タイ旅行で使えるレンタルWi-fiおすすめランキングTOP5!

日本人に大人気のタイ。

最近は多くの日本人が観光やビジネス等を求めてタイを訪れるようになりました。

そんなタイを存分に楽しく過ごすためにも、現地でのインターネット環境は必要不可欠。

「タイも日本みたいに自由にインターネットを利用したい」
「タイでレンタルWi-fiを利用したいけど、どれがいいの?」
「タイで使えるレンタルWi-fiを比較したいけど情報がない」

といった方のために今回はタイ旅行で使えるレンタルWi-fiのおすすめサービスをランキング形式で詳しくご紹介し比較してみました。

現地で道に迷ったりおすすめのレストランを探したり、ビジネスのために活用したりと幅広い用途で利用できるレンタルWi-fiを是非ともご活用ください

とりあえずおすすめが知りたい方へ
4GLTE対応で無制限の「グローバルモバイル」がおすすめ。
値段も無制限なのに1日定額590円とお得です。
申し込みをすると家まで無料で配送してくれ羽田、成田、セントレア、関空の主要ハブ空港で受け取ることも可能。
返却もポストに投函するだけと簡単です。



タイで使えるレンタルWi-fiの選び方

タイで使えるレンタルWi-fiの選び方としては、大きく分けて3つあります。

以下からそれぞれの選び方に関して詳しくみて行きましょう。

利用料金を比較して選ぶ

利用料金に関しては、サービス会社でそれぞれ違います。

格安であればあるほど、良いというわけでもありませんがやっぱり値段にはこだわりたいものですよね。中には、一日利用額99円から使用できるレンタルWi-fi等もありますので、コスパは大変良いです。

レンタルWi-fiは大手の携帯通信会社auやdocomoなどと比べるとはるかに利用料金が安いので、大変おすすめですね。

レンタルWi-fiのバッテリーのもちで選ぶ

レンタルWi-fiの口コミや評判でよく言われているのが、バッテリーのもちの悪さ。

こちらもサービス会社によってバッテリーのもち時間が若干異なってきますので、利用お申し込みをする前に確認が必要ですね。

中には、最長で15時間もつレンタルWi-fiもあります

少なくも8〜9時間と程度はもつので、それほど気にするまでもないかもしれませんがこの辺りは個々のバッテリーによってもち時間も変わってきますので、使用する際には小まめに充電することをおすすめしますね。

不安な方は、各社のスタッフに問い合わせてみましょう。

通信容量や回線速度の速さで選ぶ

レンタルWi-fiを選ぶ際にもっとも大事なのが、通信容量と回線速度の速さ。

通信容量に関しては、各社のプランによって違ってきますがキャンペーン等が行われている時期は格安で大容量を利用できる場合もあります。

もちろん、無制限で利用できるプラン等もあるのでそういった方はチェックが必要ですね。

また、回線速度の速さはだいたいどこも4Gが基本となっていますが、これも国や地域で異なってきますので一概にどれが良いかは断言できません。ご自身が利用する国や地域が対応エリアかどうか確認してから、利用するようにしましょう。

タイ旅行で使えるレンタルWi-fiおすすめランキングTOP5!

では実際にタイ旅行で使えるレンタルWi-fiおすすめランキングTOP5を、詳しく以下からみて行きましょう。

1位:グローバルモバイル

<価格帯>

  • 1日利用額:590円(4G LTE)【最安値】
  • 30日利用プラン:15,000円(4G LTE)

※時期やキャンペーンによっては価格変動します。

<特徴>

タイデータでおなじみのグローバルモバイルは、なんと通信容量”無制限”でありながら高速回線の”4G LTE”が使えます。

利用額も1日590円とかなりお買い得ですね。

オプションで予備の5時間もつモバイルバッテリーの貸し出しも行なっているので、バッテリー切れの心配もありません。

タイでレンタルWi-fiを利用するなら、グローバルモバイルのタイデータで決まりです!

