エンジニアが副業で稼ぐ方法やおすすめサービスサイトを徹底解説!

IT人材の不足が危ぶまれる中、2030年には約80万人ものIT人材の不足が予想されています。

それほど人が足りない状況なので、エンジニア職の方は自分たちの本業以外でも稼げることに目をつけて「副業」として取り組んでいる方も少なくありません。

今回はそんなエンジニアとして本業を持ちながら、「副業」でも上手く稼ぎたいと考えている方のために、エンジニアの副業のやり方とおすすめのサービスサイト等を詳しくご紹介しています。

この記事がおすすめの方
  • 今以上に稼ぎたいと思っているエンジニアの方
  • ゆくゆくはフリーランスとして活動したいと思っている方
  • 副業を始めてみたいけど、どうやったら良いのかわからない方

などは是非ともこの記事を参考にしていただき、「副業」を始めてみてくださいね。



エンジニアの副業で得られる収入

「副業」をやるにしてもエンジニアの副業で得られる収入はいくらぐらいなのか、最初に知りたいですよね。

実際に以下は「副業」としてよく使われている大手クラウドソーシングサイトのクラウドワークスで提示されている、エンジニア向けの案件内容になります。

出典:クラウドワークス

エンジニアが副業で働く際に受ける案件の種類としては、

  • ホームページの作成
  • 簡単なプログラムの修正対応または実装など

が多く相場は案件や利用するサービスサイト等によっても違ってくるので、あるようでないようなものと言っても過言ではないかもしれません。

主な仕事となるホームページの作成などは筆者個人もクラウドワークスを3年ほど利用していますが、10,000~100,000円が相場と言えるかもしれませんね。

エンジニアが「副業」として仕事を始めるにあたり、どのぐらいの金額なら仕事を受けても良いのかまずは自分でボーダーラインを決めておくことが大事になります。

後は、しっかりと工数管理を行い受託した案件のクライアントとしっかりと話し合い、価格を決めていくことが重要です。

中には取り敢えず案件を受注してみたけど、予想外に制作に時間がかかってしまい時給換算したら100円程度だったという方もゴロゴロいますので、稼ぎたいのであれば営業する際のクロージングはとても大切なことですね。

エンジニアの副業に必要なスキル

エンジニアが「副業」に必要なスキルとは、一言でいうと

営業スキル

です。すでにエンジニアとしてあなたが会社に勤めながら、業務を行なっていることは「副業」を始めるにあたりとても強みになります。

あなたのバックボーンをしっかりと受注しようとしている案件のクライアントにアピールすることが出来れば、高単価の条件でクロージングすることも可能でしょう。

それほど市場ではエンジニア人材が求められており、案件を選ばなければあなたが副業初心者の方でも、沢山の仕事が受注できると思います。

ただ、それには「営業スキル」が必要不可欠で闇雲に仕事を受注しても自分の首を締めるだけなので、しっかりとクライアントと話し合い単価を決めて作業に当たることが重要ですね。

「副業」を行うということは会社で働くのとは違い、最初から自分の手で案件を取得しクライアントと話し合い、商品制作し納品しお金を頂くまでがあなたの仕事になります。

一通りの流れに慣れるまでは少し時間がかかるかもしれませんが、あくまでも対人相手に仕事することになるので、コミュニケーション能力や営業スキルというのは必ず必要になりますので覚えておきましょう。

エンジニアが副業するメリットとデメリット

エンジニアが副業する際のメリットとデメリットを、ここでは詳しくみていきましょう。

「副業」というと聞こえはいいですが、やっぱり何事にも合う合わないということがあるので、しっかりと副業するとどのようなメリットやデメリットがあるのか始める前に確認しておくことはとても大事なことですね。

