30歳の平均年収【業種・性別・学歴別にキャリアアップする方法なども紹介】

30歳は仕事でも成果をあげ始め、将来のことを見越して年収の高い企業への転職などを視野に入れる人も多い時期です。

しかし、いざ転職するとなると「そもそも30歳の平均年収ってどれくらいなの?」「30歳で年収をあげるにはどんな方法があるんだろう?」と疑問をもっている人もいるはず。

そこで今回は、30歳の平均年収や学歴別の平均年収、30歳におすすめの転職サイトなどを紹介します。

30歳の平均年収を把握したい人や、これから転職しようと考えている人は、ぜひ本記事を参考にしてみてはどうでしょう。

年収診断
年収を知る前にまずは自分の適正年収を診断してみましょう。
ミイダスでは、必要項目を入力するだけで自分の適正年収を知ることができます。

 

30歳の平均年収は407万円

転職サイトのdodaがホームページに記載している年齢別の年収データを確認したところ、30歳の平均年収は407万円でした。

国税庁の令和元年賃金構造基本統計調査では、日本人全体の平均年収は436万円というデータが発表されています。

日本人全体の平均年収と30歳の平均年収を比べると、30歳の平均年収のほうが30万円ほど低い水準です。

なお、dodaが記載している年齢別年収データは日本人の30歳すべての人が対象ではなく、2019年度にdodaを利用した人を対象としています。

30歳の男女別平均年収

dodaのデータを参考にすると、30歳の男女別平均年収は下記のような結果です。

  • 男性:436万円
  • 女性:361万円

男性は年収436万円、女性は年収361万円で、男女の間だとおよそ70万円の差がありました。

近年は男女平等の社会が浸透しており、企業でも女性の社会進出や、女性で役職に就く人なども増えています。

しかし、上記のデータを見たところ男女間の平均年収には差異があり、男性のほうが高い年収だといえるでしょう。

とはいえ、ここで紹介したのはあくまでも平均値なので、もちろん女性でも平均以上の年収を稼いでいる人も大勢います。

30歳の業種別平均年収

ここでは、dodaに記載されている年収調査をもとにして30歳の業種別平均年収を解説します。

業種 年収
金融 519万円
総合商社 495万円
IT・通信 492万円
メーカー 476万円
建設・プラント・不動産 447万円
メディカル 442万円
インターネット・広告・メディア 442万円
専門商社 434万円
サービス 398万円
小売・外食 383万円

(単位:万円)

30代の業種別平均年収の中で一番高いのは、金融系の519万円でした。

また、総合商社やIT・通信系、メーカー系業種なども、400万円台後半の高い年収水準です。

逆に平均年収が一番低いのは小売・外食系で、年収は383万円でした。

小売・外食系に次いで年収が低いのはサービス系で、こちらも300万円台後半と低めの水準です。

特に飲食業界は、全国的に見てもほかの業種と比べて年収が低い傾向にあり、30歳の年収としても低めの水準だと推測できます。

30歳でいまよりも高い年収を得たいなら、金融系や総合商社をはじめとする年収の高い業種への転職も、選択肢の1つとして検討してみるといいでしょう。

なお、下記の年収はdodaが30~39歳の人を対象に行った調査結果なので、厳密な30歳の業種別年収とは差異が生じている場合もあります。

30歳の学歴別平均年収

学歴別に見た30歳の年収はどのくらいなのかも紹介します。

こちらは、厚生労働省の令和元年賃金構造基本統計調査をもとに推測しました。

学歴 全体の年収 男性の年収 女性の年収
大学・大学院卒 395 410 380
高専・短大卒 360 370 350
高校卒 335 350 320

(単位:万円)