<口コミ・評判>

以下は、”タイデータ”の口コミや評判となります。

 

口コミ

選んだ理由は、タイで有名な通信会社の回線を利用しているという事で、4G通信ができるという理由です。料金は1日590円の定額とまずまずでした。 気になっていた速度は普通より少しいいかなと言う感じでした。やや遅いと思う事もありましたが。繋がりも都市部では問題なしです。
(出典:https://minhyo.jp/thai_gmobile )

やはり4G回線が利用できるのが大きなメリットなようですね。

タイデータという名前だけあって、現地でも問題なく使えるみたいです。

滞在する街によっては若干の通信速度の違いがあるものの、普通に利用はできるので問題はないと思います。

不安な方は、タイでご自身が滞在する街のネット環境をスタッフに直接聞いてみてくださいね。

 

口コミ

利用した当時まだ学生でお金に余裕がなかったので、ネットで調べて値段もリーズナブルで評判も良かったタイデータのWi-Fiを利用しました。他の海外Wi-Fiだと空港受け渡し手数料が500円ほどかかってしまうのですが、タイデータは手数料が無料だったので、利用者としては助かりました。
(出典:https://minhyo.jp/thai_gmobile

タイデータであれば空港での受け渡し料金がタダ。

実際には他社でもタダの場合が多いのですが、レンタルWi-fi全体にいることは申し込みから受け渡し、利用開始、返却までがとてもスムーズだと言う事です。

それに付け加えて、利用料金も安いので大変コスパが良いですね。

2位:Wi-Ho!

<価格帯>

  • 1日利用額:612円(4G)【最安値】
  • 30日利用プラン:なし

※時期やキャンペーンによっては価格変動します。

<特徴>

タイでWi-Ho!を利用する場合は、本体の受け取り受け渡し手数料が無料な上に、1日612円からの利用が可能となっています。

1,780円のプランであれば通信容量も、無制限での利用が可能となっており大変お得ですね。

比較的に他社よりも安値での利用が可能な場合が多いWi-Ho!のレンタルWi-fiですが、タイでもかなりの安値での利用が可能となっています。

価格にこだわる方は、Wi-Ho!のレンタルWi-fiで決まりですね!

<口コミ・評判>

以下は、”Wi-Ho!”の口コミや評判となります。

口コミ

レンタル料金も安く、空港カウンターの混雑等もなく、とても快適に使えました。大手の窓口は混んでいて手続きに時間がかかることも多いので、スペック・値段ともに他のWiFiに比べて優れていて、手続きもスムーズに終わるのは、嬉しいです。次もWi-Ho!を使おうと思います。
(出典:https://プロバイダ比較.net/wifi-rental/wiho/#Wi-Ho-2

Wi-Ho!の空港での申し込みから利用開始までは、だいたい5分程度の手続きで完了します。

利用開始する際は、パスワードの入力のみなので完了したその時からインターネットのご利用が可能となっています。

返却に関しても、空港に設置してある専用のボックスに投函するだけなので簡単ですね。

口コミ

Wi-Ho!を実際に使ってみた感想は、国内で普段使っているネット環境と同じような感覚でした。 少なくとも都市部では全く途切れることもないので、快適でおすすめです。 バッテリーも普通に持ちました。
(出典:https://プロバイダ比較.net/wifi-rental/wiho/#Wi-Ho-2

レンタルWi-fiに多いバッテリーもちの悪さも、Wi-Ho!のレンタルWi-fiであれば問題なさそうですね。

通信回線速度も日本にいる時と同じように使えたと口コミには書いてありますが、国や地域によってはネットの入りが悪い場所もあります。

申し込み前に、ご自身が滞在する街のネット環境をしっかりとチェックしましょう。

3位:イモトWi-fi

<価格帯>

  • 1日利用額:680円(3G大容量)【最安値】
  • 30日利用プラン: 14,200円(3G回線)

※時期やキャンペーンによっては価格変動します。

<特徴>

TV番組でお馴染みのイモトWi-fiのイメージキャラクターでもあるイモトさんが推薦するモバイルWi-fi。

業界の中でも1番の認知度を誇り、レンタルWi-fiを初めて利用する方の多くがイモトさんが推薦するのならといった感じで利用されています。

タイでの最安値は、680円からと決して安い値段ではありませんがその分、コンパクトに持ち運べる本体の評価が高いですね。

ほとんどの空港カウンターで、受け取りから返却まで全て対応してくれるので、大変スムーズに利用が可能です。

<口コミ・評判>

以下は、”イモトWi-fi”の口コミや評判となります。

 

