歯科衛生士のフリーランスとはどんな働き方?詳細情報を徹底解説!

最近何かと話題になっているフリーランス。いろいろな職業でフリーランス化する方が増えてきました。

それは歯科衛生士の世界でも同じです。ただ、

  • フリーランスになるにはどうすればいいの?
  • フリーランスになっても稼げるの?

周りにフリーランスになった人がいないと不安になるばかり。今回は歯科衛生士のフリーランスについて詳しく解説していきます。

仕事の探し方や注意点も解説していくので参考にしてみてください。



歯科衛生士のフリーランスとは?

歯科衛生士とは、歯科医院で歯科医師の補佐を行ったり、歯科検診などの歯科予防の仕事に就く職業です。「手に職がつく」「妊娠・出産をしてから職場復帰がしやすい」などの理由から、特に女性に人気の高い職業となっています。

通常、歯科衛生士は歯科医院に勤めて、給料を貰います。ただ、最近はフリーランスとして活躍する歯科衛生士が増えてきました。

フリーランスってよく聞くけど、どんな働き方?

フリーランスとは、個人事業主として企業に所属しないで働く形態です。今までは、フリーランスというと「翻訳家」「作家」「プログラマー」など特定の技能をもった人たちだけがなっていました。

ただ、クラウドソーシングの発達や副業解禁などによって、フリーランスとして働ける領域が増えてきました。将来的には、特定の職業に限らずに、個人で仕事をとって働く人が増えていく可能性が高いですね。

個人事業主は起業とは違うのか

フリーランスは個人事業主という立場です。

よく、個人事業主と企業を混同する人がいますが、両者は同じものではありません。個人事業主は、自分で会社をもつことはありません。

個人名義で仕事をとっていきます。これに対して、起業は会社をつくって、法人名義で仕事をとっていきます。個人で仕事をしていても、企業をつくって仕事をしている場合は「起業」扱いになります。

なぜ、いまフリーランスが人気なのか?

いま、フリーランスが人気な理由として、「自由な働き方」が挙げられます。これまでの仕事は、会社に出勤して、上司や同僚と一緒に仕事をするという形式が大半でした。お世辞にも、すべての仕事、企業で生産性の高いことが行われているわけではなく、どうしょうもない人間関係にうんざりしてしまう人が多いことが、フリーランス人気に拍車をかけていると言えます。

これ以外にも、フリーランスが人気な理由は多くあります。それぞれ確認していきましょう。

自分の頑張りに合わせて評価される

フリーランスの仕事は、自分の頑張りに合わせて評価されます。

自分が作業した分だけ報酬が上がるのです。企業勤めのサラリーマンの場合、毎日の仕事をとても頑張ったとしても、それが給料に反映されることはほとんどありません。1年後に、少しだけ給料が上がる程度です。自分の作業量に応じて高い報酬を得たいのあれば、フリーランスとして働くほうが稼げることもあります。

クライアントと対等な関係性

フリーランスは、クライアントと対等な関係性をもちます。どちらが上で、どちらが下という見方はあまりされません。

これは、クライアント側も「外注」としてフリーランスに仕事を依頼する立場なため、あまり横柄な態度がとれないのです。これが、サラリーマンの場合だと、主要取引先から対等な扱いを受けないこともあります。自分のスキルに自身がある場合は、案件の値上げ交渉も可能です。

人間関係のストレスが減る

フリーランスとして働くと、基本的に「自分ひとり」で働くことになります。何をやるにしても、自分で準備をしなくてはなりません。

ただその一方で、自分のやりたいことに多くの時間を割くことも可能です。不毛な会議や社内での縦関係など、人間関係のストレスを感じることもなくなります。周りの人間に左右されずに、自分がやりたいように仕事をしたい人にとって、フリーランスは最適な働き方です。

個人医院は高齢化による廃業がある

これは医療関係において想定されていることですが、今後、個人で運営されている医院は廃業になる可能性があります。

個人医院は、その多くが高齢の医師によって運営されています。跡継ぎがいない限り、個人医院は廃業になってしまうケースが多く、高齢化によってさらに拍車がかかってしまう可能性が高いです。