エンジニアが副業する4つのメリット

エンジニアが副業するメリットは大きく分けて4つあります。

  1. 副収入が得られる
  2. スキルアップに繋がる
  3. フリーランスとしての準備に最適
  4. 自由に仕事が選べる

この中で一番のメリットはやっぱり「副収入が得られる」ことでしょう。

始める方の多くがこれを目的に行いますので、これがないと誰も始めようとは思いませんよね。

その他のメリットとしては、フリーランスとしての準備に最適なことも大きな特徴です。

今は会社に雇われているエンジニアだけど、ゆくゆくは独立してフリーランスエンジニアとして活動したいと思っている方は少なくありません。

会社員と比べて副業やフリーランス等の働き方は、とても自由度が高く仕事も選べて、働く場所や時間に縛られることはありませんので大変魅力的ですね。

エンジニアが副業する3つのデメリット

次にエンジニアが副業を行う際に伴う、3つのデメリットを見ていきましょう。

  1. 本業に支障が出る場合がある
  2. 会社にバレる恐れがある
  3. 締め切りに追われる

エンジニアが「副業」を始めるにあたり、一番気にしていることは会社にバレることではないでしょうか。

勿論、副業を禁止していない会社であれば問題はないのですが、禁止している場合はかなりプレッシャーを感じると思います。

そういった方は、副業で得た分の収益は会社と別にして住民税や所得税を納める必要性があります。

また、副業を始めたは良いものの本業に支障が出てしまってどちらも上手くいかなくなった…。といった例も数多く散見されますので注意が必要です。

エンジニアの副業にはクラウドソーシングサイトがおすすめ!

エンジニアが「副業」を始めるにあたり最初は何から始めたら良いのか右も左も分からない人が多いと思います。

そういった方は、まずはクラウドソーシングサイトを利用して簡単な案件を受注してみて、仕事の流れに慣れることが大切ですね。

おすすめのクラウドソーシングサイトは次の章で詳しくご紹介しますが、副業初心者の方はそういったクラウドソーシングサイトで実績を貯めながら効率よくスキルアップし、同時にお金も稼いで一石三鳥を狙いましょう。

前述したようにクラウドソーシングサイトで案件に提案をする際には、最初は実績0の状態ですので今エンジニアとして会社に勤めていることを上手くアピールして案件をゲットする方法がおすすめです。

個人で営業をかけるよりもプラットフォームを利用した方がはるかに効率が良いので、最初は慣れるまでクラウドソーシングサイトを上手く活用してみてくださいね。

ある程度慣れてプラットフォームで実績が貯まってきたら、高単価の案件を狙って直接営業なども行ってみましょう。

エンジニアの副業におすすめのサービスサイト5選

エンジニアの副業におすすめのサービスサイトを、ここでは5つに絞ってそれぞれ詳しくご紹介します。

それぞれサービスの特徴が異なりますので、ご自身にあったサービスサイトを探してまずは一つに絞って案件を受注してみてください。

おすすめのサービスサイト①:ITプロパートナーズ

エンジニアの副業にとてもおすすめのエージェントサイト「ITプロパートナーズ」。

エンジニアやデザイナー、ディレクター、マーケター等様々な案件を扱っているサービスサイトで、短期のプロジェクトから長期にかけてのプロジェクトまで様々な案件を取り扱っています。

