ポーランドのレンタルWiFiおすすめを徹底比較【旅行・出張にも使える!】

ショパンの故郷であり、首都ワルシャワにたくさんの世界遺産があるポーランド。今日では、日本人観光客もたくさん訪れる国となりました。

観光を快適に過ごすために重要となってくるのはネット環境です。

今回は、ポーランドで使えるレンタルWiFi会社を6社紹介します。自分に最適なネット環境を見つけてみてください!



ポーランドのレンタルWiFiおすすめランキング

今回紹介する6社の各データ容量の、1日あたりの値段になります。

300MB 500MB 1GB 使い放題
グローバルWiFi 257円 357円(600MB) 457円(1.1GB) 544円
イモトのWiFi 790円 940円 1,190円
Wi-HO! 882円 1,024円 1,295円 1,895円
フォートラベル 247円 347円(600MB) 447円(1.1GB) 554円
ユーロデータ 880円 980円
jetfi 580円(350MB) 680円 1,280円

一般的に、レンタルWiFiを契約する際には、500MBを基準として契約する方が多いです。1日に、500MBあれば使いすぎない限り足りる容量です。

今回紹介している『グローバルWiFi』は、業界内でも最安値を争う会社

あまり渡航経験の無い方でどこを選んでいいか分からない方や、出来るだけ安く済ませたい方には非常にオススメのレンタルWiFi会社です。

次は会社ごとに特徴や少し詳しい値段を紹介します。

グローバルWiFi

公式サイト:グローバルWiFi

レンタルWiFiの会社と言えばなんといっても、『グローバルWiFi』です。こちらの会社の利用者は業界内でトップを誇ります。

グローバルWiFiのオススメポイントを紹介します。

おすすめポイント
  • 対応している国と地域が200以上あり、ほぼ海外のどこの国でも使うことが出来ます。
  • 容量無制限プランが73ヶ国に対応。
  • 1日あたりにかかる価格が、業界内トップクラスに安いため契約しやすい。
  • トラブル時のサポートも充実している。

渡航中に容量のプランを変更したい、追加したい時に24時間365日対応してくれるため、非常に快適に使用する事が出来ます。

こういったサービスの充実もあり、現在では業界内トップの人気になっています。

<受け取り可能な空港>

成田空港、羽田空港、関西国際空港、新千歳空港、中部国際空港などの空港を始めとする、全国16ヶ所の空港でWiFiを受け取ることが出来ます。

以下が簡単な料金表となります。

データ容量/日 料金/日
通常プラン 300MB 257円/日
大容量プラン 600MB 357円/日
超大容量プラン 1.1GB 457円/日
無制限プラン 無制限 544円/日

イモトのWiFi

公式サイト:イモトのWiFi

「世界の果てまでイッテQ」に出演されているイモトさんがPRのイメージキャラクターを務められているレンタルWiFi会社です。

イモトのWiFiのオススメのポイントを紹介します。

おすすめポイント
  • キャンペーンが豊富(現在は、イモトさんの結婚記念として50%オフを行っている。)
  • 30日間パックというキャンペーンがあり、最大約40%オフになります。
  • イモトのWiFiは、額面上の値段は他社と比べて高いですが、割引キャンペーンを随時実施しています。

そのため、キャンペーンによってはどこよりも安く契約することが出来ます。

<受け取り可能な空港>

成田空港・羽田空港・中部国際空港・新千歳空港・関西国際空港・福岡空港で受け取ることが出来ます。

以下が簡単な料金表となります。

データ容量/日 料金/日
大容量 500MB 790円/日
ギガ 1GB 940円/日
無制限 使い放題 1,190円/日
30日 500MB 30,300円

Wi-Ho!

