一人暮らしのインターネット契約におすすめのサービスを徹底リサーチ

実家から離れて一人暮らしを行う方は、これまで気にすることがなかったインターネット環境をどうするか悩んでいませんか?

アパートで一人暮らしをすることになった場合、インターネットの利用目的によってはスマホのテザリングなどでは不十分だと感じている方もいるでしょう。

今回はそんな方のために一人暮らしにおすすめするインターネットサービス各種と、一人暮らしがネット料金をいかに抑えてストレスなく活用するかその方法について詳しく解説していきます。

これから一人暮らしをしようと考えている方も参考になると思いますので、是非ともネット料金で少しでも損しないために目を通してみてくださいね。



一人暮らしにインターネットは必要かまず考える

そもそも一人暮らしに光回線やレンタル WiFiやポケットWiFiなどのモバイル回線が必要なのでしょうか。

一人暮らしとなると会社にいる時間が圧倒的に長く、自宅にいる時間はとても少なくなります。

その間だけでネットを活用する時間も限られてくるわけですから、スマホだけでも十分だと言えますね。

PCが使いたい方はテザリング機能を使用すれば済むことですし、無理して月々5000円前後を払ってまで 自宅のWiFi環境を整える必要性もないと思います。

また、中には一人暮らしのアパートで会社から帰宅してからネットゲームをやったり、4Kで動画視聴をしたりしたい方もいらっしゃるかと思われますが、そういった方は光ファイバーを利用した光回線サービスの利用がおすすめ。

他にもアパートの外でもWi-fiを自由に使いたいといった方は、モバイル回線を利用するのが得策です。

このように利用目的に合わせてインターネット環境を整えることが大事になりますので、間違っても友達が使っているからとか、電気屋さんでおすすめされたから、などといったことで契約しないようにしてくださいね。

まずは、今の自分に本当にインターネット環境が必要なのか考えてみましょう。

一人暮らしのネット料金の平均は〇〇円!

一人暮らしのネット利用料金の平均額は、スマホだけだとおよそ8000円前後だと言われています。

そのほとんどが三大キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)等を使用しており、それらには20GBや30GBまで簡単にプランを変更するだけで使えるサービスがありますね。

その他にも沢山の便利なインターネット利用サービスがあるのですが、それらの利用に比べたらキャリアのプランを変更する方が遥かに簡単で手間がかからないので、日本人の多くがキャリアの大容量プランなどを利用しているわけです。

キャリアの大容量プランなどになると、月々20GB容量で8000円前後、30GBで1万円前後になるので大変コスパは良くありません。

値段やコスパにこだわるよりも、人間はどれだけ「手間がかかるか」の方が遥かに優先度が高いのが伺えますね。

その点、光回線やモバイル回線などのサービスを知っている方は、一人暮らしでも月々5000円前後ぐらいで収めているのでやはり知っているか知らないかというのはとても大事なことです。

インターネット料金はアパートの場合平均的にどこが安いのか?

一人暮らしの方の大半はアパートで暮らしていると思われますが、その場合平均的に安く利用できるのは三大キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)を使っている場合は、それぞれの光回線を利用した方が安く収まります。

  1. auひかり
  2. ドコモ光
  3. ソフトバンク光

それらどれにも当てはまらない場合は、「nuro光」がおすすめですね。

これはあくまでも固定回線で考えた時の話ですが、モバイル回線だとWiMAXをスマホと合わせて利用した方が月々の支払い料金も安く抑えることができるでしょう。

光回線の場合は月々、5000円前後。モバイル回線の場合は月々3000円前後で毎月インターネットが使い放題となります。

これにスマホ代金が3000円前後だったとしても、合わせて月々の支払い6000〜8000円前後で済みますね。

auやドコモ、ソフトバンクなどの大容量プランだと毎月通信制限が設けられていますが、光回線やモバイル回線だとほとんど制限はありません。

一人暮らしのインターネットの契約方法

一人暮らしのインターネット環境を整えようと、近くの電気屋さんへ駆け込もうと考えている方はちょっと待ってください。

電気屋さんへ行ってもあなたに合ったサービスを提案されるかわかりませんし、一旦契約してしまうと2年契約のサービスが多いのでその後途中解約する場合には違約金がかかってしまうケースも少なくありません。

