Search Console (サーチコンソール)の登録・使い方完全マニュアル

「Googleサーチコンソールに登録したけど、何ができるの?」

そんな悩みを持っているWebサイト制作者、担当者の方もいると思います。

Google Search Console(サーチコンソール)は、Webサイトの運用や成長において必ず登録しておくべきです。
しかし、Googleアナリティクスのように、PVやUUなどのわかりやすい指標と数値が見れるわけでもなく、むやみに触るのも怖いという人もいたりと、登録したはいいものの、あまり活用しきれていない人が多いのも事実です。

そこで今回は、Googleサーチコンソールを使いこなせるようになるために、登録方法や機能の解説、使い方などをご紹介します。



Googleサーチコンソールとは

Googleサーチコンソールは、Googleが公式で提供するウェブ担当者・管理者のためのツールです。無料で利用することができます。
Googleサーチコンソールに登録することで、自分のサイトの状態や、Googleにどのように認識されているのか、外部リンク&内部リンク、サイトパフォーマンス、そしてGoogleからの警告など、サイト運営において重要な情報を見ることができます。

また、Googleアナリティクスでは(not provided)となって見ることができない、Google検索エンジンにおける検索クエリ(流入キーワード、クリック率など)も分かるので、サイトの集客をアップさせたり、SEOにも役立ったりもします。

例えば、Googleサーチコンソールを使用していない場合、サイトマップをGoogleに認識させることができなかったり、Googleからの警告に気づかずに、最悪ペナルティを受けるなどといったリスクも発生したりします。

そのため、サイトをうまく伸ばしていくためにも、Googleサーチコンソールへの登録は必須と言えます。
もし、まだ登録していない人や、登録したものの放置している人がいれば、下記を参考にちょっとづつ使いこなしていきましょう。

Googleサーチコンソールの登録方法と使い方

それでは、Googleサーチコンソールの登録方法について説明します。

1.Googleアカウントでログインする

まずは、Googleサーチコンソールのページに行って、お持ちのGoogleアカウントでログインします。
(アカウントを持っていない場合は作成しましょう。)


ウェブマスター – Google

2.サイトのドメインを入力する(ドメインプロパティ・URLプレフィックス)

ログインすると、Googleサーチコンソールのスタート画面が表示されます。
下のほうにあるフォームに、導入したいWebサイトのドメインを入力しましょう。

入力するところは

  • ドメインプロパティ
  • URLプレフィックス

の2種類あります。

<URLプレフィックス>

従来からあるSearch Consoleのプロパティ登録方法でプロトコル、サブドメイン、パスなどを分けて登録し管理することができます。
サブドメインやディレクトリーに異なる内容を取り扱うサイトを運営していたり、ホームページとブログを分けて見たい場合はURLプレフィックスが有効的です。

<ドメインプロパティ>

サブドメインを含むトップドメイン以下サイトをまとめてプロパティとして取り扱います。
httpとhttpsもまとめて一つのプロパティとして取り扱うことができ、ウェブマスター公式ブログにもドメインプロパティの利用が推奨されています。

URLプレフィックスはサイト所有の確認方法が

  • HTML ファイルをアップロード
  • HTMLメタタグを<head>タグ内に設定
  • DNS レコード
  • Google アナリティクス トラッキング コード
  • Google タグ マネージャー コンテナ スニペット

と選択肢がありますが、

一方ドメインプロパティはサイト所有の確認方法が、DNSレコードでしか確認できず、DNSレコードはサーバー関係をいじることになるので不安な人はURLプレフィックスがおすすめです。

3.サイトの所有権を確認する

<ドメインプロパティ>

DNSレコードの設定は使用しているしているDNSプロバイダーによって設定方法が変わってきます。(基本的にすることはどのプロバイダーでも一緒です。)