口コミ

【通信速度】写真付きメールの送信、Facebookの更新が主な用途でしたが、全く問題ありませんでした。【繋がりやすさ】ランパンからバンコク行きの夜行列車に乗る際、しばらく繋がらなかったくらいです。【バッテリーのもち】ルーターが小型で持ち歩きやすい分、仕方がないと考えます。
(出典:http://kakaku.com/mobile_data/world-wifi/company.asp?ww_service=3

ここで言われているルーターとは、モバイルWi-fi本体の事ですね。

イモトWi-fiは他社のルーターと比べて比較的に小さく作られており、大変持ち運びにストレスがかかりません。

そのため、バッテリーのもちはいまいちです。

この辺りは、しっかりとモバイルWi-fiの選ぶ基準として吟味しておいた方が良いでしょう。

 

口コミ

【通信速度】普通、ストレスなし!遅さを感じることはありませんでした。【繋がりやすさ】基本的に通信が落ちることはありませんでした。 移動中など、たまにアクセスが効かないことはありました。【バッテリーのもち】12時間以上はもちました。充電がもって助かりました。
(出典:http://kakaku.com/mobile_data/world-wifi/company.asp?ww_service=3

こちらの口コミでは、バッテリーのもちは12時間以上あると書かれていますね。

これだけあればだいたいの人が、ストレスなく利用できるのではないでしょうか。

また、通信回線速度もタイでは安定していてストレスなく使えるみたいですね。

4位:グローバルWi-fi

<価格帯>

  • 1日利用額:536円(3G)【最安値】
  • 30日利用プラン:なし

※時期やキャンペーンによっては価格変動します。

<特徴>

レンタルWi-fiの最大手と言われているグローバルWi-fi。
世界200以上の国と地域で利用できるグローバルWi-fiは、通信速度や容量の多さなどどれをとってもバランスよく最適に利用できる条件となっています。

年間利用者数も100万人以上いるという実績からも、ほとんどの方がグローバルWi-fiをリピートしていると言われているほどの安定のサービス内容ですね。

もちろん、タイでも国内にいるようにインターネットの利用がサクサクできます。

<口コミ・評判>

以下は、”グローバルWi-fi”の口コミや評判となります。

口コミ

他の海外WiFiレンタル業者と比べると、どこへ行っても平均的に安い料金で利用できること、通信の品質が良いことなどが、グローバルWiFiを利用している理由です。
(出典:http://sekaishinbun.net/wifi-rental/category/global-wifi/

グローバルWi-fiは大手トイこともあり、安定の使い心地のようですね。

料金も比較的に安い方なので、安心して利用することができます。

また、申し込みから受け取り返却までスムーズにストレスなく利用できるもの特徴の一つですね。

口コミ

グローバルWiFiは使い心地も良いし、何よりフリーWiFiスポットではなくてもWiFi環境下なのであまりそういうことを気にせず旅行を存分に楽しめると思います。
(出典:http://sekaishinbun.net/wifi-rental/category/global-wifi/

タイに限らず海外へ行く際には、レンタルWi-fiがあった方が本当に便利です。

現地でわざわざフリーWi-fiを探す手間も省けますし、道に迷った時はすぐにネットで調べることも可能ですね。

また、現地の治安の確認などの情報収集にはインターネットが必要不可欠です。

5位:JAL ABC

<価格帯>

  • 1日利用額:1,000円(3G)【最安値】
  • 30日利用プラン:なし

※時期やキャンペーンによっては価格変動します。

<特徴>

航空会社大手のJALが提供しているレンタルWi-fiサービス”JAL ABC”。

タイでの利用最安値が1,000円からととても高いですが、名前の影響力は大きくセキュリティー面や通信回線速度など気にせず安心して利用することができます

オプションで付いてくるサービスもかなり充実しており、最近流行りの言語変換器「ポケトーク」なども合わせて利用すると大変お得な値段で利用可能です。

<口コミ・評判>

以下は、”JAL ABC”の口コミや評判となります。

 

