30代のエンジニアの転職は難しい?成功するために必ず守りたい進め方ガイド

「30代のエンジニアとして責任のある立場になりたい」
「もっと大きなプロジェクトを回してみたい」
「自分の進むべき道が見えてきたので転職したい」

そんな30代のエンジニアが転職で成功するには入念な下準備が必要です。

20代のエンジニアは、「転職したい」と感じたときが行動するポイントですが、30代になってくると20代よりも企業が求めるレベルが高くなってきます。

転職に失敗しないために「絶対に押さえておきべきポイント」を知り、対策をとりましょう。

この記事では、「転職は難しい」と言われている30代のエンジニアが転職に成功するためのガイドとして書かれています。

「転職したい」と考えている30代のエンジニアの人は参考にしてくださいね。

30代エンジニアは転職に必要な要素

30代のエンジニアが転職に成功するには、転職活動前の入念な自己分析が必要です。

というのも、30代からの転職活動は、20代以上に深堀した受け答えを求められることが多いのです。面接や書類選考に受かるためにも徹底した自己分析と企業分析がないと辛いです。

企業が「30代のエンジニアならあって当然」と考えがちな要素は少なくとも3つあります。

  1. マネジメント経験
  2. 開発経験や技術力
  3. どういう形で企業に貢献できるのかわかっている

マネジメント経験が必須

30代からの転職では、どの業界でもマネジメント経験が求められます。

マネジメント経験のない30代のエンジニアは、「マネジメント経験がない」というマイナスポイントを補うだけの強みが必要です。

年齢が高くなるほどマネジメント経験が求められる傾向があり、チームリーダーなどのマネジメント経験がない「作業員」としてのエンジニアは実績が強くないと転職活動で苦労します。

開発経験や技術力があるのは当然

開発経験や技術力があるのは、当然とみられます。

20代のエンジニアは、「技術を使える会社に就職したつもりが、そうではなかった」「やりたいことができたのでメインの技術以外に移動したい」といった理由での転職も受け入れてもらいやすいですが、30代はそう簡単にはいきません。

メイン技術の移動を目的に転職する場合も、少なくともメイン技術での経験が3年以上必要になってきます。関連技術での開発経験も問われます。

開発経験や技術力があるのは当然とみなされるので、30代の人が未経験からエンジニア職に転職するのは、ほぼ絶望的です。開発経験や技術力以外で、企業に「欲しい」と思われる実績が必要になります。

どういう形で企業に貢献できるのかわかっている

30代の採用面接は、20代よりもワンランク上の受け答えが求められます。転職関連サービスで「面接でよくある質問と対策」がありますが、よくある質問に対する答えが用意されているのは当たり前。

付け焼き刃で考えられた薄い答えではなく、深い自己分析と企業分析に基づいた答えができないと困ります。

よくある質問の中で必ず聞かれるのが「あなたが弊社に入社した場合、どんなシーンで活躍(貢献)できますか?」というものです。

30代の面接では、この質問に対する答えも具体的である必要があります。

具体的に答えるには、自分のスキルの棚卸しと入社したい企業の分析が必須なのです。

転職に失敗する30代エンジニアの特徴

転職したい30代のエンジニアの中で、転職に向いていない、転職に失敗する可能性が高い人は、こんな特徴を持っている人です。

  • 専門性がない
  • マネジメント経験がない
  • 転職の目的が曖昧

専門性がない

専門性がない人の転職活動は難航します。フルスタックエンジニアのように「フロントサイドならなんでもできる人」でも、「なんでもなんとかするけれど、どちらかというとこの領域が得意」なものがあるはず。

具体的な技術名と一緒に「こんな開発経験があり、この領域が得意です」というものがあるといいですね。

マネジメント経験がない

マネジメント経験がない人は、あまり好まれません。

チームリーダーなどのプロジェクトをまとめる役割をこなした経験があるのが一番ですが、後輩の育成経験も歓迎されます。

企業が求めているのは、「一匹狼の技術屋」よりも「後輩の育成も任せられる人材」の方です。

転職の目的が曖昧

転職の目的な曖昧は人は、年齢問わず転職活動に苦戦する傾向があります。

というのも、転職の目的が曖昧だと面接で必ず聞かれる質問に対する答えが薄っぺらくなってしまうからです。

例えば、

  • 前職ではいけない理由はなんですか?
  • 数あるエンジニア求人の中でうちに応募した理由は?
  • 5年後、10年後にどうありたくて転職したんですか?

