日本IBMの年収はいくら?【職種別や年齢別など詳しい年収も紹介】

外資系のIT企業の中でも、高い年収をほこる日本IBM。

年収のアップを目指し、日本IBMへの転職を考えている人もいるでしょう。

しかし、実際に転職するとなると、具体的な平均年収や社員の口コミ評判も気になるはず。

そこで今回は、日本IBMの平均年収をはじめ、職種別・階級別・年齢別など詳しい年収情報を紹介します。

日本IBMの福利厚生や社員からの口コミ情報なども紹介するので、日本IBMへの転職を検討している人はぜひ参考にしてみてください。

年収診断
年収を知る前にまずは自分の適正年収を診断してみましょう。
ミイダスでは、必要項目を入力するだけで自分の適正年収を知ることができます。

日本IBMの平均年収は880万円

日本IBMは有価証券報告書などの掲載がなく、具体的な平均年収については確認できません。

そこで、日本IBMの社員からの口コミや求人情報を参考にしたところ、平均年収は880万円でした。

ではこちらの平均年収をもとに、職種別や年齢別など、さらに詳しい日本IBMの年収について見てみましょう。

日本IBMの職種別年収

こちらは、日本IBMの社員からの口コミや求人情報をもとに推測した、職種別の年収です。

職種 年収(推定)
販売・サービス系 600~650万円
企画・事務・管理系 600~650万円
IT・SE系 750~800万円
営業系 750~800万円
専門職系 850~1,000万円以上

販売や事務系など、いわゆる一般職といわれる職種の年収は、600~650万円ほど。

IT系やシステムエンジニアといった職種、さらに営業職などは、少し高めの750~800万円ほどと推測できます。

また、コンサルト系やシステム導入など、専門職になると年収はさらに上がり、850万円~1,000万以上の年収を目指すことも可能です。

日本IBMの階級別年収

社員からの口コミ情報などを参考にすると、日本IBMではバンドという階級制度に応じて年収が異なるようです。

口コミをもとに推定した、主な階級ごとの推定年収がこちら。

階級 年収(推定)
一般 600~700万円
主任クラス 700~800万円
係長クラス 800~900万円
課長クラス 1,100~1,200万円
部長クラス 1,200~1,300万円

一般クラスの社員は600~700万円ほどの年収ですが、主任クラスになると800万円を超える年収も期待できます。

課長クラスになると1,000万円を超え、部長クラスでは1,300万円以上の年収をもらえることもあるようです。

なお、日本IBMの詳しい階級別年収については一般に公開されておらず、上記で紹介したのは口コミを参照にした推定年収です。

実際の階級別年収とは異なる場合もあるので、参考程度に覚えておくといいでしょう。

日本IBMの年齢別年収

次に、日本IBMの平均年収と、国税庁が調査した年齢別の平均年収統計をもとに、年齢別の年収を紹介します。

年齢 年収(推定)
20~24歳 589万円
25~29歳 827万円
30~34歳 915万円
35~39歳 994万円
40~44歳 1,064万円
45~49歳 1,117万円
50~54歳 1,179万円
55~59歳 1,161万円
60~64歳 924万円

日本IBMの年齢別年収は、20代前半では全体平均よりも低めの589万円ですが、20代後半からは800万円以上の年収も目指せると推測できます。

40代になると1,000万円以上の年収をもらえる可能性もあり、年収のピークである50代前半では1,179万円の年収と推定できました。

ただし、ここで紹介したのはあくまでも日本IBMの平均年収と統計値とを掛け合わせて計算した参考値です。

実際の年収は、勤続年数や仕事の能力、階級などによっても変わるので、参考程度にお役立てください。

日本IBMのポジション別年収

日本IBMのポジション別年収についても見てみましょう。

ここでは、社員からの口コミや求人情報を参考に推測したポジション別の年収を紹介します。

ポジション 年収(推定)
営業事務 550~600万円
システムエンジニア 650~700万円
ネットワーク・サービス・セールス 800~1,000万円
UI/UXシニアデザイナー・コンサルタント 800~1,000万円
ITコンサルタント 900~1,000万円
ビジネスアナリスト 1,100~1,200万円
システムコンサルタント 1,100~1,200万円
プロジェクトマネージャー 1,200~1,400万円