口コミ

JAL ABC (JAL ABC)のモバイルルーターにしたのには、いくつか理由が。まずは、料金がシンプルであるということ。データ通信料のみの価格で事務手数料の類は一切かかりません。また、私が海外出張で利用する成田空港には、JAL ABC (JAL ABC)のカウンターがあり、そこで受け取りも返却もできます。
(出典:http://wifi.kaigai-keitai.net/jalabc-v/

JAL ABCのレンタルWi-fiに限らず、多くのレンタルWi-fiサービスでは定額制を採用しているので知らない間に使い過ぎたりすることもなく安心して利用できます。

また、受け取りから返却も全国ほとんどの空港で可能であり、直前での申し込みもできます。

口コミ

中国(上海)を観光するにあたって、いろいろとJAL ABC (JAL ABC)のWIFIに接続して、調べることができたので、観光名所などを調べていったり、おいしいお店を探したり、ネットがとても役立ちました。
(出典:http://wifi.kaigai-keitai.net/jalabc-v/

海外旅行初心者の方ほどレンタルWi-fiの利用は不可欠で、現地でのトラブル回避などに大いに役立ちます。

特に英語が苦手な方などは、インターネットがあると通訳もできるので大変便利ですね。

おすすめしなかったけど、タイで使える他のレンタルWi-fi

以下は、上記でご紹介していないタイで使える、他のレンタルWi-fiサービス会社となります。

是非とも参考までにどのようなサービス会社が使えるのか、目を通しておきましょう。

フォートラベル

公式サイト:https://wifi.4travel.jp/

業界最安値のレンタルWi-fi「フォートラベル 」。

他のサービス会社と比べてあり得ないほど安いので、(とにかく安さにこだわりたい)という人はフォートラベル がおすすめですね。

Wi-fiルーター本体もかなりコンパクトなので、持ち運びも便利です。

<価格>
1日:50円〜

jetfi

公式サイト:https://www.jetfi.jp/wifi/great/

タイでは4G回線が使える上に、通信容量300、500、1000MBの3つのプランから選べるようになっているレンタルWi-fi「jetfi」。

価格も業界全体で見るとかなり安い方で、スカイチケットなどのサービスと合わせて利用するともっと安く利用することができます。

ただ、国内に受付カウンターがある空港が少ないのが難点ですね。

<価格>
1日:380円〜

FAST-Fi

公式サイト:https://fast-fi.net/index/

バッテリーの持ちの良さは業界ナンバーワンのレンタルWi-fi「FAST-Fi」。

よくWi-fiルーターのバッテリーの持ちの悪さはどのサービス会社でも指摘されることですが、この「FAST-Fi」のWi-fiルーターのバッテリーの持ちはスマホの3台分に相当します。

その他、現地では4G回線が使える上に500MBの大容量プランもあります。

<価格>
1日:350円

ジャパエモ

公式サイト:https://www.kaigai-wifi.jp/

他のレンタルWi-fiサービス会社と違い、Wi-fiルーター本体の受け取り日や返却日を指定せずに日数でプランが選べるシステムになっている「ジャパエモ」。

そのため、旅のスケジュールに合わせずらく大変プランニングしにくいという口コミが多いのも確かですね。

ただ「周遊プラン」が充実しているので、東南アジアを何ヶ国も回る人は便利です。

<価格>
1日:1080円

iVideo

公式サイト:https://www.ivideo.com.tw/japanese/wifi/asia

東南アジアに特化した周遊プランが充実しているレンタルWi-fi「iVideo」。

最近はタイ以外でも多くの国で使えるようになり、使う国の数によって本体の大きさや料金が変わってきます。

もちろん一つの国で使えるプランもあるので大変便利ですね。

<価格>
1日:162円〜

どんなときもWiFi

公式サイト:https://donnatokimo-wifi.jp/

どんなときもWiFiは、データ容量無制限で国内・海外どこでも使えるレンタルWi-fi。
2019年3月にサービスが始まったばかりの比較的新しいレンタルWi-fiなのですが、その独自の特徴を売りにして現在かなり評判になっています。

