マカオのレンタルWi-Fiおすすめを徹底比較【旅行や出張にも使える】

マカオはヨーロッパ調のお洒落な雰囲気を持っている街で、カジノもあり幅広い年代に人気の都市です。歴史的遺産も多く、香港と合わせて旅行に行く人も多いと思います。

そんな観光都市・マカオを旅行するのに欠かせないレンタルWi-Fiのおすすめを紹介します。

  • マカオで使えるレンタルWi-Fiは?
  • マカオのフリーWi-Fi充実度は?
  • マカオでレンタルWi-Fiを使う時の注意点は?

などの様々な疑問点を解決していきます。

マカオのレンタルWiFiおすすめランキング

マカオで使えるレンタルWi-Fiのおすすめを紹介していきます。

グローバルWiFi

公式サイト:グローバルWiFi

おすすめポイント
現地で利用できなかった場合、返金をしてもらう事ができる。サポートも充実しており、24時間365日対応している。LINEやSkypeでサポートを受ける事ができる。

利用者が多いこともあり、プランが充実している。渡航中に容量がなくなってしまった時に容量を追加する事ができます。24時間対応しており、素早く反映してもらう事ができます。

日本の主要空港のみならず、地方空港にもカウンターが設置されているので、地方空港から出発する場合でも受け取りが簡単。

オプションも充実しており、定番のモバイルバッテリーだけではなく、ポケトークやGoProもレンタルしてもらう事ができます。最新機種を揃えているので、旅行先で試してみたい人にはおすすめです。

<受け取れる空港>

成田、羽田、中部、関西、伊丹、旭川、新千歳、仙台国際、静岡、小松、新潟、福岡、北九州、大分、宮崎、鹿児島、みやこ地下島、那覇

<容量、料金、プラン>

データ容量/日 料金/日
通常プラン 300MB 1,170円
大容量プラン 600MB 1,370円
超大容量プラン 1.1GB 1,570円
無制限プラン 無制限 2,270円

イモトのWiFi

公式サイト:イモトのWiFi

おすすめポイント
大手サイトの中では、安い価格設定をしており気軽にレンタルする事ができます。Wi-Fiの利用の仕方も簡単なので、機械が苦手な方でも安心。

CMなども多くやっており、ネームバリューもあるので初めてレンタルWi-Fiをするという方におすすめです。

マカオのみで使えるプラン・アジア周遊プラン・香港マカオプランと様々なプランがあるので、自分の旅行予定に合わせたプランを無駄なく利用できる。

早割・長期割もあり、早割の場合60日前までの申し込みで20%OFFで利用できます。長期の場合、30日パックで最大40%オフとかなりお得に使えるので、長期出張や留学におすすめです。

<受け取れる空港>

成田、羽田、新千歳、中部、関西、福岡

<容量、料金、プラン>

データ容量/日 料金/日
大容量 500MB 640円
ギガ 1GB 790円
無制限 使い放題 1040円

Wi-Ho!

公式サイト:Wi-HO!

おすすめポイント
初めての方でも、申し込みが簡単で使いやすい。見積もりを出すのも簡単です。キャンペーンが多くお得にレンタルできる。

保証プランが充実しており、普通の保証プランでも万が一の時100%補償してもらう事ができ、あんしん保証プレミアムでは海外旅行保険も付いているので、海外旅行保険に別に加入する必要がありません。

申し込みをキャンセルしたい場合や変更する事もでき、キャンセルは3日前まで、変更は前日の18時まで受け付けてもらえます。変更フォームから簡単に変更する事ができます。

直前予約も受け付けており、急な出張になった時でも550円サービス料を払うだけで最短30分後にはレンタルWi-Fiを受け取る事ができます。

<受け取れる空港>

羽田、成田、新千歳、中部国際、関西国際、松山、福岡

<容量、料金、プラン>

データ容量/日 料金/日
通常プラン 300MB 980円
大容量プラン 500MB 1,280円
1ギガプラン 1G 1,580円
無制限プラン 使い放題 2,580円