35歳の大学・大学院卒の推定平均年収は、全体平均で395万円ほどです。

高専・短大卒になると平均年収は35万円ほど下がり360万円。

高校卒ではさらに少し下がり、335万円という結果でした。

全体的に見ると、男女の間で20~30万円ほどの差があります。

しかし、ここで紹介しているのは年齢と統計データに応じて計算した平均を推定しているため、高学歴じゃない人や女性でも高い収入を得ている人は多数いるでしょう。

また、上記は賃金構造基本統計調査のデータや30歳の平均年収、さらにボーナスなども含めた独自の計算方法で算出した数字です。

同じ30歳でも、職場でのポジションや過去の職歴、どの業界で働くかなどによっても年収には大きな違いがあるので、参考程度にお役立てください。

30歳の年収中央値

平均年収だけで年収の基準を判断しようとすると、極端に高年収を得ている人が全体の平均値に大きく反映され、実態に近い年収が定まりづらいことがあります。

その場合、30歳全体の平均年収ではなく年収の中央値を見ると、より実態に近い年収の基準を知ることが可能です。

中央値とは、あるデータの数字を順番に並べた際、ちょうど真ん中の順位にある数字のこと。

中央値は平均値とは違い、順位の上位層や下位層などの例外的な数値は無視されるので、いわば全体の中でも普通水準くらいの年収を知れます。

仮に50人の年収を調査した場合、中央値となるのは真ん中にある25位の人の年収です。

dodaの調査では30歳の中央値のデータも掲載されていたので、紹介します。

  • 全体:400万円
  • 男性:400万円
  • 女性:350万円

中央値をもとにした場合、30歳全体の年収400万円です。

30歳男性の中央値も、同じく400万円でした。

30歳女性の中央値に関しては、350万円という結果が出ています。

30歳全体の平均年収は407万円なので、平均年収と中央値ではどちらも大きな差はないのがわかりますね。

ただし、上記で紹介した中央値はdodaが2012年に調査しており、いまよりも古い統計のため、現在の中央値とは差がある可能性も考えられます。

30歳で年収アップをする方法

30歳になると20代の頃とは違い、結婚や子どもの養育などで収入に対する不安を抱えている人もいるでしょう。

じつは30歳は、年収をアップできるチャンスがまだまだある年齢です。

ではどんなことをすれば年収が上がるのか、その方法について解説します。

給料のいい企業に転職する

30歳の人が年収を上げるのに有効な手段は、給料のいい企業に転職することです。

厚生労働省が調査した転職入職者の状況データを確認すると、令和元年に転職した人のうち、30~34歳の41.7%は前職よりも賃金が上昇、32.3%は賃金が減少していました。

このことから、30歳前半の3割ほどは転職して給料が減少しているものの、4割以上の人は前職よりも給料がアップしているのがわかります。

もちろん前職より年収が下がってしまう場合もありますが、自分の適性や転職先の条件などをしっかり確認し、間違いのない転職をすれば年収アップは十分目指せるでしょう。

たとえば同じ業界の仕事1つするにも、地方で働くのか、それとも都市部で働くかによって年収には差があります。

地方で働いて年収に満足していないなら、東京や大阪など、賃金水準の高い地域への転職も考えてみるといいでしょう。

また、いま働いている業種の年収自体が低い場合は、年収水準の高い業種に転職してみるのも方法の1つ。

金融・総合商社・ITなどの業種は30歳でも高年収を狙えるので、そういった業種への転職も考えてみるといいかもしれません。

ただし、30歳の転職は20代とは違い、転職先では即戦力として働く高い能力や経験が求められます。

転職したいからといって、なにも考えずに全く経験のない異業種に転職すると、前職よりも年収が下がってしまうケースも。

転職する場合はあとで後悔しないよう、自己分析や企業のリサーチなどもしっかり準備しておくことも大切です。

会社での昇格・昇進を狙う

30歳の人の中には「いまの職場でせっかく成果を上げ始めているから、転職するのはちょっと」という人もいるでしょう。

そういった場合は、会社での昇格・昇進を狙う方法もあります。

昇格して管理職になれば月収やボーナスは上がり、年収自体も大きくアップするはずです。

厚生労働省の賃金構造基本統計調査では、役職別の給与に関して以下のようなデータも出ていました。

役職 年齢 参考月収
一般社員 39.7歳 31万4,000円
係長 44.9歳 40万5,000円
課長 48.7歳 53万2,000円
部長 52.6歳 66万6,000円

