新築インターネット光回線おすすめまとめ|自宅に快適環境を作ろう

新築で自宅を持つ方で、インターネット回線はどうしようか迷っていませんか?

インターネット回線といっても今では、様々なサービスがあるのでどれを選んでよいのか分かりにくいですよね。

今回はそんな新築戸建ての方でインターネット回線でお困りの方に、おすすめの光回線サービスをご紹介したと思います。

初心者の方でも分かりやすいようにまとめてみたので、是非ともこれから契約しようと考えている方は参考にしてみてくださいね。

★この記事を読んで欲しい人
  • 新築建ての自宅にこれからインターネット回線を引こうとしている方
  • インターネット回線はどこを利用した方がよいのか分からない方
  • インターネット回線について、とにかく分かりやすく説明して欲しい方



新築のインターネット回線を決める上で重要なこと

新築のインターネット回線を決める前にその目的をハッキリとさせておかないことには、どの回線を使えばよいのか分かりません。

インターネット回線は様々なサービスがあるので、選び方として一番分かりやすいのはご自身の目的に合ったサービスを活用することですね。

ですのでまずは、どのような目的でインターネット回線を利用するのかここでハッキリとさせておきましょう。

以下からそれぞれインターネット回線の主な目的別におすすめのサービスをご紹介していますので、是非とも参考にしてみてください。

新築ネット回線の利用目的①:電話が必要

新築では固定電話が必要なので、インターネット回線を引く人も多いです。

中にはスマホのみで良いと考えている方も多いかもしれませんが、光回線などを利用するとアナログ回線比べてとても安く活用できるので大変おすすめですね。

地方の方でも最近は光回線で固定電話を利用している方も増えており、都会の方では当たり前のように光回線が使われています。

また、スマホと光回線がセットになった「auひかり電話」などを利用すると、auユーザーはかなり安い値段でサービスを利用することができるのでお得ですね。

新築ネット回線の利用目的②:テレビ(地デジ)が必要

今はほとんどの方が光回線でテレビを視聴されていますが、その多くが

  1. ひかりTV(ぷらら光が提供)
  2. フレッツ・テレビ(NTT東日本・NTT西日本が提供)
  3. ケーブルテレビ(有線で受信するサービス)