フリーランスの歯科衛生士の働き方

フリーランスの歯科衛生士として働くケースは、実に様々なケースが該当してきます。それぞれ、内容を確認していきましょう。

歯科衛生士業務

まず挙げられるのが、メイン業務である歯科衛生士業務です。歯科衛生士業務は、歯科医院にくる人たちへの予防歯科の指導や定期的な歯科検診、学校への出張検診など予防歯科に関する業務全般を担います。

オペの介助

次にあげられる業務がオペの介助です。医師の世界でも、手術の際に看護師が手術の補助につきますが、歯科医院では歯科衛生士がオペの補助につきます。歯科医師がスムーズに手術を進められるよう、サポートしていきます。

歯科医院のスタッフ育成

歯科医院には、新人の歯科衛生士がどんどん入ってきます。仕事経験のない新人スタッフを一人前の衛生士に育成するのも、重要な業務です。自身の経験を活かして、技術的な部分からマインド的な部分まで細かく指導していきます。

歯科医院の経営力強化

歯科医院は基本的に、運営者である歯科医師が経営にあたっています。ただ、規模の大きい歯科医院になると、歯科医師のみでは回せなくなることも生じてきます。そんなとき、歯科衛生士が経営の補助に入ることもあります。具体的には、歯科医院の運営方針の決定、マーケティング、経理などの事務仕事などが挙げられます。

講演・セミナーの開催

有名な歯科医院になると、講演やセミナーを開催することもあります。講演、セミナーを開催するときは、集客や会場の確保、宣伝など意外とやることが多いです。これらの仕事を歯科衛生士が担って、講演・セミナーを切り盛りしていきます。

執筆業

歯科衛生士が、自身の経験を踏まえて、それを記事や書籍にして売り出すこともあります。最近はクラウドソーシングの発達に伴って、執筆業に取り組む歯科衛生士も増えてきています。

歯科衛生士のフリーランスの収入はおよそ3倍

歯科衛生士のフリーランスの収入は、勤務する歯科衛生士のおよそ3倍ほどになるケースが多いです。

というのも、歯科医院に勤務する歯科衛生士の場合、平均年収が全体で342万円ほどとなっていて、他業界と比較すると低水準にあるためです。フリーランスになれば、収入は青天井になるので、これまでの給料にとらわれない収入を得ることができます。もちろん、すべてのフリーランスが収入アップできるわけではありません。仕事をとりにいって、積極的に動いたフリーランスが収入をアップさせるということです。

歯科衛生士のフリーランスは業界の約5%

歯科衛生士のフリーランスは、業界全体で見ると約5%ほどしかいません。

まだまだ、フリーランスとして働く歯科衛生士は少数派であることが分かりますね。ただ、他の業界でもまだまだフリーランスとして働く人は少数派なので、歯科衛生士の世界に限ったことではありません。

仕事の需要はあるのか

フリーランスの歯科衛生士の需要は、実際のところあります。というのも、現代の日本では、歯科医院はコンビニの店舗数よりも多いといわれるほどで、それに伴う歯科衛生士の需要が発生し続けているのです。「フリーランスの歯科衛生士になると、仕事がなくなるのでは」と心配する人もいると思いますが、その心配はほとんどありません。

仕事の取り方

フリーランスの歯科衛生士が仕事を取りに行くには、まずは歯科医院に「フリーランスとして雇って欲しい」と交渉するところからです。直接、歯科医院に問い合わせるのもいいですし、フリーランス専門の求人サイトを利用するのもよいでしょう。交渉力に自身がある人、実績を積んでいる人は、直接交渉した方がよい条件で仕事を受注できるケースが多いです。

海外の歯科衛生士はほとんどがフリーランス

これはあまり知られていないのですが、海外の歯科衛生士のほとんどはフリーランスです。海外、特にアメリカやヨーロッパは日本よりもフリーランス志向が強く、歯科衛生士のような技能職は、そのほとんどが「フリーランス」という働き方を選択します。資格を就職に活かすという考え方は、日本独特なものと言えますね。