公式サイト:https://www.wi-ho.net/

レンタルWiFi会社として、25年以上続いている歴史のある会社です。そのため、トラブルへの対処もしっかりしており、安心して使用することが出来ます。

Wi-Ho!のオススメのポイントを紹介します。

おすすめポイント
  • キャッシュレスで契約すると5%還元するキャンペーンがあります。
  • 安心保証、モバイルバッテリー、自動翻訳機といったオプションが充実しています。
  • 総額3,000円以上契約すると、送料無料で自宅までレンタルWiFiを届けてくれます。

受け取り可能な空港

成田空港、羽田空港、関西国際空港、新千歳空港、中部国際空港、松山空港、福岡空港の6空港で受け取ることが出来ます。

以下が簡単な料金表となります。

データ容量/日 料金/日
通常プラン 300MB 882円/日
大容量プラン 500MB 1,024円/日
1ギガプラン 1GB 1,295円/日
無制限プラン 使い放題 1,895円/日

フォートラベル

公式サイト: https://4travel.jp/wifi.html

今回紹介するレンタルWiFi会社の中でも、1日当たりにかかるお金が一番安いといってもいいのがこちらの『フォートラベル』です。

フォートラベルのオススメのポイントを紹介します。

おすすめポイント
  • 全国18ヵ所の空港や港で受け取り、帰国時に返却することが出来ます。
  • 契約したり、現地でWiFiを利用すると、マイルにも交換できるポイントを取得できます。

受け取り可能な空港

成田空港、羽田空港、関西国際空港、中部国際空港、福岡空港、鹿児島空港など全国10ヶ所の空港で受け取ることが出来ます。

以下が簡単な料金表となります。

データ容量/日 料金/日
通常プラン 300MB 247円/日
大容量プラン 600MB 347円/日
超大容量プラン 1.1GB 447円/日
無制限プラン 無制限 554円/日

ユーロデータ

公式サイト:ユーロデータ

ユーロデータは、ヨーロッパのWiFiの回線に特化した会社です。

ユーロデータのオススメのポイントを紹介します。

おすすめポイント
  • 早期契約で10%オフで契約が出来ます。
  • リピーター特典として、10%特典があり早期契約と組み合わせて20%オフで契約することが出来ます。

以前もこの会社で契約された方であれば非常にオススメです。

受け取り可能な空港

成田空港、羽田空港、関西国際空港、中部国際空港で受け取ることが出来ます。

以下が簡単な料金表となります。

データ容量/日 料金/日
4G大容量 500MB 880円/日
4G完全無制限 無制限 980円/日
4G大容量1ヶ月プラン 500MB 21,000円

jetfi

公式サイト: https://www.jetfi.jp/wifi/

高速かつ大容量プランもあり、値段も安いという会社がこちらの『jetfi』になります。

jetfiのオススメポイントを紹介します。

おすすめポイント
  • 世界28ヶ国の国で無制限プランを契約することが可能。
  • 全国約50,000ヶ所で受け取ることが出来るため、自分が受け取りたい場所を選ぶことが出来ます。
  • 30日以上の滞在なら最大64%オフのキャンペーン実施中。

<受け取り可能な空港>

成田空港、羽田空港、関西国際空港、中部国際空港、鹿児島空港など全国10ヶ所の空港で受け取ることが出来ます。

以下が簡単な料金表となります。

データ容量/日 料金/日
4G 350MBプラン 350MB 580円/日
4G 500MBプラン 500MB 680円/日
4G 1GBプラン 1GB 1,280円/日