こういった質問に答えるには、「なぜ転職するのか」「転職によって得たいものは何か」を具体的に知らないと答えられません。

単に「前職は肌に合わないから」「好きな技術ができないから」といった理由での転職が許されるのは20代前半までと心得ましょう。

30代のエンジニアが転職活動前にすべき自己分析の全て

30代のエンジニアは、転職活動を始める前に徹底した自己分析をするのが必須であるというお話をしました。

自己分析のポイントは5つありますので、具体的に紹介します。

  1. キャリア、スキル、資格の棚卸し
  2. 自分が仕事で大切にしていること・避けてきたこと
  3. なぜ転職するのか・転職した後にどうなっていたいのか
  4. 転職先に求める3つの条件
  5. 行きたい企業・業界で何ができるのか

キャリア、スキル、資格の棚卸し

自分が今まで築いてきたキャリアや持っているスキル、取得した資格を棚卸しましょう。

最初から面接官にわかるようにきれいにアウトプットする必要はありません。最初は、メモに走り書きのような形で大丈夫です。

  • その時の自分の年齢(年月)
  • 仕事や資格の概要
  • 仕事や資格の具体的な内容
  • 身についたスキル

この4つを主軸に書き出していけば、漏れなく棚卸しできますよ。

自分が仕事で大切にしていること・避けてきたこと

自分が仕事をする上で大切にしていること、避けてきたこと(嫌なこと)についても分析しましょう。

大切なことも避けてきたことも転職をする目的につながります。

キャリアやスキルの棚卸しのときに使ったメモ帳を再利用して「どのプロジェクトのときに一番モチベーションが上がったか」「仕事のへの意欲が下がったのはどこか」を書き出していくのがおすすめです。

なぜ転職するのか・転職した後にどうなっていたいのか

転職したい理由の深堀も忘れないようにしたいですね。

転職したい理由が「給与・待遇に不満があるから」「他にもっとやりたいことができたから」だったとしても、それだけでは弱いです。

今までやってきたスキルや仕事で大切にしていることを参考に、もっと具体的な転職理由にアップグレードしましょう。

転職先に求める3つの条件

転職したい理由がはっきりしたら、転職先に求める条件を3つ書き出します。

この条件には妥協できない順番に優先順位をつけましょう。

自分が求める条件に完全に一致する転職先が見つかればいいですが、そういった好条件に恵まれる人は稀です。

「この条件はここまで妥協できるけど、これ以上は無理」という形で明文化しておくと、求人情報を選ぶときに悩まずにすみます。

妙な求人で妥協して「転職失敗した」とならないためにも必要な工程です。

行きたい企業・業界で何ができるのか

最後に、「行きたい企業・業界で何ができるのか」を考えましょう。

人材を欲しがっている企業も、プログラミングができれば誰でもいいわけではありません。活躍してくれる即戦力を求めています

採用担当者に「自分はこんな分野で活躍できます」とわかりやすく伝えられないと、あなたの価値は伝わりません。自分の強みの分析が終わったら、必ず「自分はこの強みでどういう活躍ができるのか」を分析しましょう。

30代のエンジニアは転職エージェントを利用して効率的に動くすべき

転職エージェントを利用すると、今までお話してきた「30代の転職なら必ずすべきこと」を簡単に終わらせることができます。

転職エージェントは、転職を希望する利用者が希望通りの企業に内定できるようにサポートしてくれる転職サービスです。転職エージェントには、転職のプロであるコンサルタントが所属しており、利用者が転職に希望することをヒアリングした上で求人情報を紹介してくれます。

転職コンサルタントがしてくれる主なサービスにはこんなものがあります。

  • あなたの希望とスキルにマッチする求人の紹介
  • 自己分析・キャリア分析のサポート
  • 気になる企業の詳細情報の提供
  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 模擬面接など、採用試験対策
  • 必要書類の提出や面接日程の調整
  • 企業とのやりとりの代行