ドメイン名プロバイダーで確認できなかったり、うまくいかなかった場合は「URLプレフィックス」で試してみましょう。

<URLプレフィックス>

「おすすめの方法」「その他確認方法」という2つのタブがあり、自分のやりやすい方法で確認をとることができます。

Googleが推奨するおすすめの方法は、指定されたファイルをFTPなどを使い、指定の場所にアップロードする方法です。
アップロードが完了した後に、正しく行われたかどうかの確認を行い、問題なければ確認ボタンを押すことで所有権を紐付けることができます。

もし、Googleアナリティクスのトラッキングコードなどが既にサイトに埋め込まれていれば、すぐに確認をとることもできます。

どの方法でも、正常に確認がとれれば問題ありません。

以上のステップが正常に終了すれば、Googleサーチコンソールの登録が完了します。

詳しい所有権の確認方法はSearch Consoleヘルプをご参照ください。

ちなみに・・・
1番簡単な確認方法は「Google Analytics」
Google アナリティクスのアカウントコードをサイトに登録しておくと自動的に所有権を確認してくれます。
サーチコンソールに登録する前にGoogle アナリティクスに登録しておくと簡単です。

サイトマップを登録する

次にサイトマップの送信&登録を行います。サイトマップとは、Webサイトのページ構成を伝えるファイルのことです。サイトマップを作成し、送信することで、Googleのウェブクローラーがサイトを正しく巡回できるようになります。

1.サイトマップを作成する

まずは、サイトマップ自体を作成しなければなりません。
あなたのWebサイトがWordPressを使用しているのであれば、Google XML Sitemapsなどのプラグインを利用すれば、簡単に作成することができます。

もし、WordPressを使用していなくても、下記のツールなどを使用すれば自動で作成することができます。
サイトマップを作成-自動生成ツール「sitemap.xml Editor」

2.サイトマップをGoogleサーチコンソールに追加する

サイトマップを作成したら、Googleサーチコンソールにサイトマップを追加します。

左のサイドバーメニューから、クロール > サイトマップを選択してください。
すると、サイトマップのページが開くので、右上の「サイトマップの追加/テスト」ボタンをクリック。

下記の赤枠部分にサイトマップのURL(/sitemap.xmlなど)を入力し、「サイトマップを送信」ボタンをクリックします。

サイトマップの作成と送信については「サーチコンソールからサイトマップを送信する方法【サイトマップ作成・登録方法伝授】」でも詳しく説明しています。

以上で、最初の設定については完了です。
次は、主な機能や活用方法について説明します。

これだけは知っておきたい!Googleサーチコンソールの便利機能と活用方法

Googleサーチコンソールには非常にたくさんの機能がありますが、ここでは最低限知っておきたい便利機能と、その活用方法について説明します。

検索パフォーマンス

検索パフォーマンスでは、ユーザーがどんなキーワードで検索して、そのうちどれだけクリックされたかなどを見ることができます。上記でも少し触れましたが、Googleアナリティクスでは、Google検索エンジン経由のキーワードは「(not provided)」となっており、正確に知ることができません。

しかし、Googleサーチコンソールの検索パフォーマンスを見れば、100%正確ではないもの、どんなキーワードで流入があったかを知ることができます。

①「検索キーワード」はユーザーがGoogle検索エンジンで入力したキーワード
②「クリック数」は、①で表示されたうち、何回クリックされたか
③「表示回数」は、①の検索結果で、あなたのサイトの特定ページが表示された回数
④「CTR」は、クリック数が表示回数のうちの何%か
⑤「掲載順位」は、期間内にあなたのサイトの特定ページが平均何位の位置にインデックスされていたか

検索パフォーマンスでは、上記のような非常に重要な情報を知ることができます。
例えば、狙っているキーワードで表示されているものの、掲載順位の割にCTRが著しく低い場合は、タイトルタグかディスクリプションタグを改善してみると、数値アップにつながる可能性が高いです。
サイトのページ数が増えれば増えるほど、検索クエリの数は多くなりますが、定期的に見直して、メタタグの調整を行うことで、サイトへの流入数も増えていくことでしょう。