の3つを利用されています。

それぞれ特徴は違いますが、圧倒的に月額料金が安いのはひかりTV(ぷらら光)ですね。

ただ、利用する回線によっては見れるチャンネルが違うので好みにもよります。

新築ネット回線の利用目的③:回線はとにかく速いほうがいい

自宅のインターネット回線はとにかく「速さ」にこだわりたい!という方は、光回線サービスを利用した方がよいでしょう。

その中でもおすすめは「NURO光」ですね。

回線速度は業界の中でもトップクラスの速さで、月額料金も他社に比べて格段に安いのでコスパは最強。

自宅でストレスなくインターネットを利用したい方には、是非ともおすすめしたい光回線サービスです。

新築ネット回線の利用目的④:外でもネットを使いたい

自宅の中だけではなく、外出時もストレスなくインターネットを活用したい!という方には「モバイル回線」がおすすめでしょう。

モバイル回線とはレンタルWi-fiやポケットWi-fi等を指し、専用のWi-fiルーターさえあれば自宅のみならず外出時も自由にインターネットが利用できます。

おすすめのモバイル回線サービスは、「GMOとくとくBB」のWiMAXですね。

月額料金も3,000円前後で実質使える通信容量”無制限”でありながら、高速通信回線を実現しているのでストレスなく自宅の外でも利用できます。

インターネット回線の中では一番コスパが良いと言っても過言ではないのが「モバイル回線」なので、一人暮らしの方にも大変おすすめですね。

新築ネット回線の利用目的⑤:自宅に工事をしたくない

自宅に工事をしたくない!という方は前述した「モバイル回線」を利用するか、ソフトバンクが提供する「ソフトバンクエアー」もおすすめ。

ソフトバンクエアーはWi-fiルーターのことで、それをご自宅のコンセントに挿すだけでインターネットがご利用いただけます。

光回線のように工事の必要もなく設置工事費用もかからず、申し込みから最短で次の日にはインターネットが使えるようになるというサービスですね。

新築ネット回線の利用目的⑥:開通時の特典が多いほうがいい

インターネット回線サービスでは、それぞれお得な特典が用意されています。

特に光回線サービスでは、以下のような特典から選べるようになっているところが多いですね。

  • 現金(キャッシュバック)
  • プレイステーション4
  • ニンテンドースイッチ
  • iPad
  • 新品パソコン
  • Google Home

どれも魅力的な特典ですが、これらは光回線に契約するとどれか一つ得られることが出来るので、特典もサービスを選ぶ基準としては大事な要素ですね。

※ 上記の特典はあくまでも例です。(auひかりであれば、上記の特典全てに該当します。)

新築ネット回線の利用目的⑦:携帯とセットにして割引したい

光回線サービスではご使用の携帯がキャリアのどれかであれば、光回線とセットで利用することで「セット割」が適用されます。

「セット割」の特徴的には、お使いの携帯代金から毎月2,000円引きになる(auの場合)などですね。

上記はあくまで一例ですが、その他の光回線サービスでも対応しているところがあるので、ご契約前に確認してみてください。

新築ネット回線の利用目的⑧:その他のサービスとセットで割引したい

光回線サービスではお使いの携帯だけではなく、自宅の電気代などと一緒にまとめて一つの光回線サービスをご利用することで、適応される「セット割」もあります。

「スマホ代+電気代+ネット代」全てセットで一つの光回線サービスでお得に利用できるところもあるので是非ともそちらも検討してみてくださいね。

主にまとめて使える光回線サービスは、

などです。

光回線を利用する上で損しないために知っておきたい知識

インターネット光回線をご利用する上で損しないために、知っておいた方が良い予備知識として大事なことを以下にまとめてみました。

主に大事なことは6つあります。

  1. 光回線のほとんどが契約期間2〜3年縛り
  2. 契約期間中に解約すると違約金がかかる
  3. インターネット利用に申し込みから約1ヶ月かかる
  4. 携帯のセット割だとかなりお得になる
  5. 戸建てとマンションでは基本料金が異なる
  6. 場所によっては使えないところもある

インターネット回線の中でも特に光回線は仕組みが複雑で、初心者の方だと分かりズラいようになっています。

ですので、最低限これだけは押さえておけば大丈夫と思えることを、以下からそれぞれ詳しく説明して行きますね。

光回線の予備知識①:光回線のほとんどが契約期間2〜3年縛り

光回線サービスのほとんどは、契約期間が2〜3年と設けてあります。

ですのでその期間は途中で解約することが基本的にはできません

中には契約期間がない光回線サービスもありますが、ほとんどが最低でも2年は契約しなければなりませんね。

それを知らずに気軽に契約してしまうと、直ぐには引き返せなくなるので光回線を契約する際には慎重に行ってください。

光回線の予備知識②:契約期間中に解約すると違約金がかかる

インターネット光回線サービスは、契約期間中に解約すると時期にもよりますが数千円から数万円の違約金が発生します。

違約金もバカにならない金額なので、その辺りもしっかりと把握した上で契約するようにしてください。

また、中には(他社から乗り換える際の違約金を還元しますよ!)といったソフトバンク光のようなサービスもあるので、契約期間内に解約したい方はそれらを利用することをお勧めします。