契約したインターネットサービスが使えない上に、途中解約すると違約金がかかるなんて最悪のシナリオですよね。

そうならないで良いように、一人暮らしのインターネットの賢い契約方法をまとめてみました。

大きな流れとして以下のようになります。

光ファイバーの場合

  1. Webから申し込み
  2. 設置工事を行う
  3. インターネット利用開始

ざっくりですが光ファイバー回線を利用する場合は、Webから申し込んだ後インターネットが利用できるまで最短でも約1ヶ月かかってしまいます。

基本的に店頭まで行かずに、ネットから申し込む方法がベストですね。

その際はしっかりとそのサービス内容を確認して、各サービス会社の口コミや評判まで詳しくチェックしましょう。

店頭まで行ってしまうと、店員のセールストークにまんまと乗せられてしまう可能性があるので、ネットからの申し込みがおすすめ。

モバイル回線の場合

  1. Webから申し込み
  2. WiFiルーターが届く
  3. インターネット利用開始

モバイル回線(レンタルWi-fiやポケットWi-fiなど)の場合も、基本はネットから申し込みます。

こちらは一旦申し込むと、早いところで次の日からインターネットが自由に使えるので一人暮らしの方には大変おすすめですね。

モバイル回線の場合も、かなりサービス会社が多いのでプラン内容や口コミ・評判など細かくチェックして自分にあったサービス会社と契約するようにしてください。

一人暮らしでネット代金を節約する方法

一人暮らしで最もネット月々のネット代金を節約する方法は、「格安SIM+モバイル回線(レンタルWi-fi、ポケットWi-fi等)」の組み合わせです。

格安SIMとはキャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)以外の格安で提供しているインターネットサービスのことを指します。

最近は昔に比べて格安SIMの利用者も増えてきており、月々の支払い料金も数百円代まで抑えることが可能。

また、格安SIMで人気なのは、

  1. LINEモバイル
  2. DMM mobile
  3. IIJmio

などですね。

これらとモバイル回線の組み合わせで、毎月ストレスなくインターネットの利用が可能になります。

両方のサービスの利用料金を合わせても、月々の支払額は5000円にも満たない額になるので大変コスパよく利用できますね。

モバイル回線のおすすめのサービスについては、後の章で詳しくご紹介していますのでそちらをご参照ください。

一人暮らしにおすすめする光ファイバーサービスをご紹介

一人暮らしの方で特にインターネットのヘビーユーザーだと思う方は、光ファイバーサービスを利用した方が良いでしょう。

スマホと合わせて利用することでかなりお安く抑えることができるので、是非ともご自身に合ったサービス会社を選んでみてくださいね。

出典:http://internet-kyokasho.com/recommend-hikari/

また、おすすめの光ファイバーサービスは、

  1. nuro光
  2. ビッグローブ光
  3. auひかり
  4. ドコモ光

の4つになります。

ただ、光回線の場合は大体のサービス会社が2年間契約となっているため、一人暮らしの方で1年以内にその場所から引っ越す予定の方にはおすすめできません。

もし、引越しを解約期間内で予定されている方は、後でご紹介するモバイル回線(レンタルWi-fiやポケットWi-fi等)を利用した方が無難ですね。

また、以下から光回線について詳しく解説していきます。

おすすめの光ファイバー①:nuro光

公式サイト:https://www.nuro.jp/hikari/

nuro光(ニューロ光)は、世界最速の高速通信回線で今とても話題となっている光ファイバーサービスです。

価格面では回線使用料金や、プロバイダ料金、セキュリティーサービス等が全て込みの値段になっているため、大変コスパよく安価であると言えます。

また、工事費用もキャンペーンに申し込むことで、割引が適応され実質無料で行うことも可能ですね。

<価格>

月額料金:4,743円

<こんな人におすすめ>

  • スマホはソフトバンクを利用している方
  • スマホで格安SIMを利用されている方
  • 利用可能エリア内でお住いが一戸建ての方

<導入可能エリア>

  • 関東1都6県(東京、埼玉、神奈川、千葉、栃木、茨城、群馬)
  • 東海4県(静岡、愛知、三重、岐阜)
  • 関西2府3県(大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀)