参考:サーチコンソールを利用して、検索クエリを見る方法をご紹介します

サイトへのリンク

検索トラフィック > サイトへのリンクは、どんな外部サイトからリンクされているのかが分かります。いわゆる、被リンクのことで、コンテンツの質を高めて、ナチュラルリンクをたくさん集めていけば、SEOでの価値も高めることができます。

反面、危険なサイトや明らかに怪しいサイトなどからリンクがある場合は、SEOにマイナスな影響がでたり、最悪の場合ペナルティを課される場合もあるので、定期的にチェックしておくと良いでしょう。

もし、マイナスになりそうなリンクがあれば、否認ツールを使って、リンク否認を行いましょう。

インデックス(カバレッジ)

インデックス > カバレッジからは、検索結果へあなたのサイトがどれだけインデックスされているかが確認できます。

何も問題がなければ、表示されませんが、赤の警告が出ていたりする場合はなにかしらの問題がある可能性があります。

例えば、サイトマップが正常に登録できていなかったり、ペナルティなどを課されているかもしれないので、その時はそれぞれ確認してみましょう。

モバイルユーザビリティメニュー

モバイルフレンドリーではない状態がサイト内に見つかるとレポートに表示されます。
グラフに赤の棒線があるとサイト内に何らかのモバイルユーザビリティーに関するエラーがあり

  • テキストが小さすぎて読めない
  • クリック可能な要素同士が近すぎる
  • コンテンツの幅が画面を超えている
  • モバイルページに互換性のないプラグインを使用している
    など

様々なエラーを発見すると詳細の欄に表示されます。

該当ページのURLも知ることができるので修正したら検証をリクエストしてエラーを解消することができます。

URL検査ツール

WebサイトがGoogle上でどう認識されているかを調べることができるツールです。

特定のURLを入力すると

・現在のインデックス状況をチェック
・モバイルフレンドリーかどうか
・サイトマップに該当しているかどうか
・前回のクロール

などの情報を知ることができます。

Fetch as Google(インデックス登録)も「検索検査ツール」でできる

クロール > Fetch as Googleからは、Googleのクローラーがどのようにサイトの情報を取得しているのかや、インデックスを促進させることができます。
例えば、新規ページを作成した場合や、リリースしたばかりのサイトなど、クローラーにできるだけ早く巡回してもらい、インデックスさせたい時に使用します。(要求したからといって必ずしもすぐにインデックスされるわけではありません。)

※残念ながらFetch as Googleは2019年3月28日を持ってサービスを終了してしまいました。

ここでは新しいサーチコンソール「検索検査ツールを使用したインデックス登録方をご紹介します。(Fetch as Googleと同じような機能ですが、公式サイトによると別の機能のようです。)

画像の赤枠部分に任意のURLを入力すると

などの情報を確認することができます。

画像の赤枠のように「インデックス登録をリクエスト」というボタンをクリックします。

すると・・・

このような画面が出てきて1〜2分(もう少しかかっている気がする)待った後に

「インデックス登録をリクエスト済み」と出てきたら終了です。

以前のFetch as Googleよりも時間がかかることが難点ですが、
これでFetch as Googleのようにインデックス登録のリクエストをすることができます。

レンダリングについては、下記のページが参考になります。
Google ウェブマスター向け公式ブログ: Fetch as Google でページをレンダリングできるようになりました

まずは使ってみよう

他にも、いくつかの機能が備わっており、また今後もアップデートされていくと思いますが、メインとして見ておきたい情報は以上です。
ただ、サイトによって、注視すべき部分は違うので、あくまでも一般的な例としてお考え下さい。

GoogleサーチコンソールはGoogleアナリティクスと比べ運用が疎かになりがちですが、しっかりと活用することでサイトをより良くするヒントを見つけることができます。

【下記の記事も参考に】









この記事をかいた人

穂積 かずゆき

creive編集長。ルノハ株式会社CEO。