フリーランスの歯科衛生士を利用するのは歯科医院、医院長

フリーランスの歯科衛生士を利用するのは、個人の歯科医院や大きな歯科医院の医院長です。自分のそばに置いておく専属の歯科衛生士という位置づけで利用する人が多いですね。雇われの歯科衛生士の場合、その衛生士を自分専属するのは難しいので、フリーランスという形で、自分の右腕にするケースが大半です。

歯科衛生士のフリーランスにおすすめの案件の探し方

フリーランスの歯科衛生士として働きたいと考えたときに、「交渉力に自身がない」「はじめてフリーランスとして働く」という方は、専門の求人サイトの利用をおすすめします。求人サイトを利用すれば、フリーランスを探している歯科医院をすぐに見つけることができるので、自分で交渉する手間が省けます。今回は、数ある求人サイトの中から

の5つをご紹介していきます。

ジョブメドレー

公式サイト:ジョブメドレー

ジョブメドレーは、歯科衛生士の求人サイトで、利用者満足度96%を誇っています。「残業なし」「育児支援あり」「賞与あり」など自分の希望に合った求人を見つけることができるため、利用者から好評です。

また、事業者から直接スカウトがくるシステムになっているため、自分から動かなくても求人を見つけることができます。今の仕事が忙しくて、なかなか転職活動に時間をさけない方にもおすすめの求人サイトです。

ファーストナビ歯科衛生士

公式サイト:ファーストナビ歯科衛生士

ファーストジョブ歯科衛生士は、ハローワークが公開していない非公開求人を多く集めた求人サービスです。歯科衛生士をはじめとして、歯科衛生士資格を取得予定の学生に対しても求人を出しています。現在、仕事をしながら学校に通い、歯科衛生士の資格取得を目指している方でも利用することができます。

歯科転職ナビ

公式サイト:https://shika-tenshoku.com/

歯科転職ナビは、歯科衛生士など歯科関連の転職求人を専門に扱う求人サイトです。歯科専門アドバイザーが、転職をサポートしてくてるため、はじめて転職する方でも安心して利用することができます。公開されている求人数は7,000件以上で、「賞与あり」「土日休み」「残業なし」など優良求人を多数揃えてています。

シカカラDH求人

公式サイト:シカカラDH求人

シカカラDH求人は、歯科衛生士専門の仕事紹介サービスです。求人を公開するのみでなく、求人に応募した後のヒアリング、面接設定まですべて専属のキャリアアドバイザーが行ってくれます。好条件の求人、非公開求人も扱っており、歯科衛生士の転職に特化したサイトと言えます。

dスタイル

公式サイト:dスタイル

dスタイルは、歯科関連の求人に加えて、歯科にまつわる様々な情報を集めた歯科総合サイトです。求人に関しては、無料でキャリアサポートを受けることができ、専任アドバイザーが転職活動をサポートしてくれます。応募書類の作成や面接のアドバイスも受けることができ、転職初心者の人でも安心して利用可能です。

フリーランスの歯科衛生士になるための4つの心得

フリーランスの歯科衛生士になるにあたって、以下の4つの心得をもつことが大切です。

  • 主体的に動く
  • 仕事に誇りをもつ
  • 結果を残す
  • 人脈を築く

それぞれ詳細を確認していきましょう。

主体的に働く

まず、フリーランスとして働く絶対条件が「主体的に動く」ことです。フリーランスは、自分で仕事をとりにいかないと収入が得られません。会社員であれば、日々の業務さえこなしていれば収入が発生します。フリーランスの場合、常に新しい仕事をとっていかないと、お金を得ることができないのです。そのため、自分で主体的に動いて、仕事を取りに行く姿勢が求められます。

