未経験から広告業界に転職するための全知識【おすすめ転職エージェントも】

「広告業界に転職したいけど、未経験で大丈夫なんだろうか」

「イマイチ広告業界がどんな業界なのか掴めていない」

このように考えている人は、多いのではないでしょうか。

未経験だからこそ、広告業界に転職しようと思ったときに、様々な不安が押し寄せてきます。

そこで、この記事では「未経験者が広告業界に転職するために必要な知識」をご紹介していきます。



未経験者が広告業界への転職で最初に考えておきたいこと

では、最初に未経験者が広告業界へ転職しようと思い立った時に、最初に考えておきたいことはなんなのでしょうか。

具体的には、次の3つです。

・広告業界の「どの仕事」に就きたいのか
・広告業界に転職した後のキャリアアップについて
・企業へ就職するか、個人事業主で活動するか

広告業界の「どの仕事」に就きたいのか

「広告業界ってどんなところなんだろう」と疑問を抱くこともありますよね。

広告業界でも仕事の幅は広く、次の3つに分かれます。

・総合広告会社
・専門広告会社
・インターネット広告会社

総合広告会社

総合広告会社をわかりやすい企業でいえば、少し前に働かせすぎだと話題になった電通が含まれます。

仕事内容は、企画提案から広告の制作納品までです。

主な特徴としては、すべての広告媒体を使うことができるところです。

専門広告会社

専門広告会社をわかりやすい企業でいえば、読売ISです。

専門なので、特定の広告方法に特化している会社、といえば理解しやすいでしょう。

特定の年代やユーザーにだけアプローチしたいときは、総合広告会社を使うよりも、やすく的確にアプローチすることができます。

インターネット広告会社

インターネット広告会社をやっている企業で有名なのは、サイバーエージェントやGMOグループです。

一度は、耳にしたことがある企業ではないでしょうか。

インターネットは、大きく分けると3つの広告が存在します。

・リスティング広告
・ディスプレイネットワーク広告
・アドネットワーク広告
リスティング広告

リスティング広告とは、検索したワードに合わせて、様々な関連情報を広告として流す企業です。

例えば、広告業界に関することをインターネットで検索したとします。

毎日、同じようなキーワードを検索していると、広告業界に関連している記事を選択するたびに、「今こそ転職するときです!」といった広告が出始めるのです。

つまり、検索エンジン側がユーザーが興味を持ったことに対して、広告として表示されるのがリスティング広告なのです。

ディスプレイネットワーク広告

ディスプレイネットワーク広告は、邪魔だと感じている人が多いかもしれません。

どんな広告かというと、ネットサーフィンをしているときに急に画面内に出てくる広告です。

実はこの広告は、どの年代にどんな広告を配信するか、あらかじめ決められています。

つまり、自分が無意識に欲しがっている商品やサービスを、教えてくれる広告だといえるでしょう。
アドネットワーク広告
アドネットワーク広告とは、多くのメディアを集めて独自のネットワークを形成して、そのネットワーク内で広告を掲載する仕組みです。

