Facebook広告の支払い方法【銀行からの引き落としはできる?】

Fecabook広告をはじめようと思った時にどのように支払いをすればいいのか迷ってしまいますよね。

あまり広告を使わないならクレジットカードは使いたくないですし、できたら銀行口座から引き落としをして欲しい。

そもそもどんな支払い方法があるのかわからない。

今回はそんなFacebook広告の支払いに方法についてご紹介をしていきます。

Facebook広告の支払い方法

Facebook広告の支払い方法は

  • クレジットカード(デビットカード)
  • Paypal
  • オンライン銀行振り込み(初回に設定した場合のみ)
  • Facebook広告クーポン(クーポンがある場合のみ)

の4種類となっています。

クレジットカード(デビットカード)

クレジットカードが最も一般的な支払い方法になります。

クレジットカードを登録するだけで、広告を利用した分だけ請求がされるので安心して利用することができます。

  • VIZA
  • Mastercard
  • AmericanExpress

の3銘柄となっています。JCBは表示されてはいるものの、利用できないので注意が必要です。

クレジットカードのみではなくデビットカードでの支払いにも対応しています。

Paypal

Paypalはメールアドレスとインターネットを利用した、決済サービスで世界的にもかなり有名な決済サービスです。

Facebookの支払いにも対応をしています。

Paypalは、クレジットカード、銀行口座を登録をすることができ、Paypalを経由して支払いを行うことができます。

オンライン銀行振込(初回に設定した場合のみ)

オンライン銀行振り込みは、支払い方法でも「手動決済」を選択した際に利用をすることができます。

手動決済は、一定の金額を広告アカウントに追加するプリペイド形式になっています。

ただし、支払い方法を手動決済に設定して尚且つ初回に手動決済を設定した場合にのみ利用することができます。

事前にアカウントにお金を振り込みチャージして利用する形となるので、もし広告アカウントが凍結した際は利用をすることができないので注意しましょう。

Facebook広告クーポン(クーポンがある場合のみ)

Facebookがキャンペーンを行っており、広告費をクーポンのような形で支払うことができます。

Facebook自体が世界的な企業なこともあり、滅多にキャンペーンは開催されませんがクーポンをもらうことができた場合は支払い方法として利用することができます。

Facebook広告は銀行引き落としには対応していない

「ビジネス用のクレジットカードを持っていない」
「普段の支払いが銀行引き落としが多いので銀行引き落としにしたい」

と思い、楽な銀行引き落としを使いたいと思いますが、残念ながらFacebook広告の支払いは銀行引き落としに対応をしていません(日本以外の国では対応している国もあります)

もし銀行引き落としを利用したい場合は、Facebookが対応してくれるのを待つしかありません。

現状銀行引き落としのようにFacebook広告を支払うとしたら、

  • Paypalの銀行登録
  • 銀行のデビットカードを利用する

方法があります。

Facebook広告の支払い方法の設定方法

Facebook広告の支払い方法の設定方法をご紹介します。

①右上メニューを選択し、請求を選択

②支払い設定を選択

③支払い方法を追加を選択

④支払いたい方法選択する

⑤必要情報を入力して保存を選択する

これで、簡単に支払い方法を設定することができます。

現在は広告アカウントを作成する際に支払い情報を入力することが一般的となっています。

その際に選択した支払い方法もこの方法で変更することができます。

Facebook広告の支払い方法が拒否された時の対処法

Facebook広告を利用していると支払い方法がエラーなどで拒否される場合があります。

クレジットカードの有効期限や限度額の問題で停止されることもあるので、支払い方法を設定する場合は注意をして登録しましょう。

ただ支払いが拒否されたり、エラーがおこる場合は広告アカウントが停止または凍結された場合におこることがほとんどです。

その際の対処方法をご紹介します。

クレジットカードを変更する

一度広告アカウントが凍結してしまうと、そのアカウントで利用したクレジットカードを利用することができません。(利用できる場合もありますが、そのカード情報経由で広告アカウントが停止する場合もあるのでおすすめしません)

そのため、エラーが起こった際はクレジットカードを変更することをおすすめします。

Paypalのアカウントを変更する

Paypalを利用している場合でもエラーで支払いが停止することがあります(かなり稀です)

Paypal支払いを利用していてエラーがおこってしまった場合は、Paypalの支払い方法を変更してもエラーがおこり支払いができない場合がほとんどです。

Paypalはメールアドレスで登録をしてあるので別のメールアドレスでPaypalアカウントを作り直して、登録をしましょう。

Facebook広告の支払いには、Paypalを利用するのがおすすめ

いろいろFacebook広告の支払い方法をご紹介しましたが、結論としてFacebook広告の支払いでは、Paypalを利用するのがおすすめです。

クレジットカードを直接登録した方が楽でポイントもたまりますが、もしもアカウントが凍結してしまった場合クレジットカードを変更しなくてはいけません。

発行できるクレジットカードにも限りがありますしクレジットカードを発行しすぎると個人や会社の信用情報的にもよろしくありません。

Paypalを利用すれば、Paypalでクレジットカードを登録するだけで利用することができますし、もしも広告アカウントが停止してしまった場合でもクレジットカードを再登録する必要がないので安心です。

また、Paypalでエラーが起こってしまってもPaypalのアカウント作り直すことで再登録することができます。

Paypalはアカウントを作る、利用するのも無料で行うことができるのでほぼリスクがありません。

まとめ:Facebook広告の支払い方法を設定してビジネスを宣伝

Facebook広告には様々な支払い方法があります。

正しい支払い方法を選択してもしもトラブルが起こってしまった際も冷静に対処をするようにしましょう。

会社によって支払い方法に制限はあるかもしれませんが、Paypal支払いがおすすめ。

広告を出稿してビジネスを宣伝するようにしましょう。

この記事をかいた人

アメリカでSE→フリーランス→起業 海外での働き方から、フリーランス、起業までわかりやすくお伝えできるようにします。 最近は広告とデザインに注力中。