まず最初の特徴は世界107ヶ国で利用可能であるということ。
どんなときもWiFiは面倒な手続きなしに海外(世界107ヶ国)へ持っていくだけで利用できるので、他社のWi-fiルーターのように空港カウンターでの受け渡し手続きで時間を取られる必要がありません。
もちろんタイでも利用可能になっていますよ。

そして2つ目の特徴はデータ容量無制限でネットが使い放題であるということ。
他社のWi-fiルーターの場合、月間7GBまでは高速通信が利用できる月間制限と3日で10GB以上使うと制限がかかってしまうヘビーユーザー制限のどちらかの通信制限が設けられています。

しかしどんなときもWiFiは容量制限や通信制限が一切ないため、地図アプリで観光地の場所を調べたりYouTube動画なども好きなだけ楽しむことができますよ。

3つ目の特徴としては料金は2年間ずっと月額3,480円であるということ。
どんなときもWiFiは最初の数ヶ月だけ安い料金プランなのではなく、契約してから2年間ずーっとお得な料金でデータ放題の恩恵を受けることができます。

またトリプルキャリア対応でどこでも利用できるのも嬉しいポイント。
他社のWi-fiルーターの場合は端末に挿したSIMカードが対応している回線でしか通信できないのですが、どんなときもWiFiならトリプルキャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)対応なので幅広いエリアで快適に利用することができますよ。
そして工事不要の最短即日発送なので、最短翌日からどんなときもWiFiを利用することが可能。しかも全国どこでも配送料が無料で、初期設定も簡単におこなえるのがとてもありがたいです。
<価格>
月額 3,480円

東南アジア諸国をバックパッカーのように周遊したい場合

東南アジアではタイのみならず、隣国のベトナムやカンボジア、マレーシア、インドネシア等の諸国をバックパッカーのように周遊する人が大変多いです。

そのような場合は一体どのようにインターネットを利用した方がお得なのか、分かりずらいですよね。

とにかく安く抑えてどこの国でもネットを利用したい人は、「SIMカード」の使い捨てを購入し2GB・1週間等を活用するのがかなり料金を抑えられます。

それぞれの国ごとにSIMカードを購入する必要性がありますが、一枚500円程度からあるので5ヶ国回ると考えても2500円で済みますね。

ただ、それ以上の通信容量は使えないのでYouTubeで動画を見たり、Skypeで会議に参加したりといったことには使えません。

通信容量や現地の回線速度を気にせずに心置きなくインターネットを活用したい場合は「レンタルWi-fi」のアジア周遊プラン等を利用するとお金はかかりますが、一台で全てカバーできます。

どちらが良いかは、ご自身の用途によるのでなんとも言えませんが各サービス会社の内容をしっかりと確認してから後悔の無いようにしてくださいね。

タイのWi-fi事情はどうなの?

タイのフリーWi-fi事情はどうなっているのでしょうか。

日本だとスターバックスやマクドナルドでフリーWi-fiが利用できますが、タイの場合はどうなのかなどのスポット別のWi-fi環境について以下から解説して行きます。

タイのカフェやレストランのWi-fi環境

タイの個人経営のカフェなどには、「Free Wi-fi」等の看板が出ているのでそういったところであれば、インターネットの利用が可能です。

また、スターバックスでは商品購入の際にIDとパスワードを発行してもらう必要がありますね

お店によっては制限時間が設けてあったりもするので、気になる方はスタッフに聞いてみるのが良いでしょう。

タイのホテルやゲストハウスのWi-fi環境

タイのホテルにはほとんどの場所で、フリーWi-fiが設置されていいます。格安のゲストハウスでもネット環境はしっかりしていることがほとんどです。

しかし、たまにフリーWi-fiが設置されていない場所もあるので、予約する前に予め確認してくださいね。

ちなみに、日本よりは回線速度は速くないので快適にインターネットを利用したい方は、レンタルWi-fiを利用することも検討しておきましょう。

タイの街中のWi-fi環境

タイのバンコクなどの主要都市には、バスターミナルやショッピングセンターなどに公共のフリーWi-fiが設置されています。

ですが通信回線も遅く、利用の際には英語で「氏名、メールアドレス、パスポート番号、住所」等の入力が必要となり面倒ですね

出先でインターネットを快適に利用したい方は、レンタルWi-fiの利用を強くおすすめします。

タイ現地のレンタルWi-fiサービス会社はどうなのか?