事務などの一般職に就いた場合の年収は低めですが、エンジニアやセールスなど、専門的なポジションに就くと年収は上がります。

また、コンサルタントやアナリストなど、さらに専門的な知識が必要なポジションは、1,000万円以上の年収になることも。

システムコンサルタントやプロジェクトマネージャーなど、責任のあるポジションを任せられるようになれば、より高い年収も目指せるでしょう。

ただし、上記の年収も勤務年数やスキルなどに応じてかなり年収は変わるので、推測した年収と実際の年収は異なる場合もあります。

月収・ボーナス

日本IBMの平均年収をもとに推定した月収とボーナスは、以下の通りです。

  • 月収:60~70万円
  • ボーナス:150万円

日本IBMの会社ホームページに載っている募集要項を確認すると、大学卒の基本給が279,400円~、大学院卒の基本給が291,300円~と記載されていました。

そこに残業代やその他の手当てを含むと、平均的な月収は60~70万円で、ボーナスは年間で150万円程度と推測できます。

なお、昇給や階級アップなどによって基本給が上がれば、上記の金額を上回る月収・ボーナスを目指すことも十分可能でしょう。

日本IBMの年収が高い理由

日本IBMの平均年収はおよそ880万円ですが、国税庁の調査によると、2019年度の日本人全体の平均年収は436万円です。

日本人全体の平均年収と比較してみると、日本IBMの平均年収は2倍ほども高い年収なのがわかります。

ではなぜ日本IBMの年収は高いのか、その理由を見てみましょう。

行っている事業の需要が高い

日本IBMの年収が高い理由としてまず考えられるのが、メインとして行っている事業の需要が高いこと。

日本IBMはもともと、米IBMの日本法人として立ち上げられた会社です。

設立当初はパソコンのハードウェア製造などをメインに行っていましたが、現在はハードウェア・ソフトウェアの開発以外に、コンサルティングやIT関連サービスなど、幅広い事業を展開しています。

近年、コンサルティングやIT関連の事業は日本国内だけでも需要が高く、システム開発や保守管理、運用サービスなどにも、IT系のツールを導入している会社が多くあります。

そのため、日本IBMが行う事業の需要は非常に高く、売上高も9,000億円以上と非常に高い業績を残している会社です。

また、世界でもトップクラスのブランドとして活躍している米IBMのもとで事業を展開しているため、今後の業績が衰退する可能性も極めて低いといえます。

こういった事業の需要の高さが、日本IBMの年収を高くしている大きな理由といえるでしょう。

募集している求人の多くが専門職

募集している求人の多くが専門職なのも、日本IBMの年収が高い理由の1つとして挙げられます。

日本IBMはハードウェアやIT関連、さらにコンサルティングなどの事業を行っているため、仕事の内容はさまざま。

しかし、どの仕事に就くにしろ専門的な知識が必要な場合が多く、全くの未経験から転職するには難易度の高い企業です。

たとえば日本IBMの営業職に転職する場合、顧客との業務はもちろん、インターネットやIT関連の知識・最新技術の勉強をしながら、個人でアプローチする営業能力が求められます。

また、日本IBMのコンサルタント職に転職したい場合、基幹システム構築や顧客の課題解決能力など、専門的な知識・スキルが必要です。

現在転職エージェントなどで確認できる仕事に関しても、上記のような専門職の募集がほとんどでした。

中には事務系などの一般職を募集している場合もありますが、求人の大半を専門職が占めています。

募集している仕事に専門性が問われる点も、日本IBMの年収が高い理由としていえるでしょう。

ボーナスやコミッションが多い

日本IBMの年収が高いもう1つの理由が、ボーナスやコミッションが多いこと。

社員の口コミなどを参考にすると、年間のボーナスは150万円ほどです。

大学を卒業した新卒者の基本初任給が20万円後半なので、それをふまえて考えると、年収の中でもボーナスの占める割合はかなり多いと予測できます。

また、日本IBMの営業職は、基本給とは別に個人の売上や業績に応じてコミッションが支給されるそうです。

営業職の場合は、そのコミッションが年収を押し上げていることも多く、職種によって年収の内約にも差があると推測できます。

ただし、日本IBMは給料の中にみなし残業代が含まれており、月の残業代が細かく支給されることはあまりないようです。

したがって、残業代よりかは年間のボーナス、もしくはコミッションによって年収が高くなっている、と考えるのが妥当でしょう。

日本IBMの福利厚生

ここまで日本IBMの年収情報を紹介しましたが、転職するうえでは福利厚生も気になりますよね。

リクナビに掲載されていた求人情報を参考にすると、日本IBMで受けられる主な福利厚生はこちらです。

  • 厚生年金保険、健康保険、雇用保険、労災保険
  • 退職給付制度、財形貯蓄、提携住宅ローン
  • 社員持株会
  • 定期健康診断、IBM Fitness Center GENKI、健康相談ほか
  • 医療給付、保健指導、疾病予防、保養施設ほか
  • 通勤費支給、こがも保育園、みつばち保育園、慶弔見舞など