おすすめの光ファイバー②:auひかり

公式サイト:auひかり

auスマホを利用している方は、かなりお安く利用できる光ファイバーサービス「auひかり」が超おすすめです。

auスマートバリューと呼ばれるサービスと合わせて利用すると、最大でスマホ代金が2000円オフになるので大変お得。

また、家族で使用すると一人一人に割引が適応されるので、総額的にはかなり価格を抑えることが出来ます。

<価格>

月額料金:3,800円

<こんな人におすすめ>

  • スマホはauを利用している方
  • 対応エリアが全国なので地方に在住の方
  • 通信速度にこだわりたい方

<導入可能エリア>

全国各地どこでも

おすすめの光ファイバー③:ドコモ光

公式サイト:ドコモ光

こちらもauひかりと同じでスマホがドコモユーザーな方は、大変お得に「ドコモ光」を利用することが出来ます。

ドコモ光セット割りと呼ばれるサービスがドコモユーザーには適応されるので、一人向けだと最大で1100円オフになることも。

また、利用可能エリアも大変広いので、場所を気にせずに使える点も特徴の一つですね。

<価格>

月額料金:3,800円

<こんな人におすすめ>

  • スマホはドコモを利用している方

<導入可能エリア>

  • 東日本エリア(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、福島県、北海道の各一部)
  • 西日本エリア(大阪府、和歌山県、京都府、奈良県、滋賀県、兵庫県、愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、広島県、岡山県、香川県、徳島県、福岡県、佐賀県の各一部)

おすすめの光ファイバー④:ビッグローブ光

公式サイト:https://join.biglobe.ne.jp/ftth/hikari/

光ファイバーサービスの大手と言っても過言ではない「ビッグローブ光」。

フレッツ光からの乗り換えであれば設置工事の必要がなく、0からの設置工事でも工事費用はキャンペーン割で実質無料になるのがビッグローブ光の大きな特徴でしょう。

また、auスマートバリューが適応されると携帯代金が安くなるので、auユーザーの方には本当におすすめできるサービスの一つですね。

<価格>

月額料金:3,980円

<こんな人におすすめ>

  • マンションやアパートにお住いの方
  • スマホで格安SIMを利用されている方
  • スマホはauを利用している方

<導入可能エリア>

  • 静岡県
  • 愛知県
  • 岐阜県
  • 三重県
  • 大阪府
  • 京都府
  • 和歌山県
  • 奈良県
  • 滋賀県
  • 兵庫県
  • 沖縄県

一人暮らしにおすすめするモバイル回線サービスをご紹介

筆者自身もモバイル回線であるレンタルWi-fiを1ヶ月利用していた時期がありますが、実際に一人暮らしをする方であれば格安で利用できるモバイル回線だけでも十分だと思います。

ここではそんなおすすめ格安モバイル回線サービスを4つに絞ってご紹介していますので、是非とも参考にしてみてください。

  1. GMOとくとくBB
  2. Y!mobile
  3. au WiFi
  4. ソフトバンク WiFi

モバイル回線の場合は、自宅の外でも自由に持ち運べて活用できる点が一番のメリットといっても良いでしょう。

ですが、逆に外ではあまり活用せずほぼほぼ自宅のみで使っているという方は、光回線がおすすめかもしれません。

その辺りしっかりとご自身の利用目的を洗い出してから、契約するかどうか考えてみてくださいね。

また、こちらもそれぞれ解説していきますね。

おすすめのモバイル回線①:GMOとくとくBB

公式サイト:https://gmobb.jp/

月額料金最安値といっても過言ではないプロバイダサービス会社「GMOとくとくBB」。

月額料金2000円前後なのに、キャッシュバックが5000円もらえるというかなりお得なサービスですね。

ネットで申し込んで最短で次の日から使えるので、初心者の方でも簡単に利用できます。

<価格>

月額料金:2,170円

<こんな人におすすめ>

  • とにかく格安でコスパの良いサービスを探している方
  • 自宅の外でもWi-fiを利用したい方
  • 利用者が多いサービスを使いたい方

おすすめのモバイル回線②:Y!mobile

公式サイト:https://www.ymobile.jp/

格安SIM並みに安いと言われているモバイル回線サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」。

通信回線はソフトバンクの回線を使うので、比較的広いエリアで活用することが出来る上に、料金プランがシンプルで分かりやすくなっているので初心者の方でも簡単に理解できると思います。

