仕事を辞めたいと思う共通の理由とは?複雑な人間関係~給料まで一挙に解説

今の仕事に納得ができない、職場で嫌な事ばっかりで自分にはこの仕事は合わないんじゃないかと思うようになってきたなど今の仕事を辞めて転職をしたいと悩んでいる方は多くいるでしょう。そんな方が感じている仕事を辞めたいと思う瞬間や辞めたいと思っている理由についてこの記事では解説をしていきます。

また後半には仕事を辞める時の手順や転職活動におけるポイントも解説しています。ぜひ最後までご覧になってください。



仕事を辞めたい理由を明確に

そもそも、自分なりになぜ仕事をやめたいのかを明確にしましょう。
これから、いくつか一般的に仕事をやめたくなる理由を挙げますが、明確にしておかなければ、次の仕事もミスマッチになりかねません。

これからあなたのキャリアを明るいものにするためにも、この記事を読みながらよく考えてみてくださいね!

仕事を辞めたいと思う代表的なその理由を7つ紹介していきます。

仕事を辞めたいと思う代表的なその理由を7つ紹介

1.お金

今の仕事をやめたいと思う大きな理由にお金の問題があります。自分の働きに対して収入が納得のいかない金額だと仕事を続けるモチベーションが下がります。以下のようなときに仕事を辞めたいと思ってしまいます。

仕事の内容が大変な割にお給料が安い

仕事の内容がハードであるにもかかわらず給料が安いと自分のやっていることが報われていないなあと感じます。
仕事の作業量が多い、または、専門的な分野の内容であるにもかかわらず激務で長時間仕事をしているのに給料が安いと、条件の良い違う会社に移りたくなります。

残業が多いのにお給料に反映されていない

残業が毎日のようにあり月間でも相当の時間残業しているのに、月末の給料の明細を見ると残業代が思ったよりも少ないときがあります。

そんなときはあの時間は何だったんだ、と思ってしまいます。働いた分は正当に給料に反映してもらわないとやる気が無くなくなってしまいます。

以上がお金が原因で仕事を辞めたいと思う理由です。

仕事を頑張っているのにベースアップしない

年々一定のベースアップはあるけれど、それが経験年数に応じての一律ベースアップで仕事の業績が考慮されない会社があります。

そうなるとどんなに頑張っても仕事の業績に対してのベースアップではないので努力して業績をあげても給料が上がらない結果になり、今働いている会社を辞めたくなります。

2.人間関係

お給料の面での不満も仕事を辞めたいと思う大きな理由ですが、それ以上に職場の人間関係の問題が仕事を辞めたいと思う理由にあげられます。
働く上で人間関係はとても重要なのです。

上司とそりが合わず精神的に苦痛である

直接の上司と性格的な部分でそりが合わないと毎日の仕事が憂鬱になります。あまりそのそりがあわない上司とかかわらないのであればなんとか持ちこたえることができるでしょう。

しかし、毎日指示を仰いで仕事をしているのであれば、そこで上司の嫌な部分に触れてしまいます。性格的な部分の相性の悪さはどうしようもないことなので、改善するためには自分の感情を抑えるしかありません。これが精神的な苦痛を感じさせます。長期になればなるほど耐えられなくなり仕事を辞めたくなってしまいます。

先輩と気が合わずやる気が出ない

仕事のペアの先輩と気が合えば仕事をするのがスムーズになり効率も良くなるうえに、気分的にも楽な気持ちで仕事をすることができます。

しかし、気が合わない先輩社員と仕事をするのは仕事をする前から気分がのらずやる気がでません。移動がない限り気が合わない先輩社員とは付き合うことになりますから、これが毎日のことになれば苦痛で仕方がなくなります。

同僚との人間関係が悪く孤独感がある

同期の社員や同じ立場の社員との人間関係が一番会社では重要です。上司や先輩と気が合わなくても同僚との人間関係が良好であればいろいろなことを相談することができます。それによって悩んでいることも解決することが多いのです。でも、同僚との人間関係が悪い場合は仕事上の面でも支障が出てくる上にちょっとした相談もできず孤独になってしまいます。会社で孤独感を感じると仕事への影響は大きく会社に行きたくなくなります。