これら全てのサービスは無料で受けることができます。転職サイトやハローワークを利用すると自分でしなければいけないことを全て代行してくれるので、転職活動にかかる時間も節約できます。

「現職にいながらの転職活動は時間的に厳しい」という人はもちろん、「自己分析や企業分析を一人でする自信がない」という人にも役立ちます。

30代エンジニアにおすすめの転職エージェント

30代のエンジニアが転職するにあたって利用した方がいい転職エージェントを5つランキングしました。

IT特化タイプのエージェントと、一般職を含めた総合的に強いエージェントをピックアップしましたので参考にしてください。IT特化タイプの中でもそれぞれのエージェントによって得意分野が異なります。自分の選択肢を増やすためにも3社程度をかけもちした方がメリットが大きいですよ。

転職エージェント コメント
1位 マイナビIT AGENT IT・Webエンジニアのための転職エージェント
案件の質も量も文句なし。コンサルタントの評判もいい
2位 ギークリー Web系・ゲーム業界に転職したいなら利用すべきエージェント
転職初心者向けのサポートも充実している
3位 リクルートエージェント 独自求人を含め求人数が多い
IT特化ではないが、豊富な業界・求人から選びたい人向け
4位 マイナビエージェント IT特化ではないが良質な独自求人が豊富
コンサルタントの当たり外れが少なく、親身になってくれると評判
5位 ワークポート ITベンチャーから大手企業まで幅広い求人を取り扱っている
コンサルタントのレスポンスが早く、ビジネスライク

マイナビエージェントIT

公式サイト:マイナビIT AGENT

特徴
  • IT・Webエンジニアなら必ず登録すべきエージェント。
  • 案件の質が高く、独自案件も多数。20代・30代の若い世代向けの求人が豊富。
  • 自己分析、書類添削、面接対応など、転職初心者向けのサポートが手厚い。

おすすめ度→★★★★★

新卒採用で有名なマイナビグループが運営しているマイナビエージェントIT。グループで培ってきた企業との信頼関係から成り立つ独自求人が豊富です。30代の求人に強く、「マイナビITに相談した結果、年収が100万円以上アップした」という声も多いです。

マイナビといえば、コンサルタントが親切・丁寧なことで有名ですが、利用者第一主義のコンサルタントはマイナビエージェントITでも健在。「初めての転職でも安心できた」「わからないことはなんでもきけた」と、元利用者からの評判も上々です。

IT業界独特の慣習や技術情報や基本知識を備えたコンサルタントが所属しているので、「話が噛み合わなくて信頼できなかった」という口コミはほとんどありません。

求人数 公開求人数15,515 件非公開求人17,638 件
対応エリア 全国

関連記事:マイナビIT AGENTの口コミ・評判【使用者から感想を徹底調査】

Geekly(ギークリー)

公式サイト:ギークリー

特徴
  • Web系・ゲーム領域に特に強い転職エージェント
  • 実績やスキルに自信がない人向けのサポートに安心感がある
  • 首都圏のみ対応だが、電話面談もある。地方から首都圏への就職希望者も利用できる

おすすめ度→★★★★

Geeklyは、IT関連業界の中でもWeb系・ゲーム領域に強いエージェントです。Web系だとWebマーケター・リサーチャー、エンジニア、ゲーム領域だと、ゲームデザイナーやエンジニアの求人が多いです。

一人当たりの求人提案数も平均48件(公式サイトによる)と、他社平均よりも圧倒的に多く、豊富な求人の中から自分にあったものを選びたい人に向いています。

20代・30代向けの求人を多く取り扱っていることもあり、コンサルタントは実績やスキルに自信のない人のフォローやサポートが手厚いと評価されています。

「Web業界は初めて」「地方から首都圏へ転職したい」といった人へのサポートも充実しており、Web系やゲーム領域で働きたい人なら登録しておくべきエージェントです。

求人数 約7000件※2020年9月時点
対応エリア 首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)

リクルートエージェント

公式サイト:リクルートエージェント

特徴
  • 求人の量・質は転職業界トップクラス。IT以外の業界からも選べる。
  • 給与・待遇面での交渉力があり、内定後の対応を安心して任せられる。
  • コンサルタントの質にばらつきがあるものの、エージェントサービスのサポート体制としては良好。