一般的な社会保険のほか、財形貯蓄や提携住宅ローンなども用意しています。

また、健康診断や保養施設、保育園を利用できる制度などもあるようです。

ちなみに、日本IBMの休日・休暇制度は以下の通り。

  • 土曜・日曜、国民の祝日、年末年始、その他会社が必要と認めた日
  • 年次有給休暇
  • 特別有給休暇(フレッシュアップ休暇、ボランティア・サービス休暇、看護休暇など)
  • 基本的に土日・祝日は休みで、そのほか年末年始や特別有給休暇などもあります。

福利厚生と休日制度、どちらも非常に充実しており、日本IBMは働きやすい環境が整っているといえるのではないでしょうか。 

日本IBMの口コミ

ここからは、日本IBMの口コミ情報を紹介します。

転職するにあたり、実際に勤務経験のある社員からの口コミも重要な要素なので、日本IBMへの転職を考えている人はこちらも参考にしてみてください。

日本IBMの評価制度に関する口コミ

仕事で評価してもらうためには仕事の成果だけでなく、上司に気に入ってもらう必要がある。わからないことを聞けば教えてくれるものの、はじめは自発的に動く必要があり大変です。
評価の基準がマネージャー次第というところがあり、厳しい人の下につくと高い評価を得るのは難しいかもしれません。
年の初めにその年度の目標を設定して、目標を達成できたかどうか上司に報告する社風です。人間関係はよく、上司もしっかり話を聞いてくれるので、仕事の成果を上げられたらそのぶんの評価はしてくれます。

基本的に仕事の評価は上司次第という風潮があり、上司に気に入られるかどうかで評価基準もかなり変わるようです。

自分で目標を決めてその目標を達成できたか上司に報告する、という意見もありました。

社員教育

新人教育はほぼ毎週行われ、個人個人の評価を細かくつけられてかなり入念な研修が行われます。また、営業職に関しては秋に合同合宿があり、その時期は社員はかなり追い込まれます。
ほかの企業に比べると、研修制度は整っていると思います。社内の研修リソースも豊富で、意欲のある人はどんどん自主的に学んでいける環境です。

口コミを見る限りだと、日本IBMの社員教育は充実しており、新人教育のみならず営業担当の社員やほかの階級などの研修にも力を入れているようです。

また、日本IBMの会社ホームページを確認したところ、新入社員については入社後に5か月間の研修を行い、そのあとは3年間に渡る育成ロードマップもあります。

集合研修・社内研修・部門別研修など研修の種類も豊富にあり、教育制度は整っている環境といえるでしょう。

ワークライフバランス

こなさなければいけないタスクに対しての仕事時間が圧倒的に少ない。必然的に残業せざるをえなくなり、そのせいで休みも少なくなる傾向があります。
自分次第で仕事量を調整はできるものの、部署の忙しさや上司の裁量によって仕事の大変さは変わります。仕事を多く抱えると、平日は仕事だけのルーティンになることも少なくありません。
事前に申請しておけば、休みはきちんと取れます。中には1か月ほどの長期休みを取る人もいるので、休みは取りやすい環境です。ただし、営業の場合は引継ぎをしておかないと、後々たいへんなことになります。

日本IBMのワークライフバランスに関しては「仕事が大変で休みが少ない」という意見のある一方、「休みは取りやすい」という意見もありました。

日本IBMではさまざまな職種やポジションがあるので、部署や職種によってワークライフバランスに差があるのかもしれません。

特に営業職に関しては個人の仕事の進め方やタスクの数により、残業時間や休みにも大きな差があるようです。

日本IBMと同じような企業と年収を比較

ここからは、日本IBMと同業界で事業を展開している企業と年収を比較してみます。

今回は、「日本IBM」「アクセンチュア」「日本HP」「日立製作所」の4社を比べてみましょう。

企業名 年収
日立製作所 902万円
アクセンチュア 900万円
日本IBM 880万円
日本HP 740万円

今回比較した企業の中だと、平均年収がもっとも高いのは日立製作所の902万円で、もっとも低いのは日本HPの740万円でした。

とはいえ、日本IBMの年収も880万円のため、上位2社とほぼ変わらない水準です。

 