「副業」を経て将来的にはフリーランスとして独立を考えているエンジニアさんには、大変おすすめのサービスサイトです。

<こんな人におすすめ>

  • 初めて副業を行う方
  • 将来的にはフリーランスとして独立を考えている方
  • 豊富な案件を取り扱っているサービスサイトが良い方

おすすめのサービスサイト②:Midworks

フリーランスエンジニアの独立支援サービスを行なっている「Midworks」。

こちらは高い収入を得たい方や正社員並みの保証が欲しい方におすすめのサービスで、実際に案件の中にはそのようなものがゴロゴロあります。

勿論、「副業」としても利用することができるので、本業と合わせて上手く活用することができると本業以上に稼げる可能性も無きにしも非ずですね。

<こんな人におすすめ>

  • 出来るだけ高単価な案件が欲しい方
  • 将来的にはフリーランスへの道を考えている方
  • 本業以上に副業で稼いでみたい方

おすすめのサービスサイト③:クラウドワークス

日本最大級の大手クラウドソーシングサイト「クラウドワークス」。

公開されている案件の数は今回ご紹介したサービスサイトの中ではダントツに多く、クライアントもワーカーの数もかなりの人が利用しています。

案件の種類としては多種多様で、とても安価なものもあれば高額な案件も多数存在します。

筆者も3年利用していますが、駆け出しの「副業初心者」にはかなりおすすめのサービスサイトですね。

<こんな人におすすめ>

  • 副業を始めたばかりの方
  • 出来るだけ多くの案件があるサービスサイトを利用したい方
  • ゆくゆくはフリーランスの道を考えている方

おすすめのサービスサイト④:Workship

公式サイト:https://goworkship.com/

「副業」であっても高収入にこだわりたい方におすすめのエージェントサイト「Workship」。

こちらもITエンジニアやデザイナー等に特化した案件を扱っているサービスサイトで、実務スキルだけではなくマネイジメントスキルなどもこれから伸ばしていきたい方にとてもおすすめです。

また、副業を経てフリーランスとして独立する方のサポートもかなり手厚いので、これから独立を考えている方にはうってつけのサービスサイトと言えるでしょう。

「Workship」のサービス利用すると、もれなくクラウド会計支援の「freee」 が無料で使えるのも特徴の一つ。

<こんな人におすすめ>

  • 副業からフリーランスへと将来的には考えている方
  • ITエンジニアに特化した案件を受注したい方
  • 副業で様々なスキルアップを目指したい方

おすすめのサービスサイト⑤:クラウドテック

公式サイト:https://crowdtech.jp/

「クラウドテック」とは株式会社クラウドワークスが運営しているサービスの一つです。

主にプロのフリーランスのキャリアサポート支援を行なっており、取り扱っている案件の多くはエンジニアやデザイナー、マーケター等の仕事がメインになります。

登録者数は14万社以上もあるので、有名企業からあなたの地元の中小企業まで様々な案件が見つかるでしょう。

<こんな人におすすめ>

  • 副業を経て将来的にはフリーランスを考えている方
  • 出来るだけ多くの企業が参入しているサービスを利用してみたい方
  • キャリアサポート支援がしっかりとしているサービスが良い方

エンジニアの副業が会社へバレない方法と確定申告のやり方

エンジニアが副業をする際に一番気にしていることは、やっぱり会社にバレることですよね。

前述したように会社が副業を許可している場合であれば、問題ないのですが禁止している場合はどうしてもバレてはいけないためプレッシャーを大いに感じながらコソコソとやらなければなりません。

では、会社にバレないようにするためにはどうすれば良いのでしょうか?

会社へバレる原因の一つとなるのが「住民税」です。

普通は住民税は会社がまとめて払っているものですが、あなたが副業で大きく稼ぎ出すとこの住民税が増えて会社の会計係りにそれがばれ、上司に耳に入ることになります。

そうなってはまずいので、まず最初に会社に住民税の増額がバレないように最寄りの役所へ出向いて「普通徴収」の手続きを行いましょう。

簡単に言ったら(副業で得たお金にかかる税金は自分で納めますよ。)という手続きです。

これを行なっておくと会社が支払ってくれる住民税には影響が出ないので、副業がバレることはありません。

また、エンジニアが副業で年間20万円以上の収入を得た際には「確定申告」が必要になります。

その場合は、便利なクラウド会計ソフトを利用すればどんな初心者の方でも簡単に確定申告できますので、是非ともそちらをご利用ください。

<おすすめのクラウド会計ソフト>

エンジニアは今以上に稼ぎたいなら副業をやるべき!

エンジニアの多くは副業をやるべきと言っても過言ではないぐらい今は、市場にエンジニアが不足しています。

それだけ不足しているからこそ、副業だけでも大きく稼ぐことができる可能性があるため、できれば誰もが一回は挑戦して欲しいところですね。

「稼ぐこと」に対して消極的な方であれば強くはおすすめしませんが、少しでも今以上にお金が欲しいと思う方は是非とも一度トライしてみてはいかがでしょうか。









この記事をかいた人

海外フリーランスで国際人です。今年は10月からドイツへ移住予定。 ライティングやWebエンジニアのお仕事随時募集中! ポートフォリオは、ブログにまとめています。 (https://okatakuma.tokyo)