おすすめ度→★★★★

リクルートエージェントは、リクナビを運営しているリクルートグループが運営している転職エージェントです。

ITに特化しているわけではありませんが、保有している求人数は業界トップクラスで、他では紹介してもらえなかった人も「リクルートエージェントで紹介してもらえて驚いた」と口コミしています。

IT特化タイプではないためか、エンジニア職の中でも職人タイプの人は、「コンサルタントが話をよくわかってくれなかった」と感じる場合があるようです。しかし、ITから他業種、他業種からITへ転職を希望する人は、「様々な角度から転職先を探してもらえたので助かった」と高評価をしています。

質のよい求人を幅広い業界で抱えているので、IT特化タイプのエージェントと併用して使うのがおすすめです。

求人数 公開求人98,336件非公開求人108,145件
対応エリア 全国
関連記事:リクルートエージェントの口コミ・評判を徹底比較!特徴や注意点も解説

マイナビエージェント

公式サイト:マイナビエージェント

特徴
  • マイナビグループが築き上げてきた企業との信頼関係を元にした独自求人が多い
  • キャリアアドバイザーの質がよく、丁寧なサポートに定評がある
  • 大手はもちろん中小の良質な掘り出し物求人も紹介してもらえる

おすすめ度→★★★★

マイナビエージェントは、1位で紹介したマイナビエージェントITと同じでマイナビグループが運営する転職エージェントです。

マイナビエージェントITは、IT業界に特化した転職エージェントでしたが、マイナビエージェントはIT業界以外の求人も幅広く取り扱っている総合タイプの転職エージェントです。

マイナビエージェントは、20代から30代向けの転職が得意です。幅広い業界を扱っていますが、所属しているコンサルタントは各業界のプロ。利用者の希望を第一に考えて相談にのってくれる姿勢は口コミでも高い評価を得ていますし、紹介される求人の質もいいと評判です。

求人数 公開求人数 15,720 件非公開求人 17,490 件
対応エリア 全国

関連記事:マイナビエージェントの口コミ・評判を分析!うざいと勘違いする噂を徹底調査

ワークポート

公式サイト:ワークポート

特徴
  • ITベンチャーから大手まで幅広い求人を持っている。
  • コンサルタントのレスポンスが早く、対応で待たされることがない。
  • コンサルタントのやりとりが事務的で淡白なので、仕事の延長のようでやりやすい。

おすすめ度→★★★★

ワークポートは、IT・Web業界なら優良ベンチャーから大手企業の求人まで豊富に扱っている転職エージェントです。

経験者向けの求人はもちろん、未経験者向けの求人も数多く保有しており、IT業界で転職をしたいなら必ず登録しておくべきでしょう。

コンサルタントは業界に精通しており、業界内の転職市場についても最新技術についても詳しいです。「対応が事務的で、人間味を感じられなかった」という口コミもありますが、ビジネスライクなやりとりの方がやりやすいという人には評判がいいです。

コンサルタントのレスポンスも「他社に比べて早かった」という人が多いです。転職は初めてという人ほど、不安を抱きがちですがちょっとしたことを問い合わせてもすぐに反応があると安心できますね。

求人数 公開求人24,655件
対応エリア 全国

関連記事:ワークポートの口コミ・評判を徹底調査!特徴やコース料金等もご紹介

まとめ:30代エンジニアの転職は慎重に!まずは自己分析から

「転職したいけれど、30代のエンジニアは転職しにくいと聞くし…」と悩んでいるなら、まずは「なぜ転職したいのか」を分析してみましょう。30代からの転職は、20代の転職よりも難易度が増します。

転職したい理由から始まるもろもろをしっかり分析していないと、「転職活動をしたはいいけれど、面接で落とされる」「書類選考すら通らない」という状態になってしまいます。

「自己分析のやり方がよくわからない」「めんどくさい。パッと退職して転職先を探すのではダメなの?」と感じている人は、転職エージェントを利用しましょう。転職エージェントは転職のプロです。あなたの自己分析のお手伝いから、企業との調整まで、転職活動に関するあらゆることをサポートしてくれますよ。

転職エージェントの利用に料金はかかりません。登録も5分程度で終了します。ITに特化した転職エージェントもありますので、お気に入りのエージェントに登録してみましょう。