以上が人間関係で仕事を辞めたいと思う理由になります。

3.仕事の内容

仕事の内容に不満があるときも仕事を辞めたいと思うようになります。自分が思い描いていた仕事の内容と今の仕事内容を比べてみてあまりにもかけ離れていると感じるときは仕事を辞めたい、変えたいと強く思います。

自分のやりたかった内容とかけ離れている

会社に就職し仕事をし始めてみると入社のときに言われていた仕事内容とは大きく違い、予想していなかった仕事を与えられてしまい入社時の説明と違うなあと感じることがあります。
新入社員であればあらゆる業務を一通り覚えるために当初とは違う仕事内容を一定期間することもあるでしょう。

しかし、長い期間働いていても希望する仕事内容を与えられなかったり、仕事内容が自分のやりたかったこと違うことを任せられてしまうと仕事に対するモチベーションをあげることができなくなります。

ずっと同じ作業の繰り返しで飽きてしまった

決まっている作業の繰り返しを長い時間していると人間の集中力は低下します。仕事でも同じです。
決まった仕事内容を繰り返しするだけであれば仕事に刺激がなく、それが単調作業であればあるほどだんだんと飽きてきます。本当に単純な作業の仕事を長期間していると、もうこの仕事は辞めたいと思ってしまいます。

仕事の達成感が無い

単調な作業でもここで最後の仕上げで終了だという工程があればメリハリがあって仕事がやり遂げたという達成感があります。作業ではなく業務の場合も同じようにプロジェクトを進めていき、これで最終の仕上げが済むぞという段階が完了するとやりきった達成感があります。販売であれば目標金額に届いたときに達成感を感じることができます。

でも、仕事がたんたんと進んでいくだけのものであればやりきったという達成感を味わうことができず仕事自体の興味が薄れていきます。
どんな形の仕事でも大切ではありますが、目標があり達成感を大きく味わえる仕事が魅力的に感じ、その仕事を長く続けられる原動力になります。達成感がない仕事は長く続けようという原動力が弱く、仕事内容を変えようと考えるようになります。

以上が仕事の内容で仕事を辞めたいと思う理由になります。

4.時間

1日の中で多くを占める仕事の時間。人によってもっと短くしたい、いや長く働きたいと要望は様々です。
仕事の時間が自分の希望するようなものであればいいのですが、自分の希望する時間と違うことが仕事を辞めたくなる理由になります。

給料のわりに長時間労働である

仕事の拘束時間が長い割に給料が思っているよりも安いと、もっと時給で換算して高い仕事に変えようかと思うのは当たり前のことです。
自分のやりたい仕事であればそのようなことは思わないかもしれませんが、今している仕事内容が気に入っていても長時間ずっと働いて給料が安ければもうっと条件が良い同業他社への転職も考えざるを得なくなります。

もっと働きたいのに働く時間が短い

会社の規定によって1日の労働時間が決められている場合はもっと長く働いて残業代を給料に上乗せしてほしいと思っていても叶いません。
長く働いてその分収入を上げたいと思っていても労働時間が限られている会社で働いていれば希望は通りませんから、働いた分だけ収入につながる仕事に変えようと考える人もいます。

有休があるのに使おうとすると嫌がられる

有休の取得は認められているのに有給を使おうと思って申請をするとあからさまに嫌がられると会社の福利厚生に対する姿勢に不信感を覚えます。
仕事が忙しい時期に有給休暇を申請すると困ったなあと言われるのは仕方がないとしても、忙しくないときにも有休をとるのを嫌がられるとこの会社で大丈夫かと思ってしまいます。

以上が時間が原因で仕事を辞めたいと思う理由になります。

5.会社の方針

自分の考えと会社の方針が違っていれば目指す方向が違うので、結局今の会社で働き続けるのが難しくなります。それだけに会社の方針は働く従業員にとって重要なものです。

一般的な常識とかけ離れている

働いている会社の方針が一般常識とかけ離れていて独自の価値観の中で業務が進んでいると、働く側にとってはとても苦痛になることが多いです。一般常識を重んじる人ほど一般常識が通用しない会社で働くのは精神的に辛くなります。会社として一般常識を逸脱しないということは大切です。働く側も常識が通用しない会社では働きたくはありません。

