マレーシアのレンタルWi-Fiおすすめを徹底比較【旅行・出張にも使える】

マレーシア WiFi おすすめ

クアラルンプールなどを中心に、旅行先としてだけではなく移住先としても人気の高い国・マレーシア。多文化に触れる事ができる国で、1つの国で様々な楽しみ方があります。

今回は、そんなマレーシアを楽しみながら旅行するために必要となってくるレンタルWi-Fiのおすすめを紹介していきます。

  • マレーシアでは日本と同じようにWi-Fiが使えるの?
  • マレーシアにはどんな種類のWi-Fiがあるのか?
  • マレーシアのフリーWi-Fiは充実しているのか?
  • マレーシアでWi-Fiを使う時の注意点は?

などの様々な疑問点を解決していきたいと思います。



マレーシアのレンタルWiFiおすすめランキング

マレーシアで利用できるレンタルWi-Fiを紹介します。

グローバルWiFi

公式サイト:グローバルWiFi

おすすめポイント
データ通信無制限プランがあるので、データを気にせず利用できます。海外に行っても24時間365日サポートシービスがあるので安心です。LINEなどのSNSで問い合わせができるので簡単。

200カ国以上で利用でき、利用プランが豊富に準備されているので、予算やデータ使用量に合わせて自分に合ったプランを選ぶ事ができます。

国内18か所の空港にレンタルカウンターがあるので、受け取りも簡単です。羽田・成田・関西国際空港では、前日の15時まで、国によっては当日まで申し込みができるので、急な旅行や出張にも便利です。

iPadや360°カメラなどのオプションも豊富に用意されています。

<受け取れる空港>

成田、羽田、中部、関西、伊丹、旭川、新千歳、仙台国際、静岡、小松、新潟、福岡、北九州、大分、宮崎、鹿児島、みやこ地下島、那覇

<容量、料金、プラン>

データ容量/日 料金/日
通常プラン 300MB 970円
大容量プラン 600MB 1,170円
超大容量プラン 1.1GB 1,470円
無制限プラン 無制限 2,170円

イモトのWiFi

公式サイト:イモトのWiFi

おすすめポイント
お客様満足度が高く、利用者が多いです。会員登録をするとお得な特典を受ける事ができるので、海外に行く機会が多い人には特におすすめです。

大手の中ではレンタル料金が安めの設定がされており、気軽に利用できます。キャンペーンをしている事が多く、50%割引などを行っている場合もあるので、キャンペーンと時期が被るととても安く利用できます。

30日以上の長期で利用する場合には、長期割もあるので出張などで長期で海外に滞在する方におすすめです。

ネットでの予約も簡単で、最短3分でできるので今までレンタルWi-Fiを利用した事ない人でも簡単です。

<受け取れる空港>

成田、羽田、新千歳、中部、関西、福岡

<容量、料金、プラン>

データ容量/日 料金/日
大容量 500MB 1,280円
ギガ 1GB 1,580円
30日 500MB 23,000円

Wi-Ho!

公式サイト:Wi-HO!

おすすめポイント
料金が非常に安く、学生などでも利用しやすい。Webページがシンプルで使いやすく申し込みが簡単。キャンペーンもしており、30%割引や50%割引などを行っていることもある。

多くのレンタルプランが準備されており、1台でアジア15カ国で使えるプランや世界中でできるプランもあるので、複数カ国旅行する人におすすめです。

総額3,000円以上の契約の場合、送料無料で自宅などに発送してもらえるので、事前に受けとる事ができます。

万が一の時の保証プランが充実しており、あんしん保証プレミアムでは自身のカメラやスマホなどの破損やパスポート盗難時の再取得費用も保証してもらえます。

<受け取れる空港>

羽田、成田、新千歳、中部国際、関西国際、松山、福岡

<容量、料金、プラン>

データ容量/日 料金/日
通常プラン 300MB 590円
大容量プラン 500MB 890円
1ギガプラン 1G 1,190円
無制限プラン 使い放題 1,790円