また、全国に約4,000店舗の実店舗があることも大きな特徴の一つですね。

<価格>

月額料金:1,980円〜

<こんな人におすすめ>

  • 実店舗が多くサポート体制がしっかりとしているサービスを使いたい方
  • ソフトバンク回線を利用しているサービスを使いたい方
  • スマホと合わせて利用したい方

おすすめのモバイル回線③:au WiFi

公式サイト:https://www.au.com/mobile/service/wifi/

スマホでauを使っている方におすすめなのが、こちらのモバイル回線サービス「au WiFi」。

auスマートバリューmineと呼ばれるセット割が適応されて、最大で1000円の割引ができるようになっています。

また、au回線は利用可能エリアがとても広いので全国各地どこでも利用できるようになっている点も特徴の一つですね。

<価格>

月額料金:5,880円

<こんな人におすすめ>

  • スマホでauを使っている方
  • 地方の田舎に住んでいる方

おすすめのモバイル回線④:ソフトバンク WiFi

公式サイト:https://www.softbank.jp/mobile/network/wifispot/

ソフトバンクユーザーにおすすめしたいモバイル回線サービス「ソフトバンク WiFi」。

月額料金は他のキャリアと比べても安い方で、 WiFiルーター本体もコンパクトタイプなので持ち運び便利ですね。

ただ、ソフトバンク WiFiは通信容量”無制限”のプランが用意されていない点がちょっと残念です。

<価格>

月額料金:3,696円

<こんな人におすすめ>

スマホでソフトバンクを使っている方

一人暮らしのインターネットの選び方

一人暮らしのインターネット利用に関する選び方の基準として、大事な事を以下に8つの項目に分けて書き出してみました。

  1. 利用目的に合っているかどうか
  2. 物件がインターネットに対応しているかどうか
  3. 設置工事が必要かどうか
  4. 自宅にいる時間は長いかどうか
  5. インターネット回線サービスが利用可能エリアかどうか
  6. 月額料金が安いかどうか
  7. 通信速度や速度制限等がどうなっているか
  8. 今後引っ越し等がないかどうか

特に一人暮らしの方で初めてインターネット契約をする方は、是非とも選ぶ際の参考にしてみてください。

以下から詳しく解説して行きますね。

①利用目的に合っているかどうか

まず一番大事なのは、あなたがどのような利用目的でインターネット契約をしようと考えているかです。

利用目的を最初に明確にしないと、膨大にあるインターネットサービスの中からどれを選んで良いのか分からなくなるので、まずはそこを明確にしましょう。

②物件がインターネットに対応しているかどうか

あなたが今住んでいるアパートもしくはマンション等の物件が、インターネットに対応しているかどうかも重要になります。

これはポケットWi-fiの場合は特に問題ないのです。
ですが、光インターネットなどを利用する場合は、回線工事が必要となるのでアパートまたはマンションの大家さんの了承が必要となります。

場所によっては、最初から設置されているところもあるのですが、もし設置されていない場合は一度大家さんに聞いてみましょう。

③設置工事が必要かどうか

光インターネット回線を利用する場合は、設置工事が必要となります。

もちろん、前述した通り設置工事には別途料金もかかりますし、工事当日はあなたの立会いが必要となります。

もし、設置工事等が嫌な場合は、ポケットWi-fi等の利用を検討してみてください。

④自宅にいる時間は長いかどうか

あなたが自宅にいる時間帯が、どのくらいなのか一度考えてみてみましょう。

自宅にいる時間が短いのであれば、わざわざインターネットを新たに契約する必要はないでしょう。

長いようであれば、この記事でご紹介しているおすすめのインターネットサービスを、検討してみてください。

⑤インターネット回線サービスが利用可能エリアかどうか

光インターネット回線サービス等は、サービス利用可能エリアが定められており、エリア外だと利用ができません。

これはポケットWi-fi等も同じなので、一度あなたが利用しようと考えているインターネット回線サービスの利用可能エリアに該当しているのか確認する必要があります。

⑥月額料金が安いかどうか

シンプルに一人暮らしであれば、安いに越したことはありませんよね。

インターネット利用サービスは、かなり数が多いので出来るだけ安いところを利用しましょう。

もちろん、あなたの用途に合った安いところです。

⑦通信速度や速度制限等がどうなっているか

インターネット回線サービスによっては、通信速度や速度制限等の違いがあります。

出来るだけ早い方が良い人は、光インターネット等がおすすめです。
逆に、それ程通信速度は求めていない方は、ポケットWi-fi等でも十分使えますね。
また、光インターネットやポケットWi-fiの中にもかなりの数のサービス会社があるので、その中でも通信速度や速度制限が異なる事を覚えておきましょう。

