インドネシアのレンタルWiFiおすすめを徹底比較【旅行・出張にも使える!】

東南アジアの中でも多くの自然が存在し、日本とは違った面白さを肌に感じることができるインドネシア。

インドネシアの有名な観光地としては、バリ島やボロブドゥール遺跡などがありますね。

今回は、インドネシアの大自然の満喫し、スムーズ観光地を巡るために欠かせないオススメのレンタルWi-Fiを紹介していきます。

  • インドネシアで日本と同じようにWiFiがを使えるのか?
  • インドネシアでのはどんな種類のWiFiが存在するのか?
  • インドネシアでの街中のフリーWiFiは充実しているのか?

といった数多くある疑問点を解決していきます。

インドネシアのレンタルWiFiおすすめランキング

ここでは、実際にインドネシアで使えるWiFiについてご紹介します。

グローバルWiFi

公式サイト:グローバルWiFi

おすすめポイント
  • 渡航中に容量がなくなった時に、容量を容易に増やすことが出来る。
  • 料金が他社と比較して非常に安く設定されている。
  • トラブル時のサポートが手厚い。

手続きから返却までの流れもわかりやすく海外旅行における利用者数1位、世界200カ国に対応しています。

インドネシアで使用できなかった場合には全額返金保証がついています。期間限定で。割引キャンペーンなども行っているので、ぜひ公式ホームページをチェックしましょう。

モバイルWiFiの種類の豊富なため、自分にあったものを選ぶことができます。より安くレンタルする方法としては、3Gのプランも用意されています。

<受け取れる空港>

成田空港、羽田空港、中部空港、関西空港、伊丹空港、旭川空港、新千歳空港、仙台国際空港、静岡空港、小松空港、新潟空港、福岡空港、北九州空港、大分空港、宮崎空港、鹿児島空港、みやこ地下島空港、那覇空港、(国内配達、一部空港でのロッカー受け取りあり)

<料金表>

データ容量/日 料金/日
通常プラン(3G中速) 300MB 670円(定価870円)
通常プラン(4G高速) 300MB 970円(定価1170円)
大容量プラン(4G高速) 600MB 970円(定価1170円)
超大容量プラン(4G高速) 1.1GB 1470円(定価1670円)
無制限プラン(4G高速) 無制限 2170円(定価2370円)

イモトのWiFi

公式サイト:イモトのWiFi
おすすめポイント
  • 宅配料金送料無料および空港受け取り手数料無料。
  • インドネシアでWi-Fi機材にトラブルが発生した場合返金サービスがあり。

一年中世界を飛び回るイモトアヤコが、CM出演していることでも知られるイモトのWi-Fi。200ヶ国以上の国々で使用可能であり、レンタルから返却手続きもわかりやすいものになっています。また、年間100万人が利用しています。

時期によって、イモトのWi-Fiも割引をおこなっているので、要チェックです。

<受け取れる空港>

成田空港、羽田空港、新千歳空港、中部空港、関西空港、福岡空港

<料金表>

データ容量/日 料金/日
大容量 500MB 790円
ギガ 1GB 940円
無制限 使い放題 1190円
30日 500MB 23000円/月

Wi-Ho!

公式サイト:Wi-HO!

おすすめポイント
  • 元々のレンタル料が安い。
  • キャッシュレス決済でさらにお得に。
  • モバイルバッテリー付き(オプションが充実)。

Wi-Hoは、設立20年以上の歴史を持つ株式会社テレコムスクエアが運営しており、安心感があります。もしも、急なトラブルがあっても迅速に対応してくれます。

<受け取り可能な空港>

成田空港、羽田空港、関西国際空港、新千歳空港、中部国際空港、松山空港、福岡空港

<料金表>

データ容量/日 料金/日
通常プラン 300MB 980円
大容量プラン 500MB 1280円
1ギガプラン 1G 1750円
無制限プラン 使い放題 なし

iVideo

公式サイト:iVideo

おすすめポイント
  • インドネシアのみならず、他の東南アジアの国々でも使用可能

ivideoは、先ほどまでのレンタルWi-Fiとは異なり、国を指定するのではなく、地域を選択してレンタルする形になっています。

また、SIMレンタルも併せて行っているようなので、Wi-Fiが届かないエリアに行った時の保険のために、借りておくのもよいかもしれません。ひとつ留意しておきたいことは、公式HPの質があまり良いものではないので、対応の質も少し劣る可能性があるということです。

<受け取れる空港及びその他の場所>

iVideo支店、空港内の郵便局(千歳空港、成田空港、羽田空港、中部国際空港、関西空港、丹波空港)、ローソン

配達も可能。

<料金表>

ベトナムvinaphone iV501 4G LTE 1GB 213 円/日
東南アジア7ヶ国 4G LTE 500MB/日 286 円/日
東南アジア10ヶ国 4G LTE 使い放題 604 円/日

FAST-Fi

公式サイト:https://fast-fi.net/index/

おすすめポイント
  • 業界内屈指の安さを誇る

FAST-Fiは、全プランで4Gを採用しています。3Gと4Gでは、通信速度に約15倍ほどの差があることから、

FAST-Fiでは、特にそれを強みとしています。また、FAST-FiのWi-Fiルーターは、約iPhoneの充電三回分(5350mAh)のバッテリーを搭載しており、モバイルバッテリーを持ち歩く必要もありません。また、先と同じく、地域ごとの契約であるため(フリーローミング)、気にすることなく、国をまたいでスマホを使用することができます。

