかります。

ITプロパートナーズ

週の常勤日数が少ない案件では、3年程度の経験を求められる場合が多いですが、週5日常勤の場合は経験年数は問わず「開発経験があること」としている案件もありました。

ITプロパートナーズ

ITプロパートナーズは常勤フリーランスの様子をみたい人にもおすすめ

ITプロパートナーズは、兼業可能な案件が多く「ひとまず短期で様子をみたい」という人におすすめです。

公式サイトには、「これからフリーランスになろうかどうか悩んでいる人もお気軽にご相談ください」とあります。フリーランスとしてどんな働き方がいいのか悩んでいる人も積極的に相談してみましょう。

週末起業や実績作りの短期案件など、様々な選択肢を紹介してくれます。

関連記事:ITプロパートナーズの口コミ・評判を分析!週2・3日案件は本当にあるの?メリット・デメリットまとめ

MidWorks

Midworks,口コミ,評判

公式サイト:midworks

Midworksは、給与保証や税務保障といった福利厚生が充実しているエージェントサービスです。

案件は週5日の常勤を求めるものが多く、単価も低くありません。マージン率を公開しているのでMidworks側にいく手数料に納得した上で案件にアサインできます。

給与保証は、案件と案件の間に期間が開いてしまった場合に月額単価の80%を受け取ることができるものです。お金の心配なく案件を探せるので、「フリーランスだけど、仕事がないときも失業保険のような形で収入を安定させたい」と考えている人におすすめです。

サービス名 Midworks
案件数 1,130件
リモート可能案件 29件
得意な案件の特徴 正社員並みの福利厚生
支払サイト 20日
運営会社 株式会社 Branding Engineer

Midworksの案件の特徴

Midworksは、週3の常勤案件が豊富です。週3常勤案件でも、ほとんどのものが「一部リモート」が可能であり自由度の高さが伺えます。

Midworks

給与保証に代表される福利厚生が充実しているだけあって、紹介可能な案件のなかに未経験者向けの案件はほとんどありません。最低でも1年以上の経験が求められます。

Midworks

Midworksは充実した福利厚生を受けながら仕事に取り組みたい人におすすめ

Midworksは、他社に比べて充実した福利厚生制度があるのが特徴のエージェントサービスです。公開案件数は他社に比べて少ないものの、手厚い福利厚生に守られているので安心して仕事に取り組めるでしょう。

関連記事:Midworksの口コミ・評判を徹底調査【利用者の本音から見る福利厚生と案件内容の真実】

ギークスジョブ

公式サイト:ギークスジョブ

ギークスジョブは、中長期的なキャリアプランから案件を紹介してくれるエージェントサービスです。

業界で15年以上の事業実績があり、各企業とのコネクションを活かした一次請け案件を豊富に持っています。二次請け案件であっても高単価なものが多く、「相談してみたら、希望にかなうものがあってびっくりした」という口コミも多いです。

サービス名 ギークスジョブ
案件数 1,507件
リモート可能案件 7件
得意な案件の特徴 常勤・高単価案件
支払サイト 25日
運営会社 ギークス株式会社

ギークスジョブの案件の特徴

ギークスジョブの案件は、「Java x 安定稼働」など人気の条件を組み合わせた条件で検索できます。自分の働き方に合った案件を探しやすいです。

未経験者向けの案件は少なく、3年以上の経験を求められる案件が大半を占めます。リモート可能案件よりは週5の常勤を求める案件が多いです。

ギークスジョブ

公開されている案件で最も高額な案件は、サーバー(インフラ)エンジニアの100万円から150万円で、精算時間は140時間から180時間でした。

ギークスジョブは高単価・常駐案件を探している人におすすめ

ギークスジョブは、最低単価が100万円の案件も豊富にあるエージェントサービスです。公開案件でも10件以上の案件が見つかりましたので、非公開案件にはより多くの高単価案件があることが予想されます。

求められるスキルや実績は高くなりますが、高単価の常駐案件を探している人は登録しておかないとチャンスを逃してしまうでしょう。

関連記事:ギークスジョブの口コミ・評判を徹底比較!【ITフリーランス向け】

ポテパンフリーランス

ポテパンフリーランス,口コミ,評判

公式サイト:ポテパンフリーランス

ポテパンフリーランスは、業界未経験者や転職組を受け入れてくれる案件を豊富に取り扱っているエージェントサービスです。

ポテパンフリーランスの案件のほとんどが週5日常勤です。業界経験の浅い人を対象とした案件が多いので、リモート可能な案件は少なく、アサインされた先でしっかり学べるような体制になっています。

サービス名 ポテパンフリーランス
案件数 390件
リモート可能案件 22件
得意な案件の特徴 未経験・初心者向け案件
支払サイト 30日
運営会社 株式会社ポテパン

ポテパンフリーランスの案件について

ポテパンフリーランスの案件は、スキルチェンジを考えている人にもやさしいです。

公開案件の検索条件にも「スキルチェンジ可」があり、メインの技術を変更したい人のための案件が表示されます。

ポテパンフリーランス

スキルチェンジ可能案件は、スキルチェンジ先の言語の学習経験と多言語での開発経験があればアサインできるものが多く、求められる経験年数も3年程度となっています。

ポテパンフリーランス

ポテパンフリーランスはスキルチェンジしたいエンジニアにもおすすめ

ポテパンフリーランスは、初心者・未経験者向けの常駐案件が得意なエージェントです。「スキルチェンジしたい」「未経験分野にチャレンジしたい」と考えている人向けの案件も豊富に揃っているので、常駐型フリーランスをしながらスキルの幅を広げたい人は登録してみるといいでしょう。

関連記事:ポテパンフリーランスの口コミ・評判から利用者のメリット・デメリットを分析・解説

常駐型フリーランスとして生き残るためのポイント

常駐型,フリーランス

常駐型フリーランスとして活躍している先輩エンジニアが、生き残るために意識しているポイントをご紹介します。

  • 立場をわきまえた振る舞いを意識する
  • セキュリティ面などで信頼してもらう
  • どんな現場でも馴染むように努力する
  • 便利な道具として見らる可能性を考えておく

常駐型フリーランスは、派遣社員と違い、現場の指揮系統とは外れた位置にいます。その現場での自分の立ち位置・立場を考えた振る舞いをしないと、現場に馴染めず仕事がやりにくくなる可能性が高いです。

「あくまでの作業の一部を依頼された作業者」なので、現場責任者や企業から「便利な道具」と考えられている可能性も視野に入れておきましょう。常駐先の社員がゆるい態度でいても「あれでいいんだ」と考えないことが大切です。

特に、セキュリティ面で「あの人は大丈夫」と感じてもらえるように言動に気を遣いましょう。セキュリティ関係で「この人はゆるい」と考えられてしまうと、あらゆる信頼を失う可能性があります。

まとめ:常駐型フリーランスは会社員とフリーのいいとこ取りだった

常駐型フリーランスというと、会社員や派遣社員とたいして変わらず、フリーランスのいいところが一切ないと感じてしまう人が多いですが、それは間違いです。

常駐型フリーランスがホワイト案件が取れるかどうかは、その人のスキルや実績にかかっており、ブラック企業より悪質な環境で働かなければいけない人は、案件ガチャの引き直しができないだけなのです。

スキルと実績がある人は、案件を選べますし、フリーランスの自由と会社員の安定の両方と常駐型フリーランスで手に入れています。

常駐型フリーランスの案件は、エージェントサービスを利用した方が自分のスキルと働き方に合った仕事を見つけやすいです。エージェントの利用は無料できますので、気になるサービスにはまず登録してみましょう。