光回線の予備知識③:インターネット利用に申し込みから約1ヶ月かかる

インターネット光回線サービスに申し込むと、実際にインターネットをご自宅で利用するのに約1ヶ月程度かかります。

大まかな流れとしては、

  1. サービスの利用申し込み
  2. 設置工事を行う
  3. インターネットサービス利用開始

となるのですが、光回線は設置工事に時間がかかるのでサービス利用開始までは1ヶ月程度かかってしまいますね。

その点「モバイル回線」や「ソフトバンクエアー」などは、お申し込みから最短1日でインターネットが利用できます。

光回線の予備知識④:携帯のセット割だとかなりお得になる

前述した通り、お使いの携帯がキャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)のどれかであった場合は、光回線サービスと一緒に利用すると「セット割」が適応されます

これだけでも知識として押さえておくと、光回線サービスを選ぶ時も選びやすいですね。

光回線の予備知識⑤:戸建てとマンションでは基本料金が異なる

新築でも戸建てとマンションでは、光回線サービスを利用した時の基本料金が異なります。

高いのは戸建ての方で、基本的に月額料金も工事費もマンションよりも高めに設定してありますね。

気になる光回線サービスの月額料金や工事費を確認する時に、ご自身がどちらに当てはまるかしっかりと確認する必要があります。

間違って安い方の料金を見ていたら、マンションやアパートでの利用料金だった…。ということもあるので、しっかりと覚えておきましょう。

光回線の予備知識⑥:場所によっては使えないところもある

インターネット光回線サービスの中には、エリアが限定してあるところがあります。

基本的には日本全国利用可能となっているサービスが多いのですが、最近話題の光回線「NURO光」などは関東・関西・東海のみしか対応してなかったりするので、ご自身のエリアが対応しているのかしっかりと事前確認が必要ですね。

光回線でのテレビ視聴のメリットとデメリット

光回線でのテレビの視聴が増えてきた昨今ですが、光回線で見ることでどのようなメリットとデメリットがあるのかご存知でしょうか。

光回線でテレビを視聴することで得られるメリットは、「ケーブルテレビなど比べて圧倒的に回線速度が速く品質が高い」ことが挙げられます。

  • ケーブルテレビ:120Mまたは320M程度が一般的
  • 光回線:1Gbpsを超える回線が一般的

このように全く回線速度が違うため、もしテレビでYoutubeやAmazonプライムビデオ等を楽しみたい方は、ストレスなくご視聴いただけます。

もちろん、普段テレビでYoutubeやAmazonプライムビデオ等は見ないという方は、ケーブルテレビの方を使った方が安く利用できますが、せっかく見るのであればやっぱり映画やドラマ、アニメなど様々なコンテンツを楽しみたいですよね。

また、光回線のデメリットとしては「フレッツ・テレビの提供エリア内しか利用できない」ことです。

仮に光回線はエリア内でも、フレッツ・テレビがエリア外であれば見ることはできないのですね。

フレッツ・テレビのエリア確認方法については、以下のリンクからできます。

新築戸建てのインターネット回線工事に際しての注意点

新築戸建てでインターネット回線工事を行う際にの注意点として、知っておきたいことが2つあります。

一つは「光ファイバー引き込み工事が100%必要」ということ。

マンションやアパート等で光回線を利用する場合は、もともと光回線が引かれているところが多いですが、新築戸建ての場合は100%それがないのでご自身で設置工事を依頼し光ファイバーを自宅まで引かなければなりません。