フォートラベル

公式サイト:フォートラベル

おすすめポイント
200カ国以上で利用する事ができ、周遊プランなどが充実している。4Gに対応している国も多く、マカオでも4Gを利用する事ができます。

会員登録をしておくと、ポイントを貯める事ができ、そのポイントは各航空会社のマイルに交換することもできます。

空港だけではなく、JR宮崎駅や渋谷ちかみちでもレンタルWi-Fiを受け取ることもできます。ロッカー受け取りができる空港もあるので、待ち時間なくWi-Fiをレンタルする事ができます。

<受け取れる空港>

成田、羽田、中部、関西、伊丹、旭川、新千歳、仙台国際、静岡、小松、新潟、福岡、北九州、大分、宮崎、鹿児島、みやこ地下島、那覇

<容量、料金、プラン>

データ容量/日 料金/日
通常プラン 300MB 1,170円
大容量プラン 600MB 1,370円
超大容量プラン 1.1GB 1,570円
無制限プラン 無制限 2,270円

FAST-Fi

公式サイト:FAST-Fi

おすすめポイント
スタンダートプラン以上の場合、Wi-Fi本体に翻訳機がついてくる。画面に通信量が表示されるので、残りの通信量を簡単に把握する事ができる。

飛行機の乗り継ぎなどで他の国に寄る事があっても、他の国に立ち寄る場合でも、追加料金なしでWi-Fiを利用する事ができます。日本国内でも利用する事ができます。

レンタルWi-Fiが電話になるサービスもあり、1日170円で日本へ電話がかけ放題になります。もちろん日本からの着信も受ける事ができます。

モバイルバッテリーにもなっており、iPhoneを3回充電する事ができます。

<受け取れる空港>

成田、羽田、関西

<容量、料金、プラン>

データ容量/日 料金/日
ライトプラン 350MB 410円
スタンダートプラン 500MB 560円
プラチナプラン 1GB 980円
長期(30日)プラン 500MB 13,500円

香港・マカオデータ

公式サイト:香港・マカオデータ

おすすめポイント
香港とマカオで無制限で4G通信を利用する事ができます。キャッシュレス決済にも対応しており、5%還元を受ける事ができます。

レンタルする時の往復の宅配送料で利用する事ができます。1ヶ月以上前にレンタル利用を申し込むと早割でレンタルする事ができ、10%オフでレンタルする事ができます。

現地の通信会社の最新SIMカードを搭載しているので、通信の速さは抜群です。

長時間バッテリーが搭載されており、最大で12時間可動します。なので、観光中にWi-Fiの充電がなくなる心配がほとんどありません。

<受け取れる空港>

成田、羽田、中部、関西

<容量、料金、プラン>

データ容量/日 料金/日
デイリープラン 無制限 780円
マンスリープラン 無制限 21,000円

マカオのレンタルWiFiを選ぶポイント

マカオで使えるレンタルWi-Fiを選ぶ時にチェックしておきたいポイントがあります。

データ通信量

もし、日本と同じようにスマホを使いたい場合や、旅行先でデータ通信量がなくなるのが怖いという方は基本的に無制限プランかサイトで一番大きな容量を選ぶのをおすすめします。

特にSNSをたくさん使う場合や、多くの人数で使う場合は無制限プランがいいでしょう。

普段からあまりスマホを使わない方で、料金を抑えたい場合は後からデータ通信量を追加できるサイトを使い、一番安いプランを使い、どうしても通信量が必要な時に追加する方法を利用すると良いでしょう。

期間

特に長期利用する場合は、長期プランを利用するのとしないのとでは、2倍ほど金額が変わってきてしまいます。レンタル料の他に、保証プランなども長期の場合割引される事もあるので、チェックしておきましょう。

短期の場合でも、サイトによって割引などが受けられるサイトと受けられないサイトがあるので、確認してみると良いでしょう。また、各会社のWi-Fi本体の機能が違うので確認しておきましょう。