仕事に誇りを持つ

次に大切なことが、「仕事に誇りを持つ」ことです。フリーランスの商品は「自分自身」です。自分の仕事が商品となるため、自分の仕事に誇りを持たないと、自分の価値が磨かれていきません。自身過剰になることとはまた違いますが、誇りを持って仕事をすることで、おのずと仕事のクオリティも上がっていきます。

結果を残す

フリーランスが仕事をとりに行くうえで大切になるのが「結果を残す」ことです。クライアントは、フリーランスの実績を見て、依頼するか否か決めていきます。結果を残しているフリーランスとそうでないフリーランスがいたら、圧倒的に前者を選ぶクライアントが多いです。次の案件につなげるために、毎回の仕事で結果を残していくことは非常に大切になります。

人脈を築く

フリーランスは、クラウドソーシングや転職サイトを使って案件を取りにいくケースが多いですが、経験を重ねたフリーランスほど「直接依頼」を受けています。これは、仕事をしていく中でうまく「人脈を築く」ことで可能になってきます。人脈を築けば、仕事の依頼を優先的に受けることができ、こちらが動かなくても仕事が集まってくるようになります。

フリーランスの歯科衛生士はどんな人が向いてる?向いていない?

フリーランスの歯科衛生士には、向いている人とそうでない人がいます。自分がフリーランスの歯科衛生士に向いているかどうか、これから出していく項目と照らし合わせてみてください。

フリーランスの歯科衛生士が向いている人

フリーランスの歯科衛生士に向いている人の特徴は

  • スケジュール管理が苦でない人
  • 金銭管理ができる人
  • 生活にオンとオフの切り替えが欲しい人
  • 日々の努力ができる人

となります。それぞれ詳細を見ていきましょう。

スケジュール管理が苦でない人

フリーランスになると、スケジュールの管理をすべて自分で行っていくことになります。自分の仕事は自分で管理するのが基本になるので、こまめに管理するのが得意な方は、フリーランスに向いてますね。

金銭管理ができる人

フリーランスの収入は、サラリーマンなどの勤め人と比べると、安定しないことが多いです。よって、毎月同じ金額の収入が得られるとは限りません。金銭管理をまめに行える人でないと、生活のやりくりに圧迫されてしまう可能性があります。

生活にオンとオフの切り替えが欲しい人

フリーランスとして働くと、仕事をするときは思いっきり仕事をする、休みのときは存分に休むなど、日々の生活にオン・オフをつけることができます。自分の仕事量に応じて収入が決まってくるため、仕事における無駄な時間がなくなります。勤め人だと、会社の付き合いや不毛なミーティングなど、自分の収入アップにつながらないことに時間をとられがちです。この点、フリーランスであれば、自分の収入に直結する仕事に注力できるので、生活のオン・オフの切り替えもしやすいですね。

日々の努力ができる人

フリーランスは、自分自身を商品として売り込むことになります。したがって、自分を磨く努力ができる人は、フリーランスとして結果を残しやすいです。受け身で仕事を受け続ける人、自分磨きの努力を怠る人は、フリーランスとして働くことには向いていないですね。

 フリーランスの歯科衛生士が向いていない人

次に、フリーランスの歯科衛生士に向いていない人の特徴を見ていきましょう。

スケジュール管理ができない人

スケジュールを自分で管理できない人は、フリーランスとして結果を残すのは正直難しいです。納期通り、仕事を終えることはフリーランスとして最低限守らなければいけないことなので、スケジュール管理がなおざりになると、クライアントから安定して案件を得ることが難しくなってきます。

話し合いや相談が苦手な人

フリーランスは、「個人事業主」という扱いなため、クライアントと直接交渉したり、話し合ったりする場面が多くなります。よって、話し合いや交渉、相談が苦手な方も、フリーランスの歯科衛生士には向いていません。特に、歯科衛生士の場合は、医院長と細かくやりとりをすることになるので、コミュニケーションスキルは必須です。

フリーランスで成功して実績を残すためには?

