最近話題になったイケてるWebサービス・アプリ11選(2019年9月編)

こんにちは!

毎月恒例「最近話題になったイケてるWebサービス・アプリ」2019年9月編を紹介します。

※バックナンバーはこちらよりご覧いただけます。



Adobe Fresco

AdobeからリリースされたiPad用デジタルスケッチアプリ。

iPad用のスケッチ、ペイント系のアプリは多々ありますが、いよいよAdobeからも本格的アプリがリリースされました。このFrescoの特徴は。とにかくブラシの数が豊富なこと。
また、ブラシの中でも特に油彩や水彩に強く、まるでアナログで描いているようなにじみや色同士の混ざり方を再現しています。

iPad用に最適化されており、Apple Pencilの筆圧検知とも相まって、非常に気持ちの良い描画ができます。
今までアナログオンリーだった方も、そのリアルな使用感に自然に馴染むことができるのではないでしょうか。

»https://www.adobe.com/jp/products/fresco.html

Apple Arcade

Appleからリリースされたゲームのサブスクリプションサービス。
月額600円でオリジナルのゲームを広告や課金なしで遊ぶことができます。

また、マルチデバイスに対応しているので、iPhoneやiPadだけでなく、MacやAppleTVで楽しめるのも特徴です。

インディーゲームだけでなくスクウェア・エニックスやカプコンなどの有名デベロッパーが参加している点もゲーマーにとっては嬉しい限りです。
リリース時でも100タイトル以上がラインナップされていますが、今後も毎月追加されていくとのこと。

»https://www.apple.com/jp/apple-arcade/

MySize CAMERA

スマートフォンのカメラで体を採寸できるアプリ。
ユニクロアプリ内で利用できる新サービスです。

身長や体重などの個人データを入力して正面と側面からカメラで撮影するだけで性格にサイズをは測ることができます。
そのままオンラインストアにて自分のサイズにあった衣服を探すことができてとても便利です。

スマホひとつで正確にサイズがわかるので、サイズが違ったといった失敗が大幅に減らせるようになるのは嬉しい限り。
ユニクロを普段からよく利用する人はぜひ使ってみてください。驚くほどかんたんです。

»https://www.uniqlo.com/jp/ja/contents/mysize-camera/

特務機関NERV防災アプリ

位置情報に基づいて最速で防災情報を受け取ることができるアプリ。

エヴァンゲリオンに登場する特務機関NERVをモチーフにした防災情報アカウントとして、Twitterで見たことがある人も多いのではないでしょうか。
気象庁から直接データ提供を受けていることで、地震や津波、警報などが国内最速で配信されることが特徴です。

アプリになったことで、位置情報に基づいた最適な情報を通知、閲覧できるだけでなく、見やすいデザイン、緊急度によって通知の種類を分けるなどひとつのアプリUXとしてもとても参考になります。

現在はiOS版のみ提供。

»https://nerv.app/

Dplay

ディスカバリーが提供するビデオストリーミングサービス。

ディスカバリーチャンネルやアニマルプラネット、ID、QUEST by Discoveryなどが見放題となっています。
しかも他のビデオストリーミングと違うのは、会員登録さえすればすべて無料で見放題という点。

過去の番組がほとんど配信されているほか、日本オリジナル番組も制作予定とのことで、とてもじゃないですが見切れないコンテンツ量です。

ディスカバリーの番組はドラマや映画とはまた違った魅力があるので昔からのファンも多いことでしょう。
時間が足りないことだけが懸念点です。

»https://www.dplay.jp/

OHEYAGO

セルフ内見ができる部屋探しサービス。
不動産スタートアップのイタンジからリリースされました。

OHEYAGOの特徴は、内見から申し込み、契約まですべてセルフで行えること。
サイト上で気になる物件があれば、スケジュールを調整、するとスマホに電子鍵が届くので、
あとは直接物件にいって内見します。
もし気に入ったらWEB上から申し込み、契約を行えばあとは入居するという流れ。

まさに現代に見合った不動産サービスです。
まだ物件数はとても少ないですが今後に期待です。

»https://oheyago.jp/

PORTO

参考書が読み放題のサブスクリプションサービス。

月額980円で、受験生向けの参考書をアプリからいくらでも読むことができます。
参考書といえば、どれも基本的に分厚く、持ち歩くのに苦労します。
また、人によって合う合わないもあるのでどうしても購入に慎重にならざるを得ません。

ポルトを使うことによって、アプリからいつでも気軽に読むことができ、自分に合うかどうかも試しやすいのでより効率的に勉強ができるようになります。

まだ参考書の数は少ないですが、今後充実していくことは間違いないので、受験生や親御さんは要チェックです。

»https://porto-book.jp/

Profee

プロフィールを魅力的に伝えることができるサービス。

肩書や職業を並べただけではなく、やっている活動や趣味、今までの歩みなどを記したオリジナルのプロフィールを作成できます。

また、友人や周りの人が紹介文を書くことができるので、より客観的で信用力のあるプロフィールになるのも特徴。

「はじめまして」改革。というキャッチコピーのとおり、個の時代によりフォーカスしたサービスになっています。

»https://profiee.com/

every pass

月額定額で自販機の飲み物が飲み放題になるサービス。

厳密には飲み放題というわけでなく、毎日1本受け取ることができるというものですが、毎日のように自販機を利用する人にとってはとてもお得で便利なサービスです。

JRの駅に設置されているacureの自販機にて利用可能です。

現在は検証期間ということもあり、人数制限のもと運用されています。
今後、全ユーザーにサービスが開放されるときが楽しみですね。

»https://everypass.acurepass.co.jp/

yup先払い

報酬を即日受け取れるフリーランス向けのファクタリングサービス。

請求書を登録することで、申請金額の即日受け取りが可能というのが特徴です。
通常、請求書を発行してから支払いが行われるまで1〜2ヶ月先なのが普通ですが、急にまとまった資金が必要になることもあります。
そんなときに実質前払いで必要資金を受け取れることで助かる人も多いのではないでしょうか。

利用金額は申請額の10%。月額固定費などは無料とのこと。

»https://yup.jp/

Hibana

サイト設置型のユーザーインタビューツール。
クラウドファンディングのCAMPFIREからリリースされました。

掲示板形式でトピックやフォーラムを設定し、ユーザーに回答してもらいながらインタビュー形式でインサイトを探っていくことができます。

インサイトを探ること、そして運用コストをできるだけ減らすための機能が豊富に用意されており。ユーザーの回答を自然に効率よく引き出していくことが可能。

オンライン上で本質的なユーザーヒアリングができるのは、サービス運用側にとってとても魅力的です。

»https://hibana.co/

まとめ

気になったWebサービスやアプリがあればぜひチェックしてみてくださいね。

著者のツイッターでも新サービス情報などを発信していますので、よかったらフォローお願いします。

引き続きタレコミやプレスリリースもお待ちしております!
それではまた来月!









この記事をかいた人

穂積 かずゆき

creive編集長。ルノハ株式会社CEO。