国数

マカオの場合、マカオのみに行く人よりも香港や他の国も訪れる人が多いと思います。その時にマカオ以外の国でも利用できるプランなのか、マカオのみで利用できるプランか確認しておきましょう。

アジア周遊プランなどの周遊プランしかないサイトであれば、追加料金なしでマカオ以外の国で利用できるのでそちらのサイトを使うのをおすすめします。

特に注意したいのが、飛行機の乗り継ぎをしてマカオを訪れる場合に乗り継ぎに利用する空港でもWi-Fiを利用したいのかを考えてプランを決めるようにしましょう。

マカオのレンタルWiFiは現地でレンタルできる?

今のところ現地でWi-Fiをレンタルできるサイトはなく、空港でWi-Fiをレンタルすることはできないようです。

日本人以外向けのサービスをしているレンタルWi-Fiサービスはあるかもしれませんが、そこからWi-Fiをレンタルするんはかなり難しいと思われます。

街中にもWi-Fiをレンタルしてくれるショップがあるかもしれませんが、どちらの場合も英語もしくは中国語での対応になると思うので、かなり難易度は高いと思われます。

また、レンタルWi-FiではなくSIMカードを購入する方法もあります。空港やフェリーターミナル、街中のコンビニなどで購入する事ができます。

SIMカードを利用する場合、設定をしてもらえる場合もありますが、自分で設定をしないといけない場合があります。また、日本で使っているSIMカードを自分自身で保管しておかないといけません。事前にSIMロックを日本でいる時に解除しておく必要もあります。

金額的にはSIMカードの方が安いこともありますが、英語や中国語が苦手で、SIMカードの管理も不安な方は事前に日本からレンタルWi-Fiしていくのが良いでしょう。

マカオの現地のフリーWiFi情報

マカオはフリーWi-Fiが充実しています。空港・フェリーターミナル・ホテル・カフェなどにフリーWi-Fiが設置されています。また、カジノにもフリーWi-Fiが設置されている場合もあります。

また、マカオ政府が開始したサービスでWiFi GOというものがあり、博物館や世界遺産などに設置されている200以上のフリーWi-Fiスポットを利用する事ができます。

WiFi GOの場合は、店舗などの営業時間のみしか接続できません。また、多くの人が利用するため通信速度が遅かったり、接続が切れてしまう場合もあるので注意です。

1日くらいの滞在であればフリーWi-Fiのみでも問題ないと思います。

マカオのレンタルWiFiの注意点

マカオでレンタルWi-Fiを使う場合、盗難や破損には注意しておかなければなりません。

マカオは基本的に治安が良く、夜でも一人で出歩けるくらいですが、気を抜いているとスリなどにあってしまう可能性もあります。観光地の場合、人が多いこともあるので、その時に破損などの危険もあるので注意しておきましょう。

また、逆に治安が良いためカフェやレストランなどで、レンタルWi-Fiをテーブルに出して、それをそのまま忘れてしまう可能性もあります。海外の場合、忘れ物や落とし物は基本的に帰ってこないと思っていた方がいいので、Wi-Fiの管理には注意をしておきましょう。

マカオのレンタルWiFiまとめ

マカオは政府がサービスをしているフリーWi-Fiもあり、マカオ全体でフリーWi-Fiは充実しており、1日や半日のみの滞在であればフリーWi-Fiのみで問題ないでしょう。

ですが、フリーWi-Fiのみの場合接続が不安定な場合や、電波が弱くサクサク通信ができない時もあります。

日本からレンタルWi-Fiをレンタルしていくと、そのような不安もなくなり、心配なく旅行を楽しむ事ができるので、Wi-Fiをレンタルしていき旅行を楽しみましょう。

この記事をかいた人

creive編集部

creive(クリーブ)編集部です。世の中に存在する"クリエイティブ"なものごとを、"アーカイブ"していきます。