二つ目に設置工事をする際は、「本人や家族の立ち会いが必要」だということ。

戸建ての場合は本人や家族の立会いのもと工事が行われますので、当日は必ず予定を空けておかなければいけません。

日程が合わず工事の日が長引いてしまうと、それだけサービス利用開始日が伸びるので計画的に設置工事を終わらせましょう。

新築インターネット光回線おすすめランキング

新築でインターネット光回線を利用する際に、おすすめのサービスをまとめてみました。

数ある中からお勧めするのは以下の3つ。

  1. NURO光
  2. auひかり
  3. ドコモ光
  4. ソフトバンク光
  5. So-net光
  6. ビッグローブ光
  7. @nifty光
  8. OCN光
  9. enひかり
  10. ぷらら光

もはや定番といっても過言ではないこちらの3つの光回線サービスですが、新築戸建ての自宅には大変おすすめなので是非とも検討してみてくださいね。

それでは以下から、それぞれのサービスについて詳しく解説して行きます。

おすすめ新築ネット光回線①:NURO光

公式サイト:https://www.nuro.jp/hikari/

世界最速の回線速度と言われている、業界最速の光回線サービス「NURO光」。

回線速度にこだわりたい方には大変おすすめの光回線サービスの一つで、月額料金もかなり安いのでコスパは最強と言っても過言ではないでしょう。

また、ソフトバンクユーザーの方であれば、携帯料金が永年1,000円割引になるセット割もあるので大変おすすめです。

<価格>

月額料金:4,743円〜

<利用可能エリア>

  • 関東1都6県(東京、埼玉、神奈川、千葉、栃木、茨城、群馬)
  • 東海4県(静岡、愛知、三重、岐阜)
  • 関西2府3県(大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀)

<こんな人におすすめ>

  • 関東・関西・東海にお住いの方
  • とにかく回線速度にこだわりたい方
  • 一番にコスパを求めている方

おすすめ新築ネット光回線②:auひかり

公式サイト:auひかり

auユーザーに一番勧めたい光回線サービス「auひかり」。

光回線サービスセットで利用すると、auスマートバリューが適応されて携帯代金が最大2,000円割引になるほか、利用可能エリアもかなり広いので使い勝手も抜群です。

回線速度もKDDI回線を利用しているので、広範囲で使えてかなり速いのが特徴ですね。

<価格>

月額料金:4,900円〜5,200円

<利用可能エリア>

日本全国(詳しくはこちらからご確認できます。)

<こんな人におすすめ>

auスマホユーザーの方

おすすめ新築ネット光回線③:ドコモ光

公式サイト:ドコモ光

ドコモユーザーに是非とも使って欲しいのが「ドコモ光」の光回線サービス。

セット割がもちろん適応されるほか、選べるプランが豊富なのでご自身で自由にカスタマイズできるようになっています。

また、プロバイダサービス「GMOとくとくBB」からお申し込み頂くと、新規工事料金18,000円が無料になるほか15,000円のキャッシュバックも頂けます。

<価格>

月額料金:3,733円〜

<利用可能エリア>

出典:https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/eizo_service/skyperfectv/area/

<こんな人におすすめ>

ドコモスマホユーザーの方

おすすめ新築ネット光回線④:ソフトバンク光

公式サイト:SoftBank光

ソフトバンクスマホユーザーにおすすめの光回線サービス「ソフトバンク光」ですが、合わせて利用すると携帯代金が1,000円安くなります。

その他、最大54,000円のキャッシュバックが貰える上に、他社の解約時に発生する違約金に関しては最大で10万円支給してくれますよ。

他にも開通前のレンタルが無料でできる特典もあります。

<価格>

月額料金:5,200円

<利用可能エリア>

日本全国(詳しくはこちらからご確認できます。)