⑧今後引っ越し等がないかどうか

今後引越しを控えている方は、光インターネット回線等のサービスは利用はおすすめしません。

当たり前ですが、設置工事等がある可能性がある上に、引っ越すとなると意味がないからですね。

引越し等のスケジュールがある方は、ポケットWi-fiを利用した方が良いです。

一人暮らしのインターネットに関する良くあるQ&A

ここでは一人暮らしのインターネットに関する良くある質問を、5つに絞ってまとめてみました。

それぞれ初心者の方には大変参考になる質問内容なので、是非とも目を通してみて下さいね。

Q1:都内一人暮らしにおすすめのインターネット回線を教えてください

都内で一人暮らしをこれから行うのであれば、「一人暮らしのインターネットの選び方」の章を参考にしながら、自身の状況を書き出してみましょう。

実際に都内だと、マンションやアパート自体に無料で使えるインターネットが設置してある場所もありますし、それ程インターネットが必要ない可能性も無きにしも非ずです。

それでもインターネットを契約したいのであれば、まずは「ポケットWi-fi」から使ってみてはいかがでしょうか。

Q2:自宅でも外でもガンガン動画みたいのですがおすすめありますか?

自宅でも外でも自由にYouTubeやNetflixなどの動画を見たいのであれば、「ポケットWi-fi」がおすすめです。

おすすめのポケットWi-fiは、

の3つですね。
それぞれの特徴については、「一人暮らしにおすすめするモバイル回線サービスをご紹介」の章で詳しく解説しています。

Q3:インターネット無料物件は実際どうなのでしょうか?

アパートやマンション等には、無料のインターネットが自室に引かれている場合もあります。

ですが、中には通信速度が遅くて使えないインターネット回線もあるので、しっかりと一度物件を見てから決めた方が良いですね。

それに無料で使えると謳っていても、実際にはネット代金が家賃に上乗せされている場合もあるのでその点も確認が必要です。

Q4:アパートのインターネットが遅いですどうしたら良いですか?

アパートやマンション等のインターネットは、時間帯によっては沢山の人が利用している場合があるので、そういった時はかなり繋がりにくいです。

主に夕方から夜にかけてですね。

ですので、時間帯を気にせずインターネットをストレスなく利用したいのであれば、「ポケットWi-fi」等を個人で契約する事をおすすめします。

Q5:アパート自室でWi-Fiを飛ばすにはルーターとモデムが必要ですか?

まず最初にルーターとモデムの違いを説明すると、ルーターは複数のデバイスに電波を飛ばす役割があります。

次に、モデムですがこちらは電話回線からくるアナログ信号をパソコン等で利用できるように、デジタル信号に変換する役割があります。

そのデジタル信号をルーターでキャッチして、あなたのデバイス(スマホ等)へWi-fiを飛ばすわけですね。

ポケットWi-fi(ルーター)等で、Wi-fi環境を作るのであればモデムは必要ないですし、逆に光インターネット回線等でWi-fi環境を作る場合はどちらも必要となります。

一人暮らしのインターネット利用は計画的に行おう!

一人暮らしになると何かとお金がかかるもの。

これまで支払うことがなかった、家賃や水道光熱費など様々な支払うお金が増えます。

それに合わせて月々のネット代金が、1万円前後となるとかなり固定費が増えますね。

一人暮らしだからこそ、しっかりと貯金して将来に備えたいもの。

ネット代金が月々5000円程度になれば浮いたお金は毎月貯金できるので、是非とも今回ご紹介したインターネットサービスを活用して賢くネットを利用してくださいね。









この記事をかいた人

ライター歴3年目のフリーランスです。普段は海外でお仕事を行っております。お仕事のご連絡はブログもしくはTwitterからお気軽にご連絡ください!