業績や個人のスキルによっては、競合他社を超える年収をもらうことも十分可能でしょう。

なお、ここで紹介した企業の平均年収は、各企業の有価証券報告書や口コミ情報を参考にしており、実際の年収とは異なる場合もあります。

日本IBMに転職するのに向いている人

続いて、日本IBMに転職するのに向いている人の特徴を紹介します。

ソフトウェアやIT系の知識・経験のある人

まず、日本IBMはソフトウェア開発やITコンサルなどをメイン事業として行っている会社です。

そのため、ソフトウェアやIT系の知識がある人は、日本IBMに転職するのに向いています。

特に、ハードウェアやソフトウェアの開発・製造、プログラミングスキルやアプリ開発の経験がある人などは、転職しても自分のスキルをおおいに活かせるはずです。

転職の面接でもこういったスキルは強みになるので、日本IBMに転職する際は上記のようなスキルをアピールすれば、内定に繋がりやすいでしょう。

そのほか専門的なスキルや経験のある人

日本IBMでは上記のほかにも、専門職種を多数募集しています。

たとえば、SAPコンサルタントやデータサイエンティスト、テクニカルセールスやインダストリーコンサルタントなど。

このような専門職のスキルや経験のある人は、ITエンジニア以外のポジションでも転職を狙えます。

それぞれの職種に応じて求められるスキルや経験が違うので、IT系の知識がないからという理由だけで諦める必要はありません。

どんな職種があり、どのような経験が必要かをしっかり確認して、自分に適した職種が見つかれば転職できる可能性は十分にあります。

やる気・向上心のある人

やる気や向上心がある人も、日本IBMの転職に向いています。

日本IBMでは研修制度や教育に力を入れているだけあり、個人の能力や仕事の成果をしっかりと評価してくれる社風です。

そのぶん、仕事にやる気がない人や成果を上げられない人は、あまり高い評価はもらえません。

逆にやる気や向上心があって、自分の実力をしっかり評価してもらいたい人にとっては、働きがいのある会社だといえます。

そのため「今いる会社よりもうえを目指したい」「さらにスキルアップをしたい」という人は、日本IBMへの転職を視野に入れてみるといいかもしれません。

日本IBMに転職するならdodaを利用しよう

公式サイト:doda

日本IBMに転職するなら、転職エージェントのdodaを利用するのがおすすめです。

dodaをおすすめする理由は、以下の3つ。

ポイント
  • 求人数がトップクラスに多い
  • 大手企業の転職にも多数の実績
  • 転職サポートが充実

dodaは日本の転職エージェントの中でもトップクラスの求人数をほこります。

公開求人だけでも60,000万円以上、非公開求人も合わせると、10万件以上の求人数です。

特に非公開求人の質が高く、年収500万円以上の大企業求人も多く掲載しています。

日本IBMの求人実績もあり、今回dodaで検索してみると公開求人だけでもいくつか中途の求人情報が挙がっていました。

また、dodaでは履歴書の書き方や面接対策なども、プロのキャリアドバイザーがしっかりサポートしてくれます。

日本IBMのような大企業でも、転職が成功するように最後まで丁寧にサポートしてくれるので、まずはdodaを利用して求人を探してみるといいでしょう。

まとめ:日本IBMの平均年収は880万円

日本IBMの平均年収は880万円で、日本人全体の平均年収と比べてもおよそ2倍という、非常に高い年収水準でした。

ただし、今回紹介した年収はあくまでも口コミや求人情報を参考にした推定年収なので、実際の年収とは異なる場合もあります。

とはいえ、日本IBMは職種や階級によっては1,000万円以上の年収を目指せる企業なので、高い収入が欲しい人や向上心のある人は、日本IBMは狙い目の企業といえそうです。

この記事をかいた人

moja

アメリカでSE→フリーランス→起業 海外での働き方から、フリーランス、起業までわかりやすくお伝えできるようにします。 最近は広告とデザインに注力中。