ポーランドのレンタルWiFiを選ぶポイント

ポーランドに行く際に、契約するレンタルWiFi会社を選ぶポイントは、いくつかあります。

今回は、回線速度、価格、容量の3つに絞ってポイントをまとめます。

回線速度

1つ目に重要となって来るのが回線速度です。

現在日本では4Gが一般的です。そのため、日本にいる時と同じ様にネットを使いたいという方は、4Gの回線を契約しましょう。

「ポーランドで動画は見ない!」という方や、「検索が出来ればいい」という方であれば3Gを契約してもいいかもしれません。

しかし、海外ではなにが起こるか分からないので、4Gを契約することが無難ですね。

価格

契約する時の2つ目のポイントは価格です。

契約する会社によっては少ない容量は、他の会社と比べ価格が安く設定されていたり、価格は高いですが、データ容量が多く、たくさん利用できる会社などの特徴があります。

もし、ネットは検索などでしか使わないという方であれば、『グローバルWiFi』をオススメします。

上記で紹介した表でも分かる通り、価格が他社と比較しても格段に安く設定されています。

容量

3つ目のポイントはデータの容量です。

データ容量とは、ネットに繋ぐことの出来る大きさを表します。現在レンタルWiFi業界では、1日500MBを基準としています。

500MBというデータ量は、「YouTubeを約40分間視聴」「Webサイトを3,333ページ閲覧」をすることが可能な容量となります。

もし、1日でこれ程使わないという方は500MBで十分です。

それに対して、「容量を気にせず使いたい」、「海外でも動画サイトをたくさん見たい」という方は、それ以上の1GBなどを契約しましょう。

レンタルWiFi会社によっては、データ無制限というパックが存在します。

たくさん使いたい方や、複数の機種をネットに繋ぎたいという方は、こちらもオススメのプランです。

ポーランドのレンタルWiFiは現地でレンタルできる?

ポーランドのレンタルWiFiは現地で契約出来ます。

しかし、現地の会社で契約するとなると言語などの面で少し煩わしく感じてしまいますし、トラブルの際に手続きが面倒になります。

もし、現地のWiFiを契約したいという方は、ポーランドの銀行口座が必要となることが多いです。

したがって、ポーランドでネット環境を整えたいという方は、日本で容量や期間、価格等を吟味して、日本で契約してから出国することをオススメします。

日本の会社であると24時間365日カスタマーセンターが営業している場合がありますので、時差も関係なく電話することが出来ます。

ポーランドの現地のフリーWiFi情報

ポーランドは、日本に比べてフリーWiFiがある場所が多いです。観光客の方が使う機会が多い、

ワルシャワ空港ワルシャワ中央駅にも24時間フリーで使用できるWiFiがあります。

カフェやレストランにもWiFiが設置されていて、無料の場所もあります。

有料の場合は、店員の方に声をかけて利用するという形になっているので是非、利用してみてください。

ポーランドのレンタルWiFiの注意点

レンタルWiFiの注意点を2つ紹介します。

まず一つ目は、「通信可能エリア」というものがある会社があります。

この通信可能エリアとは、大都市圏であると使用できますが、少し田舎の方になると使えなくなる可能性があります。

こちらはレンタルする機種によって異なります。その為、宿泊する場所が、通信可能エリアである等の確認を行ってから契約しましょう。

二つ目は返却日の設定についてです。

レンタル期間は、ほとんどの会社が、「レンタル開始日は、WiFiを受け取った日」「レンタル終了日は、WiFiを返却した日」となっております。

あまり経験の無い方は、渡航先を出国する日に設定してしまうことが多いです。そうしてしまうと、返却日を過ぎた形となり、お金を余分に払わないといけません。

したがって、帰国する日に返却日を設定しましょう。

ポーランドのレンタルWiFiまとめ

ポーランドに行く際には、自分がどれだけ使うかをまず考えましょう。

その結果、ポーランドであまり使わないという方は、『グローバルWiFi』がオススメです。少ない容量であれば非常に安く契約することが出来ます。

日本にいる時と同じように動画を見たりしたい、たくさんの機種をネットに繋ぎたいという方には、『イモトのWiFi』や『WI-Ho!』も選択肢に入れても良いかも知れません。

こちらの二つの会社は、オプションや割引制度が充実しているため、結果的に安く済むことがあります。

ポーランドに行かれる際には、事前にしっかりと契約して快適なネット環境を整えていくことをオススメします!