会社の目指すものに賛成できない

会社の目指すものがどこであり、その目指すものに自分が共感し、それに向けて頑張ろうと感じることができなければ会社にいつづけることは大変です。例えば、会社の目指すものがとにかく業績第一でそのためにはどんな方法を使ってでもやり遂げるというものであったり、店舗を拡大することだけにこだわり、人材が育っていないのにそれに向けて急激な勢いで次々に店舗をオープンするなど自分が考える方向性と違うことがあります。実際に働いてみて会社が目指すものがなにかがはっきりとわかることも多いので、目指すゴールに共感できなくなれば働く意欲が起きません。

以上が会社の方針で仕事を辞めたいと思う理由になります。

6.自分に対する評価

仕事で成果をあげたり、期限通りにしっかりと仕事を完了させたりすると誰だって認められたり、褒められたり、報われたいと思います。
自分への会社、上司、後輩からの評価が低いことも仕事を辞めたいと思う主な理由になります。

一生懸命働いているのに褒められない

一生懸命働いているのに褒められない
大した成果は上げていなくても淡々と期限に合わせて仕事をこなしていても誰からも評価されない。評価をされるのは上司にゴマをする同期や後輩ばかり。と思って仕事を辞める方も多くいます。

自分への評価が明らかに低かったり、仕事の内容に対して、報われるような評価を受けていないと誰でもその仕事に対してやりがいを失ってしまいます。

自分への扱いが不当

自分の担当している仕事や自分に対しての態度が不当であったりすると人間誰しもが、心が痛くなります。仕事に対してならまだしも、人格や自分の趣味、家族のことなどを否定されると非常に傷つきます。決められた仕事を全うし、それに見合った正当な評価を受ける。当たり前のことができていない会社も数多くあり、自分への扱いが不当で会社をやめてしまう人も多くいます。

7.働きたくない

上記の6つで紹介した理由だけではなく、ただ単に働きたくない。という方も中にはいるのではないでしょうか。

仕事をするということに対して活力が湧かない。そもそも働きたくない。と思って仕事を辞めることはよくあります。

仕事をしたくない

ただ単に働きたくない。というのも率直で素直な意見です。自分の時間を売ってお金に変えている感じが歪めない。毎週月曜日が来るたびに、頭が痛くなる。ずっとだらだらと過ごしていたい、仕事をすることに活力を感じない。という考えも仕事を辞めたいと思う理由になります。

以上が会社の方針で仕事を辞めたいと思う理由になります。

会社を辞める前にしておきたい4つのこと

今働いている会社を辞めようと思ったときにはどうすればいいのでしょう。働いている会社を辞める機会はそう多くはないので、辞めるときの手順はなかなかわからないものです。仕事を辞めるときはどうすればいいのか、また、仕事を辞めるときに気をつけなければならない注意点とはどのようなものなのでしょう。

1.次の仕事の目星をつけておくまたは探しておく

仕事を辞めたいと思ってすぐに辞めてしまうのは得策ではありません。会社を辞めて退職金がまとまってあるのならまだいいのですが、長期間働いていない場合は退職金は出ないか、出ても微々たるものでしょう。辞めた後、次の仕事を探すための就職活動をしたり職業安定所に通ったりしないといけないので、その期間失業手当があるにせよ確実に収入は減ります。

それを避けるために「仕事を辞めよう」と思ったときから次の仕事を探すようにしてください。辞める前に次の仕事を見つけておくと仕事をしていない空白の期間を短くすることができます。

再就職先が確定できないときにも、次の仕事先の候補を複数探しておき、今の仕事を辞めてからすぐに就職活動ができる状態にしてから仕事を辞めるようにしましょう。感情のまますぐに辞めてしまうのはできるだけ避けてある程度の道筋を整えておいて次に移るようにしてください。