フォートラベル

公式サイト:フォートラベル

おすすめサイト
受取・返却できる空港が多く、地方の空港でも安心。200カ国以上で利用でき、高品質で高速のインターネットを提供している。サポート体制も充実。

使える国も多く、 Wi-Fiの設定も簡単です。会員登録しておくと、航空会社のマイルに交換できるポイントを貯めることもできます。

オプションが充実しており、iPadや翻訳機の他にもミニフォトプリンターやノイズキャンセリングイヤホンなどもレンタルする事ができます。

マレーシアはデータ通信無制限プランが利用できるので、通信量を気にせず利用できます。

<受け取れる空港>

成田、羽田、中部、関西、伊丹、旭川、新千歳、仙台国際、静岡、小松、新潟、福岡、北九州、大分、宮崎、鹿児島、みやこ地下島、那覇

<容量、料金、プラン>

データ容量/日 料金/日
通常プラン 300MB 970円
大容量プラン 600MB 1,170円
超大容量プラン 1.1GB 1,470円
無制限プラン 無制限 2,170円

jetfi

公式サイト:jetfi

おすすめポイント
レンタルWi-Fiを受け取る方法が多く、ローソンやファミリーマート、郵便局で受け取る事ができる。Wi-Fiが最大15時間可動する大容量バッテリーになっているので、充電切れの心配が少ないです。

受け取れる場所がコンビニ、郵便局など合わせて総数50,000か所以上と圧倒的な数を誇っています。

電話がかけ放題になるオプションプランもあり、レンタル料金に180円プラスするだけで、日本へ電話をかけたり電話を受けたりする事ができます。会社の出張などの場合、このプランはおすすめです。

30日以上の長期プランもあり、通常価格より最大64%安くレンタルする事ができます。

<受け取れる空港>

成田、羽田、中部、関西、新千歳、秋田、広島、松山、鹿児島、那覇

<容量、料金、プラン>

データ容量/日 料金/日
通常プラン 350MB 680円
大容量プラン 500MB 980円
超大容量プラン 1GB 1,280円
無制限プラン 無制限 1,580円
30日 500MB 12,800円

FAST-Fi

公式サイト:FAST-Fi

おすすめポイント
1台でアジアエリア内や、世界全土で使えるWi-Fiを利用しているため、周遊する場合おすすめ。急に訪れる国が増えても申請が必要ないので便利です。

Wi-Fi本体にモバイルバッテリーが内蔵されているので、Wi-Fi兼モバイルバッテリーとして使う事ができます。また、日本国内でもWi-Fiを使う事ができます。

Wi-Fi本体に翻訳機能が標準搭載されているので、追加料金なしで利用する事ができます。

空港受取サービスも開始しており、空港でWi-Fiを受け取ることもできるようになりました。

<受け取れる空港>

成田、羽田、関西

<容量、料金、プラン>

データ容量/日 料金/日
ライトプラン 350MB 410円
スタンダードプラン 500MB 560円
プラチナ 1GB 980円
30日プラン 500MB 13,500円

マレーシアのレンタルWiFiを選ぶポイント

マレーシアのレンタルWi-Fiを選ぶ時にチェックしておきたいポイントがいくつかあります。

値段

値段はとても大事です。予約するサイトによっても大きく差が出ますし、プランによってもかなり値段が変わってきます。

ほとんどのサイトが早く予約すると早割などで10%〜30%ほど割引をしています。もし、旅行する日程が決まっている場合はできるだけ早く予約をした方が良いです。

通信プラン

通信プランも大事になってきます。ほとんどのサイトで、複数の通信プランが準備されています。

容量が大きければ大きいほど値段が高くなりますが、眼制限プランなどを契約しても、自分が普段からあまりデータを使わないのであれば無駄になってしまいます。自分のスマホの使い方に合わせた容量のプランを選ぶ事が大事になってきます。