契約しているメディアが多いので手続きが面倒だと思われがちですが、実際にはアドネットワークの仲介業者がいて、その業者が手続きなどをしてくれます。

さらに、出したい広告に最適なメディアを自動的に選んでくれます。

効率的なインターネット広告だといえるでしょう。

広告業界に転職した後のキャリアアップについて

広告業界に転職できたら、その後のキャリアアップについても考えておいた方が良いでしょう。

キャリアアップとは、自分自身のスキルアップとともに、自分の市場価値に見合う企業への転職することをいいます。

例えば、就職当時から何年かお世話になっている企業があるとします。

あなた自身は、その企業からはもう何も学べる事はありません。

そこまでスキルアップしてあなたは、こう考えるはずです。

「もっとスキルアップをしたい、自分自身を成長させられる会社に転職したい」

広告会社に勤めたキャリアとスキルがあれば、おそらく前に勤めていた広告会社よりは、高待遇が期待できます。

もし、なりたい職種があって広告会社に転職したのであれば、その職種に就けるまでは転職を繰り返してもいいでしょう。

企業へ就職するか個人事業主で活動するか

これは大きな選択肢ですが、広告会社へ就職するか個人で事業展開するか選択することができます。

企業に就職して、給料もらいながらスキルアップをしていくのが安泰かもしれません。

しかし、会社なので時間の拘束や、待遇面での不満が出ることがあります。

時間に拘束されたくなければ、個人事業主として展開していくのも選択肢の1つです。

独学で広告業界のことを勉強して、スキルを身に付け、仕事を取れるようになれば、好きな時間に仕事ができるようになります。

あなたの生活に合った方法で、活動を考えてみてはいかがでしょうか。

広告業界の職種は何種類あるの?