こちらは男性の役職別年収をもとにしたデータですが、たとえば係長に昇格した場合、一般社員よりも10万円近く月収が上がっています。

さらに部長クラスになると、一般社員の月収と比べると30万以上も高く、その差は歴然です。

このように、昇格すれば年収は格段に上がるので、同じ会社に勤めながら年収をアップさせたいなら昇格・昇進を目指してみてはどうでしょう。

ただし、各役職の年齢を見てもわかるように、管理職への昇格は仕事の成果に加え、勤続年数や年齢なども関わってきます。

もちろん若くして管理職に就く人もいますが、よほど能力の高い人や会社での信頼が厚い人でないと、そうそう昇進できるものではありません。

そのため、30歳で昇格・昇進を目指すなら、まずは主任や係長などの管理職を目指すといいでしょう。

特に主任クラスなどの役職は30代でも昇進できるケースは多く、しっかり仕事の成果を上げれば管理職として働けるチャンスは十分あります。

隙間時間に副業を始める

30歳で年収をアップさせるためのもう1つの方法が、隙間時間に副業をすること。

いまはインターネットやWeb上でできるも仕事も増えており、パソコン1つあれば自宅でも副業ができる時代です。

空いた時間に副業をすれば毎月の月収にプラスして収入が入るので、年収も大きくアップします。

「仕事がそれほど多忙ではなくある程度の時間がある」「隙間時間になにかしたい」という人は、副業を始めてみるといいでしょう。

代表的な副業としては、以下のようなものがあります。

  • WEBデザイナー
  • WEBライター
  • プログラミング
  • 翻訳
  • 文字起こし・データ入力
  • 動画編集

動画編集など有料ソフトがないとできない副業もありますが、翻訳やWEBライターは基本的に初期費用はかからず、パソコンさえあれば始められます。

また、文字起こしやデータ入力は、特別なスキル・知識がなくてもできる副業なので、興味のある人はチェックだけでもしてみるといいでしょう。

このほかにも、SNSの運用や投資などさまざまな副業があるため、自分にできる副業はないかぜひ検討してみてください。

しかし、会社によっては副業を禁止している場合もあり、副業がバレてなんらかのペナルティが課せられるケースもあります。

特に公務員はもともと副業が禁止されている職業なので、副業してもOKがどうかの確認は必ずしておきましょう。

30歳におすすめの転職サイト

30歳はまだまだ転職して年収をアップできるチャンスがあり、これから転職しようと考えている人も多いはず。

そこでここからは、30歳におすすめの転職サイト4選を紹介します。

自分に合った転職サイトがないか、ぜひチェックしてみてください。

ビズリーチ

公式サイト:ビズリーチ

まずご紹介するのは、テレビCMなどでもおなじみのビズリーチ。

ビズリーチを30歳の転職におすすめする理由は、こちらの3つです。

ポイント
  • ハイクラスの求人に特化
  • 企業からスカウトメールが届くサービス
  • 忙しい社会人でも使いやすい

ビズリーチ最大の特徴は、ハイクラスの求人専門の転職サイトであること。

ビズリーチで転職した人の平均年収は820万円といわれており、特に高年収を目指して転職をするなら利用しておいて損はありません。

30代の転職にも定評があるため、30歳の人が転職するにはぴったりの転職サイトといえます。

ハイクラス専門にも関わらず、求人数が約60,000件と多いのも魅力です。

また、ビズリーチでは求職者のプロフィールや経歴を見て、優秀な人材だと判断した企業から直接スカウトメールが届くサービスもあります。

思いもよらない好条件の企業からスカウトされることも、珍しくありません。

自分で求人を探さなくても企業からスカウトメールが届いて、そのまま転職できるケースもあり、忙しい社会人にとって利用しやすいのも特徴。

ビズリーチは総合的に見て求人の質が圧倒的に高いので、ハイクラス企業への転職を考えているならぜひおすすめしたい転職サイトです。

関連記事:ビズリーチの口コミ・評判を徹底リサーチ!年収UPするのか詳しく調査

CAREERCARVER

公式サイト:キャリアカーバー

こちらは、リクルートが運営しているCAREERCARVERという転職サイト。

CAREERCARVERは以下のような特徴があります。

ポイント
  • 高年収求人をメインに扱っている
  • ヘッドハンターからスカウトメールが届く
  • 扱っている求人の幅が広い

CAREERCARVERもビズリーチと同じく、高年収の求人をメインに扱っているのが特徴です。

過去の実績を見ると、CAREERCARVERで転職が成功した人の平均年収はおよそ900万円。

紹介している求人も年収800万円を超えるものがほとんどで、中には年収2,000万円を超える求人もあります。

高い年収を狙って転職したいなら、こちらもぜひ利用しておくべき転職サイトです。