<こんな人におすすめ>

ソフトバンクスマホユーザーの方

おすすめ新築ネット光回線⑤:So-net光

公式サイト:So-net光

auスマホユーザーの方は最大で2,000円のスマホ割引が受けられる他、大人気のセキュリティーソフトが永年無料で活用できる光回線サービス「So-net光」。

お得なキャンペーンを上手く活用すると36ヶ月間通常料金から2,000円割引で利用できるので、ご利用の際は上手く活用してみて下さいね。

また、サポート対応もかなり充実しているので、初めて光回線サービスを利用される方にもおすすめです。

<価格>

月額料金:3,980円

<利用可能エリア>

So-net光はNTTフレッツ光回線と同じ対応エリアとなっていますので、詳しくはこちらからご確認下さい。

<こんな人におすすめ>

auスマホユーザーの方

おすすめ新築ネット光回線⑥:ビッグローブ光

公式サイト:ビッグローブ光

こちらもauスマホユーザーであればセット割が受けれる光回線サービス「ビッグローブ光」。

特徴としては工事費が実質無料となる他、最大で35,000円の高額キャッシュバックを受け取ること出来るところでしょう。

また、格安SIMとのセット割もあるので、出来るだけ通信費を抑えたい方におすすめの光回線ですね。

<価格>

月額料金:4,980円

<利用可能エリア>

ビッグローブ光はNTTフレッツ光回線と同じ対応エリアとなっていますので、詳しくはこちらからご確認下さい。

<こんな人におすすめ>

auスマホユーザーの方
格安SIMとのセット割を利用したい方

おすすめ新築ネット光回線⑦:@nifty光

公式サイト:@nifty光

auスマホユーザーの割引がある上に、電気料金とまとめて支払うと更に割引が受けられる光回線サービス「@nifty光」。

その他、格安SIMとのセット割も行なっているので、全てまとめて利用するとかなりお得に利用する事が出来ます。

キャッシュバックに関しては、最大で25,000円貰えるようになっていますよ。

<価格>

月額料金:~5,200円

<利用可能エリア>

@nifty光はNTTフレッツ光回線と同じ対応エリアとなっていますので、詳しくはこちらからご確認下さい。

<こんな人におすすめ>

auスマホユーザーの方
格安SIMとのセット割を利用したい方
電気料金とのセット割を利用したい方

おすすめ新築ネット光回線⑧:OCN光

公式サイト:OCN光

OCNモバイルを利用されている方は、セットで利用するとセット割が適応される光回線サービス「OCN光」。

最大15,000円のキャッシュバックがある他、OCNの格安SIMとセットで利用するとスマホ料金が最大で毎月200円割引されます。

基本的には格安SIMと併用して利用する光回線サービスとなるので、他のスマホユーザーの方にはおすすめしません。

<価格>

月額料金:5,100円

<利用可能エリア>

OCN光はNTTフレッツ光回線と同じ対応エリアとなっていますので、詳しくはこちらからご確認下さい。

<こんな人におすすめ>

OCNモバイルを利用されている方

おすすめ新築ネット光回線⑨:enひかり

公式サイト:https://enhikari.jp/

月額料金がマンション、戸建てともに最安値になっている光回線サービス「enひかり」。

契約期間の縛り等は一切なく、違約金もないのでいつでも好きな時に解約する事が出来ます。

また、通信速度も比較的早い方であり、UQモバイルを利用している方だと100円割引されます。ただenひかりには、キャッシュバックがありません。

<価格>

月額料金:4,300円

<利用可能エリア>

en光はNTTフレッツ光回線と同じ対応エリアとなっていますので、詳しくはこちらからご確認下さい。

<こんな人におすすめ>

UQモバイルをご利用の方
月額料金が一番安いところを利用したい方
契約期間の縛りや違約金がないほうが良い方

おすすめ新築ネット光回線⑩:ぷらら光

公式サイト:https://www.plala.or.jp/p-hikari/

こちらも契約期間の縛りや違約金等がない光回線サービス「ぷらら光」。

特徴を挙げるとキャッシュバックが、最大35,000円もらえる事ですね。
ただ、こちらはスマホのセット割や工事費の負担等がない上に、口コミや評判を見ると通信障害が多いという意見が多く散見されています。

<価格>

月額料金:4,800円

<利用可能エリア>

ぷらら光はNTTフレッツ光回線と同じ対応エリアとなっていますので、詳しくはこちらからご確認下さい。

<こんな人におすすめ>

キャッシュバックを多くもらいたい方
面倒な契約の縛りや違約金がないほうが良い方

新築戸建のインターネット光回線手続きの流れ

新築戸建のインターネット光回線手続きの流れについて、分かりやすくまとめてみました。

  1. エリアの確認
  2. プロバイダを決める
  3. オプションを選ぶ
  4. 各サイトから申し込み
  5. 利用開始の案内
  6. 開通工事・宅内機器の接続
  7. パソコンの設定