下記の記事などを参考にしてください。

20代・第二新卒に強い転職サイトを厳選!おすすめを比較・ランキングしました

IT業界に強い転職サイト・転職エージェントのオススメはココ!【比較ランキング】

2.1か月前に辞めることを伝える

会社の規定の中に退職を希望する1ヶ月前にその旨をを伝えることとされているところが多いです。規定がなくても1ヶ月前に退職することを上司に伝えるのは一般常識です。退職を伝えてから退職をするまで会社側は用意する書類も複数ありますし、退職する側も引き継ぎや残っている有休の消化などある程度の時間が必要です。いくら自分に合わない会社だと思っていてもあとのことを考えて退職希望日の1か月前には辞めることを上司に伝えてください。

3.自分の仕事の引継ぎをする

退職の意向を伝えてから退職するまでにすることの中で一番大切なことは仕事の引き継ぎです。自分がやめた後の仕事の担当者に業務内容の事細かい流れや注意点をしっかりと伝えて引き継ぎを行っておきましょう。自分が辞めた後も後継の担当者が困らないように最善を尽くすのが最後の仕事です。できるだけお互いが良好な関係のまま退職するために引き継ぎは非常に重要です。

4.取引先やお世話になった方に挨拶をする

後継の担当者に仕事の引き継ぎをするのと同時に取引先に自分が退職し、後の担当が誰々になりますという挨拶回りは引き継ぐ担当が決まった早い段階でやっておきましょう。後の担当者と取引先がスムーズに仕事ができるように橋渡しをしておき、担当者が困らないような状況を作っておくのが望ましいです。

また、現在の取引先でなくても、過去にお世話になった方々に自分が退職することを伝え、その時点で次の会社が決まっている場合はそのことも伝えておくと良いでしょう。次の仕事でまた縁があるかもしれませんから、人脈を絶やさないことも大切なことです。

円満退社をするための4つの手順

ではもしあなたが会社を辞めるとなった時の手順を解説していきます。

1.退職日を決める

実際に会社を辞めようと決意したのであれば、まず会社を辞める退職日を自分で仮決定しましょう。その時に気をつけたいのが、明日にでもすぐに会社を辞めることができるわけではないことです。会社を辞めるまでに、仕事の引き継ぎや書類の提出などによって、実際は1ヶ月~3ヶ月ほどかかってしまいます。

今の仕事やプロジェクトが落ち着く日にちをよく考えて退職日を決定するようにしましょう。

2.直属の上司に退職の意向を伝える。

退職日を仮で決めたら直属の上司に会社を辞める意向を伝えるようにしましょう。
この時に以下の点に注意が必要です。

直属の上司に退職を報告する

この時に必ず自分の直属の上司に伝えることが大切です。
あなたが退職をする事実を周囲から聞いてしまえば、直属の上司の立場がなくなってしまいうからです。もしも直属の上司以外の人に先に相談して、そのことが上司の耳に入ればトラブルの原因にもなりかねません。

社会人のマナーとしても直属の上司に報告するようにしましょう.

ネガティブな退職理由は言わない

上司に退職の報告をする時にはネガティブな退職理由は言わないようにしましょう。
部署の移動、人間関係、給与の見直しなど、開演を考えれば引き留めることが可能だと判断される可能性もあるためです。

例えば、別の会社で自分の力を試してみたいことや転職して自分の視野を広げたいことなどを伝えるようにしましょう。

以上の点に注意して直属の上司に退職の意向を伝えるようにしましょう。

3.会社に書類を提出する

上司の承諾を得たあとは、会社に退職をするための必要な書類を提出するようにしましょう。会社に提出する書類は会社によって異なり、会社によっては、氏名記入欄や退職日記入欄などのフォーマットが用意されているところもあるようです。上司にしっかりと確認をとって、遅れないように提出しましょう。

4.お世話になった人に挨拶をし、仕事の引き継ぎを行う

会社に書類を提出したら、取引先やお世話になった方に挨拶をして、仕事の引き継ぎをするようにしましょう。
引継ぎの際のポイントは、仕事の手順をわかりやすく説明することです。
順序や注意点を記した書類を作成しておくと、印象がよく、後任者も理解しやすいです。退職日を迎えすべての手続が終わるまでは仕事の一環です。責任をもって果たすようにしましょう。

そして、今までにお世話になった社内の人に挨拶回りをするようにしましょう。
社内への挨拶のタイミングは、退職の承諾を受けて人事から社内への通達があり、退職願が受理されたあとが理想的です。