<受け取り可能な空港>

成田空港、羽田空港、関西国際空港

<料金表>

アジア周遊プラン 期間 プラン 通信容量/日 料金(不課税)
1日レンタル ライトプラン 350MB 410円/日
スタンダードプラン 500MB 560円/日
プラチナプラン 1GB 980円/日
長期レンタル 30日プラン 500MB 13,500円/30日
60日プラン 500MB 26,000円/60日
90日プラン 500MB 36,000円/90日

ワールドデータ

世界周遊Wi-Fiルータなら安さと安心のワールドデータ

公式サイト:https://www.gmobile.biz/world/058/

おすすめポイント
・キャッシュレス還元および早割キャンペーン

ワールドデータは、大容量のバッテリーや、3G、4Gを選べることを売りにしています。料金は、決して安い方とはいえないでしょう。また、対応している国であれば、どこであっても料金は一律という点は、他にはあまり見られないメリットです。

<受け取り可能な空港>

成田空港、羽田空港、関西国際空港、中部国際空港

<返却について>

レターパックなどで郵送

<料金表>

世界周遊 1180円/日



インドネシアのレンタルWiFiを選ぶポイント

インドネシアで使うレンタルWiFiを選ぶポイントとはどんなものだと思いますか?

筆者が考えるに、自分の情報端末(スマホやタブレット、パソコン)を現地でどのように使用したいかということにかかっていると思います。

  • 長期or短期
  • 少しの容量で構わない
  • サクサク使いたい
  • とにかく自由に使いたい
  • 安く済ませたい

普段からSNS(TwitterやInstagram等)、動画を使用する人は、容量が大きいものを選ぶことをおすすめします。

まず、どのように使いたいのかを考えるとWi-Fi選びもスムーズに進むでしょう。

また、通信速度(3Gか4G)も大切です。現在、私たちが一般的に使用している回線は、4G回線です。

確かに、料金自体は3G回線の方が安くなっています。ですので、通信速度が遅くても問題ない方は3G選択しても何ら問題ありません。

しかし、普段通りの通信速度で、インターネットを使用したい場合は、4Gでの契約が無難でしょう。

インドネシアのレンタルWiFiは現地でレンタルできる?

インドネシアでWiFiを借りることは可能です。しかし、日本でWiFiを借りる手続きをインドネシアで行うということなので、初の海外旅行もしくは初めてインドネシアに行こうとしている場合、その手続きは、少々難しいかもしれません。

インドネシアに詳しい人が同行するのであれば、話は別ですが、そうではない場合、無難に日本でレンタルすることをおすすめします。

インドネシアの現地のフリーWiFi情報

インドネシアは東南アジアの中では、通信環境がしっかりと整備されており、WiFiも比較的多くの場所に配置されています。

空港、街中の市場、レストラン、ホテルで等でフリーWiFiを使うことが可能です。空港の例を挙げるのであれば、スカルノハッタ空港あたりが有名ですね。また、マクドナルドやスターバックスなど全世界でチェーン展開しているお店も候補地のひとつとして挙げることができます。

ですが、ジャカルタなど、観光客や地元住など人が多い場所ではWi-Fi回線が込み合ってしまい、ほとんどWi-Fiが機能しない場合があります。また、フリーWi-Fiは、セキュリティ面において不安があるため、安心して使用することが難しいでしょう。

インドネシアのレンタルWiFiの注意点

非常に便利なレンタルWiFiですが、その分盗難や故障には十分注意が必要になります。

もしも、レンタルWiFiを機器を使用している際に、上記のようなことが起きた場合、弁償する責任が発生する可能性もあるので、事前に確認しておきましょう。

またインドネシアは11月から3月にかけて雨季であるため、その期間に旅行する方は、スコールに注意してください。特に、いつの間にか、カバンが水没し、Wi-Fi機器が故障する場合もありますので。

また、返却日の確認も大切な事柄です。レンタル期間は、

レンタル開始日→WiFi機器を受け取る日
レンタル終了日→WiFiを返却する日

となっており、インドネシアから出国する日ではありません。

渡航経験があまりない方は、渡航先を出国する日に設定してしまう傾向にあるそうです。

ですので、日本に着く日を返却日にしましょう。)最後に、注意する点として、各Wi-Fiレンタル会社には、通信可能なエリアに限界があります。

通信可能エリアから外れてしまうと、Wi-Fi通信が使えない(インターネットが使えない)という事態に陥ることになります。

したがって、インドネシアに旅立つ前に、自分が契約するWi-Fi会社の通信可能エリアをしっかりと確認しておきましょう。

インドネシアのレンタルWiFiまとめ

インドネシアのWi-Fi環境は、比較的整っていますが、海外に慣れていない方は、突発的なトラブルが起きた場合に、対処することが難しいです。

ですので、日本でWi-Fiをレンタルし、気楽に観光を楽しむことをおすすめします。