これだけだと初めての方には分かりにくいと思いますので、以下からそれぞれの項目に沿って分かりやすく解説して行きますね。

光回線手続きの流れ①:エリアの確認

光回線があなたの地域で利用できるのか、まずは確認が必要です。

光回線サービスでお馴染みのフレッツ光等は、日本全国9割のエリアをカバーしているとは言われています。

ですが、万が一あなたが住んでいる場所がエリア外だったら元もこうもないので、まず最初に確認しておきましょう。

また、確認方法としては各サービスサイトにて簡単に出来ますので、是非とも試してみてくださいね。

光回線手続きの流れ②:プロバイダを決める

エリアの確認が取れたら今度は「プロバイダ」を決めましょう。

最近は光回線とプロバイダが一緒になっているサービスが多いので、それらのサービスを利用するとよりスムーズに手続きを進められておすすめです。

例を挙げると、

などですね。

光回線手続きの流れ③:オプションを選ぶ

利用するプロバイダが決まったら今度は、サービスオプションを選びましょう。

ここでいうサービスオプションとは、インターネット光回線以外で追加で契約するサービスのことをさします。

例えば、

  • 電話・テレビサービス
  • 設定サポートサービス
  • セキュリティサービス
  • Wifiレンタルサービス

などがサービスオプションに該当します。

これらのサービスオプションの利用は、もちろん有料となる場合が多いのであなたが利用しようと考えているサービスの公式サイトで確認してみてください。

光回線手続きの流れ④:各サイトから申し込み

利用するオプションが決まったら、いよいよ申し込みを行います。

あなたが利用を考えている光回線サービスサイトから、必要事項を入力して申し込みを行なってください。

その際には、「身分証明書」となるものをデータで送信しなくてはならないので、予め準備しておきましょう。

光回線手続きの流れ⑤:利用開始の案内

申し込み手続きがある程度済むと、後でオペレーターから電話があります。

開通工事等が必要な場合は、その日程を調整したりする作業等もあるので、この時にしっかりと決めておきましょう。

また、本当に自分のエリアが対象エリアに該当しているのか、再度確認して下さい。
場合によっては、担当者が現地確認を行いにくるケースもあります。

光回線手続きの流れ⑥:開通工事・宅内機器の接続

開通工事とは、外の電柱から光ファイバーを自宅に繋げる作業を主に行います。

工事当日は必ず立会いの元行われるので、しっかりとスケジュール調整して当日は立会いましょう。

また、工事にかかる所要時間ですがだいたい1〜2時間程度ぐらいです。

光回線手続きの流れ⑦:パソコンの設定

開通工事が無事に終わった後は、インターネット利用開始となります。

利用できるかどうか、まずはご自宅のパソコンで設定して試してみて下さい。

設定に関しては、各サービス会社から渡される設定マニュアル等を参考にすれば、誰でも簡単に接続することができます。

新築戸建のインターネット契約に関する良くあるQ&A

ここでは新築戸建のインターネット契約に関する、良くある質問についていかに分かりやすくまとめてみました。

  1. 新築戸建のインターネット光回線に必要な工事費用について教えて下さい
  2. インターネット光回線の平均速度ってどのぐらいですか?
  3. インターネット光回線のおすすめの申し込み方法を教えて下さい
  4. インターネット光回線を最安で利用する方法を教えて下さい
  5. インターネット光回線を他社に乗り換える際に違約金は発生しますか?