また、現在は4Gのプランとともに3Gのプランを用意しているサイトもあります。通信速度をあまり気にせず、安くレンタルWi-Fiを使いたいのであれば、3Gのプランを利用するのも良いでしょう。

旅行期間

滞在期間に合わせたサイトを利用するのも大事です。

短期間の旅行であれば、基本的にほとんどのサイトが対応しているので、自分の使い勝手が良いサイトを使えば良いでしょう。

ですが、長期の場合は長期プランがあるサイトを利用することをおすすめします。長期プランがないサイトの場合、長期プランがあるサイトに比べ2倍ほどの料金がかかってくる場合があります。なので、自分の旅行や出張の期間に合わせて利用しましょう。

マレーシアのレンタルWiFiは現地でレンタルできる?

現在マレーシアでレンタルできるWi-Fiはないようです。現地の人向けに日本語以外で対応している場合はあるかもしれませんが、その場合マレー語か英語対応になると思われます。

現地に着いてからレンタルWi-Fiをしているお店を探すのは、現地の友達がいるか、現地に精通していないとなかなか難しいです。なので、現地でWi-Fiをレンタルするのはおすすめできません。

そのかわり、空港などでSIMカードを買うことができます。4社ほどプリペイドSIMを販売しており、旅行日数に合わせたプランで購入する事ができます。ただし、現地でSIMカードを購入し使用したい場合は、事前に日本でSIMロックを解除していかなければ使えないので注意です。

現地でSIMカードを購入する場合は、1人1枚購入しなければならなく、日本のSIMカードを自分自身で管理しなければなりません。なので、日本のSIMカードを無くすのが心配な方や、数人で旅行をする場合はWi-Fiレンタルの方がおすすめです。

マレーシアの現地のフリーWiFi情報

マレーシアはフリーWi-Fiがとても充実しています。特にマレーシアの首都であるクアラルンプールでは、日本よりもフリーWi-Fiを設置している店が多く、至るところでフリーWi-Fiを利用する事ができます。

空港やホテル、カフェ、レストラン、ショッピングモールには、ほとんどフリーWi-Fiが設置されています。カフェやレストランの場合、パスワードが必要な場合があるので、その場合は店員に聞くと教えてもらえます。

日本でも人気の高いスターバックスや、現地で人気のあるオールドタウンホワイトコーヒーは、確実にフリーWi-Fiが設置されているのでおすすめです。

マレーシアの観光都市でもあるペナンやマラッカなどの都市はクアラルンプールに比べ、郊外にある都市なのでフリーWi-Fiの数が少なく、カフェやレストランでもフリーWi-Fiが設置されていない場合もあります。もし、フリーWi-Fiが使いたい場合は、お店に入る時に店員に一度確認してみると良いでしょう。

マレーシアのレンタルWiFiの注意点

ウズキャリ既卒の口コミや評判から分かる4つの特徴

マレーシアでレンタルWi-Fiを使う場合、盗難や破損に注意しなければなりません。

マレーシアなどの東南アジアはバイクやバイクタクシーなどの移動手段を使う人もいると思います。その場合、ポケットから落としてしまったりしてしまう可能性もあるので、管理には注意です。

また、Wi-Fiのみならず、貴重品から目を離したりしてしまうとスリなどにあってしまう可能性もあります。なので、貴重品から目は離さないようにしておきましょう。

マレーシアのレンタルWiFiまとめ

マレーシアはフリーWi-Fiが充実しており、Wi-Fi環境だけなら日本にも優っています。ですが、観光地や郊外都市に行くと、フリーWi-Fiの数が少なくなり、フリーWi-Fiのみで行動するのは難しくなってきます。

フリーWi-Fiの場合、セキュリティーが弱い場合もあるので、セキュリティーのためにも、楽しい観光のためにも日本からフリーWi-Fiをレンタルしていき、マレーシア旅行を楽しめるようにしましょう。









マレーシア WiFi おすすめ