日本でレンタルWi-fiやSIMカード等の持参をして来てない状態で、タイ現地でインターネットに接続したい場合はフリーWi-fi以外でも方法はあります。

  • 現地でSIMカードを購入する(SIMロック解除が必要)
  • 現地のレンタルWi-fiサービス会社で申し込む

SIMカードに関しては現地で端末を買ってから利用しても良いですし、ご自身のスマホで利用されても良いでしょう。

その際は「SIMロック解除」が必要となるので、初心者の方はかなり設定に手こずるかも知れません。

また、現地のレンタルWi-fiサービス会社は日本とは違い、契約したその街のみでか使えないと場合等もあるので事前確認が必要です。

タイでは日本のレンタルWi-fiサービス会社等の利用は出来ないようになっているので、予め日本で申し込んで持参するようにしてください。

万が一現地でインターネットが利用したくなった場合

万が一、現地でフリーWi-fi以外にインターネットが利用したくなった場合は、お近くのタイの主な通信会社

  • AIS
  • DTAC
  • TrueMove(旧TA Orange)

のどちらかのショップへ行って、「SIMカード」を買った方が安く抑えられます。

もし「SIMロック解除」等のやり方が分からない場合は、ご自身が利用しているau、docomo、SoftBank等の各社に問い合わせてみてください。

やり方はそれぞれしっかりと分かりやすく解説してくれますのでご安心ください。

タイ旅行中にWi-fi関連のトラブルが起こったら?

レンタルWi-fi機器は、あなたがタイでも簡単にWi-fiが使えるよう、あらかじめ設定がなされています。
しかし万が一、「レンタルWi-fi機器がうまく作動しない!」「インターネットに繋がらない!」「バッテリーの充電ができない!」などのトラブルが起きた際は、すぐに各レンタル会社のカスタマーサポートセンターへ問い合わせましょう。

担当スタッフさんが丁寧にヒアリングをおこない、現在のトラブルが通信機器によるものなのか、環境によるものなのかを判別して対処法を教えてくれます。

ちなみに今回おすすめベスト4に挙げたレンタルWi-fi会社のサポート体制は以下のとおり。

電話の24時間対応 LINE通話 Skype
グローバルモバイル なし なし なし
Wi-HO! あり なし なし
イモトのWiFi あり なし なし
グローバルWiFi あり あり あり

「Wi-Ho!」「イモトのWiFi」「グローバルWiFi」では24時間対応で電話サポートをおこなっているので、タイ旅行中いつトラブルに見舞われても安心です。

ただし電話は有料になっているので、無料通話アプリ(LINE通話・Skype)を使って問い合わせたい方は、唯一対応している「グローバルWiFi」を利用するようにしましょう。

ちなみに、ちょっとしたトラブルなら各レンタルWi-fi会社の公式サイトにある「トラブルシューティング」のページに対応策が書かれているので、そこまで急ぎでなければご自身で解決を試みても良いかもしれません。

まとめ:タイを誰よりも満喫するためにレンタルWi-fiを利用しよう!

タイの街中でインターネットを日本にいる時のように活用したい方は、レンタルWi-fiを国内で申し込んで持参しましょう。

特に海外に初めて行く方などはモバイルWi-fiがあると道に迷った時や現地のおすすめのレストランを探す時などに大変便利です。

ご紹介したようにサービス会社によって特徴が若干変わってきますので、ご自身にあったレンタルWi-fiを選んで利用してみてくださいね。









この記事をかいた人

moja

元外資系企業のSE。10年海外で働いたのちにフリーランスへ。SEの働き方やフリーランスの働き方をお届けします。