それぞれ初めて契約する方には、大変参考になる質問内容となっていますので、是非とも目を通してみて下さいね。

Q1:新築戸建のインターネット光回線に必要な工事費用について教えて下さい

光回線の工事費用については、以下が平均相場となります。

  • 派遣工事の場合:15,000円~40,000円
  • 無派遣工事の場合:2,000円

新築戸建の場合は「派遣工事」になるので、大体平均的に15,000円~40,000円程度はかかりますね。

工事を土日に行う際は、追加料金で3000円ほど取られるので安く抑えたい人や、スケジュール的に余裕がある人は出来るだけ平日に行うようにして下さいね。

また、何度も言いますが工事は必ず立会いの元に行われるので、その点は注意して下さい。

Q2:インターネット光回線の平均速度ってどのぐらいですか?

光回線だとどのサービス会社も、大体最大で1Gbpsだと言われています。

平均的な速度で言えば、80〜100Mbps(1Gbpsのプランの場合)ぐらいですね。

以下は簡単な目安となります。

  • ネット検索:1Mbps
  • 動画、SNS:1Mbps~5Mbps
  • オンラインゲーム:30Mbps~100Mbps

100Mbpsも出ていれば、ストレスなくインターネットが活用できますね。

auひかりNURO光は10Gbpsまでプランがあります。

Q3:インターネット光回線のおすすめの申し込み方法を教えて下さい

インターネット光回線の申し込み方法としては、4つあります。

  • 家電量販店
  • 携帯ショップ
  • 公式サイト
  • ネット代理店

その違いとしては、「キャッシュバック」があるかないかですね。

家電量販店や携帯ショップ等で申し込みを行うと、最大で3万円程度のキャッシュバックが貰えるのでそちらがお得です。

特に土日休日に訪れると、平日よりもプラスして5000円キャッシュバックとなる場合もあるので、出来るだけ土日に行くようにしましょう。

特に初めて申し込む方は、店頭でスタッフに細かく聴きながら行うのも一つの手ですね。

また、店頭まで行くのは面倒だという方は、ネットでのお申し込みをおすすめします。

Q4:インターネット光回線を最安で利用する方法を教えて下さい

インターネット光回線をできるだけ安く抑えたい方は、

キャリアと同じ光回線サービスで「セット割り」を狙う
基本料金が安いプロバイダを利用する

の2つの点を抑えて光回線サービスを選ぶようにして下さい。

あなたがauやDocomo、softbankといったキャリアを利用しているのであれば、「セット割り」が適応されるそれぞれの会社が提供している光回線サービスを利用した方がかなりお得です。

それ以外の方は、基本料金が安い光回線サービスを利用するようにしてくださいね。

おすすめのインターネット光回線につきましては、「新築インターネット光回線おすすめランキング」の章で詳しく解説していますので、是非とも参考にしてみて下さい。

Q5:インターネット光回線を他社に乗り換える際に違約金は発生しますか?

インターネット光回線の乗り換えを行う際には、更新期間外であれば「違約金」が必ず発生します。

乗り換えの手順としては、

  • 新しい光回線に申し込み
  • 工事日の確定
  • 開通工事
  • 契約している光回線を解約

となります。

また、中には「違約金」を負担してくれるキャンペーン等を行なっている光回線サービス会社もあるので、そういったキャンペーンを利用するのも一つの手ですね。

新築戸建てはインターネット光回線のおすすめサービスを利用しよう!

新築戸建ての方は是非とも今後紹介した、インターネット光回線サービスをご検討ください。

今はほとんどのご自宅が光回線を使用しており、その回線速度の速さとクオリティーの高さに満足している人が多いです。

前述したようにスマホ代や電気代などとセットでご利用いただくと、尚お得な値段で利用が可能になるので大変おすすめです。

ご家族のためにもこれからは光回線が大変重宝してきますので、この記事でご紹介した内容を参考に検討してみてくださいね。









この記事をかいた人

28歳ドイツ在住のトラベルライター。公務員から2年半で専業ライターへ。その後はワーホリビザを取得し,ドイツを拠点に海外ノマド。Webライティング,ブログ運営が生業。ライター歴3年。クラウドワークス受注実績198件。月収MacBook7台くらい。【九州男児のぶらり旅】という旅ブログを運営しています。