広告業界の仕事については、少しご理解いただけたのではないでしょうか。

では、広告業界のカテゴリが二分化されている中で、広告業界の職種は何種類あるのでしょうか。

広告業界の職種は全部で5種類ある

実は、総合広告会社と専門告会社の両方を見ても、職種は全部で5種類に絞られます。

その5種類の職種は、次の通りです。

広告営業

どの職種にも営業職はありますが、広告業界にも広告営業という職種があります。

どんな仕事かというと、自社企業が作った広告の宣伝です。

宣伝先は、主に取引があるクライアントです。

取引先を新規開拓する場合もありますが、自社企業が作った広告と、その広告を欲しがっている企業があったときだけです。

広告業界に転職してまで、営業したくないと考える人もいるでしょう。

しかし、会社の人事異動によって、営業部署に移動させられるケースも少なくありません。

広告業界に転職した時は、人事異動があることも視野に入れておくといいかもしれません。

デザイナー

デザイナーの仕事は、簡単にいってしまえば「クライアントが望むデザインを描くこと」です。

いくら、自分が良いデザインだと思っていても、クライアントが修正依頼を出してきたら、修正しなければいけません。

その点で、少し葛藤があるかもしれません。

ほとんどの場合、デザイナーは1つのチームとして広告を作り上げます。

チームで議論を繰り広げるので、その議論を基にして、広告デザインを創っていくことになるでしょう。

あとは、クライアントとチーム内での打ち合わせが鍵となってきます。

いかに、クライアントのニーズが早く汲み取れるかが、デザイナーの仕事といってもいいかもしれません。

マーケティング

マーケティングは、どのユーザーにどういった広告を出せば、商品を買ってくれるかを調査する仕事です。

例えば、音楽が好きなユーザーにスポーツの広告を見せたとしても、買ってくれる可能性は低いですよね。

音楽が好きなユーザーには、音楽の広告を見せて初めて購買欲をそそることができます。

つまり、こういったマーケティング能力も、広告業界には必要だといえるでしょう。

メディア担当

広告業界のメディア担当と聞いても、ピンとこない方が多いのではないでしょうか。

メディア担当の仕事は、インターネット上でどのように広告を宣伝していくかを、クライアントにプレゼンしていく仕事です。

別名「メディアプランナー」とも呼ばれています。

簡単な例を挙げると、インターネット上でアフリエイト型の広告を出すのか、クライアントが持っているメディアがあれば、そのメディア内でのみ広告を出すのか。

といったことを提案するのが、メディア担当の仕事だと考えていいでしょう。

プロモーション担当

広告業界のプロモーション担当の役割は、新規顧客の獲得から商品の宣伝です。

宣伝という部分では、メディア担当と変わらないと思うかもしれません。

明確な違いは、プロモーションでは「商品を認知させて、購買意欲を持ってもらうにはどうしたらいいか」を考える仕事だということです。

メディア担当は、広告の宣伝方法をクライアントに提案する仕事、プロモーション担当は、広告を使って商品を買ってもらう戦略を考える仕事だと振り分けることができます。

あなたが、この5つの職種のうち、どの職種に就きたいかを考えるかによって、動き方が変わります。

よく検討してから、職種を選ぶようにしましょう。

広告業界へ転職するメリット・デメリット

広告業界にどんな職種があるかは、ご理解いただけたのではないでしょうか。

そこで、次は広告業界で転職するメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

広告業界へ転職するメリットは、次の2つです。

・チームに一体感が生まれる
・完成品を街で見かけたときの喜び

チームに一体感が生まれる

1つの仕事を終えたときに、チームに一体感が生まれやすいです。

感覚でいえば、みんなで考えてみんなで作った出し物を発表して、喜ばれたときの感覚に近いかもしれません。

次回も仕事をするならこのチームでやりたい、仕事を終えた後には、そういった「一体感」がチームに生まれているはずです。

この一体感も、広告業界ならではのものといえるのではないでしょうか。

完成品を街で見かけた時の喜び

自分たちが作り上げた広告作品を街で見かけたときには、なににも変えられない喜びが得られるでしょう。

どんな作品とコラボした完成品であれ、自分たちが作った広告作品を、いろんな人が写真を撮ってSNSに投稿してくれるのを見てると、それだけで嬉しくなってきますよね。

広告業界でしか、味わえない喜びのひとつだといえるでしょう。

デメリット

広告業界で働くデメリットは次の2つです。

・休日出勤は当たり前
・残業が平均で月に約300時間

休日出勤は当たり前

広告業界に転職を考えている人は、休日出勤は避けて通れない道だと思っていてください。

なぜなら、広告業界では、休日出勤をしなければ納期に間に合わないような仕事がたくさん舞い込んでくるからです。

「納期に間に合わない仕事がたくさんあるといっても、なんでそんなに残業する必要があるの?」と考えている人もいるでしょう。

はっきり言いますと、チームの仕事が遅かろうが早かろうが、納期ギリギリの仕事が入ることが頻繁にあるのです。

例えば、大きな仕事が1件終わったとしましょう。

そのときに、別のクライアントさんから「2日後までにこの広告デザインをあげてほしい」と言われることも少なくありません。

この依頼日が金曜日だったら、どうなると思いますか?

納期は日曜日となり、休日出勤せざるを得なくなりますよね。

つまり、休日出勤となりやすい業界だといえるのです。

残業が平均で月に約300時間

広告業界は、残業が平均で300時間もあるといわれています。

300時間ということは、1日平均10時間の残業がある計算です。

そのため、会社へ寝泊まりする人が多いともいわれています。

なぜなら、仕事が次々に入ってきて、終わらなくなってしまっているからです。

広告業界に転職するときには、どの企業でも残業時間は多いという認識を持っておいたほうが良いでしょう。

未経験者が広告業界で必要とされる能力とは?

では、未経験者が広告業界で必要とされる能力は、どんなものがあるのでしょうか。

素直さ

ここでいう素直さは、相手から言われたことをそのまま実行する「素直さ」ではありません。

仕事のやり方よりも、将来的に自分のスキルになるものを「素直に受け入れられるか」どうかの素直さです。

仕事のやり方は、企業によって全く異なります。

しかし、スキルはどの企業に行っても通用します。

つまり、職場に対しての素直さよりも、スキルを柔軟に学ぶことに対しての素直さが大切だといえるでしょう。

人に頼れる力

仕事をされている方は共通すると思いますが、「分からないことがあったらなんでも聞いてね」という言葉ほど信用できないものはないですよね。

実際にそうやって言ってくる人に限って、質問しても「後にして!」と言われてしまうことが多いのではないでしょうか。

そこで必要になってくるのが、人に頼れる力です。

ただ、なかなか人に頼れないという人もいますよね。

そんなときは、考え方を変えましょう。

「この会社で生き残るために質問するんじゃない、将来の自分のために質問するんだ」と考えるようにすれば、分からないことでもどんどん聞けるようになっていくでしょう。

広告業界へ転職するときに注意したいこと

広告業界へ転職したいときは、次の2つに注意してみましょう。

・転職後に「働けている自分」をイメージできるか
・正社員から始める必要はない

転職後に「働けている自分」をイメージできるか

転職活動を始める前に、「広告業界で働いているあなた」をイメージしてみてください。

どうでしょうか?