フリーランスとして成功するためには、「実績」が必要になってきます。実績を残すためには、

  • 顧客満足度の向上
  • 患者が真に望んでいるものを先に読む
  • 認定歯科衛生士、ケアマネージャの資格

が必要になってきます。それぞれ、詳細を見ていきましょう。

顧客満足度の向上

顧客満足度の向上は、フリーランスが実績を残すために最も大切なことです。顧客であるクライアントが満足してくれれば、継続案件に繋がりますし、口コミが広がって、他の案件をゲットすることもできます。目の前のクライアントの満足度を最大限にすることが、フリーランスとしての実績に繋がっていくのです。

患者が真に望んでいるものを先に読む

歯科衛生士の顧客は、契約を結んだ医院、医院長以外に「患者さん」がいることを忘れてはいけません。

患者さんが望んでいることを先読みして、サービスを提供できれば満足度も高まってきます。毎回、流れ作業で仕事をするのではなく、常に先を見て仕事を組み立てていくことが、実績に繋がってきます。

認定歯科衛生士・ケアマネジャーの資格

認定歯科衛生士、ケアマネージャーの資格を得ることができれば、通常の歯科衛生士よりもクライアントからの信頼度が高まります。プラスアルファの資格を保有している人は、それだけ向上心があると認識されるためです。

また、認定歯科衛生士、ケアマネージャーの資格があれば、通常の歯科衛生士ができないような仕事も受注できます。

営業が軌道にのるまでは苦労する可能性も

フリーランスの歯科衛生士として働き始める人で、「単に会社勤め、医院勤めがイヤでフリーランスになった」という人は、大半が成功しません。というのも、フリーランスの歯科衛生士は、軌道に乗るまでに苦労する可能性が高いためです。

初期のフリーランスの場合、実績は「ゼロ」のため、なかなか案件を任せてくれるクライアントが少ないです。その中で、多少条件が悪い案件でも、受注せざるを得ない状態が続きます。初期のころは、下手をすると会社勤めのときよりも、生活が苦しく、自由な時間がないこともあります。この状態を乗り越える気概がなければ、フリーランスとして働くのはおすすめできません。

フリーランスの歯科衛生士としてのやりがい

フリーランスの歯科衛生士として働くと、勤め人では満たせないやりがいが手に入ります。これは、フリーランスならではのものと言えますね。それぞれ、詳細を見ていきましょう。

働く時間を調整でき、私生活を充足させられる

フリーランスの最大のやりがいは「働く時間を調整できて、私生活を充足させられる」点です。勤め人の場合、毎日決まった時間に出勤して、決まった時間に退社します。あくまでも、会社のスケジュールありきの生活になるため、私生活の充実度が会社によって左右されてきます。

これに対して、フリーランスであれば、働く時間を調整できるので、自分が思い描いたライフスタイルを実現しやすいです。それでいて、収入も得られわけですから、まさに理想的な働き方であると言えますね。

時間の切り売りでは得られない高い報酬

フリーランスは、一般的に「案件ごとの報酬」となります。よって、「時給、月給」という概念が存在しません。月給で給料を貰っているサラリーマンは、どんなに仕事を頑張っても同じ額しかもらえません。

残業をすれば「残業代」という形で上乗せされますが、それは本来の仕事に対する評価アップではなく、「時間」を基準にした考えです。サラリーマンだと、自分の仕事量が単純に給料には反映されないのです。これに対して、フリーランスであれば仕事量をこなせるようになれば、時給、月給という概念に縛られずに仕事をすることができます。効率的に仕事ができるようになれば、サラリーマンでは得られないような額も稼げるようになるのです。

まとめ:歯科衛生士は立派な技術職、もっと自由な働き方ができる

歯科衛生士は、他の技能職と同様、高い技術を要する職業です。今まで、歯科衛生士は「病院に勤めるのが当たり前」とされてきましたが、本来はもっと自由な働き方ができる職業なのです。フリーランスの歯科衛生士として働きたいと思っている方は、今回紹介した情報を参考にして、ぜひチャレンジしてみてください。









この記事をかいた人

creive編集部

creive(クリーブ)編集部です。世の中に存在する"クリエイティブ"なものごとを、"アーカイブ"していきます。