ROASとは?今更聞けない基本指標の計算方法・改善方法を解説

マーケティングに関わるとよく聞くワード

「ROAS(ロアス)」

マーケターにとって広告の効果を図るのは重要な指標になります。

今回はそんな広告の効果を図る指標として重要なROASについて解説をしてきます。

ROASとは

ROASとは

英語:Return On Advertising Spend

日本語:広告費用対効果

を意味し、投入した広告費に対してどれだけの売り上げをあげることができたかの指標になります。

広告費に対してどれだけ売り上げが上がったかを「%」で表し100%を超えると広告に効果がありプラスに転じています。

ROASの計算の仕方

ROAS=売り上げ÷広告費×100

300%=300万円÷100万円×100

上の例であれば100万円の広告費に対して300万円の売りあげがあるので広告費に対して3倍(300%)の効果があることになります。

1円の広告費に換算すると3円の売り上げが上がっていることになります。

ROASは高ければ高いほどよく、広告に対する費用対効果が高くなります。

ROASと付随して覚えておきたい用語

ROASと共によく利用される用語に

  • ROI
  • CPA

があります。

混合して利用されやすいので合わせて覚えておきましょう。

ROI

ROIは「Return on Investment」のことを指し日本語では「投資対効果」といいます。

ROI=利益÷広告費×100

で計算をすることができます。

ROASと混合されますが

ROAS=売り上げ
ROI=利益

なので、ROASは100%なのにROIは100%を下回ることがあります。

化粧品の広告費に100万円をかけ売り上げは100万円。利益は70万円だった。

ROAS:300%=300万円(売り上げ)÷100万円×100
ROI:70%=70万円(利益)÷100万円×100

と、なり売り上げベースではプラスなものの利益ベースで見るとマイナスなことがあるのでROASと合わせて見ることが大切です。

CPA

CPAは「Cost per Action」のことを指し日本語では「顧客獲得単価」と言います。

CPA=総コスト÷CV(コンバージョン)数

で計算をすることができます。

基本的にはCPAは低く、顧客単価から下回った方がいいのですが、CPAはキャンペーンなどによって簡単に下げることができます。

  • 初回無料キャンペーン
  • 割引キャンペーン

と言った具合に購入のハードルを下げるとコンバージョンする確率は高くなるのでCPA単体でみるととても優秀な広告になる場合があります。

ただ、ROAS、ROIなど他の指標でみてみるとマイナスになっている可能性もあります。

CPA単体でみるのではなく他の指標と合わせて確認することが大切です。

ROASを改善する方法

ROASを改善する方法は主に4つ。

  • 出稿媒体の見直し
  • クリエイティブの改善
  • LPの改善

があります。

出稿媒体の見直し

ROASが悪い場合は出稿している媒体をまず見直してみましょう。

広告媒体には様々な媒体があり利用者も様々。

  • Google
  • Yahoo
  • Facebook
  • Instagram
  • YouTube
  • LINE

などがありますが、ターゲティングをする層やその媒体を利用している層も違います。

それぞれ刺さるクリエイティブや文面も変化しますし、制作にかかる予算も変わってきます。

もし、複数媒体で広告を配信していてROASが悪い媒体があるのであれば、予算の割り振りや出稿を辞めてしまうのも一つの手。

よりROASの良い媒体に注力していきましょう。

クリエイティブの改善

商品を購入してもらうためには、まず広告をみて

「この商品いいかも!?」

と思ってもらい商品ページに遷移してもらい購入をしてもらう必要があります。

クリエイティブの

  • 画像
  • コピー

などを改善して、少しでも商品ページに遷移してもらうようにしましょう。

特にROASが悪くても商品ページの成約率(CVR)が良い場合はクリエイティブを改善することでROASが安定する場合が高いです。

A/Bテストを繰り返して効果が高いクリエイティブを作り上げましょう。

LPの改善

いくら商品の宣伝ができているからと言って購入を促す商品ページ(LP)が悪いと商品の購入にまで至りません。

  • クリエイティブとLPのファーストビューを統一
  • 記事内の画像を変更
  • 記事内のコピーを変更

などなどクリエイティブと同じくA/Bテストを繰り返して効果が高いLPを作り上げましょう。

ちなみに改善する順番は

  • ファーストビュー
  • CTA(購入を促す部分)
  • 中間

の順番がおすすめです。

特に先に紹介したクリエイティブからの遷移は多いのにCVが少ない場合は商品ページに問題がある可能性が多いです。

まとめ:ROASは広告の効果を計る必須ワード・他の指標とも合わせて利用しよう

ROASは広告の効果を計る必須の指標。ROASが高ければ、広告の効果がよく費用対効果が高いことになります。

ただ、ROAS単体で利益があるかどうかをチェックするのは時期尚早です。

ROI・CPAなどその他の指標と合わせて全体的な効果を確認しましょう。

ROASを高めるためには、何度も改善し試していく必要があります。まずは広告が効果を発揮しているかをチェックして改善を進めていきましょう。

この記事をかいた人

moja

アメリカでSE→フリーランス→起業 海外での働き方から、フリーランス、起業までわかりやすくお伝えできるようにします。 最近は広告とデザインに注力中。