ここで上手く想像ができない方は、「とりあえず広告業界に転職したい」といった考えを持っている人が多いのではないでしょうか。

広告業界は、明確なビジョンが自分の中で描けていないと、仕事を継続的にこなしていくことが難しくなります。

あなたが広告業界に転職して、どんなポジションに就いてどんな仕事をしていきたいのか。

まずは、ゴールを設定するところから始めていきましょう。

正社員から始める必要はない

勘違いしている人が多いのが雇用制度です。

正社員で保証されているのは、安泰な労働だけです。

それ以外は、他の労働者と変わりはありません。

つまり、労働の仕方によっては、正社員よりも高いスキルを効率よく得ることができます。

例えば、派遣社員として広告業界に勤めても良いかもしれません。

派遣社員であれば、あなたがやりたい仕事だけをやらせてくれる可能性も上がります。

要は、習得したいスキルを、遠回りせずに習得することができる可能性があるのです。

未経験から広告業界へ転職するならシンアドを利用しよう!

未経験から広告業界への転職を考えている人におすすめなのが、「シンアド」という転職サイトです。

» 広告・PR・デジタル業界の転職支援「シンアド」

最後に、この転職サイトをご紹介しておきます。

シンアドの特徴

シンアドの主な特徴は、次の3つです。

・求人数は少ないが「珍しい」求人が多い
・広告業界にトップクラスで強い
・面談はオンラインでも可能

求人数は少ないが「珍しい」求人が多い

求人数は100社くらいですが、珍しい求人が豊富です。

どういった求人があるかというと、どんな人でも利用しているツールで、なおかつ一度は目にしたことがある企業が名前を連ねています。

身近で有名なところでいうと、「LINE」がシンアドで募集をしています。

GMOグループ内の子会社「GMO TECH」もシンアド内で募集をしています。

ベンチャー企業や有名企業が多いので、このサイトだけ見ておけば「数ある広告業界のサイトから厳選されたサイト」だけとマッチングすることができるのです。

転職活動に割く時間も短くできるので、効率的だといえるのではないでしょうか。

広告業界にトップクラスで強い

広告業界の求人系でもっとも強いサイトは、他のサイトかもしれません。

しかし、広告業界でトップクラスに安定している転職支援サイトは、シンアドだといえるでしょう。

なぜなら、シンアドが扱う求人は「量より質」を重視しているからです。

他の求人サイトを見ていただければ分かるのですが、求人数だけ多い転職サイトも中にはあります。

ただ、その中から自分に合う企業を見つけるのって、結構大変ですよね。

広告業界だけに絞ると、豊富にあった求人数も一気に減ります。

裏を返せば、それだけ求人数が少ないという証拠にもなるのですが。

だからこそ、シンアドが広告業界の転職サイトとして、重宝されているのです。

面談はオンラインでも可能

シンアドのもうひとつの魅力、それは地方や都内に関係がないということです。

よく面接や面談をするときに、地方在住の人だとそこまでいけない人もいますよね。

交通費だけでも、少なくないお金がかかっているわけですから。

シンアドでは、そんな悩みもいりません。

なぜなら、スマホやパソコンさえあれば、オンラインで面談ができるからです。

つまり、自宅にいながら、担当者にヒアリングをしてもらうことができるのです。

なお、ヒアリングのときに使うソフトは「Skype」です。

» 広告・PR・デジタル業界の転職支援「シンアド」

まとめ

今回は、未経験から広告業界に転職する方法として、数多くの知識を提供させていただきました。

現在、広告業界へ転職するかどうか悩んでいる人は、広告業界の現状やどんな仕事があるかがご理解いただけたのではないでしょうか。

ぜひ、広告業界へ転職したいと思ったときには、参考にしてみてください。









この記事をかいた人

Web系企業のプロデューサー。大手でエンジニア見習い→ベンチャーでディレクター→ソシャゲの会社でプロデューサー。