CAREERCARVERは、登録を済ませたらヘッドハンターが会員に代わって仕事を探し、その会員にマッチする求人があればスカウトで紹介してくれるシステムです。

そのため、登録さえすれば自分で求人を探す必要はなく、ヘッドハンターがハイクラスの求人を知らせてくれます。

また、扱っている求人の幅も広く、CAREERCARVERの募集求人を見るとMBA・M&A・外資系など、年収の高いさまざまな職種の求人がありました。

紹介している企業も、楽天やTOYOTAなどの有名企業からあまり知られていない企業まで、豊富なラインナップがあります。

ハイクラス企業へ転職したいなら、ビズリーチなどと合わせてCAREERCARVERも利用してみるといいかもしれませんね。

関連記事:キャリアカーバーの口コミ・評判を徹底調査!特徴や注意点なども解説

doda

公式サイト:doda

続いて紹介するのは、大手転職サイトのdodaです。

dodaをおすすめする理由は、以下の3つ。

ポイント
  • 求人の数が豊富
  • 取り扱い求人の幅が広く、仕事を見つけやすい
  • アドバイザーのサポートが充実している

dodaの強みは、なんといっても求人の数が多いこと。

公開求人・非公開求人を合わせた求人数は10万件以上もあり、国内の転職サイトの中でもトップクラスの求人数をほこります。

知名度や実績の高さにも定評があって、転職するならdodaを利用するべき、といってもいいほど利用しやすい転職サイトです。

また、単に求人数が多いだけでなく、紹介している求人の質が高いこともdodaの強み。

取り扱い求人の幅は非常に広く、高年収を目指せる有名企業をはじめ、設立して間もないベンチャー企業なども多数紹介しています。

これだけの求人数があれば、ほかの転職サイトでは見つからなくてもdodaなら見つかる、という可能性も高いです。

さらにdodaでは、転職アドバイザーのサポートも充実しています。

履歴書のサポートや面接のアドバイスなどをていねいにしてくれるので、はじめて転職する人でも安心です。

忙しい人は、応募書類の提出や面接日程の調整などをアドバイザーにお願いすることも可能で、徹底したサポートが受けられます。

「とにかくいろいろな求人を見たい」「信頼性や実績の高い転職サイトがいい」という人は、dodaを利用してみるといいでしょう。

関連記事:doda(デューダ)の口コミ・評判からメリット・デメリットを検証【利用するだけ損?】

iX(アイエックス)

公式サイト:iX(アイエックス)

最後に紹介するのは、iXという転職サイトです。

iXは、以下のような特徴があります。

ポイント
  • 希少性の高いハイクラス求人
  • 自身の市場価値を知るにも最適
  • 登録情報を非公開にできる

iXはパーソナルキャリアが運営している転職サイトで、dodaなどとは異なり希少性の高いハイクラス求人をメインに紹介しています。

特に非公開求人の企業は年収水準が非常に高く、年収800万円の企業をはじめ、中には年収1,800万円を超える企業も紹介。

求人の業種も総合商社・金融・大手ベンチャーなど高年収が多く、30歳で転職して年収を上げたいなら、利用してみる価値ありです。

また、iXでは登録したあと、ヘッドハンターが登録者にマッチする仕事を紹介してくれるシステムのため、自分で求人を探す必要はありません。

ヘッドハンターは求人紹介を通しながら、登録者の強みや武器なども発掘してくれるので、自分の市場価値を知るにも最適なサービスといえます。

さらに、iXは自分の登録情報を非公情報にできる機能があるのも特徴。

サービス利用を利用する際、基本的にはヘッドハンターのスカウトに応じない限り、企業に対して勝手に自分の情報が開示されません。

特定の企業に対して自分の情報を非公開に設定することも可能で「むやみに自分の情報を開示したくない」という人でも安心して利用できます。

ほかの転職サイトにはない非公開求人や、安心して使える転職サイトを探しているなら、iXはとてもおすすめです。

まとめ:30歳は転職をして年収アップ

30歳の平均年収は407万円で、中央値は400万円でした。

そのため、30歳ではおよそ400万円の年収が基準になるといえるでしょう。

また、30歳はまだまだ年収アップを目指せる年齢でもあります。

金融系・総合商社・IT系などの年収水準の高い業種に転職したり、会社での昇格を狙ったりなどで、年収アップを目指せるはずです。

そのほか、隙間時間に副業をして年収をアップさせる方法もあります。

ここで紹介した30歳におすすめの転職サイトなどもぜひ参考にして、後悔のない転職をしてくださいね。

この記事をかいた人

moja

アメリカでSE→フリーランス→起業 海外での働き方から、フリーランス、起業までわかりやすくお伝えできるようにします。 最近は広告とデザインに注力中。