社内に報告した後は取引先など社外にお世話になった人に挨拶を回るようにしましょう。
あなたが転職した後やや今後の人生に置いてもまた繋がることがあるかもしれません。
挨拶回りはしっかりと行うようにしましょう。

以上が実際に仕事を辞める時の手順になります。
順序とマナーをしっかり守って円満退社ができるようにしましょう。

転職活動のタイミング

最後に転職活動のタイミングを説明していきます。

仕事を辞めると決意してから転職するまでの重要なポイントは「いつ転職活動をすれば良いのか」ということです。転職活動を仕事を辞める前と辞めた後のどちらのタイミングで行えば良いのでしょうか。
ここでは仕事を辞める前と辞めた後どちらのタイミングで転職を始めればいいのかをメリットとデメリットから比較していきます。

在職中に転職活動をするメリット・デメリット

メリット

退職後の金銭的不安を抱えなくて済む

退職後に職がなくなり、収入がゼロになってしまうのは誰しもが不安であると思います。

貯金があるならまだしも、まだ若い年齢で貯金が少ないのであれば、仕事をやめた後にでもすぐに収入を確保したいところです。在職中に転職活動をし、転職先が決まれば、退職後から次の仕事までの収入を気にしなくてすみます。

今の仕事に対する悩みが和らぐ

在職中に転職活動をすることで今までに見たことのない景色を見ることになり、次の職へのやる気も湧いてきます。新しいステージへの期待とともに、「今の職場で苦しみながらがんばる必要がなくなった」という解放感も得られるでしょう。在職中に職を決めることで今の仕事に対する悩みも緩和されるでしょう。

デメリット

転職活動の時間が思うように取れない

在職中の転職活動は思うように時間をとることができません。

面接を入れたくても思うように日程を合わせられるとは限らず、また一度の面接で転職先が決まるとも限りません。

本業をしながら転職活動をするのには体力も必要になり、忙しい日々が続きます。在職中に転職活動をする場合にはそれなりの覚悟を持ってするようにしましょう。

退職後に転職活動をするメリット・デメリット

メリット

ゆっくり休むことができる

退職を決めてから、仕事の引き継ぎや書類の提出、挨拶回り、飲み会など、前職でかなり疲れ切っていることが予想されます。退職後に一定期間休養をすることで、ゆっくりと休めることができます。またこれから進むキャリアや今後の人生についてもゆっくり考えることができます。

デメリット

次の仕事までにブランクを抱える

休暇期間中の時間の使い方によりますが、次の仕事までにブランクがあるといざ仕事を始めた時に休暇モードが抜けず、なかなか気合が入らなかったり、空回りしてしまうことがあります。
また転職活動においてもブランクがあるとそのブランク中に何をしていたのかを面接で問われることがあります。結果、転職活動に少なからず不利益な影響をもたらすかもしれません。

収入がないことに不安を抱える

仕事をやめれば一気に収入が減るか、収入がなくなります。
貯金があるのであれば、大丈夫ですが、転職先が思うように決まらず、期間が長引けば長引くほど、金銭面で苦しい日々が続くかもしれません。

以上が転職活動のタイミング、メリット・デメリットの解説になります。

どちらがいいかは人によって違うので一概に言えませんが、共通して大切なのが「計画をしっかりと立てて、転職活動をすることです。

在職中に転職活動をするのであれば、退職日から逆算して、退職後に転職をするのであれば、どのくらい休んで、いつまでに転職先を決めるのか、だらけてしまうことが内容にしっかりと転職活動をするようにしましょう。

まとめ

いろいろな理由で仕事を辞めたいと思うことがあるでしょう。また実際に仕事を辞める方向で進めている方もいらっしゃるでしょう。

仕事を辞めるときに重要なことは次の仕事先の確保と今働いている会社の業務内容の引き継ぎです。
仕事を辞めて次の会社に移るにしても今まで働いていた会社を円満に退社できるように、そして、辞めた後は新しい職場で気持ちよく仕事ができるように事前準備をしっかりとしておいてください。









この記事をかいた人

Web系企業のプロデューサー。大手でエンジニア見習い→ベンチャーでディレクター→ソシャゲの会社でプロデューサー。