【初心者向け】Googleリスティング広告の始め方|アカウントの開設からキーワード選定まで簡単出稿

Googleでリスティング広告を出してみたい。

そんなことをお考えではないですか?出したいとは考えていても、

  • 設定がめんどくさそうで諦める
  • 広告代理店に任せる

なんてことをしていませんか?

実はリスティング広告は設定をしてみるとすごく簡単に出稿をすることができます。

今回は初心者向けにリスティング広告の簡単な出稿方法をご紹介します。

リスティング広告の種類

そもそもリスティングとは何なのかから解説します。

先先した際に、上部に出てくる広告のことだと思われがちですが、実は種類が2種類あります。

  • 検索連動型広告
  • コンテンツ連動型広告

それぞれどんなものなのでしょうか?

検索連動型広告

おなじみの何検索をすると上部に表示されるテキストの広告のことです。

何か検索したワードに応じて目的に応じた広告を出稿ができるのでユーザーのニーズにあった広告を出稿しやすく、広告をクリックしてもらう確率が高く成約率も高くなります。

ただし、検索をするニーズがあるワードは広告を出稿する人が多くなるのでクリック単価が高くなり、予算が少ない場合は表示すらされない場合もあります。

コンテンツ連動型広告

※良い例が見当たらなかったのでYahooの画像です

コンテンツ連動型広告はGoogleの提携しているパートナーサイトに表示される広告のことを指します。

どのサイトに掲載をされるのかも設定はすることができ、広告の表示形式も設定をすることができます。

Googleの場合だと

YouTube、BIGLOBE、Goo、livedoorなど

と提携をしており、ユーザーの属性や、興味のあるコンテンツにターゲットを設定して配信をすることができます。

またトラッキングをして広告を配信することも可能です。

Googleリスティング広告の出稿の仕方

では、リスティング広告の出稿の仕方をご紹介します。

Google広告の設定方法はとても簡単。広告の構成的に

といった感じになっています。

具体的には

<キャンペーン>

  • 1日の予算
  • 配信地域、言語
  • 配信先
  • 配信スケジュール

<広告グループ>

  • 入札単価
  • キーワード
  • 広告文

という感じで設定ができます。

キャンペーンで全体の予算を設定して

広告グループで広告の詳細を設定すると考えればわかりやすいですね。

10,000円のキャンペーンで

広告グループ①→悩み系ワードに出稿
広告グループ②→成約ワードに出稿

といった具合にグループで遷移先URLを変えてターゲット別に広告を出稿することができます。

アカウント開設

では広告の出稿をする前にまずは、Google広告のアカウント作成をしましょう。

Google広告の公式ページにアクセスして「今すぐ開始」を選択するだけで簡単に開設をすることができます。

なお開設にはGoogleアカウントが必須です。

キャンペーン作成

登録が完了したらキャンペーンの作成です。

広告を出稿する目的に合わせて、目標を設定しましょう。

ちなみにこの設定は後ほど変更することができるので、思いついたものを選択すれば大丈夫です。

わからない場合は、「目標を指定せずにキャンペーンを作成する」を選択しましょう。

その後はキャンペーンタイプを選択します。

今回は、リスティング広告を出稿するので「検索」を選択しましょう。

その後はキャンペーンの目的とする成果を選択します、特段目的がない場合は、「ウェブサイトへのアクセス」を選択しましょう。

ここでサイトURLを選択する項目が出てきますが、設定を行わなくても大丈夫です。

その後キャンペーンの名前とどのネットワークに出稿するのかを選択します。今回は、検索でのリスティングなので「検索ネットワーク」を選びましょう。

ターゲット・オーディエンス設定

次はターゲットとオーディエンス設定。

ターゲットする地域を選択しましょう。全ての国を選択することもできますし日本全土を選択することも可能。

地域の設定で最小で市単位で設定をすることもできますし、範囲で指定することもできます。

合わせて言語も設定できます。日本人以外を広告の目的にする場合は、日本語以外を選択しましょう。

オーディエンスはカテゴリから選択をすることができ、様々な選択肢からオーディエンスを設定をすることができます。

ただしリスティング広告の場合は、検索キーワードでかなりユーザーが特定されるので選択をしすぎると広告が表示されない場合もあるので注意しましょう。

特別これだというものがなければ選択をしなくてOKです。

予算設定

広告の予算設定を行います。1日あたりに利用できる平均の予算を設定しましょう。

なお、Google広告は最適化を行うために設定予算を全て使わなかったり、予算の2倍まで消化する場合もあるので注意が必要。

月換算で帳尻を合わせるようになってるので、月換算で予算を超えることはないもの予算よりも多く消化されても驚かないようにしましょう。

何に大して最適化を行うのかと入札の単価を設定できます。

  • コンバージョン
  • コンバージョン値
  • クリック数
  • インプレッションシェア

と選択できますが、コンバージョンかクリック数を選択することがおすすめ。

コンバージョンの目標単価や、ワンクリックに対する最大の単価(上限CPC)も設定することができます。

上限CPCを設定しておくと、予算コントロールがしやすくなるのでキャンペーンの目的を「クリック数」にする場合は設定をしておきましょう。

広告表示のオプション設定です。

特別設定する必要もありませんが、サイトリンクを表示したり、コールアウトを表示したり、電話番号を表示することが可能です。

広告グループの作成

キャンペーンの設定が終わったら名前をつけて広告グループを作成します。

キーワード選定

キーワードを選定していきます。広告を表示させたいキーワードを入力しましょう。

また、ウェブページのURLや商品名を検索することで関連性の高いキーワードを見つけることも可能。

キーワードの入力方法により広告が表示されるキーワードの条件を設定することができ、

キーワード(部分一致)→関連する語句に対しても広告が表示
“キーワード”(フレーズ一致)→設定したキーワードを含み語順が同じ場合に表示
[キーワード](完全一致)→キーワードが同じ場合に表示される

と設定ができます。

特に指定がない場合は部分一致にして広告の成果がわかってきたら部分一致→完全一致と広告を絞り込んでいくことがおすすめです。

広告文の作成

最後に広告分を作成します。

最終ページのURLを入力して見出し、説明を設定します。

見出しは3つまで設定することができます。見出しはタイトルのようなものでクリックしたくなるような内容を入力するようにしましょう。

説明文は、クリックした先のページの内容を指定することができます。簡潔に内容を説明してユーザーにどんなコンテンツがあるのかを説明するようにしましょう。

設定が終わったら保存をして公開するだけです。

Googleリスティング広告で成果を出すコツ

Google広告を出稿する方法はとても簡単です。

ただし簡単な分奥が深い設定になっています。

ここからは出稿した後にさらに成果がでるコツをご紹介していきます。ここを極めることでさらに成果を出すことができます。

キーワード選定

リスティングはキーワードを選定して広告を表示させるので一にも二にもキーワード選定が重要。いかに成約をしてくれて安く広告を出稿できるかが鍵となります。

キーワードをきめる

まずはキーワードを決めることから始めましょう。

キーワードと言ってもはじめに細かく決めるのではなく、大まかなワードで構いません。

今回は

「プログラミング」

と仮定してご説明します。

キーワードプランナーで選定

キーワードプランナーは入力をするだけでキーワードに関連する語句を知ることができるツールです。

新しいキーワードを選択し、

検索したいジャンルのキーワードを入力します。

このように候補となるキーワードが表示されるので取捨選択をしていきましょう。

不要なキーワードを除外することも可能なのでそもそも関係のないワードは除外しておくと選定が早く終わります。

サジェストから選定

Googleで合わせて検索される「サジェスト」をキーワードに入れると拡張性が広がります。

サジェストを取得するためには、ラッコキーワードが便利です。

赤枠で囲んだ部分がサジェストになります。

キーワードの選定を行う

これである程度キーワードが出てきたと思うので選定を行います。

ここではキーワードを追加していくのではなく除外していくことが重要です。

  • 明らかに関係ないワード
  • ネガテイブなワード(悪評、辞めたい)

などを除外していきましょう。

また、Javaに関するプログラミングを紹介しようと思っているのにPHPは関係がないはずです。PHPに関することもコンテンツに含まれていれば良いのですが、除外しておいた方が無難です。

と言った具合にじゃんじゃんキーワードを除外していきましょう。

マッチタイプと除外設定

マッチタイプは、

  • 部分一致
  • フレーズ一致
  • 完全一致

とあります。

初期設定の場合は部分一致になっていることが多いのでキーワードによって変更をしましょう。

おすすめは、

おすすめ
  • 部分一致→複合ワード
  • フレーズ一致→複合ワード
  • 完全一致→単一ワード

単一ワードを部分、フレーズにしてしまうと関係のないワードまで拾ってきてしまう可能性があります。

逆に複合ワードは部分、フレーズにすることで、関連する複合ワードも拾ってきてくれます。

「キーワード選定」の際に除外したワードもあると思いますが、部分、フレーズで除外したワードを拾ってきてしまう可能性もあります。

表示したくないワードは除外設定をしておくことで部分、フレーズでも表示されないようにあります。

また、広告主がいる場合は除外キーワードを指定されることもあるので除外しておきましょう。 

予算設定をしっかりと行う

予算設定はしっかりと行うようにしましょう。

大まかに広告費が〇〇円だから。。。〇〇円出稿!

と考えていると痛い目をみます。。。

キーワードプランナーで広告枠上位に表示した際のクリック単価を知ることができるので、

指定したキーワードの平均のクリック率を割り出しましょう(上限CPCを設定する場合はその金額でOKです)

その後平均の成約率(CVR)、広告によるCV件数を割り出しておきましょう。

すると、

クリック単価(100円)÷CVR(3%)×目標CV数(5件)=予算(16,000円)

といった具合に予算を設定することができます。

成約した際の利益と比較してマイナスにならないように管理を行いましょう。

まとめ:Googleでリスティング広告を出稿してみよう

リスティング広告の出稿はとても簡単に行うことができます。

設定も簡単ですし予算設定を行えば、予算以上無駄にお金を消費せずに質の高いユーザーを集客することができます。

キーワードを細かに選定することでより多くの質の高いユーザーを集客することが可能になります。

是非リスティング広告を出稿してみてビジネスの最適化をしましょう。

この記事をかいた人

moja

アメリカでSE→フリーランス→起業 海外での働き方から、フリーランス、起業までわかりやすくお伝えできるようにします。 最近は広告とデザインに注力中。